みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北医科薬科大学   >>  口コミ

東北医科薬科大学
出典:Ebiebi2
東北医科薬科大学
(とうほくいかかっやだいがく)

宮城県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 45.0

口コミ:

3.74

(58)

東北医科薬科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.74
(58) 私立内201 / 554校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.70
  • 研究室・ゼミ
    3.79
  • 就職・進学
    4.39
  • アクセス・立地
    3.27
  • 施設・設備
    3.67
  • 友人・恋愛
    3.92
  • 学生生活
    2.82
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

58件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      薬剤師になることを主としている大学。
      しかし、進路は思ったより狭くなかった。
      入学はそれなりにヌルいが、進級がつらい。
      東北で働くなら歴史もあるしOBOGの層も厚いし国試面でも力を入れているのでオススメ。
      研究をしたいならより理系科目に富んだ大学の方がいいと思う。
      二年後期、三年前期あたりは留年者が続出するが、日頃から勉強することが第一。
      してないと、何週間も一日中勉強する羽目になる。
      学問自体がわからないorやる気がないなら入学から1年次で留年。
      しっかりやれば受かるテストなので、やり込めば大丈夫。
      わからないと言ってやらない人は大学のいい金ヅルになる。
      楽しいキャンパスライフも一部あるにはあるが、勉強は必須。
      個人差はありますが、受験の時よりも勉強したというレベルの試験もあった。

      アルバイトなどは、器用な人は実務実習が始まるまで続けていたり。
      テスト期間はアルバイトは休まざるを得ない。
      成績が上位18位?まで入ると月2万の奨学金が出る。
      勉強も就職も、積極的にやろうとする人に対しては大学側はできるだけサポートしてくれたと感じた。
    • 講義・授業
      主に国家試験に向けた勉強なので、マトモに受けていればほぼ理解できる。
      教授らも研究などある中で、質問に答える時間を設けたり、授業をわかりやすくする工夫をしてくれている。
      そして臨床で活躍していた先生方も充実しているので、教科書通り意外の知識もつく。
      たまに、メリハリが無く我が道を往くタイプの先生もいる。
      教養系の授業も私が受けた頃の先生は面白かったが、今はどうかな。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によってかなり差がある。
      5年次から国試へ向けて勉強させるところもあれば、個々で自由にやってくれといったところもある。
      しかし「研究してんだからあっち行け」といった態度の先生はいないと思う。
      わからないことや必要なことはそれなりにアドバイスをくれる。
      4年次に大学院に進学を決めている人は、研究室の割り振りの際に優先されるので、学年が低いうちに自分が何をやりたいのか明確にしておくことは大事だと思った。
    • 就職・進学
      薬局薬剤師は未だ仙台以外の東北地方は引く手数多なので、6年次から就活を始めて決まる人はすぐ決まる。
      故に、実務実習や個々の経験の中から「何がやりたいのか」かなり明確にしておかなければ迷うことになる。
      「資格が取れて稼げればなんでもいい」と言っている人はなかなか決まらないまま就職して、転職ばかりになったりする。
      製薬企業は早い人ならば5年次の3期やそれ以前から就活を始める。
      外資系ならば5年次に決まる人もいる。
      毎年春先に、上記の職種以外に「自衛隊の薬剤師」「CRO・SMO」「医薬品卸」「食品系」「公務員」などかなり手広い職種の企業説明会がある。
      わざわざ大学まで来ていただいて説明をしてもらうのがすごい。
      興味がなかったものでも、いろいろな職種のお話を早めに(3年次〜)聞いておくと決めるのも早くなる。
      面接や履歴書の書き方などについては、小冊子が渡される他に、1〜2時間程度の講義や、外部講師の紹介もある。
      就職課の方にも、企業や職種ごとの歴代のデータがあり、職員の方も相談に乗ってくれるので積極的に動けば情報はかなり仕入れられる。6年次はかなりお世話になった。
    • アクセス・立地
      坂があるので、年に数度道路が凍結すると結構危ない。
      仙台駅周辺には自転車で20分、バスで20分、電車なら徒歩含めて20分といったところか。
      隣に高校があり通学時は若者が多い印象。
      目の前に沼と公園があり、学内には様々な花が咲いているところが好きだった。
      住宅街の細々したところは死角が多くなるので、変質者に注意すべし。
      コンビニはすぐ近くにあり、スーパーやドラッグストアはそれなりにある。
    • 施設・設備
      基本的に清潔。
      毎日の清掃、定期的にキャンパスの花壇の清掃など行なっているのでいつも綺麗。
      独立型机の自習室があり、朝から晩まで勉強できる。
      テスト期間になるとすし詰め状態。もう少し拡張してほしい。
      カフェテリアや食堂もあり、カフェテリアは夜まで空いているので、すこしうるさい方が好きな人はここで勉強していた。
      図書館には学術雑誌などがおいてあり、調べ物はそれなりにできる。
      PC室は授業中以外は自由に使用できるので、勉強したりインターネットをしたりする人が常にいる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      個人の力量だと思うが、大学生なので過干渉もせず、仲間はずれなんて幼稚なこともせず。普通だと思う。
      行ったことはないが、カウンセリングなども学校で用意しているようなので、悩んだ時には利用してみるといいだろう。
      3年間は同じメンツで授業を受けるので、それなりに仲良くなる。
      5年生のPBLの時は、ある程度のコミュニケーション能力と自主性が求められる。
    • 学生生活
      サークルや部活は活動に差があるが、しっかり見学して自分のやりたいものがあれば入ればいいと思う。
      インカレなどもあるが、他大学とのある種の温度差やタイミングの合わなさがあるので、よく検討されたし。
      サークルや部活の中で過去問の流通などがあるので、入っていて損はない。
      学祭はあまり積極的ではなく、基本的に三年生までの世代が中心となる。
      スポーツ大会は、5・6年生の研究室対抗になる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1〜2年は教養科目と基礎的な科目。
      3年生は薬学全般。
      4年生からはそれに臨床的な科目も加わる基礎固めの年。
      5年生は薬局と病院での実習とPBL。
      6年生は研究と国試の勉強。

      実習については、1〜3年生の頃は、授業で習ったことを裏付けるようなものが多かったと思う。
      4年生の頃は、OSCEのものなので、薬剤師の基本的な所作?について。
      後々の研究で関わるような内容の実習もあるので、しっかり臨んだほうがいい。

      ダブルライセンスを狙うならば、取っておいたほうが良い選択科目もある。
      医療に絡めた教養科目などは話が面白いので、聞いておいて損はない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      薬剤師
    投稿者ID:355657
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      他の大学の薬学部を知らないからなんとも言えないけど、結構良い大学だと思います。
      勉強は大変だけど、それはどこの薬学部も同じでしょう。
      試験は、学年が上がるにつれて専門科目も増えて難易度も上がります。
      1年の最初のときは一夜漬けでどうにかなったりもしましたが、学年が上がればそうはいきません。
      試験の直前から始めたら間に合わない科目もあるので、日頃の勉強が大事だと思います。
      あとは先輩と仲良くなることも大事だと思います。
      勉強の仕方や、テストに向けての対策などを聞ける先輩を見つけておいたほうがいいと思います。
      仲間や先輩の手を借りないと、テストは大変だと思います。
    • アクセス・立地
      JRや地下鉄からだと少し歩きます。バスだと大学のすぐ近くに着きます。
      JRで行くのが1番安いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      クラス制なので、友達が作りやすいと思います。
      講義も一緒に受けるし、球技大会などのイベントで自然と仲良くなります。
    • 学生生活
      総合大学と比べると、イベントはあまり盛大ではないような気がします。
    投稿者ID:347760
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      閑静な住宅街のなかにあり、勉強しやすい環境が整っています。薬学を勉強したいと思っている学生にはとても素敵な大学だと思います。
    • 講義・授業
      先生によって指導に波があるので、成長できるかは各々の頑張り次第だと思います。
    • アクセス・立地
      地下鉄とJRの最寄り駅があります。最寄りと言えど、いずれも徒歩で10~15分程度かかるので少し大変かもしれません。バス停が近くにあり、基本的に30分間隔で出ています。周りは住宅街で、近くにコンビニが数件あるのみで、大きなお店(ショッピングセンター等)はありません。
    • 施設・設備
      綺麗な施設がそろっていますが、毎年、冷房暖房の使い方が少しケチ臭いと感じます。
      学食、カフェテリアは味、値段共に平均的だと思います。日替わり定食は毎日すぐ売り切れてしまいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      今のカリキュラムにはあまり詳しくはないのですが、1年次は一般教養を含む基本的な授業、2年次以降から薬理的な授業も入ってきて充実しています。
      必須科目が多いため、テスト勉強が大変です。毎年、留年生が何十人か出ています。
    投稿者ID:344940
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      1年生では高校の授業の応用、化学や数学を主とした専門科目を学ぶことが出来、2年生では実習など実践的なことを経験出来ます。3年生では1番難しいと言われる定期テストを乗り切ることが出来たらかなりの知識が身につきます。4年生ではCBT、OSCEを受けるための勉強や専門的な勉強ができます。追試や最終試験を乗り越えてやっと5年生に上がれます。5年生では実務実習やPBLというグループディスカッションをします。1年生では高校の授業の応用、化学や数学を主とした専門科目を学ぶことが出来、2年生では実習など実践的なことを経験出来ます。3年生では1番難しいと言われる定期テストを乗り切ることが出来たらかなりの知識が身につきます。4年生ではCBT、OSCEを受けるための勉強や専門的な勉強ができます。追試や最終試験を乗り越えてやっと5年生に上がれます。5年生では実務実習やPBLというグループディスカッションをします。
    投稿者ID:343842
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      サークルは活発ではないですが、講義に関しては真面目で厳しい講義が多いので役にたちます。実習や研究も盛んで楽しいです。まだ医学部が新しくでき、医学部と薬学部との間で新しい取り組みがなされお互いの職業に関してより深く理解を深めることができる学部になりつつあります。なにせ新しく出来た学校と同じなわけですから手探りの状況で日々一歩一歩前に進むだけですがなかなか理解できない学校の部分も少なくなく、憤りも感じます
    • 講義・授業
      先生の指導はまちまちで良い先生もいれば、悪い先生もいます。悪い先生というのは言葉の綾で講義自体が自分自身でしゃべるだけの講義ということです。大学の講義というのは学生も一体化して行うものだと思っていましたが、わりかし高校みたいな感じで講義が進みます、またカリキュラムも決まっていて、ほとんどすべて取りますので、高校と同じです。
    • 研究室・ゼミ
      わかりませんので回答しかねますが先輩たちの様子やどんなことをしているかなどサークルなどを通じて知ることができますので知ることができましたらここに手ご報告いたします。。。
    投稿者ID:338526
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      テストが辛すぎるし簡単に留年する。
      学校の設備があんまりよくない。
      学食が美味しくない。
      最寄駅から遠い。
      体育館に行く時に山を越えなければいけない。
    • 講義・授業
      授業が分かりにくい先生が多数。
      プリントがケチくさい。
      自分でプリントアウトしてこいっていうひどい先生もいる。
    • 研究室・ゼミ
      成績によって研究と文献に分けられる。
      文献は研究させてもらえない。
      順位によっては行きたい研究室に行けない人もたくさんいる。
    • 就職・進学
      割と充実している。
    • アクセス・立地
      JRの最寄りから歩いて15分
      地下鉄の最寄りから歩いて20分
      バス停はあるが1時間に2?3本しかない。
    • 施設・設備
      学食は美味しくない。
      冷房も暖房もあまり意味がない。
      人が多すぎて席の奪い合いになる。
      隣の席と近すぎる。
      荷物置くところがないのでバッグは床に直置き。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      割としていると思う
    • 学生生活
      あまりしていない。
      学祭も活気がなく、町内会のお祭り程度。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年は基礎的な化学、物理、生物、英語など。
      2年は有機化学や無機化学など、化学の分野が増えてくる。
      3年は病態や薬理学など、専門的な科目が増えてくる。実習も大変になる。
      4年は病態や薬理学などに加えてコミュニケーションや薬剤学など実践的な科目が増える。テストの科目が多い。またCBTやOSCEがある。OSCEに向けての実習が大変。また定期テストとCBTの間が1週間くらいしかないので準備が大変。
    投稿者ID:334062
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      入るときは苦労しないと思いますが、入ってからは勉強量がとても多く大変です。その分充実していて、有意義だと感じることが多いでしょう。研究も難度が高いことを行っており、特に分析系の実験には大変強くなることができるはずです。偏差値以上の内容を大学で学ぶことができるのは確かです。
    • 講義・授業
      先生たちは、とても親身です。勉強が分からないところは丁寧に教えてくれます。ただ、個人的に聞きに行った方が良いでしょう。授業は真面目に受けている人が多い印象です。
    • 研究室・ゼミ
      研究はとても進んでいると思います。特に、分子生体に関しては研究施設がととのっています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      もし、偏差値で大学選びの候補から外している人がいれば、ぜひ考え直してほしいと思います。数字だけでは分からない、充実して難しい内容も取り扱っています。難しいっていっても、Fランの中ではだからでしょ?と思うかもしれませんが、そんなことは全然なく、有機化学に関しては某国立大や医学部ともひけをとらないほどです。
    投稿者ID:332574
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の大学に比べて、休みや放課後の自分の時間というものが大変短いです。レポートや課題もたくさん出るので、遊べる時間やバイトをしたりする暇はなかなかありません…。
      ただし、先生方はもちろん、他の学生も国家試験対策に関しては意識が高いと思いますので、薬剤師を目指す方にはお勧め。
      薬の研究をしたい!大学生活を謳歌したい!という方は本校は向かないと思います。
    • 講義・授業
      薬学科で行われる講義はほぼ必修の上、選択必修(習得数が決まっている)があるので、時間割は全て埋まる形となります。
      その代わり教師も国家試験に対する意識は高く、またオフィスアワーという、放課後などの時間外でも学習の面倒を見てくれる機関も存在しますので、指導は充実していると言えます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は仙台駅から仙山線で一駅目の東照宮駅。そこから歩いて約10分ほどです。周囲にコンビニが多くありますが、あまり開拓されているとは言えないかもしれません。
      大学の周りには数多くのアパートがあるため、多くの学生はそこに部屋を借りて通っています。
    投稿者ID:332320
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 1]
    • 総合評価
      この大学は春休みが長いので好きなこと(薬学について学べること)がたくさんできます!専門的知識をわかりやすく、実践的に学ぶことができます。
      国試の合格率90パーセント越えです!本気で医学、薬学を学びたい人におすすめです!
    • 施設・設備
      実習室や図書室があり、朝の7時から夜の22時までやってる時があります、長く勉強したい人には集中できる良質な空間です。パソコン室があって一人一台使えるので調べ物をしたり、音楽を聴いたり、コピーしたりここも自由に使えて朝の8時から夜の22時まで使用できる場所になってます。
      食堂におにぎりやパンも置いてあります、とにかく敷地がきれいで立派です。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      サークルは飲み会のサークルが多いです!3年に一度大きな学園祭があってそこに有名人が来ます(SEAMOが来ました!)
      薬科大は勉強するところなのでイベントやサークルよりも勉強をしたい人にオススメなところのほうが多いです!
    投稿者ID:330375
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      きれいな施設を使用でき、先生の面倒見も良くて環境は良いと思います。
      祝日が休みでなく、授業日数が多いので、慣れるまで苦労するかもしれません。
    • 講義・授業
      先生は質問に行くと丁寧に答えてくださいます。熱心に教えてくださる先生が多いです。
    • アクセス・立地
      仙台駅からバスで15分程度です。バスの最寄駅から大学は近いですが、バスの本数が少ないです。地下鉄の方が本数はありますが、最寄駅から歩いて15分ほどかかり、遠いです。
      大学の周辺にはコンビニが数軒ある程度です。食事をできるお店はないため、昼食は学食かコンビニかお弁当の学生が多いです。
    • 施設・設備
      比較的新しい施設で、勉強する環境は充実しています。
      学食は席があまりない上に値段も高めで、あまり美味しくないです。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      部活動は多く、兼部をする人もいます。他の大学との交流はあまりないですが、東北大のサークルに入っている人もいます。
      学内のイベントは球技大会、オープンキャンパス、文化祭があります。どれも任意参加です。
    投稿者ID:328881
    この口コミは参考になりましたか?
58件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

宮城県で評判が良い大学

宮城県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  東北医科薬科大学   >>  口コミ

東北医科薬科大学の学部

薬学部
偏差値:42.5 - 45.0
★★★★☆ 3.75 (56件)
医学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.50 (2件)

オススメの大学

大和大学
大和大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 3.21 (14件)
大阪府/私立
北星学園大学
北星学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.91 (172件)
北海道/私立
北海道千歳リハビリテーション大学
併願校におすすめ
☆☆☆☆☆ (0件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。