みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都市立芸術大学   >>  口コミ

京都市立芸術大学
(きょうとしりつげいじゅつだいがく)

京都府 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0

口コミ:★★★★☆

4.11

(40)

京都市立芸術大学 口コミ

★★★★☆ 4.11
(40) 公立内13 / 84校中
学部絞込
401-10件を表示
  • 女性在校生
    音楽学部 音楽学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年02月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    • 総合評価
      大学で音楽を学びたいと思っている人にとっては良い環境じゃないのかと思います。ただ、人数が他の私立音大などと比べるとどうしてもすくなくなってしまうので、ひとりひとりの後輩としての雑用の負担が大きいです。(専攻にもよりますが。)そのため、私は雑用の処理が追いつかず個人の練習が全く出来てないです…
      あとは学費が音大にしては安いです。
      音楽関係以外の就職の可能性が少しでもある人は絶対辞めておいた方がいいです。やはり他大学と比べると就職サポートが劣ります。
      あと、厳しい受験をくぐり抜けているだけあって、レベルは高いです。特に倍率の高い管打楽器やピアノはみんな上手です。
    • 講義・授業
      語学はフランス語が多分単位取るのが厳しそうです。
      でも、どの授業もわかりやすく教えてくれていると思います。
      教職課程も条件の授業を全部取れば誰でも取得可能。
      レッスンは非常勤の先生だと月に2回しかない専攻もあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはまだないのでわからないです
    • 就職・進学
      圧倒的に院に進学される方が多い印象です。
      その他はフリーで活動される方がたくさんいらっしゃいます。
      先輩からお話をうかがったところ就職のサポートがあまりされていないそうです。そのため少し早めですが2回生から動き出した方が良いです。
    • アクセス・立地
      立地は正直悪すぎます。
      最寄り駅は芸大前(バス停)。そこから乗車し、桂駅東口、桂川駅行きのバスに乗って通学する人が多いです。バスがめちゃくちゃ遅れやすいです。
      大学前の信号が赤のうちにバスが来て、バス停は目の前なのに乗り過ごすこともあります(笑)
      飲食店はチェーン店がいろいろある方かなと思います。
      また、山の方に大学があるので虫がいっぱいいます。
      ただ、数年後には京都駅付近に移転するので今後は恐らく良くなります。
    • 施設・設備
      校舎は古いです。
      音楽棟は練習室に虫が出没することも多々あります。
      生徒の人数が私立音大などと比べると少ないので練習室難民にはなりにくいかなと思います。ただ、調律がすごいことになってる時があります。
      数年後は移転し、すごく綺麗な校舎になります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私の周りの友達は本当にいい子ばっかりです。
      いつも助けてもらっています。
      学内カップルも全体の人数の割には恐らく多い方だと思います。
    • 学生生活
      美術学部中心。音楽学部でサークルに所属している人はほとんどいません。
      他大学のサークルに入ったりしている人もいます。
      強いて言うなら音楽学部でもダンスサークルに入っている方はいらっしゃいます。
    投稿者ID:500334
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    美術学部 工芸科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    • 総合評価
      教授の方々が現役で作家活動をされている人たちばかりなので制作する上で安定感のあるしっかりとしたアドバイスをもらうことができます。また、先輩後輩関係も良好で専攻内の雰囲気も満足です。
    • 講義・授業
      午前中に講義、午後に各専攻の実技になっています。
      講義では美術に関する専門授業があり、自分が気になる分野を細かく知ることができます。実技では、1.2回生のうちは基礎が中心ですがその後は自由制作に取り組む時間が増えていくので満足です。
    • 研究室・ゼミ
      何かわからないことがあれば丁寧に教えていただける。
      また、教授の制作場所も学生と同じ空間にあるので制作過程が見ることができるのが良いところです。
      また、自分が所属しているゼミ以外の専攻の先生とも気軽に相談できる関係性なので居心地が良いです。
    • 就職・進学
      就職活動は自分で動いていかないと大学は動いてくれません。
      作家を目指す方も多いので就職を希望されている方は1回生のうちから意識して動いておくと良いです。
    • アクセス・立地
      最寄駅からさらにバスで25分程度かかるので立地は極めて最悪です。京都京阪交通バスではよく遅延もするところも残念です。
    • 施設・設備
      古い校舎なので、最新の設備は期待しない方が良いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は良好で人柄が良い人ばかりです。
      恋愛関係は男女比率1:9ですので期待しない方が良いです。
    • 学生生活
      サークル・部活の数は極めて少なく、他の大学の方が豊富です。
      制作にかかる時間を優先するため、全ての人が入部する訳ではないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      工芸科では一回生の前期に総合基礎、後期に工芸基礎があります。二回生から三専攻から一つ選択して一年間基礎を学びます。
      三回生では各々が各自制作・課題をこなしていきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院
    投稿者ID:485863
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    美術学部 美術科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      基本的に絵を教えてもらう場ではありません。
      作品を作る際の考え方を自分で学び、時間をかけて経験を経て、作家として立ち回るためのコネや美術を介した仲間を作るところです。
      絵と、自分の将来とじっくり向き合うことができます。また、かなり自主性を重んじます。連絡等もかなりアナログです。ぼーっとしていると必要な情報を逃します。何をすべきか常に自分で考える必要があります。
      卒業は難しくありませんが、やる気のない人や絵と向き合い続けるのが困難になった人はリタイアしていきます。
      有名な学校なので就職にも有利になり得ると思います。私はデザインは学びませんでしたが、就活の際「京芸の美術学部なら少なくとも基礎的な絵の知識や技術は備わっている」と認識していただくことができました。
      ただ、就職のサポートは専門学校や他の一般大ほどしっかりしているわけではありません。大学で得た地の画力と自主性で就活しなければいけない場合が多いので、会社勤めを考えている人には少し大変かもしれません。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      ゲーム会社
    投稿者ID:480834
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      美術科です。
      専攻が2年の後期から決定なので、専門分野に入るまでの時間が欲しい方はとてもおススメです。逆に言えば、早く専門分野を学びたい方にはあまりオススメしません。自主的な制作・学習を求められる学校です。自分の時間を大事にしたい方には合うかと思います。
    • 講義・授業
      学科授業(講義)は午前のみです。少し変わった先生が多いイメージですが、親身になってくれる先生も多いです。
    • 研究室・ゼミ
      二回の後期から専攻のゼミに入っています。版画専攻に入っています。凹版・凸版・平版・孔版によってゼミがわかれます。専攻によって全然違いますが、版画専攻はゼミの行き来はしやすい方なのではないかと思います。
    • 就職・進学
      3回になっても、4回になっても、あんまり就活という雰囲気は周りから出ないそうです。自分から動かないと全然就活に参加できません。ただ、説明会の案内などは定期的にあるみたいです。
    • アクセス・立地
      阪急桂駅、JR桂川駅、京都駅から芸大前までのバスが数本出ています。1時間に2~3本あるかないかという感じなので、朝のバスの混雑具合は酷いです。終バスも午後10~11時くらいなので、帰れなくなったら下宿の人に泊めさせてもらいましょう。
    • 施設・設備
      老朽化が全体的に酷いです。前の地震では天井が一部剥がれました。しかし、移転後は一新されるはずなので、それに期待しましょう。
      専攻の道具や設備は一通り揃っています。古いけど。
      コンピューターはMac OS、Windows OSどちらも最新のがあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これも個人差があると思いますが、一回生の前期は学科関係なく全員で総合基礎という授業を受けるので、ここで学科関係なく友達ができます。
    • 学生生活
      サークルは運動系・文化系と充実しております。
      五芸祭・学祭・制作展が中心イベントです。
    投稿者ID:480779
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    美術学部 工芸科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学ぶ姿勢がある人間には良い環境なのではないでしょうか。デザイン科は課題が多いイメージがあるでしょうが、工芸科もあまり知られていませんが課題が多いです。技術の習得から始まるため、必然的にやることは広範囲に渡ります。それでも個人の制作をする人間がいるため、励みになります。課題以外であっても、自分が興味のあるものについて学ぶ姿勢があれば、教授は助けてくれます。ただ、普通に出席しているだけでは課題は終わりません。深夜や朝に時間を割くことは必須であり、そのため下宿を始める学生が多いです。現時点では教授は著名な方々ですが、今年度で任期満了の教授が多く、次年度からどうなるかは分かりません。
    • アクセス・立地
      アクセスはしにくいです。バス通学の場合、終バスに合わせて帰ると課題をこなすのが困難な学科もあります。そのため自転車通学や下宿を始める学生も少なくないです。ただ、入学後に下宿を始めても全く遅くないので、下宿先は慎重に選ぶべきです。
    投稿者ID:480774
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      美術科日本画を専攻しています
      とても自由度が高いので、のびのびと制作したい方に向いてると思います。専門知識は、基本的な事しか教えてもらえないです
      自主的に勉強していくことになります
    • 講義・授業
      学科によりますが、結構有名な方やさまざまな経験をしてらっしゃる先生が多いように見受けられます
      充実していると思います
      日本画の先生は、専門知識を持ったすごい先生が集まっています。古典的な先生から現代の最先端の絵を描いていこうとしている先生まで様々です
    • 研究室・ゼミ
      日本画専攻では2年の後期からゼミの体験が始まります
      研究室は主に3つに分けられます。
      現代、中世、過去というような三つです
      それぞれ先生にもよりますが、特徴があります
    • 就職・進学
      正直就職できないです
      自分の専攻と全く関係のないとこに就職するの人もいましす
      院に行く人もお多いですね
    • アクセス・立地
      もうすぐ移転します
      現在の立地は、コスパ最悪すぎます
      バスも少なくすぐ遅延するし
      定期は高い
      山の方なので、階段も多くしんどいです
      高速の近くなので、マクドのようなチェーン店は多いです
    • 施設・設備
      古い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      最高です
      趣味が合う友達ばっかでとても面白いです
    投稿者ID:482866
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    音楽学部 音楽学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 4]
    • 総合評価
      専門的なことをたくさん学べる学校です。
      レッスンを通して自分の演奏の技量を磨けたり、
      発表など人前で演奏する機会も多く、成長できる機会もたくさんあります。
      音楽に対してはレベルの高い生徒が多いので、発表会などのレベルも必然的に高くなり、とてもやりがいがあります。
      真剣に音楽を学ぶ気持ちがなければ、授業についていくことが厳しいと思います。
      施設が古いことは残念なポイントです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は桂駅か桂川駅になりますが、そこから徒歩で行くのには遠く、バスに乗ることが必要になります。
      1時間に数本しかなく、しょっちゅう遅れるので、とても不便に感じます。
      数年後に京都駅付近に移転します。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      文化祭にあたる芸祭がたのしいです。屋台がたくさん出ますし、美術学部の作品展の出来が素晴らしく、手作りの雑貨を購入できるのが良いです。プロの演奏も聴くことができます。美術学部の子としているミュージカルのサークルはレベルも高く公演はとても楽しそうです。
    投稿者ID:478891
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    音楽学部 音楽学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生方は現役で活躍されている方が多く、教わることがとても多いです。人数が少なく閉鎖的ではあるが、生徒と先生同士が密にコミュニケーションをとることができ、事務の職員さんとも顔見知りになり、良い大学生活が遅れると思います。演奏家を目指すことが当たり前の環境なので、留学願望があったり、演奏家を目指す方にはとてもいい大学だと思います。
    • 講義・授業
      レッスンはそれぞれの専攻で現役でご活躍されている方が多くおられますので、大変充実したものになると思います。教職の必須科目も、授業料から加算することなく受講できるのもよいところだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミがあるのは学部では音楽学専攻のみだが、それぞれの先生が個性的ゆえに、ゼミでの指導や進め方が大きく違う印象を受ける。どの先生方も優秀な方ですので学ぶことはおおいが、自分のしたい研究や自分にあった進め方を選ぶことは少し難しいかもしれません。
    • 就職・進学
      進学・フリーランス・留学希望者がほとんどのため、就活する生徒はほぼいない。非常勤講師等、講師募集情報は求めれば提示してもらえる
    • アクセス・立地
      最寄り駅は阪急「桂」駅、そこからバスで20分ほど。バスの本数は少なく、遅延もする。国道沿いにあるため飲食店等はちらほらあるが、冬は底冷え、夏は猛暑。京都市内にある大学ですが、冬は京都市の中心より2度寒いといわれています。下宿して一番つらかったのは気候です。
    • 施設・設備
      学校自体が古い。きれいな棟もあるが、そこを学部生が使用することはほとんどない。練習室のピアノのいす、調律、なかなかひどいです。2018年度の大阪北部地震や台風24号の影響も大きく受けていたようです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、だいたい後輩も先輩も知り合いになります。圧倒的に男性が少ないため、男性はだいたいすぐ恋人ができます。美術学部も同様です。
    • 学生生活
      サークルは授業時間の違いのためほとんど美術学部のみ。ミュージカルサークルなど美術と音楽の生徒が交わって大きく活動しているサークルも中にはあります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      自分が習う先生によって、音楽の方向性がそれぞれかわってくることがある。専攻により必修科目が全く違い、声楽専攻は4回生になっても必修がまだまだある。(4回生でとれる必修科目が存在する)
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:495430
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    音楽学部 音楽学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      基本的には音楽が主とされているので、学生の学科へのモチベーションとしては低いかもしれません。ですが、先生方は面白い方も多く、興味がそそられる授業もたくさんあります。私は声楽専攻なのですが、語学の選択授業が充実しているので、将来にとても役立つと思います。
    • 講義・授業
      教授や講師の人数は少ないと思いますが、その分、授業内容はとても充実しています。レポート課題もしんどいですがいい課題内容が多いです。
    • 研究室・ゼミ
      1回生はまだゼミがないのでわかりませんが、先輩方は積極的に活動されているなぁと感じています。私も楽しみです。
    • 就職・進学
      大学院から東京に行かれた方、海外の大学に行かれたり、海外で活躍されている先輩方がたくさんいます。有名なオーケストラに所属したり、日本だけでなく海外の歌劇場などで働いてる方も沢山います。ただ、在学中にいかに成績を残せるかで舞台に立たせてもらえる数がガクッと変わるのでとにかく努力です。
    • アクセス・立地
      かなり交通の便が悪いです。京都駅か桂駅からバスで行くことしかできません。バイクで来られている方も多いです。
    • 施設・設備
      かなり古い校舎ですが、新しすぎる校舎よりも私は緑が多くて好きです。虫も多いですが…。練習室も隣の音が聞こえます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全体の人数が少ないので、全員と顔見知りになれるレベルです。一度信頼を失ってしまうと友達や先生との関係も大変なことになりかねません。汗 恋愛に関しては、女の子が入学される場合、期待しない方がいいです。男の子の場合は周りに女の子ばっかりなのでほとんどの男子に彼女がいます。出会いはたくさんあります。 サークルは基本的に美術部の方が中心となっているので、音楽学部の子はあまり入っていません。
    • 学生生活
      芸祭はとても盛り上がります。美術部の方との交流が初めて並にできる機会です。毎年有名人を招いてイベントを行ったり、学生がコンサートをしたり3日間あるのですが、いつ来ても楽しめる学祭となります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年からレッスンが始まります。英語は特に力を入れています。語学もたくさん選択できるのでとてもいいです。 でも欲張って選択しすぎるとテストで頭がパンクします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      卒業はまだまだですが、ドイツへ留学することを決めています。将来はドイツの歌劇場で働くことが夢です。
    投稿者ID:492844
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      生徒数が少ない上、各ゼミに分かれるとさらに少なくなり教授との距離が非常に近いと感じる。質問などもしやすいくワークショップやグループチュートリアル等も行われ、いずれも和やかな雰囲気。基本的には何を研究するのも自由で、個性的なアイデアを持った学生との交流や他専攻の学生の展示などから常に刺激をもらうことができる。
    • 講義・授業
      座学では外国語や体育の他に美術史など芸術を学ぶために必要な知識を身につけることができる。情報やメディア、広告などについての講義もあり充実していると感じる。またゼミ活動以外にもテーマ演習というものがあり、専攻外の分野や普段は体験できないようなことなど好きなテーマを選んで学ぶことができる体験型の講座もある。
    • 研究室・ゼミ
      2回生後期からゼミが始まり、私の在籍している油画には絵画1.2.3と3つのゼミがある。それぞれ大まかなテーマで分けられているが、基本的は何をするかは自由。各ゼミにつき2?3人の教授がついている。ゼミごとに学ぶ内容が違うというよりは、学生の姿勢や考え方、雰囲気に違いがあるように思う。自分にあったゼミでのびのびと制作を行ってください。
    • 就職・進学
      大学にはキャリアセンターがあり、就職についての相談や面接の練習などをしてくれる部門があるがあまり目立っていない。就職についての講演会などもたまに開催されているらしいが、決して就職したい人にとって手厚いサポートがあるとは言えない。就職実績も高いとは言えない。大学院に行く人や作家志望の人も多いので。
    • アクセス・立地
      阪急桂駅からバスに乗り15分ほどで最寄駅の芸大前に着く。大学の周りにはバス停以外の駅はなく、完全に田舎。周囲はチェーンのレストランや学生が多く住むアパートなどが多い。買い物を楽しめる場所などはない。バスもよく遅れるしアクセスは悪い。
    • 施設・設備
      正直建物はほとんどが老朽化が激しく地震が来たら今にも崩れ落ちそうな感じ。新研究棟という学科の授業で主に使われる棟があるが、そちらは比較的新しく綺麗。大学の校舎移転まで間もないので今の校舎が綺麗になることはないと思う。ゴミも多く汚れも多く植物も生えまくっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1.2回生の頃は全員参加の授業やイベントも多いが、それ以降専攻に別れてからは他の学科の友達に会うことは減る。自主的に企画や展示を行っている人達や学園祭などでは専攻を超えて交流している人達も多い。ただ制作自体は個人のペースなので毎日友人に顔を合わせることは少ない。
    • 学生生活
      学園祭もあるしサークルもそれなりにあるが目立っているのは運動部のみ。特にイベントやサークルの規模については他の大学よりも優っていると感じる点はない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全体が同じ課題に向かって個人またはグループ制作などを行い基礎的な技術を習得する。二年時以降は専攻に別れそれぞれの専攻の基礎を学ぶ。それ以降はゼミに別れ、さらに自分の制作と向き合い深めて行く。
    投稿者ID:492622
    この口コミは参考になりましたか?

401-10件を表示

基本情報

住所 京都府 京都市西京区大枝沓掛町13-6
最寄駅 阪急嵐山線 松尾大社
電話番号 075-334-2200
学部 美術学部、 音楽学部
概要 京都市立芸術大学は、京都市西京区に本部を置く私立大学です。通称は「京芸」。1950年、日本では初となる公立の絵画専門学校が前身となり開学しました。芸術系の大学としては最も長い歴史をもつ本学は、芸術を地域社会または国際社会に発信できるような研究・創造活動を行っています。少数精鋭で行われる授業は、教員と学生間、そして学生同士でも豊かな知識を育む支えとなっています。 京都市西京区にあるキャンパスは、周りを公園や緑に囲まれた場所。豊かな自然の中で、学生たちは創作活動を始めとする有意義な学生生活を過ごすことができます。学内にある日本伝統音楽研究センターは、日本の音楽・芸術文化を研究する施設です。伝統文化の収集と保存をする他、公開講座やセミナーを通じて伝統文化の魅力を紹介しています。

この学校の条件に近い大学

学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都市立芸術大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
明海大学

明海大学

35.0 - 50.0

★★★★☆ 3.70 (145件)
千葉県浦安市/新浦安駅
愛知学院大学

愛知学院大学

42.5 - 50.0

★★★★☆ 3.77 (367件)
愛知県日進市/長久手古戦場駅
京都外国語大学

京都外国語大学

47.5 - 50.0

★★★★☆ 3.76 (239件)
京都府京都市右京区/山ノ内駅
理系のオススメ大学
大阪産業大学

大阪産業大学

37.5 - 50.0

★★★☆☆ 3.41 (132件)
大阪府大東市/野崎駅
拓殖大学

拓殖大学

37.5 - 50.0

★★★★☆ 3.52 (266件)
東京都文京区/茗荷谷駅
愛知学院大学

愛知学院大学

42.5 - 50.0

★★★★☆ 3.77 (367件)
愛知県日進市/長久手古戦場駅

京都市立芸術大学の学部

美術学部
偏差値:-
★★★★☆ 4.28 (18件)
音楽学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 3.97 (22件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。