みんなの大学情報TOP   >>  長崎県の大学   >>  長崎県立大学   >>  口コミ

長崎県立大学
出典:大和田宗
長崎県立大学
(ながさきけんりつだいがく)

長崎県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 47.5

口コミ:★★★★☆

3.75

(143)

長崎県立大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.75
(143) 公立内65 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.64
  • 研究室・ゼミ
    3.72
  • 就職・進学
    3.71
  • アクセス・立地
    2.60
  • 施設・設備
    3.60
  • 友人・恋愛
    3.69
  • 学生生活
    3.21
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

143件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    看護栄養学部 看護学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      付属の実習機関は無いものの、演習や実習は充実している。実習は地域の総合病院で実施し、学生の態度や学習意欲についての病院側の評価は、近くの国立大学を含む他の教育機関の学生よりも高いと聞く。国家試験合格率もほぼ100パーセント。
    • 講義・授業
      講義は専門的に研究している先生方が指導してくださり、グループワークを中心に進むことが多いため、理解を深めるとともに、自己表現の練習も兼ねている。
      課題は、学年があがるにつれ難易度も量も増える。
      履修の組み方については、年度始めに説明があり、必要であれば学生支援課がサポートしてくれる。
      実習に行くためには単位を取ることが必須なので、出来るだけ単位を落とさないよう先生方もサポートしてくれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生から本格的に指導し、2年生の後半に研究したい内容や希望領域の調査が行われる。それによって担当教員が振り分けられる。希望教員を聞くことはないが、希望すれば反映してもらえると思う。
      同じ領域の中で、複数のゼミと合同で行うこともあり、他の生徒の進捗や研究内容の共有の場も設けられている。
    • 就職・進学
      就率100パーセント、国家試験合格率もほぼ100パーセントである。
      就職サポートは担当職員の方々が説明会を開催してくださったり、個別に指導してくださったりする。また、先輩方に話を聞く機会や、外部のスタッフをよる相談・指導を受けることもできる。
      学内の大学院に進学する場合、学部長らによる説明も受けることができる。ほぼ合格できる。
    • アクセス・立地
      市の中心部から少し離れた山の上に位置している。周囲は住宅街で近くに住む学生も多い。アクセスは、バスや電車を使うことになるが、バスは行き先が複数あり、初めての人は少しわかりにくいかもしれない。また、時間帯によって不便なこともある。
      買い物は近くに大きなスーパーがあるが、坂道が多いため少し大変だと思う。
      飲みに行くことが多い場所は、住吉だと思う。
    • 施設・設備
      学校施設は綺麗で整っている。
      演習の機材なども豊富に揃っている。
      図書館は、専門書が多く、ないものは取り寄せも可能である。国試前や定期試験前は多くの学生が利用している。
      サークルや部活を決めるには、年度始めに行われる新入生向けの茶話会が活用できる。先輩方がお菓子など用意しているので、ぜひ行ってみてほしい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科でのつながりが強く、全体で飲み会をすることが多い。ただし、苦手な方は参加自由だし、自分にあった友人関係を築きやすいと思う。
      サークルなどでは、学年を超えて繋がることができ、試験の過去問なども教えてもらうこともある。
      学外からは美男美女が多いと言われている(例外もある)。サークルなどのつながりで恋愛関係に発展したり、アルバイトなどで他学の学生と出会ったりすることが多い。
    • 学生生活
      サークルは体育系が特に充実しており、インカレなどの大会にも積極的に参加している。
      学祭では有名芸能人が毎年来ており、かなり盛り上がる。
      アルバイトは市内で行う学生が多い。
      アルバイトやボランティアの情報は、学校側が提供してくれることが多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、看護とは何かを学ぶ。実習3日間
      2年次は、演習を中心に進む。ベッドメイキングから洗髪、足浴、採血(人形)など。実習1週間
      3年次は、前期はグループワークで事例検討などを行い、後期は半年間実習。
      4年次は、しまの実習(事業の参加・見学、健康課題の抽出など)、災害実習
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院
    投稿者ID:430028
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    地域創造学部 公共政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      公共政策学科は、主に地方創生や地域活性化などについて考えていくための知識や技能を身につける学科です。卒業後は、官公庁やその他地方公務員になる人が多いです。学科の教授も、官公庁に色々な繋がりを持っている方もいるため、就職の時期にはとても親身に相談に乗ってくれます。また、中学校の社会、高校の地歴公民の教員免許を取ることもできるため、教職を取得したい方へのケアも充実しています。
    • 講義・授業
      講義は主に、地域創造や地域活性化について学ぶ授業や、経済や法律というような授業も多くあります。教授や講師の先生方も、学生がわからないところがあったら、学内メールなども活用して気軽に質問できる環境を作っていらっしゃいます。また、遠隔講義という授業もあって、佐世保校と、長崎のシーボルト校を遠隔で繋いで、同じ授業を受講できるというシステムです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選び方に関しては、説明会やシラバスなどを参考に、それぞれの教授の専門や、どのようにしてゼミを進めていくかを、各自吟味して、選考する形です。
      2年次、3年次とゼミがありますが、3年次のゼミは卒業論文まで含められているため、慎重な選択が必要となってきます。
    • 就職・進学
      公共政策学科は、主に市庁県庁や労働基準監督署など役所に就職する学生が多いです。その他、地域の中枢企業や大学院進学をする学生もいます。学校も、就職課を中心に、セミナーや企業説明会などの情報を通して、学生に就職について考える機会を提供しています。
    • アクセス・立地
      佐世保市の中心部からはバスや電車で30分と、少し離れてはいるものの、市内では珍しい平地に立地し、大学の周りには緑が多く、静かな環境で勉強することができます。学校の寮はないため、学生の8割が一人暮らしの学生です。大学の周辺に学生アパートが多いため、大学から徒歩15分圏内くらいに住んでいる学生がほとんどです。市内中心部で遊ぶこともありますが、福岡や長崎に遠出して、ショッピングなどを楽しむ学生が多いです。
    • 施設・設備
      佐世保校キャンパスは、講義を行う棟は2、3棟あり、教授の部屋がある研究棟、図書館、学生食堂、体育館、大学院棟、支援課や総務課、就職課などがある建物、学内グラウンドやテニスコートといった設備があります。教室は、約500人を収容する大教室から、少人数ゼミにも対応する小教室まで多数の教室があります。図書館は4階あって、公立大学では九州の中でも大きい規模を誇り、経済系の書籍を多く扱っています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      部活動、サークルも充実しており、主に、生協を運営する生協組織部、学祭の実行委員会、海外ボランティアなどに参加するivusa、佐世保の名物であるよさこいを盛り上げるよさこい部などがあげられます。その他たくさんのサークルがあり、2、3個のサークルを掛け持ちしている学生も見られます。
    • 学生生活
      私は生協組織部とサイクリングサークルに所属しています。生協組織部は、食堂や店舗で行う企画を考えたり、オープンキャンパスでは在学生目線での提案などをしたり、新学期には新入生サポートセンターといって、新入生の新学期のお手伝いをする活動も行っています。サイクリングサークルではマネージャーとして、サークル全体の会計などを行っています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      4年間を通して、地域活性化、地方創生などについて学んでいきます。人口減少、少子高齢化など地域が置かれている現状を踏まえて、それらへの対策を考えていきます。
    投稿者ID:431580
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      単位は、講義に出席しておけば問題なく取れる。
      卒業後に活用するようなことを学べなかった。
      現在は、学部再編されているので、あまり参考にならないかと思います。
    • 講義・授業
      単位は出席しておけばある程度は、取れる。
      風変わりな教授もいて、内容の理解に苦しんだ。
      講義中の雰囲気は、基本的に悪かった。
      履修の組み方は、ある程度自由だったと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは、教授によって、当たり外れがあった。
      楽なところもあれば、厳しいところも。
      卒論も、教授次第で、出せば終わるところもあれば、細かくチェックするところもある。
    • 就職・進学
      毎週、ガイダンスが行われていたが、出席しても身になるものでは、なかった。
      サポートは割としていた気もする。
    • アクセス・立地
      学校の周りは何もない。
      佐世保市内まで、車か公共交通機関を使わないといけなかった。
      何かするにも駅付近まで行かないと何もない。
    • 施設・設備
      新しい棟は、綺麗ではあったが、古い方の建物は、所々汚かった。
      図書館は、基本的に静かで使いやすかった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルとかに入らないと友達はできない。
      入学してすぐの歓迎会などに積極的に参加しないと残りの期間で
      友達作るのはきついと思う。
    • 学生生活
      サークルはどこにでもあるようなのしかなかった。
      学祭もあまり面白さを感じるものではなく、ありきたりな学祭でしかなかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は、経済系の必修科目を勉強。
      3、4年次は、より専門性のあるマーケティングとかを学習する。
      卒論は、勉強したことであればなんでもよかった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      物流系の営業
    投稿者ID:429126
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分の学力に合っていて周りで留年した人はほとんどいないと思う。
      敷地自体がコンパクトなので他の大学と比べると移動がスムーズで時間が取られることはないと感じる。
    • 講義・授業
      自分の学力に合っていて単位を1度も落とすことなく過ごせた。
      教授や講師は人によるが厳しい人とゆるい人がいる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期はどこの大学も同じであると思う。
      選び方はゼミの説明会で選ぶ。
      教授によるが人気の教授とそうでも無い教授がいる。
    • 就職・進学
      就職実績は国公立大学の中ではいいほうではないかと感じる。
      就活について気をつけておいたほうがいいことは就活が全てではない。私自身も就職活動しなければいけないといけないという社会全体の雰囲気に飲み込まれ、辛く苦しい日々を過ごし、就活をしないという選択をした。しかし、その経験があったことで就職するよりももっと人生を生きていく中で大切なことに気づけた。
    • アクセス・立地
      正直大学周辺は田舎で立地がいいとはいえない。大学周辺にはスーパーやドラッグストアなどはある。生活するのには不便ではない。
    • 施設・設備
      建物によって新しかったり古かったりするのでいいとはいえない。図書館は比較的新しいので使いやすく、暇な時に映画など見ることも可能である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小さい大学なので大きい大学と比べて比較的大人しい人が多いと感じるが、ワイワイ騒ぐのはちょっとという人にはピッタリの雰囲気ではないかと思う。
    • 学生生活
      アルバイトは街の方に出てやっているひとがほとんどではないだろうか。しっかり考えてアルバイトを選んだ方がいい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は日本史や英語など高校の延長線上って感じの講義が多く、月曜日から金曜日まで授業が詰まっていた。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定
    投稿者ID:428735
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 国際経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      進級・卒業要件は少々厳しいため、それを達成するにはある程度の勉強は必要です。やることをやれば、自分の希望に沿って過ごすことができる大学です。それほど大きな学校ではないので、教授との距離が近く良い関係が築きやすいです。あくまでも経営学部なので、英語だけ勉強するわけではありませんが、他校の英文系よりは+αの知識を身に付けることができると思います。英語力以外にも海外と関わる仕事で必要な知識やスキルはたくさんあるので、将来グローバルな仕事をしたいと考えているひとにとって、とても良い学科ではないでしょうか。海外(東アジア中心)での語学研修やビジネス研修などもカリキュラムに含まれているため、海外経験を積みたいひとにもおすすめです。カリキュラム外でも、様々な国との交換留学や他国の学生との交流プログラム等も希望すれば参加することができます。学科の人数は60人前後と少なく、学生同士切磋琢磨しながら成長していけるような環境で学んでいくことができると思います。
    投稿者ID:389589
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    看護栄養学部 栄養健康学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      資格を取るためのサポートや就職のサポートがしっかりしている。授業以外にもイベントが多く、他学年との合流も多く、友達もたくさんできる。授業内容は専門的なことを深く学べて、他では体験できないようなレベルの実験なども行われ、様々な分野を学べる。
    • 講義・授業
      授業はたくさんの分野があり、テスト前などは特に大変だが、先生たちは分かりやすく丁寧に授業をおこなってくれていた。たまに分かりにくい場合もあるが、質問に行くと丁寧に教えてもらえる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は興味のある分野を選び、その中でかなりレベルの高い研究を行うことができる。ゼミは3年の後期から始まり、4年になるまでにいろいろなゼミを行い、その中でやりたい分野を見つける。ゼミ生は先輩後輩仲良く、先生を含めてイベントを行うことが多かった。卒論は、時間ギリギリまで仕上げてかなり大変な思いもしたが、良い経験となった。
    • 就職・進学
      定期的に就職セミナーが行われていてた。就職課の先生が親身になって、相談に乗ってくれて、良さそうなところを見つけて教えてくれたりと、かなりサポートしてもらえる。
    • アクセス・立地
      山の上の住宅地にあるため、公共交通機関としてはバス利用が多い。駅からは、ずっと上り坂で15分程度かかるため、きついと思う。学校の周りに、コンビニやカフェ、スーパーは少しあるが遊べる場所はほとんどない。一人暮らしでも便利のいい街の方に住んで、バスや原付で登校する人も多い。
    • 施設・設備
      比較的新しい校舎で、全体的にきれい。小さいキャンパスだが、図書館や食堂などの施設は充実している。研究設備は、他にはない珍しい機械も多く、研究が、幅広くできる。課題は主にパソコン室を利用する。試験前は図書室に、たくさんの学生が入る。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      地元生と他県から来た人は半分半分くらい。いろいろな県から来ているので方言や習慣の違いを知れて楽しい。サークルに入ると同じ学科だけじゃなく、他学科の人とも友達になることができる。全学共通の授業を取ってもたくさんの人と知り合える。学科内はほとんど女子だけなので、恋愛はサークル内が多い。
    • 学生生活
      サークルは他学科のひとが多いサークルだったため、新しい友達がたくさんできた。イベントや試合もあるサークルだったので繋がりは深かったと思う。大学のイベントは、学祭の他にも球技大会などもあった。学科内では新歓や追いコン、ハロウィンパーティーがある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では、専門の座学が主に行われる。共通科目の単位も取っておくため、授業は詰まっている。調理実習がある。2年次では、実験が始まり、午前は座学、午後はほとんど実験となる。実験は1ヶ月ごとくらいで変わる。3年次は、前期に残りの実験と給食を作る実習がある。座学は少なめ。夏休みは学外への実習がある。4年次は、前期に残りの座学。夏休みに学外実習2つ。後期は卒論。終わり次第、国試対策の授業が行わる。国家試験の関係で卒論は12月に提出、発表がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      県内の保育園の栄養士
    投稿者ID:410016
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    【募集停止】国際情報学部 【募集停止】国際交流学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      県内にある国公立の国際交流系学科としてはいいと思う。長大の多文化社会は出来たばかりで安定してない印象。英語だけでなく様々な分野をまなべるが、留学など学校の認可のもと長期で考えている場合はそこまでオススメできない。
    • 講義・授業
      分野が広く言語、経済、政治、文化、文学など様々なことについてまなべる。
    • 研究室・ゼミ
      選考の段階で基準を設けるゼミもあり、2年生の段階である程度決まる。自分が学びたい分野を早い段階から考える必要がある。
    • 就職・進学
      サポートはしっかりしようとしてくれる。ただし自分から動く必要がある。就活はあくまで個人で行うものなので、悩んだ時などの相談などに利用した。
    • アクセス・立地
      住宅地の山の上にあるのであまりいいとは言えない
    • 施設・設備
      ATMはない点が残念だが、校舎は近年出来立たばかりで綺麗。パソコンやカフェスペースなどしっかりしている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一つの学科の人数はそこまで多くないので授業などがかぶると自然と仲良くなれる。学内だけでなくバイト先などで交流をもつことも多い。
    • 学生生活
      あまり充実しているとはいえない。看護栄養→料理、情報→映像はあるが言語サークルといえるものがなく、留学生のサポートメインのものしかない。運動系はわりとあるイメージ
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      様々。一年生の必修で様々な分野について学び、2年生からゼミにはいり専門的な内容について学習していく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      不動産関係の仕事。
    投稿者ID:386419
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護栄養学部 看護学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      行く人の学びたいことが明確(看護師になりたい)なら、大変いい大学であると思いますね。教授たちが看護界の中でも有名な方がいらっしゃるし、そうでなくても優秀な指導員が多数いると思います。苦手な先生はいましたが個々の能力が高いのでだいたい頼りになる。と、かなり上からになるけど看護師になってそう思います。やるかやらないかは自分次第って感じの教え方と言った感じです。私はサークルも入っていたしサークルに入ればなかなか充実した大学生活を送れると思いますし、実際にそうでした。入学して卒業してよかったと思える大学でした。
    • 講義・授業
      Q3で答えたように、優秀な指導員が多数いるので、それなりによかったとは思いますけど、私の学年は不真面目でしたので授業には参加するけど居眠りするのが当たり前のようになっていたような気がします。それでも資料がわかりやすいからよかったと思います、テストとかかなりきつかったけど。
    • 研究室・ゼミ
      研究とかゼミとかを主にやるような学科じゃないので、なんとも言えないですが、卒論を書く時にだけゼミに入ります。
    • 就職・進学
      県内ではどの病院からもうちの卒業生が好印象のため、就職枠はたくさんあると思います。大学のサポート体制もかなり充実しているので安心
    • アクセス・立地
      閑静な住宅街にドーンとあるので、不便ですね。車があればいいのですが、公共交通機関を、利用する生徒からは不便だとおもいます。
    • 施設・設備
      綺麗ですし、最近も色々試行錯誤しているみたいで大学という感じがします。とにかく綺麗ですし、整備されていて快適。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      小規模な大学ですし、学年の人は学部学科がちがっても友達になれます。サークルも入ればかなりたのしい。していてよかった。か
    • 学生生活
      サークルはたのしかった。幹部をしたりしたけど入っているかいないかで、うちの大学はキャンパスライフが大きく左右すると思われます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年で基礎を固めつつ、教養科目も学習していきます。教養科目も履修するため、他の学部の人たちとの交流の機会となります。3.4年では必修科目すなわち専門科目のみの履修となるため、授業で他の学部の人と関わる機会はなくなります。3.4年は大きな実習期間があり、大変だけど終わってみれば早かったなと感じるし、ここで自分が本当に看護師になりたいのか、なるのかと向き合うきっかけになると思います。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      急性期病院の、看護師
    投稿者ID:411623
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    情報システム学部 情報システム学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返って、映像制作やグラフィックデザインなど他の大学ではなかなか学べないことを学べてすごく充実していたと思う。校舎が新しく、国立大の方とは比べ物にならないくらい綺麗。
    • 講義・授業
      講義・授業については、様々な授業が用意されていて、自分の学びたいことや進みたい進路によって学ぶ科目を選んで受講できるのはすごくいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一年生からあり、先生は一年次以外は希望制。研究室によって、学ぶ内容は全く異なるが、私のゼミは卒論の締め切りがはやくて少し大変である。
    • 就職・進学
      就職実績に関しては、毎年ほぼ100%に近い就職率を出していると聞いている。就職支援課の人たちが温かくて相談しやすい。私は今四年生で、東京就職だったが5月には就活をほぼ終えた。まだ内定をもらえていない人もいるが、それは本人に問題があるだけでサポートはわりと多い大学だと思う。
    • アクセス・立地
      交通の便は悪い。一時間にバスが二本くらいしかないから帰りづらいし、行きづらい。ただ、街自体は綺麗で、土地としては悪くないが、遊ぶ場所はほぼない。
    • 施設・設備
      キャンパスは本当に綺麗。見た目は私立にしか見えない。国立大も正直行けたのだが、キャンパスの差があまりにもありすぎて、こちらを選んだ。コンピューターも年々新しくなっている。トイレも綺麗。グラウンドもかなり広い。食堂もガラス張りで綺麗。設備に関して不快感を感じたことがない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女比の差がかなりある。圧倒的に女子が多い。学内で恋愛する人もいるが、少ない方だと思う。男子が少ないゆえ、私も付き合ったのは、社会人や他大学の人で、学内恋愛は出来なかった。
    • 学生生活
      サークルについてはたくさんのサークルがあり、それなりに充実していると思う。学祭は毎年、芸人か俳優さんがくる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      情報の基礎やプログラミング、映像制作など幅広く勉強する。いろいろな科目があって、自分が学びたい科目を取ることが出来る。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      コンサルタント会社の総合職
    投稿者ID:414679
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活をする上で、面白い講義をしてくれる教授や講師がいるのでその部分は良いところだと思う。ただし、単位を取るのが著しく難しい科目もある。卒業後の進路はまだ学部自体が新しいので今から決まると思う。
    • 講義・授業
      講義や授業の内容は、素晴らしい先生が多いため、将来のためになる話や面白い役に立つ話を聞くことができる。課題などは授業によるが、そこまで多くないと思う。単位取得については、必修科目は出席を重視する科目が多いように感じる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年生の前期から始まるため、ゼミ生同士の中も深めやすい。選び方は、説明会や先生の研究室に聞きに行くなど納得いくゼミを決めやすいと思う。自分の所属しているゼミは始まったばかりのゼミで方向が定まっていない。
    • 就職・進学
      新学部のため、はっきりとした就職先はまだわかっていないが、今までの傾向からすると中小企業が多いように思える。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は徒歩五分程度のところにある。学校の周りに生活に必要なスーパーなどはあるが最低限である。実家生以外は大体、大学周辺に住んでいる。
    • 施設・設備
      キャンパスは今は古い建物もあるが、近々新しく公示されると思う。経済系の大学のため研究施設などはあまりない。図書館は地方の大学のため大きくはないが、勉強するうえでは役に立つ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は様々なつながり方があるため入学してすぐに友達ができると思う。恋愛関係は家が近くの人やサークルが同じ人がつきあっているようである。
    • 学生生活
      大学のイベントは文化祭が盛り上がるイベントであり、今年でいうと芸人の「流れ星」などが来る。アルバイトは近くにたくさんのアルバイト先がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど必修科目で、経済に関する基本的なことを学ぶ。その後は自分が好きな経済分野について学べる。
    投稿者ID:413581
    この口コミは参考になりましたか?
143件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

長崎県で評判が良い大学

長崎県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  長崎県の大学   >>  長崎県立大学   >>  口コミ

長崎県立大学の学部

オススメの大学

高崎経済大学
高崎経済大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.60 (201件)
群馬県/公立
新潟県立大学
新潟県立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.03 (60件)
新潟県/公立
宮城大学
宮城大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (133件)
宮城県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。