みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  山形大学   >>  口コミ

山形大学
出典:User:Tokino
山形大学
(やまがただいがく)

山形県 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 62.5

口コミ:★★★★☆

3.68

(407)

山形大学 口コミ

★★★★☆ 3.68
(407) 国立内150 / 169校中
学部絞込
4071-10件を表示
  • 女性在校生
    理学部 理学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    理学部理学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      学生と教授の関係性が薄いため、テストの結果や、授業の参加率などでしか評価が出ない。 他学部に話を聞くと、教授と親しい人が多い印象がある。 研究室に入ったり、学科コースを選択するのが遅いため、自分のやりたいことが存分に出来るとは限らない。
    • 講義・授業
      普通
      生徒のことを考えず、部屋の設定温度や授業の進む速さが異常。 だが、優しい先生も多い。 アドバイザーと呼ばれる先生が生徒一人一人に付くのだが、相談できれば良いが、相談しにくい先生ももちろんいるため、アドバイザーだけが頼りだとは言い難い
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      今の段階はまだゼミに入っていないため、よく分からない。 山形大学は岩石について研究している教授が多く、選択肢が少ない。
    • 就職・進学
      普通
      就職に関して、何も聞かれない。 自分で勝手にどうぞ感がある。 数学の教師になろうとすると教授から嫌な目で見られるらしい。 噂があるだけでも嫌な気分になる。
    • アクセス・立地
      悪い
      基本は車移動がおすすめ。 駅は大学から30くらいの場所にあり、アルバイトを探すとなると、大学近辺は少ない。
    • 施設・設備
      良い
      理学部の実験で使われる器具は新しく、揃っていることが多い。 安心して使うことが出来る。
    • 友人・恋愛
      悪い
      理学部はグループ作業が少ない方なので、あまり親交が深まるとは言えない。
    • 学生生活
      悪い
      イベントは大々的にやってないため、いつやってたのだろうと思うことが多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は数学、物理、化学、生物、地学をまんべんなく学び、二年次から選択制に変わっていく。 一年次と比べて二年次は一気に難易度が上がる。 むしろ一年次は高校の復習であるため、二年次に挫折する人もいる。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      理学部は教師になる人、大学院へ進む人が多い。 それだけがサポートされるわけじゃないので、ただ、勉強したい、知りたいというだけでもいいと思う。
    • 志望動機
      学力的に自分に合っていたから。山形大学は事件が多かったため、怖い気持ちもあるが、周りの友達はいい人ばかりで悪い印象を持たれているのが残念。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:571270
  • 女性在校生
    人文社会科学部 人文社会科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    人文社会科学部人文社会科学科の評価
    • 総合評価
      普通
      入学時に法律経済公共政策どの分野に興味があっても後から専門を選べるのが利点だと思います。また就活系のサポートが手厚いと感じます。また山形ならではの山形を考えるというフィールドワークの授業があります。
    • 講義・授業
      良い
      人文社会科学部は社会科学系3コースは一年次はコース選択をせず経済法律公共政策様々な分野を学べる点。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年次からゼミが始まるため2年で興味を持った教科をゆっくり探すことができる点。
    • 就職・進学
      良い
      インターンのガイダンスや就職のガイダンスなど沢山行っているため。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅が山形駅ですが駅からは30分程で遠いです。シャトルバスは出てますが有料です。高速バスのバス停からも10分ほどがかかります。周辺にスーパーはありますが休めの飲食店などは少ないです。
    • 施設・設備
      良い
      新しい施設もありますが所々掃除不足や老朽化が見られます。基本的には机等は綺麗で新しいです。
    • 友人・恋愛
      悪い
      基本的にはサークルで友人を作ることが主です。授業では同じ学部の友人は出来ますが他学部は作りにくいと思います。
    • 学生生活
      普通
      文化祭はありますが他大学と比べると小規模なイメージがあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は様々な分野を学び、二年次からはそれぞれの専門に分かれ専門をメインとした授業を受けます。3年時からはゼミが始まりより専門に深い勉強をできます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      元々経済と法律2つの分野に興味を持っており、後から専門を選べるのが魅力的に感じたため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:566204
  • 女性在校生
    工学部 化学・バイオ工学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    工学部化学・バイオ工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学科内だけで考えると、学生同士仲が良く勉強も教え合えるような立場や環境にあるためとても満足している。
    • 講義・授業
      良い
      講義自体はとても面白く興味深いものであるが、その講義で学んだことが一体将来何に活かされるのかが説明されていない。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      おそらく充実していると思われる。所属している先輩方が楽しそうなので
    • 就職・進学
      良い
      キャリアについて、社会マナーについての講話を聞くことが出来る講義があり、インターンなどのガイダンスも用意されておりサポートは充実している。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から遠かったり、学校周辺にコンビニが少なかったりと不便である。
    • 施設・設備
      良い
      充実していると思われる。メインで使う棟はもちろん稀にしか使わない棟も講義室内が学習の環境に適していると感じる。黒板の見やすさや室温調整などの点で。
    • 友人・恋愛
      普通
      講義が同じになりやすいという理由で学科内では仲良くなるが、他学科に関しては講義が被ることが少なく、あまり知り合う機会はない。
    • 学生生活
      良い
      自分自身そういったものに興味をもって参加しないため不明である。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は他学部と合同の講義が多く、教養の科目を中心に学んでいた。二年次以降は他学部と合同ということがなくなり、また、それぞれの学科毎に受講可能科目が指定されており、私自身の学科は、化学系、生物系を中心とした科目が多い。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      製薬に興味があり、薬学部を目指していたが工学部でも同じような夢を目指すことができると知り、また、今所属している学科コースでは、生物系、化学系の両方を学ぶことが出来、研究室に手術台がある所もあり医療に関する研究も盛んに行えると知ったためである。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536485
  • 女性在校生
    農学部 食料生命環境学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    農学部食料生命環境学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      頭悪いのに国立だって偉そうにしてる人がいるのが本当に嫌 でも上位にはなりやすい あと後期試験はすごく入りやすい
    • 講義・授業
      悪い
      キャンパスが離れているため、情報系など専門でない人が教えているものもあり、非常にわかりにくい時がある。 パソコンなどの設備も足りていないため、授業で不便に思うこともある。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      2週に1回だけ先輩にTAとしてサポートしていただきながら実験実習する機会があるが、先輩方もできないことがあったり、誤った指示をされることがあり、研究室配属されたあとに充実した研究等をしているとはあまり思えない
    • 就職・進学
      良い
      就職浪人はいなかったと記憶している。 国家公務員もいるし、他大学の院進学もある。 ただ、大手企業は少ない
    • アクセス・立地
      悪い
      車がないと不便な地域 他キャンパスとの距離もかなりある バスを使えば往復で5000円かかる
    • 施設・設備
      悪い
      パソコンが少ない 図書館もパソコン室も使える時間が限られている 実験実習でも数が足りないので二人で使ってくださいなどと言われることがある
    • 友人・恋愛
      普通
      友人はいいけど恋愛対象はいない。 友人も正直やなやつ多くて泣いてる
    • 学生生活
      悪い
      鶴岡キャンパスはほぼなんもない 小白川キャンパスもちっさいしへぼい 活躍してる部活とか聞かない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      化学系、畑作畜産、森林、水土、経済の分野に分かれる 水産系は無い
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      自分のセンターの成績的に後期試験が合格しそうだったから やりたいことのできる研究室があったから また、第一志望の大学の近くだったから研究室のつながりもありそうだと思った 比較的実家に帰りやすい
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:565214
  • 女性在校生
    人文社会科学部 人文社会科学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    人文社会科学部人文社会科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学部内にも多くのコースがあり、自分の興味に合わせて様々な学び方が可能です。やりたいことがはっきりしていなくても、学んでいるうちに興味が見いだせると思います。
    • 講義・授業
      良い
      文化や歴史、法律や経済など、幅広い選択が可能です。グローバル系のコースもあり、留学する学生も多いように思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年次には基礎演習、3年次からはゼミに所属します。自分のコースに関連するゼミに所属することが多いので、コース選択の時点で、ある程度自分の興味のある分野を考えておくといいと思います。
    • 就職・進学
      良い
      一年次からキャリア系の科目があります。また、単位となるインターンシップもあり、多くの人が参加しています。人文社会科学部では、公務員を目指す人も多いです。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りの駅まで歩こうとすると結構距離があります(シャトルバスあり)。他学部と違い、4年間同じキャンパスなので、引っ越しの手間がありません。一人暮らしの人は、大学近くのアパートを借りることが多いです。
    • 施設・設備
      悪い
      国立大学なので、私立と比べると設備は劣ります。ただ、最低限のエアコン・暖房、プロジェクターなどはあるので、特に不便に感じる点はありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      県外から来る人も多く、様々な人と出会うことができます。サークルや部活に所属すると、上下での繋がりも増えて楽しいです。
    • 学生生活
      普通
      バレーやバドミントンなど、一部の競技ではサークルと部活動の2種類があるので、自分に合った方を選択できます。文科系サークルも40以上あります。文化祭も多くの人で賑わいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は全学部の学生と一緒に基盤共通科目を学び、教養を身につけます。2年次からはコースごとの専門的な授業が始まり、3年次にはゼミに所属します。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない。
    • 志望動機
      地元に近かったから。政治や法律に興味があり、自分の学びたいことに合っていると思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534093
  • 男性在校生
    理学部 理学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    理学部理学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学科全体としては、まぁまぁだと思います。基本的な授業から入るため、授業についていくのもそこまで難しくはありません。
    • 講義・授業
      普通
      充実している授業もあるが、充実していない授業もあるからどちらとも言えない。
    • 就職・進学
      普通
      就職、進学実績のサポートを受けた事が、まだないからどちらとも言えない。
    • アクセス・立地
      普通
      県内ではあるが、電車通学をしていて、時間に縛られるため、少し大変であるから
    • 施設・設備
      悪い
      イスや机が使いづらくめんどくさく感じる事があります。エレベーターが少ないと思いました。
    • 友人・恋愛
      普通
      友達は少ない方でありもう少し友達が欲しいと思う。恋愛は充実しています。
    • 学生生活
      普通
      バイトや勉強で忙しく、サークルに行く時間がないので参加していない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生で理科系全般の基礎を勉強して、2年生から専門的な授業が始まります。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 志望動機
      家から近いところに位置していて、キャンパスの移動もないからです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:568944
  • 男性在校生
    工学部 情報・エレクトロ二クス学科 / 在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    工学部情報・エレクトロ二クス学科の評価
    • 総合評価
      良い
      電気だけの知識だとソフトウェアの知識がない。情報だけだとハードウェアの知識がない。両方得るのは情報エレクトロニクス学科だけ。
    • 講義・授業
      良い
      一般的に電気を学ぶ学生は、ハードウェアの知識しか得ることができないが情報を学ぶことによって、ソフトウェアの知識も得ることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      好きな教授の研究室があるため。
    • 就職・進学
      良い
      電気関係の学科は就職、進学実績が良いため。 また、大学のサポートがしっかりしている。
    • アクセス・立地
      良い
      実験や研究に対して、アクセスや立地などはいいが、周辺には何もない。
    • 施設・設備
      良い
      学科の施設、設備はとても充実している。ただ、学生実験などの道具には年季が入っている。
    • 友人・恋愛
      良い
      とても充実している。学校内外とはず、ずっと友達と遊んでる状態。
    • 学生生活
      良い
      学校のサークルやイベントは国立大学なのでそれなりに存在する。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生で基礎的な数学や物理を学び、2年生で電気と情報の基礎を学び、3年生で応用と学生実験を行い、4年生で研究室で研究。
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 就職先・進学先
      大企業
    • 志望動機
      電気を学びたく、なおかつ地元から近く、なおかつ倍率が非常に低かったら。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:569934
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      1年の教養科目は、全てではないが退屈なものが多め。特に英語は、受験生の方がレベルが高いのではないかというくらい。また医学部キャンパスの授業で基礎生命科学というのがある。入試で使わなかった理科の科目をやることになっているが、生物選択で入学した人は物理の授業がかなりのスピードで進むので、覚悟が必要。高校の物理、物理基礎の教科書やエッセンスのような参考書があったほうがいい。一方物理選択で入学した人の生物の授業はゆるい。しかし、1年の後半に向かうにつれ生物の要素が多くなっていくので、大学に入学する前に、少しでも生物の教科書を読むといいかも(すべての医学部に言えることだが)。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は山形駅となっているが、徒歩であれば医学部キャンパスに関してはたぶん蔵王駅からの方が近い。山形駅からは徒歩約1時間、蔵王駅からは約20分くらい?バスは20:00以降になると無くなるので、車が必要になる。車持ってる友達を通じて関係が広がったりもするので、100%悪い所とは言い切れない。
    この口コミは参考になりましたか?

    5人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:479046
  • 女性在校生
    地域教育文化学部 地域教育文化学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    地域教育文化学部地域教育文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分の学びたいことを学ぶことができる。先生がたも自分のやりたいことを考慮してくれて、適切なアドバイスをくれる。様々な専門分野の先生がたがいて、多くの視点から物事を考えることができるようになると思う。教育のことを学べるのはもちろんであるが、スポーツ、音楽、心理学、美術、食、、、様々なことを専門的に学ぶことができる。
    • アクセス・立地
      良い
      山形駅からは少し遠いように思うが、シャトルバスもでている。また仙台から通っている学生もいる。仙台と山形間のバスの本数が多いので、便利である。仙台から近いのが山形の良さでもあると考える。
    • 友人・恋愛
      普通
      一年生時には、同じ学部以外の人とグループを組んで授業をする機会がある。それを通して、友人となることもある。また、総合大ならではで、たくさんの視点を持った人達と関わることができるのもこの大学の良さであると考える。
    • 学生生活
      普通
      文化系、スポーツ系、ボランティア系、、、様々なサークルがあり自分が入りたいものに参加することができる。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      未定である
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:477823
  • 男性在校生
    地域教育文化学部 地域教育文化学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    地域教育文化学部地域教育文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学習環境はとても良いです。
      夢を見る学生にとって、それを先生はしっかり応援してくれます。先生の態度も決して悪くありません。
    • 学生生活
      普通
      どこも平均的ですね。
      これと言って突出したものがあるとも言い難いですし…
      まぁまあ楽しいと言われれば楽しいですし、楽しくないと言われれば楽しくないような気もします。
      そんな空気も含めてこの学校はどこか人任せというか、もっとこう主体的に動ける要素が必要ですよね。
      やはりこれからはもっと大きな世界を見ていかないといけないわけですし。
      こんな怠けたような環境は学生にとってはあまりいい影響は与えないのではないでしょうか。
      個人の感想ではありますが、もう少し創造的な人材を育成するという意味でも、学内のサークルやイベントを充実させる必要があると考えます。
      やはりどこか閉鎖的な部分がありますね。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      世界情勢についてや日本の外交問題、その他総合的な人間関係を学びます。
    • 就職先・進学先
      大手金融会社/総合職/営業
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:468092
4071-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 山形県 山形市小白川町1-4-12
最寄駅 山形新幹線 山形
山形線 山形
JR仙山線 山形
フルーツライン左沢線 山形
電話番号 023-628-4006
学部 人文社会科学部、 理学部、 地域教育文化学部、 医学部、 農学部、 工学部
概要 山形大学は、山形県に本部を置く国立大学です。通称は「山大(やまだい)」山形高等学校や山形農業専門学校など5校の母体として1949年に設立された。設立時は4学部しかなかったが、現在山形県内に設置されている4つのキャンパスで6つの学部で学べるようになっています。 山形市には「地域教育文化学部」「人文社会科学部」「理学部」がある小白川キャンパスと医学部附属病院と「医学部」がある飯田キャンパス、米沢市には「工学部」がある米沢キャンパス、鶴岡市には「農学部」がある鶴岡キャンパスがあります。なかでも「工学部」には、世界的研究拠点「有機エレクトロニクス研究センター」が設立され、世界を相手にする若手研究者の育成に力を入れています。

みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  山形大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.84 (1474件)
東京都八王子市/中央大学・明星大学駅
東京理科大学

東京理科大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.81 (790件)
東京都新宿区/飯田橋駅
立命館大学

立命館大学

50.0 - 62.5

★★★★☆ 3.83 (1599件)
京都府京都市中京区/円町駅
理系のオススメ大学
明治大学

明治大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.92 (1821件)
東京都千代田区/御茶ノ水駅
北里大学

北里大学

40.0 - 62.5

★★★★☆ 3.91 (440件)
東京都港区/広尾駅
中央大学

中央大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 3.85 (1563件)
東京都八王子市/中央大学・明星大学駅

山形大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。