みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  農食環境学群   >>  口コミ

酪農学園大学
出典:ダブルで
酪農学園大学
(らくのうがくえんだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 55.0

口コミ:★★★★☆

3.77

(181)

農食環境学群 口コミ

★★★★☆ 3.81
(99) 私立大学 575 / 1615学部中
学部絞込
1051-10件を表示
  • 女性在校生
    農食環境学群 食と健康学類 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    農食環境学群食と健康学類の評価
    • 総合評価
      普通
      総合的には、循環の方はかなりいい環境だと思います。 食と健康もしっかりとした施設などはありますが、個々の意識が低いのでなんとも言えません。
    • 講義・授業
      普通
      健土健民入門実習はとてもよい。講義は先生による。環境はよい。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      一・二年生は、自動的に振り分けられたゼミです。友達は基本できます。最初の心配はありません。
    • 就職・進学
      良い
      就職活動サポートはとてもいいかなと。ツテも多いですからね。あとは本人の意思かな
    • アクセス・立地
      悪い
      アクセスは悪いですね。 新札幌から構内を通るバスはありますが、本数も少ないですし、駅からも遠いです。 仕方が大きいから仕方ないですが。
    • 施設・設備
      良い
      設備に関しては充実してます。さすがです。酪農学園大のすごいとこです。
    • 友人・恋愛
      普通
      交友関係、恋愛関係は様々です。サークル内や、ゼミ内で仲良くなったりします。よさこいサークルだけは入らない方が自分のためだと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルは多い?普通?なのだと思います、 イベントも普通ですね。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年2年はひたすら一般的な科目です。あまり特別なものはありませんが、理系が苦手な人は大変かなと思います。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      学校に魅力を感じたからです。自分が普段関わらないことができるかなと思って。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:571671
  • 女性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    農食環境学群環境共生学類の評価
    • 総合評価
      良い
      雪の日は大変だが、広大なキャンパスでのびのびと勉学に励むことが出来る、研究室では、大学のお金で食品製造から食べることまで出来るゼミがある。牛を育てたり、犬のお世話が出来る。就職サポートもしっかりしている。
    • 講義・授業
      良い
      一年のうちは基盤教育科目を履修し、二年以降から実習や専門科目が多くなり、自分の選んだコースをより深く勉強できる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分の研究したいことがあるゼミ室が必ず見つかると思う。成績順で配属されたりするから勉強重要である。
    • 就職・進学
      普通
      キャリアセンターという就職に役立つことや面接練習をしてくれるスペースがありよい。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄駅からは徒歩で行けるが、門に入ってからも何分か歩く。自転車でキャンパス内を移動するのがおすすめ。
    • 施設・設備
      普通
      動物病院、製造実験室、犬を世話するスペースなどが充実している。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルが豊富であり、他の大学との交流もある。他の学類の人とも仲良くなるきっかけがある。
    • 学生生活
      良い
      サークルは豊富で、他のサークルとの交流もあり楽しい。広大なキャンパスを利用してサークルを行っている。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      人間の生活になくてはならない環境。その環境を学び人間のみならず地球上の生物へ貢献できる人材を育成すると思う。そこが重要だと思う。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      狩猟に興味があったから。他に外国との交流も盛んで、海外に行けるから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:566742
  • 女性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    農食環境学群環境共生学類の評価
    • 総合評価
      良い
      自然と動物が好きな方はこの学部がぴったりだと思います。一年生のうちは基礎科目がほとんどですが、二年生から野外実習があります。資格をとるときにサポートもしてくれます。
    • 講義・授業
      良い
      高校の復習をしっかりして授業を受ければついていけると思います。解らないところはメールや学習支援室という所で教えてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      三年の時からゼミが始まり、成績が良いと好きなゼミや倍率が高いゼミに入りやすいです。野生動物や、環境に関するゼミなど多彩です。
    • 就職・進学
      良い
      就職活動のサポートを大学で行っています。様々な企業から募集が来て、掲示板に詳しく載せています。就職活動のマナーやメイク講座もあります。
    • アクセス・立地
      良い
      駅からは徒歩20分くらいで大学の中心には着きますが、校内が広く、雪が降ったりすると教室に行くのに時間がかかります。
    • 施設・設備
      良い
      古いレンガの建物や、市内が見渡せる高い建物もあります。図書館にはパソコンが備わっています。牛舎もあります。
    • 友人・恋愛
      良い
      様々な学類の人が一緒に授業を受けることが出来ます。サークルは豊富で、人数が多いところは交流が盛んです。友人はすぐにできると思います。
    • 学生生活
      良い
      サークル活動は、広い校内を活かし、動物もいるのでそれに合った面白いサークルがあります。肉牛や乳牛を扱ったサークルはこの大学ならではです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のうちに簡単な基礎科目を学び、二年生になったら、野外実習や海外実習があり忙しくなっていきます。牛を扱ったり、野生のシカを観察することがあるので、面白いと思います。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:492187
  • 女性在校生
    農食環境学群 食と健康学類 / 在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    農食環境学群食と健康学類の評価
    • 総合評価
      良い
      どちらかと言えば良い方だとは思う。勉強するのも頑張らなきゃいけないけど授業に出席するのを頑張ればなんとかなるので。
    • 講義・授業
      良い
      研究室(ゼミ)が充実しているが、差が激しいのでしっかり見学に行き選ぶべき。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミが月曜1講なので大変だけど充実はしていると思う。 でも差が激しいのでしっかり見学に行き選ぶべき。
    • 就職・進学
      普通
      就活を押し付けてくる。自分の行きたいところを提示しても受ける会社を変えられる。なので自分で就活した方がいいかも。
    • アクセス・立地
      悪い
      酪農学園大学前のバス停から教室まで遠いところだと10分は歩かなければいけない。
    • 施設・設備
      良い
      実習室がきちんと整備されている、自販機が至る所にある、学食や生協がしっかりしている
    • 友人・恋愛
      良い
      人数が多いからってだけです。サークルや研究会に所属すればいいかも。しなければしんどい
    • 学生生活
      良い
      学祭はちょっとちゃっちいかもしれないが活気はある。よさこい好きな人は日曜日の日程が最高
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生…基礎科目 2年生…専門科目(やりたくないのに難しいのもやらされる) 3年生…やっと自分のやりたい専門科目
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      大学行けって言われたから。とりあえず食関係の資格取っとこうと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:535635
  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    農食環境学群循環農学類の評価
    • 総合評価
      良い
      多くの家畜が学校内にいるため
      授業でも実際に接しながら学ぶことができます。
      2年生では学外農場実習を履修することもできるので
      より深く農業について学べると思います。
      将来農業に従事したいという方にはとても良い環境だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      1年生の頃は基盤教育が多く専門的なところはあまり学びませんが、2年生からは専門教科が増え、興味のある分野を自分で履修できます。
      3年生では農業コース、畜産コース、酪農コース、農業経営コースに分かれてより専門的に学ぶので農業の中でも特に興味のある分野の知識を深められます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      実際に家畜と深く関わるゼミもあれば、家畜がどのようにしたら快適に暮らせるかを考えるゼミ、家畜の餌の良し悪しを考えるゼミ、うまく農業経営をしていくためにはということを考えるゼミなどたくさんのゼミがあります。
      3年生の前期から専門ゼミナールが始まりますが、その前にいろんなゼミの見学に行けるのでたくさんまわってみるといいと思います。
    • 就職・進学
      良い
      新規就農をする人もいれば農業に勤める人、公務員、普及員など、たくさんの分野で活躍しています
    • アクセス・立地
      良い
      札幌から20分程度の大麻駅という駅が最寄駅です。
      最寄駅から15分程度で大学につきます。
    • 施設・設備
      良い
      たくさんの家畜がいます。牛、羊、馬などすべて大学構内にいます。
      建物は趣があり、落ち着きます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:467191
  • 男性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    農食環境学群環境共生学類の評価
    • 総合評価
      普通
      自然環境について学びたい方や生き物が好きな方はうちの大学に入るととても良いと思います。自然に囲まれた学校であり国道沿いにあるにもかかわらず校内はとても静かで過ごしやすいです。研究室なども種類が豊富でありとても選びがいのあるものだと思います。しかし、今年で吉田剛教授が異動になったため彼の講義を受けたくて入る方にはお勧めできないです。
    • 講義・授業
      普通
      1年生の時は高校の勉強の復習レベルの授業なのでしょうじき勉強をしようという意欲が湧いてきません。また、2年の後半になったというのにまだ実習などで外に調査に出るということは多くないです。そのような授業がメインになると思っていた私にとっては少し退屈であります。しかし3.4年の授業に期待を込めるという意味で3点とします。
    • アクセス・立地
      悪い
      ほとんどの人が最寄駅であるJR大麻駅を利用していますが、駅から学校まで徒歩15分くらいはかかります。私もそうですが駅に通学専用の自転車を置いている人がとても多いです。それほど遠いのですね。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:465874
  • 女性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    農食環境学群環境共生学類の評価
    • 総合評価
      良い
      環境アセスメントや環境行政、GIS関連の分野に強く、専門的かつ実践的な学びを得られる大学です。特にGISとリモートセンシングの分野は研究の先端を行く大学だと思います。就職先は公務員や環境関連企業が多い学類です。これからの環境問題、都市開発や野生動物問題等に興味がある学生にとって、良い学びができる大学です。
    • 講義・授業
      良い
      環境行政等、実際に現場に携わってきた教授も多くいます。そのため講義からはその内容についての多面的な視点を得ることができます。また実習では大学内のフィールド、時に学外に出て実際に発生している環境問題を扱いながら学ぶことができます。また、一部講義とのカリキュラム連携により受験資格を得られるなど資格取得へのサポートもあります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミ配属およびコース分岐は3年生からです。2年生の一年間を通して教授の研究室紹介があり、所属コースとゼミ室を選択します。学習内容としては2年生に基礎を、3年からはより専門的なものに発展、という形になります。
    • 就職・進学
      良い
      この学類は環境コンサルタント、環境アセスメント企業や公務員(主に環境行政)、教職(理科教員)への就職が多いです。教員免許に関しては、通常授業に加え教職課程科目として別途授業料を支払い追加授業をするという形をとるので教職を目指す場合は通常の学生よりも授業数が多くなります。各企業等への就職への強みとなる資格取得への支援(教材の貸し出し、添削、学内受験など)もあります。
    • アクセス・立地
      普通
      JR函館本線の大麻駅と野幌駅の中間くらいです。大学の目の前で停車するバスも一時間に数本程度ずつあります。大学の敷地が広いため、大学の敷地が見えてもなかなか教場に着きませんが、電車、バスの公共交通機関が近くを通るという面でアクセスしやすい立地だと思います。大学裏手に道立の森林公園があり、気分転換に森に入ることもできます。
    • 施設・設備
      良い
      大学敷地内に小規模な森があり、自由に出入りすることができます(ただ、先日の台風と大地震の影響で一部の道が崩壊した影響で、もうしばらく立ち入れないかもしれません)。大学図書館ではタブレット端末の貸し出しも行っています。学内一定範囲で無料wi-fiを利用することができますが、平日は当然ながら繋がりにくいです。図書館PCフロアおよび情報関連の研究室が入る棟では大学のPCを授業で利用していない時間帯であれば自由に使うことができます。とくに後者ではすべてのPCでGISソフトを自由に使用できるのが特色です。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルによって交友関係の雰囲気は大分違うようですが、サークル所属で趣味の合う友人を作るのは良いと思います。授業選択も多岐にわたり、また学群設置科目もあるので自分の所属する学類以外の友人を作ることも可能です。ただ、大学なので自分から人と関わろうとしない場合、友人が増えない可能性も否定できません。
    • 学生生活
      普通
      サークルに関しては北海道ならではのサークルや、大学ならではの専門分野に関連したサークルもあります。学祭ではサークルや研究室その他有志の出店や、芸能人を招いてのミニライブ等もあります。とくに研究室からの出店は、研究室でつくったアイスやソーセージなど大学ならではのものも多く見られます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基盤教育です。高校の授業の復習と感じられる場合も人によってはあるかと思います。2年次は専門分野の基礎教育です。選択科目によっては大学を出ての実習も多くなり、勉強内容としては面白さが出てくると思います。3年次にゼミ配属が決定し、ゼミを主体に専門分野に特化した学習内容になります。ゼミと勉強と、忙しくなり始めます。4年次の卒業論文はこの学類では選択制です。
    • 就職先・進学先
      中学・高校理科教員
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:494703
  • 男性在校生
    農食環境学群 環境共生学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    農食環境学群環境共生学類の評価
    • 総合評価
      良い
      実践的なことを取り入れた学びをしたい学生にはいい大学だと思います。獣医や農業に関わる施設はとても充実しています。また、実習も多く、現場での経験を積むこともできます。特に力をいれているのはGISという技術です。これからの時代の農業や防災など様々な分野に応用ができ、未来を担う学びができます。
    • 講義・授業
      普通
      講義の内容や方法は幅広く、座学だけでなく実習も多くあります。実際に現場でどのようなことが行われているのかを経験することができます。また、資格支援も充実しており、特定の単位を取得すれば、鳥獣管理士など普通では取ることの出来ない資格を取ることができます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミでは一人一人自分の興味のあることを見つけ、ゼミを選択します。海外で、実習のあるゼミもあり、費用などの確認は予めしておく必要があります。
    • 就職・進学
      普通
      就職率は96%以上で、環境分野に関わる仕事につく学生も多いです。また、教授からのサポートがあることもあり、相談しながら就職先を決めることがおすすめです。
    • アクセス・立地
      良い
      大学に通う生徒のほとんどは自転車か歩きです。最寄り駅は野幌駅と大麻駅で、どちらも大学まで、歩いて20分くらいかかります。大学の周りには3万円程度で借りられるアパートが多く、寮も完備しているため、駅から歩くより近い距離を通う生徒が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      環境共生学類では実習が多くもうけられており、バスで実習に行くことが多いです。設備や計測器具は充実しています。実際に就職に繋がる体験をすることもできます。
    • 友人・恋愛
      悪い
      サークルで友人を作っている学生は多いです。また、環境共生学類では、実習で泊まることもあり、そこで新たな友人を作ったり思い出を残したりと、充実した人間関係を得られます。
    • 学生生活
      普通
      酪農学園大学では、白樺際という大きなイベントがあります。学外からも参加する人がいて、出店やトークショー、音楽ライブなど様々な催しがあります。中でもソーラン節サークルの発表は迫力があり、見るのはもちろん、サークルに所属して一緒にパフォーマンスをすることもできます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、共通科目で農業に関することや獣医に関すること、また環境や食に関することを学びます。2年次は主に野性動物や、植物と人間との相互関係や、そこで生じる問題について学びます。3年次にゼミが始まり、2年次で学んだことを踏まえて研究を行い、より専門的な講義を受けることができます。4年次は就職活動や卒業論文を書きます。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:492820
  • 男性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    農食環境学群循環農学類の評価
    • 総合評価
      良い
      専門的な分野を勉強できるので道外からも学生が集まってきます。学生と教員の距離が近く安心して学校生活を送ることができます。
    • 講義・授業
      良い
      座学も充実していますが、そのほかに実習などが多く、実際に農業、畜産の現場を体験して学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      地域の福祉に貢献したり、企業とのコラボレーション商品の開発をしたりとゼミにより様々です。
    • 就職・進学
      良い
      2年次から就職に向けた授業が始まり、自分の適性や、長所、短所について考える機会が多くなります。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅は函館本線の大麻駅です。駅から学校までは徒歩10分ほどです。街へのアクセスも良く、JR札幌駅までは快速で12分で行くことができます。
    • 施設・設備
      良い
      図書館は大きく使いやすいので、勉強に最適な環境です。コンピュータルームが4つあり、コピーは1年で1000枚まで可能なのでとても便利です。学食では栄養面に気遣ったメニューやサラダバーがあり、とても健康的です。
    • 友人・恋愛
      良い
      1年次に配属されるゼミのメンバーで実験や実習を行ったり、農園での栽培を行ったりと、人と人との協力がかかせないので自然に仲良くなることができます。
    • 学生生活
      良い
      サークルは文化系も体育系も活発で、イベントも毎月何かしらあるので活気にあふれています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目や基礎的な科目が多いですが、2年次からは、農家や牧場での実習や理系や農業、畜産、酪農について幅広く学ぶことができます。
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:492589
  • 女性在校生
    農食環境学群 循環農学類 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    農食環境学群循環農学類の評価
    • 総合評価
      良い
      専門科目について詳しく学ぶ事ができ、体験できます。またインターンシップや就職先についてもそれぞれの学科で充実しています。酪農についての知識を深く学べるのはもちろん、学内は自然に囲まれ、穏やかな気持ちで学業に励めるのは、この学校の1番のメリットと言えます。
    • 講義・授業
      良い
      講義では専門科目について深く学べます。授業によっては同じ科目でも、先生によって単位が取りやすかったり取りにくかったりしますが、基本単位は取りやすいです。勉強より、働いた時にすぐ使える事を学べる方が学校として充実していると思っているので、その面から見れば充実していると思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1年から基礎ゼミというゼミに配属され、最初はその中で友人を作ることができると思います。ゼミの先生によって対応はまちまちですが、どの先生も面談を通じて親身になって相談に応じてくれます。
    • 就職・進学
      良い
      就職については、専門知識を利用した企業への就職率がいいと思いますが、実家の家業を継ぐ人が多いように感じます。サポートについては、就職課では誰でも過去問をもらえたり、いつでも相談にのってくれたり、サポートは充実していると思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      学科へのアクセスは正直よくわかりません。立地については、自然に囲まれている事の代償といえますか、北海道の外れにあるため、JRから歩いて20分ほどかかります。夏は自転車に乗れば早いですが、冬は寒いし結構キツイので、周辺に住む人が多いです。
    • 施設・設備
      良い
      授業ごとに使う施設がバラバラな場所にあるので、移動が大変です。ただ、専門科目を学ぶ上で施設が充実してます。
    • 友人・恋愛
      良い
      私は入学してからすぐ良い友達に巡り会えたので、とても充実して生活できてます。すぐにできなくても、最初に入る基礎ゼミで、友人が作れます。サークル等は友人が入っていますが、楽しそうで、恋人もできていたので、充実しているとおもいます。
    • 学生生活
      普通
      わたしはサークルにもイベントにも参加してないので、よく知りません。ですが、友人は楽しそうにしてます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はどの学科でも同じ授業を学びます。獣医も関係なく農場で作業を行う授業があります。2年になると、教員志望の人は教職コースに進み、それ以外はの人が基礎科目や専門科目について学ぶようになります。3年からは酪農、畜産、農業などの、それぞれ自分の希望するコースに進み、専門知識について勉強をしていきます。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:430666
1051-10件を表示
学部絞込

酪農学園大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

基本情報

住所 北海道 江別市文京台緑町582
最寄駅 JR函館本線(小樽~旭川) 大麻
電話番号 011-386-1111
学部 獣医学群、 農食環境学群
概要 酪農学園大学は、北海道に本部を置く私立大学です。1933年に開設された北海道酪農義塾を前身とし、1950年に開学された大学です。キリスト教の教えをもとに「農・食・環境・生命」の結びつきを追求。初年次は新入生全員が農業実習を通して、その有機的な結びつきの共通認識を修得するところから始まり、酪農や農業に関する幅広い分野のスペシャリストを目指します。 農作地や放牧地が多くを占めるキャンパスは東京ドーム28個分で、単独キャンパスの私立大学では日本最大です。野幌森林公園とも隣接しているため、エゾリスやアカゲラなどの野生動物も普通に観察できる素晴らしい環境です。大学内の農場で生産した生乳でつくったバターや牛乳、アイスクリームなどは「酪農学園ブランド」として有名で、学内の生協で委託販売もされています。

この学校の条件に近い大学

酪農学園大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフ・願書を10校以上まとめて取り寄せると
1,000円分の図書カードを全員にプレゼント

※一部パンフは有料です。キャンペーンは高校生・高専生限定です(詳細はマイナビ進学をご確認ください)

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  酪農学園大学   >>  農食環境学群   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
摂南大学

摂南大学

47.5 - 55.0

★★★★☆ 3.53 (231件)
大阪府寝屋川市/寝屋川市駅
大和大学

大和大学

45.0 - 55.0

★★★☆☆ 3.46 (37件)
大阪府吹田市/吹田駅
玉川大学

玉川大学

37.5 - 55.0

★★★★☆ 3.73 (343件)
東京都町田市/玉川学園前駅
理系のオススメ大学
甲南大学

甲南大学

47.5 - 55.0

★★★★☆ 3.80 (460件)
兵庫県神戸市東灘区/岡本駅
玉川大学

玉川大学

37.5 - 55.0

★★★★☆ 3.73 (343件)
東京都町田市/玉川学園前駅
川崎医療福祉大学

川崎医療福祉大学

BF - 55.0

★★★★☆ 3.83 (197件)
岡山県倉敷市/中庄駅

酪農学園大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。