みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道教育大学   >>  口コミ

北海道教育大学
出典:禁樹なずな
北海道教育大学
(ほっかいどうきょういくだいがく)

北海道 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:42.5 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.72

(292)

北海道教育大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.72
(292) 国立内77 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.42
  • 研究室・ゼミ
    3.72
  • 就職・進学
    3.50
  • アクセス・立地
    2.74
  • 施設・設備
    2.97
  • 友人・恋愛
    3.74
  • 学生生活
    3.67
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

292件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    教育学部 教員養成課程 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      本学科では、教育について幅広く学べる。また、それぞれの専攻やグループに分かれて、専門的に自分の好きな分野を学ぶことが出来る。
      教師を志している人が多いため、大学内は落ち着いた雰囲気となっている。
      卒業後は、多くの人が教師となる。
    • 講義・授業
      実際に教育現場に出たことがある先生が多いため、実践的な話を聞くことが出来る。
      教育全体の基礎を学ぶことが出来る。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によって異なるが、私が所属していた研究室では、先生がきめ細やかな指導をしてくだった。
      私が所属していた研究室では、国語科に関する自分が興味を持っている分野についての研究をすることが出来る。
    • 就職・進学
      卒業生の多くが、教師となる。
      教職についてと公務員については、キャリアセンターにいる先生方がいつでも相談に乗ってくださる。
    • アクセス・立地
      札幌市内ではあるが、札幌駅からJRで25分ほどかかる。
      また、そのJRを降りてからも、20ほど歩かなくてはならない。
      冬は、雪が1m以上積もる。
    • 施設・設備
      図書館には自習スペースが多くある。
      サークル会館があり、サークルに所属している人はそれぞれのサークル室を自由に利用することが出来る。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      教師を志している人同士が集まるため、気が合いやすい。
      また、サークルを通して共通の趣味を見つけ、そこから親しくなることもある。
    • 学生生活
      サークル員全体の仲が良く、毎回和気あいあいと練習をしている。
      また、他分校の同サークルとの交流もあり、交流の輪を広げることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、主に教育の基礎を勉強する。
      2年次以降は、自分が取得する教員免許に関わる知識を中心に、勉強をする。
      また、専攻や取得する教員免許によって異なるが、1年次は授業参観、2年次は特別支援学校・介護施設への実習、3年次は本免許に関する5週間の教育実習、4年次は副免許に関する2週間の教育実習がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      中学校の国語教師
    投稿者ID:428501
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    教育学部 教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      ゼミに関して、積極的な学びが行われている所とそうでない所の差がある。先生方はどの先生も学生の学びに親身になってくれるが、学生側のやる気次第というところもあり、所属したゼミの雰囲気に流されてしまうと、良い方向にも悪い方向にも転がる。
    • 講義・授業
      学校の教員になるならば、教育大ほど現場のことや専門的な教育に関する知識を教えてくれるところはないと思う。教授の中には元教員も多くおり、実体験を交えながら教えてくれるので分かりやすく、とても興味のひく内容であることが多い。
      ただ、履修に関して、たまに問題があり、そのたびに学生課やゼミの先生に相談しなければならない。学生のために授業を組んでいるのか疑問に思うことがある。
    • 研究室・ゼミ
      まず、自分の所属するゼミでは、始めから講義の時間が決まっておらず、前期と後期それぞれで所属するゼミ生の1番都合の良い時間帯が講義の時間になるところが良い点である。
      ゼミ見学なども行うことができ、ゼミ選択にとても役立つ。
    • 就職・進学
      学校の教員になるならサポート体制はしっかりしていると感じる。もちろん教員の就職実績は確固たるものがあるし、教員採用試験の勉強をするための環境も整っているように感じる。
      ただし、一般就職の場合はあまりサポートしてくれない。自力で頑張るしかない。
    • アクセス・立地
      あいの里は特に目立った施設がなにもない。あいの里教育大駅から教育大のキャンパスまでの道のりが長すぎる。冬は寒いし雪が多い。
    • 施設・設備
      図書館がもう少し広ければ良いのに、と思う。また、講堂の設備が少し残念。照明機材は壊れていて使えないし、暖房がしっかりしてなくて割と寒い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内カップルは多い。仲の良い部活などでは飲み会などもあり、交流がある。
      ただ、わたしがそういった経験をあまりしていないので、評価は3。
    • 学生生活
      サークル内、あまり仲が良いとは言えない。
      学校祭などのイベントに関してもあまり熱気がない。アルバイトに関しては塾講師が多い。
      学外で活躍している人もいる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      まず、入学してすぐ学科に別れる。そこでこれから学ぶことが決まる。1年の途中で主免を小学校にするか中学校にするか希望を取り、成績の良い者から主免を何にするか決定される。そこから取らなくてはならない授業が決まってくる。
      2年次でゼミが始まる。どのゼミに入るかは1年次の成績が関係するので注意。
      3年次、教育実習。
      4年次、採用試験。
    投稿者ID:429030
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      周辺にたくさん学生が住んでいるためとてもコミュニティが広がりやすい。大学に入ってしまえば教師になる1歩を確実に踏み出せるので教師になりたいと強く思ってる人にはオススメです。入ってから進路が変わる人もいるのでまず雰囲気を感じてほしい
    • 講義・授業
      授業内容については教職中心、教養中心で、教養は教員採用試験にも役に立つものもあるがほとんどが12年生でやってしまうので教員採用試験時にはまた改めて勉強する必要はあると思います
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはやはり専門性があり、それぞれの強化にとっかしたものが学べます。さらにその中から、心理や教育についても詳しく学ぶことが出来るので充実したゼミ活動を行えます
    • 就職・進学
      教育大学の強みを最大限に生かすことが出来れば、将来は安泰しています。ただ、教員採用試験に落ちてしまっても臨時採用の声がかかることも多く、サポートはかなり充実しています
    • アクセス・立地
      街の中心部から離れており、冬場になると雪が積もるのでなかなか街の方面に行くことは難しい。ただ、バスがあるのでそれを使って街に行くことは出来る。学校の周りににはダイイチ、ツルハ、ローソン、セブンなど揃っています
    • 施設・設備
      図書館はよる22時まで空いているので、自分の部屋じゃ集中出来ないなどがあれば図書館を使用するといいとおもいます。またゼミ室の夜間使用なども可能です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学校の周りに学生が多く住んでいるのでコミュニティが広がりやすい。また飲み会などの機会も多いので参加することで色々な専攻、学年の人とかかわることができます
    • 学生生活
      私自身が所属している部活の印象はあまり良くないため低い評価にしましたがほかの部活は、大会に出場して1部リーグに残留したり活躍しています
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生は基本的に教養科目が多いと思います。
      2年目の後半から3年目にかけて専門科目を学び
      3年目では教育実習があります。
      4年目に入り教員採用試験、就活などに力を入れます
    投稿者ID:431980
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学へのアクセスは悪いが慣れたら平気。単位はだいたい普通に過ごしてれば取れる。おもしろくない授業も多いが、中にはくせの強い先生がいて面白かったりする。民間志望はあまりいないが、一定数民間に就職している人もいる。
    • 講義・授業
      授業のタイトルに見合った講義をしてくれない先生もいる。そういった先生の話は誰も聞かないのでだいたい評価が低くなるが、単位を落とすこともない。実習に役立てられそうな情報は、講義をよく聞いていないと、無駄な時間を過ごすことになる。偏差値の低い専攻の学生と一緒に受ける授業は、うるさくて仕方ないです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミのシステムは専攻によって違う。成績順に決める専攻もあれば、希望を募ってから決める専攻もある。卒論の内容も先行によって様々。
    • 就職・進学
      卒業生のなかで、教員になった人は毎年半分程度。3割くらいが公務員、あとは民間か院か。学校の掲示板に割と色々な就職先の情報が並んでいるが、民間の情報は少ないので自分から探さなければなりません。
    • アクセス・立地
      教育大前駅なのに歩いて20分先にあります。雨の日や風の強い日、吹雪の日などは、バスやJRが遅れたりしてたまに大変なことになります。周りは民家ばかりで遊ぶところはありません。
    • 施設・設備
      食堂は狭いし購買も品揃えが悪く不満は多いが、ボランティアの募集が多かったり、子供と共に遊んで学ぶ機会も多く、またその場所の確保には困らない。最近講義棟のトイレが綺麗になったので、研究棟のトイレも綺麗にしてほしい。図書館も綺麗になりました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      教員志望で入ったけど迷ってる?とか、とりあえず国公立だから入った?とか、同じ境遇の人が絶対に見つかるので心配しなくて平気だと思います。浪人生もそこそこいる。
    • 学生生活
      茶道部に所属。週一の活動だが部員の割に毎回の参加率が悪く不満である。真面目に取り組む部活は多いと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は本当に基礎。専攻の授業数が少ないのでスカスカの授業になるかと。2年生から実践系やひたすら指導案作り。これがとにかくめんどくさいしまじでめちゃめちゃ書かされるのでストレスです。特支の講義では知識を使って支援方法を考えたりする場面が多くなるので、実習に役立てたり実習を振り返られたりします。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員目指してます。
    投稿者ID:426570
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 芸術・スポーツ文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生が自主的に行う授業が多いので、評価基準が曖昧なところがあると思う。グループ内で仕事量に差があるのに対し、評価があまり変わらなく、学生からしてみれば不満に思うことがあった
    • 講義・授業
      板書が見にくい、声が聞こえない、パワーポイントのスライドが見にくい、講義の内容が専門的すぎ(説明が足りない)でほとんど理解出来ないなどがある
    • 研究室・ゼミ
      学生主体で進めることが出来た。その中でも分からない事があればアドバイスを求められるし、一聞いたら十返ってくるような内容だった。
    • 就職・進学
      就職実績に関しては悪いとは思わない。ただ学務やキャリアセンターの対応は問題があるかもしれません。
    • アクセス・立地
      ほとんどの学生が片道一時間以上かけて通っており、学校周辺にはコンビニくらいしかない。学校の近くに寮があるが、最寄りのスーパーは去年潰れた。
    • 施設・設備
      音楽、美術、スポーツ全て行うには良い施設が揃ってあると思う。サークルや部活はスポーツ系に偏っている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学年を問わず、あるいは学年に関係なく、学内、サークル内で恋愛がみられると思う。友人から話を聞くだけでも何組もカップルがいる
    • 学生生活
      ほとんど学生が主体で、顧問の先生に頼ることはなかった。ただ困った時はアドバイスを貰えるし、個人的にも楽しかった
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      音楽、美術、スポーツの持つ芸術性を地域に還元するといったことを学ぶ。芸術系の授業だけでなく、法や経営に関しての授業もある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      広告、広報、印刷系
    投稿者ID:430493
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 教員養成課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      所属ゼミに関しては、やりたいことや知りたいことではなく名前順などで振り分けられ、先生方はほぼ放置で対応された。ゼミに所属していながら学んだことはほぼ無いに等しい。
    • 講義・授業
      単位や免許の取得のために頑張ったが、教授たちのやる気の差がすごかった。内容の濃い講義もあれば、授業時数確保のためとしか考えられない薄い講義もあった。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は人数が多く地べたに座るしかない状態。ゼミによるだろうが、食べ物のごみなども多く清潔さに欠けていた。
    • 就職・進学
      教員試験は狭き門のため、試験はかなりの人数が受験するが正規教員になれる可能性は低めだ。そのため、市役所などの公務員試験にも挑戦する人が多かった。
    • アクセス・立地
      学校の周りはアパートも多く、スーパーもあったので過ごしやすい環境だった。田舎すぎず都会すぎず、学生にはちょうど良い。
    • 施設・設備
      図書館については、大きさの割に利用する学生も少なく、勉強や研究する場所としてはもってこい。サークルや部活で使用した体育館やグラウンドは廃れたところもあり、寒さや整備が整っていないなどで問題があった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の恋愛事情としては、同じ分野内での恋愛がほとんどだと感じた。学部によっては男性が90パーセントを占めるところもあり、女性の取り合い?みたいになっていた気がする。
    • 学生生活
      部活に関しては強くもなく、弱くもない。強い人たちは異なる分校に流れてしまうため。学内のイベントは少なめ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目がほとんど。他の分野の学生たちと混ざって大人数での講義が多かった。2、3年次は実習も増え1番忙しかった。単位取得のための試験もヒヤヒヤしたことがあった。4年次は少し余裕ができ、選択科目が半分くらいあるのでアルバイトをとるか、単位取得をとるかでかなりの差が出る。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      学校
    投稿者ID:428973
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    教育学部 芸術・スポーツ文化学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      スポーツという面でいえば、私自身好きな内容について学ぶことができました。個人的に素晴らしい先生のもと自ら考え取り組むことができたました。学校側はそれを素晴らしいと評価してくれたので5にさせてもらいました。
    • 講義・授業
      授業ないようは、芸術・スポーツともに幅広い視野のもと多くの分野のことをまなぶことがてきました。スポーツだけでなく、それが他の美術や音楽との関連が見られたとき授業を受けてよかったと思いました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分自身の学びたいことの学べるゼミに入ることができました。スポーツ指導を中心として実践を踏ませつつ基礎を学ぶことができました。これは必ず社会にでても通用することだと思ったので5です。
    • 就職・進学
      教育大学ということで教員志望がやはり多かったです。それに対応するように講義など開設されていたので、そういう面で非常に充実していたと思います。だから5です。
    • アクセス・立地
      札幌に一時間でいけるので、そこまで遠くはない土地だと思います。ですが雪も非常に多く冬はしんどいところがあります。ですが市としては生活することに困りはしませんし悪くないと思います。
    • 施設・設備
      私がにゅうがくと同時に新しい体育館が作られたため、そこで授業や体育、部活を行うことができたので非常に満足しています。また、3年次には人工芝のサッカーグラウンドも作られたので充実していると言えます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛は全然おっけいです。ですが学校事態の生徒数があまりおおくないという特徴があるので、仮に付き合った場合は筒抜け状態となるのでそれは覚悟した方がいいと思います。
    • 学生生活
      私自身週5回部活動を行っていましたが、高校とはことなり、自分達でメニュー考案、立案したため難しい面もありましたが、社会の一員になるために必要な主体性や計画性など多くのことを学ぶことができました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      スポーツ全般の基礎的な知識です。そこから専門的に学ぶためにゼミに所属します。芸術もあるので音楽や美術関連の授業は必修です。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:429514
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 教員養成課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      教員養成課程とだけあって、教員を志す人にとってはとても親切なサポート体制、カリキュラムが組まれており、4年間学ぶことで、教員の素地を養うことができる学科であるから。
    • 講義・授業
      講義を担当する教授の力量の差が激しく、教職を勤めていた方とそうでない方の指導内容が、ズレていることが多い。教職関連の講義は、本来学習指導要領に則っているべきだが、そうでないことも多々あるから。
    • 研究室・ゼミ
      自身が所属していたゼミでは、ゼミ生個々の事情を踏まえて対応してくださることが多く、教授のサポートを始め、ゼミメンバーとの関わりについても、非常に充実していたから。
    • 就職・進学
      教員になるのであれば、確実に5になるが、民間の就職を考えると1になった。周囲からの民間就職への理解もあまりなく、サポート体制も整っていないため、自身で勝負する必要がある。
    • アクセス・立地
      中心部から離れた立地であり、駅からも徒歩20分弱もある。JRの駅しかないので、冬は大雪で電車が動かないと通学ができなくなっていた。しかし、そのまま講義があったりするので、単位認定に関わる心配もあった。
    • 施設・設備
      日常生活で困らない程度には、整備してある。一方で、昼休みの食堂の席数が少なく、多くの学生が席待ちをしている状況を見ると、充実しているとは言えない。また、PCの利用などには制限も多く、もう少し設備投資が必要だと感じる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生同士の繋がりは強いので、人間関係に困ることはあまりないように思う。ゼミ、サークル、部活動など、色々な所で繋がりが持てるのが魅力であり、日常生活も充実する。
    • 学生生活
      留学生と交流を図るサークルに所属しており、相互の文化を通して、親交を深めることができると同時に、外国籍の友人ができた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      教員養成課程のため、基本的に教職についての学びを深める講義が多い。専門的な講義は、3、4年次に多くあり、4年間忙しいのが特徴。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教育関連の会社(総合職)
    投稿者ID:429724
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    教育学部 芸術・スポーツ文化学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学ぶ姿勢があればしっかり学ぶこができる。
      充実している点は、アウトドアライフ専攻は実習が充実していてフィールドに出ることが多いので、実践的に学ぶことができる。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気はあまりピリピリしていないので、周りに流されてだらけてしまう可能性もある。
      課題も出るので復習になるし、理解が深まる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは自分の学びたいことを学べるのでとても楽しい。ゼミ活動では実際にフィールドに出て経験できるので一番身につく。ゼミ生も仲が良く、プライベートでもよくアウトドア活動にいった。
      卒論も先生がしっかり見てくれるので自分のやりたいことを研究できた。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートについては、キャリアセンターに相談したり教授に相談するかとができるので幅が広がった。
    • アクセス・立地
      岩見沢校の最寄駅は岩見沢駅。
      歩いて30分弱。
      学校の周りはコンビニは近くにあるがスーパーは少し遠い。周りにアパートがたくさんあり、友達も近くに住んでたらするので一人暮らしでもあまり不安はなかった。
    • 施設・設備
      キャンパスは、最近新しい校舎も出来たので、充実している。体育館は3つ、トレーニング室も2ヶ所ある。グラウンドも3ヶ所あり、部活動をする環境は整っている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      縦、横の繋がりが強く、同期だけでなく先輩後輩の仲もとても良い。部活動の繋がりも強く、絆が深まる。
      スポーツ科は男子が多く女子もいるので恋愛関係に発展しやすい。
    • 学生生活
      部活動は、部によってだが文武両道もしやすくバイトをする時間もある。だが、全国レベルの部活動ばかり。
      大学のイベントはそこまでない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目は、解剖生理学や運動学、教員免許取得する者は教職など。
      二年目は、公衆衛生学や教職、実際に指導案を作ってそれを元に実際に指導したりする。
      三年目は、教育実習など。
      四年目は、ほぼ卒論研究。
      実習はたくさんある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      スポーツジム
    投稿者ID:430309
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    教育学部 教員養成課程 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      教育実習が3回程度あるので実践を積める機会は多い。講義も元教員や学校関係者が担当するものが多く、現場の生の声を聞くことができる。教員を目指す人には向いていると思う。ただ、あまり意識を高く持っていない人も多く、友達と高め合うというのは難しいと思う。
    • 講義・授業
      元教員の授業など現場の声を聞くことができるのは良い。ただ、本当に教員になったときに役立つのか疑問に思う講義も多くある。また、学生の態度が悪く集中して講義を受けられない事も多い。
    • 研究室・ゼミ
      専攻によってゼミが始まる時期は異なる。中には卒論がないゼミも存在する。私のゼミは子供と実際に関わることも多いので将来に役立つと思う。
    • 就職・進学
      教員になる人が約半数を占める。教員採用試験対策として任意で複数の講義を受けることができる。また警察官や自衛隊など様々な職種の説明会なども毎年行われている。
    • アクセス・立地
      JRかバスを利用している人がほとんどである。最寄り駅のあいの里教育大駅から徒歩20分ほどかかるので、夏は駅から自転車に乗って移動する学生が多い。バスは地下鉄麻生駅か栄町から40分程度で学校前に着く。途中あいの里教育大駅前にも止まるのでJRからバスを用いる学生もいる。ただし本数が少ないので注意する必要がある。学校周辺に娯楽施設は少ないため、麻生か札幌駅で遊ぶことが多い。
    • 施設・設備
      教室は狭く机がぎっしり並んでるところが多い。冷房機能がしっかりしてないので夏場はとにかく暑い。私の専攻は臨床スペースが多いので、子供と関わるには良い。図書館は市内で使われている教科書や学習指導要領など教育に関わる資料が多く備わっている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      一つの専攻が約30人程度で成り立っているので友達は作りやすいと思う。授業も専攻ごとに行われるので高校までとあまり変わらないと思う。男女比はバランスの良い専攻もあれば偏っている専攻も多くある。サークルなどに入って他専攻の友達や先輩を作っておくと、色々な情報を知ることができて良い。
    • 学生生活
      大学祭は出店をやったり、サークルの発表などが行われている。他の大学に比べて規模はだいぶ小さいのであまり面白くないかもしれない。夏休み中に体育祭も行われているが、サークルごとに参加することがほとんどなので出ない人も多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年目では教養科目を学ぶ。二年目以降、各分野の専門科目を中心に学ぶことになる。四年目は卒論が中心になる。
    投稿者ID:427949
    この口コミは参考になりましたか?
292件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

ライバル校

北海道で評判が良い大学

北海道のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  北海道の大学   >>  北海道教育大学   >>  口コミ

北海道教育大学の学部

オススメの大学

埼玉大学
埼玉大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.77 (380件)
埼玉県/国立
電気通信大学
電気通信大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.87 (88件)
東京都/国立
宮城教育大学
宮城教育大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.96 (116件)
宮城県/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。