みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北星学園大学   >>  口コミ

北星学園大学
出典:Kinori
北星学園大学
(ほくせいがくえんだいがく)

北海道 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:37.5 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.90

(237)

北星学園大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.90
(237) 私立内127 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.71
  • 研究室・ゼミ
    3.76
  • 就職・進学
    3.84
  • アクセス・立地
    3.60
  • 施設・設備
    4.07
  • 友人・恋愛
    3.81
  • 学生生活
    3.45
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

237件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    文学部 英文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業内容は充実していたが、留学すると、4年間で卒業できない単位制度に納得できない。自費の休学留学ならともかく、学校の交換留学制度を使っても4年間で卒業できない
    • 講義・授業
      一年生の時は、レベル別にあわせた必修科目として外国人の先生に教えてもらえたが、2年生からは、選択科目で、なかなか取りたい授業が英語で行われていないし、レベル別ではないから、授業についていくの大変。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は3年の前期。選び方については、希望理由を書いて書類提出。書類選考または面接がある場合。自分の所属しているゼミは社会言語学ゼミです。ゼミ生同士のつながりは強いです。
    • 就職・進学
      就職実績はいいと思う。就職活動のサポートも、大学三年生の時から、毎週講義を開いてくださった。進学し、大学院に行く人はほとんどいない。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大谷地駅で、大学までは徒歩7分。学校の周りはあまり飲食店はないが、一駅分歩くと、パン屋や居酒屋がある。
    • 施設・設備
      キャンパスは近年どんどん改築して、綺麗になってきている。コンピュータも、Windowsからマックに変わりつつある。英文科はマックを使うので、台数が足りないと思う時がある
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、良好。クラスがないのでいるだけで友達ができるわけではないが、サークルに入っていれば、自然と友達ができる。恋人もできる。
    • 学生生活
      サークルはよさこいサークルにはいっていた。本番の1ヶ月前は毎日練習があるため、アルバイトができず、授業も、おろそかになった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年次は英語の基礎の他に、一般教養の授業がたくさんあった。三年次は自分の好きな英語の授業をたくさんとれて、4年次はほとんど授業がない
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      お菓子業界の総合職
    投稿者ID:429952
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    社会福祉学部 福祉心理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      充実している点は図書館。図書館で良く勉強していて、1人でできる勉強スペースが充実していた!授業以外でも同じ学科での友達との絆が強く、卒業後でも良くあっています。
    • 講義・授業
      授業の内容については、参加型というよりはただ聞くという事が多くて、もっと実践的な授業があったらよいなと思いました。課題は多い方だったと思いますが、私にはちょうど良い量でした!
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期はもう少し早いと良いなと思いました!2年では短い。あまり先生とも、ゼミ生同士の交流もなく、今先生ともゼミ生とも会うことはありません。もっと交流とかあったら良いなとt思いました。
    • 就職・進学
      就職支援課には就活最中良く通いました!履歴書の添削、面接の練習を良くしてもらいました!職員もとても良い人ばかりで熱心に指導していただけました。何十社も受けて結局全てダメでしたが、良い経験でした!
    • アクセス・立地
      学校が駅から近く、駅には直結でお店が沢山あったので食料の購入には困りませんでした!周辺にもコープ、イオンや、飲食店、カラオケなどいろんな店舗があって飲み会などに困ることはありませんでした!
    • 施設・設備
      課題をする上で役立ったのhやはり図書館です。資料がもっと充実していたら良いなとおもいました。キャンパスは古い建物がまだありました。今は新しくなったと聞きました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、非常に良かったです。同じ学科で10人でグループを作って良く飲みに行ったりしてました。今でも友達です!
      特に心理学科では協力しあってレポートを仕上げないといけないので友人は大切でした!
    • 学生生活
      サークル活動はすごく忙しいサークルに所属してて、毎日練習で凄く充実してました!たった一年でしたが、いろんなイベントにも参加して充実の毎日!春休みなど長期の休みには留学もしました!
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年は共通科目の授業が主です二年次も共通科目の授業が多いですが、少し専門も入ってきます。3年生、4年生はほぼ専門授業です。4年生になると、ゼミと卒論だけの毎日になります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      車販売、事務員
    投稿者ID:428023
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 心理・応用コミュニケーション学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      勉強以外のことも学べる学校であった。
      ただ教授の講義を聞くだけの典型的な大学の授業とは違い、実際に体験してみたり現場へ行ってみるなどの授業が多く、人間力が身についたと思う。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容に関しては、内容や種類が充実していたように思う。
      また、講義中の雰囲気もよく、コミュニケーションのとりやすい授業が多かった。
      履修単位も他の学科より多かったように思う。
    • 研究室・ゼミ
      少人数で学びたいテーマに関して、同じ関心のある仲間と一緒に学ぶことができた。
      卒業後もゼミ生同士の繋がりが続いており、誇りに思う。なお、ゼミ生の上下の繋がりはなかったのは残念だった。
    • 就職・進学
      就職実績に関しては、他の学科に比べると良かったように思う。
      就職活動のサポートは、就職の支援課からのサポートは少し少なく感じたが、ゼミの教授が最後まで手伝ってくれた。
    • アクセス・立地
      アクセスは駅からも近く良かったように思う。
      大学の周辺に飲食店や遊べるような場所があまりなく、その点は残念だった。
      ただ、一駅分歩けば充実していたので、そこまで不便はしなかった。
    • 施設・設備
      施設!設備は新しいものが多く、充実していたように思う。
      図書館も自習スペースが多く、気軽に利用できた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、同じ学科内の仲間とは仲良くなれたが、他の学部、学科の人とは関わりがそこまでなかった。
      狭く深くの付き合いだった。
    • 学生生活
      サークルには一年生の時にしか所属しておらず、他のサークルを見ても、イベントなどはそこまで充実していたように思えなかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次では共通科目が多いため、他の学科と特に授業内容は変わらない。
      2年次より専門科目が増えてきて、ゼミの活動は3年時より始まる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中小企業の営業事務
    投稿者ID:431940
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      英語の中でもコミュニケーション的な表現も文学的表現も学べて、その言語の背景まで学べるので面白い。もちろん英語だけでなく、第二外国語も選べるので英語圏だけではない語学力をつけられる。
    • 講義・授業
      英語の授業は少人数制で行われるため、仲良くなりやすく、先生も楽しい人がいっぱいで授業もたのしいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに入るのは3年生からなので、1、2年でゼミを持っている先生の授業を取ってどんな分野を学びたいかじっくり考えられる。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートとして、1年生の時から社会人として必要なスキルを学ぶため、その授業をしっかりと受けていれば面接などの時にも自分の力を遺憾無く発揮出来ると思う。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は大谷地で、駅から徒歩10分弱のところにある。坂を登って行くので少し大変かもしれない。周りに怪しげな教会があるが、大学とは関係なく、危険なので近づかない方が良い。
    • 施設・設備
      コンピューターもたくさん完備されていて、K-POPなどのグループのライブ映像が学校にあったりして楽しみながら学ぶことが出来る。図書館も広い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については学科として必須科目がたくさんあるため、一緒に行動する時間割になりやすい。そこから自然と友人ができていくと思う。サークルも種類豊富なため、加入している人が多い。
    • 学生生活
      サークルに所属していない分、アルバイトに勤しんだ。朝からの必須の授業が多いので、あまり夜遅くなると大変。課題もたくさんあるので、アルバイトするならそこの時間が確保できるものが良いと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語のスピーキング、ライティング、リーディングに加えて、コミュニケーションの違いから生まれる文化的背景など様々なことが学べる。
    投稿者ID:432027
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    社会福祉学部 福祉心理学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      基本的には単位が取りやすい(もちろんある程度の勉強は必要)ため、自分の時間を多く持てるかも知れません。その空いた時間で資格などスキルアップのための勉強ができるのは良い点かもしれませんね。
    • 講義・授業
      質問には丁寧な回答が見込め、よほど欠席する事がなければ講座の内容を理解するのは容易でしょう。講義中の雰囲気はお察し
    • 研究室・ゼミ
      そのゼミによるのでなんとも言えない点もありますが、少なくとも自分の所属したゼミは良好な人間関係でした
    • 就職・進学
      一部であれば就職実績はかなりの物。主に道内企業・公務員が多いか?就活はとにかく早い時期から情報収集をしましょう
    • アクセス・立地
      地下鉄直結のためアクセスは非常に良い。もちろん大学周辺の治安も良く、札幌駅も近いので遊び場所には困らない
    • 施設・設備
      キャンバスは建て増しを重ねていったため、最初の頃は移動に手間取る可能性も。図書館は平凡な資料数である
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      お世辞にも学生の質がいいとは言えない。もちろん平均してという事だが、まあそこに期待は抱くべきではないだろう
    • 学生生活
      自分自身サークルに所属していないため明確な詳細は不明。イベントは他の大学と比較して少なめでしょうか?
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      その名の表す通り、福祉全般について学ぶ。選択科目では、他校と比較したことがないため詳しくは分からないが幅広い範囲に学べる
    投稿者ID:428954
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    経済学部 経営情報学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      他の学科の授業も受けられるのは良い。しかし、生徒の質があまりよくないので授業によってはとても煩く授業になっていない。もちろん熱心な生徒もいるので一概には言えません。
    • 講義・授業
      授業は豊富で良いが、教授によっては学生に緩く、叱らない場合も多い。
      授業の雰囲気はその科目と教授によります。煩い授業は凄く煩いです【特に人数の多い授業】。
      単位は大体取れます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年から始まり、選択制です。
      人気のあるゼミは面接で落とされる場合もあります。
      自分の所属ゼミ活動では経営戦略について学びました。
      卒論はありませんでした。
    • 就職・進学
      就職支援課があるのでそれだけにサポートは充実していました。
      毎週キャリアプログラムがあり、外部講師やOBの講演、履歴書の書き方、説明会などしてました。
      就活は結局は自分次第です。
    • アクセス・立地
      地下鉄東西線の大谷地駅から歩いて5分ほどなのでアクセスは良いです。
      1人暮らしする人は南郷に住むことが多いです。南郷18丁目は食べ物屋も店も多くて最適です。
    • 施設・設備
      キャンパスはキレイです。自分の卒業後にC館が改修されたので今はより綺麗だと思います。
      キャンパスライフとしては充実してますが、勉学や研究の施設は充実していないと思います。パソコン室を自由に使えるのはとても助かりましたが、争奪戦でした。
      図書館は結構大きいです。古い文献は少ないですが・・
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これは本人次第です。
      とりあえずサークルはいくつかはいるほうが良いと思います。異性の多いサークルに入れば恋愛もあるかも?
      サークル以外の授業でも友達は出来ますが、クラスが無かった分他の大学と比べてどうなのでしょう?
    • 学生生活
      サークルは3つ所属していましたが、それなりに充実していました。
      大学のイベント【学校祭・体育祭】は一度も参加しませんでした。
      アルバイトはきつかったですが良い経験になりました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修科目を落とさずにいれば大丈夫です。
      2年次からは履修科目の幅が広がるので興味ある科目を取るとよいです。
      3年次はゼミが始まります。
      3年までにほとんど単位を落とさなければ4年次はほぼ学校に行かずに済みます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      学校の事務職
    投稿者ID:426793
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    社会福祉学部 福祉臨床学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      とても自由な校風なので、自立することができる反面、自己管理は必要になる。
      学科ごとの学力差が激しい。
      授業は単位が取りやすいものとそうでないものがはっきりしており、先輩からの情報が重要になる。
      就職率は悪くないが、大手企業に就職するする人は多くない、
    • 講義・授業
      大学共通科目に関してはピンキリで、悪いものは本当に悪い。
      教授や講師は学科によって異なるが、いい人が多い。
      課題は多いものはとても多いが、全くないものもある。
    • 研究室・ゼミ
      学科によって充実度は異なるが、社会福祉と英語には力を入れているので、その2つは教授もいい人が揃っている。
    • 就職・進学
      大学院進学は少なく、ほとんどが就職している。
      一般企業への就職が最も多いが、教職課程にも力を入れており、教員採用試験を受ける生徒も多い。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大谷地で、中心地からは地下鉄で15分ほど。
      駅からは徒歩7分程度。
      一人暮らしをするには少し家賃は高めだが、学校から少し離れた場所にすると安く抑えることができる。
      学校の周りで遊ぶことはないが、サークルなどでよく利用する居酒屋などは近くにある。
    • 施設・設備
      自習に使える教室は、パソコンが置いてある情報室くらいだが、図書館の自習スペースが充実している。
      だいたい情報室か図書館でレポートや課題をやる人が多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに入れば友人関係は充実するし、そこで出会いが生まれることもある。
      昼休みや放課後にカップルでいるところもあるので、サークルには絶対に入った方がいい。
    • 学生生活
      サークルの数が多く、多い人では3.4個掛け持っている。
      イベントはサークルごとで行われる。
      アルバイトはほとんどの人がやっており、大学内でもすることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に社会福祉士か特別支援学校教諭を養成する学科で、ソーシャルワークを中心に学ぶ。
      1年次から実習がある。
      社会福祉の業界で活躍している人が授業内で講師として来たりと、学習面では充実している。
      しかし、単位の上限が他の学科に比べて多いため、忙しい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      社会福祉士、精神保健福祉士、教師など
    投稿者ID:431212
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      充実している点は、ネイティブの先生が教えるクラス内全て英語で行う講義があること。しかし、英語の文法など構文などに関しては高校ですべて習ったものとされており、大学では文法については一切やらないのでそこに多少の不安がある。
    • 講義・授業
      教授や講義の先生について、たまに内容に不安を持つ先生がいる。また、単位や講義の雰囲気に関して、とてもいい環境で勉強できていると感じているので恵まれていると思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3学年からで、1.2年を通して自分がどの分野に対しいちばん興味関心があるかを見定めてから選択決定できるのでいい時期だと思う。また研究室については、教授などに話を聞きに行きたい時にはすぐに行けるのでとてもいいと思う。
    • 就職・進学
      就職に関しては、就職支援課の方から、就活についてのセミナーや講義などがあり、サポートが充実していると思う。
    • アクセス・立地
      最寄駅から大学まで徒歩10分弱で遠くはないが、街と離れているので大学講義後などに遊ぶ場所が少ない。しかし、近くには一人暮らし用のアパートなどがあり、学生の中にはそこに一人暮らしをしているひとも多い。
    • 施設・設備
      キャンパスについては、最近できた新しい棟があり、Wi-Fiも飛んでいるので、とてもいい環境だと思う。また、図書館には多くの書籍が揃っており不自由していないのでとてもいいと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係についてはほぼ学科内での関係になる。また、サークルでの友人関係の広がりが大きいと思うが、自分は特にこれといったサークルにも入っていないのであまりわからない。
    • 学生生活
      とくにこれといったサークルに所属していないのでわからない。が、サークルに入ってる人を見るととても楽しそうなので入ると楽しいのだと思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に語学についてである。英文は英語の他に、第二外国語として、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語の中から選択して学ぶことができる。
    投稿者ID:431860
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      先生方がとても協力的なので、どんな相談にもなってくださいます。例えば就職活動ひとつとっても、不安に感じている方が多いと思いますが、内定を得るまでしっかりサポートしてくださいます。
    • 講義・授業
      先生方は全員わかりやすい講義をしてくださっていると感じています。講義後に個人的に質問をしても、丁寧に答えてくださるので、テスト前もとても助かっています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミには入っていませんが、友人の話だと、先生方は卒業論文の取り組みに対してしっかりサポートしてくださると伺っています。選び方については、興味のあるゼミには全部応募してみたら良いと思います。
    • 就職・進学
      就職活動については、先生方がしっかりサポートしてくださいます。就職実績も良いと伺っています。また、就職だけでなく、公務員試験へのサポートもばっちりです。
    • アクセス・立地
      アクセスに関しては、とても良いとは言えません。大谷地駅から徒歩10分ほどある感覚です。立地に関しても、周りに何もない場所なので、講義後に遊んで帰るようなことはできません。
    • 施設・設備
      とても新しいわけではありませんが、施設、設備はとても良いと思います。カフェテリアも綺麗ですし、講堂もキリスト教感がありとても素敵です。強いて言えば、食堂が狭いので、毎日席取り合戦です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は、サークルなどを通せばとても広がると思います。短大と違い、クラス制ではないので、積極的にサークルに参加して交友関係を広げていけば良いと思います。
    • 学生生活
      サークルに所属することによって交友関係が広がりますし、何より先輩からのアドバイスがいただけます。それがとても大きいポイントです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英文科なので、英語に関しては科目数が多いです。英語コミュニケーション、英文法、英語で読書など、必須科目は多いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていません。
    投稿者ID:427234
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      英語を使って自分の夢を追いたい人のためのサポートが充実している。
      留学実績が多いため、多岐にわたる情報が豊富。
      教員もネイティブの方が多く、生の英語に触れる時間が必然的にできる。
    • 講義・授業
      講義の内容はコミュニケーションや文学に関して学ぶことができる。
      英語を使って、自分のスペシャリティを強めるのは少し弱いが、英語力そのものをあげるためにはいい環境。
      自分の強みや専門が少し弱い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの種類が多く、自分の興味のある分野に対して選択肢が広い。
      自由度が高い分野に入れば自分の学びたいものを突き詰めることができる。
    • 就職・進学
      就職実績も十分に感じる。
      英文学科からは教員が道内1位であることや、海外への就職も実績がある。
      就職活動に向けての授業もあり、十分に備えてから就活へ臨める。
    • アクセス・立地
      最寄駅は大谷地。
      駅から大学までは5分程かかる。
      サイクリングロードを歩くため、自転車に注意しなければいけないのと少し遠く感じるかもしれない。
      学校の周りにお店は少なく、10-15分ほど歩けば少しお店がある。冬場はあまり行きづらい。
      南郷18丁目までいけば店が多いのでそこでご飯を食べたりお酒を飲んだりすることが多い。
      学生が多く住んでいるのであまり怖い雰囲気はない。ひばりヶ丘-南郷18丁目の間が学生が多いが、一人暮らしの学生が住んでいる印象を受ける。
    • 施設・設備
      キャンパスは一部のエリアでWi-Fiが整っている。
      図書館・センター棟・学生会館などである。
      センター棟では多くのパソコンや、プレゼンをするための機材を借りることができ、充実している。課題をやる上でよく利用する。
      図書館は4Fまでそれぞれ本がたくさんあり、机も十分にあるため勉強にも適している。
      教室も新しくできたC館においては過ごしやすく、勉強しやすい環境である。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係はいいと思われる。
      サークルも多岐に渡り、サークル内での友人も多い。
      学部を超えた一般教養(大学共通)科目は少ないため、学部を超えた友人関係を築くのは難しい。
    • 学生生活
      サークルに所属はしていないが、サークルの活動は十分に感じる。
      アカペラサークルや、よさこい、ラクロス部などSNSなどで広報活動をしており、しっかり活動していることがうかがえる。夏のよさこいは毎年盛り上がるので学内でも楽しみにしている人が多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は基礎的な英語を身につけるための授業が多い。 必修科目で、最低でも週に4講義はネイティブの教員の授業がある。 実力順でレベル分けされるため、できるできないを心配する必要はあまりない。 教員も優しく、楽しく教えてくれる人が多い。
      2年次は少し発展的になる。ネイティブの教員の授業を増やすこともできるので、スキルアップを狙える。また、留学の準備等もあり、自分の夢に近づくための学習が増える
    投稿者ID:427885
    この口コミは参考になりましたか?
237件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北星学園大学   >>  口コミ

北星学園大学の学部

オススメの大学

獨協大学
獨協大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (384件)
埼玉県/私立
東京歯科大学
東京歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.85 (13件)
東京都/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.85 (114件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。