みんなの大学情報TOP   >>  徳島県の大学   >>  徳島大学   >>  口コミ

徳島大学
出典:Sorrysorry
徳島大学
(とくしまだいがく)

徳島県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 65.0

口コミ:

3.70

(188)

徳島大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.70
(188) 国立内79 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.60
  • 研究室・ゼミ
    3.74
  • 就職・進学
    3.69
  • アクセス・立地
    3.38
  • 施設・設備
    3.55
  • 友人・恋愛
    3.58
  • 学生生活
    3.34
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

188件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    医学部 栄養学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      管理栄養士として臨床の現場で活躍したいと思っている人にとっては良いところだと思います。栄養学科の教授だけでなく、隣接する徳島大学病院の医師による講義もあり、医学を深く学ぶことができます。座学だけでなく、病院実習などもあるため、医学的な内容を多く学ぶことができます。医科栄養という学科名なだけあり、大学は病院などで活躍することのできる管理栄養士の育成を目指していますが、実際のところ病院などの医療機関での管理栄養士の募集は退職者の埋め合わせで募集がくる程度であり、医学部医科栄養学科出身であっても、管理栄養士の国家資格を使わずに就職している人が多いのが現状です。卒業後の進路については院に行く人もいますが、学部卒で就職する人も多いです。就職活動の実績は低くないと思います。
    • 講義・授業
      栄養学科としては珍しく医学部に属するため、キャンパスは医学部キャンパスになります。医学科の解剖実習を見させてもらえます。臨床医学や症例検討、マウスを使った実験などがあります。
    投稿者ID:388718
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生物資源産業学部 生物資源産業学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 2]
    • 総合評価
      数年前に工学部から生物資源産業学部という名称になりました。名称が変わってからは、遺伝子工学や生化学、微生物学等の生物工学に加えて畜産や植物についての研究室も増えているようです。生物資源産業学部の卒業生はまだいませんが、前学科の生物工学科の卒業生は製薬会社や食品会社に就職している人が多いです。
    • 研究室・ゼミ
      学科名が変わってからは、さらに研究室が増えているようです。
    • 就職・進学
      主に製薬会社や食品会社に就職している人が多いです。もし研究職や開発職を目指すのであれば、大学院に進学することが必須となります。自主的に就活支援課等へ相談すれば、サポートを受けることができます。
    • アクセス・立地
      基本的に下宿生が多いです。近くにアパートは多くあります。バス停も近くにあります。駅からは徒歩20分ほどです。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      5月、11月に学祭的なものがあります。都会の有名大学のようには盛り上がってはないです。サークルに属している人や、一部の人が楽しんでるくらいですね笑
    投稿者ID:387338
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生物資源産業学部 生物資源産業学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      まだ新設されたばかりであり、教育体制は不十分である点も多くみられる。しかし、教員は真摯に補助してくれて、将来に関しては後は自分の努力次第といえる。興味のある人にとっては魅力的な分野を数多く学べる。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容については、期待した通り、生物や食品に関連した授業、また起業に関わる授業も行っている。内容はどれも興味深いが、教え方や試験の難易度は教授・講師によって大きく異なる。(内容、教え方を含めて)面白い授業な上、単位を取得するのが容易である講義もあれば、教え方が下手なのに、課題が多く試験も難しめな講義がある。試験に関しては、真面目に勉強すれば合格できる難易度ではあるが、教授・講師によってモチベーションが変わりやすい人は注意が必要。あと、1年次から必修科目、専門科目が多めであり、1年後期から2コマに及ぶ実習も始まり、忙しくなる。ただ、まだ授業体制や講義内容も検討している途中らしいので、今後改善される可能性があるので、現時点では完全に評価しきれない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室配属は3年後期からであり、正直評価はできない。しかし、実習や研究室インターンシップで研究室を見てみた限り、研究室の雰囲気は良く、教授も温厚な人が多い。上記のことと、今後の期待を込めて、評価を5点とした。
    • 就職・進学
      1期生すらまだ卒業できていないので、就職実績や大学院については評価できない。別学部の先輩曰く、徳島大学の卒業実績はそこそこ良いらしい。定期的に就職に関する講演も開かれているので、不安な人は早いうちから受けてみたら良いと思う。
    • アクセス・立地
      常三島キャンパスは、徒歩圏内にバス停、ガストや居酒屋、カラオケやドラックストアがあり、近くに住む人は最低限の暮らしは大丈夫だと思われる。最寄り駅は徳島駅だが少し遠く、徒歩で30分かかる。この学科は基本、常三島キャンパスがメインだが、配属される研究室によっては蔵本キャンパスまで、2年次から分かれるコースによっては石井町や鳴門市まで行かなければならないらしい。現在は実習で石井町や鳴門市に行くときは、学部で用意してくれるバスで行けているが、これからどうなるのか正直わからない。
    • 施設・設備
      新設されたばかりなため、実習場所は不十分で、他の学部から実験・実習場所を借りて行っている。学部に所属している教授も他の学部から移動してきたのもあってか、研究室の場所が点々としている。(理工学部に研究室を持っている教授もいれば、総合科学部や薬学部に研究室を持っている教授もいる)そのため、1つの実習で様々な実験を行う時、集合する教室が一々異なるときがあるので、面倒臭い。図書館は常三島、蔵本キャンパスの2か所ある。実習のときや、試験の時期は自習場所や参考文献の取り合いになるので、(本は)事前に借りて置くことをお勧めする。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人のできやすさは、人によって異なる。でも実習では、あらかじめ班が決められているので、人付き合いが苦手な人は安心していい。自分の学年はフレンドリーな人が多いように感じる。
    • 学生生活
      サークル/部活動は自分に合うものに所属できれば比較的充実できる。フリーダムな部もあれば、毎日参加必須な部もあるので、所属前によく考えること。あと部によって、部室が狭すぎるところもある。サークル/部がメインとなるイベントに五月祭、10月末(もしくは11月初め)の大学祭がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は専門科目を学ぶのに最低限必要な、数学・物理・化学・生物の基礎科目を学ぶ。また、2年次のコース配属のための講義(配属されている教授の研究紹介など)も行う。あと経済学や起業体験実習といった講義もある。前期は内容も簡単で科目数もまだ少な目だが、後期は選択必修が5つ+2コマ分の実習があり、内容も重めなので少し大変。、2年次から3つのコースに分かれ、学ぶ分野もコースごとに少し変わってくる(違うコースの専門科目の履修も可能ではある)。配属されたコース、講義の取り方によるが、開講される必修科目やコース専門科目の数が比較的少ないため、時間割的に最も余裕がある時期かもしれない。3年次からは、学習内容もより専門的になる。内容、講義数も多そう。3週間のインターンシップが卒業に必須なので、前もってコツコツ消費したらいい。後期から研究室配属。4年次は卒業研究、それ以外のことはわからない。もちろん、英語は必修で、毎年受けなければならない。1,2年次は緩めだが、3年次から生物資源産業学基礎・専門英語、4年次から英語論文購読という講義がある。日頃から英語は勉強するべき。
    投稿者ID:414037
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    理工学部 理工学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      必修科目であるが単位が非常に取りにくい科目が多いまた、わかりづらい授業があり、受けていても今後の役に立つとは思えない研究室は充実しており、サポートもしてもらえるので3とした
    • 講義・授業
      講義中、内職や居眠りをする人が多く、やる気が削がれる工夫された講義が少なく、退屈に感じてしまうクラスがわかれているが、担当してもらえる先生によって理解度が全く変わってくることがある
    • 研究室・ゼミ
      先生によってはきちんとサポートしてくれて、充実した研究室生活が送れる基本的には成績がよければ好きな研究室に所属することが出来る
    • 就職・進学
      就職セミナーなどがたびたび開かれている就職率も良く、実績もそこそこであるしかし、もう少しサポートが充実していても良いと思う
    • アクセス・立地
      学校の周りにはスーパーやコンビニが充実しており、一人暮らしするには非常に便利であるしかし、遊ぶ場所は少ないので頻繁に遊ぶ人にとっては少し不便かもしれない
    • 施設・設備
      グラウンドやトレーニングルーム、シャワーなどが自由に使えるのがありがたい図書館も最近非常に充実してきた
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科では女性が少ないが、サークルでの交流などで恋愛は十分可能であると思う。考えの違う人が多く、様々な友人を作ることが出来る
    • 学生生活
      大学のイベント、例えば文化祭は少し規模が小さく、参加人数もそこまで多くはないので少し物足りないと感じる。サークルももう少し種類があると良い
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      どの学年でも実習があるが、1年次の実習が一番工学部らしくて楽しいと思う。必修科目は単位の取得が難しいものもあるが、今後の研究の役に立つものもある
    投稿者ID:409448
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    歯学部 歯学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      他大学の同学部と比べて実習内容が充実している。ややハードと感じる人もいるかもしれない。設備や人間関係もおおむね良好である。周辺環境は田舎なのでのどか。
    • 講義・授業
      内容は悪くないが国家試験対策としては不十分に感じる。学業は学生に任されているため、不真面目な人は進学できない。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミには体験するというかたちで入るので、学生は半年間週二回だけ行くことになる。大学病院の紹介の意味合いが強い。
    • 就職・進学
      国家試験対策は学生にほぼ任されており、大学からの対策講義はほぼ先生方の好意である。研修・就職先も学生たちが自分で調べて選ぶのであまり大学からのサポートは得られない。
    • アクセス・立地
      駅から大学までは近い。公共交通機関が、やや不便。周辺はのどかで学生向けのマンションやお店が多く、治安は良い。
    • 施設・設備
      キャンパスは改装中で全施設が順次新しく綺麗になっている。病院内も綺麗になった。学部等は今年度から改装する予定。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達はできやすいと思う。人数が少ないので学部内での仲はとても良い。イベントも多い。サークル等は活発。学内での恋愛も多い。
    • 学生生活
      アルバイトは都心部に比べれば時給がややさがる。部活などは活発で先輩後輩の仲が良い。学祭にも力を入れておりライブでは毎年ゲストが豪華。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養。二年次は基礎科目。三年次は基礎系実習中心。四年次は歯科の臨床科目。五年次から六年次にかけて病院臨床実習がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学病院
    投稿者ID:409232
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    歯学部 歯学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      施設が古く綺麗ではない。実習等は充実しているが国家試験対策講義は不十分に感じるため、学生が自分で対策をしなければならない。臨床実習では内容はどこの大学よりも充実していると思えるが少しハードと感じた。
    • 講義・授業
      単位はとりやすいものが多い。分かりやすく良い講義もあれば、分かりにくいものや、卒業・国家試験受験に対して必要性を感じないものも存在する。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミには所属せず、体験するという意味合いが強い。そのため半年週二回だけゼミに行くことになるが、将来大学院に来る人のための学科紹介の意味合いが強く、学生はあまりやることはない。
    • 就職・進学
      国家試験対策は学生にほぼ任されており、大学からの対策講義はほぼ先生方の好意である。進学に関してはほぼ全員進学・卒業するので、よほど怠けなければ留年はしない。
    • アクセス・立地
      駅から大学までは近く徒歩5分ほどだが、田舎なので電車やバスの交通事情は悪い。周辺環境は静かで夜遅くなると暗いが、治安はいいと思う。
    • 施設・設備
      キャンパス、病院施設は順次改装中であり、とても綺麗になった。他国立大学や私立大学にも勝るとも劣らない。在学中はまだ古かったが、学部等も今年度から改装予定なので綺麗になると思われる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数は40人ほどで、少人数のため全員とても仲が良い。先輩方もとても面倒見が良いので、サークル等に所属しておけば学生生活で困るとこはない。
    • 学生生活
      アルバイトは都心部に比べれば時給がややさがるのが難点。学科内で仲が良いのでみんなで遊んだり、イベントで盛り上がりやすい。また先生方とも仲良くなりやすく、グループで食事に連れていってもらえたりする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と英語。二年次から歯科の基礎系科目を習い始める。三年次は実習がメイン。四年次は歯科の臨床科目を習い始める。五年次にCBT試験等を受験し、合格すれば病院実習が始まる。六年次で病院実習が終了し、卒業試験を受ける。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学病院
    投稿者ID:409213
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    薬学部 創製薬科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    • 総合評価
      3年の前期試験までの成績で学科が決まるため、それまでは皆、腹の探りあい。過去問の売買や、嫌いな子には過去問を回さない等、友人関係はボロボロ。それを乗りきれば、良くも悪くも田舎の国立大という感じ。研究室も基本的には行きたいところへ行けるし、やりたいことを学べると思う
    • 講義・授業
      教える気のある先生、教える気のない先生と二極化している。面白い授業、面白くない授業も二極化。どこの大学でもそうだと思うけど。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は3年の後期から配属。基本的には行きたい研究室へ行けるが、定員を越えると成績順だったり、くじ引きだったり、学年によってまちまち。行きたいところへ行ければ、基本的には好きな研究ができる。行きたくないところに配属になったら人生おしまい。就職もむり。
    • 就職・進学
      就職はかなり良いとおもう。優秀な教授ばかりなので、コネもすごい。サポートはあまり充実していない。
    • アクセス・立地
      駅もそこそこ近い、小さな飲み屋街もある、買い物も、自転車で全て終わらせられる距離にあるので生活しやすい。
    • 施設・設備
      勉強スペースもある、図書館も充実している。空いている教室を勉強するへやとしても使用できるため、大変便利
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、過去問の売買や過去問を回さない等、腹の探りあいでボロボロ。田舎の小さな国立大なので、部活も弱いし少ない。
    • 学生生活
      サークルはショボいしつまらない。アルバイトは配属先の研究室によって、たくさんできたり、できなかったりする。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      薬学部では1、2年で選択科目を終わらせることで後の学生生活が楽になる。3年からは、午後に実習が入る。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      製薬メーカー研究職
    投稿者ID:409163
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    総合科学部 【募集停止】人間文化学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      いろんな分野を幅広く学びたい人にはいいかもしれません。周りは将来の夢が確定していない子が多かったように思います。大学在学中、目標を決めて(ボランティアをするとか、資格の勉強をするとか)勉強する意思がないと、ダラダラした学校生活になるかもしれないです。
    • 研究室・ゼミ
      3年生からゼミに配属されます。私が所属していたゼミは、とても指導熱心な教授がいたのでとても勉強になりました。しかし中には全く放置なところもあるので、先輩に聞いていいゼミを選んでください。
    • アクセス・立地
      駅からは徒歩20分くらいだったと思います。徳島の中でもまだ都会な方で、バスも一応ありました。周りはアパートもたくさんあり、家賃も安いほうではないでしょうか。
    • 施設・設備
      図書館があり、勉強もできて綺麗で使いやすかったです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      授業は個別にとって受けるので、その人のがんばり具合によると思います。部活はそこそこあったので、どこかに所属すると友達もできやすいと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教育分野
    投稿者ID:385897
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    総合科学部 社会総合科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      比較的頑張れば単位は取りやすく、その分他の活動もできる。例えば、サークルやボランティア活動など。研究室のは配属にあたっては、厳しい先生でもきちんと学生の事を考えてくれている先生ばかりである。
    • 講義・授業
      簡単な講義も多くあまり大学に入ったと感じられないものもある。好きな科目を選べることが多いので、自分の興味や将来を考えて履修登録できる。
    • 研究室・ゼミ
      拘束時間が理不尽すぎるような研究室は比較的少ない。様々な分野のゼミ・研究室があるのできっと興味の持てるところができるはず。
    • 就職・進学
      研究室の先生などはできる限りのサポートをしてくれる。ただ、そのためには早めに進む道を決めておくのが良い。
    • アクセス・立地
      一人暮らしをしている人が多く、その人たちは自転車で遠くても15分までのところに住めて便利である。しかし、学生向けの飲食店は徒歩だと20分くらいかかる駅前まで行かないと少ない。
    • 施設・設備
      国立大学なので授業料が安い割に良い器具が揃っていて実験に没頭するにはぴったりである。図書館には自習室もあり快適である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自分と気があう友人は必ずできるはずである。しかしながら、恋愛については少なくとも私の周りでは学科内でというのは少ない。
    • 学生生活
      やろうと思えばどこまででも本気で打ち込める。ある人は自分で起業するような団体に入って本当に起業した人もいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど一般教養科目の授業ばかりである。早めに頑張って取っておけば2年次からは専門の授業に集中できる。専門に関しては、他学部と比べて選べる物が多い。
    投稿者ID:411694
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    理工学部 理工学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      入学後の先生方の大学についての説明が丁寧であったことや、サークルでの先輩たちは気軽に接していただき同級生とは違う学部の人とも友人になることが出来てとても充実していると感じている。
    • 講義・授業
      先生方はとても丁寧で真面目に努力すれば単位を落とすようなことはなくとてもよいと感じている。また、授業が自由で他人と接する機会が多い。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミの説明も新入生に行い、とても繋がりが強そうでどれも良さそうだった。またイベントが多く親しみやすそうであった。
    • 就職・進学
      進路の先はとてもレベルが高く、先生方のサポートも充実していた。自分が想像していたところよりも高い場所が多かった。
    • アクセス・立地
      駅からも近く、近くにはアパート等の住宅が多く、スーパーなどの生活に必要な店が揃っていて生活しやすい。
    • 施設・設備
      食堂が複数存在し、体育館や売店等があり非常に利用しやすくサークルでしようする建物などが多くやりやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      授業のなかでグループセッションやサークルが全学部共通なので出会いが多く、友人も作りやすく異性との出会いも多いと感じます。
    • 学生生活
      サークルでのイベントが毎月ありとても充実していて活動を行えて、いると感じている。また、学外での活動もいろいろ時間を取ることが出来て良い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は色々ありますが、第二外国語で中国語を学ぶ事が出来て、数学も今までよりも細かな部分まで学ぶことが出来る。
    投稿者ID:408656
    この口コミは参考になりましたか?
188件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

徳島県で評判が良い大学

徳島県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  徳島県の大学   >>  徳島大学   >>  口コミ

一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

徳島大学の学部

医学部
偏差値:47.5 - 65.0
★★★★☆ 3.75 (67件)
歯学部
偏差値:47.5 - 60.0
★★★★☆ 3.71 (7件)
総合科学部
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.76 (34件)
理工学部
偏差値:42.5 - 45.0
★★★★☆ 3.76 (46件)
薬学部
偏差値:52.5 - 60.0
★★★☆☆ 3.35 (26件)
生物資源産業学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.75 (8件)

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (67件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (935件)
大阪府/国立
旭川医科大学
旭川医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.90 (48件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。