>>     >>     >>  口コミ

文化学園大学
文化学園大学
(ぶんかがくえんだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:34 - 51

口コミ:

4.17

(35)

文化学園大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 4.26 6位
研究室・ゼミ 3.71 155位
就職・進学 3.29 322位
アクセス・立地 4.40 16位
施設・設備 4.17 33位
友人・恋愛 3.85 49位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

35件中 1-10件を表示
  • 文化学園大学
    女性在校生
    服装学部 服装社会学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      好きな授業だけでなく、必修の授業があるので普通の大学っぽさもある。
    • 講義・授業
      外部からの講師の方もいるが、基本的には古い先生方が多い。若い先生のやり方と古い先生のやり方と色々あるけど、好きだと思った先生の授業は集中して取るべき。
    • 研究室・ゼミ
      3年になったとたん始まります。ゼミの先生によって本当に充実性はバラバラで、ゼミに入る前に先生を見極め、色々な先生がいることも知った方がいい。
    • 就職・進学
      相談室もあるのでサポートは十分かと。アパレルだけでなく、一般企業やベンチャー企業に就職する方もいます。
    • アクセス・立地
      新宿からすぐなので買い物もすぐに出来るし、雨が降っても地下から学校の近くまで行けます。
    • 施設・設備
      図書館はファッション関係のものが莫大にあります。最新の雑誌も豊富です。映画が見れる部屋もあります。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    造形学部 デザイン・造形学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-06投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      服飾ファッション関係、デザイン、建築などを学びたい人には良い大学です。 設備などもきれいで使いやすいです。駅からは少し歩きますがわかりやすい道ですし、大学で必要な素材を置いている店もあるので便利です。ただ高層ビルなので朝などの混む時間帯はエレベーターがなかなかこないのでテキパキ行動しないと遅刻したりします。 講義などは基本をしっかり教えてくれるので(素材の使い方など)初めての人でも学びやすいと思います。 課題がかなり多いので大変ではありますが、そのおかげでダラダラした大学生活を送ることなく、充実していました。 私が大学にいた頃は、大変自由な大学で、学生一人ひとりそれぞれの目的にために行動しており、人間関係がさっぱりしていました。勉強に集中できます。個性的な人もいて、どの学生も違う学科であっても先輩後輩先生関係なくいろんな人と交流でき、大変楽しい楽生活でした。
    • 講義・授業
      基本的な事を教えてもらえる大学です。 素材の使い方、道具の正しい使い方、物を作るという作業が大変多い大学です。 建築では模型づくり、製図の書き方、建築の歴史、家具のデザイン、CAD(PCで設計や製図をする)など。 服飾は言葉のとおり、洋裁和裁、服の作り方です、そのほかデザイン画の描き方や歴史など。 グラフィックのコースは、詳しくないので説明ができません。 そのほか、教養、語学などといった教科はそんなに難しくはありません、ちゃんと授業を受け先生の言ったことや、黒板に書かれた内容をしっかりと勉強すれば問題ありません。
    • 研究室・ゼミ
      研究室という感じがないくらいに実に自由な研究室でした。 デザインや服飾の大学なので、他の大学や文系理系に大学とは違う感じです。 堅苦しい感じの研究室とかではないので大変楽しかったです。
    • 就職・進学
      学生のために就職説明会や相談もかなりの頻度で行われていました。 実際に卒業した先輩方を呼んで面接の仕方や、企業の雰囲気などの話をしていただき大変参考になった覚えがあります。 ただ、就職活動のサポートがいまいち足りたいと私は感じました。 就職活動は学生一人ひとりしっかりと個人で調べるのは当然。ですが、やはりまだ社会に慣れていません。 ブラック企業もありますからもう少し、企業の情報を大学側が調べて掲示するべきだと思います。
    • アクセス・立地
      駅からさほど離れていませんし、道も広くわかりやすくていいです。また駅の地下通路は便利で雨の日や寒い時期は大変助かります。お店も充実してますし不便なことはないです。
    • 施設・設備
      大変きれいです。図書館には貴重な本もありますし、個人で自習するスペースも結構あります。 生地を保管した資料室、生地に自分でデザインした柄をプリントできる機械があったり、最新のファッションショーのDVDや海外の新作映画のDVDをみれる場所もあります。 食堂なども広くて明るく、テーブルが大きいので次の授業が始まるまでお茶を飲みながら作業している人もいます。授業で必要な文具、生地などといった店も入っているのでわざわざ大学の外に出なくてもたいていのものはそろいます。
    • 友人・恋愛
      どの学科の学生もいきいきと自分の目標や好きなことに取り組んでいて大変自由で充実していました。 デザイン、服飾、建築、グラフィック、その勉強をしたい人であれば楽しい学生生活をおくれると思います。 ただデザインといった評価の仕方が難しい分野なので、大学の授業のほかに自分で積極的に学び手を動かしていく必要があると思います。 他学部、他大学との交流はサークルに入っている人はそれなりにあるでしょうが、そこまで盛んではないと思います。ですが友人が友人を呼ぶ感じでサークルに入っていなくても自然と他の学科の学生と交流していました。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はどの大学もそうでしょうが一般教養、基礎の講義が中心。 2年次で自分の興味のある学科の講義を選んで学びます。 3年はそれぞれのコースに入り、より専門的なことを学びます。
    入試について
    • 学科志望動機
      短期大学部に入っていましたが、短大で学んだ染織に興味を持ち、もっと学びたいと思い4年制に編入しました。 短大に入ったのは、自分のやりたいことがはっきりとしておらず、迷っていたとき、母にデザインや物を作る事が好きならこの大学はどうかと進められたからです。自分のやりたいことが決まっていなかったので短大なら2年で短いし、いいかなと軽い気持ちで入学しました。 ですが思っていた以上に楽しく、2年だっけでは物足りなくなってしまい4年制に編入しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      試験は基本的なことができていれば受かると思います。 過去問は確か見学、オープンキャンパスでもらえたと思いますが 過去問を使って勉強すれば大丈夫です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    服装学部 服装造形学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-28投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      服飾関係の仕事をしたい人にはとてもよい学校だと思います。課題が多いので、辞めていく人も多いですが、学生にうちから鍛えられるので、そのスタミナは社会に出た時にとても役に立ちます。
    • 講義・授業
      マーケティングから服装学、素材実験、制作など、服飾に関することを広く教えてくれます。また、TAテキスタイルアドバイザーの資格が取れることが、この学校の最大の強みだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      実験設備が良かったので、思うような研究ができた。アパレル企業が実験室を借りにきたりしていたので、良いものなのだと思います。
    • 就職・進学
      アパレル企業からの求人が多いです。学校での課題で頑張ったことが多かったので、自己アピールがしやすかったです。
    • アクセス・立地
      新宿駅から徒歩10分です。雨の日や暑い日などは、駅から地下道を通っていました。コンビニが多いので楽です。
    • 施設・設備
      実験室や実習室の設備は良かったです。また、ファッションショーをする講堂もありました。喫煙スペースが多かったので良かったです。
    • 友人・恋愛
      アクティブな人が多かったです。専門学校や短大も同じ敷地内にあり、合同の授業もありましたが、サークルに入るなどがなければ特に交流はありませんでした。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      服飾について基礎知識から基本技術まで学べます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      機能デザイン学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      衣服の機能性や、衣環境の研究ができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      アパレル企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      その企業の服が好きだったから。面接官の印象が良かったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      服飾に興味があり、将来の仕事にしたいと思ったから。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ないです。
    • どのような入試対策をしていたか
      デザイン画を描き、それをどうアピールするかを試行錯誤しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    服装学部 服装社会学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      アパレル業界で働きたい人にとっては、とても刺激的な学校です。様々なファッション系統が集う学校のため、日々の人間観察ですら勉強になります。しかし、やはりあまり勉学に強くないためWEBテストなと基礎的なところはしっかり勉強しないと、就活の時に負けます。
    • 講義・授業
      さすがと言っていいほど、ファッションに関する勉強が主に多いです。ここで培う事は将来でも役に立つことが多い。例えば、心理学でもファッション寄りであるため、カラーについてなど色々と学ぶことができる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはゼミによって内容が偏る。そのためゼミ選びは自身をどこに置くかを真剣に考える所だと思う。あまり学校に来ないようなゼミは、ほとんどバイトばかりしているような人たちばっかりであった。
    • 就職・進学
      ファッションに特化しているため、逆にファッション系以外はほとんどなかった。そのため、就職相談でもあまり話をきいても微妙だった。
    • アクセス・立地
      新宿なので、各線路がはしっておりとても良い。また、繁華街などもあるため人々を観察する事もできてよい。
    • 施設・設備
      施設はとてもきれいだった。PCなどもMacとか最新のものがあったので使いやすかった。また、学食も安い。
    • 友人・恋愛
      現在、共学化しているが男子の数は少ない。そのため、恋愛沙汰が狭い範囲でのみのため広がらない。学内でのサークルなどの部活動のため出会いを求めるなら学校では求めてはいけない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      ファッションについて社会学からの視点など、基礎から応用までを学ぶことができる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      ここは非公開にしたいため。内容は書きません。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ここは非公開にしたいため。内容は書きません。
    進路について
    • 就職先・進学先
      調査会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      学生時にアパレル販売のアルバイトをしたため、アパレルでの職務が考えられなくなり、消費者行動など調査・分析の世界に行った。
    入試について
    • 学科志望動機
      ファッション業界で働きたいと思ったが、実際には学生の時に培った統計などの知恵で調査業界にいった。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用していません。
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦のため、正直推薦状を記入してもらうだけでした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性在校生
    服装学部 服装社会学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の学科、学部とは違い全体的にゆるいので、自分の時間は確保できると思います。
      施設や立地が良いので、何かしたいときでもすぐに行けたり、買えたり、便利です。
      しかし、教室自体が多く、移動が大変、研究室を探すのが大変などもあります。
      自分の時間をどのように使うかで、学生生活変わると思います。
    • 講義・授業
      正直、実習の授業があまりないので、座学がほとんどです。なにかグループでしたり、という授業もすくないので、自分の意思で授業をちゃんと受けないと身にならないです。また、副手の先生がどの授業にもいるので、欠席遅刻に関してはかなりシビアです。が、授業にちゃんとでていれば、成績が悪くても、単位はもらえるとおもいます。その辺に関しては他の大学と違うと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはコースによって先輩と一緒だったり一緒じゃなかったりするのでなんともいえませんが、ほとんどグループワークだと思います。テーマに沿っていろいろなことを考えて、意見を出し合いそれをパワポにまとめて発表会するという形です。外に出かけたりする時もあります。
    • 就職・進学
      ふ服装社会学科が、1番就職率がいいと聞きました。
      造形学科よりも、選べる職種が多いです。また、服装関係ではない会社に就職する人もいます。
    • アクセス・立地
      新宿駅という立地はとても素晴らしいですが、
      南口から結構距離あります。そして一限のときは人の多さに絶望します。
      でも、買い物や何かするときには少し歩けばほんとになんでもあるのに、ほうかご遊ぶのにも本当にべんりです。
    • 施設・設備
      施設は図書館博物館をはじめ、学生ホールや食堂もあり、充実していると思います。
      また、購買もあり文房具や、生地なども買えて便利です。普通に綺麗です。
    • 友人・恋愛
      サークルがないので、先輩とかと仲良くなるきっかけはほとんどありません。また他のクラスの人も関わらないことが多いのでたくさんの友達ができるってわけではありません。学内カップルはまあまあいますが、男子の人数が圧倒的に少ないので、別れたら絶対きまずいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      服装の概念から、ビジネス経済、歴史、今ある現場などを学びます
    • 所属研究室・ゼミ名
      金川ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先輩とのグループワーク、学校外散策、発表など
    入試について
    • 学科志望動機
      服が好きだけれど服を作るのは苦手なので、ここに入りたかった
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用してない
    • どのような入試対策をしていたか
      プレゼンテーションを練習したり、調査したりする
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性在校生
    服装学部 服装造形学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015-06-26投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      本当にデザイン系の会社に就職したい人には良い大学です。
      授業や課題が多く、自分で体調、スケジュール管理が出来ない人には向いていませんが、学んだことを活かしてデザフェスやコンテストに挑戦してみたり、他人からの評価は自信と前進に繋がると思います。
    • 講義・授業
      出席に関しては代返など不正がないよう、出席カードや、顔を確認しての出欠確認があります。
      1コマ休むと追いつくのは大変です。ほとんどの授業が2コマ連続なので、3時間分の課題が増えてしまいます。
      ただ、技術の向上は自分でも感じられるくらいで、新しいことにどんどん挑戦したい人にお勧めです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は大体がフレンドリーな感じで、質問などをしたいときに入りやすいです。
      ゼミは4年生からで、卒論を書く時間になっています。
    • 就職・進学
      ファッション業界への就職には強いです。学内に張り出される求人情報も多く、その中から選ぶのもありだと思います。
    • アクセス・立地
      新宿駅から徒歩10分程で、地下通路もあるので雨の日でも楽です。ルミネ、ミロード、高島屋なども近いので、美味しいものがいっぱい食べられますよ。
    • 施設・設備
      都心20階建てのビルということもあって、お手洗いを含め、全体的に清潔です。
      学食、パン屋、カフェなどもあり、お昼休みは賑わっています。
    • 友人・恋愛
      服装だけでなく性格も自己主張の激しい人が多い傾向にあります。
      それに立ち向かえる人、流せる人、大人の対応ができる人でないと、ストレスになるかもしれません。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      洋裁、和裁、編み物、刺繍、デザイン画、CGなどの基礎から丁寧に教えてもらえます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      河本ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      個人で自由なテーマで卒論を書いています。
    入試について
    • 学科志望動機
      洋裁を学びたいと思い、多くの大学を見比べた結果、ここが一番技術が高かったため。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      家庭教師
    • どのような入試対策をしていたか
      自己アピールように洋服を3着と、ポートフォリオを作っていきました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    服装学部 服装社会学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      元々ファッションが大好きで将来絶対にアパレル関係の職業に就きたいと思う人にとってはいい学校だと思います。みな美への意識が高いです。でも、あまり進学校からの出身だと周りの環境の違いなので戸惑うかもしれないです。
    • 講義・授業
      ファッションについて多く学べるのでファッション好きな人にとってはいいと思います。
      でも、英語が得意な人にとっては英語の授業が一年生の時はレベル別ではなかたったので、レベルの低さにびっくりすると思います、
    • 研究室・ゼミ
      企業とコラボしてやるゼミがあったりするので、積極的な人には向くも思います、
      でも、ゼミの営業などで自分の携帯から電話しなくてはならなかったので
      そのへんはお金がかかります。営業の交通費も自己負担です。
      ても、のんびりしたゼミもたくさんあるので自分の選び方次第です。
    • 就職・進学
      アパレルで有名な学校なので、やはりアパレル業界への就職ばかりです。
      大手企業への就職は相当な努力をしないと難しいと思います。
      でも、アパレル業界だとネームバリューで就職に強いかもしれないです。
    • アクセス・立地
      新宿駅からすぐ近くなのでアクセスはすごくしやすいです。地下道もあるので、雨の日もあまりぬ
      れずに行けます。放課後遊ぶ場所にも困らないと思います。
    • 施設・設備
      学費がちょっと値段が張る分、アパレルに対しての最新機器はすごく整ってます。
      校舎も明るく綺麗です。図書館には常に最新の雑誌が全て残ってます。バックナンバーや海外の雑誌もおいてあるので、本当にファッション好きな人にとってはいいと思います。
    • 友人・恋愛
      基本的にはファッション好きな人が多くスタイルがいい人が多いと思います。
      体型に自信がなかったり、ファッションにあまり関心がないと引け目を感じると思います。
      サークルは全然ないので、交友関係を広げるなら他大学のインカレに自分で入るしかないです。
      元々女子大なので、学内での恋愛は全く期待できないですよ。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      ファッションについての歴史や基本技術や、選び方次第ではデザイン画なども学べます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      自宅療法
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      病気になってしまったため自宅療法中です。
    入試について
    • 学科志望動機
      ファッションに興味があり、ファッションを学びたいと思ったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      みすず学院
    • どのような入試対策をしていたか
      偏差値が低いので普通に勉強してれば入れます。
      最初はここが偏差値の高い学校が目標だったので簡単でした。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    服装学部 服装造形学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      とにかくファッションが好きでおしゃれが好きという人には最高の場所だと思います。縫製の基礎から応用までしっかりできるようになります。在学生もおしゃれなので日々のおしゃれも楽しくなります。
    • 講義・授業
      評価は出席メインなので必ずでないと単位はとれません。ファッションの歴史や素材の知識もつくので毎回授業は楽しかったです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはないので授業でしっかり知識をつけると良いと思います。コース選択で種類も豊富なのでいろいろ楽しめます。
    • 就職・進学
      アパレル業界からは文化は有名なので就職率は非常に高いです。担任の先生も就活の応援をしてくれるしインターンもあるので頑張り次第で夢を叶えられる場所だと思います。
    • アクセス・立地
      新宿から10分と非常にアクセスが良く帰り道は友人とショッピングやごはんにも行きやすいです。地下道もあるので雨にもぬれず通学できます。
    • 施設・設備
      20階建ての高いきれいなビルで都会感があります。ミシンや映像機会も揃っている。お弁当を買って中庭の芝生でランチが楽しめます。
    • 友人・恋愛
      わたしの在学時は女子大だったので女子同士のいざこざが少しめんどくさかったです。今は共学にもなったし食堂など学院の生徒と共有スペースもあるので出会いもあると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      デッサン、デザイン、立体造形などの基礎が学べます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      株式会社JUN
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      好きなブランドがあり知名度も高くその店で働きたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      ファッションが大好きでご近所物語の舞台にもなっていて憧れがあったため。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      AOだったのでブラウスを作ったりデザインを書いたりしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    造形学部 デザイン・造形学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-24投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      服飾関係の勉強をしたい人、物を作るのが得意な人、インテリアに興味がある人にはよい大学です。 大学の場所も大変便利なところですし、ファッションの勉強にもなります。 学校の施設も使いやすいですし、生地などたいてい必要なものはそろっているのですぐ買いにいけます。 講義は、まあ「勉強」ですから退屈になることもあります。またこの大学宿題の多い大学で有名。ですが、建築模型を作ったり絵を描いたり、服を作ったりとそういった手を動かす授業もたくさんあるので楽しいです。 文化祭なんかもファッションショーがあったりと楽しいです。 友人関係は気にしなくていい、入る前からそんなに考えなくていいと思うのです。 恋愛の事とかほぼきにしない人が多い、ファッションのことで夢中になっている人が多いので。 基本自由に出来る大学なので、遊びも勉強も楽しめます。 文化祭などみて、学生の雰囲気やキャンパスの雰囲気をみて、心地よいと思えればこの大学でやっていけると思います。
    • 講義・授業
      専門的な知識はもちろん、技術的なことも教えられるので大変よいです。 また基礎的な道具の使い方など、初めての人でもわかりやすく教えてもらえる授業などもあるのでよいかと思います。 いろいろと他の大学ではみられない講義などもあるので大変面白いです。 たまに、つまらない授業もありますが・・・単位もらえるならと割り切る事が大切です。
    • 研究室・ゼミ
      研究室という枠がないので説明できない。 基本自由。 自分たちで独自にやっているところが多い。 お金はほとんどかからないところが多いと思う。
    • 就職・進学
      就職相談室ははっきり言って役に立たない。 自分で積極的にいいと思ったところに行くしかない。 ただ基本的な面接の仕方などは教えてくれる。
    • アクセス・立地
      立地はかなりいいところです。新宿駅近いですし、店はたくさんあります。 大学内は、高層ビルでエレベーターが込みます。なので急いでいるときは大変。 速めの行動をとるようにしたほうがいいです。
    • 施設・設備
      教室や施設はきれいです。食堂は課題も出来る広々としたテーブルがありますし、落ち着きます。 資料室も充実していますし、最新のファッションショーのDVDも見れます。
    • 友人・恋愛
      基本的に自由で枠の外れた人が多いので、友人関係に疲れるということもあまりなく過ごせます。 大変楽な大学生活が過ごせます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      インテリアに関すること、絵画、工芸、服飾、建築、心理学、外国語、いろいろ学べます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      職人になるための修業中
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      着物の職人になるため。ただ着物が好きだから。
    入試について
    • 学科志望動機
      着物を織りたいと思っていたため、造形学科の染織を選んだ。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      基礎的を勉強していれば問題ない。過去問を解くとよい。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 文化学園大学
    女性卒業生
    造形学部 建築・インテリア学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      新宿にあるということで広い意味で学ぶことが出来、大学以外でアルバイトや友達と遊べます。
      課題が多く初めはペースが掴めないかと思いますが、社会で働くようになると課題を同時にこなしてきた手腕が役立ちます。
      課題が多い分、やる人とやらない人、できる人できない人がはっきりと現れます。やる気があれば優位意義な大学生活を送れると思います。
    • 講義・授業
      建築・インテリア・美術など多くのことを学べます。
      設計製図など基本のことから有名建築家の先生の講義、家具作成と色々なことが学べます
      ファッションが有名な学校ですが、デザインセンスを磨くにはもってこいだと思います。
      建築やインテリア以外のデザインや音楽に触れることで様々なセンスが磨かれると思います。
    • 研究室・ゼミ
      研究室・ゼミごとに卒業研究(卒業制作・卒業論文)のテーマが大きく変わってきます。
      卒業制作の場合材料費は全て自分持ちです。安くても五万円は掛かると考えてください。
    • 就職・進学
      大手企業(ハウスメーカー等)から中小企業、個人設計事務所など様々です。文化というとファッションというイメージが強いので、インテリアとアパレルどっちも扱っている企業にはよく知ってもらえます。
    • アクセス・立地
      新宿南口から約10分ということで沢山遊べる場があります。その分誘惑も多いので、学びと遊びの配分を考えないと後々大変なことになります。
      周りにコンビニやごはん屋さんも多く、学食以外にもお弁当の販売もあり、昼食には困りません。五限終わりに食事に行くことでリフレッシュしてました。
    • 施設・設備
      主にファッションに関する施設が充実しています。建築やインテリアに関する施設はほぼありません。博物館では有名デザイナーの家具が展示されていて、実際に手に取り触れるのでとてもいいと思います。
      図書館も多くの蔵書があります。海外のデザインの本や建築に関する雑誌など多くのバックナンバーもあります。
    • 友人・恋愛
      一クラス、一コースの人数が少ない分、とても団結し仲良くなれました。
      辛い課題も友人と励まし合いながらだったからこそ乗り越えられたと思っています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      I幅広く建築とインテリアのこと、生活に関することについて学ぶ
    • 所属研究室・ゼミ名
      インテリアデザイン研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      自分の好きなことを研究させてくれました。間違った方向に行かないよう、軌道修正してくれました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      派遣会社
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      正直、就活には苦労しました。周りが決まっていく中で焦り、卒制の締切や卒業が迫っていたこともあり、此処に決めた感じです。
    入試について
    • 学科志望動機
      建築もインテリアも学びたい。どっちが本当にやりたいかまだ分からないという感じでした。一年どちらも学んでみれば、方向性が見えると思い受験しました。
      文系教科で受験できたことも選んだ理由です。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      スクールIE
    • どのような入試対策をしていたか
      第一志望ではなかったのでこの学校に対する対策は過去問を解くくらいでした。
    この口コミは参考になりましたか?
35件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

文化学園大学の画像 :©Miyuki Meinakaさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

日本赤十字北海道看護大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:55
★★★★☆3.67 (6件)
北海道/私立
北星学園大学
北星学園大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:49 - 55
★★★★☆3.89 (101件)
北海道/私立
北海学園大学
北海学園大学
併願校におすすめ
偏差値:45 - 51
★★★★☆3.62 (171件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。