みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  津田塾大学   >>  口コミ

津田塾大学
出典:Hykw-a4
津田塾大学
(つだじゅくだいがく)

東京都 / 私立

※外部サイト(マイナビ進学)に移動します

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:

4.13

(231)

津田塾大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.13
(231) 私立内28 / 566校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.01
  • 研究室・ゼミ
    3.94
  • 就職・進学
    4.30
  • アクセス・立地
    2.42
  • 施設・設備
    3.57
  • 友人・恋愛
    3.47
  • 学生生活
    3.33
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

231件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    学芸学部 英文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      勉強したくて津田を選んだのだが、皆とても熱心で互いに切磋琢磨する雰囲気があって正解だったと思う。課題が異常に多く、予習も一科目一講義につき10時間はして当たり前とか言う教授までいた。ただ、わからない箇所や疑問に思った場所を聞きにいくと、理解できるまで非常に丁寧に教えてくれる教授ばかりであった。また、毎回出席をとる授業も多いため、就活に少々支障をきたしたのは困った。個性的で、我が道を行く!的な人が多い。
    • 講義・授業
      少人数制の授業が多かったため、ひとりひとりに行き届いた講義を受けられた。
    • 研究室・ゼミ
      所属する研究室やゼミによって大きく異なる。私が所属したゼミはあまり充実していなかった。
    • 就職・進学
      進路に応じてガイダンスを行ってくれたり外部から講師を呼んでくれたりはするものの、個別フォローが行き届いていないことを感じた。就活について、面接の練習やエントリーシートの添削はしていただいたがいまひとつという印象を受けた。卒業生が記入した資料などは自由に閲覧できるようになっている。
    • アクセス・立地
      駅からは徒歩10分ちょっとであるが、駅が辺鄙な立地にあり、就活の際に特に苦労した。ひとコマのために通学するのも億劫であった。
    • 施設・設備
      トイレが綺麗。AVセンターが最高。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人に関しては、サバサバした人が多いこともあり人間関係が楽でありながらも、一生の付き合いになるであろう親友が多くできた。
      恋愛に関しては、一橋の人と付き合っている人が多かった。最近ちらほら結婚してきている。留学先で彼氏をつくっている人がいた。
    • 学生生活
      みんな一橋のほうに行く。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語の4技能、英文学。あとはコースによる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メーカー
    投稿者ID:419402
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      この大学を選んで後悔はないです。偏差値だけでみると女子大なので落ち目だなんだと言われますが(人数も少ない上付属校もなく推薦も少ないので当たり前ですが)、それは内情を全く知らないからだと思います。教育の質は全く下がっていません。企業ウケもいいので超お買い得です。
    • 講義・授業
      出席はほとんどの授業で取りますし、成績にとても関係します。課題・宿題も出ない日がありません。サボればすぐに担当教授にバレます。少人数なので、「あら?今日は何々さんが来てないわね」なんて言われたりします(笑)
      他の大学と比べたら断然厳しいですが、やれば必ず実力がつきます。ただ、ジェンダーに一切興味がなく勉強したくもない人にはキツイかもしれません。津田は「女性としてこの社会でどう生きるか」を常に考えさせます。
    • 就職・進学
      大手コンサルや外銀には歯が立たないでしょうが(津田はそういう向きの学校じゃないですし)、そのほかで就職に苦労したという話は聞きません。少なくとも学歴フィルターには引っかかりません。本人の実力次第でいくらでもいい企業に就職できます。
    • アクセス・立地
      これは…ごめんなさい(笑)アクセス悪いです。周りに自然が多いのでリフレッシュにはなります。遊ぶときは立川か新宿、国分寺です。国分寺はおしゃれな隠れ家カフェなんかも多いです。
    • 施設・設備
      今年、食堂がリニューアルします。図書館をはじめ、その施設も綺麗。トイレも女子大なだけあって清潔・綺麗です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      インカレサークルに入れば女子大だというのは無問題です。あとは本人の魅力。とは言っても、距離的にほとんど一橋ですかね。大学時代から付き合ってそのまま結婚する人も珍しくないです。
    • 学生生活
      津田塾祭は盛り上がりませんが、その分一橋の学園祭に燃えます(笑)
      課題で忙しいので、勉強・サークル・バイトを両立するのは難しいですね。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生→英語・2外・教養科目・リーディングなどの必修科目。みっちり取らされます。ゼミもあります。全休なんてないです。
      2年生→津田の英文科は2年が一番きつい。英語・2外・必修科目・教養科目・英文科の専門科目を取ります。それからライティングで英語の論文を書かされます。
      3年生→2外は2年までですが継続して希望者は取ります。英語・ゼミ・英文科専門科目。教養を取り終えていない人は教養科目・
      4年生→ゼミ論(サマリーのみ英語、その他日本語)か卒論(全て英語)か選んで研究します。その他、教養や専門科目を取り終えていない人は取ります。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    投稿者ID:417760
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年02月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      国際協力に興味を持って入学したが、1年の頃はそれほど国際協力についての授業が取れなかったので、何を勉強しているのかと思う時があった。2年生からは選べる科目の幅が広がったので、学びたいことを学べたように思う。しかし、必修科目と被っていると取れないこともある。
      国際関係という名前を持つ学科なだけあり、英語や第二外国語にも力を入れている。その中で成長できるかどうかはその人次第。学科のTOEICの平均は分からないが、それほど高くない人もいる。横浜にある女子大の英語トップクラスは、TOEICスコア900越えがほとんどとのこと。英語だけをやりたい人は再考してみてもよいかもしれない。
    • 講義・授業
      楽単、と呼ばれるものは少ないのではないかと思う。積極的に講義に参加しなければ得るものは少なく、質問などをしなくても、しっかり授業に出てテストを受けることが大事だと思う。
      少人数での授業では、先生はしっかり学生のことを見ているように感じる。大教室の授業では、生徒によってやる気も違うので、先生も一人一人を見るようなことはしていない。
      英語の授業は多いかもしれない。先生によって、評価や進め方が全然違うので運が必要。
    • 研究室・ゼミ
      友人の話を聞いても、それぞれゼミで充実した研究をしているように思う。ゼミに入る前に、自分が何に興味があるか、しっかりと考えておくと後悔しない。
    • 就職・進学
      就職実績は最近の偏差値の低下の中で、健闘しているのではないかと思う。他大学では、教授の繋がりのある企業に就職することがあると聞くが、本学はそのようなことはないかもしれない。
      人に頼らず、自分から積極的に動くことが大事なのではないだろう。
      学生生活課は親身になってサポートしてくださるので、是非利用してみてほしい。
    • アクセス・立地
      周辺環境は、自然という面ではいいが、大学生らしい華やかな生活とは程遠い。華やかな生活がしたい人は都心の大学へ進むか、大学から離れた所に住むとよいと思う。静かに生活したい人には最適。
    • 施設・設備
      古い建物が多いが、清掃などをしっかり行ってくださっているので、不便は全然していない。AVセンターは、結構楽しいと思う。英語の勉強にもなるので、利用してみてほしい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人には恵まれていると感じる。一人で行動することが多いが、授業などで困ることはなく、ざっくばらんに話すことができる。
      恋愛も、バイトやインカレのサークルに入って活発に動けば充実するだろう。
    • 学生生活
      他大学のイベントに参加すると、本学の盛り上がりのなさを思い出して悲しくなるので、本学のイベントは充実していないのではないか。
    投稿者ID:415765
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      きっちりと勉強したい人にとって、とても良い大学です。
      男子がいない (他大学との協定があるので少しはいる) ので
      男子を巡る女の子同士のドロドロが無いし、必要以上に見た目に気を使わずに済むのが
      とても楽です。

      周りの環境も落ち着いているので余計なことに惑わされずに、勉強したい人に、とても向いていると思います。青山学院や立教とは正反対だと思います。

    • 講義・授業
      先生に中に、津田OBが多く、彼女達の授業は非常に厳しいです。
      準備がいい加減なまま授業に出て、叱責されて泣いてしまった子も...
      そのかわりしっかり勉強すれば、文章力やリサーチ力など
      しっかりした実力が身に付きます。

      専門分野は人文系が中心ですが、国際関係学科との共通コースの「多文化国際協力コース」があり
      社会的な事柄も勉強できます。

      マイナス面としては、やはり小規模大学なので少人数教育が充実している反面、開講科目が偏っている、もしくは少ないこと。英語教育が思っていたのと少し違っていたこと。専門科目などは、津田OGを筆頭に専任教員が多くて、かなり厳しいのですが、英語を初めとする語学科目は、非常勤の割合が多いです。
      英語以外の勉強が大変で、英語に時間を割けない、なんて声も...
      クラスメートも、思ったよりも英語が得意な子が少ない印象です。
      TOEFLの結果でクラス分けされて、私のクラスは真ん中あたりだったのですが
      英語が得意な子は、3割くらいで、残りは普通くらい。苦手っぽい子もチラホラ。

      英語のイメージに囚われず、幅広く勉強したい人向きです。



    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語と幅広い教養を学ぶイメージです。
      作文能力や、リサーチ力に重点がおかれていると思います。

      英語は、高校の頃と代わり映えしない感もあるので
      過度に期待しすぎない方が良いかもしれません。

      コミュニケーションコースは
      コミュニケーション学ではなく
      文学や言語学に関する科目がほとんどです。
    投稿者ID:393643
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 数学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      多くの科目で出席を取ること、定期試験なども多く真面目に大学に来て勉強することが多いです。
      遊んでばかりの大学生活というより本当に勉強を多くして質の高い大学生活を送れます。
      本当に大学?と他大学に比べて厳しいため思うこともありますが笑。
      小平キャンパス付近は何もないけれど新しくできた総合政策学部はアクセスもいいです。
      ここの学生は非常に真面目でみんな勉強意欲が高く意識が高いので切磋琢磨して高め合えると思います。
      質の高い学生が多いなと感じます。
    • 講義・授業
      少人数のため英語のクラスはしっかりと添削などもしてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      1年次からゼミがあります。
    • 就職・進学
      就職は大変強いです。
    • アクセス・立地
      大学の周りには本当に何もないです、、、。放課後に遊びに行くにも立川や新宿まで行くことが多いです。
    • 施設・設備
      普通だと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛はないです笑。
    • 学生生活
      インカレサークルが多く存在します。イベントというイベントは大学祭がありますがそんなに盛り上がる感じではないです。
    投稿者ID:388278
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    学芸学部 英文学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教養科目も専門科目も社会人になってから使うものばかりで、今思えば無駄な授業は何1つなかったと思う。サークルや部活も自主性を問われるため、充実させられるかは自分次第。
    • 講義・授業
      英語の4技能は1,2年次に徹底的に叩き込まれるため、3,4年次には楽々英語で論文を書けるようになる。全編英語で行われる授業はかなり集中するため、気持ち的にも実際の能力的にも高まる。ちゃんと授業に出て学んでいれば単位を落とすことはない。
    • 研究室・ゼミ
      担当の教授により勝手が違う。が、英文学科は卒論を書くゼミの方が社会人になってから得。(当時は卒論を書くか書かないか選べた)大学出ておきながら自分の卒論がないのは後悔しそう。
    • 就職・進学
      OGの話を聞くイベントが行われていたり、盛んに企業も訪問してくれるためサポートは充実している方だと思う。
    • アクセス・立地
      都心に出るには少し面倒だが、勉強する環境としては最適。目の前にに公園があって緑が多い。住宅街が広がるためいんしょくてんは少ない。
    • 施設・設備
      図書館の居心地が良い。勉強にはもってこい。英語の資料も充実している。CDやDVDも視聴できるため、空き時間によく利用していた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      アクティブな人が多く、1人でなんでも行動できる人が多い。特に長期休暇には語学留学や海外一人旅など、目線が日本の外に向いている。
    • 学生生活
      サークルや部活を兼部している人も多い。塾祭は非常にアットホーム。講演会なども多く、常にアンテナを張っていればいろんな人に出会える。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目が多いが、必修として英語の基礎技能を叩き込まれる。2年次には卒論の練習として、ある程度の長さの英語論文を書く。3年次からゼミが始まり、専門性が高まる。文学か文化で大きく分かれる。4年次はゼミか卒論ゼミに所属し、1年間かけて研究する。自分の興味と合う教授を選ぶよう注意。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教育業界
    投稿者ID:409945
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    学芸学部 数学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 5]
    • 総合評価
      少人数制で教授との距離がとても近く、質問も親身に聞いてくれた。また出席も厳しいので、真面目に授業に出席でき、社会に出てから時間管理に役立った。
    • 講義・授業
      教職の授業はとても充実していました。他の大学を知らないのでなんとも言えませんが、一般教養の授業はあまり種類がないです。ただ、一ツ橋や国際基督教大学との単位交換制度もあるので、意欲的な学生はそのようなプログラムを活用していました。
    • 就職・進学
      就職先はみなさん、とても良いところに決まっておりました。
      教師になる人も多いですし、女性ですが総合職に進む人もとても多いです。むしろ一般職はほとんどいないように感じます。
      模擬面接やエントリーシートのチェックなど学生生活課の方々が指導をしてくれます。
    • アクセス・立地
      通学は残念ながらしにくいと思います。駅から遠く、大学のまわりには飲食店がほぼないです。よって学食は混んでいます。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      サークルは一ツ橋や早稲田、東大などのインカレが沢山あります!
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メガバンク
    投稿者ID:387921
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      英語をきちんと勉強したい人にとっては環境が整っていると思う。比較的少人数なので先生方が丁寧に指導してくださる。都心から離れた静かな環境で勉強に集中できる。
    • 講義・授業
      講義中は集中して真面目に取り組む学生が多い。信頼できる先生方が多い。課題は他大学より多く大変ではあるがしっかりこなせば確実に力がつくように思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは主に3年次から始まる。まだ入っていないのでコメントはできないが、先輩方のなかにはゼミで仲良くなった友達がいるそうなのでゼミ生同士のつながりは強い印象がある。
    • 就職・進学
      就職ガイダンス進路ガイダンスが頻繁に行われている。低学年からも参加できるのでとても参考になる。自分の就職活動についてはまだ不安が多い。
    • アクセス・立地
      学校の周りにもう少し便利なお店があると良い。コンビニや時間を潰せるカフェ等あれば理想的。遊びに行くのは二駅先の国分寺が多い。
    • 施設・設備
      キャンパスはこぢんまりとしていて移動しやすい。ただ、自然が多く夏に虫が多すぎるのが気になる。課題をやるときは図書館か、午後になると静かな学食が多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内に友達はあまりいない。単独行動する人が多い。女子大なのでサークルは近隣の大学とのインカレが多い。インカレ先での恋愛が多い。
    • 学生生活
      授業数が多いのでアルバイトは土日でするのがほとんど。サークルはインカレのバスケサークルだがサークル内リーグや飲み会があって楽しい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は英語が5から6科目、第二外国語が2コマある。どの必須も課題や予習が必要。それなりに毎日準備しないと厳しいものがある。1、2年次は英語の基礎となる必修科目で忙しい。それ以外には選択科目で好きなものを履修できる。
    投稿者ID:409623
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    総合政策学部 総合政策学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      最高学府にふさわしい学びを無理のないスピードで修めることができる。課題は多いが、「多すぎて連日徹夜」というようなことはない。ただ、忙しいことは忙しいのでアルバイト・他大学のサークル等との両立はかなり難しいし、近隣のおしゃれスポットに遊びにいくこともあまりできない。小平キャンパスよりも、華やかでノリの軽い学生が多い。課題を終わらせない者や、剽窃を行う者もいる。学科長はふさわしいと思うが、学部長はもっと適任者がいなかったものかと感じられる。
    • 講義・授業
      難しすぎず簡単すぎない講義が多く、よい。課題が出ない講義もある。基本的に土曜日に講義がないのはありがたい。講義中に私語をする学生が多いことが問題となっている。また、講義に出席することを示すカードキーのタッチだけ行い、サボる学生もたまにいる。学芸学部の講義を受けにくかったり、教職等の講義がなかったりする。
    • 研究室・ゼミ
      担当教員による。難易度も課題の量も扱う内容も、教授によって違う。1年セミナーの担当者が誰になるかは運。仲の良さもセミナーによる。
    • 就職・進学
      小平キャンパスの就職状況が大変よいので、総合政策学部の方も期待ができると言われている。教職課程はないので、教員になる者はいないと思われる。
    • アクセス・立地
      アクセスはかなりよい。特に、千駄ヶ谷駅からは目と鼻の先。近隣にはおしゃれスポットも多いが、間違いなく多忙になるので、遊びに行くことは期待しない方がよい。それでも空きコマが続いた場合などはカフェ等で過ごすこともできるが、如何せん課題が多いので毎週は厳しい。
    • 施設・設備
      小平キャンパスの方が施設が充実している。防犯設備は千駄ヶ谷キャンパスの方がしっかりしているので、安心できる。24時間有人警備は鉄壁の守りだと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      グループで行動する学生が大多数。一人で過ごすよりも誰かと過ごす方がいいという者が大多数。講義中の座席も仲良しグループで固まったりしている。恋愛に関しては、自ら出会いを求めて行動すれば結果が得られるかもしれない。受け身ではだめ。
    • 学生生活
      まだ新興のキャンパスなので、サークル活動や行事等うまく運営できていない部分も多い。だが、リーダーシップを発揮する学生はいるので、これからもっと充実したキャンパスライフが送れるようになると思う。新入生でもサークルやキャンパス祭実行委員会の立ち上げなどに携わることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年次は幅広く学ぶ。3年次から政治・経済・情報系・福祉の分野にそれぞれ分れる。国際的な視野で学ぶというよりは日本国内のことを詳しく学修する。卒業論文という名前ではないが、それらしきものはある。
    投稿者ID:412606
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中5人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    学芸学部 国際関係学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      勉強をしたい人にとっては最高の環境だと思います。自分が追求した分相応のものが得られます。ただ他の大学と比べると授業やゼミ等は全然緩くないので、もし緩さを求めるのであればおすすめしません。そして、立地も大して良くなく都心に出るのに時間がかかるため、今後インターンシップや就職活動をするには不便です。
    • 講義・授業
      その学年によって講義での雰囲気や頑張り度が異なります。学年の雰囲気は、民度が低い学年もあれば積極的に意見を言う学年もあるため、一概には言えないです。3年で全休をつくるために1,2年で授業をたくさんとる人が多いです。他の大学と比べると圧倒的に授業数は多いと思ったほうがいいかもしれません。フルコマはあって当たり前です。
    • 研究室・ゼミ
      1年次からゼミなるものがあることが他の大学と比べて良いポイントでしょう。1年次は基礎セミナー(学籍番号で自動的に割り振られます)、2年次は洋書購読のセミナー(自分で選びます)を経て、3,4年次には自分が論文を書きたいと思うテーマに沿う先生のゼミに入ります。ゼミの説明会が昼休みに行われますが、各先生方がお話して下さります。
    • 就職・進学
      大学は総合職をすすめているため、総合職を狙う人が多いです。私は就職活動のことも考えて、体育会の部活動に入りました。そうすると、インカレ先(ほとんどは一橋大学)の先輩のお話を聞いたりOBOG訪問することができたり、とお得なことがあるかもしれません。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は鷹の台です。国分寺から西武国分寺線に乗って2駅です。中央線沿いに住んでる人は比較的アクセスは悪くないと思いますが、それ以外の方は乗り換えが多くなり、少々面倒かもしれません。駅から徒歩10分程で、道中は銀杏臭かったり、蜘蛛の巣があちこちにあったり、木が生い茂っていたりと、上京してきた人は本当にここが東京なのか疑うほどでした。買い物には国分寺や立川、吉祥寺を利用する人が多いです。
    • 施設・設備
      校舎が良い意味で趣きがあると言えますが、古いです。南校舎ではパソコンで無料で印刷することができます。また、食堂の上の2階では、部活動やサークルにはよりますがそれぞれの部室があるので、そこで音楽系のサークルが練習していたり、話し合いをしていたり、荷物置きにしていたりします。昼休みになると食堂はすごく混むので、ほとんど使えないと思ったほうがいいです。試験前も図書館より食堂で勉強する人が多いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      ほとんどの部活動やサークルは、一橋大学とインカレなので、そこで出会って、恋愛に発展することが多いです。
    • 学生生活
      部活動やサークルはそこそこあるほうだと思います。津田塾大学の学生は国際協力に関心がある人が多いので、国際協力系のサークルがいくつかあります。津田塾大学の学祭、通称塾祭は、肝心の学生がこぞって旅行に行くほど、自分たちの学祭には出ません。学外では、1,2年生からインターンシップに参加する人が割といます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎科目が中心です。英語が週4コマ、第二言語の授業が週2コマあるので、他の大学と比べると重いです。2年次は専門科目が増えます。英語と第二言語の授業数は変わりません。3年次は2年次と大きな違いはありませんが、本格的なゼミに入るのと、英語か第二言語の授業どちらかを選べます。4年次はきちんと単位を取得できていれば、ゼミしかない人もいます。国際関係学科は必ず卒論を書きます。
    投稿者ID:413119
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

231件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  津田塾大学   >>  口コミ

津田塾大学の学部

オススメの大学

埼玉医科大学
埼玉医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.72 (32件)
埼玉県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.88 (32件)
栃木県/私立
酪農学園大学
酪農学園大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.82 (126件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。