みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京外国語大学   >>  国際社会学部

東京外国語大学
出典:IchiroHayano
東京外国語大学
(とうきょうがいこくごだいがく)

国立東京都/多磨駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:60.0 - 65.0

口コミ:★★★★☆

4.11

(287)

東京外国語大学 国際社会学部

概要

偏差値

偏差値
60.0 - 65.0
センター
得点率
83% - 93%

提供:河合塾

学科情報

国際社会学科
偏差値60.0 - 65.0
口コミ 4.14122件

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.13
(123) 国立内 99 / 566学部中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.09
  • 研究室・ゼミ
    4.02
  • 就職・進学
    3.76
  • アクセス・立地
    2.40
  • 施設・設備
    3.56
  • 友人・恋愛
    3.79
  • 学生生活
    3.90
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    国際社会学部 国際社会学科 / 在校生 / 2019年入学
    地域の知識を深められる
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ-|就職・進学4|アクセス・立地2|施設・設備3|友人・恋愛4|学生生活4]
    国際社会学部国際社会学科の評価
    • 総合評価
      良い
      専門の地域について勉強したい方にはオススメです。言語だけじゃなくて地域に目を向けたい方は国際社会学部がオススメです。
    • 講義・授業
      良い
      地域基礎一人一人の興味や関心を先生が覚えてくれて、それに合わせて授業をしてくれます。
      教養の授業もおもしろいです。
    • 就職・進学
      良い
      インターンシップの説明会が頻繁にありイメージを持っています。
    • アクセス・立地
      悪い
      多磨駅から大学まで割とあるのと、12分に一回の電車はわりときついです。
    • 施設・設備
      普通
      コンセントが使えないところがあります。あと、部活をするときの鏡が壊れてます?
    • 友人・恋愛
      良い
      これには限っては自分次第です。私はいいお友達を作ることができました。
    • 学生生活
      良い
      もっとあっても良いかなとも思いますが、一通りあると思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      専門地域とその地域の言語について勉強します。2年生はわかりません。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      その地域に行って、もっと深く学んでみたいなと思ったからです。
  • 男性在校生
    国際社会学部 国際社会学科 / 在校生 / 2019年入学
    世界を学びたいならここ!
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地2|施設・設備3|友人・恋愛4|学生生活5]
    国際社会学部国際社会学科の評価
    • 総合評価
      良い
      現代世界、国際関係、諸地域について細部まで学ぶことが出来ますが、コースを1つ選択しなければならないのが、少し残念なところです。
    • 講義・授業
      良い
      言語に関しては、それぞれの言語のエキスパートが揃っているので、申し分ないほど充実してます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      2年の秋からゼミが始まりますが、文系の分野のほとんどのゼミがあり、希望にそって勉強できます。
    • 就職・進学
      良い
      英語や専攻言語を活かすために外資系企業に就職する人が多いですが、公務員として活躍する人もいます。
    • アクセス・立地
      悪い
      遠方から通学する場合には、交通機関がそれほど充実していないので、苦労するかもしれません。周りにはコンビニがいくつかある程度で、大きなお店はありません。
    • 施設・設備
      普通
      単科大学なので、総合大学よりこじんまりしていて施設も少ないですが、逆にいえばコンパクトなので過ごしやすいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      海外からの留学生が多く、僕自身も留学生と親しくしています。恋愛関係に関しては、男子が少ないのが難点でしょうか。
    • 学生生活
      良い
      海外に関連したイベントがほぼ毎週のように行われているので、教養を深めることが出来ます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      地域研究や国際政治、社会学など様々ですが、地域研究はこの大学の特徴だと思います。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 就職先・進学先
      外資系企業
    • 志望動機
      国際政治についてかなり興味があり、自分に合っていると感じたためです。
  • 女性在校生
    国際社会学部 国際社会学科 / 在校生 / 2018年入学
    専攻語をがっつり学べます
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ3|就職・進学3|アクセス・立地1|施設・設備3|友人・恋愛4|学生生活4]
    国際社会学部国際社会学科の評価
    • 総合評価
      良い
      外国語を勉強したいと考えている人にはぴったりの大学だと思います。大語科、小語科の違いはあると思いますが、教授は面倒見がよい方が多いです。自分の専攻語だけではなく、英語、教養外国語が深く勉強できることもメリットだと思います。舞踊系、国際系のサークルや部活が充実しており、多くの人が所属し楽しんでいます。また留学生と同じ授業を受けることもできるので、さまざまなバックグラウンドの人と知り合うことができ、刺激を受けることができます。
    • 講義・授業
      良い
      1年生、2年生のうちは自分の専攻語をメインに勉強します。ほぼ毎日授業が入るので、専攻語はかなり話せるようになります。その他の講義は、文学から国際関係まで様々なものが用意されています。なかでも魅力的なのは留学生と合同で受けることができる講義です。グループワークを行うことも多く、さまざまな価値観の人と出会うことができます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      国際社会学部は国際関係論コース、地域研究コース、現代世界論コースの3つのコースに分かれています。1年生のうちはそれぞれのコースの入門段階の授業を受けます。これは全てのコースの授業を受けることができます。2年生の春学期に、自分の進みたいコースを決め、入門段階よりもレベルアップした授業を受けることになります。春学期中にゼミが決定し、所属は秋からです。説明会が開催されるので、詳しく見ておくべきでしょう。
    • 就職・進学
      普通
      大手の企業、また外務省などの省庁への就職があります。1年間留学するため、5年卒業が多いのですが、そこをハンデとせず、さまざまな企業へ就職しています。国内外問わず様々なインターンシップのプログラムが用意されています。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は西部多摩川線の多摩駅です。周りは正直東京とは思えないほどの立地の悪さです。スーパーが1㎞先にしかありません。ただコンビニは目の前にありますし、購買も充実しているので何とかなります。インドカレー屋が多く、多くの学生がよく足を運びます。
    • 施設・設備
      普通
      国立大学であるためか、設備がものすごく充実しているわけではありません。しかしパソコンは図書館や講義棟内にもあっていつでも自由に使うことができ、特に問題は感じません。図書館の蔵書は様々な言語がそろっており、圧巻です。
    • 友人・恋愛
      良い
      何語を専攻するかにもよりますが、語科の人とはかなり仲良くなることができると思います。(特に小語科)他の語科の人と知り合うには部活やサークルに入っていないと厳しいかもしれません。また女が多いので、学内での恋愛は少し厳しいところがあるかもしれないです。
    • 学生生活
      良い
      多種多様なサークル、部活が存在します。特に舞踊系のサークルは多い印象があります。中にはインドネシア舞踊などかなり珍しいものもありますよ。さらに国際系のサークルも多いです。11月後半に開催される外語祭では、1年生は自分の専攻地域の料理店を行います。世界の30地域以上の料理を食べることができます。2年生は専攻語で劇を行い、スキルを高めています。毎年多くの人が来場しますよ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年生は専攻語の勉強がメインになります。同時に3つのコースの入門段階の授業を受け、自分がどのコースに進みたいかを決めます。2年生の秋学期からゼミが始まり、本格的に研究が始まります。3年秋から1年間留学する人が多いので、4年間で卒業する人は少ない印象です。
    • 就職先・進学先
      決まっていない

講義・授業

講義・授業の満足度

4.09 (108件)

★★★★☆

  • 語学の授業に関しては、これ以上を望むのは難しいくらいの先生達が揃っています。教養科目のくくりでアイヌ語やフィンランド語、ハンガリー語などを取ることもできます。 それ以外の科目に関しても一通りそろっており、授業不足に困ることはかなり少ないと思います。 とにかく言語の授業(特に主専攻言語)はハードだということは言っておきます。それと、言語の授業は1コマ1単位しか単位がきません(ふつうの授業は1コマ2単位)。 また、留学の際の利便性を考慮した結果、授業が13週しかなく、不足分を13週間のあいだに出される課題で補う形式なので授業期間はとにかく忙しいです。大学に入ったら勉強そっちのけで遊びまくれるという考えは(人によりますが)ちょっと甘いかなあと思います。(在校生 2017年入学)
  • 様々な地域、様々な観点の学問の講義が開講されています。(言語文化学部の講義も受講可能ですし、取っている人が多いです。) 文系の学問においては、例えば『歴史がやりたい!』と思ったら、どの地域を対象とするか、ということのあとに、どの時代を研究するか、経済・政治・思想・芸術・文化…といったどの観点から考えるか、といった様々な知識を学び取り、自分の中で総合し、自分なりの論文を作り上げるところまでを大学では行います。そのために必要な、本当に多種多様な講義、そして高めあえる仲間が、この大学には揃っています。(在校生 2015年入学)
  • 毎日の専攻語の授業内容はやはり充実しています。 あと、外国語だけではなく、人文社会系の授業が多数開講されています。(在校生 2016年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    35人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    35人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りにくい
    35人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

3.90 (58件)

★★★★☆

  • 多種多様なサークル、部活が存在します。特に舞踊系のサークルは多い印象があります。中にはインドネシア舞踊などかなり珍しいものもありますよ。さらに国際系のサークルも多いです。11月後半に開催される外語祭では、1年生は自分の専攻地域の料理店を行います。世界の30地域以上の料理を食べることができます。2年生は専攻語で劇を行い、スキルを高めています。毎年多くの人が来場しますよ。(在校生 2018年入学)
  • 特に言語地域を生かしたサークルが多いしどこも活発に活動している(在校生 2017年入学)
  • 外語祭がとても楽しいです。 卒業生になっても皆がきています。(卒業生 2010年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    35人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    35人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    35人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    35人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    35人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    35人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    35人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    35人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    35人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.76 (85件)

★★★★☆

  • 卒業生は結構大きい会社に就職する人が多いです。あと、一番多い就職先は大体毎年NHKと外務省です。外務省専門官試験の対策講座が大学にもあります。(在校生 2016年入学)
  • 大手の企業、また外務省などの省庁への就職があります。1年間留学するため、5年卒業が多いのですが、そこをハンデとせず、さまざまな企業へ就職しています。国内外問わず様々なインターンシップのプログラムが用意されています。(在校生 2018年入学)
  • obの社会人の方々が講演に来てくれる。外大卒と言えども実際言語を生かせる職につくのはかんたんではない(在校生 2017年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    35人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    35人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    35人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

合格体験記

  • 国際社会学部国際社会学科(2014年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 東京外国語大学 国際社会学部 国際社会学科
    • 川越女子高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2014年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    現・古・漢の文章に慣れるために毎日一つの文章は読んでいたと思う。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    繰り返し問題を演習する。過去問も解きつつ、わからなくなったら基礎にかえってみる。

  • 国際社会学部国際社会学科(2016年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 東京外国語大学 国際社会学部 国際社会学科
    • 前橋女子高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人:現役
    • 入学年度:2016年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    5問択一を二者択一に絞れるようにした。漢字は大事だと思う。

    利用した参考書
    センターの予想問題集

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    苦手だったけれど頑張って出来る所は解いた。時間配分は特にⅠAでは大事。

    利用した参考書
    センターの予想問題集

基本情報

本部
所在地
東京都府中市朝日町3-11-1
最寄駅 西武多摩川線 多磨
電話番号 042-330-5159
男女比 男:女=4:6 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

東京外国語大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京外国語大学   >>  国際社会学部

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
福岡大学

福岡大学

42.5 - 65.0

★★★★☆ 3.89 (946件)
福岡県福岡市城南区/福大前駅
国際医療福祉大学

国際医療福祉大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.87 (298件)
栃木県大田原市/那須塩原駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1274件)
東京都渋谷区/表参道駅
理系のオススメ大学
法政大学

法政大学

52.5 - 65.0

★★★★☆ 3.81 (1620件)
東京都千代田区/市ケ谷駅
青山学院大学

青山学院大学

55.0 - 65.0

★★★★☆ 3.94 (1274件)
東京都渋谷区/表参道駅
東海大学

東海大学

37.5 - 65.0

★★★★☆ 3.73 (965件)
東京都渋谷区/駒場東大前駅

東京外国語大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。