みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  工学院大学   >>  工学部   >>  応用化学科   >>  口コミ

工学院大学
工学院大学
(こうがくいんだいがく)

私立東京都/都庁前駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.68

(263)

工学部 応用化学科 口コミ

★★★☆☆ 3.42
(12) 私立大学 3295 / 3582学科中
学部絞込
121-10件を表示
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      将来役に立つ授業が少ないよーに感じます。その場だけの知識になってしまう。もっとプラスになる授業をするべき
    • 講義・授業
      普通
      食品衛生管理者の資格がとれる、専攻を選ぶことができる、研究室の選択肢がひろい
    • 就職・進学
      悪い
      基本的に自分から動かないとなにもしてくれない、有名大学のほうが推薦がたくさんあるとおもう
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は八王子駅ですが、駅からバスで20分以上かかるためアクセスが悪い
    • 施設・設備
      悪い
      夏は冷房がききすぎて寒く、冬は暖房がききすぎて寒いです。温度調整ができない
    • 友人・恋愛
      悪い
      基本的に男がおおい大学なので、恋愛関係は充実していないと思う。
    • 学生生活
      悪い
      先ほども書きましたが、男子が多いためそこまでサークルやイベントが充実していない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      二年までは、みんなほとんど同じ授業をうけ、三年からコース選択をする、四年は研究室配属
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      電気、電子系の技術職
    • 志望動機
      もともと化学に興味があって、化学について深く知りたいとおもったから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536100
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学校自体は新しくハード面では評価も高いですが、サークルやイベントが少ないためソフト面では学校内のみで完結させるのは厳しいかもしれません。
    • 講義・授業
      普通
      各分野の様々な教授が分かりやすく授業をしてくれます。質問も快く受け付けてくれるので勉学に励みたい人にとってはよい環境だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の種類が多く様々な分野に目を向けることができます。内申点のよい人は自由に選ぶことができますが、逆にあまりよくない人は研究室選びに苦労するかもしれません。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はとてもいいです。サポートも充実しており面接の練習や自己紹介文の書き方など1対1で丁寧に指導してくれます。
    • アクセス・立地
      普通
      八王子キャンパスは駅から遠く山の上にあるため交通の便や周辺環境は不便ですが、新宿キャンパスは駅からも近く都心のため充実しております。
    • 施設・設備
      良い
      学校内はとてもきれいでスタイリッシュなデザインが評価も高いです。工事が頻繁に行われ次々と新しい建物がたっています。
    • 友人・恋愛
      悪い
      女子学生が少ないため友達作りには向いていませんでした。また、他学部との交流も自ら進んで行わないと機会がありません。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは少なくイベントも学園祭程度しかありません。様々なイベントに自主的に参加すればそれなりに楽しめます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生、2年生のうちは八王子キャンパスでみっちり授業を行い単位をとっていないと、3年生に上がる段階での単位が足りず新宿キャンパスに行けなくなるので注意が必要です。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      製薬会社の品質管理職
    • 志望動機
      昔から化学に興味があり応用化学科に進みたいと思っていたし、いい教授がいると聞いていたからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534621
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年度入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      他の大学とも提携を結んでおり化学系の中では比較的いい環境で学ぶことができます。特に応用化学科は研究室の設備が充実しています。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅は中央線の八王子駅です。歩いて通う人はほとんどいません。手段として自転車とバスがありますが、バスの利用者の方が多いように感じます。ママチャリで30分程度、バスだと15分程度かかります。また、バスは片道288円です。
    • 施設・設備
      良い
      学内の施設は毎年のように建設されているためとてもきれいです。その施設もオリンピックのエンブレムのデザインを手掛けたこともある、工学院の卒業生がデザインしています。
    • 友人・恋愛
      普通
      工学院大学はキャンパスが変わったりするためサークルや部活動もありますがあまり盛んではありません。大学は高校と違って人も多いしクラスでの行事がないため交流がとりにくいのは事実です。そのため、縦の繋がりを持つためには委員会活動などに、入ることがおすすめです。横の繋がりを持ちたい人は自らサークルを立ち上げることもできます。恋愛は人それぞれですが、4年生になって研究室に配属されてから付き合っている人も多く見られました。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      研究職
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:332532
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2012年度入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      他との比較はしたことはないが、普通だと思う。やる気さえあればそれなりに勉強をできるし、院への進学もできる。
    • 講義・授業
      普通
      基礎教養は選び方を楽さか興味かで変わると思う。
      専門は、基本的なところは抑えてあるのではないかとはと思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室は、つまるところその人の興味がある内容かと人間関係なので。
    • 就職・進学
      普通
      普通
    • アクセス・立地
      普通
      新宿は楽だけど八王子は駅から遠い
    • 施設・設備
      普通
      普通
    • 友人・恋愛
      普通
      自分次第。部活は大学が運動部とかあまり力を入れてないので頑張り方が色々と違いそう。
    • 学生生活
      普通
      学祭はどちらのキャンパスでもやっている。オープンキャンパスも同様。その他も時々、イベントを見かけるが学祭を含めて一部の人が楽しんでる印象がある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は化学、物理、数学等の基礎的なところをかなりのところから振り返る。分かっていれば面倒かもしれないが、振り返りとしては基礎を固めていると思う。一年次後半から二年次は基礎専門で有機、無機、物化、生化、分析と一通りあるのでこの辺で興味を絞れると後々にとって良いかと。三年次はコースごとで、医薬と応化と生化で分かれてたが研究室選びには関わりはない。四年次は研究室。
    • 就職先・進学先
      進学
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:387927
  • 女性在校生
    在校生 / 2012年度入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      化学を色々学ぶにはいい環境だと思います。授業はほぼ決められたものを履修しますが、学年があがれば授業の選択の幅が広がります。研究室の研究内容は多種多様です。
    • 講義・授業
      普通
      2年生まではほぼ決められたカリキュラムで授業を履修します。講義は教える教師によって内容のレベルや単位習得率は異なります。また授業によってはクラス分けがされますが、分け方は様々です。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究できるジャンルが幅広いので、何かしら興味のある研究を行うことができる。実験装置や研究室の充実さは所属する研究室によって異なる。配属は希望制であるが人気の研究室は成績順で決まる。
    • 就職・進学
      良い
      就職支援課が手厚く、様々なセミナーや講義が大学で行われる。また大学にくる企業からの求人票も多い。しかし、求人所属学科による。また、企業によっては学歴フィルターでふるい落とされるところもある。
    • アクセス・立地
      普通
      新宿キャンパスは地下道を通っていくことが可能なので、雨の日でも濡れることなく通学が可能である。しかし八王子キャンパスは八王子にあるうえに、八王子駅から遠いので通いにくい。
    • 施設・設備
      良い
      現在立建て替えが盛んに行われている。今後は新しい綺麗な建物で授業が受けられるであろう。大半は建て替えが進んでいいる。しかし研究室は配属先によって差がある。
    • 友人・恋愛
      良い
      入学後は交流会などの新入生向けのイベントがある。人間関係は人それぞれである。実験などでグループが組まれるので、友人を作る機会は授業内である。男女比が傾いているので、カップルはあまり学内ではみられない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学の基礎から、化学をベースにした様々な授業を受講することが可能である。
    • 所属研究室・ゼミ名
      触媒化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      触媒に関する研究を行っており、様々な触媒に関する研究テーマがある。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      化学を幅広く学びたいと考え、かつ入学可能な大学、学科であったから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東京個別
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:112413
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2011年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      やりたい勉強はできる 教授に着けば、たくさん学べる 理系なので勉強は難しいが特化してる授業ごおおいとおもう
    • 講義・授業
      良い
      分からないことがあればきける 専門的な授業がある 支援センターがある
    • 研究室・ゼミ
      普通
      忙しすぎる(実験で帰れない)
    • 就職・進学
      良い
      支援センターがあるため分からなければ教えてくれる 面接対策もある
    • アクセス・立地
      悪い
      八王子のキャンパスが駅から遠い 駅から無料バスがない 新宿から八王子に行くのがだるい
    • 施設・設備
      悪い
      実験施設が古い 建物が古い 建物が分かれているので授業で歩くのがだるい
    • 友人・恋愛
      悪い
      インキャが多い 理系の雰囲気がありすぎ 楽しい人たちが少ない
    • 学生生活
      悪い
      文系みたいに楽しくない インキャの集まり つまらない全てが。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は基礎 2年は応用 3年は選択(やりたいことを見つける 4年は研究
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      大手歯科メーカー
    • 志望動機
      行きたい研究室があった 自分が学びたいことを専門的にやってた
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:564947
  • 男性在校生
    在校生 / 2011年度入学
    2015年02月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      1年次から化学の基礎実験や、基礎科目について勉強します。1~3年次実験をきっちり行うので、基本的な操作については身につけられると思います。悪い点としては、実験が多くてレポートが大変であるというところです。
    • 講義・授業
      良い
      この大学では、3年次にコース選択ができます。3つのコースから選べるので、自分の学びたい分野で授業を選択できます。
    • アクセス・立地
      悪い
      新宿キャンパスは新宿駅から徒歩10分程度と近くてよいのだが、八王子キャンパスは八王子駅からバスで20分とかなり時間がかかる。新宿で大学生活のほとんどを過ごす情報系の学生はいいが、化学系はほとんど八王子通いなのでかなり不便である。
    • 施設・設備
      普通
      現在も校舎の新設を行っており、比較的きれいなところも多くあります。ただ、実験棟は古くからあるため、あまりきれいとはいえません。
    • 友人・恋愛
      普通
      実験ではペア・チームを組んで取り組むので、つくりやすいのではないかと思います。恋愛についてはわかりません。
    • 部活・サークル
      普通
      部活やサークルの種類としては十分あると思います。学校の始まる時期に部活紹介もあるので見てみるといいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学について基礎知識から基礎技術まで学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      食品化学工学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      食品や植物について研究することができます。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 志望動機
      昔から化学が好きで、さらに大学で化学を学びたいと思ったから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら面接の練習を繰り返していました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:83731
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2010年度入学
    2015年09月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分の意欲次第でいくらでも学ぶことができる環境です。面倒見の良い先生が多く、こちらが積極的に質問すれば熱心に指導して下さいます。また、理工系大学なのでどうしても女子が少ない環境ですが、女子学生に対するサポート体制はしっかりと整っているので安心です。
      しかし、八王子キャンパスへのアクセスが良くないので通学が少し大変です。
    • 講義・授業
      良い
      専門科目は総じて面白い講義が多いです。評価が厳しい先生やユーモアに富んだ先生と、様々です。しかし、学生同士で討論する授業は少ないです。また、人によっては教養科目系の授業に物足りなさを感じるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      どの研究室もコアタイムを設定して、日中は研究活動に励んでいます。工学院大学は学会に出る学生に対して参加費や交通費を援助する制度が整っているので、人によっては4年生のうちに学会で発表します。
    • 就職・進学
      普通
      化学系メーカーに技術職として就職する人が多いです。化学をあまり使わない機械系メーカーに就職する人もいますし、メーカーの営業職に就職する人もいます。教員、公務員といった道を選択する人も一定数います。
    • アクセス・立地
      良い
      新宿キャンパスへのアクセスは抜群です。新宿駅西口地下通路直結であり、悪天候の日であっても安心です。八王子キャンパスへのアクセスは、八王子駅からバスで20分なのであまり良いとは言えません。また、両キャンパスは学校専用シャトルバスで結ばれています。
    • 施設・設備
      良い
      新宿キャンパス、八王子キャンパス共に綺麗で充実した設備が整っています。特に八王子キャンパスは最近次々と古い校舎を立て替えているので、とても過ごしやすくなっています。
    • 友人・恋愛
      普通
      応用化学科は、男女関係なく気軽に交流する人がほとんどです。実験実習は2~4人のグループで行うので、それをきっかけに仲良くなる事も多いそうです。また、サークルや部活動を通じて他学科の人と積極的に交流する人も多いです。
      恋愛に関しては、人それぞれです。学内恋愛している人もいれば、学外の人とお付き合いしている人もいますし、恋愛せずに他の事に打ち込む人もいます。
    • 部活・サークル
      良い
      授業の合間を上手く縫って活動している人が多いです。各部活動ともに活発ですが、特にソーラーカープロジェクトなどの理工系ならではのサークルが有名です。
    • イベント
      普通
      理工系大学の特色を生かした、子供向けの科学教室が有名です。学生と教職員が一体となって取り組むサイエンスイベントです。
      文化祭や体育祭などのイベントは、総合大学と比べると小規模です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      材料、食品、触媒などを扱いながら、応用化学という化学の観点から見たものづくりについて学びます。高校で学んだ理科、数学、英語を土台としています。
    • 所属研究室・ゼミ名
      機能性高分子研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      プラスチックなどの有機高分子材料の開発や機能解析について研究する。週1回のゼミでは、英語で書かれた高分子科学のテキストを輪読しながら、高分子科学を学ぶ。
    • 面白かった講義名
      食品化学
    • 面白かった講義の概要
      パンや麺類といった、小麦粉が深く関係する食品の化学的な事を学ぶ授業。食品添加物などの食の安全性に関わる事も扱う。この講義内容を身に付けることで、世の中にあふれる食に関する誤った知識に惑わされることは無くなる。食べる事が好きな人や将来食品業界に入りたい人は特におすすめ。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      工学院大学大学院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      その研究室で学びたい事があったから。
    • 志望動機
      化学の観点から見たものづくりを学びたかったから。
    • 現役or浪人生
      現役
    • 利用した入試形式
      一般入試(A日程)
    • どのような入試対策をしていたか
      参考書などを中心に、教科書レベルの基礎学力固めを行っていた。分からないところは高校の先生に質問して解決していた。(予備校に通っていなかったので)その後、過去問絵演習を行い、出題傾向を頭に入れた。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:131425
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2009年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学生生活を振り返ってみると楽しかったし周りにも恵まれたほうである。ただなぁなぁですごしていても他の理系大学とくらべて特出するものはないと思ったので3にした。
    • 講義・授業
      良い
      共通文化科目で選択して何単位かとらなければいけないものがあるのだが、自分の好みの授業があった。応用科学化だったが必履修においての生物化学系、無機化学系の2つのコースで別れるため学びたいものを学べたと思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      大学4年から研究室にはいる。研究室では大学院生がサポートしてくれるため特に技術面で困ったことはなかったが使用できるPCや機材の数に限りがありもめたことはある。
    • 就職・進学
      普通
      学院の就職支援を受けていなかったが回りに受けてる人はたくさんいた。教授コネで決まった人もいるがそれは研究室または教授によってあったりなかったりするため結局のところどう自発的に活動するかによると思う
    • アクセス・立地
      悪い
      3年生のときは新宿駅から歩いて数分の立地がいい場所だった。しかし124年は八王子でバスで20分ほど。朝長だのバスの列ができ乗りたい時間のバスに乗れないときもある(特に雨の日)
    • 施設・設備
      良い
      新宿キャンパスは縦に長く、八王子キャンパスは敷地が広い。その分建物や設備が充実しているし。図書館の資料も必要な分はそろっている。
    • 友人・恋愛
      良い
      自分はそうではなかったが縦の繋がりを作っておくと強い。もしくは縦のつながりがある友達を作っておくと強い。とゆうのも一年に週4つの授業でレポートを出さなければいけないので過去レポや助言をもらえるつながりを作っておくとよい
    • 学生生活
      良い
      振り返ってみると楽しい大学生活だったと思うし30歳近くになるがいまだに仲良くしてくれる友達もできたし、モノの見かたについても変わったターニングポイントだったなと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次はおおざっぱに化学とは学ぶ。高校の授業の延長戦のようなもの二年次はもう少し踏み込んで自分が何について学びたいのか考える三年次は二つのコースに分かれて専門的な授業を学ぶ四年次は研究室に所属し与えられたテーマについて研究
    • 利用した入試形式
      広告業者(事務+軽作業)
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:413698
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2009年度入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    工学部応用化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強に打ち込める環境があるし、資格も頑張れば沢山とれる。理科や数学の教員になりたい人にはいい大学だと思います。中学・高校の教員免許が取得できます。
    • 講義・授業
      良い
      八王子のキャンパスは山の中にあるので周りにほとんど何もありません。新宿の方は沢山お店があるので空き時間においしいランチを食べに行ったりできます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室によってまちまちなので配属される前にきちんと自分で下調べが必要。成績順で配属されるので人気の研究室は倍率が高い。選びたいのであれば普段からいい成績を取得することが必要。
    • 就職・進学
      良い
      研究室によっては推薦制度があるらしい。ほとんどが自分で頑張るしかないので自分次第。ただ、卒業論文の作成もあるので後半からは就活にシビアになってくる。
    • アクセス・立地
      良い
      新宿キャンパスは西口を出て地下道を歩けばそのまま行けるので便利。八王子キャンパスはバスで20分かかるし、今はどうなったかわからないが、工学院高校の生徒も同じバスを利用していた。雨の日はすごい行列ができて大分時間がかかってしまう。
    • 施設・設備
      良い
      きれいな施設で空調も整っている。私立ならではの広くてきれいなキャンパスである。座席も十分な数用意されている。ただ、テスト期間中は図書館が満席状態で使用できないこともある。
    • 友人・恋愛
      良い
      男性がほとんどなので学科によっては女性が1人でさみしい場合もまれにある。化学系と建築系は比較的女子が多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎実験があり、レポートの書き方から指導される。2年次は実験が専門的になってくるのでの分野が選べる。3年次は新宿キャンパスに行き、コース選択をしてコースにより授業を選択する。研究室の希望を何度かとる。4年次は書く研究室に配属される。
    • 所属研究室・ゼミ名
      細胞工学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      細胞を扱ったり、ゲルをつかった電気泳動等の研究が盛ん。毎週決まった曜日にゼミがあり、発表がある。教授は忙しくほとんど不在だが、院生や準教授が教えてくれる。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      化学が得意で将来理系の仕事もしくは教員になりたかったので、その資格が得られ、理系の仕事に就ける可能性があるので志望した。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      化学を徹底的に勉強しました。理論化学、無機化学、有機化学とどれもまんべんなく出題される為、全体的に学習しておく必要がある。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:182250
121-10件を表示
学部絞込

工学院大学のことが気になったら!

基本情報

所在地/
アクセス
電話番号 03-3342-1211
学部 工学部先進工学部情報学部建築学部

工学院大学のことが気になったら!

この大学のコンテンツ一覧

このページの口コミについて

このページでは、工学院大学の口コミを表示しています。
工学院大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  工学院大学   >>  工学部   >>  応用化学科   >>  口コミ

偏差値が近い首都圏の私立理系大学

法政大学

法政大学

52.5 - 62.5

★★★★☆ 3.91 (2378件)
東京都千代田区/JR中央・総武線 市ケ谷
明治大学

明治大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 4.03 (2944件)
東京都千代田区/JR中央線(快速) 御茶ノ水
芝浦工業大学

芝浦工業大学

47.5 - 57.5

★★★★☆ 3.95 (406件)
東京都港区/JR山手線 田町
日本大学

日本大学

BF - 65.0

★★★★☆ 3.73 (3877件)
東京都千代田区/JR中央・総武線 市ケ谷
学習院大学

学習院大学

52.5 - 57.5

★★★★☆ 4.11 (840件)
東京都豊島区/JR山手線 目白

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。