みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  宮城学院女子大学   >>  口コミ

宮城学院女子大学
出典:広瀬川
宮城学院女子大学
(みやぎがくいんじょしだいがく)

私立宮城県/北山駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 42.5

口コミ:★★★★☆

3.85

(231)

宮城学院女子大学 口コミ

★★★★☆ 3.85
(231) 私立内145 / 569校中
学部絞込
2311-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2019年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    学芸学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      他学科合同授業を受けている学生の様子を見ると、日本文学科は他学科よりも意欲的な学生が多いです。言動が礼儀正しく、最低限の常識を持つ人が集まる学科なので、人間関係も近すぎず遠すぎず、ちょうど良い環境です。
    • 講義・授業
      普通
      必須科目の中には学生が担当教諭を選べない科目があり、当たりハズレが激しい。良い教員にあたると、充実した指導を受けることができます。
    • 就職・進学
      悪い
      確実な就職を目指したい場合には、他学科をおすすめします。学科ののんびりした雰囲気は就職活動には不向きです。サポートを受ける意志があれば環境は整っているので、あとは自分次第です。
    • アクセス・立地
      悪い
      車での通学をする学生はほとんどいません。冬場は公共交通機関(バス)がマヒしやすいので、通学のしやすさは良いとはいえません。
    • 施設・設備
      普通
      基本的に建物は古いです。かといって、古い建物でも不便な思いをしたことはありません。設備は古くなればきちんと新しくなるので、新しい設備に教員が慣れれば問題はありません。
    • 友人・恋愛
      普通
      同じ学科同士は仲良くなれます。異性と恋愛をしたい場合には学内での出会いはほぼゼロなので、インカレのサークルに入るか、ボランティア団体に参加するか、アルバイトをするなどして、相手を見つけてください。
    • 学生生活
      悪い
      イベントは中途半端な印象があります。女子大なので、体育会系のサークルはほとんどありません。活動の実態が謎なサークルもいくつかあり、全体的に活発に活動しているイメージはありません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生の必須科目では日本文学の歴史、またそれに伴う文化の歴史を学びます。学芸員、司書、教員の資格取得を目指す講義も開講しています。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      学芸員と司書の資格取得を目指し、日本文学科を選びました。日本文学に特別の興味があるわけでは無かったのですが、国語が得意であれば単位の心配をしなくていいので楽しく学ぶことができます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:592184
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 4]
    学芸学部人間文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      とてもいい大学だと思います。教授はクセの強い方が多くてあきません。キリスト教の学校なのでキリスト教の授業と礼拝があります。1年生は礼拝に参加しなくてはいけないのですが2年生は自由参加なので説教を聴きたい人は参加しています。就職率も高いので充実した大学生活を送れると思います。
    • 講義・授業
      良い
      人間文化学科という名前ですが、元々は国際文化学科という学科と統合されて出来た学科なため国際関係の授業が多くあります。専攻すれば取得できる資格は社会科の教員免許と博物館職員の学芸員という資格が取得できます。日本だけではなく世界の歴史や文化を学べます。日本のくずし字のゼミが個人的に楽しかったです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      1年の前期からゼミがあります。自分でシラバスを見て取りたいゼミを決めます。しかし、希望調査があるのですが第一希望のゼミに入るのは厳しいです。ゼミによってグループワークのゼミや授業を聞いてテストを受けるだけのゼミもあります。
    • 就職・進学
      良い
      1年生は年に3回ある必修のキャリアという授業と卒業生や様々な業種の人を学校に招いて企業説明をしてくださる授業に参加しポイントをとる授業があります。各学科の図書室に求人の紙があります。その他にも学生課に行けばたくさんの求人情報を見ることが出来ます。ユニパでも情報が掲載されています。予約をすれば面接の練習もできます。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上にあるので通学が大変です。バスしかありません。学校の周りもお店があまりなく学生の多くは持参した食事をとるか学食や学校のカフェで食事をします。
    • 施設・設備
      良い
      講義館は古いのでトイレが汚くて臭いです。そこが気になりますが冷暖房はしっかりしています。
    • 友人・恋愛
      悪い
      サークルなどに所属すると交流は増えます。友人関係は築けると思います。 しかし、女子大なので学内での男女の恋愛はありません。サークルで他の大学と合同のものもあるのでそこで作ることができます。
    • 学生生活
      良い
      サークルは運動から文科系などたくさんあります。文化祭では有名な人を呼んでお話を聞くこともあります。仮装パレードがあるので楽しそうです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養科目といってさまざまな分野が必修です。しかし、2年生になるとほとんど学科の授業になるので好きなことが学べます。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      グローバル系を学びたくて入学しました。毎年希望者は海外に実習に行くことができ単位認定されます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:570906
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    学芸学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      日本文学・日本文化を学びたい学生にとっては良い学部だと思います。1年次では歌舞伎や能、文楽などの伝統芸能を皆で見に行きます
    • 講義・授業
      良い
      国語科教員、日本語教員、司書などさまざまな資格が取れる授業が展開されている
    • 研究室・ゼミ
      良い
      希望したゼミに入ることができれば、研修旅行などとても楽しい経験ができる
    • 就職・進学
      悪い
      日本文学科は、宮城学院の中で一番就職率が低い。他学科はほぼ100パーセントなのに対して、日文は80パーセント程度
    • アクセス・立地
      悪い
      バスしか交通手段がない 4限終わりなどは特にバスが混んで不便 大学がある桜ヶ丘地区も治安が悪い
    • 施設・設備
      悪い
      学科図書室のパソコンが少ない 節電に協力して下さいなどと言って、エアコンをつけてくれない
    • 友人・恋愛
      良い
      女子大であるので、イベントやサークルを通してたくさんの友達を作ることができる
    • 学生生活
      普通
      サークルの勧誘活動があまり活発でない 入りたいサークルの部長に連絡を取る手段がない
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は日本文学系の基礎科目のほか、音楽、体育なども勉強。2年次からは座学が多く、より専門分野に特化した授業が増える
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      国語科教員の免許を取得できる大学は、宮城だと宮城教育大学か宮城学院しかなく、学力的な面を考慮してこちらに入学した
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:572010
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    生活科学部食品栄養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      管理栄養士の資格を取得するためにはいい大学だと思うが、他学科と比べて私たちの学科はとても忙しく嫌になることも多いと思う。
    • 講義・授業
      良い
      学内の先生だけでなく学外からも様々な先生が来て講義をして下さり、その分野分野の専門の方から教科書には載っていないような実際の経験談などを詳しく聞くことが出来ます。
    • 就職・進学
      良い
      国家試験に向けての勉強体制が整っており、確実に資格を取得出来るように先生一人一人のサポートが親切かつ丁寧である。また、就職先に悩んでいても親身になって話を聞いてくれる。
    • アクセス・立地
      普通
      仙台市ではあるが通うためにはバスしか交通手段はなく、土曜、祝日は運行本数も減り不便である。
    • 施設・設備
      良い
      調理実習を行う場所も数箇所あり、その場その場によって使える器具が異なるため実際の現場でも役立つ技術が得られる。また、実際の給食施設のような設備がある。
    • 友人・恋愛
      良い
      女子大であるため、女の子同士は難しい怖いと思うこともあるとは思うが同じ目標を持ったもの同士お互いに助け合い励まし合い、とても仲が良い。
    • 学生生活
      良い
      サークルの数も多く、様々な人が様々な面で活躍できる。また、大きな大会や地域の行事など学外での活躍も見られる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年前期には専門的なことは少なく教養的なものが多いが後期から2年にかけて専門的なことを学んでいく。3年次には臨地実習を行い、4年次は国試対策をする。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 就職先・進学先
      決まってない
    • 志望動機
      管理栄養士の資格を取得したいという明確な目標があったため。また、先輩方の大学への評判もよかったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:536032
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    教育学部教育学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学びたい人がしっかりと学べる環境が整っていて、教授の授業もとてもためになる。授業のなかで、学科の先輩との交流もあり、とても充実した学生生活を、送ることが出来る。
    • 講義・授業
      普通
      市内の幼稚園や保育所に視察に行く授業が設けられていてよい。幼稚園教諭、保育士の資格を両方とることができる
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年生から心理士、社会福祉士を、目指す人用に授業が分けられていて、保育の道に必ず進まなければならないという訳では無い
    • 就職・進学
      良い
      保育士になる人が多く、幼稚園教諭になる人もいて、就職率がよい。保育関係以外でも一般企業に就職している人もいて、サポートがしっかりしている
    • アクセス・立地
      悪い
      バスからしかアクセスできず、宮交バス、市営バスいつもすごく混んでいて、バスに乗れないことが度々ある。キャンパスの周りに何も無い
    • 施設・設備
      普通
      教育学部のためのピアノが多くあり、休み時間に自由に使用することが出来る。しかし、道具の老朽化が目立つ
    • 友人・恋愛
      普通
      クラスが分けられているので、知っている人が多く、気軽に話しかけることができる。
    • 学生生活
      普通
      サークルの種類がたくさんある。学祭が毎年、芸能人を呼んでいて賑やかである。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養を学び、2年次から専門的なことを学ぶ。そして、2年次から実習が始める。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 就職先・進学先
      幼稚園教諭か保育士
    • 志望動機
      初めは興味がなかったが、親と担任の先生の勧めで入学し、授業を受けるうちに興味が湧き、保育に携わる仕事をしたいと思った
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:534310
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    現代ビジネス学部現代ビジネス学科の評価
    • 総合評価
      普通
      女子大なので女子のみの生活をしたい人ににおすすめです。学食にサラダバー、カフェでお得で美味しいパフェが食べられるほか、ドーナツやアイス、クレープの移動販売もたまに来ます。また、大学生協では新しいお菓子や化粧品がお得に手に入ります。礼拝堂も立派なステンドグラスがあってステキです。夜に行くのもいいです。クリスマスになるとイルミネーションで彩られるので。大学講堂も立派です。総合大学なのでいろいろな学科があるのも魅力です。就職率も高いです。
    • 講義・授業
      普通
      メリット座学だけでなく、簿記や礼儀作法、エクセルの使い方など社会で役立つことを実践的に学べる。2年生からゼミが始まり、外へ出て勉強できる。 一般教養科目もあり、合唱、キリスト教学、自然科学、教養とビジネス以外の大切な事も学べる。 デメリット教授の当たり外れが激しい、(基本的に授業中うるさくても注意してくれる先生としてくれない先生がいる)非常勤が多い事。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      他のゼミの活動はよくわからないが、ゼミによって実習費を旅行のみで使う緩いゼミもあれば、他大学と交流したり企業と連携したりするため休日も駆り出される忙しくも充実したゼミがあるから。 2.3年次所属するゼミは1年生終盤にゼミの発表会を聞き、その中からアンケートで第1?11希望まで選び、第1?3希望までは志望動機も必要。提出後成績順で決まります。(ゼミの先生は選考に関わりません、2年の春に決まります) 3,4年次所属するゼミ(卒論もここで書きます)は2,3年次所属してるゼミと同じものでも違うものでも可。ゼミ活と呼ばれるものがあり、就活のように志望理由書を書き、ゼミの先生との面接がありその結果次第で決まるようです。(3年の春に決まります) 私が所属しているゼミは今年度学長賞をいただき一番勢いに乗っているゼミです。地域産業の活性化と若者について研究してます。具体的にお茶菓子を開発して文化祭やクリスマスマーケットで売ったりしてます。駅からハイキングもやっています。大変ですがやりがいもあります。その証拠に就職率もいいです!成長したいならぜひうちのゼミへ!
    • 就職・進学
      良い
      他学科だと学科主催の講演もあるようですがうちの学科はありません。その代わり授業の中ではあります。私が聞いたのは東京証券取引所、税務署、NPOの方、独立して会社を開いた方でした。卒業生が来ることも多く、強いパイプでつながっています。
    • アクセス・立地
      普通
      バス・電車通学の人の話を聞くと仙台駅から遠かったりアクセスが中途半端だそうです。バスは時間によって激込みするので覚悟が必要です。路線によりますが本数が少なかったりします。 車通学の人は少ないです。なぜなら学生専用の駐車場が無く自分で駐車場を探さなければならないからです。 また、居住エリアは桜ヶ丘が多いです。桜ヶ丘生協の近くに新しくてセキュリティ万全の寮(完全個室、門限有、4年次までいれます。)もあります。寮限定のイベントもあります。ただ、定員があるので入学前に志望理由を書いてもらいそこで決めるようです。 周辺は最近ブランチ仙台という商業施設ができました。(生協、ツルハ、ダイソー、書店、書店併設のエクセシオールカフェ、ニトリデコホーム、自転車屋、携帯ショップ等があります)私は便利になったなと思いますが、物足りない学生もいるようです。(「スタバが欲しい」という意見を聞いた)
    • 施設・設備
      普通
      外観はレンガ調で、明治時代にタイムスリップしたような気分になります。ただ、その為か携帯が圏外になることもあるそうです。パソコンは豊富ですが、OSがばらばらなので混乱することもあります。設計上1階だと思っていたところが2階だったりすることもあるので慣れないと大変です。トイレは棟により新しいか古いかの差が激しいです。因みに一番きれいなのは図書館のトイレです。エレベーターは各階に2基ありますが、6階まであるにもかかわらず5階までしか行けないそうです。授業間は特に混み合うので疲れますが運動のために階段で行った方が早いと感じます。(特定の階にここまで登るとお菓子○個分のカロリーを消費したなどの情報があるのでそれが励みです。)
    • 友人・恋愛
      普通
      女子大なので彼氏は頑張らないと本当に作れません。噂では東北大生と付き合う人が多いです。 他学科の人との出会いはサークル(そもそも全体の4割しか加入していない)か他学科合同の一般教養科目ぐらいだと思います。なので学内の友人が多いようです。 性格の特徴も学科ごとに違いがありますが、派手な人(多数)からまじめな人(少数?)まで幅広いです。
    • 学生生活
      普通
      サークルはありますが、全体の4割しか加入してません。ラクロスが強くて、学長賞ももらったほどです。よさこいも注目されてます。 文化祭はゼミやサークルの出店や企画があるくらいです。女子大だからなのか「他大学のように芸人ではなく、俳優とかばかりなのでお笑い好きの私にとっては物足りないです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はキリスト教学、合唱、大学での学び方、日本語演習、女性と人権と一般教養科目が多いです。(必修も多いです)専門科目は学科の専門の先生がその分野についてオムニバス形式で教える科目、会話中心の英語の科目と英語の本をたくさん読んで英語力を鍛える科目があります。 2年生からゼミが始まります。そして専門科目も増え一般教養科目もありますが選択必修なので説明を見ながら自分の興味ある分野を選んで取ることができます。ただし人数が少なすぎると閉講になり他の科目に移されることもあるので注意してください。英語も対話や読解だけでなくプレゼン中心の科目や文章を書くこと中心の科目、英検やTOEIC対策中心の科目と幅広くなります。3年生になると2年生の時所属してゼミと並行して卒論のためのゼミも始まります。(そのゼミは4年でも続きます)他学科開放科目で他学科の講義や学都仙台コンソーシアムで他大学の講義も単位として認定することもできます。ただしキャップ制と言って一つの期に取れる科目数が決まっているし、あまり詰め込みすぎると課題やレポートに取る時間も無くなってしまうので詰め込みすぎないことが大事です。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      山形出身で、県外に行って一人暮らししたいけどあまり遠くだとお金もかかるので東北にありしかも憧れていた仙台にある大学だから。 それから、食品系と経営系に興味があり、学ぶ内容も自分が興味ある分野に一致していたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:564227
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    学芸学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      やりたかった日本語教育の勉強ができて充実しています。他にも司書や教員免許、学芸員などたくさん資格が取れるので良いです。
    • 講義・授業
      良い
      教員免許取得のための授業が手厚いと感じる、他にもキリスト教学など他の大学ではないような授業もある
    • 研究室・ゼミ
      良い
      日本語教育のゼミがあるのがいい
    • 就職・進学
      良い
      就活のサポートや校内の講座がある、求人票もたくさんあってよい
    • アクセス・立地
      悪い
      仙台駅から少し遠い、中高もあるのでバスが毎日満員で大変 もうすこしバスの本数増やしてほしい
    • 施設・設備
      普通
      地上が2階扱いなので最初はわかりにくい 設備の恩恵は日本文学科にいてはあまり感じない
    • 友人・恋愛
      良い
      女子だけという環境が新鮮で良い、恋愛についてはよくわからない
    • 学生生活
      良い
      他校との合同サークルもあり充実してるように感じる サークル以外にも学生会がある
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      古典、近代文学、言語、日本語教育、日本文化など、日本に関わる分野が多角的に学べます
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      日本語教育を学びたいと思ったから、司書と教員免許も取得したかったから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:590212
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    生活科学部食品栄養学科の評価
    • 総合評価
      普通
      忙しいですが、これに関しては管理栄養士の養成大学は皆同じようなものですから諦めてください。
      それなりにやる気がないと心が折れてしまう、苦痛に思う方も多いかと思います。
      そのくらい覚えることもやることも課題も多いです。大学生は人生の夏休みとかと思ってくると痛い目見るので、覚悟してください。でもちゃんとこなせば能力は身につきます。
    • 講義・授業
      良い
      実際に現場で働いていた管理栄養士の先生が大半です。また、現在現役で働いている先生方が外部講師としてきてくださってる科目も多くあります。
      自分の希望進路の先生に直接お話を伺えるのも魅力かと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年次からゼミが始まります。希望進路に合わせたゼミを選ぶもよし、自分の興味のある分野に合わせたゼミを合わせるもよしです。
      また、ゼミとは別に地元スポーツチームの栄養サポートを行うスポーツ栄養を中心とした活動団体もあります。
    • 就職・進学
      良い
      キャリアアップセミナーというもので様々な分野(食品関係はもちろん、旅行、出版、化粧品なども)で活躍されている女性の話をする聞くことができます。
      またキャリア支援課が開催する就職ガイダンスで就活に必要な情報を手に入れることもできます。
    • アクセス・立地
      悪い
      電車やバスを使った通学はかなり時間がかかります。仙台駅からのバスの金額も片道390円、往復780円と安くはありません(定期にすれば多少は安くなりますがバスは劇的に安くならないと考えてください)。
      また、緑に囲まれたところなので学内に虫が多いですし、蛇が出たこともあります。わたしは見たことがありませんが、運がいいとリスにも出会えるようです。
      学内にWi-Fiは設置してありますが、電波ものすごく悪いです。高確率で圏外になります。
    • 施設・設備
      良い
      食品栄養学科がおもに使う第一家政館は老朽化がかなり激しいです。また、自習室のパソコンは学科の人数に対してかなり少ないです。第一講義館の情報教室のパソコンを使うことをお勧めします。
    • 友人・恋愛
      普通
      クラス単位での講義が多い上に、実験や調理実習といったグループ行動も多いため仲間意識は強いかと思います。
      女子大なので異性との出会いはほぼ皆無です。恋愛関係の出会いは外部で求めましょう。
    • 学生生活
      良い
      サークル数は文化系、運動系どちらもかなり充実しています。他の大学とのつながりが深いサークルも多くあります。
      学祭では毎年、著名な男性俳優がゲストとしてきてくれます。チケット制での入場となるため毎年、抽選となっています。
      また、12月にはクリスマスマーケットというヨーロッパの文化を模したバザーも行っています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は一般教養科目と専門基礎科目が多いです。専門基礎は分かってないと後々辛くなるのでしっかりと覚えてしまいましょう。また一般教養科目はみな必修です。落とすと再履修するタイミングがほとんどないので確実に取りましょう。
      2年次は3年次に行く臨地実習に必要な単位が多くあります。落とすと次の年に臨地実習に行けなくなります。そうなると4年次に就活しながら卒論書いて、臨地実習に行くという地獄を見ることになります。
      3年次は先ほども書いた臨地実習があります。臨床栄養学、給食経営管理論、公衆栄養学の3分野で合わせて4週間の実習となります。実習報告書を山ほど書くとこになるので、先生方にどんどん質問して、1つでも多く学びましょう。
      4年次は就活と卒論です。卒論は必修ではありませんが原則は書くことになっています。また、就活の自己アピールにも活かせるので積極的に書きましょう。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      まずは何か資格が欲しかったことがひとつ。資格が取れるようなもの(看護や薬学、教員など)の中で自分が1番興味があるのは何かと考えた時に、そういえば昔から食べ物に興味あったよなと思い、管理栄養士を目指すことにしました。
      あとは、家から通える範囲で学校のレベルを比べて1番高いところを選びました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:588148
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    生活科学部食品栄養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      管理栄養士を本気でなりたいと思う人であればいい学校だと思いますが生半可な気持ちで入るとやめたくなると思います。
    • 講義・授業
      良い
      国試を見据えた授業を行っているため1年生のうちから国試の内容が分かる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      さまざまなゼミがあり自分の将来に関連するゼミに少なからず近いところに入れるため
    • 就職・進学
      良い
      国試に落ちても支援課が充実したサポートを行ってくれると聞いたため
    • アクセス・立地
      悪い
      仙台駅からバスで30分はかかるので食品栄養学科の自宅生には拷問だと思います。
    • 施設・設備
      悪い
      コピー機など機材が古い、また、トイレが汚ないと思います。防犯はダルダルです
    • 友人・恋愛
      普通
      人それぞれだと思います。サークルなどに入ることで学内外の方と接する機会があるので入った方がいいと思います。
    • 学生生活
      悪い
      個人でサークルを設立することも可能なので自分がやりたいことをやるにはとてもいいと思いますがやる気のある人とない人で分かれます
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年生で基礎を学び、二年生からは本格的になってきます。ゼミは三年生からはいることになります。四年生は国試対策授業が入ってきます。全休があると思ったら大間違いです
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      宮城の管理栄養士養成校で最も合格率が高く、授業が1番分かりやすかったから
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:534112
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    学芸学部英文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      立地などはあまり良くないが、大学の先生はいい人が多く、授業もタメになる。 私も最初は女子大に入るのをためらっていたが、今は入って良かったと思えるくらい充実している。
    • 講義・授業
      良い
      教授の話が面白いし、タメになる。 他の大学からの非常勤の先生が多くいるので、いろんな話を聞ける。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      15人単位のゼミで、人数は少し多いものの、先生が生徒の話をよく聞いてくれて、相談にもたくさんのってくれる。
    • 就職・進学
      良い
      英文学科ということもあり、OG講演会をしてくれる先輩方は航空業界に就職したした人が多く、その業界に興味がない人は微妙だと思うから。
    • アクセス・立地
      悪い
      仙台駅からバスで40分かかり、しかも本数があまり多くないため、学校から帰る時もバス停に長い列ができてしまい、近隣の人から苦情がくる。
    • 施設・設備
      普通
      学校はまあまあ綺麗だけど、施設・設備が充実しているかと聞かれるとそうでもないかなと思う。
    • 友人・恋愛
      良い
      女子大なので、恋愛のいざこざとかは共学のところよりは起きないと思う。でも、男性がいないから、恋愛面はキツイ。
    • 学生生活
      良い
      よさこいや、ラクロス部などがすごく盛んで皆熱心に取り組んでいる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1・2年生の時は、writingやspeakingなど英語の技術に関しての授業が多い。3年生からはゼミが始まり、英語が関連した専門的な授業が多い。文学や英語学など。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      もともとは国立を狙っていたが、失敗したため宮学に入学した。それでも、他の私大の英文科より宮学の英文科は優秀だと聞いたので、そこで勉強したいという気持ちもあった。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:568274
2311-10件を表示
学部絞込

宮城学院女子大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

基本情報

住所 宮城県 仙台市青葉区桜ヶ丘9-1-1
最寄駅 JR仙山線 北山
電話番号 022-279-1311
学部 学芸学部現代ビジネス学部教育学部生活科学部
概要 宮城学院女子大学は、宮城県に本部を置く私立大学です。通称は「宮学」。1886年に創立された宮城女学校を前身とし、宮城学院が創立130週年を迎える2016年に、1学部10学科から4学部9学科へと大幅に変更されました。「現代ビジネス学部」「教育学部」「学芸学部」「生活科学部」の4学部が新設され、学生の新たな可能性を後押しします。 仙台市のキャンパスには附属幼稚園が併設されていて、ステンドグラスがきれいな礼拝堂、学生が作り上げたカフェ、緑が豊かな芝生広場があり、多くの学生の憩いの場となっています。女子大学だからこそ学べる女性のリーダーシップや経験が今後の社会に役立つ人材育成につながっています。

この学校の条件に近い大学

宮城学院女子大学のことが気になったら!

※一部パンフは有料です。

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  宮城学院女子大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
秀明大学

秀明大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.97 (44件)
千葉県八千代市/小室駅
東京富士大学

東京富士大学

37.5 - 42.5

★★★☆☆ 3.33 (23件)
東京都新宿区/高田馬場駅
上武大学

上武大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.59 (24件)
群馬県伊勢崎市/神保原駅
理系のオススメ大学
東京未来大学

東京未来大学

40.0 - 42.5

★★★★☆ 3.69 (70件)
東京都足立区/堀切駅
京都先端科学大学

京都先端科学大学

35.0 - 42.5

★★★★☆ 3.50 (75件)
京都府亀岡市/亀岡駅
神奈川工科大学

神奈川工科大学

35.0 - 42.5

★★★☆☆ 3.46 (146件)
神奈川県厚木市/相武台下駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

宮城学院女子大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。