みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北文化学園大学   >>  口コミ

東北文化学園大学
(とうほくぶんかがくえんだいがく)

宮城県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 35.0

口コミ:★★★★☆

3.76

(41)

東北文化学園大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.76
(41) 私立内250 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

41件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    医療福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 1]
    • 総合評価
      看護学科としての授業は充実しているし、先生方が優しく、生徒との距離が近い方が多いため、いろいろ相談しやすい環境にある。また、実習でさまざまな病院に行くため、病院の雰囲気を就職前に知ることができる。
    • 講義・授業
      課題の量はかなり多いと思うが、看護師として働くためにはある程度必要な課題のため、積極的に行う方が良い。いろんな教科から課題が出されるタイミングが重なることも多いため、自分でスケジュール管理をしてこまめに課題をこなしていく必要がある。
      単位や履修については、必修科目がほとんどのため、単位計算をする必要はないが、他の大学(他学部)のように、二年生でほとんど卒業必要単位が取れる、ということはなく、三年や四年でも授業がある。ちなみに、三年後期から四年前期は実習期間である。
      他学部との関わりはほとんどないが、専門職連携セミナーという選択授業が三年後期にあり、そこで医療関係職の人たちと連携し、課題に取り組むことでかなり仲良くなることができる。
    • 研究室・ゼミ
      卒論が三年後期(実習終了後)から始まり、それと同時にゼミが始まるため、それまではゼミとしての活動はない。ゼミの希望は三年の夏ごろにアンケートがあり、ゼミの決定は11月頃。選び方は、何の分野で卒業研究を行うかによる。自分の所属しているゼミは、週に一度必ず全員で集まり、それぞれの進捗状況報告や意見交換を行っているが、それ以外のゼミだとゼミ内での集まりはほとんどなく、個人で卒業研究を行っているところが多い。うちのゼミは毎回全員で集まるため、ゼミ生同士・先生方との仲も良くなり、飲み会なども定期的に開催されるため、とても楽しいゼミである。
    • 就職・進学
      就職については、看護師としての就職率は高いが、保健師として就職する人はあまりいない。また、進学する人も少ない。就職準備は二年生の夏ごろから声がけが始まり、三年の冬ごろから病院のインターンシップや合同説明会に参加し始める。就職センターがあり、面接練習などに付き合ってくれる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は国見駅で、駅から敷地内に入るには徒歩1分もかからない。国見駅は、仙台駅から電車で約15分程度なので、立地は良いと思われる。ただ、周りに店が少ないため、一人暮らしの人で国見周辺に住む人は少なく、北仙台や北山に住んでいる人が多い。北仙台は地下鉄も通っており、仙台駅まで電車で10分以内で行けるし、北仙台付近にかなりたくさん店があるため、買い物に困らないが、少し家賃が高め。北山は北仙台の隣であり、家賃が安いうえ、近くにヨークベニマルなどのスーパーやコンビニもあるため、北山に住んでいる人も多い。バイト先としては、住んでいるところの近くで働いている人もいるが、仙台駅付近や国分町などでバイトしている人も多い。遊びや飲みに行くところも、仙台駅付近や国分町が多い。
    • 施設・設備
      図書館は、一階が自習スペースで、二階がパソコンルームと自習スペースになっており、試験勉強の際に利用する人が多いが、食事やおしゃべり禁止である。イーサポという場所は、自習スペースでパソコンもあるが、どちらかというと友達と話ながら試験勉強する人にオススメである。厚生棟という学校のセブンイレブンの上にある場所も、生徒達の勉強スペースになっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、学科の人数が多いため、いろんな人と関わることができる。学科内で付き合っている人やサークル内で付き合っている人が多い。サークルはあまり活発ではない。
    • 学生生活
      サークルには所属していない。学外での活動としては、ボランティアグループに所属し、地域の祭りの手伝いなどを行っている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、一般教養である英語や生物などの授業や、看護の専門科目も基礎科目が多い。
      2年次は、ほとんど看護の専門科目になる。
      3年次の前期は、看護の専門科目で、後期からは実習が始まり、県内外さまざまな病院に行く。
      4年次の前期は、実習で、後期は少しの授業と国家試験対策がある。
      卒論は、三年後期から始め、早い人だと三年の3月に終わる人もいる。
    投稿者ID:430390
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医療福祉学部 看護学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校生活を振り返ると、やっぱり、看護学科であるので、この四年間実習、課題、の毎日と、高学年になると、実習、課題プラス卒論と就活など、やることが多くて本当に大変です。
      しかし、図書館やイーサポなどの勉強する環境の充実さ、先生たちの優しいなどのおかげで、設備としては充実してると思います。就職にかんしても、就職センターの方が熱心です。
    • 講義・授業
      履修の取り組みについては、1年生の時以外、選択科目はないので、きまった時間割を一生懸命こなすだけです。
      授業では、わかりやすい先生、わかりにくい先生の差がすごいです。効率悪い先生がいると、国試対策につながらないので本当に大変です。単位については、再試はありますが、全く同じ問題とは限らないので、再試で落とされることは簡単にあります、
    • 研究室・ゼミ
      卒論については、興味がある分野に行けた人はいいのですが、興味がない分野に行った人は、とても苦労しています。
      また、話が合わない先生だと、卒論はとても、進めるのに困ります。
    • 就職・進学
      就職率はいいとおもいます。先輩方の歴をみていると。
      就職センターのサポートがいいからだとおもいます。
      熱心に聞いてくれたり、必要な資料を印刷してくれたり熱心です。
    • アクセス・立地
      最寄駅は国見駅です。仙山線です。ちょっとしたことでも遅延するので困ります。
      国見の周りにはなんもないです。遊ぶところもありません。
      そのため仙台まで行って遊ぶ人が多いと思うおもいます。
      一人暮らしをするには、国見は不便なとこだとおもいます。
      なので、大学内にあるセブンが大活躍だと思います。
    • 施設・設備
      勉強をする環境は整ってます。図書館も土曜日あいていたり、本が充実していたり、生徒の希望で本をいれてくれたり、イーサポでは相談をしながら勉強できる環境だったり、プロジェクターを使えたりと充実してます。試験や課題など、勉強に対しての設備はいいと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学科で視点をあてると、どうしても女子が多い学科なのでとても色々あります。ですが、優しい人もたくさんいます。
      サークルなどの交流関係は大きいようです。
    • 学生生活
      わたしはサークルに所属してませんが、サークルなどに入ってる人はとてもいろんな人と交流できてます。
      大学のイベントは文化祭ぐらいですかね、クオリティーは低いです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護に必要なか技術、座学をします。
      とりあえず、全て看護につながることです。
      1年の時は、生物があったり、選択で化学があったりしました。
      とりあえず、簡単に単位を落とします、頑張らないと、頑張れば大丈夫だと思いますが、四年間 必死こいてやらないとやばいです。
      卒論は基本自分が興味のある分野から、選びます。
    投稿者ID:430202
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    科学技術学部 臨床工学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      国家試験の合格率も高いし、実習で使用できる機器も充実しており、新しい機種も導入されているので様々なタイプで練習できる。
      しかし、立地は仙台市内から少し遠く、周りに店も無く、学生のほとんどが利用する仙山線は年に数回は止まるので、山形から通学する場合は、バスでの帰り方も事前に知っておくと良いです。しかし、このバスも国見からは出ておらず、いったん仙台駅まで行かないと乗れないので、注意です。
    • 講義・授業
      プロジェクターでパワポの説明をひたすら口頭で説明する授業があり、いまいち頭に入って来ない。黒板などを使用して板書形式の授業にしてほしいと思う講義がある。
    • 研究室・ゼミ
      まだ、ゼミが始まっていないため、判断できる材料がないから。また、情報もほとんど無くよくわかっていないから。
    • 就職・進学
      東北での就職率はとても高く、安心できる。しかし、もし国家試験を落とした場合についての処置はどうなのか少し不安があるため。
    • アクセス・立地
      仙台市内から少し遠くて、周りに店もない。利用する仙山線も、山形仙台間が1時間に1本のため不便である。
    • 施設・設備
      実習専用の教室や、講義室があるためこまっていない。
      広くて、機器を使用しても十分な広さがあり、コンセントもあるので、便利である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校生活を送る上で必要な友好関係はあるので、困っていない。また、恋人の必要性も感じていないので、いないことで不便を感じていないからである。
    • 学生生活
      オープンキャンパス運営サークルに所属しており、定期的に参加している。内容てきにはボランティアに近いので充実している。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、人体などの医療科目や電気などの工学科目の基礎。2年次は、それぞれについて更に深く学び、加えて医療機器についての講義も出てきます。3年次は、より機器について実習も含めて学んでいきます。ゼミの準備も始まります。4年次は、病院実習、卒論、国家試験がメインになります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      透析関係の病院を考えています。
    投稿者ID:430762
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    医療福祉学部 保健福祉学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      福祉を学びたい人にとっては、先生方が親身になって指導してくださるので、非常に自身の成長に繋がります。自身が学びに対して積極的になればなるほど、先生方は応えてくれます。
    • 講義・授業
      講義は科目によって様々ですが、どれも先生方の工夫によってわかりやすく、丁寧に進めて下さるので、楽しみながら学びを得ることが出来ます。また、講義の終わったあとでも、疑問点などがあれば丁寧に対応してくれるのも、素晴らしいとおもいます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの特徴として、先生と生徒との距離が非常に近いというものがあります。その為、ゼミの中で学びたいこと、ゼミの仲間や先生との交流がやりやすいのです。気軽に通えて、深く関われる、バランスのとれたゼミ環境と言えると思います。
    • 就職・進学
      就職活動支援センターがあり、そこの職員の方が丁寧に対応してくれます。就職活動は何をすればいいのか、やりたい職種の探し方、履歴書の書き方など、しっかりと指導してくれますし、予約をすればマンツーマンでの丁寧な対応もしてくれます。本当に充実していると思います。
    • アクセス・立地
      学校の周りはのどかで静かな落ち着く環境です。さらに、学校の眼の前に駅があるので、そこから15分足らずで仙台駅に行けるので、仲間と遊びにいったり、食事をすることにはほとんど困りません。
    • 施設・設備
      キャンパスは大き過ぎず小さ過ぎずの丁度いいサイズの場所です。もちろん、図書館やコンピュータ室もしっかりと備わっていて、設備で不満に思うことはほとんどないと思われます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル活動や学園祭のメンバーに入ることによって、たくさんの人間関係を築けると思います。しかし、それには自身の積極性が必要不可欠なので、人によってはうまく人間関係を築けないという人もいるでしょう。しかし、少し勇気を出して関わろうとすれば、意外と簡単にコミュニティに溶け込めると思います。
    • 学生生活
      サークル活動は自身の積極性さえあればいくらでも充実させることの出来る柔軟性がありますし、大学の学園祭についても大いに盛り上がることができます。自由度の高い学校なので、自分なりに学校生活を楽しくカスタマイズ出来るのが魅力の一つであると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に福祉関係のことがメインになりますが、1年生の頃は、基礎的な学習も必須科目になります。(情報や国語、英語など。)2年から、本格的に福祉の様々な分野を学びます。目指す資格にもよりますが、社会福祉と精神保健のことを学ぶことができます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      介護職
    投稿者ID:415217
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医療福祉学部 保健福祉学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      先生方は真摯に生徒に向き合ってくれる。なかには面倒な先生もいるが、親しみやすい先生が多く、勉強面や進路等の相談もしやすい。駅が目の前にあるため、通学も楽。構内には専門学校があり、学生同士の交流の幅が広がる。
    • 講義・授業
      単位は比較的取りやすいが、説明が下手な先生もなかにはいるため、授業の内容を理解するのに苦労する講義もある。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選択には、自分が興味を持った専門分野を選ぶ人もいれば、先生の好みで選ぶ人もいる。自分の所属しているゼミでは、実際に現場で働く先輩方と触れ合う機会などが多くあり、将来自分がやりたいことはなんなのかをじっくり考えることができた。
    • 就職・進学
      進学率はいいと思う。就職活動のサポートとして専門の窓口があり、事務職員が気軽に相談に応じてくれる。面接や試験内容の傾向など、過去の実績をもとにアドバイスしてくれる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅が目の前にあるため、駅からは徒歩で通学可能。しかし、路線が単線のため、何かトラブルがあると長時間待たされる。快速は停まる。
    • 施設・設備
      会議室なども空いていれば自由に使用できるため、試験勉強をしたいときなど有効活用していた。図書館は意外と気が散る。教室の並びが独特のため、慣れるまでは軽く迷子になる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル活動を通して他学部、他学年の生徒との交流は深まる。自分の学科は特に恋愛が盛んで、話題が尽きない。
    • 学生生活
      サークルは復興を目的として設立された混声合唱団に入部した。震災のあった年に大船渡で行なった第九合唱では、スタンディングオベーションをいただき、とても感動したことは今でも忘れられない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は社会福祉の基礎的なことを学びます。そのため講義数も多く、少し大変かもしれませんが、自分が将来何をしたいか、何に興味があるか、様々な講義を通して見つける時期だと思います。1年次にしかない体育は息抜きにはもってこいでした。2年次は、ある程度自分の興味関心のある講義のみを選択していくようになります。ゼミの選択を2年次の後半に行います。3年次は専門のゼミに所属します。また、国家資格を目指している人は必須科目の単位を取っているか、落とした科目があれば3年次のうちに取得します。また、来年の実習先が決まります。分野は希望制ですが、場所は担当の先生が生徒の特徴などを考慮し決めているようです。基本的に県内での実習となります。4年次には実習が1ヶ月あります。国家試験を2つ受験する場合は2ヶ月となりますが、時期は実習先によります。また、同時期に就職活動、実習報告会、卒業論文があり、何かと忙しくなります。なお卒業論文は必須科目です。テーマは自由で、個人でやるかグループでやるかも自由です。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      病院のソーシャルワーカー
    投稿者ID:412438
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医療福祉学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生方が親身になって対応してくれるので勉学に励みやすい。近くに住むところもある。コンビニがあるけど日曜日や祝日は基本休業だし、スーパーも近くにはあまりないのでそこが不便だとは思う
    • 講義・授業
      臨床の映像を見せてくれるので考えやすいのではないかとおわれる。生徒に合わせて試験等を変更することもあるかもしれない
    • 研究室・ゼミ
      お茶菓子とかが出てきたりする。お忙しい先生が多く、出張等が入っていたりするので、用事かあるときは事前に連絡することは必至になると思われる
    • 就職・進学
      人によって進路は変わってくると思うが、自分で調べて、それから対応していくことも大事。先生も手伝ってくれるので、此方が真剣であることを伝えること
    • アクセス・立地
      駅から近く、仙台から通う人は楽。山形だと、愛子で終点のことが多いので、そこの時間には気を付けておくこと
    • 施設・設備
      食堂が、専門学校と隣接していることから、2ヵ所利用が可能で混雑していても大丈夫だと思う。値段も安い方。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      専門の科だと人数も少ないから団結さは出てくるのではないか、とは思う。連絡は伝わりやすいから友人にもなりやすい
    • 学生生活
      授業は専門科目が多いので、自然と必修科目で授業が埋まってく。ボランティアへの参加を募ったり、学会のお手伝いでお金が貰えることもある
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      座学がおおくてつまらないと感じるかも知れないが、後々に演習が多くなるのでその知識もきちんと学んでおくと、その演習が楽しくなると思う
    投稿者ID:411494
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    総合政策学部 総合政策学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      自分自身としては、良い先生たちと巡り会えたことによって、様々なことに興味を持つきっかけが多くあり、充実した学生生活を送ることができた。特に、海外に関心を持ち始めたことで、英語の勉強をし始め、海外研修、ホームステイなど、非常に素晴らしい貴重な経験をすることができた。しかし、学科全体としてはまだ、学生にとってのサポート体制が万全とは言えず、あまりやる気のない学生も目立ち、学生である特権を生かせずに特に何もせず卒業してしまった学生も多くいたと思うので、もったいないと思う。
    • 講義・授業
      教授によって全く異なった為。ただ難しい教科書を読み上げて、黒板に書き殴る教授もいれば、学生にも分かりやすく馴染みやすい内容に置き換えて、質問に答えさせたりする教授もいた。
    • 研究室・ゼミ
      一番興味のある研究内容と、一番好感の持てる教授が同じで、とても充実していた。内容はアメリカ研究で、現在のアメリカにおける経済問題などを分かりやすく例えたり、ゼミ生たち一人一人にも発言させることで、全員で研究を行っているという実感が持てた。
    • 就職・進学
      自分から行動を起こさなければ、サポート体制がいいとは言えなかった。就職する学生がほとんどではあったが、ずるずると内定が決まらずに卒業してしまう学生もいた。
    • アクセス・立地
      最寄駅から大学までは5分もかからないので、アクセスとしては悪くはなかった。しかし、周りは住宅地な為、飲食店や遊べるようなところはほぼなかった。
    • 施設・設備
      大学3年や4年で、学校へ行く日数が少なくなって来た頃に、トイレが広く改装されたり、学生の勉強スペースがあったり、何らかの講座を受けたりできる施設ができ始めた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は非常に良く、大勢で遊びに行ったり充実していた。しかし、学科内で何組かカップルができたり別れたりすると、どちらも友人だった為、多少トラブルがあったりもした。
    • 学生生活
      大学1年と2年の時に、ダンスサークルの活動で学園祭に出たが、学園祭前の練習以外はあまり行かなかった。3年と4年の時は、学科内の友人たちと露店を出した。アルバイトに関しては、4年間複数やっていて、学校とも両立できていた。3年生からは特に充実していたが、1年生の頃からもっと色んなことに興味を持ったり、挑戦してみていれば良かったと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済、法律、社会学、簿記などを様々な科目を学ぶことができます。1年生のうちは必修メインで、自分で好きな科目を選択することが少ないかもしれませんが、フランス語、ドイツ語、哲学、心理学、など選択科目が増えてきているので、その中で興味関心のある分野が見つかると思います。3年生からはゼミが必修となるので、そこで好きな分野の研究をしっかり行うことができます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      人材派遣業界の建設事業本部
    投稿者ID:410283
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医療福祉学部 リハビリテーション学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      専攻ごとに違うが、私の勉強していた専攻は機器も充実していたし、学校内も綺麗だった先生の部屋が近くにあるのですぐに質問もでき、先生との距離も近いように感じた
    • 講義・授業
      分からないことをすぐ聴ける環境先生との距離が近いのでなんでも気軽に質問できた自分の専門分野以外の勉強も出来て、よかった
    • 研究室・ゼミ
      研究室によって様々自分の興味を持ったことを研究できる先生によって良いか悪いかはちがう色々選べるとよかった
    • 就職・進学
      進路センターがあり、専攻ごとに担当の職員が着くのでその人に聞けば大体の情報をおしえてくれる専攻によって様々
    • アクセス・立地
      仙山線が止まりやすく、車通学がダメなので台風などあるとどうやって通えば良いかわからない。バスもあまりない
    • 施設・設備
      比較的新しい学校なので綺麗エレベーターも至る所にあるのでよい専攻ごとによって違う建物を使うので静かで勉強しやすい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルも沢山あるし、学部も様島な種類があるのでたくさんの人と関わることができる。サークルでも、たくさんの友達ができたのでよかっま
    • 学生生活
      文化祭やサークルも多くの人と関わることが出来るので友達がいっぱい出来るアルバイトもほとんどの人がやっているし、学校の清掃などのアルバイトもあるのでいいと思った
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は、基礎的なことがおおく、英語の他に韓国語や中国語を学べる2年生は、専門的な事の基礎の他に1年生に引き続き統計や保険についても学べる3.4年生は主に専門的な事を集中して学び、2回の臨地実習などもある
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大学病院などの大きな病院から個人医院のような小規模の病院への就職が様々ある
    投稿者ID:414535
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医療福祉学部 リハビリテーション学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      土日を使うことが多い。1度に覚える内容が多すぎて逆に手に付かずに終わってしまう。本当にやる必要があるのかわからないような必修科目がある。部屋が狭い。黒板の字が見えない。
    • 講義・授業
      授業中におしゃべりしている人がいて集中できないことがある。また先生が黒板に書いている字が小さすぎて見えない。スライドを使った授業ばかりで見ていて飽きるしすぐに眠くなるのでもうちょっと工夫してほしい。
    • 研究室・ゼミ
      先輩が教えてくれる実習授業があるが、先輩が真面目にやってくれないので正直やる意味がないと思う。しかも雰囲気もかなり悪いので楽しくない。最初から先生に教えて貰った方がかなり効率的。
    • 就職・進学
      パンフレットだけを見れば就職率がかなりいいが、入学式の日の保護者会になって、80人いるはずの学生が実際の卒業生は50人しかいないことが分かった。勉強できない人は切り捨てられてると思う。
    • アクセス・立地
      駅が近いので歩いて1分ほどで行ける。しかしその最寄り駅周辺には民家などしかなく、空きコマで遊ぼうと思っても何もないのが残念。あったとしてもかなり小さい公園だけ。
    • 施設・設備
      実習をする部屋はかなり整備されていると思う。ただ、講義室は狭目でぎゅうぎゅうにならないと全員入れない。また図書館もテスト前だと座席がなくなっていることがある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      かなりグループが割れている。四月に比べて絡む人が変わっている人が多数。女子はハッキリと言って仲良くないと思う。先輩の学年もかなり仲悪いのが見ていて伝わる。
    • 学生生活
      サークルなどは入っていないからわからないが、学祭の内容がつまらなすぎる。もっと仮装などをして楽しみたいがそれができない。また授業後のイベントとかは正直疲れるからいらない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次から必修科目が多い。なんと言っても解剖学が大変でみんな苦労している。一年次後期になれば専門的な内容も入ってくる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      スポーツジムなどでリハビリを行いたい。
    投稿者ID:407055
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    医療福祉学部 保健福祉学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      開かれた勉強が出来る分、メモなしでは行動出来ないくらい歩きます。美人な子が入るくらい、服やメイクが出来てる子が多かったです。福祉が充実していて、ボランティアサークル、手話サークルがあります。福祉の資格、運動の資格、心理士の資格が取得出来ます。私は水泳、筋トレの単位を取る事がありましたが、前の自分より、体が劣化していて驚きましたが、運動して単位取ってた頃は痩せました。それが嬉しかったです。水泳法もマスターできました。
      福祉は車椅子、福祉器具での実習をします。私の担当した教授は、頭が良くなることを見込んで私が希望しました。最初コネがない私が卒業したいと思って入りました。
      先生たちには内緒にしてましたが、在宅勤務者になる事を望んでいましたので、卒業して終わりました。少しの間、家で仕事を探していました。細いと職幅が広がります。美人な足になりたいので、仕事にも活かせる美容痩身マッサージ講座で勉強中です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      在宅勤務
    投稿者ID:383246
    この口コミは参考になりましたか?
41件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

宮城県で評判が良い大学

宮城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北文化学園大学   >>  口コミ

東北文化学園大学の学部

オススメの大学

秋田看護福祉大学
秋田看護福祉大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.16 (19件)
秋田県/私立
東北工業大学
東北工業大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.48 (58件)
宮城県/私立
日本赤十字北海道看護大学
日本赤十字北海道看護大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (25件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。