みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  津田塾大学   >>  口コミ

津田塾大学
出典:Hykw-a4
津田塾大学
(つだじゅくだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:47.5 - 57.5

口コミ:★★★★☆

4.11

(268)

津田塾大学 口コミ

★★★★☆ 4.11
(268) 私立内29 / 569校中
学部絞込
2681-10件を表示
  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    学芸学部国際関係学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学びたいことは学べていてよい環境にある。大学で勉強したいことを学べている。ただし、必修授業が多すぎる。減らして欲しい。英訳の授業いらない。
    • 講義・授業
      普通
      必修の授業が多すぎる。高校レベルの英語。 ゼミなど、自分の関心があることを深く学べる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      一年生のうちからゼミがあって、最初のうちからゼミに慣れることができて、二年生で既に好きなゼミにはいることができる。
    • 就職・進学
      良い
      就職率がよい。先輩にはなしをきいても、津田塾生は有利だと聞いたことがある。
    • アクセス・立地
      悪い
      鷹の台という立地が最悪なところにある。西武国分寺線のみが走っている。
    • 施設・設備
      悪い
      ワイファイがつながらない場所がある。校舎は綺麗になったところもあるがこわい。
    • 友人・恋愛
      悪い
      クラスがないため、交友関係を広げることがむずかしい。女子大のため、恋愛関係が充実していない
    • 学生生活
      悪い
      立地が最悪なので、学祭などやっても人が集まらない。学内のサークルも特に。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次からゼミがあるので、興味をもっている分野について四年間かけてまなぶことができる。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      推薦で入れるところが津田塾大学の国際関係学科しかなかったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:537467
  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    学芸学部国際関係学科の評価
    • 総合評価
      良い
      本学は、まじめに勉強したいと思っている学生にはとても良い環境が整っていると思います。空きコマや昼休みでも、図書館や食堂、カフェなどには常に自習をしている生徒が多くおり、集中して課題などを進めることができます。また、国際関係学科という名称からも分かるように幅広い専門分野の先生方がおり、自分の興味のある分野に特化して研究をすることができます。
    • 講義・授業
      良い
      様々な分野を研究することが可能な理由として、必修科目の中で基礎的な知識を身につけられる事が挙げられます。英語や第二外国語、国際情勢から地域研究まで、これから個々の専門分野を研究する上で必要になる知識を、一年生の内に蓄えられます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      一年生から、基礎を学ぶゼミがあります。研究、議論する上での基礎を学び、能力を身につけます。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はとても高く、就職に関するガイダンスや講演も頻繁に行われています。インターンシップなどの紹介も盛んです。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄駅は西武国分寺線の鷹の台駅です。学校の周辺、校内共に自然に囲まれています。近くに寄り道するような店は少ないですが、緑のなかで勉強できる環境はとても落ち着きます。
    • 施設・設備
      良い
      校舎は歴史があり、現代的とは言えませんが、毎日掃除してくださっているのでとても清潔です。一番有名な本館のデザインは、学生からの評判も良く愛されています。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内ではたくさん友人をつくることができますが、女子大なのでインカレに所属するかバイトをしないと彼氏は出来ません。
    • 学生生活
      良い
      学内の多くのサークルは一橋大学とのインカレになっています。一橋祭に出店するサークルは多いです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎的な知識を蓄え、様々な分野を知り、自分の研究テーマを考えます。二年次からは一年次よりもコアな科目を選択し、興味のある分野を掘り下げます。三年次からは本格的に研究を進め、四年次には卒業論文を完成させます。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:495015
  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    学芸学部国際関係学科の評価
    • 総合評価
      良い
      コツコツと勉強ができる学生に向いてる大学だと思います。
      国際関係学科担当の教員は専門的で高度な知識を持つ教員が多く、毎回得ることが多いです。
      前の方で授業を受けている人はみんな意識が高く、モチベーションにつながります。
      もちろん意識が高くない学生もいますが、自ら前の席に座るなど何事も環境は自分で作るものだと思うので特に気になりません。
    • 講義・授業
      良い
      とても充実しています。
      1年次は英語と第二外国語と国際関係の基礎の必修があります。
      英語の必修はとても多いですが高校の授業とあまり変わらないかもしれません。
      共通科目は、女性学が充実しています。他にも政治学、社会学、経済学、心理学、宗教学など履修できる科目は多岐に渡ります。
      履修できる専門地域が多く、授業の取り方によって広く多様な地域を学んだり、自分の興味のある地域を詳しく学んだりすることができます。
      日本、東アジア、東南アジア、EU、北欧、東欧、アメリカ、オーストラリア、などについて、歴史・経済・政治・文化の面から学べます。
      健康や、ウェルネスについての授業も必修です。
      授業後に快く質問に答えてくださる先生が多く、熱心な学生には熱心に接してくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      津田塾は卒業論文は必修の単位で、3年、4年次セミナーで書き上げます。
      国際関係学科、1年次ではセミナーを自動的に振り分けられます。2年次はどの教員のゼミに所属するか選べますが定員をオーバーすると選考があります。3年次からはより専門的になります。
      教員によっては、教員の直接の専門分野でなくても所属し、そのテーマで卒論を書くことができます。

      津田塾では1年生から全員ゼミに所属し、論文の書き方を学び、発表する機会も多いのが特色です。
      教員と良くマッチングすれば有意義な時間を過ごせると思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅は武蔵野線新小平駅と西武線の鷹の台駅です。
      周辺に遊べるところはあまりなく、誘惑がないです。
      新小平駅から大学の裏門までは、早歩きでも15分くらい、普通に歩くと20分はかかります。1限が授業があるときの時武蔵野線は混んでいます。
    • 施設・設備
      良い
      どの施設も清潔に保たれています。
      英語で有名だっただけあって図書館には、他大学に引けを取らないくらい英新聞や英語文学の書籍が充実しています。
      津田塾で行われる授業の関連する本はほとんど揃っていて本についてはあまり不自由しないと思います。
      食堂も今年度からリニューアルし、カフェのような雰囲気です。が、昼休みは混んでいます。
      無料でDVDを見ることができるAVライブラリーがあります。
      最近のディズニーの作品をはじめ古い作品まで洋画も邦画も、かなり多くの作品が揃っています。入学直後、ミュージカルの『CATS』やディズニーの『ズートピア』などがあるのを知ってびっくりしました。もちろん歴史を知ることができる作品も多いです。
      持ち込みのDVDの視聴も可能です。
    この口コミは参考になりましたか?

    11人中11人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:486873
  • 女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    総合政策学部総合政策学科の評価
    • 総合評価
      良い
      私たちが一期生ということもあり、まだ大学側や教授陣も手探りという状況。2年生までは必修でデータサイエンス系の授業があるため、最低限の数学の知識がないと厳しい。また、他大学に比べると圧倒的に課題が多いため、サークルやバイトと学業の両立はかなり大変である。ダカヤサンドウなどでランチをする時間はほぼないと考えて良い。キャンパスの立地は申し分ない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは1年から存在する。1年生は学籍番号でランダムに決められるが、2年生からはどの教授のゼミか希望できる。定員を超えた場合は、志望理由によって抽選される。ゼミの内容や環境としては、教授によってまちまちである。
    • アクセス・立地
      良い
      新宿から5分で着くという立地の良さ。また、キャンパスは千駄ヶ谷駅の目の前であるため、迷うこともない。
    • 施設・設備
      良い
      2017年度からのキャンパスであるため、非常に設備も充実している。授業内でのプレゼンの準備や試験勉強のために部屋も借りることができる。また、お手洗いの設備も非常に充実しており、化粧室も完備されている。
    この口コミは参考になりましたか?

    11人中11人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:479804
  • 女性在校生
    学芸学部 英文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    学芸学部英文学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      他の大学と比べ、課題があまりにも多い。出席が厳しい。教科書が高い。面倒見も良くはない。休み期間が他の大学と合わないため他大の人と会うことも難しい。
    • 講義・授業
      悪い
      課題が多い。授業の幅がない。時間外講師が多い。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      相当英語に興味がなければ地獄です。選択肢がない。やることの違いがよくわからない。
    • 就職・進学
      普通
      サポートは知らないが実績はある。偏差値の割に就職はよい。
    • アクセス・立地
      悪い
      田舎です。上京してきた時に地元よりも田舎でびっくりしました。友達とご飯に行こうにも選択肢がラーメンか焼肉かインドカレーくらいしかありません。近くにお店が少ないためにアルバイトも近くで気軽にはできません。
    • 施設・設備
      悪い
      食堂の席数が少ないです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      全体的に地味な感じの学生が多い。たまにあか抜けた感じの人もいる。サークルなどに入れば一橋大の学生と交流がある。
    • 学生生活
      悪い
      サークルが他の大学とくらべ圧倒的にすくない。塾祭もみんな旅行に行くため盛り上がりに欠ける
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:469236
  • 女性在校生
    学芸学部 情報科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    学芸学部情報科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      課題が多すぎて、自分の勉強したいことができない。アクセスが悪いから。就職には強いのはいいところ。就職とかの面倒見がいい。他大学より授業数がおおい。
    • 講義・授業
      普通
      興味がある分野の学部に入ったのなら充実してる方だと思う。ただ何も知らず入ると地獄の始まり。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      わりかし先生が学んでる範囲が多いからたくさんの中から自分の興味あるのを選べるが、成績がいい順なので、注意
    • 就職・進学
      良い
      就活については手厚く面倒見を見てくれる。女子大だというのもあってほぼみんな就職。院に行く人は数人
    • アクセス・立地
      悪い
      アクセスはとりあえず悪い。10分に一本しか電車はこないし駅からも遠い。一人暮らしの人多い
    • 施設・設備
      普通
      パソコンはたくさんあるし、コピーも年間800枚は無料だからわりかしいいと感じる。ただコンセントがあまりないから充電できない
    • 友人・恋愛
      良い
      真面目な人が沢山いるなか、たまにぶっ飛んでる人がいる。その人たちと友達になれたら本当に楽しい。ただ女子大だから男の人との出会いは皆無
    • 学生生活
      悪い
      インカレもあるが、一橋とのインカレなので、沢山遊びたい人には向いてないと思う。遊びたいならマーチを引っ掛けるべき
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      基本的にプログラミングを学ぶ。ただ最初は専門科目以上に英語の授業の方が多い。英語ができれば基本的に生きていける学部ではある。プログラミングは最初に向いてるか向いてないかはっきりわかるから最初が肝心。ダメだとずっとだめだから学校行くのやになる。注意
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:492942
  • 女性在校生
    学芸学部 情報科学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    学芸学部情報科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      第2タームという授業がほぼ期間(6月中旬)があるのでそこを活用すると長期での留学もできるところが良いと思う。
      しかし、学校の教育レベルは低く、勉強をしないと落ちるところまで落ちる。
    • 講義・授業
      普通
      年配の女性の教授が多く、授業も抽象的なものが多い。映像を見て、感想を提出して、終わりという授業が多い。あまり学ぶことは出来ない。
      そのぶん単位は取りやすいので、そこは良い点。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      1年なのでまだ本格的なゼミはしなかったが、どこのゼミもゆるゆるで、週に1回集まってお話しをするくらい。ゼミ同士で仲良くもなるが、そこまで多く関わる訳でもない。
    • 就職・進学
      悪い
      サポートなどはあまり良くない。教務課の態度も悪いので、色々聞きやすい雰囲気でもない。もともと学校の評価は高いので、困ることは少ないが、良いところには就職できないと思う。
    • アクセス・立地
      悪い
      新宿から40分弱で国分寺駅まで行き、国分寺駅から鷹の台まで10分に1本しかない電車で行く。
      鷹の台から学校までも人気のない道を通って行く。
    • 施設・設備
      良い
      図書館やキャンパスも綺麗で、使いやすい。食堂は狭く、席の数も少ないので困ることが多い。

      PCも自由に使える。ワイファイも設備してる。
      研究設備はあまり充実していない。(理系の場合)
    • 友人・恋愛
      良い
      友人関係は非常に良い。どんなに暗い人でも地味な人も上手く過ごせているのがわかる。
      逆に派手でたくさん遊びたい!っていう感じの人はいないので、マーチあたりに行ったほうがいいです。
    • 学生生活
      良い
      一橋とのインカレがほとんどで、飲みサーだらけですが、上手くかわせばなんとかなる。
      アルバイトはほとんどの学生がしている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の話しかわかりませんが、情報に特化した授業は2つほどしかない。英語の授業だけで4つはある。数学、自由科目も多く取らなければならない。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:427886
  • 女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    総合政策学部総合政策学科の評価
    • 総合評価
      良い
      最高学府にふさわしい学びを無理のないスピードで修めることができる。課題は多いが、「多すぎて連日徹夜」というようなことはない。ただ、忙しいことは忙しいのでアルバイト・他大学のサークル等との両立はかなり難しいし、近隣のおしゃれスポットに遊びにいくこともあまりできない。小平キャンパスよりも、華やかでノリの軽い学生が多い。課題を終わらせない者や、剽窃を行う者もいる。学科長はふさわしいと思うが、学部長はもっと適任者がいなかったものかと感じられる。
    • 講義・授業
      普通
      難しすぎず簡単すぎない講義が多く、よい。課題が出ない講義もある。基本的に土曜日に講義がないのはありがたい。講義中に私語をする学生が多いことが問題となっている。また、講義に出席することを示すカードキーのタッチだけ行い、サボる学生もたまにいる。学芸学部の講義を受けにくかったり、教職等の講義がなかったりする。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      担当教員による。難易度も課題の量も扱う内容も、教授によって違う。1年セミナーの担当者が誰になるかは運。仲の良さもセミナーによる。
    • 就職・進学
      良い
      小平キャンパスの就職状況が大変よいので、総合政策学部の方も期待ができると言われている。教職課程はないので、教員になる者はいないと思われる。
    • アクセス・立地
      良い
      アクセスはかなりよい。特に、千駄ヶ谷駅からは目と鼻の先。近隣にはおしゃれスポットも多いが、間違いなく多忙になるので、遊びに行くことは期待しない方がよい。それでも空きコマが続いた場合などはカフェ等で過ごすこともできるが、如何せん課題が多いので毎週は厳しい。
    • 施設・設備
      悪い
      小平キャンパスの方が施設が充実している。防犯設備は千駄ヶ谷キャンパスの方がしっかりしているので、安心できる。24時間有人警備は鉄壁の守りだと思う。
    • 友人・恋愛
      普通
      グループで行動する学生が大多数。一人で過ごすよりも誰かと過ごす方がいいという者が大多数。講義中の座席も仲良しグループで固まったりしている。恋愛に関しては、自ら出会いを求めて行動すれば結果が得られるかもしれない。受け身ではだめ。
    • 学生生活
      悪い
      まだ新興のキャンパスなので、サークル活動や行事等うまく運営できていない部分も多い。だが、リーダーシップを発揮する学生はいるので、これからもっと充実したキャンパスライフが送れるようになると思う。新入生でもサークルやキャンパス祭実行委員会の立ち上げなどに携わることができる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年次は幅広く学ぶ。3年次から政治・経済・情報系・福祉の分野にそれぞれ分れる。国際的な視野で学ぶというよりは日本国内のことを詳しく学修する。卒業論文という名前ではないが、それらしきものはある。
    この口コミは参考になりましたか?

    21人中19人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:412606
  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    学芸学部国際関係学科の評価
    • 総合評価
      普通
      国際関係についての必修科目が若干専門的であるためなかなか難しい。国際関係学科という割には、国際情勢について詳しくなるわけでもなく、国の歴史を深く知る人間になるわけでもないところはある。
    • 講義・授業
      悪い
      先生の話がボソボソ声であり、聞き取りづらい。どこが要点なのかわからない、お経のような話し方。皆が寝てしまう。しかしレポートはしっかりと課題に入っている。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミの先生が優しい。メンバーを皆仲良しであり、小さなクラスのようである。ゼミの中では、建設的な意見を述べることやグループプレゼン、テーマを絞った研究など様々な活動を行うことができる。その上、それらは社会に役立ちそうである。
    • 就職・進学
      普通
      就職は基本的に個人のスキルによるのではないかと思っている。授業を通じて知識や考え方を身につけられるのは良いが、それを応用するのは自分次第なのではないか。
    • アクセス・立地
      普通
      いかんせん森の中なので良いと言い切ることはできない。夏には蚊が大量発生する。駅までの距離は比較的(?)短いので、ちょうど良い。
    • 施設・設備
      良い
      インクルーシブ教育の推進者がいる。障害者支援が始まったばかりではあるがバリアフリー設備は良い。頑張ります
    • 友人・恋愛
      普通
      インカレサークルが存在するので、他者と積極的に交流しようとしている人なら友人や恋人ができやすいのではないか。
    • 学生生活
      良い
      サークルはだいぶ忙しいため、自分のキャパや勉強の忙しさも考慮しなければいけないが、それを踏まえた上でなら充実している。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目から選択科目まで、分野は様々である。しかし女子大なので、心理学や女性に関する授業が多少多いと思う
    • 利用した入試形式
      アナウンサー
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:412471
  • 女性在校生
    学芸学部 英文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    学芸学部英文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      とにかく課題が多い、授業の遅刻・欠席は単位に大きく関わるため、本気で勉強したい、真面目な人には向いていると思う。周りは森、近くに遊びに行けるようなお店はほとんどない。卒業後は総合職に就く人が多い。
    • 講義・授業
      良い
      英文学科なので英語の授業はかなり充実している。必修授業でも先生によって厳しさや充実度に大きな差がある。とらなければならない単位数が多いので、他の大学に比べれば1週間に結構な数の授業が入る。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      1年生からゼミがあるが、先生によって厳しさ、雰囲気がまったく違う。必修の1年ゼミは、学校で勝手に割り振られる。
    • 就職・進学
      良い
      就職ガイダンスが頻繁に催されている。卒業後は一般職に就く人が多い。津田塾、または他大の大学院に進学する人もごく少数ではあるが、毎年いる。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りは鷹の台駅。駅から徒歩約10分。森に囲まれている。近くに遊びに行けるようなお店はなく、とても東京とは思えない。電車で二駅ほどで国分寺なので出かけるとしたら一番近くてそこ。
    • 施設・設備
      普通
      図書館が割と空いていることが多いので、集中して課題をやりたいときは、図書館に行くことが多いです。本は多いとは言えないがいい環境。
    • 友人・恋愛
      普通
      女子大なので学内で彼氏は作れない。一橋大学とのインカレサークルが多いのでそこで彼氏を作る人が多いらしい。「ひとつだカップル」と呼ばれる。
    • 学生生活
      良い
      一橋大学とのインカレサークルに入っていますが、とても楽しいです。飲食店でアルバイトをしていますが、入れすぎると課題に追われることになるので、課題やサークルとバランスをとる必要がある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、2年次で英語について幅広く学び、3年次から専攻を選んでコースごとに分かれて学びます。1、2年次はとにかく授業、単位取得に追われるらしい。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:413871
2681-10件を表示
学部絞込

津田塾大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 東京都 小平市津田町2-1-1
最寄駅 西武国分寺線 鷹の台
電話番号 042-342-5111
学部 学芸学部、 総合政策学部
概要 津田塾大学は、東京都小平市に本部を置く私立大学です。1900年に設立した女子偀学塾を前身とし、現在も創立者津田梅子の「自ら学び、考え、行動せよ」という教育理念が受け継がれています。英語教育に力を入れており、「発音クリニック」という専門家から発音指導を受けることができる講座や、好きな本をレポートにまとめる「Extensive Reading I 」など総合的な英語スキルが身につきます。また、少人数教育を重視し、講義とは違うアットホームな雰囲気で教員と生徒の距離が近いことが特徴です。対話をすることで専門的な分野への探求心が生まれることを目的としています。小平キャンパスを中心に学び、その他に千駄ヶ谷キャンパスや軽井沢セミナーハウスなどイベントや交流の場としての施設も多くあります。

この学校の条件に近い大学

津田塾大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  津田塾大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
明治学院大学

明治学院大学

50.0 - 60.0

★★★★☆ 3.87 (616件)
東京都港区/白金台駅
関西大学

関西大学

52.5 - 60.0

★★★★☆ 3.88 (1576件)
大阪府吹田市/関大前駅
東京家政大学

東京家政大学

37.5 - 60.0

★★★★☆ 3.94 (376件)
東京都板橋区/十条駅
理系のオススメ大学
関西大学

関西大学

52.5 - 60.0

★★★★☆ 3.88 (1576件)
大阪府吹田市/関大前駅
東洋大学

東洋大学

40.0 - 57.5

★★★★☆ 3.72 (1166件)
東京都文京区/白山駅
日本獣医生命科学大学

日本獣医生命科学大学

40.0 - 60.0

★★★★☆ 4.01 (81件)
東京都武蔵野市/武蔵境駅

津田塾大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。