みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  山形大学   >>  口コミ

山形大学
出典:User:Tokino
山形大学
(やまがただいがく)

国立山形県/山形駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:40.0 - 62.0

口コミ:★★★★☆

3.69

(433)

山形大学 口コミ

★★★★☆ 3.69
(433) 国立内149 / 169校中
学部絞込
4331-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年05月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    農学部食料生命環境学科の評価
    • 総合評価
      良い
      地域と一体化しており、自然豊かな環境でのびのびと実習できる良いところだと思います。漁業以外の、農学全てに関わることが学べます。
    • 講義・授業
      普通
      普通です。農業に関しては、勉強というよりも知識を増やす、という感じがします。1年生の時はただ授業を聞いてレポートを書くぐらいなので、あまりやりがいは感じないと思います。が、1年生の小白河キャンパスにいるうちに、色々な学部の授業を受けることができるので、違う学部の人と関わることの方が多いので、それは楽しいと思います。化学や数学、物理に関して、農学部は大抵苦手な生徒が多いですが、それを見越して教授がわかりやすく教えてくれます。なので、高校で習っていない化学、物理があっても大丈夫だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      普通だと思います。研究室によって大きく変わるのではないでしょうか。自由気ままに放任主義な教授もいますし、昔ながらの頑固な教授もいます。海外で学会に参加するほど素晴らしい研究をするところもあれば、そうではないところもあります。1年生の時に研究室見学をするので、先輩の研究ポスターを見ると、研究室によって、研究の充実さが一度に見比べることができます。すごい研究をしてるから、というだけでその研究室に入るのではなく、教授と生徒の雰囲気など、自分に合った研究室選びがとても大切です。
    • 就職・進学
      普通
      インターンが二年生からありそれで単位をもらえます。また、公務員試験のサポート、面接練習、マナー練習などがありますので、普通に受講していれば、大丈夫だと思います。(公務員試験の講座はかなりお金がかかります)農学部なのに、農家になる人は0に近く、農業系の公務員か民間が多いです。銀行に勤める人も多い気がします。少しの人は院進します。
    • アクセス・立地
      普通
      メリットとデメリットがどちらもあります。メリットはかなり豊かな自然環境ということです月山をはじめとした出羽三山、鳥海山、クラゲで有名な加茂水族館、あつみ温泉、由良浜の海岸線、豊かな田園風景などがあり、とても四季折々の景色が綺麗で、気持ちいいです。また、鶴岡中心部はそれなりに栄えています。カフェなどとても美味しい飲食店が多く、生活に困ることはありません。デメリットは他のキャンパスから遠い、都市から遠いことです。1年生で小白河キャンパスで違う学部の友達ができた場合、山形市に行くのに片道1800円で2時間、米沢までは3000円で3時間、仙台までだと、3000円で3時間かかります。遠距離恋愛をする際にはかなり気を付けてください。自転車、車を持ってる人が多いです。
    • 施設・設備
      普通
      農学部の食堂の規模が小さく、あまり使われていません。また、人数を考えると仕方のないことですが、施設が少し小さいように思います。デメリットはこれくらいです。メリットは、実習場が充実していること。畑では地域の人と一体となって自然豊かなところで実習できます。演習林では、東北で1番大きい演習林で実習できます。室内実験場も充実しており、さまざまな化学実験も行えます。1週間に4回以上実習することも多く、教授も実習を重要視しています。
    • 友人・恋愛
      悪い
      1年生の時は違う学部との交流が多いため、かなり様々な人と友達になり、恋愛をすると思います。ただ、自分の動き次第ですが。同学部との交流は少ないです。小白河のサークルは国公立で1番多く、活発なので、そこで充実すると思います。ただ、サークルを掛け持ちすると勉強やバイトとの両立が困難になります。鶴岡のサークルは少なく、あまり活動的ではないのですが、研究室ではよく飲み会をします。上下の関係が良いと思います。教授が割と酒豪な人が多いです。
    • 学生生活
      普通
      サークルは上の通り。イベントは、文化祭が地域と一体化して農学部らしく野菜を販売したりします。とても良い行事だと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      前に言った通りです。農業、経済、森林、水土、遺伝、微生物、食品など多くのことを学べます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 就職先・進学先
      まだ決まってません。院進か民間を考えています。
    • 志望動機
      農業は地域の自然、人間の生活と密接に関わっており、今の諸問題を解決するにはあらゆる観点、価値観から見ることができるようになりたかったから。とても広大で豊かなフィールドで実習したいと思ったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:643596
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    農学部食料生命環境学科の評価
    • 総合評価
      良い
      平均的にまあまあ満足できると思います。とても楽しいですし、分かりやすいです。あまり不便な点は無いです。
    • 講義・授業
      良い
      しっかりと講義、指導がされている。
      自分的には分かりやすい。
      先生はちゃんと分かりやすく説明してくれているので
      いいと思う
    • 就職・進学
      良い
      ちゃんと考えてくれてはいる。サポートはあまりいいとは思えないけれど...
    • アクセス・立地
      良い
      自分的にはかなり好み!結構いいと思うが...たまにゴミが落ちていたり...
    • 施設・設備
      良い
      まあまあ揃っていると思います。不便なところはあまりないとおもうが...
    • 友人・恋愛
      普通
      皆関係は充実してる。あんまり一人の人とか見たことない気が...
    • 学生生活
      良い
      楽しいです!サークル、イベントはまあまあいいと思う。楽しい所と楽しくないところで別れますが...
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      ちゃんと自分が行きたいとこへ行けるように、学びたい学科を学べるように。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      農業に興味をもっていて、自分で作る野菜などがとても美味しいと子供の頃感じたのが理由です。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:611796
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    人文社会科学部人文社会科学科の評価
    • 総合評価
      良い
      私はグローバルスタディーズコースに所属しておりますが、先生の語学の授業は何より楽しいし、グローカルな人材になりたい方にはオススメです。グローバルスタディーズコースの方はお手軽な価格で海外感じできるのでおすすめです。
    • 講義・授業
      良い
      学科で行われる授業は1年生のうちは、コースによってやる事は全く異なります。1年生のうちは、基盤教育が中心ですが、人間文化コースや法経コースは専門的な授業を1年生のうちに少しやります。グローバルスタディーズコースは1年生の時はそこまで専門的な授業はありません。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室やゼミは限られているように思えます。先輩は楽しいと言っていましたが…。
    • 就職・進学
      良い
      就職率はかなり高いです。1年生の時からキャリアについて学びます。自由度が高い基盤教育科目もあるので、1年生のうちから企業訪問などを行うことができます。就活のサポートは十分あると思います。自分の力の付け方次第でアピールは可能だと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      学部の1年生と理学部、地域教育文化学部、人文社会科学部の方は小白川キャンパスに通います。すごい広いわけじゃないかもしれませんが過ごしやすいです。山形大学には医学部があるので大学内の保健医療センターで病院を紹介してもらったり診察を受けることができます。近くに病院も多く、ドラッグストア、スーパー、も近いので助かります。駅までは歩くと20分ぐらいかかるので自転車で行くことをおすすめします。仙台とは高速バスで約50分で行けるのも良い点です。1時間に5本ほど出ているのでかなり便利だと思いますし値段も片道1000円以下です。
    • 施設・設備
      良い
      良いと思います。学生が使うキャンパスは比較的きらいで、職員が使う建物は古く感じます。
    • 友人・恋愛
      良い
      友人作りたい人いっぱい作れるし恋愛したい人ができる環境だと思います。何よりサークルが多いので出会いは多いと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルはめちゃくちゃ多いです。1年生のうちに最初に3個くらい入っておいて後から幽霊になるパターンが多いです。めちゃくちゃ楽しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      グローバルスタディーズコースでは、2年次から1年生の時に学んだ初修外国語(中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、ドイツ語)または英語を強化するクラスに分かれます。さらに多文化研究と国際地域研究に分かれます。どちらを選んだとしてもあまり関係なく、国際地域研究の科目を多文化研究の方が選ぶこともできます。人文社会科学部の人は統計学やデータ処理演習、社会調査法のどれかをジェネリックスキルとし、履修する必要があります。グローバルスタディーズコースは留学が卒業条件です。毎年このコースではロシアや台湾、東南アジア、英語圏の海外研修のプログラムが用意されており、海外に行きやすいのが特徴です。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      グローカルな仕事をしたいと思っていて、地域公共政策や社会学を学ぼうと思っていましたが、語学を学ぶことにもとても興味がありました。あくまで外国語学部ではなく、社会学や経済学、環境学などを広く学べるところを探していました。家庭の事情で国立しか行けないたいうこともあり、この大学がわたしにピッタリだと思ったので志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    14人中14人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:600290
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    工学部建築・デザイン学科の評価
    • 総合評価
      良い
      学力的に入りやすいかつ、就職にも困らないためとてもほどよいと思う。
      しかし、初めから目指すのはレベルが低すぎるためすこし上の大学を狙ってセンター失敗してしまった子におすすめする。
    • 講義・授業
      悪い
      1年次での9割を占める基盤科目では専門科目に全く関係のないことをするため興味を持てない科目が多い
    • 就職・進学
      良い
      建築デザイン学科は3年前から工学部に移行したため就職実績は未知だが地域教育文化学部にあった建築学科では実績があったらしくその点では十分なサポートが受けられる
    • アクセス・立地
      良い
      周りにはアパートがたくさんあるため学生は登校しやすい。
      ただ、男子寮以外の寮が遠く寮生は友達などの家に居座ることが多い。秋も割と遠くて近くにマックなどもないことは少し不便
    • 施設・設備
      普通
      専門科目をやっていないためにあまりわからない。
      そのため星3にさせていただきました。
    • 友人・恋愛
      良い
      学力が同じような人が集まるため気の合う子たちが多い。
      とても楽しい学生が送れると思う。
    • 学生生活
      普通
      サークルは多くてマイナースポーツなども存在している。
      が、学内のイベントが学祭などすこししょぼい。
      大学の学祭だと思っていくと悲しい思いをしてしまうレベル
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      日本の建築についてや、建築デザイン学科なので絵を描いたりする授業もある
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      もともと中学校の時から建築士になりたくてもっと上の大学を目指していたがセンター試験を受けてみてそこに行けないとわかり、いける大学を調べて山形大学にした。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:599423
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    地域教育文化学部地域教育文化学科の評価
    • 総合評価
      普通
      教員が分かりやすく教えてくれるのでとてもいいです。特に悪い面はないですよ。学生のみなさんも活動的な方が多いです。
    • 講義・授業
      普通
      面白い講義がたくさんあってどれをとろうか迷います。そして分かりやすいです
    • 就職・進学
      普通
      公務員試験のためのサポートが充実しています。面接も繰り返し相手してくれます。
    • アクセス・立地
      普通
      周辺にアパートがたくさんあって通いやすいです。近くにスーパーもあります
    • 施設・設備
      悪い
      自分の学科の棟は古くなっていてあまり施設は充実していないです
    • 友人・恋愛
      普通
      みなさん向上心があって、一緒に成長できる人間関係をつくれます
    • 学生生活
      普通
      わたしはサークルに入ってないのですが、友達は楽しくかつどうしてるみたいです
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      スポーツ科学と心理学、食栄養と、音楽と美術との他分野横断的の学習です
    • 学科の男女比
      9 : 1
    • 志望動機
      面白そうな講義がたくさんあって楽しいキャンパスライフを送れそうだと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:599356
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2020年01月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    工学部高分子・有機材料工学科の評価
    • 総合評価
      良い
      良くも悪くも高分子一筋と言った学科だと思います。
      高分子に関しては本当に国内トップであり、そのレベルは他の高分子を研究している有名大学に追随するものがあります。
      地方の大学でここまで特定の分野で頭角を現した大学は他にないと思いますし、将来性も持てる分野なのでこの大学の研究に持てる期待は大きいと言えます。
      学生がこのレベルに付いていけるかは学生自身にかかっていますが、十分に良い学科だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      この学科では高分子の化学的性質や物性、更には材料としての特徴を広く深く学ぶことができます。
      高度な研究をされている教員の方も多く、広く接すれば将来自分がやりたいことに関する情報を得られるかもしれません。どの講義もその道のプロフェッショナルが行うので、高分子の奇妙な特性を詳しく学べます。
      高分子という特性上、難しい講義も少なからず存在しますが、しっかりと体系的に理解すれば大丈夫です。
      ただし2年後期は過密スケジュールで、更に当期に開講される実験のレポートは大半が手書きなので、そこは覚悟しておいてください。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      どの研究室も国内トップレベルの研究室をされています。
      有機ELを始めとした光電子に関する研究や、レオロジー等の物性研究、社会でも広く使われている高分子材料に機能性をもたせたり性能を上げたりする合成研究と、幅広い分野に渡る研究室があります。
      2年後期から合成、物性、光電子とコース分けがなされ、3年後期に研究室に配属されます。
      配属の優先順位は成績(GPSとGPA)によって決まるので、良い成績をとっておいて損はありません。
    • 就職・進学
      良い
      半数以上の学生が自大学の大学院に進学します。
      学部で就職するひともいますが、少数だとおもわれます。
      学部卒でも就職先は上々だと思われます。
    • アクセス・立地
      悪い
      小白川キャンパスの周囲環境は他学部の方のものがありますので割愛します。
      米沢キャンパスは近くにスーパーやコンビニがあるので、買い物には困りません。ただし娯楽施設は殆どありません。また、アクセスもあまり良いとは言えず、米沢駅から歩いて30~40分近くかかります。最寄り駅は南米沢駅ですが、本数が少なく当てにならないと思います。春~秋は自転車があると便利ですが、冬は後述の雪のため自転車は殆ど役に立たなくなります。
      このように米沢市は住むには困りませんが、気候は厳しいです。特に冬は米沢市は特別豪雪地帯に指定されているので、普段雪の積もらない地域に住んでいる方には酷かもしれません。
    • 施設・設備
      良い
      高分子系の施設は他の学科が羨むほど充実しています。
      その現れとして、図書館にある専門書は高分子系が多くを占めています。
      また高分子系の建物が多数あり、中でも有機システムフロンティアセンター等はとりわけ大きく高い建物で、設備も立派なものが揃っています。
      ほかにも企業においてあるような3Dプリンターや二軸混練押出機等もあります。学部生の頃からそれらの機械に触れることができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      高分子という材料工学の異端児を学びにやってきている人たちなので、話が合う人が多いです。
      それとは関係はありませんが、共通の趣味を持つ人を探すのにはそれほど苦労しません。
      ただし男女比が示すように恋愛関係には期待しないでください。
    • 学生生活
      普通
      サークルは並々だと思います。
      体育会系から模型サークルや自動車部等もあります
      ただし1年次に在学する小白川とは独立したサークルもあるので、米沢から通うのは大変なものもあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は教養科目や専門科目の走りを学び、2年生になってから本格的に高分子や有機化学等の学問を学びます。
      1年次に必要単位数が取れなかったら米沢キャンパスに移れないので注意してください。
    • 学科の男女比
      8 : 2
    • 志望動機
      ある研究室の研究に興味を持ち、その分野全体を深く学びたいと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:615374
  • 男性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    農学部食料生命環境学科の評価
    • 総合評価
      良い
      幅広い分野の勉強ができて将来に役立つことも興味のあることも勉強できます。とてもよい学科だと思います。
    • 講義・授業
      良い
      先生はみんな熱心に指導くださります。様々な講義がありとても充実しています。
    • 就職・進学
      良い
      様々なサポートがあります。就職実績も十分良いです。学んだことを活かせます。
    • アクセス・立地
      良い
      駅やスーパーも近く車がなくても自転車や徒歩で十分やっていけます。
    • 施設・設備
      良い
      様々な施設、設備がありとても充実した学生生活を送ることができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      様々な人がいて出身もバラバラでサークルもたくさんありたくさんの出会いがあります。
    • 学生生活
      良い
      様々なイベントやサークルもたくさんありとても充実した学生生活を送ることができます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は農学だけでなぬさまざまな分野を学ぶことができます。2年から専門的な勉強がはじまります。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      農業について勉強したいとおもっていたため農学部を志望しました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:609913
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    人文社会科学部人文社会科学科の評価
    • 講義・授業
      普通
      その道の専門家の方がたくさんいるので、わからないことはたいてい解決します
    • 研究室・ゼミ
      普通
      人間文化コースはゼミがないと聞きました
      残念
    • 就職・進学
      良い
      公務員講座を受けた人の合格率が高いです。OBの方が来てくださって、お話を聞くこともできます。
    • アクセス・立地
      普通
      登校するときはほとんどの人が登り坂を通ると思います。自転車の人はすこしつらいかも。
    • 施設・設備
      普通
      ちゃんとエアコンあります。でも少し寒すぎるかな?暖房をつけたときはうるさいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      自分の周りはいいひとばかりです!!サークルも充実してますが、新旧の部室の状態が極端…
    • 学生生活
      普通
      文化祭はありますが、もう少し全体的に関わりたいかなあとも思いました。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      人文社会科学科では3つのコースがあり、そこからさらに細分化されています。留学も行けます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      世界史を深く勉強したかったので人文社会科学科にしました。とても楽しいです。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:601475
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    医学部医学科の評価
    • 総合評価
      良い
      1年生の前期という早い段階から、医学の勉強に触れることができます。そのため、積み重ねが大事であることが実感できます。
    • 講義・授業
      良い
      難しい表現で書かれている教科書を上手く噛み砕いて説明してくれる先生方が多いので、助かっています。
    • 就職・進学
      良い
      臨床実習が4年後期~と早くから始まるため、臨床医を目指す人には
      よいと思います。
    • アクセス・立地
      良い
      大体の学生はキャンパスの近くに住んでおり、生活するのに不便はないと思います。駅への交通も整っていて、便利です。
    • 施設・設備
      良い
      教室、自習室、図書館、全て居心地がいいですが、図書館は年季が感じられます。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークルはほぼなく、部活が中心です。そのため、しっかりした先輩後輩の関係が築けます。
    • 学生生活
      良い
      医学部に文化祭的な催しはありません。部活には東医体・北医体があり、どの部活もそれに向けて練習に励んでいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年は全学部共通+医学部の授業、2年以降は全て医学部の授業になります。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      医師になるためです。中でも臨床医になりたいので、臨床実習が早くから始まる大学を選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中4人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:575798
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    人文社会科学部の評価
    • 総合評価
      良い
      教授層が厚いと思います。
      専門に特化した授業もたくそんあり、ひろく深く学びの選択肢がある印象をもっていますり
    • 講義・授業
      良い
      専門に特化した教授がたくさんいる印象をもっています。
      とても深く学べるのがこちらの学科だとおもいます。
    • 就職・進学
      良い
      就職課のサポートが充実しているとおもいます。
      学んだことを活かすためのサポート体制、外部講師との連携がしっかりしています。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄りの駅から遠い気がします。
      バスが出てはいますが、それでもアクセスがいいとは言いがたいです。
    • 施設・設備
      良い
      建て替えが進んでおり、全体的にわりと綺麗だという印象を持っています。
    • 友人・恋愛
      良い
      さまざまな土地や国から来ている学生が多い印象をもっています。
      そういったひとたちとの出会いの場がたくさんあるのがこの大学の良いところだとおもいます。
    • 学生生活
      良い
      楽しんでいる人は楽しんでいる印象をもっています。nただ、途中で合わなくて辞める人も多いかんじがします。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      文学から歴史、芸術など多岐に渡ることを深くまなぶことのできる学科だとおもいます。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      日本のことについて、深めたかったというのが1番です。
      入学後に専門をしぼっていきました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:574064
4331-10件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
  • 小白川キャンパス
    人文社会科 ・理 ・地域教育文化
    山形県山形市小白川町1-4-12
  • 飯田キャンパス
    山形県山形市飯田西2-2-2
  • 鶴岡キャンパス
    山形県鶴岡市若葉町1-23

     JR羽越本線「鶴岡」駅から徒歩19分

  • 米沢キャンパス
    山形県米沢市城南4-3-16

     JR米坂線「南米沢」駅から徒歩8分

電話番号 023-628-4006
学部 人文社会科学部理学部地域教育文化学部医学部農学部工学部
概要 山形大学は、山形県に本部を置く国立大学です。通称は「山大(やまだい)」山形高等学校や山形農業専門学校など5校の母体として1949年に設立された。設立時は4学部しかなかったが、現在山形県内に設置されている4つのキャンパスで6つの学部で学べるようになっています。 山形市には「地域教育文化学部」「人文社会科学部」「理学部」がある小白川キャンパスと医学部附属病院と「医学部」がある飯田キャンパス、米沢市には「工学部」がある米沢キャンパス、鶴岡市には「農学部」がある鶴岡キャンパスがあります。なかでも「工学部」には、世界的研究拠点「有機エレクトロニクス研究センター」が設立され、世界を相手にする若手研究者の育成に力を入れています。

みんなの大学情報TOP   >>  山形県の大学   >>  山形大学   >>  口コミ

この大学におすすめの併願校

東京電機大学

東京電機大学

45.0 - 55.0

★★★★☆ 3.65 (298件)
東京都足立区/つくばエクスプレス 北千住
東北学院大学

東北学院大学

40.0 - 50.0

★★★★☆ 3.65 (589件)
宮城県仙台市青葉区/仙台市営地下鉄南北線 五橋
日本大学

日本大学

37.0 - 67.0

★★★★☆ 3.65 (2724件)
東京都千代田区/都営新宿線 市ヶ谷
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

35.0 - 65.0

★★★★☆ 3.85 (313件)
栃木県大田原市/宇都宮線 那須塩原
東京理科大学

東京理科大学

45.0 - 62.0

★★★★☆ 3.82 (899件)
東京都新宿区/都営大江戸線 飯田橋

山形大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。