みんなの大学情報TOP   >>  長崎県の大学   >>  長崎県立大学   >>  口コミ

長崎県立大学
出典:大和田宗
長崎県立大学
(ながさきけんりつだいがく)

長崎県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 47.5

口コミ:

3.74

(139)

長崎県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.74
(139) 公立内68 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.64
  • 研究室・ゼミ
    3.71
  • 就職・進学
    3.69
  • アクセス・立地
    2.61
  • 施設・設備
    3.62
  • 友人・恋愛
    3.69
  • 学生生活
    3.17
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

139件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    経営学部 国際経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      進級・卒業要件は少々厳しいため、それを達成するにはある程度の勉強は必要です。やることをやれば、自分の希望に沿って過ごすことができる大学です。それほど大きな学校ではないので、教授との距離が近く良い関係が築きやすいです。あくまでも経営学部なので、英語だけ勉強するわけではありませんが、他校の英文系よりは+αの知識を身に付けることができると思います。英語力以外にも海外と関わる仕事で必要な知識やスキルはたくさんあるので、将来グローバルな仕事をしたいと考えているひとにとって、とても良い学科ではないでしょうか。海外(東アジア中心)での語学研修やビジネス研修などもカリキュラムに含まれているため、海外経験を積みたいひとにもおすすめです。カリキュラム外でも、様々な国との交換留学や他国の学生との交流プログラム等も希望すれば参加することができます。学科の人数は60人前後と少なく、学生同士切磋琢磨しながら成長していけるような環境で学んでいくことができると思います。
    投稿者ID:389589
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    看護栄養学部 栄養健康学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      資格を取るためのサポートや就職のサポートがしっかりしている。授業以外にもイベントが多く、他学年との合流も多く、友達もたくさんできる。授業内容は専門的なことを深く学べて、他では体験できないようなレベルの実験なども行われ、様々な分野を学べる。
    • 講義・授業
      授業はたくさんの分野があり、テスト前などは特に大変だが、先生たちは分かりやすく丁寧に授業をおこなってくれていた。たまに分かりにくい場合もあるが、質問に行くと丁寧に教えてもらえる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は興味のある分野を選び、その中でかなりレベルの高い研究を行うことができる。ゼミは3年の後期から始まり、4年になるまでにいろいろなゼミを行い、その中でやりたい分野を見つける。ゼミ生は先輩後輩仲良く、先生を含めてイベントを行うことが多かった。卒論は、時間ギリギリまで仕上げてかなり大変な思いもしたが、良い経験となった。
    • 就職・進学
      定期的に就職セミナーが行われていてた。就職課の先生が親身になって、相談に乗ってくれて、良さそうなところを見つけて教えてくれたりと、かなりサポートしてもらえる。
    • アクセス・立地
      山の上の住宅地にあるため、公共交通機関としてはバス利用が多い。駅からは、ずっと上り坂で15分程度かかるため、きついと思う。学校の周りに、コンビニやカフェ、スーパーは少しあるが遊べる場所はほとんどない。一人暮らしでも便利のいい街の方に住んで、バスや原付で登校する人も多い。
    • 施設・設備
      比較的新しい校舎で、全体的にきれい。小さいキャンパスだが、図書館や食堂などの施設は充実している。研究設備は、他にはない珍しい機械も多く、研究が、幅広くできる。課題は主にパソコン室を利用する。試験前は図書室に、たくさんの学生が入る。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      地元生と他県から来た人は半分半分くらい。いろいろな県から来ているので方言や習慣の違いを知れて楽しい。サークルに入ると同じ学科だけじゃなく、他学科の人とも友達になることができる。全学共通の授業を取ってもたくさんの人と知り合える。学科内はほとんど女子だけなので、恋愛はサークル内が多い。
    • 学生生活
      サークルは他学科のひとが多いサークルだったため、新しい友達がたくさんできた。イベントや試合もあるサークルだったので繋がりは深かったと思う。大学のイベントは、学祭の他にも球技大会などもあった。学科内では新歓や追いコン、ハロウィンパーティーがある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では、専門の座学が主に行われる。共通科目の単位も取っておくため、授業は詰まっている。調理実習がある。2年次では、実験が始まり、午前は座学、午後はほとんど実験となる。実験は1ヶ月ごとくらいで変わる。3年次は、前期に残りの実験と給食を作る実習がある。座学は少なめ。夏休みは学外への実習がある。4年次は、前期に残りの座学。夏休みに学外実習2つ。後期は卒論。終わり次第、国試対策の授業が行わる。国家試験の関係で卒論は12月に提出、発表がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      県内の保育園の栄養士
    投稿者ID:410016
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    【募集停止】国際情報学部 【募集停止】国際交流学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      県内にある国公立の国際交流系学科としてはいいと思う。長大の多文化社会は出来たばかりで安定してない印象。英語だけでなく様々な分野をまなべるが、留学など学校の認可のもと長期で考えている場合はそこまでオススメできない。
    • 講義・授業
      分野が広く言語、経済、政治、文化、文学など様々なことについてまなべる。
    • 研究室・ゼミ
      選考の段階で基準を設けるゼミもあり、2年生の段階である程度決まる。自分が学びたい分野を早い段階から考える必要がある。
    • 就職・進学
      サポートはしっかりしようとしてくれる。ただし自分から動く必要がある。就活はあくまで個人で行うものなので、悩んだ時などの相談などに利用した。
    • アクセス・立地
      住宅地の山の上にあるのであまりいいとは言えない
    • 施設・設備
      ATMはない点が残念だが、校舎は近年出来立たばかりで綺麗。パソコンやカフェスペースなどしっかりしている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一つの学科の人数はそこまで多くないので授業などがかぶると自然と仲良くなれる。学内だけでなくバイト先などで交流をもつことも多い。
    • 学生生活
      あまり充実しているとはいえない。看護栄養→料理、情報→映像はあるが言語サークルといえるものがなく、留学生のサポートメインのものしかない。運動系はわりとあるイメージ
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      様々。一年生の必修で様々な分野について学び、2年生からゼミにはいり専門的な内容について学習していく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      不動産関係の仕事。
    投稿者ID:386419
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護栄養学部 看護学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      行く人の学びたいことが明確(看護師になりたい)なら、大変いい大学であると思いますね。教授たちが看護界の中でも有名な方がいらっしゃるし、そうでなくても優秀な指導員が多数いると思います。苦手な先生はいましたが個々の能力が高いのでだいたい頼りになる。と、かなり上からになるけど看護師になってそう思います。やるかやらないかは自分次第って感じの教え方と言った感じです。私はサークルも入っていたしサークルに入ればなかなか充実した大学生活を送れると思いますし、実際にそうでした。入学して卒業してよかったと思える大学でした。
    • 講義・授業
      Q3で答えたように、優秀な指導員が多数いるので、それなりによかったとは思いますけど、私の学年は不真面目でしたので授業には参加するけど居眠りするのが当たり前のようになっていたような気がします。それでも資料がわかりやすいからよかったと思います、テストとかかなりきつかったけど。
    • 研究室・ゼミ
      研究とかゼミとかを主にやるような学科じゃないので、なんとも言えないですが、卒論を書く時にだけゼミに入ります。
    • 就職・進学
      県内ではどの病院からもうちの卒業生が好印象のため、就職枠はたくさんあると思います。大学のサポート体制もかなり充実しているので安心
    • アクセス・立地
      閑静な住宅街にドーンとあるので、不便ですね。車があればいいのですが、公共交通機関を、利用する生徒からは不便だとおもいます。
    • 施設・設備
      綺麗ですし、最近も色々試行錯誤しているみたいで大学という感じがします。とにかく綺麗ですし、整備されていて快適。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小規模な大学ですし、学年の人は学部学科がちがっても友達になれます。サークルも入ればかなりたのしい。していてよかった。か
    • 学生生活
      サークルはたのしかった。幹部をしたりしたけど入っているかいないかで、うちの大学はキャンパスライフが大きく左右すると思われます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年で基礎を固めつつ、教養科目も学習していきます。教養科目も履修するため、他の学部の人たちとの交流の機会となります。3.4年では必修科目すなわち専門科目のみの履修となるため、授業で他の学部の人と関わる機会はなくなります。3.4年は大きな実習期間があり、大変だけど終わってみれば早かったなと感じるし、ここで自分が本当に看護師になりたいのか、なるのかと向き合うきっかけになると思います。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      急性期病院の、看護師
    投稿者ID:411623
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    情報システム学部 情報システム学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返って、映像制作やグラフィックデザインなど他の大学ではなかなか学べないことを学べてすごく充実していたと思う。校舎が新しく、国立大の方とは比べ物にならないくらい綺麗。
    • 講義・授業
      講義・授業については、様々な授業が用意されていて、自分の学びたいことや進みたい進路によって学ぶ科目を選んで受講できるのはすごくいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一年生からあり、先生は一年次以外は希望制。研究室によって、学ぶ内容は全く異なるが、私のゼミは卒論の締め切りがはやくて少し大変である。
    • 就職・進学
      就職実績に関しては、毎年ほぼ100%に近い就職率を出していると聞いている。就職支援課の人たちが温かくて相談しやすい。私は今四年生で、東京就職だったが5月には就活をほぼ終えた。まだ内定をもらえていない人もいるが、それは本人に問題があるだけでサポートはわりと多い大学だと思う。
    • アクセス・立地
      交通の便は悪い。一時間にバスが二本くらいしかないから帰りづらいし、行きづらい。ただ、街自体は綺麗で、土地としては悪くないが、遊ぶ場所はほぼない。
    • 施設・設備
      キャンパスは本当に綺麗。見た目は私立にしか見えない。国立大も正直行けたのだが、キャンパスの差があまりにもありすぎて、こちらを選んだ。コンピューターも年々新しくなっている。トイレも綺麗。グラウンドもかなり広い。食堂もガラス張りで綺麗。設備に関して不快感を感じたことがない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女比の差がかなりある。圧倒的に女子が多い。学内で恋愛する人もいるが、少ない方だと思う。男子が少ないゆえ、私も付き合ったのは、社会人や他大学の人で、学内恋愛は出来なかった。
    • 学生生活
      サークルについてはたくさんのサークルがあり、それなりに充実していると思う。学祭は毎年、芸人か俳優さんがくる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      情報の基礎やプログラミング、映像制作など幅広く勉強する。いろいろな科目があって、自分が学びたい科目を取ることが出来る。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      コンサルタント会社の総合職
    投稿者ID:414679
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活をする上で、面白い講義をしてくれる教授や講師がいるのでその部分は良いところだと思う。ただし、単位を取るのが著しく難しい科目もある。卒業後の進路はまだ学部自体が新しいので今から決まると思う。
    • 講義・授業
      講義や授業の内容は、素晴らしい先生が多いため、将来のためになる話や面白い役に立つ話を聞くことができる。課題などは授業によるが、そこまで多くないと思う。単位取得については、必修科目は出席を重視する科目が多いように感じる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年生の前期から始まるため、ゼミ生同士の中も深めやすい。選び方は、説明会や先生の研究室に聞きに行くなど納得いくゼミを決めやすいと思う。自分の所属しているゼミは始まったばかりのゼミで方向が定まっていない。
    • 就職・進学
      新学部のため、はっきりとした就職先はまだわかっていないが、今までの傾向からすると中小企業が多いように思える。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は徒歩五分程度のところにある。学校の周りに生活に必要なスーパーなどはあるが最低限である。実家生以外は大体、大学周辺に住んでいる。
    • 施設・設備
      キャンパスは今は古い建物もあるが、近々新しく公示されると思う。経済系の大学のため研究施設などはあまりない。図書館は地方の大学のため大きくはないが、勉強するうえでは役に立つ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は様々なつながり方があるため入学してすぐに友達ができると思う。恋愛関係は家が近くの人やサークルが同じ人がつきあっているようである。
    • 学生生活
      大学のイベントは文化祭が盛り上がるイベントであり、今年でいうと芸人の「流れ星」などが来る。アルバイトは近くにたくさんのアルバイト先がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど必修科目で、経済に関する基本的なことを学ぶ。その後は自分が好きな経済分野について学べる。
    投稿者ID:413581
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      経済学部というだけあり、1年生の時から、基礎的な経済学や、学科によってマーケティング学など詳しいことが基礎から学べ、経済学に興味があれば面白い講義も多い。
    • 講義・授業
      マーケティング学や、基礎的な経済学、簿記論など様々な経済の勉強ができ、そのほかにも民法や歴史、簡単なスポーツ学など経済学以外の勉強も多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによるとは思うが、私が属していたゼミでは、地域の地場産業の発展などに関する研究を行い、大学や地域の地場産業に向けた発表会などを行い、普段の勉学では学べないことも教わりました。
    • 就職・進学
      就職に関しては、支援課があり、様々な支援やアドバイスをしてくれる場所がありますが、私はあまり使うことはなく、自力で就職活動を行なっていました。
    • アクセス・立地
      アクセスはすぐ近くにパイパスが通っており、車での通学は楽にできます。また佐世保駅から松浦鉄道という私鉄が出ており、大学駅というすぐ近くの駅もあるため電車通学もやりやすいです。
    • 施設・設備
      講義のある施設は、講義によっては学生の数ギリギリの場所などもあり、ギチギチで講義を受ける場所もあったり、逆にスカスカなところあったりします。校舎は若干古い場所あります。図書館場所比較的新しいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人はまず同じ学部、学科で同じ講義を受ける人などと友達になりやすく、サークルの仲間などもできやすいです。同じゼミの人ともすぐに友達になれると思います。恋愛に関しても、同じ講義の方や、サークルの仲間などと恋愛に発展しやすいと思います。
    • 学生生活
      講義も一年生の時から充実しており、真面目にやって入れば3年生の後期から4年生の前期までには単位を取ってしまえ、就職活動も無理なく行えます。またサークルも遊びではなく、本格的にやっているサークルもあり、きちんとしたサークルには入れば充実した活動を行えます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年次は基本的な経済学やマーケティング学、そのほかにも経済学以外の民法などの講義もあります。3年次では流通経営学やマーケティング学のさらに詳しい内容を学べます。4年次には単位をほぼ取ってしまえるので、就職活動に集中できると思いめす。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      文系とうこともあり、営業関係が多いです。研究職や専門職などに就職するのは難しいかもしれません。
    投稿者ID:411239
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護栄養学部 栄養健康学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      長崎県という地方の大学ではあるが、実験で使用する機材は思いのほか充実しており、多くの実験をさせてもらえました。また、研究室によっては、長崎県や民間企業と協力して研究する事もあり、充実していたと思います。ただ、在学中に長期海外留学などをしている生徒はほとんどいなく、語学も学びたいのであれば相当な努力と行動力が必要かと思います。留学に行けない代わりに、教授に自ら英会話のレッスンをお願いしに行く友人もいました。そのお願いに親身になってレッスンを引き受けてくれる優しい教授もいます。就職活動は、力を入れようと大学側も多くのセミナーを開催していますが、やはり国家試験の合格率を上げる事を重視しているような空気感はあります。
    • 講義・授業
      履修の組み方ですが、管理栄養士養成校であるためか殆ど最初から決められたような履修登録のパターンしか出来ません。私としては、授業にもう少し楽しく栄養・病理関係の英語を学べるような授業があっても良かったのではないかと思います。そうすれば、もっと英語の論文に苦労しなかったかもしれません。実習等の単位は、グループ活動ですので皆で協力すれば取れるものでした。先生方はとても優しい方ばかりで、男性教授も女子学生が多い学科だからかとても親身になってくれ学生生活はとても充実していました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを選択する際は、一応希望は聞きますが、成績順で振り分けられるため、三年前期までの成績でゼミ選択の幅は大きく左右されます。ゼミは、大きく分けると研究系・調査系に二分され、研究系の中にはラットを使った実験も多いです。勿論解剖もしますので、苦手な方にとっては少し辛いと思います。
    • 就職・進学
      就職活動では、まず民間企業の管理栄養士以外の職種(総合職)を受ける事を勧められます。理由としては、病院などの管理栄養士職は、求人が出るのが遅い、またどの病院が定期的に必ず求人を出す訳ではない事もあり、他の職種を受けさせ就職活動慣れをされる為だと思います。サポートは、就職支援課の担当者が親身になって相談に乗ってくれます。ただし、自分から行動しないとその担当者の方もやる気のなさそうな学生より頑張っている学生を応援するので、ここは努力次第だと思います。
    • アクセス・立地
      JRの駅から大学までの道のりは、バスは無く、徒歩10?15分長い上り坂になる為、電車通学はキツイ。バスは、まあまあ本数もありますが多いという訳でもない。バイク通学している人が多い。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さいですが、研究設備はまあまあ揃っていると思います。ゼミに入ると、一人一台パソコンを支給されるので研究室で日々の課題や論文作成する事は可能です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科は上下関係もとても良い。特に、この学科は学科内のイベントが多く院生も含む全学年で楽しむ行事が多いのが魅力的です。、
    • 学生生活
      和太鼓のサークルに所属していましたが、プロの方に教えてもらえ、またプロの方が指導や演奏をする場について行くことも出来るので、良い社会勉強になりました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、基礎科目の英語・化学・基礎栄養・解剖生理学などの座学そして調理実習て調理の基本を学びます。2年次から、実験がスタートします。ここからは実験次第で帰りが遅くなることもしばしばあります。3年次からは、給食の実習や校外実習など実習がスタートします。4年次も実習・卒論・国家試験対策などがあります。2?4年次は、座学にプラスして上記の事をこなさなければならないので上級する程どんどん忙しくなると考えてください。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      県の栄養教諭
    投稿者ID:414886
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    地域創造学部 公共政策学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    • 総合評価
      長崎県で就職をしたい人や公務員に絶対なりたいといった人が入る学校としては良いと思うがそれ以外を考えている方だと入ってから後悔することになるような講義が多い学校側の対応が一手遅れていることが多い
    • 講義・授業
      講義の内容については学びたいことをとことん追求出来るため学びたいことがある講義を取ると良い単位に関してはその教授の好みによって選んでいたりする傾向がある
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは二年からで一年生は教授を選べないゼミのようなものはあるが本格的に始まるのは二年生からであるゼミの選び方は自分の学びたい内容の教授に行くのが良いのではないか
    • 就職・進学
      就職に関しては長崎県の有数の企業に就職をしていたりする先輩方はいるインターンシップも充実していて多くの企業に参加することができる
    • アクセス・立地
      最寄駅は松浦鉄道の大学駅で駅から大学まで歩いてすぐのところにある学校の周りにスーパーはあるが遊ぶところとなると佐世保市の中心部に行かなければならない
    • 施設・設備
      キャンパスは三年後くらいに新しくするようなので現在は古い感じが残っている建物である図書館は広く利用しやすい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内で友人関係を築くためには良いサークルに入るか講義中に仲良くなるなどするしかない学内で恋愛している人もいる
    • 学生生活
      アルバイトは佐世保市の中心部に行くことになる人が多い大学周辺では働ける場所が少ないまた、都会から来た人だと時給の低さに驚くことになる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は経済学や公務員の必須スキルを学ぶことが多いまた日経テストの規定の点数に合格しなければいけないためそのための講義もある
    投稿者ID:408172
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護栄養学部 栄養健康学科 / 卒業生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      欠席しがちでした。学校生活は、充実していたがバイトを掛け持ちしていることもあり授業中は、眠かった印象があります。卒業後は、資格を活かして病院で働いています。
    • 講義・授業
      授業は、積極的に取り組みよく質問をしていました。わからないことが多かったので先生のところまで聞きに言っていました。成績は、あまり良くなかったです。無事、卒業後はできました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、楽しくなく欠席しがちでした。遊び方は、集団になってよくみんなで遊びました。ゼミの仲間のつながりは、いまでも仲良しです。
    • 就職・進学
      就職実績は、病院に勤めることができました。就職活動は、上手くいかずたくさん受けやっと受かりました。先輩達の中で就職活動のアドバイスを頂き参考になりました。
    • アクセス・立地
      駅からバスにのって約30分ほどかかりますが、専用のバスも出ていてそれになれば学校が終点なのでゆったりと乗れました。
    • 施設・設備
      キャンバスには、力をいれておりいろんな学校からもきていただいて交流もできとでよかったです。サークルも充実していてバレー部に所属していました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛は、遠距離恋愛をしていました。校内恋愛は、あまりよきないような気がしました。別れた時が毎日顔を合わせないといけないのでいづらい。
    • 学生生活
      学校生活は、勉強も頑張っていましたがほとんどがバイト生活だったと思います。掛け持ちを3つしていたので急がさい日々でした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目にして色々と詰め込められて中々ついていけなかったです。それから2年目とさらについていけず居残り日々でした。無事卒業は、できました。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      病院に就職できました。
    投稿者ID:412358
    この口コミは参考になりましたか?
139件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

長崎県で評判が良い大学

長崎県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  長崎県の大学   >>  長崎県立大学   >>  口コミ

長崎県立大学の学部

オススメの大学

静岡県立大学
静岡県立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (171件)
静岡県/公立
高崎経済大学
高崎経済大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.59 (191件)
群馬県/公立
宮城大学
宮城大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (128件)
宮城県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。