みんなの大学情報TOP   >>  福島県の大学   >>  いわき明星大学   >>  口コミ

いわき明星大学
出典:Ozilla
いわき明星大学
(いわきめいせいだいがく)

福島県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 37.5

口コミ:

3.31

(26)

いわき明星大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★☆☆ 3.31
(26) 私立内477 / 553校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

26件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    教養学部 地域教養学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      英語の学習が好き、または英語をたくさん勉強し教職を取りたい人にはためになる学校だと思います。また、公務員を目指している人や心理関係に進みたい人にもオススメです。サークル活動含め様々な経験を積むことができると思います。
    • アクセス・立地
      地元の人には電車とバス通学なので、少し大変な部分もあるかもしれないが、大学の近くは住宅が豊富にあるので一人暮らしなどをすると通学しやすいと思う。
    • 施設・設備
      薬学部や看護学部の施設はとても綺麗である。薬学部と看護学部は棟が一つずつあり、とても過ごしやすい環境であると思う。教養学部においては、講義をする場所は毎回異なることが多いが施設は比較的綺麗であると思う。キャンパス内も年々よくなり、学食のクオリティもあがっている。図書館の書籍も豊富であり、施設も大きく学習スペースも豊富なのでとても学習しやすい環境だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      先輩や後輩に関わらず、教授や職員さんなどと距離が近いため悩みをすぐ相談することができるなど様々な利点がある。
    • 学生生活
      いわきならではのサークルも多数存在している。部活動以外にも、愛好会、同好会など多くのサークルが存在している。
    投稿者ID:336337
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年01月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      合格率は高いが留年(足切り)の量を考えるとおすすめはできない。ストレートで入学者の1/4が卒業できるかどうかというところ。試験日程はくるくる変わり、試験の解答も見れない場合があります。創立時の教員が定年等で入れ替わり昨年と比べただけで授業の質も大幅に落ちている。自分で勉強ができ、経済的時間的余裕がある人にはおすすめ。
    • 講義・授業
      教員の入れ替わりにより授業の質は確実に落ちていっている。
    • 研究室・ゼミ
      臨床系の教員が多いのはいいと思う。
    • 就職・進学
      あまり充実しているとは言えない。
    • アクセス・立地
      駅から遠く周辺の賃貸物件も高い。
      車がなければ生活しにくい。
    • 施設・設備
      設備新しく綺麗だが施設管理費はそこそこ高い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      様々な環境から人が集まってるが高校の延長気分の人が多い。
      人間は良くも悪くも周りに流されてしまうので自分の軸をもっている人じゃないと厳しいと思う。
      サークルも活発ではないし出会いも少なめ。
      コミュニケーション研修で友達ができなかったらそのまま孤立する感じ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、高校の復習
      2~3年次、専門的内容
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中退後、イベント会社に就職
    投稿者ID:286783
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016年10月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      レベルは正直いって低いというか低すぎる。厳選されるので留年率も高い。厳選してこくしのごうかくりつをあげている。
    • 講義・授業
      レベルは高くない。高校生レベル。様々な教授や学外から集めた特別講師がいる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは適当。四年ぐらいから始まる。というか全部必修。
    • 就職・進学
      情報操作を行って国試の合格率を上げているようだ。
    • アクセス・立地
      緑に囲まれている。周りに商業施設などなし。歩いて行っている。
    • 施設・設備
      学内の施設は比較的新しく、とうないに食堂や生協が設置してあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に所属すると趣味を共有できる友人がたくさんできます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      どこでも同じような感じ。とりあえず薬について勉強するだけ。
    投稿者ID:259960
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 地域教養学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      言葉や諸外国の知識を学びたい学生にオススメです。教授もユニークな方から律儀な方まで沢山いらっしゃるので面白い外国の話や、日本の昔話や、方言、あとは教員になりたい方にもオススメできます。就職の時もキャンパス職員の方が親身になって相談に乗ってくれますので、就職の不安も払拭しました。
    • 講義・授業
      講義は多岐に渡っています。教員免許は勿論、図書館司書など資格や免許よ幅も広くとることができます。自分自身が興味ある資格はどんどんカリキュラムを組んで取得することができます。ただ、カリキュラムに制限があるので、場合によっては何個も資格が取れない場合もあります。先生も専門の方から非常勤講師まで幅が広いですし、地方から来てる先生もいるのでここでしか学べないことやお話が聞けます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに関しては一年目からあります。ただ、一年目はゼミってどんなものかな?というお試し期間です。本格的にスタートするのは、3年目からになります。2年から3年に上がる時にゼミをハッキリ決めることができます。そのゼミ決定の時はゼミの先生方が学生にむかって改めて各ゼミの内容について説明してくれますし先生に直接疑問をぶつけられる時間もあります。また、ゼミによってなのですが一年に2.3回は発表会があるので自分の力試しができるし、みんなから意見ももらえるので有意義な時間を過ごせます。
    • 就職・進学
      進学実績は、正直にいうと70%くらいです。そこまで高いわけではないのですが大学の職員の方が親身になって相談の乗ってくれるし面接の練習もしてくれます。ただ、その職員の数も限られているので自力で頑張る方も多いのも事実です。
    • アクセス・立地
      いわき駅からは少し遠いですが、駅からバスがででますので楽々大学に来れます。所用時間は駅から20分くらいです。また、大学がある近くにドンキホーテがあるので買い物には不便しません。また高台にあるので景色が綺麗。春は学校の桜が咲くので気分が上がります。また、近くにセブンイレブンもあるのでアルバイトやちょっとした買い物もできます。
    • 施設・設備
      構内がとにかく広いし、綺麗です。薬学部と別館でいくつか館があるのですがどれも設備が充実してます。パソコン室も完備されてるので授業の空き時間で課題をやったり、ちょっとネットで調べものしたりすることができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に参加を是非してください。間違いなく自分の世界が広がりますし、社会人になるための基礎が学べます。それぞれ違う学科の人が来るので情報も広がります。そして人脈も広がります。
    • 学生生活
      私はアルバイトもやりながらサークルにも所属していました。アルバイトは学校の近くだったので授業の空き時間にバイトに行くことができましたし、友達の紹介でバイトしたりもしました。自分の学科だけでは友達がそこまで増えません。サークルや部活をやっている人の方が恋や授業も充実できるかと思います。サークルも入る所によってはそのまま就職につながったり、知識が役にたったりします。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目はまだ入学したてというのもあるので、いろいろな分野ごとにそれぞれの先生がいろはを教えてくれます。そして必修科目といって必ず受けなければいけない科目があるのですが、その科目は週ごとに先生が変わって分野ごとに学ぶことができます。2年目は1年の時に学んだ分野で何を専攻していくのかを決めていきます。2年目が一番履修科目が増えますので充実した授業内容です。3年目はいよいよ専攻科目を決めて卒論のテーマもしぼりながら進めていきます。4年目になると3年の時に決めた卒論テーマの肉付けを行います。4年目が一番授業数も少ないので資料作成、調査ができます。私は文学を専攻し、卒論テーマは児童文学でした。私のゼミでは卒論はA410枚以上であれば大丈夫でした。ただ、ゼミによっては調査を専門にレポートをまとめたりPCで提出だったりします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      本業界のち縁あって車業界
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もともと本が好きだったので、就職するときも本業界ろと考えていました。なので福利厚生を重視して会社選びをしました。あと社員の雰囲気や会社の雰囲気もよかったです。そしてその本業界つながりで今は未知の業界である車業界に飛び込みました。
    投稿者ID:288346
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    教養学部 地域教養学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学で勉強や遊びを両立したい人にはちょうどいいです。特にサークル活動が充実していて楽しいです。最高です。
    • 講義・授業
      先生はレベルが高い授業を展開してくれて勉強できています。良いと思います
    • 研究室・ゼミ
      様々は勉強種類のトピックを使ったゼミを展開してくれているので勉強できます
    • 就職・進学
      卒業生が頻繁に学校に来て就職についてのアドバイス分かれるので大丈夫です
    • アクセス・立地
      りょうからも近くて環境設備も最高なので全く問題ないです。ハエも少ないです
    • 施設・設備
      勉強をする環境が整ってるのでいつでも好きなとこで好きな時に勉強できます
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      性格のいい人が多いし、可愛いと女の子も多いのですばらしいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      今は教養学部なので文系理系問わずを学びたいものを学べます。楽しいです
    投稿者ID:204879
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016年04月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      偏差値が低いので不安に思われる学生もたくさんいると思います。
      私自身もそうでしたが、卒業し薬剤師になった今となってはとても良い大学だったと感じています。
      薬剤師になりたい!というモチベーションが高い方には、とても良い環境だと言い切れます。
      薬剤師国家試験合格率の高さが物語っていますね。
      それは、留年や卒業のハードルを高くして国家試験を受けさせないからじゃないの?と感じる方も多いと思います。それは、偏差値が低いため「親が薬剤師だから…」「薬学部に受かったからなんとなく…」といって、明確なビジョンを持たず入学し、一夜漬けの学習しかしないちゃらんぽらんな人も入学できてしまうためです。私からすれば、そんな人は留年させるのが優しさだと思っています。早めに気づいて他学部に転入できた方が、卒業して1200万の借金をこしらえてそれで薬剤師になれず、ただの人となって路頭に迷う方が絶望的ですからね。
      話はずれましたが、やる気のある人には天国ということは強調させてください。
    • 講義・授業
      【1年生】高校の復習ですね。
      偏差値が低いため、高校の勉強がおろそかな学生も入学します。そのため、土台から固めてそれから薬学の勉強に入っていきます。
      逆にいえば、高校生活を棒に振ってしまい大学生からやり直したい!という方にはとてもありがたいのかなと思います。
      【2?3年】ここでほとんどの薬学的知識を学びます。
      3年生の頃から薬ゼミの授業などが入っていき、国家試験を意識したものになっていきます。
      他の大学と比べるととても早い時期から薬ゼミの授業を受けることができます。
      【4年】OSCE、CBTに向けて、薬ゼミや実習を通して強化されます。
      【5年】薬局実習、病院実習
      5年の進級試験は、国家試験過去問からの問題を抽出し組み替えたテストでした。
      【6年】卒業研究・国家試験に向けて
      ここからほとんどの授業が薬ゼミが請負う形になっていきます。
      卒業試験が教授の研究分野からの出題・趣味問題、なんてことがなく、薬ゼミなどの模試が卒業試験となっています。
      模試を4回ほど受け、その総合した成績が国家試験のハードルである65%を超えていれば、卒業というわけです。
    • 研究室・ゼミ
      ここでも国家試験への意識の高さが感じられます。
      5年生から全員が一応研究室に配属にはなりますが、そこから研究組と学習組に別れます。
      というのも、研究なんてしている余裕がない・国家試験に間に合わないという方は、学習組に入ることができ、研究ではなく国家試験勉強をしていくことになります。
      研究組は、その研究室のテーマにあった研究をしていきます。
      研究組・学習組ともに、研究という枠組みの単位ですので最後に発表という試験があります。
      学習組は、簡単な論文を読んでもらいそれに関するポスターを作成してもらいます。
      研究組には、研究した内容をオーラルで発表してもらいます。
    • アクセス・立地
      駅から遠く、山の上なので大変。
      明星大学の周りにたくさんアパートがあるので、他県から来た方は特に困らないと思います。
      地元の方は車があれば困らないと思います。
    • 施設・設備
      とにかく綺麗でおしゃれですね。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他学部もあるので、部活に入ればそれは出会いも多いですね。
      ディスカッションする授業も多いので、話すきっかけも多いと思います。
      大学時代からお付き合いしている方がいますが、その方と結婚する予定です。
    学科に関するコメント
    • 学科の男女比
      5 : 5
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      金銭的な面から、地元から通える薬学部がいわき明星大学でした。
    • 現役or浪人
      現役
    投稿者ID:188503
    この口コミは参考になりましたか?

    13人中13人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    教養学部 地域教養学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      あまり高い学力や志がなくても、とりあえずキャンパスライフを始めてみたいという方には適していると思います。自身の興味・関心に沿って学びたい講義を進んで受けていればそれなりに知識・教養は身に付きます。当然ながら4年間をどのように過ごすかで進路も変わっていくと思います。
    • 講義・授業
      シラバスを見るとわかりますが、講義の内容は全般的に充実しており、教授の経歴も決して悪くありません。積極的に学ぶ姿勢があれば飽きずに90分間過ごせると思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミにどのようにメンバーが集まるかにもよりますが、雰囲気として研究意欲が高いゼミはあまり見当たらないような気がします。
    • 就職・進学
      企業側からの大学に対する評価がそれほど高いわけではないので、エントリーシートの段階でふるい落としにあうかもしれません。戦略的に就活を進めれば色々とチャンスはあるかと思います。
    • アクセス・立地
      車がないと不便です。高台にあるので津波などはこないと思いますが、食料品以外の買い物は本当に不便です。
    • 施設・設備
      研究機材やパソコンは多少古いものの特に不便を感じたことはありません。冷暖房も完備されており、学習環境は悪くないと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学にただ遊びに来てるような学生も散見されますので、そのような人たちとあまり関わらないようにしつつ、サークルや学内外の様々な活動に真面目に取り組めば楽しく過ごせると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      臨床心理や学習心理を中心に心理学の全体操をつかむような内容の講義を多く受けました。統計学や社会学など関連する科目も多く、網羅的なカリキュラムでした。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      家庭用品の卸売
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      出身大学や学部に関係なく、ある程度就職後の実力主義的な色が強かったため。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      不登校の児童・生徒の支援をしたいと当時は考えていたため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進ハイスクール
    • どのような入試対策をしていたか
      センターの過去問や市販の問題集を中心にまんべんなく対策していました。
    投稿者ID:191510
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    教養学部 地域教養学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来や就職はともかく、とりあえず大学生活を体験してみたいという希望には添える大学だと思います。真面目に勉強していれば良いこともあるでしょう。
    • 講義・授業
      基礎理論から実践的な臨床・実験の講義まで充実しているので、学ぶ意欲さえあればより多くの知識を得られると思います。
    • 研究室・ゼミ
      他のゼミ生が無気力であっても、自身に探究心があれば教授は真剣に巻きあってくれます。周りに流されなければ大丈夫です。
    • 就職・進学
      大学での専攻にこだわらず、地元志向であればある程度引き合いはあるかと思います。大手はなかなか厳しいのでなるべく現実を見るべきかと。
    • アクセス・立地
      利便性は高くありませんが、近くにスーパーがあるので食生活は安定するでしょう。車があったほうが何かと便利かとは思います。
    • 施設・設備
      施設は比較的新しいので不自由はありません。椅子の座り心地も問題なく、講義中よく眠っている学生もいます。夏は比較的涼しいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      あまり優秀な人材が集まっているわけではないので、関わる人はよく選んだ方が良いかもしれません。ハメを外して将来を台無しにしてはいけません。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      心理学の基礎を学び、二年次からはそれぞれ臨床や認知心理などを専攻します。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      小売業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      比較的経営基盤が安定していて遠方への転勤もなさそうだったので。
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      大学院に進めば臨床心理士の資格取得も可能と聞いたので。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      面接対策だけしていました。質問されそうなことを予想しておくと安心できます。
    投稿者ID:182319
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    教養学部 地域教養学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学科によってばらつきがある。 科学系は基本的に実習が多いらしく学科はあまり課題もなくほとんどの学生がバイトできる余裕があるらしいが、薬学は毎日講義が遅くまであり、レポートに追われてバイトをする時間に余裕がない。
    • 講義・授業
      先生によって一応同じ名目の授業でも内容、やり方が全然違うので、当たりはずれが正直あるので、時間割を決める際はよく先輩の話を聞いた方がいい。
    • 研究室・ゼミ
      私のいた心理学科はかなり特色があってコース分けがされていたので、自分で選べたので選択できてよかったが、中にはあまり選べない学科もあったらしい。
    • 就職・進学
      一応就職支援の部署?があって実際3年の時に利用したが、大まかな就活の流れなどは教えてもらえるが、実際求人募集の情報が少なく(地元企業くらいしかない)全然役に立たなかった。
    • アクセス・立地
      駅からは離れているが、バスがあるので移動はしやすい。車やバイクのある生徒は駐車場が広いので来やすい立地ではあると思う。
    • 施設・設備
      私がいたときは古かったが震災後にかなりリニューアルして全部ではないが綺麗になったので、今はわりといい環境だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1年の時は講義がそこまでないので遊べる。学科によって学年が上がるにつれて忙しくなるが、自分で超調整できる面が多いのでいいと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では心理学の基礎で、簡単な文献や歴史を学び、2年で実験をやって、3年で自分の研究したいテーマに沿ってゼミで研究していく感じ。
    • 所属研究室・ゼミ名
      山本ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      基本自由な内容だったので、私は性格診断を研究していた。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      大学院に行く予定だったので心理カウンセラーになりたいだった。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦だったので面接の練習ぐらいしかしていない
    投稿者ID:182745
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      施設が綺麗なのでこの学校に通うと清々しい気持ちになれます。特に図書館やお手洗いの設備が綺麗さが好きです。 また、他の大学に比べて、薬剤師国家試験に向けた対策が早めにとれると先生が仰っていました。薬剤師になりたいという思いが強い人には良い環境だと思います。私自身も薬剤師になるという目標に向かって、自分の時間と勉強の時間をうまく調整しつつ、のびのびとがんばろうと思います。
    • 講義・授業
      1年のときは、明らかに薬剤師になるための講義ではないだろうというような科目が必修だったので、勉強らしい勉強が好きな私にとってはつまらなかったです。2年生になると、そういった科目がなくなっていくので1年生のうちは耐えれば問題なさそうです。
    • 研究室・ゼミ
      研究やゼミにはまだ携わっていないため、良いか悪いかわかりません。ただ、チューターの先生が研究の話を持ちかけてくださったので、機会があれば早いうちから研究にも関われそうです。
    • 就職・進学
      東北では、この大学が薬剤師国家試験合格率が1位だと有名です。ただし、留年してる人や足切りにかかってしまう人を考えれば実際はどうなのかはよくわかりません。しかし、努力次第だと思います。試験対策の環境は整っていそうなので本人次第です。
    • アクセス・立地
      私は大学近辺のアパートに住んでいて、自転車で十分ほどで通っています。バスや電車で通うひと、車で通う人、様々です。
    • 施設・設備
      薬学棟や図書館、トイレなど、普段使うところの設備がとても綺麗です。こういった綺麗なところへ通えるのはとても嬉しいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      授業内でグループ活動多いので、交友関係を広げる機会はたくさんあるので困らないと思います。人によってその活動の楽しい楽しくはないは大きく偏りそうです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      授業内容は2年生で学習のための土台作りです。私は高校は理数科の出身なので、物理学や数学は高校での復習ほとんどでした。生物学はとっていなかったのでわからないですが、これも恐らく高校の内容とリンクしてると思います。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    入試に関するコメント
    • 学科志望動機
      中学生のころから薬剤師になることが目標だったから。 また、私の場合はスカラシップでの授業料免除のおかげで、国立大学でかかるお金と大きな差が無いため。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      東北大学薬学部を目指していたため、高いところを目標にして、勉強に励んでいました。
    投稿者ID:182845
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

26件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

福島県で評判が良い大学

福島県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  福島県の大学   >>  いわき明星大学   >>  口コミ

いわき明星大学の学部

教養学部
偏差値:BF
★★★★☆ 3.50 (20件)
薬学部
偏差値:35.0
★★★☆☆ 2.67 (6件)
【募集停止】科学技術部
偏差値:-
☆☆☆☆☆ - (0件)
看護学部
偏差値:37.5
☆☆☆☆☆ - (0件)

オススメの大学

旭川大学
旭川大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.29 (17件)
北海道/私立
北海道文教大学
北海道文教大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.57 (76件)
北海道/私立
日本赤十字北海道看護大学
日本赤十字北海道看護大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.94 (16件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。