みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都芸術大学   >>  口コミ

京都芸術大学
京都芸術大学
(きょうとげいじゅつだいがく)

私立京都府/茶山駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 42.5

口コミ:★★★★☆

3.82

(163)

京都芸術大学 口コミ

★★★★☆ 3.82
(163) 私立内209 / 577校中
学部絞込
1631-10件を表示
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2014年度入学
    2018年10月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    芸術学部舞台芸術学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      舞台芸術を幅広く知るにはもってこいだと思う。また、大きな劇場が二つもあることも魅力。
      しかし、生徒がのびのびと活動できるかといえばそうではなく、規則などに縛られてやりたいことをできない環境になっている。
      授業内容をもっと外部講師による授業にしてほしかった。
      授業内容の選択肢がそれほどないのに、獲得しなくてはならない単位数が多いため、受けたくない授業を受ける羽目になる。
      しかし、舞台の裏方希望の人は人脈や授業以外の公演など為になることが多いように思えた。実際劇場スタッフが近くにいるため、質問などがすぐできたり、実技を見て盗めるところがいい。近年演劇色が強くなっているのでミュージカルやダンスをしたい人には狭く感じるかもしれない。
      客員教授などは年度によって違い、はっきり言って当たり外れがあるので入学前に確認しておいたほうがいい。固定されている教授もオールマイティではないので自分がやりたい分野の授業かどうかの見極め必須。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      専門職
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:467568
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2008年度入学
    2014年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    芸術学部環境デザイン学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      学科、先生がどうというよりも、本人のやる気次第。やる気のある人には、先生もいろいろ面倒見てくれる。ない人は、まじめに取り組まずさぼったりしている。自分次第で大学生活が大きく変わります。
    • 講義・授業
      普通
      現役の専門の仕事をしている人が講師をしているのですごく勉強になります。芸術の授業のいろんなジャンルを学べるので楽しいです。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      教授によってはゼミを私物化して、自分の作業ができなくなるので要注意。ゼミ選びは慎重に教授などを選んだほうがいい。
    • 就職・進学
      悪い
      就職活動に関しては基本放置です。自分でやるしかないです。たまにスカウトとかあります。卒業して一人で芸術活動している人もいます。
    • アクセス・立地
      悪い
      山にあるので上り下りが大変。教室に行くエレベーターも一機しかないので混雑するし、そのせいで遅刻することもある。
    • 施設・設備
      悪い
      あまり自由に使えない場所が多い。時間制限もある。図書館とカフェはいいと思う。学食は目が疲れる内装になっている。
    • 友人・恋愛
      普通
      これに関しては本人次第。フレンドリーな人は多いと思う。芸術系の大学なので個性的な人が多いと思ったら、割と普通の人ばかりでした。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      最初は建築の基礎から、家具製作に始まり、住宅の設計模型製作など
    • 所属研究室・ゼミ名
      環境建築ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に木造住宅の設計、軸組み図面模型の制作
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      内装設計会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学んだことを生かせる仕事でやりがいのある仕事をしたかった。
    • 志望動機
      ものづくりが好きで他にも応用がきく分野だったので
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      どういった学校かよくしらべ、オープンキャンパスに参加した
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:62675
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    芸術学部映画学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      卒業生との繋がりで、プロの仕事場に参加できたりそれがきっかけでお仕事をもらえるようになることもある。ただそれは学科の授業内容や設備とは関係無いので、大学自体は微妙なのかも。学費だけが高い
    • 講義・授業
      悪い
      現場に出ると授業で習った事の半分以上は、実践で使えないプロの仕事で若いうちからバリバリ働きたいのなら、大学に来るよりも高卒で就職した方が良い気がする
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      夏休み前から夏休み中、後期が始まってからも各部署やる事は沢山ある。一般的な大学のように長期の夏休みがあっても、撮影等になる為夏休み感は無い
    • 就職・進学
      普通
      基本的に学生が就活を行なっていくので、サポートはしてくれるが自力で頑張れ。って感じ
    • アクセス・立地
      良い
      定食屋さんやドラッグストア、スーパーなど徒歩圏で行けるところが沢山ある
    • 施設・設備
      悪い
      ゼミや卒制の撮影期間が夏に被るので、多くの組で機材不足が見られる。照明機材などその為、全ての組が満足した機材で撮影出来ているとは言えない
    • 友人・恋愛
      悪い
      友人関係も恋愛関係も充実している人もいれば、いないひともいると思う。この学校に限らず
    • 部活・サークル
      悪い
      スポーツのサークルはお遊び程度のものだと思う。本気で大会に出場とかはしてないはず
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      撮影、照明、録音、美術、編集、脚本、批評、俳優、など俳優コースでも製作の授業は受けれる。逆も然り
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      映画、ドラマ、テレビ、に携わる仕事がしたいと考えていたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:658526
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2010年度入学
    2015年02月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    芸術学部美術工芸学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      世代やコースごとにかなり意識にばらつきがあります。大作を作るには敷地は狭すぎます。国公立に比べて意欲は低く感じてしまい、中退してしまう人も多いです。やる気がある友人とのコミュニケーションをとりたいならば、浪人してでも国公立を受けたほうがいいのかもしれません。
    • 講義・授業
      普通
      特殊講義にて有名作家やギャラリストやコレクターの話を聞くことができ、また作品を見ていただく機会もあります。関西圏で作家を目指すならば、もしかしたら京都造形大への進学が近道になるかもしれません。
    • アクセス・立地
      良い
      造形大は左京区にあります。左京区はラーメン屋の激戦区で落ち着いたカフェも多いので、居住に適した土地だと思います。交通の便も河原町から遠くはないので悪くありません。京都のバスは遅延が発生しやすいので自転車での移動をおすすめします。
    • 施設・設備
      悪い
      3、4年生からは各作業場が与えられます。1、2年生は大部屋でみんなで制作です。冷暖房はついています。大作を作るには狭いですが、周りの学生と相談しながら使います。ただ大学側が作業場の確保に対して厳しいのでやっぱり環境がいいとは思えません。食堂、カフェがあります。安いです。図書館は美術書やDVDが充実しています。仮眠にもいいスペースです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      一緒に展覧会をしたり、制作の手伝い、展覧会を通じて友達ができます。同じ志を持った友達ができたら充実した生活になると思います。私は1年生の時在籍していたコースでは、意欲の低い世代だったので仲のいい友人ができませんでしたが、コースを変更してからはなかのよい友達ができました。恋愛に関しては、圧倒的に女子の比率が多いですが、カップルは少なくありません。男子比率の多い京大生との合コンがさかんです。
    • 部活・サークル
      悪い
      課題があるためなかなかサークルに入る人は少ないですが、他学科との交流を深めたり、気分転換に最適です。ヌードデッサン部は小額で週に一度裸体デッサンができるのでかなりお得です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美術概論を学べます。日本画、油画、総合造形(立体・陶芸)、現代美術、染織テキスタイルの各分野で作品を制作し、発表していくことでアーティストになるための準備ができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      総合造形コース
    • 所属研究室・ゼミの概要
      木、石、鉄などの様々な素材にふれ、またFRPでの造形物を先生のサポートの上で自らの手で作ることができます。同コース内で陶芸専攻もあります。
    • 学科の男女比
      2 : 8
    • 就職先・進学先
      飲食店でアルバイト、作家として作品を販売している。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学院進学を希望していたが、不合格だったため浪人を決意したので。
    • 志望動機
      関西の私立美大のなかで比較的偏差値が高かったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      英語、国語の勉強。デッサンと色彩構成と立体構成を繰り返し行う。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:85718
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2009年度入学
    2014年12月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    芸術学部映画学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      本当に映画が好きでないと辛いです。見るだけでなく作るのを好きになれないと、忍耐力のいる内容だと思います。
    • 講義・授業
      普通
      授業により自分の興味のもてるものもあります。その中で講師が良ければ非常に充実した授業もあります。基本的に学科の授業は非常に専門的なもので講師により厳しいなどもあります。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      ずっと映画を撮り続けますが、本当に映画を作るのが好きでないとしんどいと思います。また監督によってスケジュールが左右されたり拘束時間も長いです。
    • 就職・進学
      普通
      授業によってはPhotoshopを使う技能が身につくなど、そのまま就職に活かせるものもあります。ただ基本的には映画や映像関係の仕事でない限りほとんどの職で特に有利になったり活かすことはないと思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      映画学科だけ離れており、食堂などもないので不便です。バス停も近くにはありますが本館前程のバスの種類がなく不便です。
    • 施設・設備
      悪い
      かなり改善されてきていますが、全体的に冷たく寒いです。カフェみたいなものもないので休憩中に待てるような場所が屋内にありません。
    • 友人・恋愛
      悪い
      あくまでも個人的な意見ですが、専門的な学科の為なかなか気の合う友達はいませんでした。ただ映画の大変さはわかるのでカップルができれば長続きしている人もいました。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      映画の基礎的なことを一通り学ぶことができます。私は途中から映画を作るより見る方が好きと気付いた為積極的に自主制作はしていませんでしたが、Photoshop等を扱う授業もあったのでその授業を受けていてとても良かったと思います。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      ネットショップの受付事務
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分の好きな接客ができること、出品登録の経験により画像の作成やwebの知識が身につく為
    • 志望動機
      映画のプロデュースに興味があり、実績のある有名な講師だったから。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      とにかく感性を豊かにするよう、たくさんの映画をみました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:67486
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2020年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    芸術学部プロダクトデザイン学科の評価
    • 総合評価
      普通
      先生との距離感が近く相談等しやすく色々将来に役立っていると思う。課題は他学科より多く、資材等買うこともあるので時間、金銭ともにあまり余裕はない
    • 講義・授業
      普通
      設備はいいが授業時間外に学校でしかできない課題が多く、稀になにのための授業かわからないものがある
    • 研究室・ゼミ
      普通
      教授との距離感は近く話しやすい
    • 就職・進学
      普通
      メンターとの面接が頻繁にある。どのようなデザインをしたいかなど
    • アクセス・立地
      普通
      交通の便はよく近くにスーパー等があるので下宿も便利。課題が多いので遠方から通うのは不向き
    • 施設・設備
      普通
      専用の工房があり、様々なことができ、担当の方が相談に乗ってくれる
    • 友人・恋愛
      普通
      先輩、同学年、他学科とも交流がある。特に一回前期のマンディプロジェクト等
    • 学生生活
      悪い
      忙しくサークル等に入る余裕がないが、プロジェクトは色々ある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      プロダクトデザインについて。デザインの仕方や表現の仕方など。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      ものづくりが好きで将来つきたい職に役立つ内容だと思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    10人中10人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:605480
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2018年03月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    芸術学部美術工芸学科の評価
    • 総合評価
      普通
      私の所属する学科は他よりも自由度が高く、先生達も認めてくれるので好きな事をやれる。
      授業数が多い。けれどグループに分かれてのねぶた作りなど、コミュニケーションを取る授業が多い(必修にもいくつかある)ので、あまり周りと関わりたくない人には辛い面もある。しかしグループ毎での合同制作は学べる事がたくさんあり、達成感や充実感も多く得られる。
      大学としては自由で活気のある方だと思う。
      学費は高く奨学金を利用している人やバイトをしている人がほとんど。
      どの大学にも言える事ですが、特に芸大に関しては自分と学風が合わないとやっていくのは辛いと思うので、他校とよく比較した上で自分に合う大学を選択すべきだと思う。
      保健センターの対応は良いと感じた事がないので利用はおすすめしない。
    • 講義・授業
      普通
      まあまあだと思う。先生と自分が合うかにもよる。
      講義中の雰囲気はどの授業も良い。設備も良い。ただ学内は階段だらけなので車椅子の方などは辛い面が多いのではないか。
      芸大はおそらくどこもそうですが、課題は多い。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      私はまだ一回生なのでゼミのことはわからない。
      学科の研究室は色々な物が置いてあり、必要であれば借りられる。
      挑戦したい技法や方法があれば先生に相談すればきっと試してくれる。
    • 就職・進学
      普通
      就職実績は良いが、あまりそこについて詳しくは知らない。
      ただ就職に関する授業やサポートは多いので、3回生になれば実感すると思う。
    • アクセス・立地
      普通
      アクセスはあまりよくない。
      京都駅からバスで40分ほどかかるし(バス停は学校の目の前)、叡山電鉄茶山駅からだと15分ほどかかる。真夏は暑い。
    • 施設・設備
      普通
      キャンパス全体は綺麗だが、山の麓にあるので階段はかなり多い。各教室の設備は良く、椅子も机もホワイトボードも真新しく使いやすい。
    • 友人・恋愛
      普通
      私はあまり周りと関わらないが、学科全体は落ち着いた雰囲気で過激な人もおらず、平和な学園生活を送れている。
    • 学生生活
      良い
      活動内容が楽しく、自分のやりたいことでもあるので行くのが楽しみだ。またヌードデッサン部は芸大ならではだと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美術工芸学科では1年次に美術概論(美術の歴史を学ぶ)工芸概論(工藝品、民藝品の種類について学ぶ)という、学科の学習内容で基礎になる事が必修になっていて、木曜日の1,2限がその授業の時間になっている。個人的には楽しい授業だった。
    • 就職先・進学先
      これから2回生なので詳しいことはこれからだが、就職希望。
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中6人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430702
  • 女性在校生
    在校生 / 2021年度入学
    2021年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 0| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    芸術学部情報デザイン学科の評価
    • 総合評価
      普通
      本館との距離が離れているため、画材を買いたい時や先生を訪ねる時にとても不便です。学習内容としては、様々な分野を学ぶことができ、自分は何が得意なのか、何が好きなのかを探すことができます。
    • 講義・授業
      普通
      やりたいことを見つけられる大学です。教員もしっかりと学生のことを見てくださり、一緒に将来のことを考えてくれます。しかし、色々な分野を広く学習するため、どれも中途半端なように感じてしまうことがあるため、評価は普通です。
    • 就職・進学
      良い
      1回生の頃から進路を考える授業があります。実際に内定を貰った先輩方の話を聞いたり、自分のキャッチコピーを考えたり、サポートは十分です。
    • アクセス・立地
      良い
      山に建てられているので階段がとてもきついです。しかし、学生が多いため一人暮らしの物件にはあまり困らず、駅からも近いです。
    • 施設・設備
      悪い
      課題でプリンターを多用しますが、数がとても少ないです。しかし、学科外では様々な設備があり、自主制作には困りません。
    • 友人・恋愛
      良い
      グループワークを多くするので嫌でも友達ができます。特にプロジェクトでは、先輩や先生とも仲良くなることができます。
    • 学生生活
      良い
      ハロウィンではコスプレをして学校に来る人がたくさんいます。また、学校側でもイベントを頻繁に行うので、とても盛り上がります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      グラフィックデザイン、アプリケーション、パッケージデザイン、インフォグラフィックス、モーショングラフィックス、映像、写真
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      「美術が好き」ということ以外、自分が何をやりたいのか、将来どんな職業に就きたいのかが全くわからず、やりたいことを探すために大学に入りたいと思っていたので、様々な分野を学ぶことができ、学科関係なく参加出来るプロジェクト活動が盛んなこの大学を選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:790272
  • 女性在校生
    在校生 / 2020年度入学
    2021年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    芸術学部キャラクターデザイン学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自ら積極的に学ぶ姿勢、人と強く関わっていく覚悟があるならとても充実した日々を送れると思われる。著名な方も授業にゲストとして呼ばれる事がしばしばあり、刺激をたくさん受ける事ができる。
    • 講義・授業
      良い
      実技的な授業が多く、得られる知識も多い。他学生の制作途中の作品へのアドバイスなどを聞いて刺激を受ける事ができているから。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミによるのが実情。企業との連携、他大学との連携から商品開発にチャレンジできるゼミもあれば、先生が手に入れた情報をひたすらインプットするゼミもある。選ぶ際は慎重に。
    • 就職・進学
      普通
      ゼミの先生が主に、その人に合ったチャンスの情報を出してくれる。他のゼミはわからないけれど。
    • アクセス・立地
      悪い
      周りにお店が多いから食べ物には困らない。キャンパス内はとにかく山。覚悟してください。
    • 施設・設備
      普通
      綺麗だとは思う。せっかくある設備を使わないで授業が行われる事もあるためなんとも言いがたい。学校のWiFiは弱く頼れないためポケットWiFi推奨。
    • 友人・恋愛
      悪い
      自分から積極的にいかない限り深い友人関係は生まれないと思われる。いわゆる陽キャが集まる学科のためよっぽどでない限り恋愛関係は難しいかも。
    • 学生生活
      普通
      イベントは沢山ある。常に何かやっている。プロジェクトにどんどん参加するべきだと思われる。サークルはこの学科に入るなら諦めた方がいいかも知れない。課題に忙しすぎて時間がとても足りない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は必修と選択必修で埋まる。選択必修はゼミ選びに関わるためよく考えるべき。2年からゼミが始まる。3年から開講される授業が多くより細分化された分野の学びが得られる。インターンに行く。4年は卒業制作と就職活動。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      イラストやアニメ、ゲームなど少しずつ拾い、繋げて学んでいける学科だから。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:782070
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年度入学
    2018年03月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    芸術学部美術工芸学科の評価
    • 総合評価
      普通
      絵を描きたいという、自分と同じ心境の人が多いと思いきや、する人はするし、しない人は何もしないという、やる気の温度差がすごい。
      教授もそれに対して特に言及しないので、いかに自分に厳しくなれるかが大事。
      良く言えば自由な時間が多い。
    • 講義・授業
      普通
      課題は与えられるが、指導して欲しければ教授に積極的に突撃していく必要がある。
      受け身だといけない。
      雰囲気は学生間のやる気の温度差がすごく、ギスギスしている。居心地はあまり良くない。しかし、制作に集中できればさほど気にならない。
      自分が積極的かどうかで大きく評価は変わる。積極的であれば、それに応えてくれるだけの設備や環境は、この大学にはあると思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室などは三年生から始まるので、詳しいことはわからない。
      学生1人に担当の教授がつき、履修選択やその辺の相談には乗ってもらえる。
    • 就職・進学
      悪い
      芸術大学なので、察しの通りあまり良くない。デザイン系の学科なら、まだ少し高いが、美術工芸学科になると低い。
      しかしそれは、本人がどれだけ学生生活を本気で取り組んできたかによるので、学科が全てではない。
    • アクセス・立地
      悪い
      悪い。最寄りの駅からでも徒歩で15分以上歩かなければならない。バス停なら目の前にあるが、ほぼ時刻通りには来ないし、観光客でごった返していて、それだけですごく疲れる。
    • 施設・設備
      良い
      ライセンスを取れば、金属切断機とか溶接とかなんでもできる。駆使できればでかい立体作品も作れる。
      図書館には、ファッション誌(芸術寄りにはなるが)ネイチャーとかマニアックな雑誌も置いてある。画集が充実。映画とかも見える。
    • 友人・恋愛
      普通
      男女比でいうと、2:8なので、女子は恋愛においては厳しいかも、、、
      女子が圧倒的に多いので、男なだけで少しちやほやされてる気がする。
    • 学生生活
      普通
      イベントは学園祭と卒展ぐらい。芸大生が作った個性豊かな品が買える。体育祭もあるようだが、必修ではないので参加する人は少ない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は油絵の具を使って、課題をこなす。静物と人物、風景と写実的なものが中心になる。一年最後の課題は自由制作。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:426587
1631-10件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
  • 本学キャンパス
    芸術
    京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116

     叡山電鉄叡山本線「一乗寺」駅から徒歩20分

電話番号 075-791-9122
学部 芸術学部

この学校の条件に近い大学

この大学のコンテンツ一覧

京都芸術大学学部一覧

このページの口コミについて

このページでは、京都芸術大学の口コミを表示しています。
京都芸術大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都芸術大学   >>  口コミ

この大学におすすめの併願校

京都橘大学

京都橘大学

45.0 - 50.0

★★★★☆ 3.92 (295件)
京都府京都市山科区/京都市営地下鉄東西線 椥辻
京都先端科学大学

京都先端科学大学

37.5 - 45.0

★★★☆☆ 3.43 (96件)
京都府京都市右京区/京福電鉄嵐山本線 嵐電天神川
大谷大学

大谷大学

BF - 45.0

★★★★☆ 3.83 (174件)
京都府京都市北区/京都市営地下鉄烏丸線 北大路
京都文教大学

京都文教大学

37.5 - 42.5

★★★★☆ 3.72 (114件)
京都府宇治市/近鉄京都線 向島
京都看護大学

京都看護大学

42.5

★★★☆☆ 3.29 (24件)
京都府京都市中京区/京福電鉄嵐山本線 西院

この学校の条件に近い大学

京都大学

京都大学

60.0 - 72.5

★★★★☆ 4.17 (1262件)
京都府京都市左京区/元田中駅
京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学

52.5 - 57.5

★★★★☆ 4.07 (197件)
京都府京都市左京区/松ヶ崎駅
京都精華大学

京都精華大学

35.0 - 40.0

★★★★☆ 3.98 (147件)
京都府京都市左京区/京都精華大前駅
京都教育大学

京都教育大学

50.0 - 55.0

★★★★☆ 3.93 (154件)
京都府京都市伏見区/JR藤森駅
京都光華女子大学

京都光華女子大学

BF - 37.5

★★★★☆ 3.80 (129件)
京都府京都市右京区/西京極駅

京都芸術大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。