>>     >>     >>  口コミ

亜細亜大学
出典:Hykw-a4
亜細亜大学
(あじあだいがく)

東京都 / 私立

偏差値:50 - 53

口コミ:

3.68

(94)

亜細亜大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.46 301位
研究室・ゼミ 3.70 163位
就職・進学 3.29 321位
アクセス・立地 3.34 148位
施設・設備 3.65 187位
友人・恋愛 4.00 19位
学生生活 3.67 40位
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

94件中 1-10件を表示
  • 亜細亜大学
    男性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017-01-10投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分のポテンシャル次第で幾らでも成長できる大学だと思います。大学内での資格講座や公務員講座は充実しており、就職に備えて簿記や宅建、TOEICを取得しておきたい学生にはとても心強いと思います。また、留学は亜細亜大学という大学名に名劣りにすることなく中国、韓国、ヨーロッパ、アメリカ等に留学できます。さらに、交換留学制度もあり、意識が高い人であればさらに自分を磨くことができるでしょう。
    • 講義・授業
      本学の法学部は、公務員志望や企業のSPI対策として基礎数理という授業を設けています。これは、中学や高校の数学より簡単でと早計してはいけません。公務員試験での知能分野の問題を解いていくため、早くから数的推理や判断推理、図形の基礎を学べます。フレッシュマン・イングリッシュでは能力別に振り分けられたクラスでネイティブの講師から英語を教わるため、楽しくもあり、自分を成長できる機会でもあると思います。第二外国語も留学制度が充実しているため、伸ばそうと思う学生は卒業の時には、かなり伸びていると思います。
    • 研究室・ゼミ
      真面目な生徒に対して、教授はとても親身に接してくれます。先生によっては学生らの学びたいことに関して要望を出せば、その分野のゼミを行ってくれることもあります。近年ではグローバル化というのが一つの論点になっていますので、国際分野の法を学びたいと要望してみるのもいいと思います。
    • 就職・進学
      亜細亜大学は東急グループと深い縁であったりするので、東急系列のインターンシップや説明会などが行われることがあります。また、地元の中小企業も積極的に本大学とのインターシップ等を設けて頂いています。また、有名企業や国家公務員の内定をもらう先輩もいるので、努力次第で目指せるということは言っておきたいです。
    • アクセス・立地
      新宿から中央線で約18分です。駅からは10分程度でしょうか。武蔵境が最寄り駅なのですが、周りはオシャレで落ち着く雰囲気です。駅の南口には武蔵野プレイスがあり、本を読むにもカフェで落ち着くにも最適です。地下では、卓球や音楽バンド向けに練習スタジオ等も設けられています。
      サークルやゼミの打ち上げはよく吉祥寺で行われたりします。大学近くには元祖油そばで有名な珍々亭があり、絶品です。
    • 施設・設備
      現在も新1号館が建設中なのですが、最近できた新5号館やASIA PLAZA等は真新しく清潔感もあって居心地がいいです。特にASIA PLAZAはオシャレな作りなので、オシャレな学生に好まれています。また、亜細亜大学の図書館は、勉強するにも、レポートを作成するのも大変便利です。専攻の本を探して読んでみるのもよいでしょう。学内には二つファミリーマートがあるので何かと便利ですし、本屋やパン屋、文具店も充実しています。
    • 友人・恋愛
      まず、亜細亜大学でしかないイベントが出会いの広場です。出会いの広場とは、新入生を対象とした交流会や旅行を兼ねたものです。出会いの広場では、先輩たちが新入生たちに大学生活をスムーズに送ることのできるように、交友の機会を設けてくれています。この出会いの広場は、大学が主体なのではなく、大学生が主体として行っていることが特徴です。大学生が教授や職員さんと協力して、新入生に今後の大学生活をより良くするように色々なことを企画し、主体的に活動しています。亜細亜大学の学生が明るい性格なのは、この出会いの広場のお陰かもしれません。
    • 学生生活
      野球部が大変強く、昨年の大会で優勝を果たしました。部活動だけでなく、サークルもみな明るく主体的に活動しています。中には真面目な団体やサークルなどもあり、自分に合ったサークルに入ることが大学生活を楽しく送れる鍵だと思うので、色々なサークルや団体に行ってみるといいでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      憲法、民法が基本的には必修です。法律というものはとても身近なものですので、自分の周りのことだと思い、興味を持つと大変面白いことに気づかされます。商法、会社法、行政法、刑法、労働法、国際法など、目には見えなくても私たちに関わりのあることは幾らでもあるのです。法学部では、授業と同時並行でビジネス法務検定、宅建、行政書士の勉強をする学生もいます。公務員を目指す学生も多いので4年間を費やして学ぶ学問としてとても有意義だと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 亜細亜大学
    男性在校生
    経済学部 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      誰でもアメリカ留学などの機会がありチャレンジできるチャンスはたくさんあるが、
    • 講義・授業
      積極的に生徒のために働いてくれる先生も多いが、なかにはあんまりよくない先生もいる。先輩に聞くなどしていい先生の授業をとった方がいい。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミが始まるが4年次終了までやらなければ単位を貰うことができないので、ゼミに入る場合は教授選びをきちんとした方がよい。
    • 就職・進学
      なかには一流企業に就職している人もいるが全体の数パーセントという印象。亜細亜大学の名前では一流大学のように名前で就職できるということはないので大学で相当努力をしなければならない。サポート体制は可もなく不可もなくといった感じだと思う。
    • アクセス・立地
      最寄りの武蔵境駅からは十分歩いて行ける距離にある。歩いて15分くらいで坂もなく通学しやすいと思う。
    • 施設・設備
      学内は開発が近年進んでいるので設備面で困ることはないと思われる。しかし、昼時の食堂の座席数の問題だったり学校サイトの質に少し問題がある。
    • 友人・恋愛
      人による部分が大きいが、AUAPというアメリカ留学に行くと他の学部も合わせて60人位の知り合いができる。また、講義の中にも他学部と一緒に受講する講義もある。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 亜細亜大学
    女性在校生
    国際関係学部 国際関係学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      海外姉妹校との連携もあり国際色豊かな学部だと思います。ゆくゆくは留学も視野に入れていますので、外国語や現地文化に勉強にも力を入れています。
    • 講義・授業
      留学生もいるので分からない部分はサポートしてもらっています。
    • 研究室・ゼミ
      教授たちも忙しい中熱心に教えてくださるので、効率よく勉学に励む事ができます。
    • 就職・進学
      OB.OGとの交流の場も設けているので、社会人になったせんぱいからのアドバイスも聞けると思います。
    • アクセス・立地
      地元なので普段は自転車で通っていますが周りの友達は公共機関を利用してきているので、総合的に見ても通学しやすいと思います。
    • 施設・設備
      建物は他と比べて少し古いかもしれませんが、実際にキャンパスに通って使う分には困らないと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 亜細亜大学
    男性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先生の授業が分かりやすいから。先輩との交流も多く、意見を深められる。
    • 講義・授業
      先生が授業外の時間でも質問に応じてくれたりしてとてもありがたい
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはいろんな学生と接点を持てるのでとても充実してると思います。
    • 就職・進学
      金融関係や証券会社などにも多くの内定を頂いているので、就職は有利だと考えています。
    • アクセス・立地
      中央線の三鷹駅から1駅でとてもアクセスがよく、埼玉方面からのアクセスもとても良いです。
    • 施設・設備
      図書館やパソコンなどが設置されている場所があり、いろんな資料作りやレポートの作成がとてもはかどります。
    • 友人・恋愛
      学校全体では男女比率も変わらないですし、多くのサークルなどもあるのでいろんな人たちと関わることができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      主に、刑法、憲法、民法など基本的なことからしっかりと教えてくださるのでとても分かりやすいです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      私自信は金融関係の就職を希望していて、今から企業の法律に関して多くの関心を持っています。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 亜細亜大学
    女性在校生
    経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-09-14投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      経済や経営学部は割りかし遊ぶ時は本気ですが、ホスピは遊びを知らない人が多くパリピとかギャルは浮きます。大学生活を楽しみたいならホスピは来ないほうがいいです。他学部に比べ課題の量が多いし、経営系を学びたい人には取れる科目が少なくて満足しないと思います。周りの英語ののレベルが高くなく、びっくりするぐらい学力の高くない生徒ばっかりですが、きちんと授業に取り組む生徒が多いです。
    • 講義・授業
      ホスピは先生の指導や、講義内容が一番充実してる方だと思います。
      ただ、英語のレベルが高くなく英語の授業の質が高校生と同レベルです。
    • 研究室・ゼミ
      ホスピのゼミはいいゼミが多いと思います。ためになります。
    • 就職・進学
      まぁ、学歴通りです。
    • アクセス・立地
      歩いて15分、ムーバスで3分から5分。カラオケ、居酒屋、ファーストフード、地元で遊ぶような感覚ですね。サークル入っても皆が大学の近くに住んでるので、いつも武蔵境で飲み会を開きます。個人で新宿渋谷吉祥寺高円寺に行く感じですね。マーチに比べたら充実はしておりませんが、日東に比べれば充実してると思います。
    • 施設・設備
      図書館は綺麗、使いやすい。
      アジプラ(食堂)も綺麗。
      教室も綺麗。
      施設は問題ないけど、歴史的お洒落はない。
    • 友人・恋愛
      この学科は狭いかなあ。
    • 学生生活
      サークルは楽しいですが、いつも武蔵境で飲んだり活動していて少し飽きるかな?って感じです。
    この口コミは参考になりましたか?

  • 亜細亜大学
    女性在校生
    国際関係学部 国際関係学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-07-13投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      国際関係学科生は社交的な人が多く、とても仲が良い。校内を歩くとどこからともなく楽しそうな声や笑い声が聞こえる。
      また、留学が必修であることから、1年生のうちから海外を意識して勉学に励むことができる。
      中には授業中携帯をさわるような人もいるが、基本的には少人数の授業が多いので、物理的にも精神的にも先生との距離が近い。
    • 講義・授業
      一年生のうちから必修のみならず選択科目を通して、しっかりと国際関係学を学ぶことができる。また、一年生はフレッシュマンイングリッシュというレベル別の英語の授業が必修で週五回あり、ネイティブスピーカーの先生の元、しっかり英語を勉強することができる。私のクラスは会話等はもちろんTOEIC対策、アメリカ留学に向けた文化学習などもでき、とてもためになった。クラスメイトも同じくらいのレベルであるため、お互いを高め合うようないい関係性を持つことができた。
    • 研究室・ゼミ
      1年前期オリエンテーションゼミ、後期基礎ゼミ、2年前期プレ専門ゼミ、3、4年専門ゼミと段階を踏んでゼミが行われる。
      1年生のオリエンテーションゼミと基礎ゼミはランダムに振り分けられるが2年からは志望書を提出し、面接をして決める。中には出欠や提出物が甘い先生もいてそういうところにはそれなりに不真面目な生徒が集まる。分野も政治、経済、法、開発などと様々で自分にあったゼミを選ぶことができる。
      私のゼミの教授はとても温かく定期的にメールをくれたり、学校を休みがちになると面談をしてくれたりする。
      ゼミは内容と先生でしっかりと考えて決めるべきである。
    • 就職・進学
      先輩で就職できずフリーターになったなどという話は聞いたことがない。皆留学やそれにともなう活動、インターンシップなどの経験をもとに就職活動をし、大手企業への就職も多い。
      また、学校にはキャリアセンターという、いつでも就職やインターンシップなどの相談や紹介を行ってくれる施設があり、1、2年生のうちから利用している人も多い。
    • アクセス・立地
      駅からゆっくり歩くと20分ほどかかる。
      特に夏は日向でうだるような暑さでかなり体力的にきついが、友達と一緒だとあっという間につく。様々なルートがあり、道なりにはコンビニや病院、ほっともっとやドラッグストアなどがある。
      また、ムーバスという小さなバスが武蔵境駅から出ており、授業が行われる建物によって「堺五丁目」または「亜細亜大学南門」で降りると1分もかからず着く。料金は¥100。雨の日や夏は利用者が増える。
    • 施設・設備
      今は次々と新しい建物ができていて、中でも5号館とASIA PLAZA(食堂)はきれい。食堂に関して、昼食を取るだけでなく友人と話したり勉強したりする人もいるので常に混み合い、大人数だと座席の確保は難しい。
      フリーwifiも完備で特に5号館はとても電波がいい。
      そこから離れると少し弱くなり、旧1号館になるとほぼ届かない。
      2号館の3階と5階にはテラスのようなものがあり、穴場として昼食をとったり昼寝をしたり、中には友人のバースデーサプライズを行う場所として使っているのもよく見かける。
    • 友人・恋愛
      とにかくみんな仲がいい。喧嘩やいじめの話は聞いたことがない。みな社交的で、例えば私が校内で友達と会うと、彼女が自分の友達に私を紹介し、少し立ち話をして仲良くなる。そうやってお互いの友達を紹介し合ったりしていく中で友達になったりフレッシュマンイングリッシュやゼミといった少人数のクラスで友達ができたり、学科全体で仲がいい。
      また一年生の一番最初の頃に宿泊オリエンテーションに行き、そこでの班は卒業まで仲がいいことが多い。
      一班につき二人先輩学生がつくのだが、それが初めて出会う「大学の先輩」であり、常に優しく、なんでも相談にのってくれて、成人すると飲みに行ったりもする。

      恋愛面に関して、どちらも亜大生のカップルも多少はいるがあまり校内でいちゃつく姿は見たことがない。一緒に授業を受ける程度。他学部のカップルはいちゃつく人も中にはいる。
    • 学生生活
      サークルはインカレ禁止。ルールも多く、あまり盛んではないように思える。1年間に様々な祭りが開かれているがどれも小規模であまり面白くない。毎回大きな祭りの際は前夜祭と後夜祭で芸能人を呼ぶ。最近の例を挙げると、溝端淳平、千葉雄大、西村ヒロチョ、菊地亜美、デニス、キュウソネコカミなど。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国際関係学、大きく分けると政治、経済、法、開発。
      あとは語学も盛んで英語はもちろん、第二外国語が必修。(1年時のみ)中国語、韓国語やヨーロッパ諸国の言語に加えて、他の大学には見られない、ヒンディー語、アラビア語、タイ語、モンゴル語などもある。
    進路について
    • 就職先・進学先
      主に女性支援を行うNGO団体の職員を目指して勉学に励んでいます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 亜細亜大学
    女性卒業生
    国際関係学部 国際関係学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      わたし自身とてもモチベーション高く学ぶことができ、奨学金もいただきました。また、学科全員が1年次に米国留学必須のため、学科全体がとても仲が良いです。一方、強い意思を持って勉強に取り組まないと、遊びにはしる傾向があると思います。 就職はリーマンショックの中でわたしは4月中に2社からいただくことができましたが、国際関係…なだけに、ワーホリに行くなどゆるい人もいます。 おそらくどこの大学に進学しようと、結局は自分の意思次第です。
    • 講義・授業
      世界の政治経済、宗教、文化など幅広く勉強できますが、もっと深く勉強したい人には、少し物足りなく感じるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      勉強する意思が強い人にはとことん先生が指導してくれると思います。おかげさまで優秀論文をいただくことができました。
    • 就職・進学
      正直、国際関係学部は法学部や経済学部、経営学部と異なり実学ではないため就職に直結しません。ただ、元々大学は学問の府であるため、就職と切り離して考えるべきと思います。 また、わたしが現在働いている会社では、いわゆる偏差値の低い大学出身の方々の方が活躍しています。 勉強ができるかできないか、と仕事ができるかできないか、は異ると企業側も気付き始めてると思います。
    • アクセス・立地
      中央線沿いの、閑静な住宅街の中にあります。こじんまりとしてますが、その分友達とのコミュニケーションがとりやさいです。 また、スーパーやコンビニ、病院等、生活するうえの利便性は整っているため、地方出身者は武蔵境周辺に住んでいる方が多かったように思います。
    • 施設・設備
      最近、古かった棟の立て直しもしたと聞いたので、きれいな設備になったのではとおもいます。 学内のパン屋さんもとてもおいしいです。 ひとつ難点をあげるとすれば、生協が使えないことです。
    • 友人・恋愛
      国際関係学部は1年次に三つの大学に分かれ米国留学するため、本当に仲が良いです。サークル活動で上下関係も仲が良いので学内カップルが多数います。その後、結婚というのも最近はちらほら聞きます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は留学前に控えた英語中心の授業、留学後に第二外国語も学びました。第二外国語にアラビア語やインドネシア語などがあるのが特徴だと思います。ゼミは1年次からあります。 講義は2年生が一般教養、3年生から専門性が高まっていったように思います。優秀な学生は3年生でほとんどの講義を取り終え、4年次は卒論に集中します。
    • 所属研究室・ゼミ名
      角田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      開発人類学というマイナーな研究分野ですが、学部では一番優秀が学生が集まると言われているゼミでした。 今でも変わらないと聞いています。 先生がとても熱心で、学生とも距離が近いことが挙げられると思います。わたしの場合、卒論は全く先生の関係ない分野で書いてしまい、とても迷惑かけたと思いますが、都度丁寧に、時には厳しくご指導くださったおかげで、優秀論文をいただきました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      メーカーの専門職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      隙間産業で業界シェア95%以上のメーカーということ、給与、福利厚生が良さが決め手となりました。また、高校生の時に学んだCGが活かせる仕事だということも魅力に感じました。
    入試について
    • 学科志望動機
      アメリカの政治、特に公民権運動の勉強がしたく、専任教授のいる大学を選びました。また、留学必須なのが魅力的でした。希望の学生には英語と現社の教職課程があるはずです。 わたしは高校が普通高校(工業高校に近い)でなかったため、英・国の2科目受験が可能な大学で且つ合格圏内にあるのが亜細亜大学でしたが、目的がはっきりとしていたため、本当に充実した大学生活でした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      大学進学を高校2年の終わりに決めたため、そこから英語の勉強(英検2級)と国語の勉強(漢検2級)をとりました。古文は間に合わないと思い捨てました。あとはひたすら赤本で過去問の勉強をしました。明治大学を目標にしていたため、最終的には余裕で合格できました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 亜細亜大学
    女性在校生
    経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ホスピタリティ業界・サービス業に就きたいと思っている人はもちろん、それ以外の方でも実践を通して学ぶことができる学科であるからです。
    • 講義・授業
      経営学部なので経営に関しても学ぶことができ、さらには研修があるのでホスピタリティ業界のことをたくさん知ることができました。
    • 研究室・ゼミ
      ホスピは2年生からゼミに所属することができるので、早くから就職活動のことを考えることができ、自分に足りないものを早い段階から知ることができると思います。
    • 就職・進学
      多くのサポートをして下さり、ガイダンスもたくさんあってありがたいです。多くの企業が来ての合同説明会を開催してくださったので自分にあった企業を探すにはありがたかったです。
    • アクセス・立地
      最寄駅から早くて10分遅くて15分はかかるので、夏だと暑くて少し大変ですが、100円で乗れるムーバスというのがあるので利用する方もおおいです。
    • 施設・設備
      新しく棟が出来たり、食堂もとても綺麗になって生活しやすいです。さらにはホスピタリティ・マネジメント学科の生徒だけが使用できるホスピルームというのがあるので夜遅くまでみんなでグループワークをすることができるのでとても充実していると思います。
    • 友人・恋愛
      他の学科に比べて人数が少ないので、みんなと仲良くなることができます。学期末などには飲み会をやったり、歓迎会、送別会など学年関係なく交流できる場が多くあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は座学の講義が多く経営についてを学び、2年次からはプレゼンなどをグループワークを行ってやったりなどの実技的な授業がおおくあります。3年次はさらに専門的な講義がおおいです。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来空港のグランドスタッフになりたいと高校生の頃から思っていたので、パッセンジャーコースのあるホスピタリティ・マネジメント学科に入りたいと思いました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      AO入試は一次試験では新聞記事を読んで質問に答えると言った試験があったので、普段から新聞を読む習慣をつけた。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 亜細亜大学
    男性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      経営を学びたいと考えてる人は、幅広い分野で学べるのですすめます。 わからないことは、ちゃんと丁寧に教えてくれますし、他の学科の人との交流も違うとこで できるのでいいと思います
    • 講義・授業
      講師によって、やはり教える上での丁寧さが違います。 私が思うのは、先生のペースだけで講義をする人もいます。 なので、いい先生ももちろんいますが、悪いと思う方もいます。
    • 研究室・ゼミ
      他の授業とくらべ、少人数で学校のクラスみたいな感覚で受けられます。 なので人との繋がりも見込めますし、受講のうえで、わからないことがあれば 気を遣わず聞けます
    • 就職・進学
      自分次第でもあります。 ただ、紹介企業の分野は少ないと思います。 教えてくれる方はいい方ばかりです。 ただキャリアセンターの施設はいいと思います
    • アクセス・立地
      中央線です。吉祥寺、三鷹が自転車でも行ける距離です。 例えばサークルなどで飲み会があれば吉祥寺がありますし 電車で20分で着く新宿もあります
    • 施設・設備
      最近新しくできた建物があります。 私が卒業してからなので、あまり詳しくはありませんが 一回行きましたが、前にはなかったコンビニもありますし 綺麗な施設ばかりなので、いいです
    • 友人・恋愛
      みなさん、気さくで楽しい方ばかりなのでとてもいいです。変な話、可愛い子もかっこいい子も多いと思います。サークルや部活、授業なので繋がれます
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年に経営の主な部分を勉強します。 学校で留学コースもあります。 外国に興味がある方は是非参加してみてください。 自分のレベルアップもできますよ
    • 所属研究室・ゼミ名
      柴田ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      簿記を教えてくれます。やはり、簿記の資格は企業どこもが必要とするものですから 就活に自信のない方はすすめます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      アルバイトです
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自分のやりたいことだから。1から始めました
    入試について
    • 学科志望動機
      経営を学びたいので。企業を立ち上げたい方は是非
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      自分の武器をちゃんと作りましょう。AO入試では長所をちゃんと整理していきましょう
    この口コミは参考になりましたか?

  • 亜細亜大学
    女性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      初めの1年目は様々な経営学を学べます。 2年目以降は、自分の学びたい分野を深く学べるように外部の講師の方も多く授業の幅は広いです。 経営学部と聞くとあまりイメージは付きにくいかもしれないですが、 亜細亜大学の経営学部は、凄く明るく元気な人が多いです。 また教授も以前は一般企業にいらっしゃった教授も居て、視野の広い方も多いので、 楽しい授業が聞けるのが魅力です。 一番の魅力は、キャンパスがひとつしかない事。 これだけ聞くとすごくイメージは悪いかもしれないですが 1年~4年までが一緒に4年間同じキャンパスで学ぶことで、 上下の繋がりも出来ますし、部活動やクラブ活動が盛んに行えるということなのだと思います。 キャンパスが一つだと、他の学科との交流もあります。 亜細亜大学では学科以外の人と交流できる留学制度もあります。 もちろん、国際関係学部以外の生徒も参加出来ますし、 私自身そこでできた他学部の友達は今でも繋がっている、大切な仲間です。
    • 講義・授業
      1年目はベースの年なので、沢山の経営学を学びます、マーケティング、経営学、簿記、等 正直、1年目で来て良かったと思える事は少ないと思いますが、良くも悪くも、全ての分野に置いてベースを学べるので、自分の得意不得意が分かります。そこで、2年~3年目で自分の得意な楽しいと思える分野の授業を選べるのが良い所です。私はマーケティングと組織というものに興味を持ちましたが、「組織」に関しては、学生の私でも分かり易く(アルバイトなどを例に出して)授業を進めてくれるので凄く分かり易かったです。また、社会人になっても使える知識なので学べてよかったと思って居ます。マーケティングについても、外部からの講師の方が多く、他では学べない楽しい授業が多かった印象です。例えば、「ディズニーランドはなぜ、あんなにも人が入るのか?」普通であれば結果を述べると思います。私が学んだ授業では一緒に考えます。沢山の回答を出し、マーケティング的に物事を考える事で、正解と違っても、頭をフルに使って考えた感じがします。 ただ、講師の方の授業は、朝一番や夕方の授業が多いので、しっかりと学びたい、色々な事を知りたいと思う人向きだと思います。
    • 研究室・ゼミ
      経営学はゼミナールを選ぶ人がほとんどいません。 その代り、きちんと選んで入る人には意味があって入っている人が多いです。 入るのに条件があったりしますが、まじめに取り組んできた人は返ってきます。 経営の先生は生徒の目線まで下がって話してくれる人も多いのでとても仲が良いです。
    • 就職・進学
      亜細亜大学自体のネームバリューがほとんどないので、期待はしない方がいいと思います。 ただ、3年間、4年間自分がきちんとやってきた人であれば、絶対に救ってくれます。 それは学力などではありません。キャリアセンターの人たちは何千人と生徒を見て来ています。 ただ、同じ様な学力の大学に比べるとサポートはとてもいいと思います。 キャリアセンターには職員の方と面談できるスペースだけでなく、パソコンや、先輩方の過去の面接履歴、実績や、就職活動の雑誌や本も一通り置いてあります。 利用するべき場所の一つだと私は感じます!! 人なので、合う合わないはもちろんありますが、職員の方たちは丁寧に履歴書も見てくれますし、厳しく優しく真剣に向き合ってくれる人が多いと思います。
    • アクセス・立地
      武蔵境駅と東小金井駅の丁度真ん中にあるので、少し駅からは歩きます。 ムーバスという市内バスもありますが、相当混みます。歩く人がほとんどだと思います。 ただ、自転車を買って4年間駅から通学していた人も多いです。1年目から買っておくと便利だと思います。 付近には「油そば」屋があります!! 珍々亭と丸善が近くにあります。部活に入っていれば部室まで届けてくれるサービスもあります(笑) 学校の近くに遊ぶ施設はないですが、自然もあって煩くない。都内なのに田舎?っぽい。 そこが亜細亜大学の良い所です。 2駅先は吉祥寺ですから、遊ぶ時は電車や自転車に乗って吉祥寺に行きます。 一人暮らしの人も多いので、自転車で通う人も何人かいますし、駐輪場は構内に沢山あるので安心です。 一応駐輪場のおじさんも駐在しています。いっぱいだと、置きたい棟の近くの場所に止められない事もありますが…
    • 施設・設備
      2ヶ所ほど立て直しをしたばかりなので、凄く綺麗です。 学食も最近できたばかりの様なので、自分がいた時よりも格段に綺麗になっているのは確かです!! 学生は学生証で図書館にいつでも入れるので、パソコンも使い放題です。
    • 友人・恋愛
      「亜細亜大学の学生に聞く!!亜細亜大学の満足度」 自分が学生の頃にこんなフリーペーパーが配られました。満足度は80%を超えていました。 私は希望の大学で想像通りの大学だったので満足度は高いですが、亜細亜大学にはもっと学力の高い大学を受けて、入る事が出来ずに滑り止めの亜細亜に…と言う人も少なくないです。それなのに4年間通ってみたら満足度80% 正直、他の大学でこんなに高いとは思わないです。 亜細亜の学生は自分の大学がとっても好きなんです。カップル(同学年、先輩後輩関係なく)多いですし、元気があって、楽しくて…キャンパスが一つしかないからこそ、まとまる結束力があるのだと思います!! 学力があまり良くないイメージがあると思いますが、学ぶ気があればきちんと制度は整っています、逆にそういった大学だからこそ、奨学金を狙うことだって可能だと思います。ただ、亜細亜大学は「偏差値より個性値」と謳っているだけあります!!個性的です!!だからこそ、羽ばたく人も多くいます。 ちなみに、一芸入学もあるので、芸能人も何人かいます!!友達にだってなれちゃいますよ♪
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は必修科目がほとんどなので、経営学以外の分野でしか自分で選ぶことは出来ません。 2年目以降になると必修がほとんどなくなるので、自分で選択することが出来ます。 ちなみに、外国語は英語が1年間毎朝45分間学力ごとに18~20クラスの少人数で行われます。 この授業だけは必ず落とさないでください。2年目にもう一度取ると大変な事になります。 第二言語は入学前に選びます。英語、韓国語、中国語が人数が多いですが、さすが亜細亜大学!!亜細亜の言語に強くて他にも沢山選ぶ言語があります…この3つ以外は基本的には1クラスしかない少人数です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高橋ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      3年生の時は、グループごとにテーマを決めて発表をします。 何故〇〇は売れているのか?今流行りの〇〇と〇〇を比べてみました!! など、テーマは自由です。毎週2グループごとの発表なので、自分たちの順番までに他のグループを聞く事が出来るので色々な考えが生まれて凄く良い発表が出来ます。 先生も凄くフランクで、生徒との距離も近く、楽しいゼミナールです。 ちなみに、このゼミナールに入るには、2年間ないし、3年間の日々の積み重ねが大事です。 日々努力してきた人達が入れるゼミナールです。頑張ってきた人達を尊重してくれる教授です!! 昔一般企業の役員までやっていた方なので、凄くためになる話が多いです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      建築資材商社/営業事務⇒4月から営業職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      インフラはつぶれないし、どんな時代でも必要な分野だから。 商社はメーカーと顧客の間に入る会社。メーカーは自社製品を売りますが、商社は自分を売る(人で買ってもらう) そこに魅力を感じた。
    入試について
    • 学科志望動機
      経営学ってなんだろう?経済学部と何が違うんだろう?と考え相対的な経営学を学びたいと感じました。 今の経営学部には、ホスピタリティ学科もでき、分野も広がりました。 私は、留学や部活動など授業以外の面も引かれて亜細亜大学に魅力を感じました。 経営学部に入って経営学の勉強も学べて、留学も出来る大学何て他にないですから!! 英語が全くできなくてもいけます。私もそうでした。行ったメンバーの中で最下位。でもそんなの関係なかったです。他の学部でも友人が出来ましたし、とてもよい経験が出来ました。 少しでも留学に興味があれば、是非行って頂きたいです。 また、経営学に関しても様々な分野で教授がいらっしゃいます。外部講師の方の授業も聞けます。 視野を広く勉強したい、色々な事を知りたい!!とワクワク出来る人にはとても良い大学です。 そういった、楽しそうな雰囲気が説明会や先輩方の話を聞いて、感じたのでこの学校を選びました。 みんな楽しそうな顔してるんです!!
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      無敵塾
    • どのような入試対策をしていたか
      亜細亜大学は独自問題を出すため、亜細亜大学用の勉強をひたすらしました。 公募推薦は英語と国語。学力判定が低い私はひたすら、この2科目を勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

94件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

大和大学
大和大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:52 - 57
レビュー募集中!-
大阪府/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 57
★★★★☆3.74 (50件)
北海道/私立
北海道薬科大学
北海道薬科大学
併願校におすすめ
偏差値:53
★★★☆☆3.33 (9件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。