みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立医科大学   >>  口コミ

京都府立医科大学
出典:Mariemon
京都府立医科大学
(きょうとふりついかだいがく)

京都府 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:67.5

口コミ:★★★★☆

4.00

(52)

京都府立医科大学 口コミ

★★★★☆ 4.00
(52) 公立内26 / 83校中
学部絞込
521-10件を表示
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2019年01月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      たぶんここまで単科大学らしい単科大学はないんじゃないかな。もちろん他学(特に総合大学)に比べて良い面もあれば悪い面もあるけど、自分は充実した生活を送ってますし楽しいです。
    • 講義・授業
      教養では、先生は優しく接してくれますし、質問もいつもできる空気なので、先生との距離が近いなと感じました。また医者に対するモチベを上げるために、一回生の頃から病院見学や実習を年に数回設けてくれます。正直これは自分にとってとても良い経験になっています。
      2回生以降は大方どの大学でも同じなのですが、基礎医学が始まります。一般的に6年間の中で一番しんどいと言われていますが、良い先生や友達に恵まれそんなに苦には感じていません。
    • 就職・進学
      京都府下の地盤が尋常でなく盤石で、ほとんどの病院を院長以下府立医大勢力が占める関連病院として抑えています。そのせいで川向かいの大学さんは、仮に京都の病院にマッチングできたとしても、上のポストはもらえないだろうということが分かっているので、だいたいの人が県外(滋賀の東部や日本海側)に流れざるを得ないみたいです。また、あまり知られていませんが関連病院自体は大阪や兵庫、奈良北部にも存在します。府立医大は京都で開業するのに有利と言われていますが、勤務医になったとしても勤め先が豊富で院長ポストも狙えるという2つの強みがあります。
    • アクセス・立地
      河原町や烏丸にそこそこ近いのでだいぶ便利です。また下宿ではなく実家から通う人にとっても、阪急や京阪、地下鉄のいずれでも通えるというのは大きいです。
    • 施設・設備
      一回生の時に使う北山の稲盛記念会館は、府立医大が国公立大であることを疑うくらいにとにかく新しくキレイです。一階にはカフェが併設されており、また建物の真横には大きくこれまた新しくキレイな図書館があるので、こんなに恵まれた環境はありません。
      二回生以降河原町の本校を使うことになりますが、とてもキレイとまではいかなくても大学生活を送る上で支障のない建物だと思います。ただ本校の椅子は木でできていて長時間座るのが辛いです。座布団を持参してください。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      とにかくこじんまり、和気藹々としており、理解のある友人が多くて助かっています。(男女比が7:3くらいで、女子は少し少ないんじゃないかなーとは思ったりしてるんですけど。)あと、積極性のある生徒がなかなかいないので、恋愛や青春に走る人は自分の周りにはいない気がします。相方が欲しい人や、普通に人脈を広げたいという人は、他学との交流のあるような部活に入ってください。
    • 学生生活
      単科大学なので一学年の生徒数に限りがあり、サークルという概念が存在せず、部活のみとなっています。学祭は川向かいのNFに比べると寂れています。良い意味で「こじんまり」しているということは悪い意味では「人の数に限界がある」ということなんですよね。
      部活についてなのですが、とにかく情報を大事にしてください。大学に入ったらこれをしたいという願望はもちろん構わないんですけど、新歓の時はどこの部活も安全な部活動をしていますよアピールをします。特に気をつけて欲しいのは飲み会のキツさで、新歓で「ウチは飲ませないから〜」と言ってたくせして新歓が終わったら豹変したかのように新入部員を潰しにかかるということも耳にします。これはうちの大学に限った話じゃないと思いますけど、そういう部活に入ってしまうとずっと先輩の顔を伺い続けてそういうところもある程度妥協しないといけません。その点文化部はそういう悪い噂は聞かないですね。取り敢えずは他学と交流できるような文化部に入って、余裕があれば運動部に入るということを私としてはお勧めします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      医師
    投稿者ID:497556
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      友達同士はすごく仲が良く学校が楽しいです。また看護の先生方はみんな優しく、実技演習なども丁寧に教えて貰えます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は京阪線神宮丸太町か出町柳と阪急京都線河原町駅です。市バスや京都バスに府立医大病院前というバス停もあるので楽です。
      大抵の人が京阪から徒歩、阪急かJR京都駅からバス、または市内からバス、下宿の人は自転車などで通っています。
    • 施設・設備
      建物はあまり新しくはありません。病院も外来は一見綺麗に見えますが、病棟は古い建物です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大抵の人が部活に入っており、その中でたくさんの友達や先輩、後輩と出会うことができます。とても気の合う友達ができます。部活関係なく仲良くなった友達もいます。
    • 学生生活
      うちの大学にはサークルがなく、全て部活です。ただ全て部活なだけあって、他大学の体育会運動部ほど厳しい訳ではなく楽しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      看護師の資格を取るために学びます。希望をすれば定員はありますが、保健師や助産師の資格を取るために学ぶこともできます。
    投稿者ID:483022
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      一回生の間は、教養で専門的な勉強はまだしませんが、その中でも医学に関する教養が多く、興味深い授業が多いです。あまり真面目でない生徒もいますが、真面目に自学自習に励んでいるひとは充実した学生生活を送っている印象です。今年から、出席が厳しくなり、事前に連絡しないとややこしいことになります。また、留年すると、全単位取り直しになります。一回生の間は、校舎が綺麗です。本校は付属病院かすぐ隣にあり、常に病院の雰囲気を感じ取れます。一回生の時から実習で病院に行く機会があり、医学部に入ったことを実感します。本気で医師になりたい、真面目な人向きの大学になってきています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人数が少ないので、アットホームな雰囲気です。入学して半年ではまだ知らない人が多いですが、先輩方を見ていると、6年間でとても仲良くなれるようです。恋愛関係でも、6年の間に色々とあるようです。
    • 学生生活
      サークルがなく、体育会系の部活はどれもすごく真剣に活動している印象です。部活選びは慎重にすべきだと思います。今の時点でで辞めた人も結構います。
    投稿者ID:482581
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学長による学年進級制度と実習100パーセント出席の導入でかなり厳しくなったため、評価5はつけたくないが、悪くもない学校である。
    • アクセス・立地
      通学もしやすいし、昼とかに食べるところも困らないから結構いい。周辺の環境も鴨川沿いであるしすごく良いと思う。
    • 施設・設備
      1年次の稲森記念会館はすごく綺麗だが、基礎講義棟はひどいの一言以外に形容し難い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は別に良いが、なんせ出会いがない。女子はいても6年間一緒だから気まずくなったら終わりである。みずから学外に出会いを求めるのも大変だから、部内恋愛が定番になってる悲しい現実がある。
    • 学生生活
      体育会系の部はどこも西日本医科学生総合体育大会を目標にしっかりと部活動に励んでいて、私的にらいいと思う。その反面、大学生として思い描くであろうサークル活動は存在しないため、がっかりする人も多いかもしれない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医学科だから当然ではあるが、医学について学ぶ。どの大学に行っても医学部ならあまり変わらないはずである。
    投稿者ID:469681
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    • 総合評価
      アクセスが良いです。
      京都を感じられるため非常にキャンパスライフが楽しいです。
      近く(カップルが等間隔で並ぶことで有名だとかそうじゃないとかの鴨川を挟んで反対側に)に京大の医学部医学科もあります。
      先輩によると、合同でCBTかOSCEの講習が、4年次学生のときにあるそうなので、そこも魅了的かなと思います。
    • 講義・授業
      非常に楽しいです。
      今はまだ一般教養の授業ですが、専門科目の授業がとてもとても楽しみです。
    • 研究室・ゼミ
      行っていないからまだわかりませんが、先輩の情報によると、魅力的なものが多くて迷うそうです。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は京阪電鉄の神宮丸太町駅です。
      がんばれば阪急河原町駅からも歩けなくはないですね(笑)
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人は作りやすいと思います。
      恋愛関係は、、、その人次第です兼ねる(笑)
      チャンスは十分あると思います
    • 学生生活
      MESSがとてもおすすめです。
      他大学のMESSとの交流やイベントもあり、とても楽しくやりがいのある、かなり魅力的な部活です。
      先輩も優しくして下さります。
      一体どんな部活だと思ったそこの君、是非新歓のときに顔を出してみましょう!
    投稿者ID:466334
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学校生活を振り替えるととても忙しいけど充実したものだったと感じるのとができる。
      充実している点としては実習がちゃんとしている点である。看護を学びたい、人を助けたい人にとっては確かな知識を得ることができるので良いと思う。授業意外に関しては部活が充実している。卒業後は付属病院の看護しになるつもりである
    • 講義・授業
      講義授業の内容は実践的で具体的なないようで写真などが用いられてとてもイメージしやすくてわかりやすかった
    • 研究室・ゼミ
      ゼミとかではなく必修であったが将来仕事につくにあたって必ず必要となってくる専門的な知識を学ぶことができた
    • 就職・進学
      就職実績についてはとても高く、国家試験の合格者数もとても高い。進学についても様々なことが学べるコースがある
    • アクセス・立地
      駅の近くにあり病院の近くに大学があると言うことでとても利用しやすく立地は良い。周囲も店や川でニギワッテイル
    • 施設・設備
      様々なことができる演習施設がたくさんあり便利に利用しやすい使うことのできる道具もたくさんあるのでよい
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      周りの人はほとんど恋愛関係は充実しているし全体的に友達関係も良好だと思われる。サークルでは先輩との繋がりが強い
    • 学生生活
      大学のイベントも小さいが定期的にあり学生が自主的に行い楽しめるものであるアルバイトにも一生懸命はげめる
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的な人間の構造と言語について学ぶ
      2年は専門的な知識を学び実戦的なことにもトリクミはじめる
    投稿者ID:428915
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    医学部 看護学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      附属病院から現役の医師や看護師が講義をしてくれることもあり、現場の生の声を聞け、知識も得られる。
      学内の教員は優しくフォローしてくれるが優しすぎるところもある。
      卒業後は附属病院への就職はほぼ約束されたようなものなので、就職活動には困らない。
      また、街中にあり、大学生活を楽しむのに申し分なかった。
    • 講義・授業
      附属病院から医師や看護師が講義をしてくれることもあり、現場の声が聞けるのは魅力。
      学内教員もためになる授業もあるが、基本的に過去問があれば試験は合格できる。
      必修科目が多く、忙しいは忙しい。
    • 研究室・ゼミ
      研究室やゼミは4回生になってから所属する。
      演習はクラス全員でやる。1、2回生の間に演習が多く、患者さんの日常生活を支える援助(体拭きなど)や、治療援助(採血など)を学ぶ。
    • 就職・進学
      附属病院があるので、就職活動には困らない。
      かといって全員が附属病院に就職するわけでもなく、外病院でもたいていの人は第1希望に就職できている。
    • アクセス・立地
      河原町、京都駅にアクセスがよく、学生生活を楽しむのには申し分なかった。
      また、御所や鴨川も近く、自然を感じることもできた。
    • 施設・設備
      他大学でも同じだと思うが、どうしても常に最新の医療機器を学校に備えるのは無理があるので、学校で使い方を学んだ機器が実際の病院では古い型として使われていないこともある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      医学科の学生との学内恋愛は多かった。
      特に、部活に所属すれば医学生とともに活動することになり、付き合いやすい。
    • 学生生活
      単科大学で人数が少ないため、サークルはなく、部活のみ(名前は部活だが、活動内容はほぼサークルみたいなもの)
      他の総合大学に比べれば部活の種類も少ないが、メジャーなものは揃っている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生の間は一般教養がほとんどなので、他の学科とあまり変わりない。看護らしいことといえば、生活援助という講義があり、入院するにあたっての患者さんの生活を支える練習をする(体拭きなど)ことぐらい。
      2回生では主に疾患の勉強をします
      3回生では、2回生で学んだ疾患のことも元にした看護展開(模擬事例に対してどのような看護を提供するか)について学びます。3回生後期から、臨床実習が始まります。4回生前期も実習です。実習は小児、母性(産婦人科)、慢性(内科系疾患)、急性(外科系疾患)、老年、在宅の領域があります。保健師や助産師を選択した人はそれぞれの実習もあります。
      4回生後期はゼミに所属し、卒論を仕上げます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      たいていの人は附属病院に就職。私は大学病院で働くのが嫌だったため、公立の他病院に就職しました。
    投稿者ID:427320
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      府立医大は歴史があり関連病院も多くいい病院をおさえており、それは素晴らしい点の1つだと思います。また、最近不祥事があったようですが、今でも病院は多くの患者さんが利用しており、医療のレベルが下がったようには感じません。それどころか、府民からの信頼をしっかり取り戻そうとかなり努力しているように感じます。良くも悪くも単科大学なので人脈を広げるのは難しいかもしれません。一方、縦のつながりはかなり強いと思います。部活では、卒業している先生方とのつながりがあるところも少なくないです。
      大学の立地もかなり良く、楽しい大学生活を送れます。
      入学試験については、阪大や京大から流れてくる学生も一定数いるし、問題も少し難しいですが、センタービハインドからの巻き返しが期待できる数少ない大学です。
    • 講義・授業
      教養科目も充実しており、選択科目では府立大、京都工繊との合同科目もたくさんあります。
      専門はまだわかりません。
    • 研究室・ゼミ
      研究にも力を入れているようです。先生方も熱心です。
    • 就職・進学
      素晴らしいと思います。京都市の大きな病院はほとんど府立医大の関連病院です。
    • アクセス・立地
      素晴らしいです。大学のすぐ横を鴨川が流れており、繁華街河原町も近いです。街並みもおしゃれなところが多いです。学生の街なだけあり楽しいです。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さいです。病院はかなり立派です。とても綺麗で、通るたびテンションが上がります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単科医大のため、看護科を合わせて学年200人程しかいませんが、そのぶん仲は良いと思います。総合大学の医学部でも、医学部のキャンパスは別で、同じような環境なようです。単科大学だから交流が難しいのではないです。
    • 学生生活
      サークルはほぼないです。部活はきつすぎず緩すぎないという印象ですが、自主練習したい人はどんどん練習できるという環境な気がします。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生は教養科目、二回生から医学を学びます。
    投稿者ID:386429
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      歓呼の授業だけでなく一般教養も多く学べて将来に生かすことができるからです。また、看護学科の先生と医学科の先生が協力して授業をしてくださるのでいざ臨床に出た時に役に立つ授業内容が多いです。
    • 講義・授業
      教授や看護の先生については、講義中にわかりやすく私たちに説明してくれ、テストに出るところや授業の中で大切な点をしっかりと教えてくれます。また、歓呼の技術演習では、事前に色々と調べてから行い、先生たちも一からデモンストレーションをおこなってくれるので、実践的で身につきやすい演習を行うことができています。
    • 研究室・ゼミ
      私の看護学科では研究室やゼミなどがありません。ですが、卒論などに関しては4回生の時に卒論の書き方や卒論を書くための時間が多くあり、先生たちもとても協力的に卒論を手伝ったくれていると先輩方から聞いています。
    • 就職・進学
      就職実績はほぼ100%に近く、看護師不足の今の時代ということもあり、就職に困るようなことは基本的にありません。
    • アクセス・立地
      京阪出町柳駅と京阪神宮丸太町のちょうど間に位置しており、どちらの駅からも徒歩で10?15分で行くことができます。また、バス停も大学の目の前にあるため、交通の面ではとても便利な大学と言えます。また、バスで15分ほどで河原町に行けるので、遊びに行ったりするときも場所に困ることがありません。
    • 施設・設備
      附属病院が学舎のすぐ近くにあり、看護実習を行うのにとても効率が良く、大学の卒業生もたくさん働いているため、色々と優しく教えてもらうことができます。また、図書館も隣に併設されており、夜も図書館で勉強を行うことも可能です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学科の人数は1学年80人ほどなので、その小さな環境の中でお互いに協力しあい、助け合うことで、友好関係も広がり、深まっています。また、部活動では看護学科4学年、医学科6学年の先輩方とも交流することができ、とても良くしてもらえていて、部活に入ってよかったと感じています。
    • 学生生活
      部活動については、医学科、看護学科合わせて90%近くの生徒が部活動に所属しており、その中で交友関係もたくさん広げることができます。看護学科ということで授業は他大学に比べて少し忙しいとは思いますが、アルバイトや友達と遊んだりすることも、勉強や部活と両立することができています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生の間は、一般教養と看護の基礎科目を勉強します。そして、二回生では看護の基礎や応用を学びます。そして三回生の前期で看護を詳しく学び、三回生後期から四回生前期にかけて臨床実習が約1年間行われます。約一年の臨床実習で、実際の現場に出た時の力が身につきます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      看護師
    投稿者ID:414774
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業に関しては、必修科目がかなり多く自由度は低いです。テストも多く難しいので大変でしたが、先生方のサポートも手厚いので留年する人は毎年ほとんどいません。実習に関しては、3回後期から4回前期までの一年間付属病院やその他施設での実習があります。付属病院が学校のすぐ隣にあり高度急性期を担う大きな病院であるので多くのことを学べるとても良い環境だと思います。実習の際も先生が常にサポートしてくれているので、安心して実習に望めました。卒業後は、毎年6割以上の人が付属病院へ就職します。付属病院以外にも、大学病院など規模の大きな病院へ就職する人が多いと思います。
    • 講義・授業
      学校の先生が行う授業は演習などもあり充実していると思います。ただ課題の量がものすごく多くとても大変でした。病院のお医者さんが行う授業もあり、先生ではないので教えるのがあまり上手くない先生もいるので教科によってはわかりにくいものも多かったです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は4回生の夏休み前くらいです。領域別に第5希望まで選択し、そこから抽選で決まります。領域ごとに選ぶため、先生は選択できません。ひとりの先生に対して生徒が3?4名で、ゼミで集まって活動することはほとんどなく、先生とマンツーマンで卒論を仕上げていくという感じです。
    • 就職・進学
      付属病院に就職する人が毎年6割以上で、就職試験はありますがほとんどの人が合格します。実習を付属病院で行うので、インターンなどに行かなくても病院の雰囲気がかなりわかります。授業として病院の説明会がありとても優遇されていると思います。そのほかの病院に就職する人も、大学病院など大きな病院に就職する人が多いと思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅は神宮丸太町駅と出町柳駅で徒歩15分くらいです。また病院の目の前に市バスのバス停があります。河原町通り沿いにあるので三条、四条などお店が多く集まる場所へのアクセスもとても良いです。鴨川や御所など自然にも囲まれていてのんびりしていてとてもいい場所だと思います。
    • 施設・設備
      キャンパスはとても小さいですがその分迷うことがないのでこじんまりしていて個人的には良いと思います。ただ本当に小さいので大学という感じは全くないです。最近看護校舎などWiFiが通ったので快適です。演習室は看護校舎と病院にある講義室なとが使えて、最新の模型などを用いて演習を行うこともできます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      少人数なため友達の数は多くないですが全員で同じ授業を受けることが多いので友達は作りやすいと思います。団結力もあると思います。恋愛に関しては男子がほとんどいないので他大学の人と付き合う人の方が多いと思います。
    • 学生生活
      サークルがなく部活だけなので選択肢の幅が狭いです。文化祭はかなり小規模で内輪的で楽しむ感じです。わたしは部活に所属していなかったので学校とアルバイトが中心でした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教養科目、専門科目、演習、などたくさんの授業があります。必修科目がかなり多いので、時間割は、特に一回生ではかなり拘束されます。三回生の後期から4回生の前期までは実習があるので授業はありません。4回生の後期は授業はほとんどなく、卒論と国試の勉強(自己学習)が主になります。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大学病院
    投稿者ID:414999
    この口コミは参考になりましたか?
521-10件を表示

基本情報

住所 京都府 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
最寄駅 京阪本線 出町柳
京阪鴨東線 出町柳
叡山電鉄叡山本線 出町柳
電話番号 075-251-5111
学部 医学部
概要 京都府立医科大学は、京都府京都市に本部を置く公立大学です。通称は「府立医大」。1872年粟田口青連院内に仮療病院を設け、治療の傍ら医学生を教育したことが始まりで、その後専門学校令により京都府立医学専門学校となる。1952年大学令により京都府立医科大学となり現在に至ります。産学公連携戦略を基盤に産業界及び行政機関と連携して、研究会やフォーラムの開催を実施しています。民間企業に対し、研究情報を提供や共同研究などに積極的に取り組んでいます。 本部のある河原町キャンパスは「医学部医学学科」専門のキャンパスです。その他看護各部が使用する広小路キャンパスなど合わせて3つのキャンパスがあります。京都府立医科大学附属病院など関連病院は京都を中心に15以上有しています。

この学校の条件に近い大学

学部一覧

おすすめのコンテンツ

京都府で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都府立医科大学   >>  口コミ

京都府立医科大学の学部

医学部
偏差値:67.5
★★★★☆ 4.02 (50件)

オススメの大学

国際教養大学
国際教養大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.20 (62件)
秋田県/公立
京都府立大学
京都府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 4.01 (160件)
京都府/公立
大阪府立大学
大阪府立大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.83 (348件)
大阪府/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。