みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都造形芸術大学   >>  口コミ

京都造形芸術大学
京都造形芸術大学
(きょうとぞうけいげいじゅつだいがく)

京都府 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:35.0 - 45.0

口コミ:★★★★☆

3.69

(103)

京都造形芸術大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.69
(103) 私立内326 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

103件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    芸術学部 映画学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      専攻学科柄どうしても学校の授業だけじゃ不十分で経験が圧倒的に少なく教員の専門も偏っている。
      ただコネは出来るのでその業界に就職したいのなら多いに役立つ。
    • 講義・授業
      教授陣の専門が偏っている。実技が多い。
      課題はあまりなく単位をとるのは簡単。個人のやる気と自主性さえあれば何でも出来るし教授陣も協力的。
    • 研究室・ゼミ
      あまり充実してるとは言えず、どうしても学生の学びたい技術の偏りの調整が難しい。
      一般大学のゼミという感覚ではなく、ゼミチームで何かひとつをずっと制作していく。
    • 就職・進学
      教員からのサポートもしっかりしている。ただ、みな業界人なので普通の就職を考えると学科だけでは不十分。
    • アクセス・立地
      のんびりとした京都。駅も近いし学生の街なのでいろいろと揃っている。
      京都大学など他大学とも近いため若い人が多い。
    • 施設・設備
      圧倒的にカメラ、照明、録音機材の数や種類が少なくどうしても限界を感じてしまう。
      スタジオも少ないため取り合いになりなかなか調整が難しい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他の学科や本学と完全に隔離されているため凄く人間関係が狭く、グループが出来やすい。
      先輩や後輩との繋がりも深くおおまかな派閥も出来やすい。
    • 学生生活
      この大学自体あまりサークルは盛んでなく、大学の運動場は存在しない。
      イベントもあまり活発ではなくたまにある個人の自主企画ぐらいしかない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全ての基礎や映画概論など。
      2年次は各技術部にわかれての専門的な授業。
      3年次は2年次を深めたもの。
      4年次は卒業制作のみでチームになって映像制作することが多い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      CM、PVを中心とした映像照明のフリーランス業。
    投稿者ID:426612
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 環境デザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      今年の4月下旬から通信課程に入学予定で、本格的に学科に所属していないので、詳しくは分からないため
      資料で確認した情報や、知り合いから伝え聞いた情報によると、良さそうだと思っているぐらいのレベル
    • 講義・授業
      初心者から上級者が入り混じるクラスの中で、その人に合わせて講師陣が教えてくださるので、とても分かりやすいのではないかと期待している
    • 研究室・ゼミ
      講師陣が現役で活躍していたり、とても優秀な方々が揃っているため、現場で役立つ知識や考え方が学べると思う。
    • 就職・進学
      通信課程全体で、多くの教員が在籍しており、またwebでのサポートやすでにその業界で働いている学友がいたりするので、業界のことを聞くことも叶う環境にある
    • アクセス・立地
      出町柳からか、京阪三条からバスで30分ほど。
      アクセスがいいとは言い難いが、学舎の目の前にバス停があるので、そこはありがたい。
    • 施設・設備
      カフェが充実していたり、歌舞伎座があったり、能舞台がある大学なんて他にないのではないだろうか。
      芸術大学ならではの施設といえる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      全国各地から様々な年代の学友たちが集う通信課程なので、顔を合わせる人もいれば、サイト上のコミュニティで言葉を交わす学友もいる。
      そういった意味で、全国に知り合いができるのは楽しいことだと思う。
    • 学生生活
      通信課程のため、サークル活動などはないと思う。
      あったとしても、普段は会社員なので行けないと思う。
      あるとするなら、スクーリング後の飲み会くらいではないかと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      アドビ製品の基本的な操作方法から、どうデザインするのかという、情報を整理するチカラをつけられるカリキュラムになっています。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      グラフィックデザインができる環境に行くつもりだ、
    投稿者ID:427787
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 環境デザイン学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      地味な学科で、学内でも山奥にあるため目立たない。
      講師の有名さは充実している。
      カリキュラムはおおよそ特異なものはなく、オールマイティに学べるが、講義内容にたまに面白い建築学の授業がある。
    • 講義・授業
      講義内容自体に特異性はなく、芸大のためあまり理系的な建築学を学べる訳ではないが、芸大ならではの感性の持ち主が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは4年生のみだが、ゼミごとに季節での研修を行っており、割と充実している。
      ゼミは院生と同じに講義することも多いので、院生との刺激の仕合も、成長に繋がると感じる。
    • 就職・進学
      就職科では、SPI指導・グループディスカッション・履歴書の校正・イベントの案内など様々なことを手助けしてくれるだけだなく、就職に特化した担当者がいるため、各企業との繋がりも親密に感じた。
    • アクセス・立地
      京都駅から電車の直通はなく、直通のバスは50分以上かかるため、利便性は悪い。
      その代わり周辺は静かでカフェも多く、銀閣寺付近の哲学の道や鴨川の桜などは見応えがある
    • 施設・設備
      施設利用にお金がかかるが、大型のプリンターや作品作りのための教室は広く使用できる。
      また、デスクには木材が使用されているので、傷付けても問題ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他学科との交流が盛んで、学校の隣には日本語学校もあり海外留学生も多く、異国文化交流だけでなく交際に発展している学生も数多い。
    • 学生生活
      プラスプロジェクトという活動は、となりの日本語学校の生徒が日本にもっと馴染めるように、大学でイベントを企画して交流をはかっている。
      そのプロジェクトのメンバーは、大学から本格的に英語を始めた生徒が、海外留学へ行ったりと急成長を遂げている
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年次は環境デザイン学科の生徒全て合同で基礎を学ぶ。
      3年次からは建築・インテリア・エクステリアの3コースに分かれてより専門的な意匠設計を学ぶ。
      コース間を超えた組み合わせで課題に臨む場合もあり、お互いに刺激しあえる環境が整っている。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      各コースに関連している設計事務所・大手ハウスメーカー・不動産業者が主だっている。
    投稿者ID:426633
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 美術工芸学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      絵を描きたいという、自分と同じ心境の人が多いと思いきや、する人はするし、しない人は何もしないという、やる気の温度差がすごい。
      教授もそれに対して特に言及しないので、いかに自分に厳しくなれるかが大事。
      良く言えば自由な時間が多い。
    • 講義・授業
      課題は与えられるが、指導して欲しければ教授に積極的に突撃していく必要がある。
      受け身だといけない。
      雰囲気は学生間のやる気の温度差がすごく、ギスギスしている。居心地はあまり良くない。しかし、制作に集中できればさほど気にならない。
      自分が積極的かどうかで大きく評価は変わる。積極的であれば、それに応えてくれるだけの設備や環境は、この大学にはあると思う。
    • 研究室・ゼミ
      研究室などは三年生から始まるので、詳しいことはわからない。
      学生1人に担当の教授がつき、履修選択やその辺の相談には乗ってもらえる。
    • 就職・進学
      芸術大学なので、察しの通りあまり良くない。デザイン系の学科なら、まだ少し高いが、美術工芸学科になると低い。
      しかしそれは、本人がどれだけ学生生活を本気で取り組んできたかによるので、学科が全てではない。
    • アクセス・立地
      悪い。最寄りの駅からでも徒歩で15分以上歩かなければならない。バス停なら目の前にあるが、ほぼ時刻通りには来ないし、観光客でごった返していて、それだけですごく疲れる。
    • 施設・設備
      ライセンスを取れば、金属切断機とか溶接とかなんでもできる。駆使できればでかい立体作品も作れる。
      図書館には、ファッション誌(芸術寄りにはなるが)ネイチャーとかマニアックな雑誌も置いてある。画集が充実。映画とかも見える。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女比でいうと、2:8なので、女子は恋愛においては厳しいかも、、、
      女子が圧倒的に多いので、男なだけで少しちやほやされてる気がする。
    • 学生生活
      イベントは学園祭と卒展ぐらい。芸大生が作った個性豊かな品が買える。体育祭もあるようだが、必修ではないので参加する人は少ない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は油絵の具を使って、課題をこなす。静物と人物、風景と写実的なものが中心になる。一年最後の課題は自由制作。
    投稿者ID:426587
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    芸術学部 プロダクトデザイン学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      しっかりしたカリキュラムで4年間みっちり構成してあると感じた。プロの中で仕事することができるのは京造の強みだと思う。そこでどれだけ頑張れるかは自分次第なので、その人によって伸び代が全く違う。
    • 講義・授業
      カリキュラムはしっかりと構成してある。技官なども常駐しておりさまざまなフォローをしてくれる。様々な授業を通し自分の進みたい道を見つけることができ、充実していたと思う。
    • 研究室・ゼミ
      これは選択するゼミによって全く違うし、その年によってゼミも違うのでなんとも言えないが、私は充実していた。私のゼミは自分で課題を見つけ、提案し解決をする形だったので、現場で働く今振り返ると、かなり現実に近い形での授業だったと思う。
    • 就職・進学
      就職実績については、努力次第だと思うが、先輩や同期、後輩がかなり有名なところに就職しているため今後はもっとよくなるのではと思う。サポート自体はしっかりしていて、相談に乗ってくれたりポートフォリオの添削をしてくれる。
    • アクセス・立地
      学校周辺はスーパーや飲食店などがあり、生活はしやすい。私はかなり離れたところで下宿していたため学校周辺では生活していなかったが、友人はみんな学校近辺で生活していた。駅も近いので便利だとおもう。
    • 施設・設備
      学科専用の工房があり、技官も常駐しているためとても助かった。3Dプリンターや切削機、レーザー加工機なども自由に使用でき、自主制作などにも取り組める環境である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内では、学科全体で行う授業も多く交友関係はしっかりと築ける。他学科とも1回生の時に合同授業があるので幅広く関われると思う。実際に、私は1回生の時の合同授業で知り合った人と卒業してから結婚し、今に至る。
    • 学生生活
      サークルや部活動についてはあるにはあるが、活動しているサークは少ないと思う。私は入りたいサークルがなかったことと自主制作を進めたかったため加入しなかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      生活雑貨や工業製品、工芸品など幅広く学ぶことができる。実際の作業だけではなく歴史や知識なども学ぶことができる。講師は有名な企業で活躍してきた人が多く、実際にその人たちに触れ合いながら学ぶことができるのは本当に貴重な経験だったと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      メーカーの企画職
    投稿者ID:431892
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 プロダクトデザイン学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      人によって感じかたはちがうとおもうが、悪くはないと思う。
      自分から行動すれば、チャンスはたくさんある環境なので、やる気のある人にとってはいいかもしれない。
    • 講義・授業
      人によって感じかたはちがうとおもうが、悪くはないと思う。先生方は、みんな実力のある、実績のある方ばかりだ。それが自分にあうかあわないかは人によると思う。
    • 研究室・ゼミ
      一年生なのでまだなんともいえません。人によって感じかたはちがうとおもいますが、悪い話などは聞いたことがないので、悪くはないと思います。研究室はアットホームなかんじです。
    • 就職・進学
      自分の学科は就職率はとてもいいです。しかし、どんな会社かはピンキリで、大手企業もあれば聞いたことがない企業もあります。とりあえずは就職はできると思います。
    • アクセス・立地
      バスや電車が近くにあるのでアクセスは悪くはないと思います。しかし、山です。完全に山です。教室の場所は、覚えるまで間違ったりまよったりするかもしれません。
    • 施設・設備
      学科専用の工房が一応あります。授業中も授業外も使います。そこでしか出来ない作業もあるので、助かっています。
      図書館にも学科別のおすすめなどがあり、何となくいってもたのしめます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人によるとはおもいますが、悪くはないと思います。しかし、自分から求めないと出会いは一年生までくらいしかあまりないとおもいます。一人でいたいひともみんなでいたいひともいい感じに過ごせるのではないでしょうか。
    • 学生生活
      サークルには所属していません。しかし、友人の話などをきいていると、悪い感じはありません。個性ゆたかなサークルがいっぱいあるので、入りたいひとはいいのではないでしょうか。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生から基本的なことに加え作品をつくったり応用てきなこともします。ただ、すごく忙しいので、覚悟が必要です。
    投稿者ID:430632
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 舞台芸術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      自主性がある人はどんどん力をつけることができる。学内でも学外でも活動の輪を広げ、学生でも大人の方(プロの方も含む)ともに作品を作る機会を得ることができる。
      授業の種類としては、専門授業はコース別のものと学科全員のもの、いわゆる一般教養的なものは自分で選択するものの他に、1回生の時のみ学科縦割りのクラスで行われるものがあり、様々な人と出会うことができる。
    • 講義・授業
      いわゆる一般教養の授業については、どの授業も芸術と結びつけた内容になっている。
      専門科目は、1回生の時に両コースの授業を受け、演技もスタッフ面も浅く広く学ぶ。そして興味を持った分野は自分で行動して開拓していく。2回生からは、授業発表公演があり本格的に演劇やダンスの公演を行うことができる。授業発表公演の時は他学年の先輩、後輩、また授業選択していない同期が手伝いに来てくれたりする。講師には各専門のプロがきてアドバイスをしてもらえる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3回生のときにある。
      自分がそれまでに学んできた部署(舞台監督、照明、音響、美術、衣裳、制作)の人おすすめのコース、みたいな分け方をしていくつかの先生に別れ、その分野でのデザインを考えていく上でのもっと深い知識の授業が行われる。ゼミ、という感じはあまりなく少し深い専門授業という感じ。
      卒業制作については自分たち劇団のようなものを作り、そのメンバーで1年かけて一作品つくり上演する。
    • 就職・進学
      大学院に行く人はほぼいない。
      将来の進路は大きく、就職する人(アルバイト含む)と、フリーランスの役者・ダンサー・スタッフに分かれる。舞台業界に残る人と離れる人は半々くらい。
    • アクセス・立地
      京都駅から5番のバスで50分くらい。
      最寄駅の茶山駅からは徒歩10分くらい。
      繁華街の四条周辺へはバスや電車や自転車で30分程。
    • 施設・設備
      少し手続きに時間はかかるが、劇場の機材など充実している。
      教室は空いていれば好きなだけいることもできる。
      研究室は色んな学年の人が作業したりミーティングしたりしていて、交流の場にもなっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他学科の友達は一回生の時にある授業でできると思う。
      学科内の人とは公演していくにつれ仲良くなる。一部の人と関わるというより、4年間でいろんな人と作品を作っていく。
      先輩後輩とは公演のサポートをしたり、一緒に公演を作ったりしていくうちに仲良くなる。
      恋愛は学科内では求めてない人が多い。
    • 学生生活
      サークルは所属していなかったので詳しくないが、あまり多くはない。京都大のサークルに所属している人もいた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      専門科目について。
      1回生の時はどちらのコースも必修科目で演技もスタッフワークもどちらも体験し、広く浅く学ぶ。そこで自分の興味のある部署(役者、美術、照明、音響、衣裳、制作、舞台監督)を見つける。
      2?3回生のときは授業発表公演がある。演出家の先生を招いて公演を行う。スタッフワークについても各部署にプロの先生がついて教えてもらったりアドバイスをもらえるが、あくまでサポートなので自分でデザインのプランニングができる。演技・演出コースの人がスタッフをやったり、舞台デザインコースの人が出演者をやったりすることができる授業もある。
      4回生のときは卒業制作の作品を半年以上の時間をかけてつくっていく。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      舞台業界
    投稿者ID:428664
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 美術工芸学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      私の所属する学科は他よりも自由度が高く、先生達も認めてくれるので好きな事をやれる。
      授業数が多い。けれどグループに分かれてのねぶた作りなど、コミュニケーションを取る授業が多い(必修にもいくつかある)ので、あまり周りと関わりたくない人には辛い面もある。しかしグループ毎での合同制作は学べる事がたくさんあり、達成感や充実感も多く得られる。
      大学としては自由で活気のある方だと思う。
      学費は高く奨学金を利用している人やバイトをしている人がほとんど。
      どの大学にも言える事ですが、特に芸大に関しては自分と学風が合わないとやっていくのは辛いと思うので、他校とよく比較した上で自分に合う大学を選択すべきだと思う。
      保健センターの対応は良いと感じた事がないので利用はおすすめしない。
    • 講義・授業
      まあまあだと思う。先生と自分が合うかにもよる。
      講義中の雰囲気はどの授業も良い。設備も良い。ただ学内は階段だらけなので車椅子の方などは辛い面が多いのではないか。
      芸大はおそらくどこもそうですが、課題は多い。
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ一回生なのでゼミのことはわからない。
      学科の研究室は色々な物が置いてあり、必要であれば借りられる。
      挑戦したい技法や方法があれば先生に相談すればきっと試してくれる。
    • 就職・進学
      就職実績は良いが、あまりそこについて詳しくは知らない。
      ただ就職に関する授業やサポートは多いので、3回生になれば実感すると思う。
    • アクセス・立地
      アクセスはあまりよくない。
      京都駅からバスで40分ほどかかるし(バス停は学校の目の前)、叡山電鉄茶山駅からだと15分ほどかかる。真夏は暑い。
    • 施設・設備
      キャンパス全体は綺麗だが、山の麓にあるので階段はかなり多い。各教室の設備は良く、椅子も机もホワイトボードも真新しく使いやすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私はあまり周りと関わらないが、学科全体は落ち着いた雰囲気で過激な人もおらず、平和な学園生活を送れている。
    • 学生生活
      活動内容が楽しく、自分のやりたいことでもあるので行くのが楽しみだ。またヌードデッサン部は芸大ならではだと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      美術工芸学科では1年次に美術概論(美術の歴史を学ぶ)工芸概論(工藝品、民藝品の種類について学ぶ)という、学科の学習内容で基礎になる事が必修になっていて、木曜日の1,2限がその授業の時間になっている。個人的には楽しい授業だった。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      これから2回生なので詳しいことはこれからだが、就職希望。
    投稿者ID:430702
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    芸術学部 美術工芸学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      芸術について幅広く学ぶことができ、サポートが充実している。セミナーも多いので面白そうなものは行きたいが、セミナー費が少し高め。しかし魅力的な講師や講義が多い学校だと思う。
    • 講義・授業
      外部からの講師もおり、視点を変えて学ぶことができる。内容も密なもので、たのしんで学ぶことができる。履修の組み方は自分次第なので、よく考えなければならない。
    • 研究室・ゼミ
      私自身はゼミに参加していないが、参加している人達は興味を持って熱心に学んでいる。ゼミ同士の繋がりによって作品が生まれることもある。
    • 就職・進学
      インターネット掲示板を介したサポートなど、充実している。就職についてはまだ考えていないので、そのサポートはまだわからない。
    • アクセス・立地
      駅からのアクセスは良い。周辺にお洒落なお店もあり、周りを歩くのも楽しい。近くのカフェに行くことが多い。
    • 施設・設備
      展示やワークショップをするための小さめのホールが充実している。作品づくりや合同展示の際のときに使えるのが便利。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      趣味嗜好が似た人が集まっているので人間関係は良好。恋愛に関しては自分の身の回りに関しては見かけない。
    • 学生生活
      文化祭やワークショップなどのイベントは、盛り上がるし充実していると思う。アルバイトは土日のみ、サービス業をしている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1から2年次は英語や数字を含めた総合教育科目。3年次はは芸術理論や芸術史を中心に研究や考察をすすめる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定
    投稿者ID:427452
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    芸術学部 情報デザイン学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      グラフィックや広告、映像など幅広い分野が学べます。私たちの学科では伝えたいことを視覚的に伝える手法を学びます。
    • 講義・授業
      幅広い分野の講義を聞くことができます。
      試験もレポートまたはテストですがそこまで難しくありません。
    • 就職・進学
      就職希望者の就職率はまあいい方だと思います。
      ただ、全員がデザイン系に行っているわけではありません。一般企業への就職率は多いです。
    • アクセス・立地
      jr京都駅からバスで30分程度
      道路に面しており結構目立ちます。
      近くにはカフェやレストランがたくさんあり学生たちがいつも利用しています。
    • 施設・設備
      最近、新設の校舎ができました。
      旧校舎はあまり綺麗ではありません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男女ともに仲がいいです。
      一回生の時にねぶた祭りを行うのですがその時に様々な学科の人と共同作業を行うため幅広い友人関係が構築できます。また面白い先輩も多くサークル活動も充実しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      グラフィック
      広告
      映像
      地域とデザイン
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      広告系
      メーカー
      デザイン事務所など
    投稿者ID:390014
    この口コミは参考になりましたか?
103件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都造形芸術大学   >>  口コミ

京都造形芸術大学の学部

オススメの大学

天使大学
天使大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.88 (43件)
北海道/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.85 (114件)
北海道/私立
東北学院大学
東北学院大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.69 (448件)
宮城県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。