みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  尾道市立大学   >>  口コミ

尾道市立大学
出典:Lightslateblue
尾道市立大学
(おのみちしりつだいがく)

公立広島県/新尾道駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.80

(65)

尾道市立大学 口コミ

★★★★☆ 3.80
(65) 公立内57 / 86校中
学部絞込
651-10件を表示
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2011年入学
    2019年07月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      興味を持てる講義があまりなかった事、卒業して活かせることがあまりなかった事。わたしだけかもしれないが…
    • 講義・授業
      悪い
      講義、授業内容の選択肢はたくさんあったと思いますが、振り返ってもあまり内容を覚えていないから。印象があまりないといいますか…
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミには教授により制限人数が決まっており、応募しても確実に入れるとは限らない。第一希望で落ちたら、第二希望を選ぶ際には、いくつか埋まっているゼミもある為、人気の高いゼミに入りたいと思っても、あぶれる事を思って最初から第二希望のゼミを選択する。他の大学も同じかは分からないけれど。
    • 就職・進学
      普通
      地元企業の合同説明会が大学の近場?で開催されていて、無事就職する事が出来たから。悪くはないけど良い印象はあまりない。
    • アクセス・立地
      悪い
      キャンパスと駅がかなり離れている為、基本的にはバスか原付、自転車での通学になる。歩きは無理。キャンパス付近は住宅や寮しかなく、食料品を求めてスーパーに行きたくても、バスか原付で行かなければいけない。近くに他大学がない。山の上にある為、土砂崩れがあった際は、取り残された。
    • 施設・設備
      悪い
      コンビニが1つ、学食が1つしかない。大学の外には何もない。図書館は充実していた。
    • 友人・恋愛
      悪い
      交際している人はいたが、他大学が近くにない為、学内での恋愛にほぼとどまる。
    • 学生生活
      悪い
      サークルはそこそこあったが、イベントは少なかったように思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      4年生になると卒業論文を書く事が必須になっている。ゼミ内での発表があるかどうかは、ゼミによって異なる。各ゼミから1,2人代表者が選ばれ、発表会が行われる。代表者の内容は全文冊子に表記される。その他はタイトルだけ表記される。
    • 学科の男女比
      7 : 3
    • 就職先・進学先
      地元の一部上場しているアパレルメーカー企業。
    • 志望動機
      地元から近く、わたしの学力で入れるからと高校の先生に勧められたから。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:565371
  • 男性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2017年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      特になんの特徴もない学科。学びたいことが具体的に決まってない人には良いが、詳しく学ぶには物足りない講義が多い。
    • 講義・授業
      普通
      講義を行う先生によりけりである。ただ、個人的な感想としては嫌味を言う先生が多い印象がある。単位だけ取れて、先生の嫌味を全く気にならない人なら全く問題なし。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミによる。緩いムードのゼミに入れば就職活動に、専念できるが、厳しいゼミでは就職活動の際に、邪魔になる課題などが出ている。先輩にどこがいいか聞くべき。
    • 就職・進学
      悪い
      学校指定の履歴書の書く項目が多すぎる。ただでさえ地方大学で、面接なども遠い場所で行われることが多く、費用も時間もかかるのに、さらに労力を用する。就活生の事を気にかけているとは思えない。
      アドバイスを求めにいっても大した指導もない。自力で就活すべき。
    • アクセス・立地
      悪い
      史上最悪の立地。そのうえ車の駐車場はなく原付の駐車場も狭く枠内に止まってないと、貼り紙。無断駐車はタイヤロック。駐車場を作れるスペースがあるのにもかかわらず無駄な建物ばかり作っている。まるで大学に通学するなと言っているかのような対応に腹立たしいばかり。
      バスも数本しかこない。
    • 施設・設備
      悪い
      新しい棟が綺麗なだけで、まったく充実はしていない。運動系の部活動をしっかりしたい人には全くおすすめしません。環境は最悪です。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係や恋愛関係は本当に人による。ただ、なんの団体にも所属しなければ友人関係を築くのは難しいのではないか。恋愛関係は自分次第だよ。
    • 学生生活
      悪い
      サークルもほぼなく、学園祭もしょぼい。美術学科の方に力を入れてるのではないか。何も楽しいイベントはありません。
    この口コミは参考になりましたか?

    7人中7人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:357475
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    芸術文化学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      落ち着いた環境で勉強したい、田舎でも平気という人には向いている大学だと思う。 日本文学科では卒業論文を創作にすることが可能なため、文学創作をやりたいという人にもおすすめできる。 にぎやかな環境で勉強したい、都会が好きなという人にはかなり向いていない。車がないと生活が不便なくらいの田舎。前はイオンがあったが、閉店してしまったため、周辺には本屋やスーパー、ドラッグストアなどしかなく服や靴を買えるお店はない。カラオケなどもないため、ショッピングや遊びたい時は電車でどこかへ行くしかない。 ただ、電車賃が高いためどこかへ遊びに行くのも億劫になる。ショッピングをしたいだけならネットでした方が良い。 駅前は平日は閑散としているが、土日は観光客で賑わっている。商店街があり、おしゃれなカフェなども多いため昔ながらの雰囲気や観光地が好きな人はいいかもしれない。
    • 講義・授業
      良い
      興味のある分野について詳しく学ぶことができる。時折学外の講師の方を招いての講義が行われる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      三年生からゼミが始まる。学生数が少ない分ゼミ一つあたりの所属人数も少なく、先生が一人一人をじっくり見てくれる。ゼミにより差があるかもしれないが、議論は活発に行われ、とてもいい刺激になる。
    • 就職・進学
      普通
      就職実践講座や就職ガイダンスなどが学生に対して開かれているが、強制ではないため参加者数が少ない。就活に対してやる気のある人は良いかもしれないが、ない人にはあまり対処できていないように思える。 ただ、キャリアサポートセンターで気軽に就活について相談できる点は良いと思う。 就活にやる気のある人はキャリア形成入門などで自己分析を行えたり、会社の方を招いての話が多く聞けたりするため、そちらを受講するとよいのではないかと思う。
    • アクセス・立地
      悪い
      山に囲まれていて自然豊かであるが、悪くいえば田舎。駅から離れているし、大学の周辺はかなりの山道なので徒歩、自転車で通学するのは無理だと思う。みんな基本、バスかバイクで通学している。 平日はバスの本数がまぁまぁあるので困らないが、土曜授業のときはバスが1時間に1本ほどしかこないので不便。
    • 施設・設備
      良い
      綺麗ではないが、パソコンもコピー機もあるし、充電をすることもできるため、特に不便を感じることはない。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学生数が少ないし、他学科と関わりをもつことはほとんどないため多くの友人を作ることはできないと思う。ただ、学科内では同じ講義をとる人が多いため、学科内の繋がりは強いと思う。 交流のためにスポーツ大会が年1回開かれているが自由参加のためサボる人も多い。
    • 学生生活
      悪い
      サークルは所属していないため正直よく分からないが、テニス部、ボランティア部、茶道部、軽音部、アカペラ部や吹奏楽部、ダンス部、演劇部などがあり、たまに昼休みなどに発表を行っている。サークルの数が意外と多いため、活動をしたい人は自分に合うサークルを見つけられると思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次には文学の概要を学び、二年次から専門性の高いものを学習していく。 一年次、及び二年次には必修や単位取得の関係で文学は文学でも日本文学を勉強したいというだけの人には興味の薄い分野(漢文、欧米文学)なども勉強しなければならないので注意。 三年次からゼミが始まり、本格的に興味のある分野について研究する。二年次の専門演習はゼミにつながってくるものなので、どの専門演習を受講するかはよく考えた方がよい。 卒論はゼミによるかもしれないが、三年次に一万字、四年次に一万字というペースで進め、計二万字以上のものを書く。ただし、創作の人は四万字以上のものを書く。 四年次は就活があるため、受講するのはゼミのみにするのが望ましいとされている。
    • 学科の男女比
      1 : 9
    • 志望動機
      国公立志望で日本文学を勉強したかったことが大きい。 日本文学を勉強することができ、かつセンターの得点から確実に入れる国公立大学でしぼると尾道市立大学の名前がでてきたため。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569257
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年09月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      それほど偏差値が高くなく、就職状況もそれほど良くないです。良いところに就職したいと考えるならオススメではないです。簿記やTOEICなどの資格に向けた授業が充実しています。
    • 講義・授業
      普通
      さまざまな資格習得に向けての授業が準備されています。社会に出てから役立つような講義もあります。人数が少ないこともあり、先生がひとりひとり丁寧に指導してくださいます。
    • 就職・進学
      悪い
      就職実績は良いとは言えません。大手企業への就職実績は少数です。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅からバスで20分以上かかります。大学は山の中なので周りにお店はありません。若者向けの服屋さんや遊ぶ場所などがないので、電車で福山などに行く必要があります。しかし、駅周辺にいくとオシャレなカフェが多くあります。
    • 施設・設備
      普通
      学内の施設は新しいけど、小さいです。
    • 友人・恋愛
      良い
      他の大学と比べて人数が少なく、少人数で受ける授業もあるので友達は作りやすいと思います。
    • 学生生活
      普通
      サークルは結構あると思います。何個かかけもちして入っている子もたくさんいるので、さまざまな友達ができたりと充実できます。秋には学園祭があります。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:367381
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年入学
    2014年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    芸術文化学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      基本的に真面目な人が多いので周りと切磋琢磨しながら勉強ができる。小さい大学であるが、施設が充実していないということはない。尾道という文学的にも重要な土地であるので、かつての文豪たちが暮らした場所で勉強できるというのはとてもよいことだと思う。
    • 講義・授業
      良い
      小さい大学であるので、学びたい専門分野の先生が大学に在籍しておらず、他校から来られる先生も多いので、自分の学びたい分野の先生が在籍しておられるかというのを確認した方がいい。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      時代によっては大学に在籍しておられず、その時代自体のゼミがないということもある。現在では上代の先生は他校から来られて授業されているので、上代のゼミはない。
    • 就職・進学
      普通
      やはり小さい大学であるので、あまり就職に対するサポートが充実していない。資格を取れるのが教職と学芸員のみであるので要注意。
    • アクセス・立地
      良い
      バス停は近くにあるので駅からすぐに来ることができる。かなり山の中にあるのでまわりにお洒落なカフェがあるとかはない。駅前には商店街があるのでそこまで降りればカフェなどはある。
    • 施設・設備
      普通
      最近校舎を新設したので綺麗な校舎で勉強ができる。図書館は小さいが欲しい資料などはわりと充実しているので研究にはほとんど問題ない。
    • 友人・恋愛
      良い
      田舎の小さい大学なので、いわゆる不良みたいな人はほとんどおらず、またほとんどが県外から来ていて下宿しているので、地元トークやお泊まり会などをしてすぐ仲良くなれる。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      上代から現代までの文学について基本的なことを学ぶ。そこから興味のある時代の文学を学ぶようになる。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      公立大学で日本文学科があり、自分の実力にあった大学だったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター形式の問題をひたすら解き、何度も解き直しをした。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:65215
  • 女性在校生
    在校生 / 2012年入学
    2014年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      山の上の自然に囲まれのんびりとした大学です。日常を忘れさせてくれるほどです。ただのんびりしすぎると世間においていかれます。しっかり自制しながら4年間通う必要があると思います。ただ比較的小規模で学生と先生・職員、学生間の距離が近く、のんびりアットホームな大学で学びたい人にはおすすめです。
    • 講義・授業
      普通
      経済情報学科では経済・経営・情報の分野を幅広く学ぶことができます。2013年度入学生からコース制になったため少し自由度が下がったような気もしますが。ちなみにノートパソコンが必携です。
    • アクセス・立地
      悪い
      大学は尾道駅からバスで20数分の山の中にあります。周辺には民家と個人商店が1つあるのみです。買いものは3kmほど山を下るとスーパーやコンビニなどがあります。大学の周辺には大学徒歩圏内の寮がたくさんありますが、バイクなどの交通手段をもっておくと生活が便利です。バス路線にもアパートがあり、生活はそのほうが便利だと思います。
    • 施設・設備
      普通
      校舎の老朽化のため今年の春に新しい校舎ができました。きれいで前の校舎よりはよくなりましたが、あともう一歩という感じです。
    • 友人・恋愛
      普通
      経済情報・日本文学・美術と3学科ありますが、そのうち後者の2学科は男子が非常に少ないです。学科間の交流は部活や寮などで、でしょうか。比較的小規模の大学なので学科内の交流はそれなりにあります。
    • 部活・サークル
      普通
      部活によります。練習など集まることの多い部活もあればゆるーい部活もあります。私が所属している部活動はどちらかといえば前者ですが。特別強い部活はないような気がします。が、楽しく活動している部活が多いですよ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      経済・経営・情報のそれぞれの分野を幅広く学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      大野研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に財政学について学びます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      高校の担任の先生に薦められた。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文と面接を先生に指導していただいた。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:27241
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      この大学には一般で入学した人のほか、商業推薦や地元推薦で入学した人たちも在籍しています。ですので、数学や英語などのレベルが大きく開いており、授業がとても退屈に感じます。逆に、2年になってから始まる簿記では、一般組には不利になるので、一年のうちに勉強しておくなど、自分から勉強する、というのが大事になってくると思います。自分の努力次第で、4年間が決まると思います。
    • 講義・授業
      悪い
      一般から入った人にとっては、英語や数学など、基礎科目はとても退屈だと思います。商業出身の人が習っていないところなどもやっているので、先生の授業もそっちに合わせるので、授業速度も遅く、寝ている人も多くいます。しかし、それ以外の講義は自分の興味のあるものを見つけ、積極的にとってもらいたいと思います。それほど課題も多くはないので、そこに関しては心配ありません。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      一年のうちは週1で基礎演習といって、学籍番号順に数名のグループが作られ、そのグループ+先生で何かをします。なにか…本当にグループそれぞれです。その先生によってはとても厳しく、毎週課題を出されるところもあったり、逆に毎週お茶会のような雰囲気で雑談しているところもあります。この時間が一番先生との距離も近いので、その際にいろんな質問をするといいと思います。そして、このグループのことをチューターと呼ぶのですが、何かと付き合いが長くなるので、早いうちに仲よくなっておくことをおすすめします。
    • 就職・進学
      良い
      就職率は高いようです。地元へ帰る方も多いです。大学院へ進む人は少なく感じました。就職活動にはお金がかかるので早めにバイトでお金をためてたほうがいいそうです。
    • アクセス・立地
      悪い
      お世辞でも、アクセスしやすいとは言えません。山の中にあるので、駅周辺に住んでいるとバスを利用しなくてはなりません。本数は一時間に2.3本。大学構内での車の駐車はみとめられていないので、原付の免許を取っておくことをおすすめします。また大学周辺に住んでいると、通学は非常に楽なので寝坊したい放題ですが、コンビニなど一切ないので、買い出しは週1で一括したほうがいいと思います。(土.日は尾道大生限定で100円になります)田舎なので、地元の人はとても温かいですので、親からしたらとても安心な場所だと思います。
    • 施設・設備
      悪い
      新しく作られてきれいにはなっていますが、敷地はとても狭いです。また経済情報が普段使っている棟はまだましですが、日本文学や美術学部が使っている棟のトイレは汚いです。そして部活動や体育の時に使うグラウンドはとても急な坂を上らなければなりません。とても不便です。ここでも原付のありがたみがわかります。
    • 友人・恋愛
      良い
      とても充実しています。これは自分の頑張り次第だとは思いますが、田舎でそれほど人数も多くないので、講義を受けていると自然と見たことある顔を発見します。また、一般で受験してきた子などはほとんどみんな理由が同じなのでその話で意気投合したりして仲良くなれます。私の周りには優しい人が多いので、ここにきてよかったと思える数少ない要因です。ただ、部活やサークルに入っていないと友達は増やしにくいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年では基礎科目や教養科目、二年からは情報、経済、経営の3つのコースに分かれます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高木チューター
    • 所属研究室・ゼミの概要
      オリオン座はすでに消えている、iPS細胞とは何か、の2つの本を毎回の講義で読み、まとめたり互いに質問したりする。PowerPointを使った発表もある。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      センターの自分の点数を見て、いけそうな国公立大学の中で一番近かったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      一切利用していない
    • どのような入試対策をしていたか
      2次対策として、いろんな大学の2次試験を解いた。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:118675
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 2]
    芸術文化学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      ひたすら調べ物をしたり、レポートを書いたりというのが多いです。専門的な知識を身につけることが求められ、研究者を目指す人には適していると思います。就職にはあまり有利とは言えないので、早めに準備すること、取れる資格をとっておくことが重要です。
    • 講義・授業
      悪い
      日本語に関する幅広いジャンルの講義が必須科目になっていて、近代文学が好き、創作をやりたいといった一部分への関心だけでは授業についていくことが難しいです。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは3年生からで、2年の後期に希望調査があります。2年か3年で担当教員の専門演習を受ける必要があります。ゼミごとに専門分野はありますが、どのゼミで何を研究しても良いことになっています。 飲み会や食事会をするゼミがほとんどで、先輩後輩の仲は良いと思います。
    • 就職・進学
      普通
      学校で取れる資格は少ないです。就職先は一般企業や教員が多いです。毎年卒業生の方が公演をしてくださいますが、学生時代の思い出話をされることが多く、あまり就活の話は聞けませんでした。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上にあるのでバイク通学が多いです。尾道駅からバスもあります。大雨が降るとバスが止まることがあります。 昼食は学食や学内のコンビニで調達する人がほとんどです。構内に飲食のできるスペースが多く設置されています。
    • 施設・設備
      良い
      全室エアコン完備で自習室も快適です。学内にゴミ箱が多く設置されていて、ゴミが落ちているのを見かけたことはありません。トイレも掃除が行き届いていてきれいです。 パソコンの台数も多く、テスト期間でも自習室が使えるのがとても助かります。
    • 友人・恋愛
      良い
      チューターという少グループが割り振られていて、知り合いのいない新入生も馴染みやすくなっています。学生の人数が少ないこともあり、同じ学科の同学年は全員わかると思います。サークルは少なく、長くやっているサークル以外は少人数の身内でやっていて、新入生は入れないところもあります。
    • 学生生活
      悪い
      学友会が七夕、ハロウィン、クリスマスなどにイベントを企画していますが、興味のない人も多いようです。特にハロウィンは仮装が盛り上がる年とそうでない年があるようです。 文化祭は美術学科の学生が作品を売っているので、ハンドメイド作品がいろいろあります。ステージは参加者が少なくあまり盛り上がりません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      今まで知らなかった日本語のことを知ることができます。ただし、きちんとした日本語が使えないと授業についていけないと思います。 同学年でのつながりは強いですが、サークル等に参加しなければ他学年と関わることは少ないです。課題は先生の好みに評価が左右されることが多いです。4年までに単位を取り終えることが推奨されていますがかなりきついと思います。
    • 学科の男女比
      1 : 9
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      卒業試験が論文または卒業制作と、それについての口頭試問となっていて、趣味で小説を書いていたので興味を持ちました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:533361
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2009年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    芸術文化学部日本文学科の評価
    • 総合評価
      普通
      日本文学科に在籍していたが、文学を深く学びたい人にとってはとても良いと思う。やる気さえあればどんどん深いところまで研究することが出来る。同級生も文学好きが多いので、マイナーな作家でも話が分かる人が多い。卒業後の進路は様々。学科的にどうしても就職には強くない。
    • 講義・授業
      普通
      古典文学から現代文学まで、幅広く学ぶことができた。日本語の講義もあり、ことば自体の知識を得ることも出来る。美術学科もあるため、単位の取り方によっては西洋史なども履修可能。単位については真面目に授業に出ていればほとんどの講義はとれるはず。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      ゼミは希望すればほとんどの所は入ることができる。ただし卒論に小説を書くことのできるゼミは希望者多数のため、狭き門。ゼミ所属のために試験がある。私は近現代文学のゼミに在籍した。自分の興味のある分野についてレジュメを作り、発表。先生からの指導を頂いた後はそのままゼミのみんなでお茶会。和気あいあいとした雰囲気だった。
    • 就職・進学
      普通
      面接練習や就活のイロハを講義してくれたり、大学全体で就職のサポートをしてくれる体制が整っている。親身に相談にものってくれる。就職支援センターには、それぞれの企業に内定した卒業生の就職レポートを読むことが出来る。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅は尾道駅。そこからバスで約20分。山奥にある学校なので緑豊か。学科の周りはほとんど民間寮となっている。バス以外では原付、車で通学する人も多い。福山駅まで出れば、ショッピングも楽しめる。
    • 施設・設備
      良い
      キャンパスはここ数年で増改築され、かなり綺麗になっている。私の在籍していた頃は高校の様な机と椅子だったが、今はもう無くなっていると思う。図書館には専門書、文学全集が多数取り揃えられている。尾大の学生なら使い放題のパソコンルームがある。
    • 友人・恋愛
      良い
      学内で付き合っている人はかなり多い。サークルを通じて、学部違いのカップルも多数。友人も作りやすい環境だと思う。
    • 学生生活
      悪い
      サークルや部活動は、上を目指してどんどん頑張るというよりは、和気あいあい楽しくてやりましょうという雰囲気の所が多い。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は古典から現代まで幅広く履修する必要がある。個人的に苦戦した必修科目はくずし字の読解。向き不向きがかなりはっきり出る。2年次からはややゼミのことを意識しながら履修科目を決めていく。1年次に学んだことをベースに、より深く教養を深めていく感じ。3年次はゼミと残りの単位を取り、4年次はゼミだけになる人が多数。
    • 利用した入試形式
      小売業界
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:410876
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2007年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    経済情報学部経済情報学科の評価
    • 総合評価
      普通
      自然に囲まれたスローライフが送れる大学です。ただし駅周辺に遊ぶところが無いので電車に乗って別のところに行く必要があります。
    • 講義・授業
      普通
      授業はまじめに勉強していれば卒業できます。経済情報と銘打っていますが、実質経済学部で情報はおまけみたいなものです。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の中にあるので、バス若しくはバイクが必須です。この大学に入るまでに原付免許はあった方がいいです。自転車では厳しいです。
    • 施設・設備
      悪い
      尾道市が財源不足のため設備自体は貧相で建物も古いですが、公立ですので努力しだいによって先生たちが何とかしてくれます。去年の3月に新校舎(E棟)が完成しました。中身は私は知りませんので是非オープンキャンパスで確かめてください。
    • 友人・恋愛
      悪い
      基本的に大学というものにはいろんな人が集います。大学卒業後神職になりに行った人もいれば、自衛官になった人もいます。
    • 部活・サークル
      普通
      テニス部や陸上部、合気道部などがあります。廃校になった小学校のグラウンドを使ってサッカー部が活動しています。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      経済の知識だけでなく情報技術も身に着けられます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      田舎でのスローライフにあこがれたため。イノシシもいるよ。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      面接の練習と小論文の練習をひたすらしました。まじめな生徒が欲しいみたいですね。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:83804
651-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 広島県 尾道市久山田町1600
最寄駅 山陽新幹線 新尾道
電話番号 0848-22-8311
学部 経済情報学部芸術文化学部
概要 尾道市立大学は、広島県尾道市に本部を置く公立大学です。通称は「尾大」。2001年、短期大学を改組し、4年生の尾道大学を開設しました。現在は2学部3学科と大学院で構成されています。経済情報学部では少人数制のゼミを取り入れていて、1年次から経済に関わる基礎演習を、3、4年次になると専門演習を学習します。ゼミの中には、中国への海外企業研修を行うものもあります。自分の関心に応じたカリキュラムを自由に組むことができるのが特徴です。 尾道市の本部キャンパスの他に、尾道商店街にサテライトスタジオを設けています。大学には附属の美術館があり、学生や卒業生が自分の作品を発表する場としても利用されています。また、教員や非常勤講師による展覧会も実施されます。

この学校の条件に近い大学

尾道市立大学学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  広島県の大学   >>  尾道市立大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
愛知淑徳大学

愛知淑徳大学

45.0 - 52.5

★★★★☆ 3.78 (590件)
愛知県長久手市/杁ヶ池公園駅
金城学院大学

金城学院大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.98 (416件)
愛知県名古屋市守山区/大森・金城学院前駅
北星学園大学

北星学園大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.88 (310件)
北海道札幌市厚別区/大谷地駅
理系のオススメ大学
神奈川大学

神奈川大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.59 (690件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
創価大学

創価大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 4.36 (431件)
東京都八王子市/拝島駅
常葉大学

常葉大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.69 (245件)
静岡県静岡市葵区/草薙駅

尾道市立大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。