みんなの大学情報TOP   >>  宮崎県の大学   >>  宮崎公立大学   >>  口コミ

宮崎公立大学
出典:Sanjo
宮崎公立大学
(みやざきこうりつだいがく)

公立宮崎県/宮崎神宮駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0

口コミ:★★★★☆

3.96

(69)

宮崎公立大学 口コミ

★★★★☆ 3.96
(69) 公立内32 / 86校中
学部絞込
691-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      英語を学びたい人にとってはとてもいいし、幅広い分野を学ぶことが出来る。英語の教師になることも出来ます。
    • 講義・授業
      良い
      広い分野を深く学ぶことが出来、進路も様々です。就職率も高く、将来の夢が決まっていない人も入りやすいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      経験豊富な先生方からたくさんのことを吸収できる。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はとても高く、手厚いサポートをして下さる。教職も支援されている。
    • アクセス・立地
      良い
      宮崎の中でも街の方にあり、駅は車で5分、イオンは車で15分。飲み屋街もすぐ近くにあります。
    • 施設・設備
      良い
      特に不便することは無いです。規模の小さな大学なので少人数で学ぶことができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルに入るとたくさんの友達が出来てとても仲良くなります。学内のカップルはたくさんいます。
    • 学生生活
      良い
      他大学と比べると学祭は盛り上がりにかけるかもしれないが、スポーツデイというイベントは部活仲間や友達と楽しむことが出来る。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      英語が主ですが、本当に幅広い分野を学ぶことが出来て、将来進む進路も様々です。リベラルアーツの理念の元で学習します。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      小学校の教師。
    • 志望動機
      英語を学びたい私に、高校の先生がオススメしてくれたから。家からも割と近かったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:568596
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      入学前のイメージよりさらに楽しい学校生活を送れている。勉強も部活も充実しているから、入学して良かったと思う。
    • 講義・授業
      良い
      様々な講義を受けることができる。外部の講師を呼んだ授業など。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      フィールドワークなどがあり、課題を見つけ解決策を提案することができる。
    • 就職・進学
      良い
      進学率がとても良い。それは、一年の頃からキャリアの授業が充実しているからだと思う。
    • アクセス・立地
      良い
      市内なので、ある程度は環境が良いと思う。ただ、交通の便はあまりよくない。
    • 施設・設備
      良い
      こじんまりとした大学なので、とても充実してるとまでは言えないが、ある程度は満たされていると思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係は良い。少人数だからこそ、ほとんどの人が顔見知りで、仲良くなれる。
    • 学生生活
      良い
      イベントは大きくはないが、学生主体で楽しめるようなないようになっている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      主に、言語・文化とメディアコミュニケーションと国際政治について勉強している。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      一つの学問を学ぶよりも幅広く様々な学問を学べるから。また、こじんまりとした雰囲気の学校が自分にあっていると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569097
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      人数が少ない分、みんなの距離が近くて良い。だいたい顔見知り。大学の場所が街中にあるので、飲み会も街へ出れて楽。
    • 講義・授業
      良い
      リベラルアーツ教育のため、色々な学問を学べる。逆に、専門性はなかなか持てない部分もある。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      少人数制のため、みんなの仲が良い。先生も親身な方が多く、卒論時期などはアドバイスをきちんとくれる。
    • 就職・進学
      良い
      地元に就職するならば、OB等も多いため強い。ただ、県外に就職となると、いち地方の大学でしかなく知名度はない。
    • アクセス・立地
      良い
      街中にあるので利便性は高い。また、そのためご飯を食べる店も多いので、ランチには外に出ることもある。
    • 施設・設備
      良い
      設立されてまだ歴史が浅いため、施設はキレイ。また、女子も多いため、汚く使う人は少ない。
    • 友人・恋愛
      良い
      距離が近いため、恋愛はしやすい。特に、男性は数が少ないため、ちやほやされる。
    • 学生生活
      良い
      サークルの数は少ないが、みんな和気藹々としている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      リベラルアーツ教育のため、幅広い学問を学べる。人文学部のため、社会学系統のゼミが多い。
    • 就職先・進学先
      金曜
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:482268
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      カリキュラムの内容が興味があるものないものがわかれてしまう。リベラルアーツを主に重点的にやっていって、その中で歴史や文化を学ぶことが多い。英語を勉強するだけではないので、そのほかの教養を学べるというのは強みである。
    • 講義・授業
      普通
      講義内容が退屈な時がある。教授と学生が近い授業をしてくれたりするので、教授からの指導はいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ほかの大学がやってるような研究はあまりありません。専攻も、学年が上がるにつれて決めていくので専攻科目もすぐには決まりません。ゼミは多様な価値観のゼミがあり、その中で自分が学びたいものを選択できます。
    • 就職・進学
      良い
      就職支援室の方が優しく教えてくれます。教職の過程も充実してるので、教師になりたい方はおすすめです。さらに、就職率も高くて評判がいいです。
    • アクセス・立地
      良い
      住みやすいところに大学があるので、住みやすい環境のうちに大学があるという感じです。近くにスーパーやコンビニ等あり、比較的アクセスが便利な位置です。
    • 施設・設備
      普通
      学食が小さくて人が混雑します。それに、購買も食堂も早く閉まるのであまり便利ではないです。学食もまずいのにお金が高いのがネックです。
    • 友人・恋愛
      良い
      クラスが少人数制が多いのですぐに周りと仲良くなれます。学年自体200人くらいしかいなくて、グループワークとかもあるので交流がたくさんあっていいです。
    • 学生生活
      普通
      部活は真剣にやっているところもあればサークルみたいにゆるくやっているところもあります。大学になってまで真剣にやりたいという人はあまりいないので、おすすめです。真剣にやっているところもあるのでオススメです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      英語に店の中常に触れることができ、国際にもっと関心を持つことができます。またリベラルアーツも学ぶことができて、一般教養を身に付けることができます。
    • 就職先・進学先
      教師になりたいとおもっていて、教職過程に励んでいます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:495423
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      英語に興味があったり、海外に興味があったりする学生にはとてもいい大学だと思います。また、将来の夢が決まっていない学生にもお薦めです。幅広い分野の学問を学ぶことが出きるので、新たに興味をもつ学問に出会える可能性が高いと思います。
    • 講義・授業
      良い
      少人数制なので、分からないこともすぐに聞くことが出きるし、学生と先生の距離も近くていいと思います。大学の教授だけでなく、外部講師による授業もあり、楽しい講義を受けることができます。また、コンピューター室や図書館などの施設も充実しているので、自主学習の環境は整っています。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1、2年生で文献を読んだり、フィールドワークなどを通して基礎を作ります。三年生から興味のあるゼミに入り、専門的に学習していきます。
    • 就職・進学
      良い
      全国の公立大の中では、就職率はトップです。それは、就職支援室の先生方が優しい指導やサポートをしてくれるからです。また卒業された先輩方が在校生のために会社のことや就活のことなどを話してくれる機会をもうけてくれます。
    • アクセス・立地
      良い
      大学校舎は宮崎市内にあるため、アクセスはいいと思います。県外からきた学生は、大学周辺のマンションやアパートに住んでいるので、自転車や徒歩で通学する生徒が多いです。大学周辺には、飲食店やデパート、スーパーマーケット等がたくさんあるので、生活には困りません。
    • 施設・設備
      良い
      コンピューター室や図書館など自主学習ができる環境が整っています。また、Wi-Fi環境は毎年強化されているので、誰でもどこにいても繋がります。
    • 友人・恋愛
      良い
      一学年の人数が約200人と少ないので、学年を越えて多くの人と仲良くなれます。また、部活・サークル活動は活発です。
    • 学生生活
      良い
      部活・サークルはたくさんあります。ほとんどの部活・サークルがきつい活動ではないので、かけもちしている人も多くいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は様々な分野を学びます。必修科目がほとんどなので、履修登録は簡単にできます。2年次からは3分野からまんべんなく自分の学びたい講義を選ぶことができます。3年次からゼミ活動が始まります。4年次のゼミ活動は就活があるため先生と個別に行うことができ、無理のない生活をすることができます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:490991
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学校の規模がそれほど大きくないため、授業やゼミなどでは一人一人に対して手厚く指導してくれる。
      また、英語を学びたい人にとっては、様々な国のネイティブスピーカーの先生方とコミュニケーションをとれるのでとても良いと思う。
    • 講義・授業
      良い
      履修は、必修や選択必修が多い。
      課題に関しては、特に英語の授業での課題が多く、単位にかかわってくるので毎日しっかりと取り組まなければならない。
      教授や先生は、優しく親しみやすい方が多く、割とすぐに仲良くなれる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは、1年の前期から始まるが、最初は基礎から教えてくれるのでとても良い。
      選び方は、自分の興味のある分野を研究している先生から順に第5希望まで出して、割り振られる。
      人気のある先生を選んだ場合、自分の希望通りにならないこともある。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績はとても良い。特に、宮崎県内の就職が多い気がする。
      就職活動のサポートは、就職支援室があり、一人ひとり手厚くサポートしてくれる。
      また、1年時から先輩の話を聞く機会がある。
    • アクセス・立地
      良い
      学校は、宮崎市街地に近い。
      宮崎駅から学校までは自転車で10~15分程度である。
      学校の近くには、県立図書館や美術館などもある。
    • 施設・設備
      普通
      キャンパスはそれほど大きくなく、教室もそれほど多くない。
      図書館には、いくつかの勉強スペースが設けられており、大人数での勉強や個人での勉強など様々な用途に適している。
      様々なイベントが行われる講堂もある。
    • 友人・恋愛
      普通
      学内の友人関係は、一つの学科しかなく必修も多いため、同学年の子とはすぐに仲良くなれる。
      部活動は、活発に活動すれば、様々な学年の人とのつながりができる。
    • 学生生活
      普通
      サークルは、活発なものとそうでないもので分かれている気がする。
      大学のイベントは、学園祭のほかにもクリスマスや七夕などいくつかある。
      アルバイトは、ほとんどの人がしている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、必修や選択必修が多く、様々な分野を幅広く学ぶ。また、レポートや諸表の書き方など幅広いことを学ぶ。2、3年時からは、自分の興味のある分野を見つけ、それを極めていく。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:431601
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      高校までの授業とは全然違って、自分の学びたいことをとことん学べるのが楽しい。英語を学びたい人にとっては、少人数のクラスで自分のレベルにあった授業をしてくれるので無理なく楽しく学べる。
    • 講義・授業
      良い
      大学の先生なのに面倒見が良くて、入学して不安なこともあったけど、すぐに大学生活に馴染めた。履修登録とか出来るか分からなかったけど、しっかり教えてくれるので、間違えることなく履修登録が出来る。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミが始まる時期は3年生から。ゼミの説明会は2年生の時にあって、それぞれのゼミの先生から話が聞ける。ゼミ同士のつながりは、とっても仲が良くて、ご飯を食べに行ったりもする。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績については、毎年98%を越えている。全国の公立大の中ではトップレベル。一年生の時に4年生から就職活動についてアドバイスなどをしてくれるから、イメージしやすかった。
    • アクセス・立地
      良い
      市内に位置しているので、周りは飲食店やスーパー、百貨店などが集まっている。サークルの飲み会などは街にいけばたくさんお店があるので、毎回違うお店に行って楽しめる。
    • 施設・設備
      良い
      図書館には、ほとんどの新聞社の新聞が置いてある。試験前は時間を延長して開館しているので、集中して勉強できる。また自習室には、パソコンがたくさん置いてあるので調べたいことやレポートなどをすることができる。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内の友人関係は人数が多いわけではないので、ほとんどの人が知り合いになるし、仲の良い友達がたくさん出来る。サークルや部活は和気あいあいとゆるーく活動してるので、先輩後輩仲が良く楽しく活動できる。
    • 学生生活
      良い
      入学してすぐに新入生歓迎会を開いてくれたり、イベントを開いてくれたので、すぐに友達を作ることが出来た。アルバイトの求人を学校に掲示してあったりするので、探しやすい。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生は必修科目が多いので、ほとんどの授業は学年みんなで受ける。リベラルアーツの学校なのでさまざまな学問を学ぶことが出来るため自分の興味関心を知ることが出来る。
    • 就職先・進学先
      まだ決まってない
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:406989
  • 男性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      この学校に来た理由は、英語についての理解をもっと深めたかったからでしたが、初年度から、英語以外の授業の方が何倍も多かったです。しかし、結果として、広い知識に触れることとなって、そこから自分の興味のある分野を深く学ぶことが出来ました。
    • 講義・授業
      普通
      英語系の学部だと思って入学すると、それ以外の科目を思った以上に取らないといけない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      少人数で構成されるからこそ、先生が親身になって相談に乗ってくれる。自分の興味を持つようなゼミが必ず見つかると思う。
    • 就職・進学
      良い
      就活する際のサポートは、就活セミナーのお知らせや、面接指導、自分に合っている企業など、申し分ないほどです
    • アクセス・立地
      良い
      宮崎市内に一番近い大学なので、少し行けば街に出ることができるので、バイトを探すことにもそこまで苦労しない
    • 施設・設備
      悪い
      パソコン室は使う時間が7時までであったり、使う台数も限られているので、テスト前には使えないことがある。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルはどのサークルも盛り上がっている感じがする。友人関係はサークルを通して作る人が多いです。
    • 学生生活
      悪い
      学祭が他の大学に比べると、とても小規模です。サークルに所属してない人にとっては、年内の大きいイベントは、学祭だけになってしまいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は様々な分野の授業を取ることになります。必修の科目が多いので、それを取っているだけでも結構忙しいです。二年次、三年次は、各分野からそれぞれとる単位数が決められているので、自由になんでも取れるというわけではありません。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      まだ卒業してないので、かくていはしていません
    • 志望動機
      英語分野に興味があり、一番近くにあった大学が宮崎公立大学だったからです。また、多くの先生方からも進められました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:571190
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      大学でやりたいことが見つからないという方や、英語を学びたいという方にはおすすめの大学だと思います。特に英語、東アジア言語に興味がある人であれば、公費留学制度や異文化実習といった短期留学の制度が充実しているため、学年の4分の1くらいは留学にいっています。
    • 講義・授業
      普通
      教養を身につけるため、広く浅く学ぶものが多いです。一年次には必修が多く、英語系の科目は2年前期まで必修です。3年から興味のある専攻のゼミに所属しますが、私は興味のあることがあまりはっきりしなかったのでこの評価にしました。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3年前期から、3つの専攻に分かれたゼミから関心のあるゼミを1つ選択します。ゼミによって積極的に活動しているところ、そうでないところがあります。私の所属したゼミはどちらかといえば緩く活動しているゼミで、ゼミの参加率もあまり良くなかったためこの評価です。
    • 就職・進学
      良い
      就職支援室の先生方のサポートが非常に手厚いです。生徒の顔と名前をひとりひとり覚えていて、相談に行くと自分の希望を聞いて的確なアドバイスをくださります。すごく親身になって話を聞いてくださるし、フラットに接してくれるためこの評価です。
    • アクセス・立地
      良い
      宮崎の街中にある大学です。最寄り駅までは徒歩25分程と少し遠いですが、宮崎は電車はあまり使わないためそこまで不便には感じません。繁華街までは徒歩15分ほどで着くので便利です。大学の周りにはコンビニやご飯屋さん、県立図書館や大きい公園などあり、ほどよく自然にも囲まれ住みやすいところです。
    • 施設・設備
      普通
      特段建物が新しいわけではありませんが、不便に感じるところはありません。宮崎県内の大学の中ではわりと新しいほうだと思います。強いて言うのであれば、お手洗いがもっと綺麗になるといいなと思います。
    • 友人・恋愛
      良い
      全校生徒が1000人程度で、学部学科もひとつしかないため、同じ学年であればほとんど顔見知りになります。サークルや部活に所属すると、深く関われる友人ができ、充実した大学生活を送ることができます。
    • 学生生活
      普通
      充実しているサークルとそうでないところの差が大きいです。そんなに大きい大学ではないため、廃部寸前であったりほとんど活動していない部もあったりしますが、バスケ部、ダンス部、チアダンス部、軽音部、韓国文化研究などはわりと積極的に活動しているイメージがあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次から2年次の前期までは幅広い分野を教養レベルで学び、それと並行して英語も学びます。2年次の後期から、言語、政治経済、メディアの3つの専攻から1つ、関心のある専攻を絞り、そこからゼミを決めます。3年次からゼミがスタートし、卒論の準備も進めます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      大手損害保険会社の地域総合職
    • 志望動機
      宮崎県内の大学で、実家から通える範囲内であることと、韓国語に興味があったこと、その他にやりたいことや興味あるものがなかったことから、リベラルアーツをうたうこの大学であればなにか興味のあることを見つけられるのではないかと思い入学したいと思いました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:565455
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    人文学部国際文化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      文系の幅広い分野を学べるので、良いと思う。ただ、学びたい分野以外の単位も相当数取得しないといけないので、例えば語学を学びたいだけに入学した生徒などだと、他の経済分野、メディア分野なども同時に取らなければならないので、一点集中は難しく思われる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      今年度は去年度よりゼミが減った事、また、どこのゼミを志望して面談をしたとしても、GPAの高い生徒優先なので、微妙または平均より下のGPAだと希望は持てない。
    • 就職・進学
      普通
      商社などに行く人は少なくとも私の周りにはいなかった。インターンシップはあまり充実していないように思われる。公務員や地方銀行など、全国区ではない地方で活躍するような職に就かれる方が多い。
    • アクセス・立地
      普通
      一人暮らしの場合は自転車で10分程度の場所に繁華街があり、中心街なのでスーパーやコンビニ、24時間営業のファミリーレストランなどそこそこ充実はしている。
    • 施設・設備
      普通
      設備はあまり問題ないが、研究講義棟へ入ると階数が上がるごとにWiFiの接続が悪くなったりと、スマホでアンケートを取ったりする際や、パソコンからスクリーンを出して講義をされる先生方は、接続の不具合で少しスムーズに講義が進まないことがややある。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルなどに入っていなくても、他の大学よりか少人数で行われるうえに、英語などでクラス分けがあるので、そこで友人ができたりする。男子の割合が少ない割には、恋愛関係も割かし充実しているように思う。
    • 学生生活
      普通
      規模は小さいといえど、七夕になると笹と短冊が食堂の前に飾られたり、学祭はもちろんクリスマスにも講堂で催し物をしたりと、それなりである。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は言語文化、政治経済、メディア分野をまんべんなく必修講義で行われる。2年次には必修講義は減るが、2年次に単位をなるべく沢山取得して3年生で空きコマや全休を多めにしようとすると、逆に単位を詰めすぎて落としすぎたりする。
    • 就職先・進学先
      特に考えていない。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:480822
691-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 宮崎県 宮崎市船塚1-1-2
最寄駅 JR日豊本線(佐伯~鹿児島中央) 宮崎神宮
電話番号 0985-20-2000
学部 人文学部

この学校の条件に近い大学

宮崎公立大学学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  宮崎県の大学   >>  宮崎公立大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
千葉経済大学

千葉経済大学

45.0

★★★★☆ 3.50 (49件)
千葉県千葉市稲毛区/天台駅
新潟医療福祉大学

新潟医療福祉大学

35.0 - 45.0

★★★★☆ 3.83 (166件)
新潟県新潟市北区/早通駅
至学館大学

至学館大学

42.5 - 45.0

★★★★☆ 3.69 (76件)
愛知県大府市/共和駅
理系のオススメ大学
千葉科学大学

千葉科学大学

BF - 45.0

★★★☆☆ 3.44 (55件)
千葉県銚子市/外川駅
静岡理工科大学

静岡理工科大学

37.5 - 45.0

★★★★☆ 3.53 (27件)
静岡県袋井市/愛野駅
福山大学

福山大学

35.0 - 45.0

★★★★☆ 3.71 (117件)
広島県福山市/福山駅

宮崎公立大学の学部

人文学部
偏差値:45.0
★★★★☆ 3.96 (69件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。