みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城キリスト教大学   >>  口コミ

茨城キリスト教大学
出典:Hykw-a4
茨城キリスト教大学
(いばらききりすときょうだいがく)

茨城県 / 私立

※外部サイト(マイナビ進学)に移動します

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 42.5

口コミ:

3.79

(75)

茨城キリスト教大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.79
(75) 私立内232 / 566校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

75件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    文学部 児童教育学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学びたいことをしっかりと学ぶ姿勢がある人には充実した環境である。就職率も非常に高い。ただ、周りに何もなく、サークル等に入らなければ他学科との交流も少なく友達を作る機会もあまりない。
    • 講義・授業
      試験はレポートが多かったり、レジュメ持参可が多かったりするので、単位は取りやすい。先生も優しい人が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生からはじまる。選び方は希望制で人気のある先生は抽選になってるがどのような基準で選ばれているのかはわからない。ゼミ生同士のつながりはそのゼミによって非常にバラバラである。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートはしっかりしているので、就職率は高い。ただ、地元密着型のため、大企業を目指すような人は少し難しいかもしれない。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大みか駅で、駅から大学までは約15~20分。周りは山に囲まれていて、ラーメン屋さんや居酒屋が多い。周辺でお昼を済ませられるようなところや、暇を潰せるようなところはほとんどない。
    • 施設・設備
      工事が進んで比較的新しい建物が多くなってきたが、今だに古い教室もある。学科によって使う教室がはっきりと分かれている。キャンパス自体が広いため、教室間の移動が非常に遠かったりもする。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル活動を行なっていれば、他学科との交流は作りやすいが、ほとんどは同じ学科の人との友人関係になってしまう。恋愛も女子が多く、あまり盛んではない。
    • 学生生活
      サークル活動を行なっていなければ、大学のイベント参加する機会はあまりないと思う。サークル活動については、自主イベントを行なったり合宿をしたり、比較的充実したイベントである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生から3年生はほぼ必修科目と専攻科目でほぼ決まった時間割通りに進めて行く。そこで単位をきちんと取ることができたら、四年生は授業はほとんどなく、自分の興味がある科目を選んで足りない単位をおぎなう。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      携帯業界の販売職
    投稿者ID:415442
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    文学部 文化交流学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先進国、発展途上国問わず海外に行ってみたい人や、国内外の社会、文化に興味がある人にはぴったりの大学です。留学する際の支援としっかりとしていますし、学園内でも留学生と仲良くなれます。
      文化交流学科は、まだ将来なりたいものが決まっていない人も、四年間を通しじっくりと考えることができる学科だと思います。
    • 講義・授業
      文化交流学科の先生方は、その道のプロフェッショナルの方が多く、研究者の中でも名前が知られた方が多いです。他学科、他大学教授からの講義を少人数でも受けられ、自分の興味関心に基づき本当に自由に学べます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、国際共生、観光、地域貢献、日本語教育の基礎を学ぶことができます。必修科目ももちろん入ってきますが、ここから自分の関心はどこにあるのかある程度決めることが出来ます。
      2年次では文化交流についての知識を向上させます。世界では何が起きているのか、どのような文化が世界にはあるのか学べることはもちろん、それぞれの資格習得に向けた講義も増えてきます。
      3年次では、今まで学んだ基礎科目をより専門的に学び、深く文化交流とは何かを知ることができます。
      4年次は今までの集大成として、卒業研究を行うも良し、就職に向けて頑張るも良し、とそれぞれの将来に目を向けていく時期となります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元のメーカー
    投稿者ID:388656
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    文学部 現代英語学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      めぐまれている。総合評価学校生活全般を振り返ると充実している点としては、蔵書数ががきわめて多く調べものしたい生徒にはこの上なく素晴らしい環境である。また社会福祉を学びたい人には授業以外に地域でのボランテイア活動にも参加する機会に多く
    • 講義・授業
      5段階評価よいの理由先生も親切で生徒の疑問にも積極的に答えてくれて学びの者の学習意欲高間てくれる。課題については今の日本の現状に即した社会福祉の方向付けをわかりやすく解説してくれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの開始時期は磯子しい4月をはずして、ひと段落した時期から余裕を持って参加できる。先生も適切なアドバイスを随所にしてくれて、このゼミに参加してよかったという印象を持つ仲間が多い。ゼミの生徒同士のつながりも良家の子女が多く、粗野な人がいないので楽しく参加できる。
    • 就職・進学
      就職実績はかなり良いと思う。具体的な数字あげることは記憶が悪く正確にあげられません。就職等のサポートでは学内に支援する人がいて親身になって相談にのってくれる。それは時には先輩だったり、就職した卒業生の時もある。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅は大甕駅でそこから学校まで徒歩で10分。大変便利です。学校の周囲は閑静な住宅地が多く田園都市というような雰囲気です。買い物するのにも、遊ぶのにも、飲みに行くのにもおおくの施設が点在し得ていてそういうことでは、非常に便利です。
    • 施設・設備
      キャンパスは緑がおおく広大な公園という雰囲気です。季節季節の草花が咲き誇り、ときにはことりがそれ目当てにやってくるという日本昔ののどかな風景です図書館も充実して地域住民にも開放している。生徒も試験前にその蔵書を活用して己に磨きをかけることができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の友人関係は良家の子女が多く、粗野な人がいないので楽しい雰囲気をもつことができる。かなり女性が多くやや男子は圧倒されがちである。
    • 学生生活
      学外の活動では大甕駅の近くに街路樹があり、そこ近くのレストランゼミや部活動での打ち上げ会をたのしむことができる。アルバイトもいろいろできる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      共通科目として、キリスト教、英語、中国語ある。情報処理科目、選択必修科目もある。そのほか学科社会福祉史、公的扶助論、臨床心介護概論、進退障碍者福祉論などがある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員として勤務
    投稿者ID:409889
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    看護学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      特別悪いところもなく特別惹かれるところもない微妙な感じである。友人関係は充実しているので楽しく学校には通えている。演習に関しては他の大学と比べると不安がある。
    • 講義・授業
      ほとんどが必修科目であるため、履修の組み方は特に難しくはない。授業はほとんど、プリントを使う物が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミにはまだ所属していないのでよくわからない。一人一人に先生がアドバイザーとしてついてくれるため、心強い。
    • 就職・進学
      就職に関する相談はしやすい環境が整っている。実績はよくわからないが、都内の病院に就職している人もいるらしい
    • アクセス・立地
      最寄駅は大甕駅である。駅から徒歩15-20分くらいかかかる。カフェや居酒屋が近くに何軒かあり、サラリーマンが多い。
    • 施設・設備
      施設は綺麗。設備は演習などに使う物品は充実している。図書館は大きく、本の冊数も多い。パソコンも印刷も無料で使える
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科の人数も多く、グループワークも多いため、たくさんの友だちを作りやすい。サークルに入れば他学科の友達もつくることができる。
    • 学生生活
      サークルに所属していないため、評価できなかった。サークルに入ると飲み会や文化祭の出し物などがあり、イベントも多い
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養の科目もあり、忙しい。2年になると実習や、領域の科目も増える。3年になると後期は全部実習になる。
    投稿者ID:407598
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 現代英語学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      やりたいサークルが少なかった一番充実していた時間はお昼のチャペルチャペルでいろいろな話を聞いたり、コンサートが楽しめたのが一番の思い出チャペルはオススメしますよ12月の学園クリスマスは学園全体でのクリスマス会です授業の一環で学園内の幼稚園で英語を教える授業はオススメです
    • 講義・授業
      オススメの講義は観光学と子供の英語教育(幼児)がオススメです観光学はパワーポイントの内容を聞いて理解していればテストもきちんとできます。子供の英語教育は、教材作るのは大変だけど面白い授業です
    • 研究室・ゼミ
      私のゼミは参加しているだけでも単位が取れます。先生も早く授業終わりにしたい人でした。卒業研究もやりたい人だけ提出な方式でした。他のゼミは飲み会や留学生と交流も盛んでした
    • 就職・進学
      就職実績は県内でも上位キャリア支援センターのスタッフも面倒見のよさナンバーワン困ったことがあれば、親身になって話も聞いてくれます。卒業後も何かと困った時相談に乗ってくださります
    • アクセス・立地
      最寄り駅大みか駅から学園まで歩きで20分2019年には駅もリニューアルして学園まで繋がります。学園の周りは自然豊か、飲食店も集中してます駅からすぐのところにハワイアンカフェもあり、人気です
    • 施設・設備
      図書館は無料でビデオ見放題なんと8時まで開館しています。卒業しても登録すれば無料で使えますパソコン室も、空き時間自由に使えます。学食も安くてオススメです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内は学年学科問わず仲良くなるグループもあります特にサークルやクラブ、実行委員繋がりで仲良くなったり学内、学外のボランティアで外部の人との繋がりもできやすく、卒業しても連絡とっている人もいますよ
    • 学生生活
      10月のハロウィンパーティはみんなで仮装して盛り上がりますよ。クリスマスパーティ、学園クリスマス、クリスマス礼拝は一番のよさです
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語コミュニケーション、リーディング、文法、リスニングの授業が必須です2年次は英語コミュニケーションが必須です。英語コミュニケーションのクラスは年度始めのプレイスメントテストで決まります。3.4年次はゼミが必須で、学科科目や他の学科の科目も履修できますよ卒業研究は自由です。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      住宅、金融の営業職が三割教員は1人
    投稿者ID:413288
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 児童教育学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      課題などが多くなかったため、アルバイトや友人との交流などに使える時間が多かった。勉強だけでなく、対人関係や自然など、学ぶことが多かった。実習先を就職先を見通して自分で決められたり、進路相談できる環境が整っていた点もよかった。
    • 講義・授業
      出席のとり方が曖昧な先生も多く、真面目に授業を受けていても損することがあった。先生にもよるが、寝ていたり、私語が目立つ授業が多かったように思う。基本的には先生が主体で授業を進めるので、意見を言い合ったりという場面は少なかった。必修科目が多く、あまり自分で好きな授業を取れる感じではなかった。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの種類が多く、割と希望通りのゼミに入ることができたと思う。説明会で、詳しく研究内容を知れるので選びやすかった。自分の所属していたゼミは美術系だったが、自由に作品を作れば評価されるし、懇親会もあったので人間関係も問題なく楽しい雰囲気だった。ゼミによって、卒論を書くのか、作品提出が評価になるのか等、単位取得の条件もゼミ選びの段階から知れたのもよかった。
    • 就職・進学
      就職率は100%だったので、安心感はあった。キャリア支援センターでいつでも相談に乗ってもらえたし、先輩たちの就活体験記も自由に見ることが出来たので参考になった。また、自分にあった仕事を心理的に分析するようなペーパーテストのようなものを受けることも出来た。
    • アクセス・立地
      電車で通う人にとっては、駅から徒歩5分という好立地だったが、駅の出入り口から反対側に学校があるため、少し不便に感じる。学生用の駐車場が少いので、自宅から最寄り駅までが遠く、車で通学するのを希望する人にとっては通いにくい。周辺にはアパートがおおいので、ひとり暮らしをする人も多かった。
    • 施設・設備
      新しく校舎が出来たばかりで、ラウンジや教室はきれいだった。授業によって校舎が変わるが、大学のキャンパスの間に高校と中学があり、移動教室に5分以上歩くこともあった。DVD無料レンタルや広場、ピアノ練習室があり、空き時間を有効に活用することが出来た。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      児童教育学科は、女子が大半だったので学科内恋愛はなかった。友人関係は名前の順で授業を受けるメンバーが割り振られていたので、その中で仲良しのグループが出来るが、名前の順で離れている人とはなかなか関わりを持つ機会がなかった。
    • 学生生活
      コーラス部に所属していたが、イベントに参加することもなく、週に一度1時間ほど練習しただけだった。いつの間にか練習もなくなり、自然と部活もなくなった。部員は3名だった。大学のイベントといえば学園祭だが、大きなサークルに入っている人だけが出店して盛り上がり、その他の人はあまり学園祭には行かず、旅行に出かけたりアルバイトをしている人が多かった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年生では、必修科目をもくもくとこなす感じ。好きな授業というよりは、決められた授業を受ける。3年生になると、余裕が出てきてアルバイトやボランティアに励む時間ができる。4年生ではほとんどゼミだけになるので、他に自分の関心がある授業を受けたり、就活、ボランティアをしていることが多かった。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      地元の幼稚園の教諭
    投稿者ID:411129
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 児童教育学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      授業に関してはいたって普通だと思う。保育士になりたい人にとっては良い学校だと思う。一方保育・看護科以外の他の学科は他の学校の方が良いのではと個人的には思う。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容についてはいたって普通。とならければならない授業が結構多い。講義の雰囲気は寝ている人がほとんどなので勉強したい人にはおススメできない。単位は出席していれば取りやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミについては現在はまだ一学年なのでわからないが、先輩の様子をみていると大変な感じはない。ほとんど活動はないのではないかと思う。
    • 就職・進学
      就職実績についてはほぼ100%に近いが、保育・看護以外の学科は地元中小企業が多い。大学院に進学するひとはほとんどいない。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは徒歩5分程度で立地条件はとても良い。学校のまわりは適度に飲食する場所はある。買い物は水戸にでる。
    • 施設・設備
      キャンパスはきれいで快適である。教室もきれいで過ごしやすい。体育館等もあり設備について不満はない。食堂もきれい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校は女子が多く、学生の7割ほどが女子である。男子が少ないために恋愛に関しては少ないと思う。サークルに所属していればたてのつながりもできる。
    • 学生生活
      サークルの活動は所属するサークルによる。活動が活発なサークルもあればほとんど活動していない部もある。大学としてのイベントは少ない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      幼児教育科の授業は一年次は一般教養。2.3年次は実習がメインとなる。4年はどんな感じなのかはわからない。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      わからない。
    投稿者ID:407714
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 文化交流学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学園の中に幼稚園、中学校、高校、大学、大学院があり、また自然に囲まれている。最寄りの駅から徒歩10分なのでアクセスしやすい。海が近いため、周辺に海鮮系のお店が充実している。(学園の海抜は高いため、地震などによる津波の影響はほぼない)学園祭はキャンパス内の中学校高校を含めて行われるため、とても大きなイベントになる。茨城キリスト教大学と姉妹校の外国の大学があるため留学しやすい。
    • 講義・授業
      履修については各学科1年間にとれる単位数の上限が決まっている。4年間の必須単位数はそこまで多くなく、必修以外の授業に関しては単位も取りやすい講義が多い。ただし必修の授業は落とされる人も少なくない。その場合次年度取り直しになるが、落とした必修単位数が一定数を超えると留年となる。実際授業に関しては身になっていると感じることは少ない。キリスト教関係の授業も多い。
    • 研究室・ゼミ
      文化交流学科については研究室を使うことはあまりなく、わたしはまだ行ったことがない。ゼミは学科内ではなく全ての学部学科と、交流するものになむているが1年生ではまだほぼやっていない。
    • 就職・進学
      茨城キリスト教大学は国内でも上位に入る就職率であるが、実際のところ大学の中退率も高い。特に文化交流学科は多い。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅から徒歩10分最寄りの駅で工事を行っており、2年後には駅の改札から直通で徒歩3分ほどで大学に行けるようになるという。海抜が高いので海から近いが津波の影響はない
    • 施設・設備
      とても綺麗なキャンパスであるサークルの部室には各部屋(ないところもある)にテレビやゲームなどが置いてあるコープが2箇所にありコープの会員になると雑誌や本が安くなる図書館がとても広く、また空きコマの間に見れるように映画のビデオがたくさんあり、1人席から3人席まで使えるようになっている
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      優しい人やしっかりした人が多いため、問題はあまり起こったことはないマナーを守れる人も多いサークルに入っていた方が恋愛は発展しやすいと思う学科内ではあまり恋愛に発展しない
    • 学生生活
      学務部の近くの壁にバイト募集の紙が貼ってある。学園周辺だけでなく県内の駅近のバイトが多い。 サークルはお金はかかるがその分より充実した大学生活を過ごせると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      文化交流について。観光や歴史などを学ぶ。取れる資格については、教職(社会系)、学芸員など必修科目はそこまで多くなく、真面目に授業を受けていれば(授業自体に出ていなくても)取れるしかし必修科目がなぜか1限や、6限など早いか遅いかしかなく、1限に耐えられなかった者はまた来年1限ファイターになる。
    投稿者ID:414028
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活科学部 心理福祉学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      福祉の実習に行くと厳しいですが、社会福祉士の受験資格を得られ、その合格率も良い方なので、良いと思います。
      心理に関してはあまり取っていないため詳しくはわかりませんが、大学院まではないので、その点はしっかり理解しておいた方が良いと思います。
    • 講義・授業
      熱心な先生もおり、つらいこともありますが人間的にも成長する経験ができるかもしれません。福祉に関しては充実していると思います。
    • 研究室・ゼミ
      三年からゼミが始まります。正直充実度や学生生活の楽しさは、ゼミによります。人気があるゼミはだいたい決まっていますが、希望が通れば比較的充実した生活が送れます。
    • 就職・進学
      合格率が高いため、社会福祉士を取得できるという、学生への地域の信頼も強く、就職は決まりやすいです。
    • アクセス・立地
      駅から遠い、しかし地下道ができる予定
    • 施設・設備
      慣れると使いやすい。しかし、駅から最も遠い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人は比較的できやすい。しかし、男子は少ないため、恋愛はなかなか難しいかも?
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      社会福祉士の取得に向けた勉強。
      心理に関する勉強。
    投稿者ID:379226
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    文学部 現代英語学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      通ってみると駅からそれほど遠くなくて、いい学校だと思います。
      自習のための専用の教室があったり、静かでとても良いです。衛生面も新しい建物かつ、掃除も怠っている様子はなく綺麗な学校です。部活にも力を入れており、硬式テニス部は毎年、たくさんの結果を出して、学校に貢献しております。授業的にはキリスト教の聖書を読んだりする授業があり、それ専用の部屋?というか講堂があります。学校的には英語の勉強に力を入れており、外国との交流授業もあるし、希望する人には留学したりすることも可能です。先生たちの対応もいいですし、文系や外国に行ったりする職業に就きたい人にはうってつけの大学だと思います。しかし、その分、定期テスト以外のテストも多く、偏差値や学校のレベルを上げるため先生の熱意はハンパではなく出される課題は多いですが、その分、自分にどのくらい力がついてきてるのか、実感できる学校となっています。とても良い学校なので是非お願いします。
    投稿者ID:378284
    この口コミは参考になりましたか?
75件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

茨城県で評判が良い大学

茨城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城キリスト教大学   >>  口コミ

茨城キリスト教大学の学部

文学部
偏差値:37.5 - 40.0
★★★★☆ 3.78 (41件)
生活科学部
偏差値:37.5 - 40.0
★★★★☆ 3.73 (22件)
看護学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 3.92 (12件)
経営学部
偏差値:40.0
☆☆☆☆☆ - (0件)

オススメの大学

東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.68 (428件)
宮城県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (71件)
山形県/私立
北海道千歳リハビリテーション大学
北海道千歳リハビリテーション大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.00 (1件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。