>>     >>     >>  口コミ

島根大学
島根大学
(しまねだいがく)

島根県 / 国立

偏差値:50 - 69

口コミ:

3.92

(71)

島根大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 国立大学順位
(全86校中)
講義・授業 3.68 42位
研究室・ゼミ 3.73 56位
就職・進学 3.64 63位
アクセス・立地 3.39 24位
施設・設備 3.59 32位
友人・恋愛 3.75 20位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

71件中 1-10件を表示
  • 島根大学
    女性卒業生
    生物資源科学部 生命工学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-23投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      バイオ系の職に就きたい人には良い学科だと思いますが、実験や卒業研究でかなり忙しいため教職を取りたい人や、公務員希望の人にはお勧めしません。
    • 講義・授業
      午後は学生実験のため、一般科目の履修は制限されます。専門科目は、学生実験ともリンクしており役に立つと思います。
    • 研究室・ゼミ
      どの研究室を選ぶかでまったく異なります。学会費等は全て実費ですので、バイトをしていないときついと思います。
    • 就職・進学
      特に支援があるわけではないと思います。卒業生とのつながりが強いので、OB/OG訪問もできると思います。
    • アクセス・立地
      大学周辺に生活に必要な設備はそろっていますが、田舎なので県外に帰省や就活に出るのはかなり不便です。 特に就活では交通費だけで何万円も必要になります。
    • 施設・設備
      図書館やPCルームは利用時間が限られており不便です。研究室に配属されるまでは、自宅にもネット回線があった方が便利だと思います。
    • 友人・恋愛
      研究室配属後や学生実験中は、サークル等にはほとんど参加できません。その分、研究室内、学科内のつながりが強くなるので、内部のカップルが多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      2年から学生実験が始まります。3年の後期には研究室に配属され、卒業研究テーマを与えられます。私は植物生理の基礎研究をしていました。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来食品系の研究開発の仕事につきたいと思ったから。機能性食品の講義や、微生物の講義があったり、資格取得ができたので志望した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      看護に関わる様々な資格の勉強を、4年間でしたいと考えている人にとっていい大学だと思います。それらを学べる教育制度が整っているからです。また、グループワークなども多いので同期とも仲良くなれます。ただ、キャンパスはほぼ単科大学といえると思います。なのである意味狭く感じる事もあるかもしれませんが、その分多くの同期、先輩後輩と交流することが出来、楽しいです。
    • 講義・授業
      看護学科の生徒全員が、看護師の資格だけでなく保健師の資格試験も受けられるようなカリキュラムなのは強みだと思います。また、助産師、養護教諭の資格の勉強も出来るような体制があり、選択肢が他の大学の看護学科より多いです。4年間で看護師も保健師も助産師も勉強したい、という人にとって理想的だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      まだ1年なので正直まだ研究やゼミというのはよく分かりませんが、4人ほどのグループごとに先生がついて下さり、丁寧に指導して下さるそうです。
    • 就職・進学
      看護という資格職なので、就職には困らないと聞いています。大学院は、今年から修士課程、博士課程の両方が取得出来るような体制になったと聞きました。国立大学の看護学科の中ではかなり学べる環境が整っていると言えると思います。
    • アクセス・立地
      まず、キャンパスのある出雲市自体、島根県自体がアクセスが悪いので県外から来る、県外に出る場合はとても時間がかかります。キャンパスは駅から少し距離があり、また住宅地の前にあります。学校の近くはコンビニしかありません。(スーパーなどはちょっと遠いです)移動手段として、車か自転車は必須です。無いと生活できません。ある意味勉強に集中出来る環境だと思います(笑)
    • 施設・設備
      最近講義棟と実習棟の間、またそのそれぞれが改修されて綺麗です。講義棟の自習室は利用しやすく、いいと思います。また図書館も24時間利用でき、テスト前は特に多くの学生が利用しているので勉強のいい刺激にもなります。
    • 友人・恋愛
      サークルはなく、部活が主体です。生徒数が本キャンパスより少ないので、部活数もそんなに多くありません。しかし、その分先輩と交流する機会が多かったり、部活内でも皆と仲良くなりれます。特に新歓の時期は、いろんな人と知り合いになれるいい期間だと思います!
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は専門科目は少なく、前期は特に教養科目が多かった印象がありました。後期になってくると看護学、という感じがしてきます。
    入試について
    • 学科志望動機
      ずっと人の役に立ち、かつどこへ行っても、いつの時も必要とされるような仕事がしたいと考えていました。また、私は人と関わるのが好きでした。調べていくうちに、医療系、特に看護は医療職の中でも最もいろんな人と関わると知り、目指そうと思いました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      少人数指導の塾から、代々木ゼミナールのサテライト予備校に通ってました。
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験まではひたすらセンター対策をしてました。センター後は面接の指導を受け、毎日練習していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      静かな土地にあり、非常に落ち着いて勉強ができる環境にあります。田舎にあるので交通のアクセスは良好とは言えませんが、生活していくのに不自由はありません。人間関係も勉学においても充実した学生生活が送れるはずです。
    • 講義・授業
      講義はそれぞれの専門の先生方が質の高い講義を提供してくださいます。講義だけでは不十分な点もあるため自学が重要となってくるのは言うまでもありません。
    • 研究室・ゼミ
      医学科は基本的にゼミは存在しません。希望すれば研究室で先生方と一緒に研究に参加させてもらうことも可能なようです。
    • 就職・進学
      就職先は基本的に全国各地の病院となります。一般学部と違う点は、基本的に就職に困ることはないということでしょうか。希望して試験に受かりさえすればどこの病院にでも就職することは可能な制度となっています。
    • アクセス・立地
      全国からの交通アクセスは良好とは言えません。最寄りの電車駅からは徒歩20分くらいかかります。生活していくうえで自家用車があると、かなり便利でしょう。
    • 施設・設備
      設備は年々新しくなっており、非常にきれいな環境で講義、実習を受けることができています。これからも設備が新しくなることを期待しています。
    • 友人・恋愛
      土地柄のせいか周囲の住民の方々も穏やかで優しく、非常に暮らしやすいです。勉学、人間関係を含め、人として成長できる場であると思っています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のころは教養科目、それ以降は医学的な専門分野の学習になっていきます
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般病院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分の力を伸ばせると思ったから。医者としての実力をつけるため。
    入試について
    • 学科志望動機
      医者になるため。医学科は入学した時点で将来の職業が決まっているといっても過言ではない。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木ゼミナール衛星
    • どのような入試対策をしていたか
      基本的な問題を100%の得点を撮れるように勉強しました。いわゆる難問と言われる問題は入試では必要なかったと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    男性在校生
    法文学部 社会文化学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      課外活動にも力を入れたい人には良い大学だと思います。 課外活動に対して理解のある教授が多いので、学業は最低限のことをこなしていれば特に問題もありません。 また最近になって学生食堂などがリニューアルされ施設的にも新しくなったのでとてもおすすめであると思います。
    • 講義・授業
      基本的に自分の興味を持った授業をとることが容易なので、必要科目をしっかりとおさえてさえいればとても充実した講義になることでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      理解のある教授が多いので、就職活動においても卒業論文の進行具合についてあまり急かすようなことはありませんでした。
    • 就職・進学
      実際に企業にいた人材がいないので、正直力不足な感じは否めませんが、とても親切ではあるので何かしらの力にはなってくれると思います。
    • アクセス・立地
      とにかくコンパクトな大学なので、基本的に徒歩だけでキャンパス内を移動することができ、近くに飲食店も多いので、自転車があれば生活に困ることはありません。
    • 施設・設備
      最近では学生食堂がリニューアルされて、図書館とともに収容人数が増え、利用しやすくなったのではないかと思います。
    • 友人・恋愛
      時間を拘束される学科や部活動に所属しなければ、自由な時間がたくさんあるので、様々なことに挑戦できる場所ではないかと考えます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年は基本的に一般教養が主体で、2年の後期から専門的な授業が増えていきました。3年生の春休みの頃にゼミの配属が行われ、私は主に地域社会学を専攻しました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      社会学研究室、江口ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に地域社会学に関する研究を行っていました。教授は真面目な方ですが、ゼミの雰囲気は張り詰めることなく適度な緊張感を持って臨める良い空間であったと思います。 個人の裁量に任されるとなまけてしまう人にとっては最適な研究室だと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ホテル/サービス
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      アルバイトで接客に触れて、サービス業に興味を持ったためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      大学のホームページを見て、研究室を知り、自身の学びたいことに近いものがあったからです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      前期試験では国語と英語だけであったので、その2つを過去問を参考にしながら勉強を行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      看護学科は建物もきれいで、勉強会できる場所もあります。 集まったみんなはほとんど自分の進みたい道(看護師、保健師、養護教諭など)を決めているので、授業もみんな一緒で高校の時のような雰囲気です。少し違うのは男女比が違うことです。しかし、看護学科だけでなく、医学科の人もいるので、クラブ活動などではいろいろな人と関わることができます。ひとつ、欠点と思うのは、学部全体で学生数が多くないので噂がすぐに広まってしまうことです。まぁ噂が広まる人はたいてい目立つ人たちですが…笑 他の学部の人は4年生では暇な人も多いですが、看護師国家試験や卒業研究などもあり忙しいですが、個性的な先生もおおく、学生同士も仲良かったので振り返ればいい学生生活が送れたと思います。 ただ、ここでは車がないと不便です。ほとんどの人が2年生で車を持ってます。
    • 講義・授業
      授業では提出物も多く、大変です。 試験は先輩から過去問をもらって勉強しても、全く違うことがあるのでしっかり勉強することが大切です。 国家試験は1年生の時の内容もたくさんでます。1年生の内容は看護師として基礎となる考え方がたくさんなので重要です。今思うと1年生が一番楽だけど、自分の看護観をもつのに大切な時期だと思います。 実習も多いので、大変でしたが、看護師だけでなく保健師のことも理解でき、医療機関と地域を支える保健師の重要さを理解できました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは4年生からですが、先生によってやり方が全く違うので人によってはかなりしんどそうな子もいました。しかし、先生と仲良くなって飲み会をしたりランチしたりすることもありとても楽しいです。また先生から就職に関する情報をきくこともでき、とても参考になります。 ゼミは11月までありますが、国家試験勉強はそれからでも間に合います。夏頃より始めていたらもっと安心ですね。
    • 就職・進学
      看護学科のほとんどは看護師として就職しますが、保健師になる人養護教諭になる人も合わせて10人くらいいました。あとは、私の学年では助産師の資格がまだ取れなかったので別の学校へ進学して助産師の資格を取る人も5人くらい。看護学科といっても必ず看護師ではなく同じ分野でも他の職業に就く人もいるので、実習を経験して考えたら良いかと思います。
    • アクセス・立地
      出雲市自体そんなに都会ではないので、車がないといろいろと不便です。 近くにアパートはたくさんあるのでいいですが、車で通う人が多く駐車場が足りないので通学距離によって車での通学を制限する予定もあるみたいです。一回車を使うと歩いたりするのが面倒になるので家は近くがいいかもですね。
    • 施設・設備
      施設は新しく、現在も改装中のところもあるような気がします。 演習場所も充実していますので、みんなで借りて自主練したこともあります。
    • 友人・恋愛
      学生のほとんどがクラブ活動に入っています。クラブによって雰囲気が全く違うので選ぶことが大切ですが、どのクラブでも楽しめることは絶対です。 学生生活のほとんどはクラブとの人の思い出ですね
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は基礎看護、2年目の途中から各論になり基礎看護実習もあります。 3年の夏休み明けから半年間はずっと実習です。ここが一番辛い時期だと思います。毎日記録におわれ、帰るのは日付けが変わってからっていうことがザラです。22時に終わる人もいますが…私は最高朝の5時w笑 こんなに遅くまでやることは滅多にないと思います。笑 一番辛い実習が終われば4年は楽しいです。4年は卒業研究と保健所実習、国家試験勉強があります。しかし授業がないので、自由な時間は一番あります。バイトもかなりできます。その分時間の管理をちゃんとしないとやるべきことはたまってきます。それでも4年生が一番楽しかったですね。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと看護師になろうと思っていました。地元の大学ということもあり、こちらに入学しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    男性卒業生
    総合理工学部 物質科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      目立ったものはないが,駐輪場などがしっかり整備されているため,構内はきれいです。 周りに騒音になるものはないので,勉強しやすい環境です。
    • 講義・授業
      板書などの決まり切ったことが多く,教科書通りです。自分でやりたいことを見つけたら,そこに力を入れやすい環境です。
    • 研究室・ゼミ
      施設の規模や共同開発などは他大学に比べて弱いです。そのため,自分から研究をして広げていきやすいです。また,規模が小さいため,連携がしやすいです。
    • 就職・進学
      セミナーなどの公演が少ないです。就職相談は地元に関して良くしてくれるので,地元志望の人は,積極的に相談する方がいいです。
    • アクセス・立地
      駅からは遠いので,下宿する場合は大学近郊するのがいいです。また大学周辺は店がまばらなので,自転車による移動を進めます。
    • 施設・設備
      多目的ホールや教室が近年,改装されたのできれいなので使いやすいと思います。各学部等にパソコン室があるので,勉強しやすいです。
    • 友人・恋愛
      他大学の交流は少ないが,他学部同士の交流は盛んに感じました。各学科は人数が少ないので連帯感ができやすい環境です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養と専攻している学問の基礎が中心でした。2年次から本格的な学習や実験をします。3年次の終わりに研究室に配属されて,卒業研究をします。
    • 所属研究室・ゼミ名
      有機化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      芳香族化合物の光合成プロセスの解明 教授や先輩方との距離が近く,和気あいあいの雰囲気の中で研究ができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      自動車部品メーカー/研究開発
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      モノづくりの根幹の業界で,モノづくり関わっていきたいから。
    入試について
    • 学科志望動機
      科学を研究して,科学にかかわる仕事につきたと考えていたから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      基本的な問題が多いので,とりこぼしがなように,正確さを磨きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    女性卒業生
    生物資源科学部 生命工学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来研究職や、専門職に就きたい人には良い学科だと思います。学生実験やレポート、研究に追われるので、教職を取りたい人や公務員希望の人は別の学科がいいと思います。
    • 講義・授業
      午後は学生実験で拘束されるため、一般科目講義の選択範囲は狭いと思います。専門科目は履修できるように組まれていますし、基礎から応用まで学べます。
    • 研究室・ゼミ
      どの研究室を選ぶかでまったく異なります。研究・指導熱心なゼミや、就活向きのゼミなど様々です。学生実験で先輩や先生と接する時間もあるので、話を聞いてから決めることが出来ます。
    • 就職・進学
      バイオ系をはじめ様々な企業への就職実績があると思います。先輩たちは卒業後も研究室とのつながりが強い場合が多いので、話を聞いたりもできます。
    • アクセス・立地
      スーパーやドラッグストア、飲食店は大学周辺にあるので生活するのには困らないと思います。駅からは遠いですし、田舎なので帰省や就活するのは大変だと思います。
    • 施設・設備
      基礎研究に必要な機械はそろっています。PCルームや図書館は利用時間が決まっているので不便です。研究室に配属されるまではレポートを書くために自宅にもネット環境が必要だと思います。
    • 友人・恋愛
      生命工学科は他の学科に比べ、学生実験やレポートが多いので忙しいです。特に3回生は忙しく、サークルによっては活動ができない人もいるようです。学生の半分近くは院に進学するので先輩の層も厚いです。研究室に配属後は1日中研究室で過ごすので、縦や横のつながりが強くなります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は一般教養や基礎が中心でしたが、2年後期から学生実験も始まります。研究内容の違う5つの研究室が学生実験を担当し、それぞれの研究室で行われている基礎的なバイオ系実験を体験できます。3回生の後期には研究室に配属されます。内容はどの先生につくかで変わります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      他の大学の院に進学しました。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学部生の時の研究テーマが、自分の将来の方向性に合わないとおもったから。自分の興味のある分野をより専門的に学びたいと思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来食品系の研究職につきたいと考えていたため。食品衛生管理者等の資格を取れたり、食品系の企業への就職実績があったため志望した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      2次試験は過去問を中心に勉強した。生物系の英語が出題されるので対策は立てやすいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    男性卒業生
    総合理工学部 地球資源環境学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      地質調査のスキルを基本から応用まで学べます。 またそのスキルが身についているかチェックするためにチームで1週間山の中を地質調査する講義があり成長を実感できます。 研究室で使用する機器は最新のものが使える一方で、windows95が現役だったり、1980年代製造の機械もあります。
    • 講義・授業
      地質調査のスキルを基本から応用まで学べます。 またそのスキルが身についているかチェックするためにチームを組んで1週間山の中を地質調査する講義があり成長を実感できます。 基礎講義ではいろいろな講義がありますが、必須の講義では数Ⅲの授業を高校時代に受けていないとちょっと大変な授業もあります。
    • 研究室・ゼミ
      私が所属していた研究室ではほぼ毎回教授に今日はこれをこれだけ行いましたという報告をしてそこから得たもの、今後の課題、次にやることを一緒に考えていました。 研究費は研究室の中で一番少なかったので100円均一の商品を駆使して工夫をしながら研究のための機器を作成して研究をしていました。
    • 就職・進学
      地質調査のスキルを実践レベルまで身に着けていることから土木関係の仕事に有利です。 就職のサポートは2回生の時からしっかり教えてくれるので心強いです。 また2割程度の人が大学院に進学します。
    • アクセス・立地
      大学前にバス停があり、また大学前の道路ではタクシーもよく通っています。 しかし、駅まで3㎞程度ありその点は不便です。
    • 施設・設備
      図書館は最近リニューアルしたので以前より快適に利用できます。 学食は3種類の食堂があり飽きることはないです。 しかし、昼休みの最初のほうは生徒がたくさん来てほぼ満席になるので少しずらして昼食を食べるようにしたほうがいいです。
    • 友人・恋愛
      サークルは20以上あるため盛んです。 大学でのイベントも年間を通していろいろあるのでとても楽しいです。 また、留学生もたくさんいるので英語や中国語の勉強にもってこいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の時は、一般教養と基本的な地質調査のためのスキルを学びます。 2回生の時は、実際に地質図の書き方や地質調査のやり方などを学びます。 3回生の時は、今までに習ったスキルが身についているかチェックするためにチームを組んで1週間山の中を地質調査してその結果を発表する講義があります。 3回生の後半から研究室に所属して卒業研究の題材を決め、4回生の卒業研究につながります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      有機地球化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ある地域の地質の試料を地上から2mほど採取してそこの地質では石油や石炭や天然ガスがどれぐらいできる能力があるか調べる研究をしています。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      私が大学院に進学する年度から大学院に新しい研究科ができ興味があったので、よし!私が一期生になり道を切り開こう!という気持ちになったので進学しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      地質調査に興味がありその業界で有名な教授が島根大学にいるという理由から選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      まず、教科書で基本を徹底的に覚えます。 そのあと大学の過去問を解いて、わからないところは教科書を見直して完璧になるまで反復しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-02-29投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私は看護師と保健師の免許を取りましたが、養護教諭や助産師の資格も取得できるため幅広い選択肢がありました。部活やサークルも盛んなので、友人や同期という横の繋がりだけでなく、縦の繋がりもありそれが一生ものになっていると感じます。医学部は他の学部とキャンパスが違いますが、一年生のときには他の学部がいるキャンパスへ一般教養を習いに行くので、交流を深めようと思えば他の学部との交流もできます。医学部だけでもたくさんの人がいるので出会いの幅も広かったです。大学がある場所は、都会のように何でも豊富にあるわけではないですが、飲み屋さんもあるしデパートもあるし、空気はきれいで住みやすい街です。
    • 講義・授業
      三年生で臨地実習をし、それを経験した上で四年生のときには自分の興味のある領域を深められるように選択授業がありました。そのおかげで学びも深められたとおもいます。
    • 研究室・ゼミ
      四年生のときに行う看護研究で初めてゼミらしいゼミに所属したように思います。1~3年生では、ゼミごとに時々集まっておやつをたべたりしていました。笑四年生のゼミでは先生方も熱心に研究の補助をしてくださいました。
    • 就職・進学
      看護師は引く手数多なのであまり就職活動には困っている人はおらず就職率は1~パーセントでした。友人で、保健師を目指す人は就職先が少なく試験も難しいので苦労していましたが、先生方がサポートしたり、先輩方のサポートもあり乗り越えられているようでした。国家試験対策も授業でやってもらえるので安心です。
    • アクセス・立地
      島根は車社会なので、駅近くにアパートを借りるよりは大学近くに借りた方が無難です。日常で駅を利用することはまずありません。バスも少ないです。駅近くにアパートを借りたら飲んだときには便利です。大学周辺にも飲み屋さんやスーパー、ケーキ屋さん、パン屋さん、ドラッグストア、美容室などあるので生活に不便はありません。
    • 施設・設備
      学校自体もできてそんなに時代は過ぎていないのできれいです。大学病院も建て変わったばかりなので、実習でも新しい病院で学生のための部屋もあるほどです。実技の練習も物品に不備はないので看護に必要な技術は全て学ぶことができました。
    • 友人・恋愛
      部活やサークルに入ると縦の繋がり、横の繋がりに厚みができて、卒業後の人生においてもその人たちと関わっていくことができて素晴らしいと感じます。医学科と看護学科のカップルはとても多いです。部活に入っていなくても、医学科と合同授業があるので交流しようと思えば交流できます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は看護の基礎となる概念や疾患の知識、薬剤の知識、一般教養。また患者さんとのコミュニケーション実習があります。2年生はそれを応用した知識やさらに深いところを学び、実技の練習も始まります。そしてそれを生かし初めて病院で実習をし、看護過程を展開していきます。3年生では老年、小児、母性、成人など、各領域ごとの学習を深め、そして、それらに必要な実技の練習をします。9月からは本格的な臨地実習が始まり、多くの患者さんとの出会いを通し学びが多い1年になるとおもいます。四年生では自分の興味のある領域を深める座学、実習を選択します。看護研究もします。それと並行して、2月にある国家試験の勉強をしていきました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学病院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      実習したところだったので様子がよく分かっていたからです。就職活動は全くしていなくて、就職活動する時間より、その時間を使って国家試験の勉強や看護研究をしたいと思ったためです。
    入試について
    • 学科志望動機
      看護師になるために、地元で学びたいと考え志望しました。面接でこんなことは言えませんが、家から近いというのが一番の理由でした。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験は数学一つ、理科も一つしか入らなかったので苦手な方は捨てて勉強しました。その分、英語、国語に力をいれて勉強をしました。2次試験はひたすら過去の小論文を書きまくって文章力をつけること、看護に関する新聞記事や時事ネタを切り抜きして読み漁りました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 島根大学
    女性卒業生
    法文学部 法経学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      法律と経済の両方を学べます。どちらも興味がある人、どちらかだけにしか興味がない人、双方にとっていい学科だと思います。
    • 講義・授業
      法律、経済両方とも基礎から応用まで幅広い講義があります。自分の将来のために必要な講義はもちろん、興味のある講義も受けることができます。
    • 研究室・ゼミ
      法律と経済のゼミがありますが、同時に2つのゼミに所属することもできます。また、フィールドワークなどを通して、さまざまな方と交流もできます。
    • 就職・進学
      主な就職先としては、公務員や銀行などがあります。また、一般企業への就職者も多く、幅広い就職先があります。
    • アクセス・立地
      構内に駐車場は少ないので、車通学者は少ないです。最寄り駅からも遠いですが、バスや自転車での通学が可能です。
    • 施設・設備
      比較的新しい校舎です。模擬裁判を行うことができる教室もあります。過去の裁判例を見ることができる資料室もあります。
    • 友人・恋愛
      法経学科は1学年100人程度です。1年生のときから、ゼミ形式の授業があるので、友達を増やすこともできます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生、2年生のときは法律と経済それぞれの基礎を学びます。3年生以降は、自分の興味のある分野についてさらに詳しく学ぶことができます。ゼミは3年生の時からです。私は、刑事法のゼミにしていました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      刑事法ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      判例の論点について、みんなで意見を出し合い、話し合います。
    入試について
    • 学科志望動機
      法律が学びたいと考えており、法学科がある学校を探していたところ、島根大学の法経学科を見つけました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      古典は、出題範囲が指定されていたのでその範囲をひたすら勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
71件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

島根県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

島根大学の画像 :©Hasecさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

北海道大学
北海道大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:61 - 73
★★★★☆4.05 (351件)
北海道/国立
筑波大学
筑波大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 73
★★★★☆4.13 (280件)
茨城県/国立
帯広畜産大学
帯広畜産大学
併願校におすすめ
偏差値:52 - 69
★★★★☆4.00 (14件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。