>>     >>     >>  口コミ

鳥取大学
鳥取大学
(とっとりだいがく)

鳥取県 / 国立

偏差値:48 - 71

口コミ:

3.76

(110)

鳥取大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.57 59位
研究室・ゼミ 3.55 75位
就職・進学 3.62 65位
アクセス・立地 3.15 33位
施設・設備 3.40 57位
友人・恋愛 3.43 67位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

111件中 1-10件を表示
  • 鳥取大学
    女性在校生
    地域学部 地域政策学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      まだ歴史の浅い学部なので、確立された学問とは言えません。が、その分学生たちがこれから確立していくというやりがいはあると思います。
    • 講義・授業
      いろいろなことを多角的に学んでいくため最初は難しく感じますが、学年が上がるごとに理解力も高まり、総合的に政策について学んでいけると思います。
    • 研究室・ゼミ
      多くの個性ある先生がたから、興味のある分野を選択し活動できます。バライティー豊かなので自分にあったゼミを見つけられるのではないでしょうか。
    • 就職・進学
      公務員、教師、銀行等への就職が多いと感じます。
      サポート等についてはまだよくわかりませんが、自分次第だと思っています。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは5分もかからない距離にはあります。
      しかし、やはり車がないと不便である環境です。
    • 施設・設備
      比較的新しく、綺麗ではあります。
      しかし他の私立大学に比べるとはるかに劣っているとは感じます。
      学生食堂やカフェがありますが、値段が安いわけでもありません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    地域学部 地域政策学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      専門を極めるというよりは、地域という観点から幅広い学問を学べる学科です。漠然と地域の役に立つことがしたいと考えている方は学生生活を通じてやりたいことが明確になっていくと思います。地域興しや地域に根付いたビジネスなどで成功した方の講演を聞く機会が多くあります。また、フィールドワークに出ることも多いので、実践的に学ぶことができ、たくさんの出会いがあります。
    • 講義・授業
      経済、都市計画、法学、NPO、社会学など、講義の選択肢がとても幅広いです。専門的に勉強したいことが決まっていなくても、いろいろな講義を経験できるのでゼミが決まるまでにしっかり悩むことができます。
    • 研究室・ゼミ
      フィールドワークに出かけるゼミが多いので、旅行気分で勉強することもできます。わたしの周りでも、岡山や大分、沖縄など、いろいろなところでフィールドワークへ行った話を聞きました。
    • 就職・進学
      公務員志望の方が多くいました。その他では、地元に戻って就職する方が多かったように思います。学科として就職サポートが手厚いという印象はないので、自分自身で大学共通の就職相談などを利用して就活しなければなりません。
    • アクセス・立地
      大学のある湖山は、鳥取市の中でも飲食店やスーパーが多くあるので過ごしやすいと思います。汽車の本数が少ないのと、駐車場利用ができないので、ほとんどの人は徒歩や自転車で通えるアパートに住んでいます。
    • 施設・設備
      地域学部棟内には講義の合間に勉強に使える部屋がいくつかあるので、図書館に行かなくても勉強できます。水道やコンロがある部屋もあり、放課後の憩いの場になっていたりもしました。
    • 友人・恋愛
      他学部に比べて学科の人数はそこまで多くないので、学科全員と顔見知りになれます。学部共通の講義もあるので、交友関係は広げやすいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や学部共通の講義が中心です。2年次以降から専門的な講義を少しずつ絞っていき、卒論の練習になるようなテーマを決めて論文を書く講義もあります。3年次以降にゼミに所属し、本格的に卒論のテーマ決めなどを進めて行きます。私は社会学を専攻しましたが、フィールドワークと文献を読むことが中心でした。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ケーブルテレビ局
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      まさに地域密着の仕事であり、地域の今を地域の方々にお届けしていく大切なメディアだと思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来は地域に貢献できる仕事をしたいと漠然と考えていたので、一つの学問を掘り下げるより、幅広い知識を得られる地域学部を選びました。中でも、地域政策学科ぎ一番地域を掘り下げるような講義が多く、いろいろな地域で活躍している卒業生や、全国各地の様々な角度で地域て活躍する方がゲストの講義などもあり、4年間かけて自分の夢を具体化できそうな地域政策学科を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      特別、特徴的な試験という訳ではないので、センター試験対策と、2次試験の小論文対策を行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    男性在校生
    地域学部 地域文化学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      よほど好きな人でない限り地域学部地域文化学科はおすすめしません。なぜなら、あまりに特殊な場合のみ成功したような事例を学び実現性がないからです。
    • 講義・授業
      良い講義もあれば都区内講義も多々あります。自分が何を本気で勉強したいかをしっかりかんがえるべきでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      自分のやりたい研究を見つけることが何より先決です。そのあとはその方面の先生を見つけてください。中にはいい先生と悪い先生などいろいろですから情報収集葉ちゃんとやるようにしましょう
    • 就職・進学
      学生かの事務員の方々には大変お世話になりました。特にお金はかかったけれど公務員講座の先生が谷は大変おせわになりました。おもしろかったとおもいます。
    • アクセス・立地
      ジェイアールの駅から歩いてすぐなので通学には支障はないと思います。一番遠い人で2時間くらいのひともいましたが、めったにないケースだと思います」
    • 施設・設備
      設備らしいものは何もないです。初戦文系ですから。体育系の人はないかいいところがあるかもしれないが、われわれ文系はなにもかんじない。
    • 友人・恋愛
      自分は地元出身なので、同じ高校の同級生もいっぱいいたし顔見知りの先輩もいました。通学も自宅からなので弁当持ちで何不自由なく親から教わりながら過ごした気がします。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      何も身になることはしていないと思われます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      不明です
    入試について
    • 学科志望動機
      家から近いこともあり、歴史を学べることに喜びを感じたため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      国語・英語が得意であり、司馬遼太郎の文学を読むのが好き。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    工学部 応用数理工学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      田舎で住みやすく、好きな数学を深めたり、物理の勉強を通して工学的なことを学べた為。また、教授との距離が近かったり、学生同士仲良くなれ、一生の友人が数多くできます。
    • 講義・授業
      東大、京大卒の先生が多く、内容のある講義が受けられる。ただ、教授と生徒との学力の差から、少し難しく感じる講義もある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミや研究に一生懸命取り組む学生や教授が多いと感じた為。ゼミ中には討論したり、スライドで発表したりしていました。
    • 就職・進学
      工学部は企業からの推薦が多く、様々な企業に採用出来る確率が上がるなど、将来の可能性が多いと感じた為。
    • アクセス・立地
      バスや汽車は1時に1本など非常に少なく、なかなか鳥取駅か周辺には行けません。しかし、一人暮らしをしている学生や車持ちの学生が多いため、あまり気にならないかもしれません。
    • 施設・設備
      研究するための道具が揃っている上に、教授欲しい器具を相談したら購入していただくこともあったので。また、学会に行く旅費が出たり、学業面でもかなり充実してると思います。
    • 友人・恋愛
      一人暮らしをしている学生が多く、勉強熱心な学生が多いため、学業と私生活両方充実させることができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      力学などの物理を主に勉強。実験よりも理論の勉強が多い。数学は物理を解くために勉強。
    • 所属研究室・ゼミ名
      生体システム解析学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      空力音による電車の騒音についてや、水滴の表面張力、微生物の動きについて解析などが研究されている。
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT業界
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学科で数値計算の勉強を学び、研究でも使用するうちに数値計算が楽しくなったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校数学の免許取得と、祖母の故郷が鳥取だった為
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      物理が苦手なので、基礎的なことから復習していた。基本的なことを勉強していれば受かる。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性在校生
    医学部 保健学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      就職実績もここ数年100%をキープしている。国家試験合格率も全国平均が76%前後に対して90%以上という好成績を出している。
    • 講義・授業
      1年次はほとんどが教養科目で専門的なものは前期後期合わせても5個しかない。また、全体の授業のコマ数も少ないのでテスト対策も余裕をもってできるとおもう
    • 研究室・ゼミ
      研究室は4年生からなので詳しくはわからない。研究室は成績順で配属先が決まるので、GPAは落とさないほうがよい。
    • 就職・進学
      就職率は100%、国家試験合格率も90%をキープし続けている。1年生からキャリアに対する授業があり、サポート体制が整っている
    • アクセス・立地
      鳥取大学前駅からは徒歩1,2分で大学に着くため、駅利用者だけでなく徒歩通学の人にもアクセスが良いと思う。
    • 施設・設備
      鳥取大学の米子キャンパスは鳥取大学附属病院と同じ敷地内にあるため最新医療をまじかで見ることができる。
    • 友人・恋愛
      サークルに入っているとカップルができる可能性はたかいですね。同じ学科の異性とは1年次に話す機会はほぼないので、出会いを求めるなら断然サークルに入ることをお勧めします
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養、生化学、生理学、解剖学、医療の基盤など。
    入試について
    • 学科志望動機
      臨床検査技師になりたいと思ったため。国立大学に入りたかったから
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験を課す推薦入試だったので、センター対策をしながら面接や小論文の練習をしました
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    農学部 生物資源環境学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      校舎がきれいで、一人暮らしの学生が多いので、学生同士の仲がよく、研究を協力して進めていく環境が整っています。
    • 講義・授業
      一年生の時は色々な幅広い知識を与えてもらい、学年が進むにつれ、自分の興味のある専門コースに進めるので、受験時に進みたい方向が決めかねている人にとっては良いと思う。
    • 研究室・ゼミ
      世界と競う、最前線の研究をさせてもらえ、厳しかったが、社会人になったときに、辛くても逃げずに向かい合える用になれた。
    • 就職・進学
      主要都市から遠いので、面接などの移動が大変でした。就職相談などのフォローはあまり受けていないので、わかりません。
    • アクセス・立地
      一人暮らしで、家が近い人が多いので、通学に困ることは少ないが、帰省するときに特に交通のべんがわるく困る。
    • 施設・設備
      改装してから間もないので、衛生的にもきれいで、共有スペースなどもあり、とても過ごしやすい環境でした。
    • 友人・恋愛
      鳥取には大学が少ないので、同じ年齢の人に会うと、大体共通の友人がいます。友達が多くなり、とても楽しく過ごせました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      2年時にコースに分かれ、専門的な内容を学びます。実験もかなり増えて、文系学部のように、遊んだりはできませんが、有意義に勉強に取り組むことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      生物有機化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      人間のモデル生物である線虫を用いた遺伝子の研究
    進路について
    • 就職先・進学先
      食品メーカー 企画研究職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      新入社員から色々な役割をたんとうさせてもらえました。
    入試について
    • 学科志望動機
      乾燥地研究をしたいと思い、入学を希望しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験の点数をあげられるように、科目を絞らず、幅広く勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    地域学部 地域教育学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      単位は落とすことが少ないです。学問に追われている感じではないので、本当に自分のすきなことを好きなように学ぶことができると思います。また、在籍人数があまり多くないので、いろいろな人と友達になれると思います
    • 講義・授業
      講義数は他の大学より少ないとおもいます。 特に教育系の講義は不十分だと思っているので、絶対先生になるぞ!と思っている方にとっては物足りないかも
    • 研究室・ゼミ
      教授がとても親身になって研究を支えてくれます。研究をしたことなくても大丈夫です!私は論理的に物事を考えることが苦手でしたが、教授にアドバイスをたくさんもらったため、人にも自慢できる様な論文がかけました!
    • 就職・進学
      教員を目指す人はごく限られていました。 そのため、教員を目指す人にとってはなかなかサポートが行き届いてないと思います
    • アクセス・立地
      大学の近くに駅があるため、帰省などにはそんなに困らないと思います。ですが、近くにファミレスがないので、なかなか語る場所が限られていました
    • 施設・設備
      私たちが入る直前に地域学部は建て直されたのでとても綺麗でした。 しかし、立地も狭いため使える施設は限られます
    • 友人・恋愛
      他学科や他学部の友達もいっぱいできたり、いろんなバイトをして社会の勉強もでき、とても充実してました。鳥取は周りにお店がない分、ゆったりとしていて話す時間がいっぱいあることがよかったかなーと思います
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教育関係の勉強や、地域に目を向けた勉強を行ってきました
    • 所属研究室・ゼミ名
      数学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      数学教育について興味があることを研究していくゼミ
    進路について
    • 就職先・進学先
      介護士
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      教員になかなかなれず、興味があった介護士になりました
    入試について
    • 学科志望動機
      教員になりたくて地元の近くで教員免許がとれる学科を志望しました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問をひたすらといたり、同じ様な偏差値の大学の過去問をといてました
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    工学部 応用数理工学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      物理や数学が授業のメインになるため、物理や数学を学びたい人にもってこいの学科です。また、高校理科の教育免許も取得出来るため、教師を目指す人にもオススメの学科です。
    • 講義・授業
      分かりやすい授業をしてくださります。また、高学歴の教授が多いので、レベルの高い内容も質問できます。しかし、板書が綺麗な先生と、字が読めない先生がいるので、大事なのは先生の話をしっかり聞くことです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは研究室全員が真剣に取り組むので、1つの議題に対し、激しい討論がされます。それによってゼミの内容が更に深まります。意欲の多い学生が多いように感じます。
    • 就職・進学
      高い就職・進学率と思います。工学部の教授は企業とのパイプが多いため、企業からの推薦が多く、工学系の大企業に就職しやすいです。また、教師になる方も多く、教師も推薦があるみたいです。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩3分程で大学に着きますが、バスや汽車のダイヤが少なく、車がないとお出かけするにも少し不便です。
    • 施設・設備
      研究で欲しいものは教授におねだりすると購入して下さることがあります。また、研究施設も充実していると思います。
    • 友人・恋愛
      学生も仲が良く、教授との距離も近いため、皆で楽しみながら学生生活を送ることができます。特に一人暮らしの学生が多いため、誰かの家で皆で勉強したり、一緒にご飯を作って食べることも出来ます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      微分積分学やベクトルなどの数学分野と力学などの物理分野がメインです。
    • 所属研究室・ゼミ名
      生体システム解析学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      電車の空力音を抑える研究や、小型機械の応用に向けた微生物の動きを知る研究が行われています。
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT関係、開発者(SE)
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学でプログラミングを少し学んだ経験を生かしたかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校数学の教育免許を取得するため、志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      二次試験は数学と物理の試験でしたが、物理が苦手だったため、基礎問題をひたすら解いていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    工学部 応用数理工学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-10投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      工学の勉強をしながら、頑張れば教員免許も取れます。人数は高校の1クラス分の人数くらいなので、結構皆と仲良くなれます。
    • 講義・授業
      必修が多いので、単位を落とすと大変です。留年が多いので、演習やテスト対策はしっかりとしないといけません。教員免許を取るには、必修以外に他の学部の単位を取らないといけないです。物理が苦手だと結構大変です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはしっかり先輩の話を聞いて参考にした方が良いです。興味がある分野でないとやる気が出ません。毎週研究結果を発表する場があるので、毎回ちゃんとやらないと教授に突っ込まれます。
    • 就職・進学
      就職活動は学部生はあまりいい顔をされません。院生はちゃんとやってると推薦が貰えて、良い会社に内定をもらえたりしてました。就職活動は自分が動かないと出来ない印象です。
    • アクセス・立地
      大学の近くに住んでる人が多く、自転車通学の人がだいたいでした。遊び場はあまり無いので、自動車持ってる人に乗せてもらって砂丘に行ったり、汽車で市内に行って飲みに行ったりしました。
    • 施設・設備
      学部棟は比較的綺麗だと思います。学食もリニューアルされて、安いのでよく通いました。大学構内はあまり広くないので、移動は楽です。
    • 友人・恋愛
      1年生には先輩達がとても優しいです。新歓という部活動や同好会に誘う行事があって、4月5月はご飯代がいらないくらい先輩達が奢ってくれたりご飯を食べさせてくれます。部活動やバイトで友達は沢山できます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は演習や一般教養、教員免許もとるために他学部の授業もとっていたので、ほとんど埋まっていました。工学部は必修ばかりだったので、専門的な授業が多かったです。研究室は流体を扱うもので、空気の流れや水の流れ、微生物の動きかたなど様々でした。
    • 所属研究室・ゼミ名
      後藤研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      空力自励音の研究室をしてました。空気の流れを見る実験や微生物の鞭毛の動き、水の回転などの研究をする研究室でした。
    進路について
    • 就職先・進学先
      塾講師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      教員免許を取得し、教員採用試験を受けたが失敗したため。
    入試について
    • 学科志望動機
      教員免許を取りたいと思ってたが、センターで思う様な点数が取れず教育学部を諦めていたところ、他学部でも教員免許を取れると知ったため。国立大学希望で近くの大学を希望していた。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      2次が数学だけだったので、基礎をしっかりして、過去問を解きまくりました。計算を速く出来るよう解法パターンを覚えたり、公式の出し方など基礎的なところもしっかり押さえてました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 鳥取大学
    女性卒業生
    医学部 保健学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      保健学科は人数が少ないので、みんなが仲良くなれます。必修科目が多いので、クラスが団結しやすく友人は作りやすい環境です。
    • 講義・授業
      個性的な先生が多く、退屈することはないです。話しやすい先生が多いので、自分に合った先生にいろいろな話しができます。
    • 研究室・ゼミ
      研究テーマはある程度決まっていて分かりやすいテーマが多く、国家試験や就活と両立かしやすいです。その分、深く研究したい人は大学院まで進学すると知識が深くなります。
    • 就職・進学
      就職先が多い職種ではないですが、先生がいろいろな就職先を紹介してくれます。面接の練習や卒業生の話しを聞ける機会を設けてもらえるので、イメージしやすいと思います。
    • アクセス・立地
      地方なので、県外から来た人は帰省に時間やお金がかかります。駅からも遠いので自転車か車は必須です。遊びに行くところは少ないので、車を持っている人にお願いして買い物に行く人が多いです。
    • 施設・設備
      図書館に専門書が充実していて勉強しやすい環境です。国家試験の時期になれば、学科棟の部屋をいくつか先生が開放してくれます。
    • 友人・恋愛
      1年次はキャンパスが違い、他学部の学生と交流をとれカップルも多いです。2年次以降は学科の団結が強くなり、テスト前はみんなで協力して勉強しています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は化学や生物の基礎や幅広い医療を学びます。2年次以降は専攻に基づいて深く検査を学びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      クリニック/検査技師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      幅広い検査と健診事業に携わりたかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      国家資格を得られ、合格率も高い大学だったから。地元から遠すぎず、帰省もしやすかったため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター込みの推薦入試だったので、センター試験対策を徹底的に行いました。小論文は高校の先生に添削をしてもらいました。
    この口コミは参考になりましたか?
111件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

鳥取県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

鳥取大学の画像 :©Fuma913さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:58 - 75
★★★★☆3.88 (25件)
東京都/国立
名古屋大学
名古屋大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:62 - 75
★★★★☆4.00 (224件)
愛知県/国立
群馬大学
群馬大学
併願校におすすめ
偏差値:51 - 71
★★★★☆3.80 (76件)
群馬県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。