みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  愛知県立芸術大学   >>  口コミ

愛知県立芸術大学
出典:Umako
愛知県立芸術大学
(あいちけんりつげいじゅつだいがく)

愛知県 / 公立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 57.5

口コミ:★★★★☆

4.14

(37)

愛知県立芸術大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.14
(37) 公立内12 / 83校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.97
  • 研究室・ゼミ
    3.73
  • 就職・進学
    2.85
  • アクセス・立地
    2.56
  • 施設・設備
    3.31
  • 友人・恋愛
    3.67
  • 学生生活
    3.28
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

37件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    音楽学部 音楽科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学科という意味では実技が主なので一般学科を学びたい人には向いていないのでそういう意味では低いが専門的に学びたい人にとっての実技や授業は非常に有意義な時間を過ごせると思います。
    • 講義・授業
      それぞれつきたい先生がいてから入学をする生徒が多いのでその先生につくことが可能な場合はすごくいいと思う。単位については割と取りやすいと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミというものが存在しないため、私自身情報がないのでわかりません。
      卒論もなく、実技なので普通大学とは全く違います
    • 就職・進学
      皆が就職というよりも大学院に通ったりフリーランスで演奏活動をしたりするケースが多いため就職活動の情報がなく自分も少し困っています
    • アクセス・立地
      私の大学は最寄り駅から約15分山を登るという感じで自然には囲まれていますがアクセスは悪いと思います。
    • 施設・設備
      2と答えましたがもう少し上でもよかったかなと思っています。
      最近新しく校舎ができたので練習室の量も多く助かっていました
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男子生徒の数が圧倒的に少ないので基本的に男子は恋人がいる人が多かったです。
      みんな仲が良く非常にアットホームな学校でした
    • 学生生活
      サークルはほぼありません。ごくたまに集まっているサークルを4年間で1度だけ見ましたが無いに等しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はソルフェージュなどの基本的な知識、2年次からは教職課程を取りたい人は加わり少し忙しくなりました。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      未定です
    投稿者ID:428491
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 デザイン・工芸科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      デザイン専攻は、デザインの総合的なことから学び、グラフィック、メディア、プロダクト、環境、4つの専門領域に分かれていくなかで、自分がやりたいことを見つめていくことができるからです。専門領域に分かれてからも、それぞれ自分がやりたいことを発揮できる環境にあります。領域に縛られず、自分が選択した領域ではなく他の領域の課題を取ることができるのも、この大学ならではだと思います。
      そして、他大学にはない多彩な課題が多いのも理由です。工房の設備も充実しているので、様々な素材を使うことができ、新しい見方を持って力をつけることができます。
      また、専門領域に分かれてからはさらに教授との距離が近いように思います。興味のある分野の教授と話をする中で、授業では話していない話も聞くことができ、学ぶことも多いです。
    • 講義・授業
      講義・授業内容については、デザイン実技に関してだと、指導教員によりますが、どの課題も単なるデザイン提案ではないところに魅力を感じますし、充実していると感じます。
      教授については、自分で聞きに行けばより詳しく答えてもらえます。領域別に分かれてからはさらに教授との距離が近くなり、具体的なアドバイスをもらいやすいです。
      講義中の雰囲気は、デザイン実技の講義でいうと、学生と教授の仲がいいのでとても和やかです。
      課題に関しては、デザイン実技でいうと毎年変わってきているので、一概には言えませんが、3年生ぐらいになると1ヶ月間で制作する課題が多く、よりコンセプトを詰めて考えることができます。
      単位については、頑張れば頑張るだけ評価してもらえます。
      履修の組み方については、1年生のうちに取れるものだけ取っておくことができます。そうすれば、2、3年生で困らず、制作時間にあてることができます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはないので、4つの専門領域について答えます。
      1年生の頃は、デザインを総合的に学び、2年後期から、グラフィック、メディア、プロダクト、環境の4つから自分が専門的に学びたい領域を選択することができます。初めから領域に分かれていないことが、自分を見つめ直すことができるうえで、魅力的だと思います。
      また、自分の選択した領域ではなく他の領域の課題を取ることもできるので、制作の幅が広がります。自分のやりたいことやってみたいことを積極的にできることがとてもいいです。
      領域に分かれてからも、ちゃんとした理由があり、教授と相談をすれば領域変更は可能です。
    • 就職・進学
      就職実績については、いいと思います。有名企業に就職する人もいます。
      就職活動のサポートはしてもらえます。ですが、自分から就職支援のほうに相談へ行かないと何も始まりません。就職担当の人と仲良くなって、色々と相談に乗ってもらうことはできます。
      教授に相談するのもいいと思います。思いがけない繋がりがあったりするので、教授は頼れる存在でもあります。
      私自身、1年生の頃は就活について何も考えていませんでしたが、早め早めにやりたいこと行きたいところを見つけておくと、いざ就活が始まった時に困らないなと思いました。
      進学については、大学院に進む人も毎年何人かいます。
    • アクセス・立地
      最寄駅はリニモの芸大通駅です。
      駅から大学までは、多く見積もって15分ぐらいです。登山のような山道です。
      学校の周りは、全て自然の緑に囲まれています。虫は多いですが、周りの環境はとても良いです。
      下宿生が住んでいるので多いのは、藤が丘あたりです。
      リニモ沿線上にはイオンや最近できたIKEA、モリコロパークなど遊びに行ける場所が沢山あります。
    • 施設・設備
      木工室、金工室、シルク室、塗装室などの、工房設備は大変充実しています。他大学より充実しているのではないのかなと思います。それによって、制作物も大掛かりなものなど作ることができます。
      デザイン専攻としては、毎年デザイン専攻展を開催している芸術資料館があります。他専攻の展示や教員展など多様な展示が開催されているのも、芸大ならではだと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係については、部活動で交友関係を広めている人が多いです。また、先輩後輩の関係も仲がいいです。
    • 学生生活
      展覧会やイベントの運営委員に所属することができます。学生が交流する場として、とてもいい機会で、貴重な経験になります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、基本的な学科を取れるだけとります。2、3年になった時に困らず、より制作時間にあてることができます。
      必須科目は、デザイン実技等です。
      2年次は、1年のときに取れなかった学科や専門的なゼミを取ることができます。
      3年次は、1、2年で必須単位を取れていれば、主に必須科目だけ取ればいいです。
      4年次は、必須科目以外の卒業に必須単位は1、2、3年次で全て取れていることが理想です。
      卒業制作は、主に後期から制作を始め、最終的には審査があります。
    投稿者ID:427019
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    音楽学部 音楽科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全体を見れば良くもなく悪くもなく、という感じだと思います。つく先生によって合う合わないがあり、それが鍵かなと。充実している点としては最近校舎が新しくなったので、練習室の取り合いはありますが、綺麗なんじゃないかと。やはり学ぼうと思っているものがものなので、個人の能力と努力でいくらでもどうとなります。卒業後は普通企業に就職される方が多いです。音楽で進んで行く人はあまり見かけたことがないように思います。険しい道なので…。正直、音楽での大学は通過点です。芸大に行こうが県芸に行こうが京芸に行こうが大学の名前の違いはあれど、どこでもピンからキリまでいます。
    • 講義・授業
      履修の仕組みに関しては少し面倒です。入学したてでわからないまますぐに決めなければなかったです。専攻によって違うと思いますが私の場合はそうでした。説明は少しわかりにくいです。授業内容に関しては良いと思います。ただ、音楽関連でないものはあまり興味のないものが多く、良くわからないものが多いです。講義中の雰囲気は授業によりますが大概ゆるいです。課題等はそこまで大変では有りません。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミという仕組みはないです。門下での試演会やコンサートがあります。門下によって違います。ですので、ゼミに関しては特にお話しできることはありません。
    • 就職・進学
      大学側の就職のサポートは良いと思います。できることを積極的にしていらっしゃると思うので、ぜひ就職する際にはご相談していただければいいのではないかと思います。
    • アクセス・立地
      一番近い校舎にたどり着くまで20分弱かかります。交通の便はあまり良いとは言えません。基本的に藤が丘に住んでいる人が多いです。地下鉄で栄や名古屋にも近いので、藤が丘駅がとても便利ですよ。
    • 施設・設備
      敷地面積はとても広いですが、建物はそんなに立ってないです。沼とか荒地とかが多いです。森とか。音楽科の校舎は最近新しくなったので綺麗ですよ。ただ、試験前はとても混み合うのでなるべく早めに登校し、部屋を確保した方が良いです。講義系の授業の教室は古く冬場はとても寒いです。図書館は沢山の楽譜が置いてあります。探そうと思えば大抵のものはあると思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係はとても良いと思います。サークルで恋人ができた人もたまに見かけました。学校が割と閉鎖的なので、外もきちんと見ながら相手を選んだ方がいいこともあるかもしれません。
    • 学生生活
      サークルや部活動には参加していなかったためわからないです。たまに、合唱サークルなどのコンサートは見かけました。楽しく活動していらっしゃるのではないでしょうか。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      声楽専攻では、基本的に1・2年次での声楽の専門的な授業はレッスン以外ありません。歌曲に関する授業は4年間ではあまりないと思います。3・4年次にオペラをやる感じです。ただ、ピンキリのうまさなので、一緒にやる人によっては自分の成長が妨げられる場合もあります。
      卒業に関しては論文はありません。卒業試験があります。付いている先生についていけば全く問題ありません。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      声楽を学べる別のところへ行きました。
    投稿者ID:431486
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    音楽学部 音楽科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      週1回必ず専攻科目のレッスンがあり、練習室も響きがよく使いやすい。図書館にある楽譜の蔵書もかなり充実している。音楽技術を高めるには最適な環境だと思う。
      一般教養の授業や音楽関連の授業は内容が興味深いものも多いが、語学の授業に関しては今ひとつ内容的に充実していないように感じたので4点。
    • 講義・授業
      専攻科目の毎週の個別の実技指導に関しては、大変充実していた。
      実技指導の教授、講師はそれぞれ異なるレパートリー、ジャンルに精通した方々がたくさんいるので、自分にあった先生を見つけやすい。
      専攻全体で臨む実技系の授業は、演技、舞台系のものはシステムもしっかりしていて学べるものが多かった。
      一般教養科目や音楽関連の講義(座学)も講師が真面目で熱心に指導してくださる方が多く、内容的にも面白いものが多かった。
      教員免許取得のための授業は、講師、授業内容ともにかなりユニーク。教員採用試験のための対策としては十分ではないが、今後の人生観が変わるような授業が多く面白い。
      課題に関しては講義によるが、一部を除いて易しいものが多く、きちんと出席すれば単位は取りやすいと思う。
      残念ながら語学の授業は、受けても語学力が上達するような授業は少ない。内容が充実してないように思うので-1点で4点。
    • 研究室・ゼミ
      まず、ゼミというものがほとんどない。私もゼミには所属しておらず、あまり分からないので3点。演劇系のゼミがあるというのは耳にしたことがある。
      卒論については、卒業試験に代わる専攻も多いので、書く生徒の方が圧倒的に少ない。
    • 就職・進学
      芸術大学という特色上、就職活動をせずにフリーランスの芸術家として活動する卒業生が一定数いる。一方で音楽に見切りをつけて就職活動をする学生も多いが、学校からのサポートや情報の提供はまだ薄いように感じる。
      最近になって、面接練習や説明会の講座など学務課が提供してくれるようにはなったが、手探りな部分も多いと思う。
      教員採用試験に挑む生徒に対するサポートはかなり薄い。
      情報が手に入りにくいので、不安に思う生徒は多い。
      また、同大学院に進学する学生も多いが、学部生時に教授からの評価を確立することがかなり重要で、教授とあまり関わりのない生徒はあまりサポートは受けられないように感じる。
      上記の理由から2点。
    • アクセス・立地
      練習室、アトリエ付きの女子寮がある。(大学から徒歩5分)
      それ以外は、リニモの駅周辺に住む生徒が多い。
      少し前までは、大学から娯楽施設やスーパーまで距離があったが、最近イオンが出来たので、ぐっと住みやすくなった。
      最寄駅周辺には学校以外はほぼ何もない。
      自転車で10分ほど行くと飲食店も多くなり、栄えてくる。
      学校自体は自然に囲まれていて、静かな環境。
      最寄駅から学校までは登り坂のため、以外と時間がかかる(15?20分ほど)ので4点。
    • 施設・設備
      音楽学部棟が新しくなったため、環境が良くなった。練習室は響きがいいし、大きな部屋も予約が取れれば使えるので、大人数での合わせもしやすかった。
      大きなホールが2つあり、試験などで歌わせてもらえるし、サークルの演奏発表などでも使える。
      図書館の楽譜の蔵書はかなり充実している。
      一方、芸術以外の蔵書には少し乏しいので、一般教養科目のレポートを書く時には少し困った。
      エリアによっては建物が古く、暖冷房が効かない場所もあるので-1点。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      音楽に打ち込む真面目な学生が多いので、刺激を受ける。
      サークルでは、美術学部の学生とも知り合いになれる機会もあり、一緒に舞台を作ったりすることで深い友情が生まれやすいと思う。
      同期とは専攻の特性上、団結して挑む授業も多かったので、かなり仲はいい。
      男女比に差があるので、恋人は出来にくいかもしれないが、音楽に打ち込むあまり恋愛に気が向いていない学生も多い。
    • 学生生活
      オペラを作るサークルに所属していたが、他専攻やプロの音楽家、演出家と関わる機会も多く、大変充実していた。

      大学祭などは、演奏会も沢山あり、美術の出店も多いので、誰が来ても楽しめると思う。
      学外で自主コンサートをやる学生も沢山いる。
      大学から与えられる演奏の機会はさほど多くないので、自分で積極的に機会を増やす必要はある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は
      音楽座学の必修が週2日ある。
      専攻、副科ピアノのレッスンが週に1回ずつ。
      今後忙しくなることを考えて教養科目と語学を沢山とる生徒が多い。
      2年次は
      音楽座学の必修が週2日。
      専攻レッスンが週に1回。
      専攻によって、実技系の授業が増えてくる。
      3年次
      教員免許を取りたい生徒は、関連の授業が増える。
      音楽関連の授業が沢山取れるようになる。(楽式論、対位法、などの座学)
      専攻レッスンが週に1回。
      専攻別の必修の実技授業が増える。
      4年次
      専攻別の必修実技授業がメイン。
      週1回の専攻レッスン。
      学内演奏会など。
      卒業論文はほとんどの専攻が書かない。
      卒業演奏を披露する。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      留学
    投稿者ID:431663
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    • 総合評価
      公立の大学なので倍率が高く、入学するのは困難ですが、その分いい先生方がたくさんいらっしゃいます。
      学ぶ意欲があれば色々な授業を受けてたくさん吸収できる環境がそろっていると思います。
    • 講義・授業
      私は博物館過程の授業をとっていましたが、大学に外部から学芸員の方が来られて、実際の現場のお話など、貴重なお話を聞くことができました。また、大学内に美術館があるので、実際に作品を扱うことで、他の大学よりも実践的な講義を受けることができました。
    • アクセス・立地
      名古屋から1時間ほどで着くので、そこまで田舎ではないと思います。しかし、大学内には自然が多く残っており、私には創作活動をする上でいい環境でした。最近は大学のまわりにイオンやIKEAが建ち、住みやすい環境になってきていると思います。
    • 施設・設備
      学内の施設は総じて古く、科によってはかなり老朽化が進んでいます。しかし、近年耐震工事や床暖房にするなど少しずつではありますが新しく建て替えているようです。大学内には女子寮があり、こちらは新しく、きれいです。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      私はサークル活動には参加していませんでした。他の大学よりもサークルが少ないと思います。大きなイベントでは、毎年秋に芸術祭という催しが行われます。
    投稿者ID:390008
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 -| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 2]
    • 総合評価
      自分の学びたいことをとことん学ぶことができ、その道で活躍していらっしゃる教授の方から丁寧な指導をもらえる。
    • 講義・授業
      美術の道でとても活躍していらっしゃる教授の方々から、その人にあった技術、表現を相談に乗りながら指導をしていただける。
    • 就職・進学
      卒業をして就職を考えてる学生は少ない。大体は作家や先生をしながら絵を描いている人が多い。職は不安定かもしれない。
    • 施設・設備
      施設、設備は不満が多く、古いし日が落ちると学校全体が暗く、電気がそもそも付いていない事が多い。食堂も一つしかないので、席に座れない事はしばしばある。だが、この大学には自然が多い事が良い。スケッチをするのに最適。だが教室に虫がよく入ってくるので虫が苦手な人には苦痛。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルも部活も少ない。学生は、芸術に没頭している人が多いからであろう。男女比も2:8という感じで、出会いはこの大学にはなかなかない。
    • 学生生活
      大学のサークルは数えるほどしかなく少ない。イベントもあまりない。
    投稿者ID:388108
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    音楽学部 音楽科 / 卒業生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      ちょっとした山の上にあるので通学するのは少し大変ですが、周りに遊ぶところがない分勉強に集中できます。学生数が比較的少ないので同じ違う学部、専攻の人とも関わりが多いです。
    • 講義・授業
      ひとりひとり丁寧に指導してくださるので、真面目に勉強したいひとにとってはすごく良い環境だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      一般大学でいう研究室、ゼミ等はありませんが、各楽器、先生の門下生が少ないのでじっくり見てもらえます。
    • 就職・進学
      特殊な学科ですので、就職支援、サポート等はあまり充実していません。情報は自分で集めた方が良いです。。
    • アクセス・立地
      ちょっとした山の上にあるので通学が大変です。最寄りの駅から徒歩で15分ほどかかります。都会に出るのに電車で45分ほどかかります。
    • 施設・設備
      新しい建物はとても綺麗で設備も充実していますが、歴史的建造物的な古い建物は結構年季が入っていて充実しているとは言えません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学全体の学生数が比較的少ないのでほかの学部、専攻のひととの関わりも多く、広げようと思えば友人関係はどんどん広がると思います。
    • 学生生活
      あまりサークルや部活に入っている学生は多くありません。年間で大きなイベントと言えば芸祭ぐらいですかね。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      4年間を通して専攻楽器の研究、室内楽、吹奏楽、オーケストラなどで専門的な技術や知識などをまなびます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      フリーランス
    投稿者ID:413986
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    美術学部 美術科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      アートを学びたい人にとっては集中できるとてもいい環境だと思う。自然の中にある大学で、展示場所もたくさんあり、制作のための施設設備も充実している。授業はもちろんのこと、教授と話しやすい環境にあるので自己の制作の相談もしやすいと思う。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容は、芸術大学という事で専門性の高い授業になっている。自分は美術学部なのでその方面について書くが、午前中は専門授業、午後は座学であり、座学も美術史、解剖学、デザイン学など、自分の好きな分野を選択して学習できる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生からの選択になります。専攻によって違うのですが、多様なゼミがあり、自分の好きな素材、制作スタイルを追求できます。ゼミ生同士の繋がりも良く、教授との連携も取れています。
    • 就職・進学
      就職については、アートという少し難しい特性のせいか、全体の就職率自体はあまり良くないです。しかし、就職を希望した場合の就職成功率は高く、自分が希望すれば就職は有利になります。
    • アクセス・立地
      最寄駅はリニモ芸大通駅、芸大通駅からは徒歩20分。大学が山の上にあるので、行きがかなりきついです。駅からはバスも出ていないので徒歩、または自転車や原付などで行くしかありません。芸大通駅の隣が大きなイオンモールとなっているので、買い物はしやすくなっています。
    • 施設・設備
      キャンパスは長久手キャンパスのみとなっています。歴史のある建物で、少し古いですが施設設備に関してはかなり整っており制作にフル活用できます。図書館は芸大の図書館ということで、音楽・美術に特化した蔵書を持っており、勉強及びレポート作成にはかなり役に立ちます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      極めて狭い学問分野の集まりなので、共通の話題は尽きません。ユニークな人が多く友達もできやすいです。サークル活動も活発であり、入部すれば他専攻との交流や先輩後輩の繋がりを作ることができます。
    • 学生生活
      大学の大きなイベントとしては、東京・金沢・愛知・京都・沖縄の五校合同で行われる「五芸祭」、また大学独自の「芸術祭」など、盛りだくさんです。アートマーケットや演奏会など、各専攻の力量をフルに使った出店が行われています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      各専攻でカリキュラムが違うので大まかですが、1、2年次は主に素材の基礎を学びます。3、4年次で各ゼミに入り、自分の制作を中心に行います。卒業に関しては論文ではなく、「卒業制作」をクリアしなければなりません。4年間しっかり勉強し、自分がどうしたいかを考え、作品を作って行くと良いと思います。
    投稿者ID:407424
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    音楽学部 音楽科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      東海地方唯一の公立芸術大学である。週1回素晴らしい先生のもとで1対1の個人レッスンが受けることができるほか、オーケストラや室内楽の授業も充実している。特にオーケストラは毎年有名な指揮の先生が振ってくださる。また音楽以外の授業では哲学や心理学など人生を豊かにする面白い授業もたくさん受けることができる。先生方も面白い方が多い。留学制度もあり毎年ヨーロッパの方へ留学する学生も多くいる。
    • 講義・授業
      室内楽やオーケストラの授業はもちろん、個人レッスンを週1で1対1で受けることができる。毎日練習で忙しいがまわりの友達も同じ環境だからこそ切磋琢磨して頑張れる。
    • 研究室・ゼミ
      芸術大学なので研究室やゼミというものがない。その代わりに個人レッスンを受ける門下というものが存在し新年度や年度末など門下生と先生が集まってお食事会なども行われる。
    • 就職・進学
      一般大学と違いどこかに就職する人は少ない。卒業後は留学したりオーケストラに入団したり音楽教室で教えたり演奏活動などしている人が多い。先生方もたくさん相談にのってくださる。
    • アクセス・立地
      最寄駅はリニモ芸大通駅でそこからほぼ上り坂で徒歩15分?20分ほど。夏や梅雨の時期はとてもつらい。またチェロや大きな楽器を背負ってだとさらにきつい。また自然が豊かなため春にはたくさん虫が出る。
    • 施設・設備
      数年前に校舎を建て替えたため、大きなホールや室内楽用の響きの良いホールなどができた。新校舎はとてもきれいで練習室も除湿機や空調付きで快適に過ごすことができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      普段は仲の良い友達でも試験やオーディションとなるとライバルとなったり、音楽を作る上で意見が食い違ったりするのギクシャクする場合がごく稀ではあるがる。また女性が9割のため恋愛面はほぼない。
    • 学生生活
      サークルはほとんどの学生が入っていない。練習があったりするためである。また入っている学生もほかの大学のサークルに入っている人が多い。イベントは年数回の演奏会のほか、美術科と合同の芸祭がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に演奏について。演奏するにあたり楽譜を深く読み込む授業や和声感を養う授業もある。卒業論文はなく、そのかわりに卒業演奏がある。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      自宅でレッスン
    投稿者ID:412382
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    音楽学部 音楽科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      様々な観点から学習できます!授業の質も高く、かなり満足しています。ソルフェージュが少し難しいと感じています。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はリニア芸大前駅があります。愛知環状鉄道線から来て八草駅で乗り換えるか、地下鉄東山線の藤が丘駅から乗り換えて行くことができます。駅から歩いて途中から学校への一本道(学校の敷地内にもなります)です。そこから10分ちょっと歩いていますが、夏は大変です。一部で毛虫ロードとも呼ばれ、それを防ぐために日傘を指している人もいるようです。山の奥にあるという感じです。いい意味でも悪い意味でも周りに何もなく、過ごしやすい環境です。
    • 施設・設備
      近年校舎がリニューアルされ、綺麗になりました。練習室もたくさんあります。しかし、使いたい人は多いのでいつも取れるとは限られませんし、先輩優先になります。オルガンがある部屋もあります。敷地内ではあまり迷うことはなく、設備はわかりやすいです。
    投稿者ID:382592
    この口コミは参考になりましたか?
37件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

愛知県で評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  愛知県立芸術大学   >>  口コミ

愛知県立芸術大学の学部

美術学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.27 (11件)
音楽学部
偏差値:50.0 - 57.5
★★★★☆ 4.08 (26件)

オススメの大学

京都府立大学
京都府立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.01 (150件)
京都府/公立
静岡県立大学
静岡県立大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (180件)
静岡県/公立
九州歯科大学
九州歯科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (24件)
福岡県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。