みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都工芸繊維大学   >>  口コミ

京都工芸繊維大学
出典:Dosei3
京都工芸繊維大学
(きょうとこうげいせんいだいがく)

京都府 / 国立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5

口コミ:

4.01

(114)

京都工芸繊維大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.01
(114) 国立内22 / 83校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.74
  • 研究室・ゼミ
    3.94
  • 就職・進学
    4.00
  • アクセス・立地
    3.54
  • 施設・設備
    3.58
  • 友人・恋愛
    3.54
  • 学生生活
    2.84
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

114件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    工芸科学部 高分子機能工学課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      高分子について学びたいという方にはとても良い大学です。真面目な学生が多く、雰囲気も良いです。1回生の間は化学について広く学び、2回生の分属後、より専門的な内容を学ぶことができます。理系企業からの知名度も高く、高く評価されることが多いです。
    • アクセス・立地
      駅から近く、とても通いやすいです。
      近くには全国でも有名なラーメン街があり、美味しいラーメンをすぐに食べることができます。
    • 施設・設備
      一般的な研究設備は整っていますが、少し古いものもあります。校舎は順次改装が行われており、これからさらに綺麗になっていくと考えられます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1回生では化学全般について広く学び、2回生に上がるときに課程分属が行われ、高分子機能工学課程に進むとより専門的な内容を学ぶことになります。1回生のうちは実験はなく、2回生から実験が始まります。3回生になるとさらに専門的な内容を学び、4回生になると各研究室に配属され、それぞれの研究を行うことになります。
    投稿者ID:389462
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    工芸科学部 応用生物学課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      大学の規模が小さいのでなんとも言えないけどグローバルだとは思う実験環境が整えばもっといいと思う研究内容は幅広く、ショウジョウバエを使った実験などは結構有名らしい
    • 講義・授業
      少人数なので講師と距離が近いと思う。授業の内容もいろいろなものがあって面白い人は面白いと思う。実験もある
    • 研究室・ゼミ
      いろんな研究室があって大体一つの研究室に3人くらい。研究室にはいるとそれ以外の繋がりがあまりなくなるのがネック。結構忙しい
    • 就職・進学
      もともと就職する人が少ないから就職のサポートは薄い感じがする。けど自分で頑張ればまあなんとかなるし一応サポートはある
    • アクセス・立地
      駅からそんなに遠くないし普通にいいと思う。けど周りにあまりお店がないのが時々嫌になる。ラーメンやさんくらいしかない
    • 施設・設備
      食堂が少ない。人に対して席数とかが少ないので昼休みになると人がい溢れかえる。コンビニも遅くまでやってないから不便
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科内での恋愛はあまりない。サークルなどに入ってないと恋人はなかなかできないと思う。もともと男子ばかりなのでなおさら
    • 学生生活
      サークルに入ってない人が多いのでなんとも言えない。勢力的に活動してるくらぶもあまり多いとはいえない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      結構英語に力を入れているので、英語を頑張って勉強しないと大変。あと単位は基本とれるがレポートなどが大変だったりする
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      空調関係の会社
    投稿者ID:407391
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    工芸科学部 高分子機能工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      大学一回生次は応用化学系として入学し、2回生になるときに物質工学課程か生体分子応用化学課程か高分子機能工学課程かを選ぶことができるので。まだはっきりとした希望進路が決まっていなくても大学に入ってから興味のある分野を見つけて課程を選ぶことができるのが良いところである。また、その課程に分属するかを決める前に必修の授業としてどの課程でどんなことを学べるかを実際にその課程の先生たちが授業をしてくれる。
    • 講義・授業
      だいたいの授業が、基礎的な内容の確認をしてから新しく学習する内容に入るので分かりやすい。また、1回生?3回生へと毎年同じような内容を繰り返しながら少しづつ新しい知識に触れて行くような授業なので、学習したことが身につきやすい。先生は個性的な人もいるが大抵の先生は分からないところがあってもきちんと教えてくださる。講義中は基本的に静かである。単位はきちんと勉強さえすれば取得は難しくない。必修の授業がそんなに多くないので自分の興味のある授業がとりやすいと感じる。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は基本的に成績順に希望が通る。2回生、3回生の授業を通してどの研究室がどのような研究を行っているか知ることができる。また、直接研究室に見学に行ってもいろいろ教えてもらえる。
    • 就職・進学
      卒業後はほとんどの人が大学院に進む。研究室で大学院入試の勉強を教えてもらうこともできるそうだし、学生サービス課には就職の相談に乗ってくれるところもあるのでサポートは充実していると感じる。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは徒歩で10分程度なのでそれほどアクセスは悪くない。まわりは山や川などの自然が多い。近くには有名なラーメン激戦区があり周辺の大学の学生でにぎわっている。電車1本で四条や京都駅に行くこともできる。バスでも行くことができるし、自転車を持っていれば30分もあれば四条まで行くことができるので買い物に困ることもない。さらに京都市内と言うこともあってバスを使ったり自転車を使えば色々な神社やお寺を巡ることもできる。また周辺に他の大学のたくさんあるので周りの飲食店などでは学割を実施しているお店も多いのでお得にお腹いっぱいになることができる。他にも叡山電車の駅も近くにあるので、比叡山や鞍馬貴船へのアクセスも完璧である。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さめなので端から端へ移動してもそんなに時間はかからない。教室も大きな教室は少ない。学生も利用できる加工設備がある。図書館では本の貸し出しや自習スペース、コンピュータ利用スペースに加えてグローバルなスペースもあり、外国の映画を上映していたりする。ただ試験前になると図書館の自習スペースは満席になることが多いが、普通の教室を自習用の教室として解放してくれる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      もともと一回生次に応用化学系で一緒だったので、物質工学や生体分子などの別課程にも知り合いがいる。課程自体の人数は50人程度であり、実験などでペアやグループになるので友人ができやすいと感じる。サークルや部活動をすれば、他課程の友人や他大学の友人を作ることもできる。恋愛については部活動内で付き合っている人が結構いるので、サークルや部活動をすることがおすすめである。
    • 学生生活
      部活動では他大学との交流や、 ボランティア等を通して様々な経験ができるのでとても良いと思う大学では大規模なイベントはないが学祭や夏祭りなどを楽しむことができる。部活動を通して紹介されるアルバイトでは、京都感のあるお寺でのアルバイトができるのでとても良い経験ができると感じる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では基礎的なことを学ぶ。数学では色々な公式であったり、展開や行列などを学ぶ。物理は基礎力学や基礎電磁気学、化学も基礎的な内容を、英語では実際に海外の人とスカイプで会話したり、たくさん英語の本を読んだりする。2年次では専門的な内容の基礎知識を学ぶ。高分子機能工学課程では高分子とはということを学び、それに加えて無機化学や有機化学なども学ぶ。基本的に化学と物理がメインになる。3年次では専門的な内容の基礎および応用をまなぶ。高分子における物理、化学といった内容がほとんどで英語の授業も高分子に関する論文を英語で読むといった内容である。
    投稿者ID:414248
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工芸科学部 応用生物学課程 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      生物学を幅広く勉強したい人には最適。また比較的施設が充実している。就職活動のサポートは大してないが、人によってはいい企業に決まっている。また研究職希望の人には大変合っている学校だと思う。
    • 講義・授業
      授業の内容に関しては、ほとんどが教授の興味・研究テーマに沿った内容である。授業を真面目に受講する人がほとんどである。単位はある程度勉強していれば問題ない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に配属されるのは、3年の後期からである。選び方はGPAが高い順に決まる。自分の所属している研究室の施設は比較的充実している。研究室同士の繋がりはあまりない。
    • 就職・進学
      就職実績については、研究職に就く人がほとんどであり、手堅く就職先を決めている印象。サポートは特にない。就職活動の時に大学の知名度があることがわかった。
    • アクセス・立地
      最寄駅は松ヶ崎駅。駅から大学まで徒歩5分ほど。学校の周りにあまり店はない。修学院駅、松ヶ崎駅付近に下宿している人が多い。一乗寺駅付近のラーメン街に行く事が多い。
    • 施設・設備
      キャンパスは大きくはないがちょうどいい大きさである。研究設備は比較的充実していると感じる。図書館はあまり充実していない。試験前には学科の友人と図書館で集まって勉強する人が多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、学科内の友人がほとんどである。サークル、部活動をしていると他学部の友人との繋がりができる。学内の恋愛関係は多くはないが、カップルもいる。
    • 学生生活
      サークル、部活動の数はあまりないが、学外・インカレのサークルは非常に多く、所属している人が多い。アルバイトはしている人がほとんどだが、研究室に配属されると中々できない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は生物、化学、数学、物理の基礎を主に勉強する。必修科目はほとんどが生物の授業である。2年次は数学、物理は基礎固め、生物はある程度専門的な内容を習う。3年次はほぼ全て生物の授業で、後期からは研究室に配属されほぼ授業は取る必要がない。4年次は卒論に勤しむ。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      大手化学メーカーの総合職
    投稿者ID:412815
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    工芸科学部 物質工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 2]
    • 総合評価
      良くも悪くもあらゆる化学分野を学べる有機化学や無機化学、物理化学に高分子化学など、化学の中でまだ何を専攻したいか決まっていないときはこの学科が良い、反面あらゆる分野のものがあるので院試の科目も多い
    • 講義・授業
      講義内容は様々な科目があるため幅広く学べる先生も理不尽な人はほぼいないため、一部を除き努力すれば成績は取れる課題は演習科目のみの場合が多く、小テストも演習科目と一部教科のみ
    • 研究室・ゼミ
      私はまだ研究室配属になっていないので詳しくはわからないが、開始時期は4回生人気のところや一部のところは面接試験あり基本的に3回生の12月に自主的な話し合いで研究室を決める、学生のみで行うので毎年かなり荒れる
    • 就職・進学
      就職はまだしばらくしないので全くわからない周りの学生もほとんどが大学院にすすむ、博士課程に行く人はあまりいない
    • アクセス・立地
      周りがラーメン屋しかない、とよく言われる自転車があればスーパーなど多少はあるが、娯楽施設はないので地下鉄に乗って出かける
    • 施設・設備
      キャンパスはそれほど広くないので迷うことはないし便利ただ、食堂が1箇所に固まっているので反対側にいるときは困る図書館はテスト前でも多少の空きはある
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係はほとんど同じようなグループでいることが多い、ツイッターや部活繋がりが多い恋愛関係は男子は総数が多いためできにくいが、女子は高確率でいる
    • 学生生活
      大学のイベントは文化祭くらいしか記憶に残るようなものはない文化祭も敷地の半分くらいは地元住民が行なっているフリーマーケット
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は化学の基礎的なものを学ぶ、基本的にこの年次で一般教養はとりきる2年から物質工学、高分子、生命と3つの学科に分かれる物質工学はこの年の後期が一番きつい3年の後期はほぼ単位を取りきっているので週3日休みの人も多い
    投稿者ID:413989
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    工芸科学部 機械システム工学課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      設計、材料、四力学(材料力学、流体力学、熱力学、機械振動力学)、加工、実験、生産など講義が豊富でありものづくりのあらゆることについて学ぶことができる。
    • 講義・授業
      授業も詳しく、課題による実践で講義内容のバックアップもできる。
    • 研究室・ゼミ
      20近い研究室があり、自分のやりたい研究ができる。
    • 就職・進学
      ものづくり関係の会社に技術職として就職できる。学生サービス課でマナー講習や履歴書エントリーシートの添削、SPIなどの筆記試験、面接試験の練習ができる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は京都市営地下鉄烏丸線の松ヶ崎駅。京都駅から地下鉄で20分と若干京都駅からも遠い。中には自転車通学、バイク通学の学生もいる。
    • 施設・設備
      教室はもちろん、旋盤、ボール盤、レーザー加工機、タレットパンチ、溶接機など使用手続きをすれば自由に使い、材料加工をすることができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      講義のグループ課題や部活などの課外活動、研究室配属により友人関係を築くとこができる。
    • 学生生活
      学内には文系体育系の部活動やサークルが30ほどある。また学生と教員の共同プロジェクトもあり、プロジェクトによっては優秀な成績を納めているチームもある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      インフラ系
    投稿者ID:385399
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工芸科学部 応用生物学課程 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良い学校です。
      専門性の高さはさることながら、研究機材の
      充実ぶりも素晴らしいところです。
      教授の熱意も伝わってきます
      (変わった人が多いですが...笑)
      校舎自体は新しいわけではないですが、資料館等も
      兼ね備えられていますし、松ヶ崎や修学院といった
      駅からも近いところにありますので、交通の便も
      良いと思います。
      加えて宝ヶ池公園も近くにありますし
      鴨川も近くを流れていますので
      京都の街並みを残しつつ自然豊かな環境で
      勉強や研究に取り組むことが出来る点も
      おすすめの点かなぁ...と思います。
      なので県外から進学されてくる方にも
      自信を持っておすすめできますっ。
      以上の点をふまえまして、京都工芸繊維大学は
      県内外問わず理系の道を歩む高校生の
      皆様に『是非!』とおすすめできる学校です。
      高校生の皆様が入学されてくる日を
      心から楽しみにしております。
    • 講義・授業
      個性豊かな教授の方々が
      熱心に指導してくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      土地の問題か少し狭いと
      感じるところはありますが
      十分かと思われます。
    投稿者ID:383330
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    工芸科学部 デザイン・建築学課程 / 卒業生 / 2010年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      大学で勉強したいと思ってる学生にはとてもいい大学だと思います。先生方の手厚い指導もありますが自由なのでとてもすごしやすく友達もたくさんで着るかと思います。大学で勉強したいと思ってる学生にはとてもいい大学だと思います。先生方の手厚い指導もありますが自由なのでとてもすごしやすく友達もたくさんで着るかと思います。大学で勉強したいと思ってる学生にはとてもいい大学だと思います。先生方の手厚い指導もありますが自由なのでとてもすごしやすく友達もたくさんで着るかと思います。
    • 講義・授業
      自分の学科だけでなく興味を持ったことに対して丁寧に指導していただけるので知識も増え楽しく授業が行えます。大学で勉強したいと思ってる学生にはとてもいい大学だと思います。先生方の手厚い指導もありますが自由なのでとてもすごしやすく友達もたくさんで着るかと思います。大学で勉強したいと思ってる学生にはとてもいい大学だと思います。先生方の手厚い指導もありますが自由なのでとてもすごしやすく友達もたくさんで着るかと思います。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      都内大手工場会社
    投稿者ID:383009
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工芸科学部 応用生物学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      とても学びやすく、充実している。
      環境がとにかく良い。
      実験の設備も整えられており、とても有意義に過ごすことが出来る。
      真面目な生徒が多いので、こちらも集中して、取り組むことが出来る。
    • 講義・授業
      ヤママユなどの珍しいものを飼育しており、講義内容も充実している。
      先生の質も良く、とても濃密な時間が過ごせる。
    • 研究室・ゼミ
      研究部門ごとに設備が整えられており、とてもやりやすい。
      周りからのアドバイスや実践内容もとてもよく、こちらも熱心に取り組める。、
    • 就職・進学
      ここの卒業生は多くの企業から真面目で良いという評価を受けているそうで、実績は良いのではないか。
      多くの生徒が有名企業へと就職しているイメージがある。。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は地下鉄国際会館なので、通いにくい人が多いかもしれない。また、結構田舎。
      ただ、環境は静かで自分の好みの環境であった。
      やはり、通学のしにくさがネックとなるかもしれない。
    • 施設・設備
      設備は充実していて、平均程度には過ごしやすい。
      回りがしずかでよい。
    投稿者ID:379744
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    工芸科学部 物質工学課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 1]
    • 総合評価
      院に進学する人が多い。
      院まで進学するとほとんどの人が学校推薦を利用して希望通りのところへ就職している。
      大学が最寄り駅から近くて良い。
    • 講義・授業
      基本的にどの先生もやる気のある生徒にはしっかり指導してくださる。
    • 研究室・ゼミ
      4回生から研究室配属。
      配属希望は学生間でまず話し合いをする。
      そのときに揉めたりなど色々ある…。笑
    • 就職・進学
      就職実績は悪くないと思う。
      大学名で蹴られることはないため、あとは自分次第。
      様々な企業から推薦も届くため、それをうまく利用すればよい。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から近くて良い。
      近くに遊べるとこは何もない。
      少し歩けばラーメン屋が豊富。おいしい。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      学祭では一度問題を起こしたため、それ以来めちゃめちゃしょぼくなった。
      学祭については他大学の方が楽しいし、盛り上がってる。
      サークルの数も他大学に比べると少ない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      有機化学。無機化学。物理化学。
      化学の幅広い分野を学べる課程。
      4回生で研究室に配属されると専門分野についてそれぞれ学ぶ。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大学院→メーカー
    投稿者ID:378578
    この口コミは参考になりましたか?
114件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

京都府で評判が良い大学

京都府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  京都府の大学   >>  京都工芸繊維大学   >>  口コミ

京都工芸繊維大学の学部

工芸科学部
偏差値:52.5
★★★★☆ 4.01 (114件)

オススメの大学

埼玉大学
埼玉大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.77 (363件)
埼玉県/国立
東京海洋大学
東京海洋大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.09 (90件)
東京都/国立
北海道教育大学
北海道教育大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.73 (276件)
北海道/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。