>>     >>     >>  口コミ

東邦大学
出典:654321
東邦大学
(とうほうだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:56 - 66

口コミ:

3.71

(41)

東邦大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.59 230位
研究室・ゼミ 3.56 253位
就職・進学 3.88 109位
アクセス・立地 3.07 203位
施設・設備 3.68 175位
友人・恋愛 3.58 180位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

41件中 1-10件を表示
  • 東邦大学
    男性在校生
    理学部 生物分子科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      研究内容が充実している。自分の学びたい分野に特化した内容の研究ができる。
    • 講義・授業
      様々な授業が展開されている。また、特別講師の授業も充実している。
    • 研究室・ゼミ
      関心のあるゼミに行けることが出来る。ぜひ説明会には参加しましょう。
    • 就職・進学
      様々な実績があります。就職率もとても高い大学でサポートも充実してます。
    • アクセス・立地
      アクセスはいいです。近くには美味しい弁当屋やラーメン屋などあります。
    • 施設・設備
      とても充実している。ほかの大学に比べて最新の設備もあり研究に打ち込める環境である。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 東邦大学
    女性在校生
    理学部 生物学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      理系の学科のみの学校なので、設備などは充実していると思います。人数も少ないので、生物学科では担任が生徒6人ほどに一人ついてくれるので、相談などもしやすいです。資格もとれます。
    • 講義・授業
      生物学科では遺伝子レベルから幅広く学ぶことができます。実験もよくあるので、実験が好きなひとは楽しいと思います。しかしレポートは大変です。
    • 研究室・ゼミ
      いろんな分野があるので、自分がやりたい研究をすることができると思います。先生もさまざまな分野に特化しているので、とても充実していると思います。
    • 就職・進学
      キャリアデザインという授業があり、大手企業の人が学校に来て授業をしてくれます。他にも、説明会などもあり、希望者は就職についてのことをいろいろ聞くことができます。
    • アクセス・立地
      JRでは津田沼駅が最寄り駅ですが、そこからバスに乗って15分程かかるので通学には少し面倒くさいとこがあります。私鉄の最寄り駅からも歩いて15分程かかるので、アクセスしにくいとこだと思います。
    • 施設・設備
      新しい館などがあり、きれいです。理学部は古いとこもありますが、研究室はとてもきれいだと思います。薬学部はすべてがきれいで、新しい学科もできるので、充実してます。
    • 友人・恋愛
      学科で1学年80人程で少数なので、先生はしっかり成績について見てくれます。担任制度もあるので、相談もしやすいです。サークルも多様です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は遺伝子、生態学、生化学、組織学、他にも教養として、英語、数学などがあります。
    入試について
    • 学科志望動機
      資格がとりたかったため。あと、生物が一番得意だったから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦だったため、高校1年生からいい成績をとるように頑張った。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 東邦大学
    女性卒業生
    理学部 化学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      臨床検査技師、危険物取扱者甲種など様々な資格が取得可能。実験器具や機器が充実している。また、理系学部しかない大学のため、勉強する環境は整っていると思う。
    • 講義・授業
      基礎的なことを低学年でしっかりとやり、高学年に上がるにつれてより専門的なことを学ぶが、専門的といっても化学の分野全般を深く学べる点が良い。
    • 研究室・ゼミ
      実用的な研究や開発を行う研究室から、理論化学を極める研究室まで研究室の数が多いところがよい。また、学会にも積極的に参加させてくれたので、勉強になった。
    • 就職・進学
      特に化学科は就職に力を入れていた。就職担当の先生が熱心だった。学校のキャリアセンターもサポートが充実していて、よく利用した。
    • アクセス・立地
      近くに大きな商店街があり、活気があった。津田沼、船橋にも近く、だいたいなんでもそろっていた。ららぽーともよく行った。
    • 施設・設備
      メディアセンターには専門的な本がたくさんあるのでよく利用した。実験室も充実していた。体育館、グラウンドが新しくなった。建物も立て替えていてきれいになった。トイレはどこもきれいでうれしかった。
    • 友人・恋愛
      東邦大学は少人数制のため、学科の人たちは全員顔見知りになる。女子はみんな仲良しだった。実験で共同作業したり、一緒に課題をしたりと楽しかった。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養、基礎的な化学分野、2年次は演習や分析実験、3年次は有機化学実験や無機化学実験などを行う。4年次になると研究室に配属される。大まかな実験は一通り行った。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高分子化学教室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      電子機器に使用されるフレキシブルプリント配線板の絶縁膜の開発を行っていた。
    進路について
    • 就職先・進学先
      東邦大学大学院理学研究科化学専攻へ進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      研究室は4年次からで、1年だけでは足りないと思ったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      日常生活、身の回りにあるものすべて化学でできているものと知り、もっと知りたいと思うようになったから。応用化学科や化学工学科などはよくあるが、純粋に化学科という学科があるのは少なく、さらにこの学校は少人数制であったことがよかった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      城南予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      本当は国立を目指していたため、全教科を勉強していた。そのため、範囲はかぶっていた。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 東邦大学
    男性卒業生
    理学部 情報科学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      基礎となる数学からしっかり学べるので応用となる情報学にしっかり生かすことができる。 また、そのまま数学を深めて研究することも可能。
    • 講義・授業
      基本的にどの教授も学生の理解度に合わせて講義を進めてくださるので、毎回しっかりと学ぶことができ、質問等への対応も丁寧にしてくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      各研究室には必要なものが揃っているので、本人のやる気次第ではどんどんと自分の研究を進めることができます。
    • 就職・進学
      就職にたいして、どういった企業への就職が多かったのかのアドバイスがあったり。就職課のサポートもしっかりしていました。
    • アクセス・立地
      JR津田沼駅からはバスで通わなければ行けませんが、京成大久保駅からは徒歩10分の距離であまり不便は感じませんでした。
    • 施設・設備
      学生全員が利用できるような設備はとくに良くもなく悪くもなく。というかんじでした。研究室によっては設備が充実しているところもあります。
    • 友人・恋愛
      学生の雰囲気が落ち着いていて勉虚Iに集中することができます。また、サークルや部活では熱心に活動している人が多いので充実した学生生活を送れると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基礎の数学に始まり、情報学を中心に学びました。 理学部ということもあり、生物学、物理学、化学を学ぶこともできて、卒業研究で情報と生物を合わせた研究をすることができました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      海野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      網膜の研究ができます。 いま、話題になっているブルーライトカット眼鏡を研究材料にしている人もいました
    進路について
    • 就職先・進学先
      ソフトウェア、エンジニア
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学んだこと様々なことを活かすためにいろいろな工程を経験できるエンジニアに、なりました。
    入試について
    • 学科志望動機
      オープンキャンパスで教授の方々に質問をしたときに丁寧に回答いただいたため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木ゼミナール
    • どのような入試対策をしていたか
      教科書の章末問題を中心とした問題演習を行っていました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 東邦大学
    女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師の資格を取るためには必須の学科です。建物の改修工事を順番にしており各講義室が新しく広くて快適です。1年生のうちから様々な実習がありますが、実習設備も充実しています。学生数名ごとに担任の先生がつき、学習や進路のアドバイスをくださります。先生と学生の距離が近く、学生に親身な先生が多いことが一番の魅力かと思います。
    • 講義・授業
      選択科目は少なく、ほとんど必修科目になります。時間割がはっきりと決まっている分、予定は組みやすいかもしれません。上級生になると多少選択の幅は広がり、同じ単位の中で好きな講座を選ぶくらいはできるようになります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の希望は成績順で決まります。1年生から4年生までの成績を全て加味しますので、入学当初から気を抜かずに頑張ることが大切です。研究室は基礎系と臨床系に大きくわかれています。自分が薬剤師としてどんな働き方をしたいかによって研究室も選択すべきです。
    • 就職・進学
      研究室の選択が就職にも影響してきます。やはり教授と企業、病院等の繋がりは強いです。しかしそうでなくとも、就職相談室では常時スタッフがおり、OBOGとの連絡やインターンシップも取り計らってくれます。
    • アクセス・立地
      主要の駅からはバス、私鉄の駅からは徒歩になります。歩きますが、商店街を抜けるため夜間でも割と安全です。昼食や飲み会に最適な美味しいお店が周りにたくさんあります。駅まで行けば、ファッションビルや娯楽施設も数多くあります。
    • 施設・設備
      順番に建て替え工事をしているため、古い建物は減ってきています。おそらくほとんど新しい建物で授業を受けられるのではないかと思います。学年全員、300名近く一度に授業することもあるので、視力に自信がなければ前の席をとりましょう。
    • 友人・恋愛
      比較的穏やかな気質の人が多いと思います。それなりに勉強しないと進級もできないので、真面目な性格のひとが基本的には多いと思います。部活動では理学部との交流もあります。また上級生になると医学部との合同授業もあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1,2年次はほとんどが基礎科目です。しかしこの頃から薬理学など薬学の基礎も学びます。3,4年になると薬剤そのものへの講義も増え、4年次にCBT、OSCEを受け、5年次に実務実習と卒業研究をします。6年生の夏までに卒業研究をまとめ、学内と研究室によって各学会で発表します。
    • 所属研究室・ゼミ名
      臨床薬学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      どの先生について研究するかで主なテーマは異なりますが、わたしは抗菌薬の副作用や投与量についてデータ解析を行っていました。縦、横の繋がりが強い研究室で、先生かたとも旅行や飲み会をよくしていて、雰囲気のいい研究室だったと思っています。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      研究室で過ごすうち、病院の薬剤師として医師や看護師などの医療スタッフや同じ薬剤師とのコミュニケーションをとれる環境で働きたいと思うようになり志望しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      医療に携わる仕事がしたいとずっと考えており、初めは飲みやすい薬を作れないかと思って志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ナビオの個別指導
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験対策で勉強しながら、赤本を何度か解いていました。範囲はほぼ一緒なので、十分対策できたと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 東邦大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師国家試験の合格率が高いので、薬剤師になりたい人には良いと思います。学生の学力にばらつきが大きいので、授業についていけない人、もしくは退屈に感じる人がいるかもしれません。
    • 講義・授業
      1年次には基礎科目+教養科目を履修し、2年次以降は薬剤師国家試験に対応した専門科目を主に履修します。必修教科が非常に多く、ほぼ選ぶ余地がありません(笑)
    • 研究室・ゼミ
      薬学科にはたくさんの研究室があり、卒業研究にあたって自分の興味がある研究室を選ぶことが出来ます。研究室によってやることや忙しさは全く違うように思います。
    • 就職・進学
      就職率などを見ると、ほぼすべての人が進路を決定できているようです。敷地内にキャリアセンターがあり、進路の相談等ができます。
    • アクセス・立地
      JRの津田沼駅からバスで通う人と、京成線の大久保駅から歩いて通う人が多いです。どちらからもそれなりに距離があります。
    • 施設・設備
      古くからある大学なので、建物の老朽化が少し気になります。しかし最近新校舎の建設や校舎の改修工事が盛んに行われており、今後良くなることが期待できます。
    • 友人・恋愛
      薬学部は理学部とキャンパスが同じなので、サークル活動等を通じて他学科の人と交流することができます。キャンパス内で交際している人も多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になるためのカリキュラムに沿って授業が行われています。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかったから。家からもっとも近い薬学部だったから。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      個別指導塾
    • どのような入試対策をしていたか
      基礎を固めた後、過去問を解いて大学独特の問題になれました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 東邦大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国試にちゃんと受かりたいという人にはいい大学かもしれません。薬学部は6年間と長いですが1年のうちから既に国試の問題を目にしたりする機会があります。大学側も教授も国試の合格率は相当気にしているようです。ですが将来研究者や製薬会社への就職を希望している人には向いていないかも知れません。あくまで、薬剤師の免許が欲しい人向けの大学です。周囲にも遊べる環境が少ないため、勉強だけしたい人には良いと思います。
    • 講義・授業
      とにかく大学側も教授の先生方も国試の合格率を気にしているようで、講義中に国試の問題を扱う先生方は多いですし試験が国試のような問題形式になっている、という科目もあります。薬学部の6年間のうち早いうちから国家試験に慣れておける、という意味では良いと思いますがその分試験問題が難しく、単位を取ることが大変な科目もあります。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室には所属していないので、ちゃんとしたことが書けません。ですが研究室が現在建設中の棟に移動するようなので、これから入学する人は綺麗な建物で研究ができるかと思います。
    • 就職・進学
      まだ就職活動はしていないので分かりません。ですが先輩の話を聞いていると主な就職先は病院か薬局、ドラッグストアのようで、製薬企業は少ないようです。千葉県外では東邦大学は有名ではないので、ネームバリューはあまりないと思います。
    • アクセス・立地
      繁華街のJR津田沼駅からはバスでの通学になりますので、実際は駅から徒歩で通える京成大久保駅を利用している学生が多いです。しかしやはりJR津田沼駅よりはアクセスも良くないですし、遊ぶところも殆どないです。大学周辺も住宅街なので遊べる環境はないといっていいと思います。
    • 施設・設備
      現在新棟を建設中で、そこに研究室が移ると聞いたことがあるので綺麗な環境で卒業研究ができるようになるのではないかと思います。実習で使う実験室は古いと感じる所もあります。植物園は確かに漢方に使われる植物が多種育てられているので漢方に興味がある人には良いですが、虫が発生しやすいため虫が苦手な人は気をつけたほうがいいと思います。
    • 友人・恋愛
      東邦の薬学生は2年以降は特に授業期間中遊ぶ暇がありません。授業も70分制で他の学部、大学の90分制のスケジュールで動く学生たちとは生活時間が合わないので同じ薬学部の人同士でしか関係がない人が多数なのではないかと思います。6年間ずっと同じ人達と付き合いを続けていかなければならないので閉鎖的に思えます。同学部同学年のカップルなら自然と噂が広まってしまうのでお付き合いは覚悟が要ることになってしまいます。交流も少なく余裕も少ない学生生活ですので、そういった意味で学生生活は低評価にしました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      東邦の薬学部は3年次からは少し授業選択ができるようになりますが、ほとんどは必修科目です。1年秋学期から薬の名前など専門的な科目が増えていきます。実習は2年春学期から本格的になり、菌を用いた実習、3年の実習では動物の心臓を用いたりもします。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかったのですが、同じ千葉県内の薬学部でも千葉大や東京理科大は偏差値が高いので私には難しく、そのため東邦大学を受験しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を見て、すごく難しい問題が出るという印象はありませんでした。基本的な問題がどの分野からも出題されているようでしたので、数学・化学なら苦手な分野や覚えていないところをなるべく減らすようにしていました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 東邦大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-05投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になるための学科なので国家試験対策があるのは当然のことですが、他大学の薬学部よりは確かに充実してるように感じます。1年、2年の頃から何度もしつこいぐらいに国試の話を聞かされました。しかしキャンパスがあまりアクセスの良いところとは言えず、また学生の少ない大学で言われているような「アットホームさ」もないと感じました。よって評価は3にしました。
    • 講義・授業
      他大学の薬学部でも同じだとは思いますが、薬学部には基本的には授業選択の自由はありません。殆どが必修科目です。他の学部とは最も違う点なので注意してください。この大学では国試対策が既に1・2年の初期の頃から始まります。試験の問題に国試に似た問題がある、という授業も珍しくないです。そういう意味では国試対策は充実していると言えるでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      研究室にはまだ参加していないので、分かりません。ですが新しい棟を建てていてそこに研究室が移動するとのことなので、綺麗な建物で研究ができるようにはなるかと思います。
    • 就職・進学
      就職活動にはまだ参加していないので分かりませんが、薬剤師は就職活動よりも国家試験の勉強の方が大変だと言われているので薬学部では国試対策の方に重点を置いているようです。就職活動の方は全く何もサポートがないというわけではなく、今の大学には基本どこにもあるキャリアセンターのようなものはあるので、他大学と同じくらいのサポートはしてくれるようなので安心して下さい。
    • アクセス・立地
      JR津田沼駅から通える、といったようにHPなどでは書いてあると思いますが、JR津田沼駅からは更にバスに乗ることになるので注意して下さい。京成大久保駅からは歩いて行けますがそれでも15分程度掛かります。その京成大久保駅周辺にも目立った建物はないので遊ぶなら津田沼ですが、大体の人が京成大久保駅から通っています。
    • 施設・設備
      現在研究室が入るという棟を新しく作っているのでこれから入学する人は研究室は期待できるかと思います。実習はA館で行っていますがそこは少し古いです。講義はA館かC館ですが、C館はそこそこ綺麗な建物です。
    • 友人・恋愛
      東邦大学は他大学と比べると学生数はそこまで多くない大学だと思います。薬学部のある習志野キャンパスは薬学部と理学部しかないので、更に学生数は少ないです。しかし、規模の小さい所でよく言われがちな「アットホームさ」は感じません。確かに隣には日大のキャンパスがありますが、そこの学生と繋がりがある人はほとんどいないですし、薬学部と理学部の学生の間にも交流はないです。東邦の薬学部のサークルは薬学部の人同士のサークルが殆どです。非常に閉鎖的な雰囲気だと言えます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年は一般教養の科目も何科目かありますが基本的には化学です。数学は1年の間だけ、英語は少なくとも2年まではやらされます。1年の秋学期(東邦薬学部では後期のことを秋学期と呼んでいます)から少しずつ専門性が増してきます。2年春(前期)から実習も増え急に難易度が高くなりますので注意して下さい。3年にもなると慣れてくるかと思いますが、それまでは遊びたい願望を抑えて頑張らないといけません。油断すると本当に留年しかねません。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になるためには薬学科に行かなければいけませんが、その中でも通学がしやすい大学で、かつ自分の合格できるところでないといけなかったのでこの大学にしました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      一般入試は過去問をやることが大事です。特に出やすい問題とかはないと記憶していますが、癖のある問題もないので基本的なことが満遍なく分かっていれば良いと思います。苦手な分野をなるべく作らないようにしていました。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 東邦大学
    女性卒業生
    理学部 生物分子科学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広く生物や化学を学べます。選択授業もたくさんあるので、自分が興味を持った分野を選ぶことが出来ます。生徒数に対する指導者数も多いと思います。資格取得のための講義も用意されていて、やる気のある人をサポートする環境が整っています。
    • 講義・授業
      ミクロな科学に関する授業が多いです。単位取得が難しい講義もありますが、指導者からのフォローもありますし、皆で教え合う風潮もありました。
    • 研究室・ゼミ
      各研究室の定員が少ない方だと思うので、きめ細かな指導を受けられると思う。指導者達の研究テーマも様々なので、興味のある分野を選ぶことができるし、外部の研究室に行ける制度もある。
    • 就職・進学
      就職率は良いと思います。製薬会社や治験会社に就職する人が多かったように思います。進路担当の指導者と面接などがあり、サポート体制も整っていました。大学院も、内部進学する人はもちろん、外部を受験して進学する人も多数いました。
    • アクセス・立地
      JRの最寄駅からはバスになります。京成の最寄駅からは徒歩10分くらいです。片道2時間ほどの距離なら通っている人もいました。住宅街にあり、落ち着いた地域だと思います。
    • 施設・設備
      校舎を立て替えたり、新しい実験設備を導入したりしていました。各研究室でも独自の測定機を導入したり、研究する場としては恵まれていると思います。
    • 友人・恋愛
      小規模な大学なので、その分学生同士、指導者と学生の距離も近いと思います。必修授業の実験などを通して、同じ学科の学生同士で親しくなれると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は座学の必修、選択授業に加え、実験が多いです。レポートなど大変ですが、皆で助け合う風潮があります。3年次からは希望者は臨床検査技師養成課程に入ることも出来ます。4年次は卒業研究を行います。
    • 所属研究室・ゼミ名
      細井研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      学科の中では新しい研究室です。物理化学の手法を使って、蛍光タンパク質に関する研究などを行っていました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      民間の検査センター。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      取得した臨床検査技師の資格を活かしたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      幅広く生物も化学も学べるところが良いと思いました。。臨床検査技師の資格を取得できるというところも魅力的でした。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木ゼミナール
    • どのような入試対策をしていたか
      英語は毎日繰り返すことで定着するようにし、数学は基本問題を解けるようにしました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 東邦大学
    女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-11-29投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      悪いところは授業が分かりにくい先生が多い。進級が厳しい。やなやつがいっぱいいる。学歴自慢するやつがいる。いじめがそこそこある。
    • 講義・授業
      授業がうまい先生もいるがほんの僅か。大抵の先生は良くない授業をする。例えば授業中に自分の世界に入り込んで脱線する先生や試験に出すと言ったくせに出さないとか嘘つくやつもいる。たくさんの生徒を再試にさせることで楽しんでる先生もいるようだ。しかし英語に力をいれているので英語教育が充実している。授業はサボるやつがいっぱいいる。真面目な人は少ないから気をつけて。
    • 研究室・ゼミ
      存在しないが5年生になるとプチ講座みたいなのをやってくれるらしい。
    • 就職・進学
      進級が厳しいくせに国家試験合格率は低い。つまり無駄な授業ばっかりやっていることがわかってしまう。
    • アクセス・立地
      蒲田駅から徒歩15分、バスで4分学校の周りにいくつか食べるところはあるがすぐに飽きてしまう。蒲田は回りが汚いし空気も汚いし怪しい人もいっぱいいる気をつけて。
    • 施設・設備
      学費が安いがそれなり。講義室の裏はオープンキャンパスとかでは見せないがゴミ屋敷のようになっている。
    • 友人・恋愛
      いじめは意外と多い。ラインいじめとか陰口とかが流行っている。彼氏彼女とかいる人もいるがリア充の人が集まってちょっと変わってる人をいじめていたりする。友人は人によって多い少ないあるがゼロの人はいじめられるかも。
    • 部活・サークル
      サークルはない。全部部活。部活によって緩い厳しい様々である。厳しい部活は勉強のことを考えてないので気をつけて。緩い部活ははっきりいっててきとーな部活。先輩が奢ってくれる部活もあるけど部活によっては奢ってくれない。無理やり強要されて入れさせられる部活もあるらしいから気をつけて。あと入学後にクラス委員を募集するけどあれはただの苦行だからやらないほうがいい。
    • イベント
      学園祭はあってないようなもの。行くほうが損であると言われている。他はない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      医学。
    • 面白かった講義名
      アナラーニング
    • 面白かった講義の概要
      挨拶の基本、礼儀などを教わる
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学病院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      安定するから
    入試について
    • 学科志望動機
      医師になれば地位的にも収入もいいから。あともてるようになるから
    • 利用した入試形式
      一般
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台
    • 利用した参考書・出版社
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      死ぬ気で勉強する
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

41件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

慶應義塾大学
慶應義塾大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:61 - 72
★★★★☆4.16 (567件)
東京都/私立
昭和大学
昭和大学
併願校におすすめ
偏差値:54 - 66
★★★★☆3.86 (50件)
東京都/私立
武蔵野美術大学
武蔵野美術大学
すべり止め校もチェック
偏差値:53 - 62
★★★★☆3.90 (67件)
東京都/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。