みんなの大学情報TOP   >>  島根県の大学   >>  島根大学   >>  口コミ

島根大学
出典:Hasec
島根大学
(しまねだいがく)

島根県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 65.0

口コミ:

3.87

(177)

島根大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.87
(177) 国立内47 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.70
  • 研究室・ゼミ
    3.78
  • 就職・進学
    3.69
  • アクセス・立地
    3.48
  • 施設・設備
    3.55
  • 友人・恋愛
    3.65
  • 学生生活
    3.25
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

177件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私は島根大学は、勉強をしっかりとしたいと思っている学生にはとても良い大学であると強くおもっています。なぜなら教授の方々が私たちを良い医師とするために講義をしてくださるかはです。しかし、その分進級は難しい大学であると正直思います。特に2、3年が厳しく、テスト勉強に追われる日々が結構多くあったりします。本当に良い医師となりたい人にとっては素晴らしい大学であると思います。国家試験の合格率はとても高く、勉強している内容は間違いがないと思います。ほかに良いところはいろいろありますが8割方の人間が部活に入っている点も良いところであると思います。みんな好きなものにとても打ち込んでいます。そこでテストについて先輩方に教えてもらうことができ、ただ部活に打ち込むだけでなく進級する上でもとても大切なもので入っておくべきです。入らない方が勉強できるという人ももちろんいますが私はきついと思います。
    投稿者ID:389551
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    法文学部 法経学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      法律と経済を両方とも幅広く学ぶことができるため、様々な視点で物事を見る力がつくと思います。一年生で法律、二年生で経済、それを踏まえて三、四年生の専攻を決めると段階を踏んでいるため、ゆっくり自分のしたいことが見つけられるのも魅力です。
    • 講義・授業
      法律経済の先生がいらっしゃるため、同じ時事の問題でもいろんな意見が聞けるのは楽しいです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの数はとても充実しています。
      法律、経済から好きな方を選び、またその中で自分の興味のある学問のゼミを決めることができます。合同合宿やフィールドワークなど、アクティブに活動できるため、知識だけでなく自分の体験も増えていくため、とても良い経験になると思います。
    • 就職・進学
      公務員を目指す人にとってはとても有利だと思います。
    • アクセス・立地
      周辺には学生アパートがたくさんあり、スーパーや飲食店も充実しています。駅までのバスもたくさん出ているため、立地は良いです。
    • 施設・設備
      充電をできる整備が整っているのは良いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ゼミを通して関係が深まります。合宿やフィールドワークは泊まりもあるので、同じ道を歩んでいる身ではとても刺激になると思います。
    • 学生生活
      サークルはたくさんあり、図書館などの施設も充実しています。
    投稿者ID:389229
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    人間科学部 人間科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      人間科学科と一口に言っても、学びたいことに合わせてコースの選択ができ、専門科目もそれに応じて選択できるのが非常にいい。授業に関しても、入門的、基礎的な部分から学ぶことができ、コースの選択に迷っている人でも、それを参考にできるのがいい点としてあげられる。
    • 講義・授業
      入門的なものから専門的なことまでしっかりと学べる。授業の形態も、講義形式、実習等さまざまで、内容もしっかりとしている。課題というと、専門科目であればレポートが中心になる。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミには入っていないため、先輩からの話になるが先生との関係も他のゼミ生の関係も良好であるとのことであった。
    • 就職・進学
      創立一年目の学科であるため実績に関しては皆無であるが、その前身の法文学部社会文化学科、また教育学部からの就職を参考にするなら、幅広い選択肢があるといえる。
    • アクセス・立地
      学校の周りから自転車で行ける距離で基本大抵のものは揃う。駅からもそれほど遠くなく、立地条件としては割といいとおもう。
    • 施設・設備
      学生のアクセスできる部屋でも、プレゼンの練習ができたり、グループでの話し合いができたり、使い勝手のいい部屋がたくさんある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      基本的に、学科内の人間関係は良好であるといえる。サークルに入ればその人間関係はさらに広がるし、特に先輩との繋がりはバイトの紹介や過去問をもらえるなどメリットは大きい。
    • 学生生活
      サークルは非常に充実している。なかなかの頻度で飲み会があったりするが、来ることを強要はされないし、行っても無理に飲まされることもないから安心。イベントについては学祭がちょっとショボい感じがあるが、楽しいっちゃ楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年前期は人間科学分野の概要。福祉、身体・健康、心理の大まかなところを学んでコース選択に繋げる。後期からコースに分かれ、より専門的に学ぶようになる。
    投稿者ID:409837
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    法文学部 法経学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      私の学科は、法律・経済を学ぶ学科であり、公務員を志す人が多い。公務員志望の人にはよいのでは。良い点は、総合大学なので自分の専門分野以外にも興味を持つ分野の講義を受けられること。いろんな考えの人と会える。
    • 講義・授業
      私の学科は他学部・学科に比べると単位を取得するのは簡単で、進級、卒業すること自体は簡単だと思う。講義中は寝ている学生も多いが、他大学と特段変わっていることもないと思う。先生方は就職指導や講義での指導などに非常に熱心で、工夫した指導を行っておられる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生はとても親身で、相談に乗ってくれたりする。文系なので研究室と言っても単に本が並んだオフィス、という感じだが、自分が興味のある分野の先生の研究室に行くと、読みたい本がたくさんあって面白い。
    • 就職・進学
      進学実績は、地方大学にしては健闘しているのではないかと思う。大手企業や上場企業への就職も割と多い。一方で公務員志望の学生が多く、学科全体の4割程度を占める。公務員志望の学生は、講義とは別に生協の主催する「公務員口座」に大金を払って参加している。
    • アクセス・立地
      アクセスは、松江駅からバスで20分前後。そんなに良くもないが悪くもない。ただ多くの学生は大学近辺に居住しており、バス・鉄道を利用して通学する者はそれほど多くない。大学の周りは学生街らしく居酒屋やラーメン屋が多い。24時間営業のスーパーがあり、便利。コンビニも多い。
    • 施設・設備
      研究と言っても実験などを行う訳ではないので、設備等で特に不満点はない。学内はWi-Fiが飛んでおり、建物内ではほぼ使える。大学のWi-Fiに接続していれば、日経テレコンなど各種メディアが利用できるので、レポートに役立つ。また、コンセントのある教室も多く、スマホの充電などに便利。図書館は自習スペースが多めに確保されており使いやすいが、試験前は混雑する。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の学科は1学年で100人弱と、そんなに人が多くないので割と仲が良い(学年にもよるかもしれないが)。法文学部の他学科に比べると男子が多く、男女比は半々くらい。
    • 学生生活
      サークル活動はしていないのでよく分からないが、熱心なところは熱心。ただの飲みサークルになっているところもあるが。入る前のリサーチが重要ではないか。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では主に法律と経済について勉強する。1年次は法律・経済の基礎的な知識が中心。ゼミ活動を1年次から行うのは特長かも。2年次は1年次の延長線上で、法律・経済両方について知識を深めていく。3年次進級前に3年次以降の専攻(ゼミ)を法律・経済から選ぶ。履修する講義もゼミの分野に沿って徐々に法律・経済どちらかに重点を置いていく。4年次は主に卒論を書く(と思う)。
    投稿者ID:409661
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      一年生時に教養科目をして、毎週金曜日には松江にいくこともある。二年生には本格的に医学の勉強が始まる。勉強はハードで、毎日予習復習がいる科目もある。留年率が日本屈指で、進級にきびしい。基礎研究にすすみたいなら首都圏の学校にいった方がよいと思う。島根で基礎研究するしかないです。
    • 就職・進学
      島根にのこるならとてもいい学校だと思う。ただ大阪二帰りたいとか考えている人は阪大とか派閥が厳しいので、帰るのは厳しいかもしれないです。のし上がるには実力でするしかないです。研修の方法はいっぱいあって、たすき掛け研修とかもできるので、研修のサポートは充実していると思う。
    • アクセス・立地
      香川、高知大学に比べれば出雲市内に大学があり、カラオケ、映画、漫画喫茶、イオンゆめタウン、などがあり生活のしやすさは優れていると思う。ただ雨と風が強く車がないと生活するのは厳しい。2月とかいつも雨がふっていたイメージがあります
    • 施設・設備
      図書館が24時間あいてて便利につかえる、またパソコンルームもあり事実上24時間使える。また病院はきれいで、教室も新しい、以前神戸大学医学部の授業受けたが、教室のきれいさは島根の方が上出会った。
    投稿者ID:386428
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    総合理工学部 地球資源環境学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      他の大学の同じ分野の学科がどうなのか分からず、比較できないので3点にしました。地学や災害について本気で学びたい人は選択してもいいと思います。卒業後は地質コンサルや地質技術者に就職する人が多いですが、そうでない人もいます。
    • 講義・授業
      こちらについても他の大学の同じ分野の学科がどうなのか分からず比較できないため3点にしました。どこの学校であってもそうだと思いますが、先生が分かりやすい講義のできる人かどうかは運次第だと思います。上手な人も下手な人もいます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに配属されるのは3年後期からです。3年後期の10月初めにそれぞれの講座で説明会があります。説明会で決める人もいるようですが、3年後期になる前にある程度目星をつけておいた方がいいと思います。自分が何に興味を持てるのかを知っておくのは大切なことです。
    • 就職・進学
      就職率はいいと思います。3年次の就活ガイダンスや、学生支援センターにある就職相談窓口が充実しています。私は、相談窓口にかなりお世話になりました。ハローワークやジョブカフェの職員さんが出張してきて相談にのってくれます。相談することで意識も高まります。
    • アクセス・立地
      大学の周りにはアパートが多い上に、スーパーやドラッグストアや飲食店が結構あるので、暮らすのには困りません。少し自転車で走れば大きなショッピングモールや娯楽施設や観光地があります。
    • 施設・設備
      研究設備が整っていると思います。岩石の化学組成を測定できるEPMAが2台あるのは島根大学だけだと先生が言っていました。他にも卒論で使う道具はそろっています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      アクティブで外交的な学科の雰囲気には馴染めず友達はできませんでしたが、サークルでは友達も恋人もできました。趣味が合う人間の方が話がしやすく、楽しいと思います。
    • 学生生活
      極めて平凡だと思うので3点です。一つだけ平凡ではないと思うのは、地域の祭りに3年連続で参加したことです。鼕(どう)という大きな太鼓の演奏を披露する祭りです。地域の人とも交流できて、貴重な体験だったと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年次は基礎知識を学びます。3年後期になると地球システム学分野と地球環境分野と災害工学分野に分かれます。その時にゼミに配属されます。4年からは卒業論文をやります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      製造業
    投稿者ID:409472
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    総合理工学部 地球資源環境学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      結局は自分次第だと思う。田舎でレベルも高くない大学だが、しっかり勉学に励んでいた学生は大学院で東大に行っていた。なので、大学どうこうではなくやる人はそれなりの結果を得ることができるだろう。デメリットを挙げるなら、交通の便が悪いので、就活は大変だと思う
    • 講義・授業
      英語に関してはもっと英会話を中心にやってほしかった。専門的な単語を並べられてもよくわからなかったし、
    • 研究室・ゼミ
      自分が属していた研究室ではなかったが、しっかりした設備だ実験をしているところもあった。それをうまく活用すればああと思う
    • 就職・進学
      山陰は交通の便が悪いから、大阪や東京などに出るときに日帰りできないし、行くのも乗り換えがほとんど必要になるのが不便
    • アクセス・立地
      ほとんどの学生が大学周辺に住んでたし、自転車があれば困ることはない。しかし、冬は雪も降るし移動は大変
    • 施設・設備
      充実してるのもあればそうでないのもある。自分は機械を使うような研究室ではなかったから設備面に関してはよくわからない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      どこにでもいい友達はできると思う。しかし、目標があるのなら、ダラダラする友達とは長く付き合わないべきだと思う
    • 学生生活
      みんなで目標を持って大会などに出たのは今でもいい経験として生きている。サークルはほんとうに楽しかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      地質や地盤力学、化石や地球の成り立ちなどや災害工学を学べる。これから起こる地震などの災害についても学べる
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      消防士
    投稿者ID:407588
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法文学部 社会文化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学びたい分野を勉強でき、先生の授業も楽しい点。また、友達も多くでき、サークルやゼミで楽しく活動できる点。学校の回りも、遊ぶところはないが、カフェやおしゃれなお店が多く、お店巡りができる点。5点でないのは、交通が不便だからです。最終バスの時間が早いので、バイトを早く切り上げなくてはいけません。
    • 講義・授業
      私の知りたい分野を先生が細かく丁寧に教えてくれたり、中学や高校とは違い、今まさに研究されていることや最近発見された最新の情報を伝えてくれたりするので、詳しく歴史のことを知れる点です。そのため、さらに学びたい意欲が出てきます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを選んだ基準は、ゼミの説明会で1番心を引かれたゼミに入ろうと思い、私の学びたい分野ともつながるゼミだったからです。内容は難しいですが、予習をしてのぞみ、わからない点はゼミの中で解決できるので、やりがいがあります。
    • 就職・進学
      あまり詳しくはわからないけど、企業に就職したり公務員で働いている人が多いなと、何かの資料でみたからです。学校で就職ガイダンスやキャリアの勉強を積極的に行っているというイメージが強いです。
    • アクセス・立地
      立地はよいと思う。まわりに飲食店や家が多く、学生が住むには便利で分かりやすい土地だと思う。しかし、交通が不便なのは残念、最終便の時間が早く、雨が降ったときなどは歩かなくてはいけないので困る。
    • 施設・設備
      図書館の本の数や、学校で使えるパソコンの数は充実していて嬉しい。しかし、サークルで使う場所は見た目も古く、あまり清潔感がない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友達がたくさんでき、毎日いろいろな人と話せる。あまり深く話さない子でも挨拶をする。友人や恋人ができやすい場所は、学科とサークル内。
    • 学生生活
      学祭は多くの人が集まり盛り上がった。準備は大変だったけどその分充実した。アルバイトをする場所も多くあり、人との交流も幅広く持てる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、歴史を学ぶ上での基礎的な部分を学ぶ。例えば、PowerPointを使って自分達で調べた歴史を、多くの人に伝える授業をした。
    投稿者ID:408381
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    総合理工学部 数理・情報システム学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      履修科目が大体決まっているのはわかりやすくて良い。レポートがあまり多くないから専門以外のこともしっかり出来ることがいい。プログラミングについて高校の時に勉強していなかったから、大学になっていきなり難しい問題が出された時にとても困る。
    • 講義・授業
      ソフトウェア、ハードウェア、セキュリティや数学までも学ぶことが出来ることはとても良い。丁寧に教えてくれて分かりやすい先生もいれば、話している事が聞き取りにくかったり、説明が分かりにくい先生もいる。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室には配属されていないが、先輩の話を聞いているところ、研究室に配属されてからの研究は充実してそうなイメージである。
    • 就職・進学
      進学のサポートは十分にしてくれるらしい。就職についてはやはりプログラマーやエンジニアとしての就業になる。教員や公務員になれる道もあるが、余分に多くの講義を履修しなければいけない。
    • アクセス・立地
      大学の周辺にアパートがたくさんあるので、大学に行くのはとても便利である。大学周辺にご飯を食べるところもぽつぽつとあるからまあ良し。都会でもなく、田舎でもない感じが過ごしやすい。ただ休日に遊ぶ場所はあまりない。
    • 施設・設備
      食堂のご飯が美味しい。コンピュータの設備がある充実している。教室もまあまあ使いやすい。大学がコンパクトなので教室移動が楽。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学する前に学校案内とかオリエンテーションがあるので友達を作りやすい。また1年生時には講義の中でたくさんの人と関われるような授業もあるので友達を作ることについては困らないと思う。
    • 学生生活
      サークルや部活がたくさんあるから、色々自分がしたいことを選べるからサークルに入れば生活がより充実するはず。アルバイトをする時間も沢山ある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は数学をたくさん勉強する。そして、ソフトウェア、ハードウェアなどの初歩的内容やプログラミング(c言語、Java)について勉強する。2年時は1年時の内容を活用したり1年時の内容よりも濃い勉強をする。3年次はさらに難しい人工知能やマルチメディア、セキュリティなどこれぞ情報というような内容を学ぶ。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      数学と情報の教員になりたいと思っている
    投稿者ID:414899
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      充実している点は、施設です。学生の人数がそもそも少ないため、勉強部屋などを贅沢に使うことができ、テスト前に自習勉強する場所がない、といった事態も発生しません。また、授業も教授は優しい先生が多いな、と勝手に感じております。
    • 講義・授業
      先生は人格的にも尊敬でき、優しい先生が多いです。少人数の学校なので、教授と密であると感じます。授業もいいです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはないので、お答えできません。ごめんなさい。研究室も、ごく一部の人は一年生から入っていました。
    • 就職・進学
      十分だと思いますが、まだ二年生なのでわかりません。ですが国家試験の合格率もよく、学生の勉強のケアは十分だと感じます。
    • アクセス・立地
      周りに安くていいアパートがあり、自分も徒歩五分ほどのアパートに住んでいるため、とても通いやすいです。
    • 施設・設備
      図書館やラウンジがオススメです。図書館は二十四時間使えますし、勉強机も心地よく充実してます。ラウンジは友人と一緒に喋りながら勉強できるのが良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      あくまで個人的なことです。部活動は運動部などに入れば、人間関係は密だとおもいます。恋愛関係も、みんな一人暮らしなので、発展しやすいようです。
    • 学生生活
      個人的に、あまり積極的に参加しようと思ったことがないため、この評価です。ですが学祭で食べたバングラディッシュの料理はとても美味しかったです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は教養、細胞生物学、物理など。2年は解剖、生理学、腫瘍など。年々、教養科目が減り、専門科目が低学年から行われるようになっています。
    投稿者ID:409130
    この口コミは参考になりましたか?
177件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

島根県で評判が良い大学

島根県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  島根県の大学   >>  島根大学   >>  口コミ

一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

島根県の国立理系偏差値一覧

島根大学の学部

法文学部
偏差値:47.5 - 50.0
★★★★☆ 3.88 (49件)
教育学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.00 (26件)
総合理工学部
偏差値:45.0
★★★★☆ 3.76 (37件)
生物資源科学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 3.79 (28件)
医学部
偏差値:65.0
★★★★☆ 3.91 (34件)
人間科学部
偏差値:55.0
★★★★☆ 4.33 (3件)

オススメの大学

東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (67件)
東京都/国立
大阪大学
大阪大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (935件)
大阪府/国立
旭川医科大学
旭川医科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.90 (48件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。