みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城キリスト教大学   >>  口コミ

茨城キリスト教大学
出典:Hykw-a4
茨城キリスト教大学
(いばらききりすときょうだいがく)

茨城県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 42.5

口コミ:★★★★☆

3.78

(83)

茨城キリスト教大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.78
(83) 私立内234 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

83件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      先生方は親しみやすくとても良い方が多いですが、カリキュラムがいまいち。大学なので専門学校に比べると実習が少ないのはわかりますが、実習でさまざな科に行かせてほしい。行きたい科を選択できればより良い。また、建物に関しては不満しかない。11号館にはある温水便座がない。看護科は教科書など授業に使うものが他の学科に比べると多いのに教室の机が狭い上に席もほぼぴったりしかないため非常に勉強しにくい。
    • 講義・授業
      講義の内容は先生によりけりだが、実習のないようがいまいち。実習に行ける分野が少ない。就職してから同期に話を聞いてみると、脳外科や循環器などにも実習に行ったと話しており、茨キリでは選ぶこともできず1箇所しか経験できないため、もっといろいろ経験させてほしい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミも先生による。私が所属していたゼミは先生がとても協力してくださったのでスムーズに進めることができた。選び方は第3希望まで提出できる。成人、母性、小児あたりが人気だった。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートは十分。看護科担当のキャリア支援室の方が面接の練習や小論文の添削もしてくれる。学校で県内の病院の説明会もあり、充実している。
    • アクセス・立地
      立地は最悪。駅がすぐそこに見えるのにすごく遠回りしなければ学校に行けない。今は工事をしているみたいだが、もっともっと早くやってほしかった。毎朝大変だった。あとは、生徒用の駐車場が少なすぎる。立地的に車を使うことも多いのにあの少なさは困る。
    • 施設・設備
      実習室や設備などは充実していると思うが、他の学校のものを見たことがないのでなんとも言えないが。教室は良くない。教科書をたくさん使うのに机が狭く、席もほぼぴったりしかないので余裕を持って座ることができないため勉強しにくい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係については、推薦で入学している人がかなり多いので、入学式の時点でグループが結構できているが、実習やグループワークが多いのでいろんな人と仲良くなれる機会がある。
    • 学生生活
      サークルには所属していなかったのでわからないが、サークルの数が少ないと思う。文化祭もあんまり面白くなかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語などの基本的な必修科目の授業が多い。1番大学生っぽいかも。看護も基礎的なことを学ぶ。
      2年次に初めてちゃんとした実習に行く。
      3年次には各領域の実習にそれぞれ行くので、半年間くらいは実習。なかなかきつい。授業も多い。
      4年次は総合実習、オスキー(実技テスト)、国試勉強、卒論、就活とかなり忙しい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学病院
    投稿者ID:432020
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 児童教育学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      キャリア支援センターが充実していて面談でも真摯に対応していただけます。ただ、当たり前ですが自主的に行動し
      なければいけません。
      学校生活では友人関係にも恵まれ非常に楽しく過ごせていています。
      キリスト教の大学ということでキリストの授業がありますが普通に受けていれば単位は取れます。先生によって面白さも変わるので選べるなら選んだ方がいいです。あまり評判のよくない先生もいました。
    • 講義・授業
      全体的にしっかり出席をしてテストも真面目に受けていれば単位はもらえます。学園内にこども園や託児所があり、実践的な場があることも魅力です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの先生によって変わりますが、自分で希望を出して第一希望が通ったので良かったです。実践的な授業などがあるゼミなので力になりました。
    • 就職・進学
      キャリア支援センターは充実していますが自分でやろうと思わなければ意味がありません。就職説明会も毎回同じような内容です。実習の最中に締め切りの模試などもありスケジュールの管理が連携できていないように感じました。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩10分程で着きます。近いうちに駅の工事が完成すると駅から直結の大学となるので今以上にアクセスが良くなります。
    • 施設・設備
      学園内にこども園や託児所があるため良い環境で実践的なことが学べます。図書館も充実していて自習として活用しています。DVDが見放題なので休憩にもいいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルはゆるすぎず、きつすぎずなので居心地が良いです。先輩後輩関係も良好でした。学科の友人も同じ志を持ったもの同士なので気持ちを分かち合っています。
    • 学生生活
      人数の多いボランティアサークルなのですが計画なども自由に立てられて楽しいです。学内だけでなく地域のイベントにも参加していてとても充実しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      保育者幼稚園教諭の資格は短大でも取れます。ここでは4大であるからこその深い内容を追求しているように感じます。講師は保育士経験者や元園長、現園長もいて実践的な内容も教えていただけます。
    投稿者ID:432033
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      簿記を学びたい、就職をしたい人にとってはいい学科だと思う。しかも、単位も取りやすいため進級に関してはあまり心配はしなくてもよい。
      卒業後は、就職する人が多く内定率も高い
    • 講義・授業
      教授によっては、一方的に話す人もいるが、学生に興味を持ってもらうために面白おかしく話をする人もいる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生から始まるので、私は充実しているかどうかは知らないので、詳しくはおしえることはできません
    • 就職・進学
      この学科は、主に就職するひとがほとんどである。その就職率は、県内私立大学で1位になったことがあるほど高い
    • アクセス・立地
      最寄り駅は、大甕駅。
      駅から大学までは、歩いて15分かかる。
      学校の周りは、コンビニなどが無く、充実しているとは言えない
    • 施設・設備
      経営学科は主に11号館を使っており、大学内で一番新しく建てられた建物である。とても清潔感のある場所なので、気に入っている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、とても友好である。
      恋愛関係は、よく分からない。
      友人ができやすい場所は、講義後の教室だと思う
    • 学生生活
      私は、クリエイター&サブカル同好会に所属しているが、その活動は主に文化祭で作品を展示するのみで、そのほかの活動はまったくない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学教養科目が「建学の精神」「基礎演習」「外国語」「健康スポーツ」「人文・社会・自然」「情報」がある
    投稿者ID:426973
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    文学部 文化交流学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると惰性で授業を受けることが多かった
      自分できちんと学業に対するモチベーションを持たないと授業が少しつまらないかも
      就職活動はまだですがこれから頑張ります
    • 講義・授業
      講義の内容はわかりやすい
      講師の先生と教授は優しい
      課題は取り組みやすいと思う
      本人の意識次第だと思います
    • 研究室・ゼミ
      きちんとしたゼミを選ぶことをおすすめします
      選び方については友達が多いところの方がいいと思います
      やっぱり友達がいるいないが大きいです
    • 就職・進学
      就職活動はまだしていないのでなんともいえないですが
      先輩方はすんなり見つかる人が多いように感じます
      あとは自分の意識次第だと思います
    • アクセス・立地
      立地条件はいいと思います
      コンビニがも一応あるので便利な方だとは思います
      ただやっぱり近くに住んだ方が便利だと思います
    • 施設・設備
      キャンパスはとても綺麗なので好きです
      教室も窮屈な感じがしないのでとてもいいです
      サークルには入った方がいいです、友達はたくさん作りたいですね
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      やっぱり友達はたくさん作った方がいいです
      共通のサークルの友達とかいるといいですね
      恋愛については学業に支障がないくらいがいいと思います、彼氏と別れて大学を辞めてしまった子を知ってるので
    • 学生生活
      アルバイトはやった方がいいと思います
      バイト先で友達とか増えると思いますし
      学校外の友達もいた方が楽しいと思います
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次が個人的には一番大変でした
      アルバイトと学業の両立が思うようにいかず大変な思いをしました
      個人的には1年目は学業に集中した方がいいかもしれません
    投稿者ID:428683
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    生活科学部 食物健康科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、落ち着いた環境の中で過ごすことができる。
      充実している点としては、授業においてグループ活動が多く、就職してからの協働に役立つと思う。
      管理栄養士に加え、栄養教諭も目指したい人にとっては、学びが深められる環境がある。
      授業以外に関しては、もうすぐ駅と学校が直結になるので通いやすくなる。現在は、徒歩10~15分。
      卒業後は、病院、施設、公務員、給食委託、ドラッグストア、スーパー、食品会社など幅広い就職先がある。
    • 講義・授業
      講義や授業の内容については、パワーポイントでプリントが配布される形式がほとんど、ノートをとることは基本なく、内容の理解も難しすぎることはほとんどない。
      先生との距離は近く、話しやすい方が多い。
      講義中の雰囲気については、席指定の授業が多いため、落ち着いて授業を受けることができる。
      課題に関しては、実験・実習が多いためレポート毎週ある。長期休みに課題が出ることも多いので、勉強が嫌いな人には向いていない。
      単位については、大体の人が落としたことはない。
      履修の組み方については、必修科目が多いので組みやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は、4年生からの所がほとんど。選び方は、先生からの説明の後、見学期間を経て、希望を出し、成績順に決定。
    • 就職・進学
      就職実績については、就職を希望する人のほとんどが内定を貰っている。
      就職活動のサポートについては、キャリア支援センターを活用するとよい。セミナーなども数多く行われる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は大甕駅。
      駅から大学まではとても近い。
      学校の周りは、カフェやラーメン屋がある。
      買い物に行くことが多い場所は、水戸駅。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、程よい広さであるため、移動が短時間で済む。
      教室については、作られた時期によって様々。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、良好。派手すぎる人はあまりいないので、過ごしやすい。
      学内は、男子が少なく、女子が多い。
    • 学生生活
      アルバイトについては、アルバイトをしている人が多く、月に10万近く稼いだという話も聞く。学内でのアルバイトもある。学外での活動としては、ボランティアの募集がよくある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、講義、実験が多く、基礎的内容について。
      2年次は、実習が多い。
      3年次は、国試に向けての対策が始まる。
    投稿者ID:427664
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    看護学部 看護学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学は自身で学んでいく必要があり、授業内容を把握していくことが難しい。技術面を磨きたいならば専門学校の方が良いと思う。近くの病院で実習に行くため卒業後の就職先は選びやすいかもしれない。
    • 講義・授業
      履修は全て必修のため自身で組む必要はほぼない。
      課題はレポートが中心であり、グループワークも多い。看護過程の展開もあるためそこでアセスメントの仕方を学んでいく。座学で疾患や人体構造について学び、演習で実技やどうしてそれを行うのかの根拠などを学べる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは4年生からであり、それが卒業論文となる。ゼミは少人数ずつに分かれるためゼミ同士でのつながりはあまり少ない。私は2人しかいないゼミだったので先生と個人面談のような感じで卒業論文を進めた。
    • 就職・進学
      実際に実習に行った先に就職できるので病院の雰囲気を把握することができる。履歴書の書き方や志望動機、面接の練習なども行ってくらるためサポートは十分にある。
    • アクセス・立地
      看護科は大学の一番奥に教室があるが最寄り駅から15分程度で着く。学校の周りはラーメン屋さんやカフェ、居酒屋も多くある。水戸までも15-20分ぐらいで着くため立地は良い。
    • 施設・設備
      キャンパス内には生協と学食がある。また、教室やラウンジでご飯を食べることもできる。教室は様々な学科のところを使うこともあるが基本的には看護科専用のところで授業を行い、内観もきれい。図書館もあるためグループワークや課題の資料も手に入りやすい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護科は基本的に必修科目しかとらないので他の学科との交流は少ない。そのためサークルに入ると他学科との交流も増える。
    • 学生生活
      アルバイトをしていたのでサークルは入っていない。アルバイトの求人も校内の掲示板に貼られており、安心して応募することができた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1.2年次は基本的な人体構造や疾患など徐々に勉強していきます。また、看護師はチームワークが大切なのでグループワークも多く組まれています。1年次の実習は数日間だけで看護師の仕事を学ぶ程度で、2年次の実習は1週間受け持ち患者を持ちアセスメントを行います。
      3年次は後期が実習です。成人看護や小児看護など全ての分野の実習にいき、受け持ち患者を持って関わっていきます。
      1年次から演習を行いますがそれもグループに分かれて行い、演習方法や手順の根拠など詳しく学べます。
      4年次に卒業研究としてゼミが組まれ、自分の調べたいことや興味のあることについて学んでいきます。また、卒業研究を卒業論文として提出することとなります。4年次からは国家試験の勉強もあり、定期的に模擬試験を行ったりとテストも多く組まれます。また、国家試験対策の授業や講習のお知らせなどもあるため勉強しやすい環境です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      実際に実習に行ったところの病院に勤めました。
    投稿者ID:430146
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 児童教育学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      教員志望の人は間違いなくよいと思いますが、それ以外の道を選びたいとなったときに学科の先生はサポートしてくれない印象。教育を学ぶのには、最適であるとは思う
    • 講義・授業
      講義や授業の内容は大変充実しており、課題の量も程よく、普通に過ごしていれば単位もとても取りやすいと思います。ただ、あくまでも教職課程であるので、教養の履修は1、2年のうちはあまりとれないです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは三年からです。選び方は周りの人や、先生・学びたい分野で決めるなど様々ですが、やはり教育系のゼミに絞られてきます。情報量があまりなく、大変でした
    • 就職・進学
      教職につく学生は多く、そのサポート(採用試験など)はかなり充実しており、力を入れている印象です。もし就職となった場合はキャリア支援センターに相談することも可能です
    • アクセス・立地
      駅から15分前後かかりますが、駅の工事が完了すれば、直通の道ができるそうなのでかなり便利だと思われます。ただ、周りに遊んだりする場所は全くなく、ご飯に行くときは電車に乗っていくことが多いです
    • 施設・設備
      学科で主に使う棟が古く、教室もかなり狭い。パソコンを使わなければならないこともあるが、使える場所が限られているので不便。体育の授業でグラウンドやプールが使えないことも不満
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活動については未加入なのでよくわからないが、学科内では付き合っている人も多い。友人もすぐに出きるが、女性の方が多いのでいざこざがないわけではない。
    • 学生生活
      サークル、部活動には所属していない。アルバイト先には仲間や上司に恵まれており、とても楽しみながら将来の勉強もしつつ励むことができている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に教職課程の勉強で、概要的な科目から実践的な科目まで様々なことを学びます。新たな視点で教育を見つめ直すので、新鮮な発見も多いです。
    投稿者ID:429877
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 現代英語学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      充実している点としては海外のいろいろな大学と提携しているため、海外留学に行きやすい。
      外国語を学びたい、外国人と触れ合いたいという人にとってはとても適している大学。
      卒業以外に関しては、サークルや部活動の種類がたくさんあるので自分が入りたいサークルや部活動が見つけられる。
      卒業後は就職する人がとても多い。
      キャンパス内はとても広いので授業の移動はかなり時間がかかる。
      建物はかなり古いものもあれば最近できたばかりの新しい建物もある。学科によって主に使う建物が違うため、正門からかなり遠い場合もある。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容は先生によって大きく異なる。
      映画・音楽を授業で取り扱うような授業もある。
      教授や講師の先生はとても親切で丁寧な方が多い。講義中の雰囲気は普通。多くの生徒は皆静かに抗議を受けている。
      課題の量は先生によってかなり異なる。
      単位は復習を怠らなければかなり簡単に取れる。履修の組み方はガイダンスの話をしっかり聞くのと、分からないことは学生事務室に相談できる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室にはいつも多くの人がいる。
      研究室では話し合うことがかなり多いので会話のコミュニケーションやディスカッション能力の向上につながる。
    • 就職・進学
      就職実績はピンキリ。
      就職活動のサポートはしっかりしているため就職サポートをしてくれる窓口に相談なしに行く人は多い。
    • アクセス・立地
      最寄駅からキャンパスまでがとても近い。
      学校の周りは車の通りが多いので徒歩でキャンパスまで行く際には注意が必要。
    • 施設・設備
      図書館においてあるパソコンはテスト週間になると使用する人が多くとても混むため、自分用のパソコンは絶対に持っておいた方が良い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は女性の場合であればたくさんの同性の友人が出来る。
      約女性7:男性3の比率なので女性がとにかく多い。
    • 学生生活
      アルバイトはほとんどの生徒がしている。
      大学のイベントはそこまで派手なものでない。ほとんどの学生は出店やサークル・部活動のイベントに携わっていない限り来ない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は1年次のうちはとても多いが、2年次になると急激に減るため、しっかりと自分に必要な授業や資格取得に関わる授業を見分けて受講する。
    投稿者ID:430317
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 児童教育学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学びたいことをしっかりと学ぶ姿勢がある人には充実した環境である。就職率も非常に高い。ただ、周りに何もなく、サークル等に入らなければ他学科との交流も少なく友達を作る機会もあまりない。
    • 講義・授業
      試験はレポートが多かったり、レジュメ持参可が多かったりするので、単位は取りやすい。先生も優しい人が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生からはじまる。選び方は希望制で人気のある先生は抽選になってるがどのような基準で選ばれているのかはわからない。ゼミ生同士のつながりはそのゼミによって非常にバラバラである。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートはしっかりしているので、就職率は高い。ただ、地元密着型のため、大企業を目指すような人は少し難しいかもしれない。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大みか駅で、駅から大学までは約15~20分。周りは山に囲まれていて、ラーメン屋さんや居酒屋が多い。周辺でお昼を済ませられるようなところや、暇を潰せるようなところはほとんどない。
    • 施設・設備
      工事が進んで比較的新しい建物が多くなってきたが、今だに古い教室もある。学科によって使う教室がはっきりと分かれている。キャンパス自体が広いため、教室間の移動が非常に遠かったりもする。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークル活動を行なっていれば、他学科との交流は作りやすいが、ほとんどは同じ学科の人との友人関係になってしまう。恋愛も女子が多く、あまり盛んではない。
    • 学生生活
      サークル活動を行なっていなければ、大学のイベント参加する機会はあまりないと思う。サークル活動については、自主イベントを行なったり合宿をしたり、比較的充実したイベントである。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生から3年生はほぼ必修科目と専攻科目でほぼ決まった時間割通りに進めて行く。そこで単位をきちんと取ることができたら、四年生は授業はほとんどなく、自分の興味がある科目を選んで足りない単位をおぎなう。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      携帯業界の販売職
    投稿者ID:415442
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    文学部 文化交流学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      先進国、発展途上国問わず海外に行ってみたい人や、国内外の社会、文化に興味がある人にはぴったりの大学です。留学する際の支援としっかりとしていますし、学園内でも留学生と仲良くなれます。
      文化交流学科は、まだ将来なりたいものが決まっていない人も、四年間を通しじっくりと考えることができる学科だと思います。
    • 講義・授業
      文化交流学科の先生方は、その道のプロフェッショナルの方が多く、研究者の中でも名前が知られた方が多いです。他学科、他大学教授からの講義を少人数でも受けられ、自分の興味関心に基づき本当に自由に学べます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、国際共生、観光、地域貢献、日本語教育の基礎を学ぶことができます。必修科目ももちろん入ってきますが、ここから自分の関心はどこにあるのかある程度決めることが出来ます。
      2年次では文化交流についての知識を向上させます。世界では何が起きているのか、どのような文化が世界にはあるのか学べることはもちろん、それぞれの資格習得に向けた講義も増えてきます。
      3年次では、今まで学んだ基礎科目をより専門的に学び、深く文化交流とは何かを知ることができます。
      4年次は今までの集大成として、卒業研究を行うも良し、就職に向けて頑張るも良し、とそれぞれの将来に目を向けていく時期となります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元のメーカー
    投稿者ID:388656
    この口コミは参考になりましたか?
83件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

茨城県で評判が良い大学

茨城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  茨城キリスト教大学   >>  口コミ

茨城キリスト教大学の学部

文学部
偏差値:37.5 - 40.0
★★★★☆ 3.80 (45件)
生活科学部
偏差値:37.5 - 40.0
★★★★☆ 3.70 (23件)
看護学部
偏差値:42.5
★★★★☆ 3.79 (14件)
経営学部
偏差値:40.0
★★★★★ 5.00 (1件)

オススメの大学

東北学院大学
東北学院大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.69 (448件)
宮城県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (77件)
山形県/私立
北海道千歳リハビリテーション大学
北海道千歳リハビリテーション大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.00 (1件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。