みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京海洋大学   >>  口コミ

東京海洋大学
出典:Hasec
東京海洋大学
(とうきょうかいようだいがく)

国立東京都/天王洲アイル駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:★★★★☆

4.10

(113)

東京海洋大学 口コミ

★★★★☆ 4.10
(113) 国立内26 / 169校中
学部絞込
1131-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 1| 学生生活 5]
    海洋工学部海洋電子機械工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      専門性の高い大学だけであって、ここでしか受けれないようなばかりものだから。女子がほとんどいないのは少し残念だ
    • 講義・授業
      良い
      専門性の高い大学だけであってエリートな先生たちが集まっているから
    • 研究室・ゼミ
      良い
      どれも特殊性が高い授業でここでしか受けれないようなばかり。学生の意識も高いから
    • 就職・進学
      良い
      就職はほぼ百パーセンテージであり、これで悪いわけがないだろう。海洋では最強だ。
    • アクセス・立地
      良い
      東京という都会にある大学なのだから、交通網は整備されていて素晴らしい。
    • 施設・設備
      良い
      専門性の高い大学だけであって、様々な実験設備やゼミがあるから。
    • 友人・恋愛
      悪い
      工学系であって、女子がほとんどいないから恋愛関係はまじで何もない
    • 学生生活
      良い
      専門性の高い大学だけであって、学祭などで様々な面白いイベントがあるから
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      船に関係するもので、工学部に近いものである。就職は海関係の光学に関するもの
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 就職先・進学先
      海関係
    • 志望動機
      昔から海が好きで、よく釣りをしていた。特に船が好きだからこの大学に行きたいと思った。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:572128
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    海洋工学部流通情報工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      流通やロジスティックスについて、勉強したいのなら東京海洋大の流通情報工学科に来るべきだと思う。
      理由としては、国立大で唯一の流通を学べる学校だから。
      流通分野の権威の先生も多く、流通やロジスティックスを学ぶにはとても良い環境が整えられている。
    • 講義・授業
      良い
      少数で、きめ細やかな教育が行われていると思う。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅は、越中島駅。東京駅から京葉線で2駅。
      門前仲町駅を利用する学生もいる。
      都心に位置しながらも、キャンパスは広く、緑も多い。
    • 施設・設備
      普通
      図書館の本は、専門分野の本は多いが、他の本は少ない。
      生協は小さめ。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科の人数が少ないので、友達は作りやすいかもしれない。
    • 学生生活
      良い
      海系のサークルは、とても多い。カッター部、ウインドサーフィン部、ボート部、ヨット部、水中ホッケー部など。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      流通やロジスティックスに関することを主に勉強する。
      理系色は強め、専門の流通をはじめ、数学やプログラミングの他、経済学やマーケティングなども勉強する。
    • 就職先・進学先
      流通、ロジスティクス分野
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:466704
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    海洋工学部海事システム工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      やはり、船舶関連の仕事に就きたい、海や船が好きだという人にはたいへんお勧めの大学である。船乗りでも船舶関連の研究者でも、船関係の様々な仕事に将来つくことができるので、ぜひ海や船が好きなら受験してほしい
    • 講義・授業
      良い
      専門的な分野の勉強をたくさんでき、将来海技士として船に乗り、船で仕事をしたいと思っている人にたいへんお勧めできる。さまざまな講義があり、取得しなければならない単位数は他の一般の工学部よりも多いが、それだけ、講義が充実しており、勉強にやりがいを感じることができる。さらには、商船高専の教員となることができる、商船および機関の教員免許も希望すれば取得することができ、この免状は東京海洋大学海洋工学部と神戸大学海洋科学部でのみ取得することができ、さらに、現在商船高専では、人材不足で就職も引く手数多というところである。また、大学在学中には、必ず二ヶ月乗船実習があり、日本各地を船でいくことができる。さらには希望して乗船実習科に進むと半年間の乗船実習があり、そこでは、海外にもいくことができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年前期からゼミがはじまり、船舶関連のさまざまな分野のゼミから関心のあるものを選ぶ。一学年各ゼミ3?5名と少人数であり、一人一人しっかりと指導してもらえる。
    • 就職・進学
      良い
      面接の訓練や、エントリーシートの書き方から、国家試験の対策まで就職に関するさまざまなサポートがあり、また、船会社だけでなく、一般の企業もたくさん説明会を大学で開いてくれる
    • アクセス・立地
      良い
      東京駅から二駅で、徒歩5分程度で東西線および都営大江戸線の門前仲町駅にいくことができ、さらに門前仲町には食べ物屋さんなどたくさんあるから。
    • 施設・設備
      普通
      建物は全体的に古く、少し汚いところがあるが、所有している汐路丸という練習船や、小型艇のやよいを始め船舶関連の施設が豊富である。
    • 友人・恋愛
      普通
      乗船実習にて、長期間の間同じ船の中で共に過ごすため、友人関係は深まり男女で恋愛に発展することも少なくない
    • 学生生活
      悪い
      学祭はそこまで大々的にしておらず、地域の人が遊びに来る程度であり、そのほかにもさほどイベントが多いとは言えない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎教養を学び、2年から次第に専門科目を学んでいく。船舶運航に関する法律から、各航法、それに付帯する計算など、理系な計算から、文系な法律等船舶関連の様々なことを学ぶ
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 就職先・進学先
      船舶関連の研究をしている大学院
    • 志望動機
      船や海が好きで将来船に乗り様々なところへ行ってみたいと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:568468
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    海洋生命科学部食品生産科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      講義も豊富にあって、いろいろな知識を身につけることが出けると思います。また、サークル活動も十分にあり、さまざまなジャンルの活動に励んでる学生が多いと思います。楽しく、充実した学校せいかつをおくっています。
    • 講義・授業
      良い
      さまざまな教授や学外からの講師を招いての、授業があり、楽しいうえに、学びも深められます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      内容をそんなに理解出来ていないが知識が身についたらとても役立つような内容のものが多いのでタメになります。
    • 就職・進学
      良い
      教授や先輩のサポートのもと、たくさん悩み、自分にあった進学先を選べるのがいいと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      学校帰りにカラオケにいったり、ご飯を食べたりすることができる場所がいくつかあると思います。
    • 施設・設備
      良い
      研究室内の設備もある程度充実しているので困るということはそんなにないです。関心に沿った内容を研究できますり
    • 友人・恋愛
      良い
      男女の交流も多く、性別関係なく仲の良い光景をよく見かけます。楽しい学校生活になっているはずです。
    • 学生生活
      良い
      サークル活動は活発で他大との交流があるサークルも多いので友達も増えます。とても楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修の授業が多く、さまざまな分野の学習ができます。また専門的な分野も丁寧に詳しく教わることができます。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:492236
  • 男性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    海洋生命科学部海洋生物資源学科の評価
    • 総合評価
      良い
      東京なので行き来もしやすくだれでもかよいやすくていいとおもいます。大学で海のことを勉強したいと思っているなら良いかと思います。
    • 講義・授業
      良い
      とてもわかりやすく充実していていいと思います。どの先生も優しく分からないところは教えてくれるので勉強になります。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分のしたいことが研究できて分からないところは友達と一緒にできるのでとても捗り、分からないところがあればあるほどワクワクします。
    • アクセス・立地
      良い
      いろいろな駅がありどこからでも来やすい場所となっております。友達とかと集合して学校に行くこともできます。帰りには友達と遊べる場所がいろいろあるので1日の疲れなどがとれます。
    • 施設・設備
      良い
      施設、設備はしっかりしています。何か必要なものがあったらすぐ準備できてとても便利です。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルや部活でたくさんの友達や思い出ができます。勉強の疲れなどがとれてとてもいい場となっています。自分に合ったサークルや部活に入って自分の趣味と同じ人などがいるのでとてもいい環境になっています。
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中8人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:371872
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    海洋生命科学部食品生産科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      食品について徹底的に学べる国立大学では珍しい学科です。実習などが多くあり、とても充実していて楽しいです。女子の比率が高く、みんな仲良しです。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄り駅は品川駅でアクセスはいいのですが、朝、夕の通勤通学ラッシュがきついです。あと品川駅から大学のキャンパスが少し離れていて歩いて10分くらいかかります。品川駅周辺はオフィス街という感じで、いい感じのお店が少なく、居酒屋などは多い印象です。
      また、品川なので地価が高く、一人暮らしのためのマンションやアパートなどの家賃がとても高いです。近くに安いスーパーなどもないので、買い物に行く時はイオンとかに行く必要があります。
    • 友人・恋愛
      普通
      大学自体の人数が少ないため、いろんな人と知り合うことができます。学科の人数も、60人くらいと少ないので、高校のときのクラスみたいな感覚で、仲良くなれます。どの授業も同じ学科の子が必ずいるので安心です。
    • 学生生活
      悪い
      サークルはあまり多くないです。海洋大というだけあって、海系のサークルが結構あります。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:371425
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    海洋生命科学部食品生産科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      ほとんどの授業を習熟度で分けてくれるから少人数でしっかり理解することができる。
      他学科の人が習う専門知識も学べる。
      教員養成課程がある。
    • 講義・授業
      良い
      専門的なことを専門の先生方はもちろん専門外の先生までもが教えてくれます。
      少人数ということもあり、先生との距離が近いのもいいとこだと思う。
    • 就職・進学
      良い
      大学院まで行くと就職はほんとに強いって聞きます。
      逆に言えば大学院まで行かないと職として研究はできないとも聞きました。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄駅の品川から徒歩10分もかかりません。
      北品川や天王洲アイルで空きコマを過ごせたりして楽しいです!
      それと、品川だから電車等の交通の弁も良い!
    • 施設・設備
      悪い
      大学ってより公園みたい笑
      博物館や図書館も充実していて空きコマでついつい立ち寄っちゃいます。
      生協&学食が閉まるのははやいです...
    • 友人・恋愛
      良い
      先輩と付き合う子が多いです。
      また友達関係は、他の大学に比べ深い友情が結べる気がします!
      サークルも部活もたくさんあり、学科学部学年問わず仲良くなれます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年時で、海のことや今後の研究に必要な科学の知識を学び、2年になってからは毎週研究があります。
      また、一年の夏は大泉ステーションでニジマスの燻製。3年の夏はマグロの解体をします。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:368279
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    海洋生命科学部海洋生物資源学科の評価
    • 総合評価
      良い
      現状特に不満点は無いが、学校の知名度、外部とのコネクションなど、有名大には一歩譲る。 英語学習に力を入れているが、留学などはあまり活発でない。一方、研究の一環で海外に出張することは少なくない。
    • 講義・授業
      良い
      海に関係するプロフェッショナルが多く、独自の科目も充実している 外部講師に実力のある方が多い
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは4年生から、1?3年の間に実習や実験が多く開催され、漁業や養殖、船や漁具の開発など、多様なリアルに触れることができる。 特にこの学科は実習が多い。
    • 就職・進学
      良い
      4年生で指導を行う教授によってピンキリ。学内でのサポートやインターンの案内はあるが、業界とのつながりが強く、どこを目指すかによって難易度は様々。就職先としては食品関連や公務員、乗船員など。
    • アクセス・立地
      良い
      品川から徒歩15分。都心や首都圏近郊からのアクセスは良いが、周囲がビジネス街のため、学生向けの店などは少ない。学食があるが、一般客も利用可能なため、昼時は激しく混み合う。 通勤・退勤時のラッシュが激しく、駅から出るまでに時間がかかる。 学内に寮があるが、周辺で一人暮らしをする学生も多い。近所に中小のスーパーがあり、買い物には困らない。 裏に埠頭があり、釣りができる。
    • 施設・設備
      普通
      建物そのものが古い。最近エアコンの改修工事が行われたばかりで、設備が全体的に改善の途中。
    • 友人・恋愛
      普通
      学年の人数が少ないため、数年過ごすと、学科問わず同期の大半を見聞きすることになる。 結束感が強い一方、噂などが広まりやすい。 個人主義的で、サークルなどで自分の世界を構築して楽しむ人が多い印象を抱く。
    • 学生生活
      良い
      マリンスポーツや生物研究会、音楽サークルなどが充実している。一方、一般的なスポーツサークルもあるが、先に述べたサークルの存在感が強い。 生物好きな人間が多く、研究会は対象の生物に合わせ多様に派生し林立している。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次で一般教養と基礎的な生物学を学び、2年でさらに専門的な内容を学ぶ。3年で実験や実習を多くこなすことになるため、ここまでで卒業要件単位の大半を埋める。 高校で生物を選択したかしていないかで難易度が大きく変わってくる。 4年次でゼミと卒業研究に着手する。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      未定
    • 志望動機
      畜産とは別の分野で、生態学的な研究を行いたかったため、生物が好きだったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:538000
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    海洋生命科学部食品生産科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      泊まりでの実習があり、実際に魚を使った様々な食品の製造を経験する。
      魚を捌くところから行い、各工程を学生主体で行う。コストまで考えて無駄のない作業を組み立てていく。
      また、学生実験も豊富で座学では実感の沸かないことも体と頭を使い身につけていく。その分レポートも多く大変であるが、学びたい学生にとっては非常に恵まれた環境であると思う。
    • 講義・授業
      良い
      毎回小テストを行う講師も多く、ただ聞くだけで終わらせ、テスト前に慌てることが少なくなると思う。
      出席も自分の考えなどを書いて提出することで取ることがほとんどなので、代返はできない。
      また、プリントを使う講義では復習がしやすい。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生の後期に研究室を決める見学などが行われ、希望を出し成績などにより研究室が決定される。
      研究室によるとは思うが、毎週進捗状況を確認するミーティングがあったり、定期的に発表があるので、面倒見はいいと思う。
      また、学生の数と比較して、教授、准教授などの数が多いので指導体制は充実している。
    • 就職・進学
      良い
      大学の後援会が様々な企業を呼び説明会を頻繁に開催している。
      また、就職支援室に卒業生の進路情報が置いてあり、連絡も取ることができる。
      就職活動を始める時期には、どのように就職活動を行えばいいのかなどの講義を行ってくれ、不安解消に力を貸してくれる。
    • アクセス・立地
      良い
      最寄り駅の品川駅からは15分くらい歩くので少し遠いと思う。あとは、天王洲アイル駅も近い。
      海が近く外を散歩するのも気晴らしになるのでその点は良いと思う。
    • 施設・設備
      普通
      少し古いのが不満であるが、土日は専用カードがないと研究棟に入れないのでセキュリティはそれなりだと思う。
      食堂は少し狭い。昼には近くの会社員も食べに来るので待つこともある。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルに入れば、それなりに友人関係は作れると思う。
      しかし、大きい大学ではないので、サークルの数はそこまで多くない。
    • 学生生活
      普通
      サークルの数は多くないが、うみがめを保護するサークルなどもあって、個性的ではある。
      イベントは、学園祭くらい。カニ汁や缶詰を売ったり、船に乗ってみたりできるので外部の人もよく来る。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      食品全般のことである。
      水産生物を使った食品のことが多い。
      生物、化学、工学など幅広い。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:483613
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    海洋工学部流通情報工学科の評価
    • 総合評価
      普通
      大学の講義だけでは流通に関する専門性はそこまで高められない。経済学系科目が多く、確率論や統計学などと合わせて経済学の知識は深まった。
    • 講義・授業
      普通
      プリントが配られることが多いため、講義を聞いていれば理解できないようなことは少ない。先生が積極的に指導してくれるということはないが、メールで質問やアポを取ることができる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3年後期からゼミが始まる。以降卒論までそのゼミと関わることになる。ゼミを大別すると物流関連、プログラミング関連、数学関連といった、かなり限定的な分野しかないため注意。物流を学びたい人にはふさわしい学科だと思う。
    • 就職・進学
      良い
      就職実績はHP通りで高い。就職支援は多いが、自分から積極的に就職セミナーや講演会を選択し、参加する必要がある。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りの越中島駅周辺はほとんど何も無い。京葉線の快速電車は越中島にとまらないため、各停を1本逃すと10分以上次の電車が来ないということはよくある。門前仲町や月島から徒歩で学校へ行くルートもある。
    • 施設・設備
      悪い
      洋式トイレもあるが和式もある。全体的に校舎は古いが、映画などの撮影場所に使われることも。図書室の自習机はコンセントがあり充電できる。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:482692
1131-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 東京都 港区港南4-5-7
最寄駅 東京モノレール 天王洲アイル
りんかい線 天王洲アイル
電話番号 03-5463-0400
学部 海洋生命科学部、 海洋工学部、 海洋資源環境学部
概要 東京海洋大学は、東京都港区に本部を置く国立大学です。通称は「海洋大(かいようだい)」「海洋(かいよう)」。120年以上の歴史がある東京商船大学と東京水産大学が、2003年に統合して誕生しました。東京商船大学(現在の海洋工学部)の前身は1875年に創立した私立三菱商船学校です。東京水産大学(現在の海洋科学部)の前身は、1888年創立の大日本水産会水産伝習所のため、東京海洋大学の創立は1875年に定められています。国立大学で唯一、海洋研究や教育にのみ特化した大学です。 海洋科学部は品川キャンパス、海洋工学部は越中島キャンパスにそれぞれ4年間通学します。建学以来の伝統に基づき、実技を基本に考えた教育を行っていてます。練習船を用いた実習や校外施設での実験を多く行うのが特徴です。

この学校の条件に近い大学

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京海洋大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
東京女子大学

東京女子大学

45.0 - 57.5

★★★★☆ 3.94 (333件)
東京都杉並区/西荻窪駅
昭和女子大学

昭和女子大学

52.5 - 57.5

★★★★☆ 3.92 (368件)
東京都世田谷区/三軒茶屋駅
獨協大学

獨協大学

47.5 - 57.5

★★★★☆ 3.94 (475件)
埼玉県草加市/獨協大学前駅〈草加松原〉駅
理系のオススメ大学
津田塾大学

津田塾大学

47.5 - 57.5

★★★★☆ 4.09 (284件)
東京都小平市/鷹の台駅
中京大学

中京大学

47.5 - 57.5

★★★★☆ 3.73 (673件)
愛知県名古屋市昭和区/八事駅
名古屋学芸大学

名古屋学芸大学

45.0 - 57.5

★★★★☆ 4.13 (208件)
愛知県日進市/杁ヶ池公園駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

東京海洋大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。