みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

岐阜薬科大学
出典:Monami
岐阜薬科大学
(ぎふやっかだいがく)

岐阜県 / 公立

偏差値:60 - 63

口コミ:

3.64

(11)

岐阜薬科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.64
(11) 公立内78 / 82校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.80
  • 研究室・ゼミ
    3.70
  • 就職・進学
    4.11
  • アクセス・立地
    1.70
  • 施設・設備
    2.40
  • 友人・恋愛
    3.80
  • 学生生活
    4.00
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

11件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    薬学部 【募集停止】薬科学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      有名な教授が多く、就職はしやすいと思います。
      ただ、テストがすごく大変で、ギリギリで入学した人は進級するのにもとても苦労します。
    • 講義・授業
      生徒が少ないため指導は充実しているが、
      滑舌が悪く、言葉が聞き取れない人もいる
    • 研究室・ゼミ
      3回生後期から研究室に配属される
      研究室の種類は割とたくさんある
      夏休みが5日のところもあれば1ヵ月のところもある
    • 就職・進学
      有名な教授がおおくOBも実績を残しているため、就職はしやすい
      サポートもしっかりしてくれる
    • アクセス・立地
      電車が通ってなく、バスも本数が少なく、周りになにもない。
      車がないと不便であり、半数ぐらいが車を所有している。
    • 施設・設備
      3回生までは校舎がとても古い
      4回生からはとてもきれいなビルみたいな校舎になる
    • 友人・恋愛
      人数が少ないため、濃く友人と付き合える
      恋愛関係も充実している人が多い
    • 学生生活
      部活しかなく、種類も多くはない
      ただ楽しくできる
      ほぼ全員が部活に参加している
      学園祭や球技大会があり、とても盛り上がる
      学祭は規模が小さいが模擬店などの食べ物がおいしい
    投稿者ID:331390
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      キャンパスは2つありますが、3年生までは薬学科、薬科学科ともに三田洞キャンパスで座学を中心に講義を受けます。講義室は学年毎に決まっており、そこに教授が入れ替わっていくスタイルで講義が行われます。基本的に講義間に移動がないので楽です。
      試験は講義に出席し、コツコツ勉強すれば基本的には通ります。試験日程は8日間なので、各科目のペース配分も大切にしなければならないので、テスト直前だけ勉強して通すことはやや難しいといえます。暗記が苦手な人には少し辛いかもしれません。本試験で通らなくても無料で再試験を受けることができるので、比較的進級しやすいのではないかと思います。
      食堂には弁当やお菓子、文房具を販売している小さな売店があるのみなので、各自で弁当を持参する学生が多いです。
      三田洞キャンパスの周辺は田舎ですが、少し行けばスーパーやドラッグストアはあるので自転車があれば生活はできます。車があればなおよいです。ただし、学校の駐車場は有料です。
      4年生からは校舎が変わり、同時に研究室に配属されます。
    投稿者ID:326303
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師免許がとれるのが最大の魅力です。
      実験が多く、レポートの提出が大変ですが、それに見あった資格を取ることができます。
      3年次までは三田洞校舎で授業があります。
      4年次からは研究室に属することになり、岐阜大学校舎で授業を受けながら研究します。
      その後病院実習、薬局実習を経て国家試験を受けます。
    • 講義・授業
      特定分野ではトップレベルの教授も在籍しており、授業も面白いです。
      教授は普段、岐阜大学校舎の研究室に在籍しているため、聞きたいときに質問できないのがネックです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の数は他校と同程度です。
      自分の興味のある分野を選択できます。
    • アクセス・立地
      三田洞校舎、岐阜大学校舎とも、岐阜駅からバスで30分程度あり、あまり交通の便はよくありません。
      大学の近くにアパートは多数あるため、普段の通学は不便しませんが、生活するには車が必須です。
    • 施設・設備
      新しく建設された岐阜大学校舎の施設はきれいです。
      建物はWi-Fi完備です。
    • 友人・恋愛
      同じ授業を同じメンバーで受けるので、同級生の結束は固いです。
    投稿者ID:323762
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 【募集停止】薬科学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      単科だけど狭いなりに楽しい。研究もまあまあできる。立地は非常に悪い。研究者を育成する学科なので就職はよいが来年度から募集はなくなる。
    • 講義・授業
      単科のため講義に選択肢はほとんどない。教育者よりも研究者としての教授の方が多い気がする
    • 研究室・ゼミ
      研究室によるが十分な研究は行える。研究室は約20あり、希望と成績により4回生から配属される。
    • 就職・進学
      研究者コースのためほとんどが製薬会社。大塚製薬やアステラス製薬、塩野義製薬など大手の実績がある。
    • アクセス・立地
      最寄り駅はJR及び名鉄岐阜駅。どちらもバス・車で30分かかるので車がないと非常に不便。アパートは2万から6万と安め。
    • 施設・設備
      本部校舎には最低限の設備は大体揃っている。また岐大の機器を借りることもある。
    • 友人・恋愛
      ひと学年約130人なのでほぼ全員と友人になれる。また部活が活発なので友人はつくりやすい。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      3年までに基礎を学び、4回生から研究室に配属され、研究活動を開始する。
    投稿者ID:231007
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になるための国家試験の成績が良い。 人とのつながりがとても強い。 教務の仕事が非常に遅く、日程が出るのが遅くて困っている。
    • 講義・授業
      講義数が多いのが大変。 選択科目のバリエーションが豊富。 講義を聞いていて、わかりやすいなぁと思える先生が多く、教材も優れているため良い。
    • 研究室・ゼミ
      研究室ごとにやることが明確に決まっており、自分のやりたい研究をすることが出来る。 忙しくて自由な時間があまりない。
    • 就職・進学
      薬剤師になるための国家試験に受かることが出来れば、ほぼ100%の確率で、大学病院や薬局に就職することが出来る。
    • アクセス・立地
      バスの本数が少ないため、雨の日や雪の日は、大学へ行くのに苦労する。 下宿する人は大学から近いところに住めるため、その場合はアクセスには困らない。
    • 施設・設備
      校舎がとても古く、虫が出たり、講義室の椅子が壊れていたりする。 図書室にはパソコンや自習でかるスペースがあるため便利。
    • 友人・恋愛
      生徒の数が他大学に比べて少ないため、全員と顔見知りになることが出来る。 教務の仕事が遅いため、講義のことでたまに困ることがある。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1回生から、生薬や生物学、有機化学など、専門的な分野を扱います。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来薬剤師として病院や薬局で働きたかったからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      芸苑
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験を重視する大学なので、センター試験の一ヶ月前からセンター対策をしました。
    投稿者ID:183399
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になりたい人や、企業で働きたい人、どちらの夢をもっている人でも在学中に自分のビジョンを考えることのできる環境です。
    • 講義・授業
      授業はほとんどが専門で必修の科目なため、科目を選ぶということはありませんが、その分みなと同じ授業を受けるので、他大学にはない繋がりができます。
    • 研究室・ゼミ
      研究機関として一流の設備が整っていると思います。本気で研究に取り組めば、一流企業の研究職にも就職ができる可能性があります。
    • 就職・進学
      さまざまな製薬大手企業への就職実績があります。研究室や部活の繋がりを大事にすれば、先輩の助けを得られ、非常に安心です。
    • アクセス・立地
      岐阜駅からバスが出ていますが、本数が非常に少なく、アクセスが悪いです。しかし、ほとんどの人が大学近くに下宿するため勉強するには静かでとてもよい環境です。
    • 施設・設備
      本部校舎は5年ほど前に新築されました。その際に実験設備なども当たらしくしたようなので、比較的新しい設備や環境で勉強することができます。
    • 友人・恋愛
      一学年の人数が少ないため、恋愛には注意が必要です。一度失敗したら、大学内ではもう諦めたほうがよいでしょう。
      しかし、友人を作るには最適な環境です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学について基礎から応用まで勉強します。
    入試について
    • 学科志望動機
      前期後期試験で不合格となり、滑り止めでうけた中期試験で合格したため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台予備学校
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験対策を主に行った。二次試験対策はセンター後から始めた。
    投稿者ID:119892
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015年06月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      規模が小さいので先輩後輩関係が深くなれるし、大学を卒業された先輩とも知り合えるので、卒業してからの進路の話を聞けたりする。しかし、そのぶん総合大学より学祭などの行事は控えめ。
    • 講義・授業
      1年生のころは教養科目が多いが、2年、3年とあがっていくにつれて実習が忙しくなり、授業の専門性もあがってくる。総合大学のように授業を選んだりはあまりできない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の種類はほかの薬学部とさほど大差はないとおもう。自分の希望の研究室を選べる。(成績順)研究室によってはとても大変だったりする。
    • 就職・進学
      研究室によって違うが、企業に強い先生や病院に強い先生などがいるので頼れる。選ばなければ就職はできる。
    • アクセス・立地
      田舎なのでまわりに何もない。電車通学の場合は、最寄駅からバスで40分とアクセスも悪いため、みんな免許をとって自動車で通っている。
    • 施設・設備
      別の場所に新しいキャンパスができ、そこに4~6年生は移れるが、それまではとても小さいキャンパスの中で過ごす。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないため、人間関係が濃いとおもう。学内カップルも多い。ただし、新しい出会い、というのはなかなかない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になうための、薬の知識、薬物の合成、病気の知識など。
    入試について
    • 学科志望動機
      親の影響で薬剤師に興味があり、なりたかったため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台、研伸館
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解いた。推薦だったため、面接の練習も行った。
    投稿者ID:116867
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      意識の高い大学です。資格系の大学なので他の大学より自由度は低いですが、そのぶん密度の濃い勉強や良い資格取得ができます。植物や化学の好きな人におすすめです。
    • 講義・授業
      科目によって密度はまちまちですが、専門科目はもちろんのこと、一般教養科目でも薬学関連の指導内容になっているので、薬学を学ぶ上では効率がよく、とっかかりも多いので理解がしやすいです。必修科目が多く、履修のことで殆ど迷わないのがこの大学の特徴です。殆どの曜日で1限始まりなので、朝方生活をキープしたい方には特におすすめです。
    • アクセス・立地
      駅から30?40分と遠いですが、通えない距離ではありません。近くに繁華街、娯楽施設が少ないので静かに勉強したい方には好条件です。空気が澄んでいて景色も夜空も綺麗なので、実習の疲れも吹き飛びます(笑)
    • 施設・設備
      昭和の香り、伝統の風格を湛えている校舎と、最近新しく建てたぴかぴかの校舎がある大学です。実験設備は両方ともそれなりに新しく、必要な理論・手技を修得するのに十分です。定食や調理品が出てくる学食は数年前になくなってしまいましたが、売店や自販機が充実しているので、すぐにお気に入りの一品が見つかりますよ。
    • 友人・恋愛
      顔を合わせる機会が多く、人数も少ないので、すぐに顔見知りになります。人間関係のひとつひとつが濃いのが特徴です。男女比も約1:1と平和なため、恋愛もそれなりに。
    • 部活・サークル
      基本的に自主性が高く、部活の方針もほとんど学生で決めています。ハイレベルな部活から初心者にやさしい部活まで、運動系・文化系問わずさまざまな部活があります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師国家試験取得に向けた学習にプラスして、ワンランク上の実務系・実験系・臨床系知識を得ることができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      中期日程で受験しやすかったのと、自宅から通えることが大きかった。教育内容のレベルも高く、資格取得ができるのも志望動機のひとつとなった。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      基礎事項はセンター前にほぼ終わっていたため、一週間前から赤本を解きはじめた。
    投稿者ID:86207
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015年02月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学だけに特化しているので専門性が高く、薬剤師の資格を取りたい人にはとてもいい大学だと思います。国家試験対策や実務実習前講義などもしっかりしてくれるので安心できます。
    • 講義・授業
      ほとんどの先生が薬剤師の資格を持っているか薬学部卒なので、臨床的な意見をふくめた専門性の高い講義が受けられます。
    • アクセス・立地
      JRの駅から遠く、バスで片道30分ほどかかります。またそのバスも運行本数が限られており、遠方からの通学は不便です。
    • 施設・設備
      校舎が2か所に分かれており、新設された棟は非常にきれいで整えられた施設なのですが、昔からある方はかなり古く、現在では講義専用となっています。
    • 友人・恋愛
      近くにほかの大学があまりないので、学校内での恋愛が豊富です。上下、横のつながりもよく、狭いコミュニティの中でみんな仲良くやっています。
    • 部活・サークル
      部活動はわりと盛んで、大抵の学生が何かの部活動に入部しています。外部の大学と関わる大きな大会への参加も積極的に行っています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学について臨床を含めた専門性の高い知識を得られます。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師の資格をとるのによい教育環境だと思ったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本をつかい、この大学の問題傾向をつかんだ。
    投稿者ID:85176
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2009年入学
    2014年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      単科大学だけあって、将来に関しては似たように目標や志をもった人が多いです。他の学部に比べると授業数が多く自由に使える時間は少ないかもしれませんが、ほとんどの学生が何かしらの部活(学生数が少ないのでサークルはないです)に所属し、バイトもしています。最初は6年間が長いように感じるかもしれないですが、意外とあっという間に過ぎてしまいます。
    • 講義・授業
      1回生のうちから専門科目の講義があったり、病院や薬局への見学に行ったりするので早い時期から薬学を学べます。授業のほとんどは必修科目で選択科目は少ないです。
    • 研究室・ゼミ
      薬学科でも4回生のうちから研究室に所属して卒論に向けての実験、研究を行います。研究室によっては隣接している岐阜大学医学部とまた、PMDA(医薬品医療機器総合機構)との連携大学院を設置してあります。
    • 就職・進学
      病院や薬局、企業、行政など就職先は意外と幅広く、卒業後は地元へ戻る先輩方も多いです。岐阜薬科大学としての仲間意識が強いので就職先にOBがいると何かと有利なことがあるらしいです。ただ、他の大学に比べると大学として就職をバックアップするという印象はあまりなく、必要に応じて就職希望先にツテがありそうな先生のところへ相談に行くという感じです。
    • アクセス・立地
      あまり頻繁に行き来するわけではないですが、車がないと本部と三田洞キャンパスへの行き来はしづらいです。岐阜駅からは本部、三田洞ともにバスで30分程度かかるので、交通のアクセスがいいとは言い切れないと思います。言ってしまえば、そこそこ田舎なのですぐ近くで遊べる場所はあまりないですが、その分落ち着いて勉強できるかなとは思います。
    • 施設・設備
      学生の人数が少ないため、岐阜薬科大学としての生協や学食はなく岐阜大学の生協に加入することになります。岐阜大学の医学部が4回生から通う本部校舎とつながっているので本部からは岐阜大学へ楽に行くことができます。ただ、1~3回生が三田洞校舎は車で30分くらい離れたところにあるので3回生までは学食や生協はほぼないと思っておいたほうがいいかもしれないです。
    • 友人・恋愛
      基本的に真面目で行事も勉強もやるときはやる学生が多いです。学部が一つしかなく1学年100~140人程度しかいないので多くの出会いがあるわけではないですが、その分学年皆顔見知りで仲間意識は強いと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      臨床や研究において薬剤師として必要な知識を学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      4年制の薬科学科だと薬剤師国家試験が受けられない、国家試験が受けられる6年制の薬学科にした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      高校3年から河合塾に行ってました
    • どのような入試対策をしていたか
      ひたすら過去問を解いて、わからないところがあれば学校や予備校の先生に質問して勉強してた。
    投稿者ID:64039
    この口コミは参考になりましたか?
11件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

岐阜県で評判が良い大学

岐阜県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

岐阜薬科大学の学部

薬学部
偏差値:60 - 63
★★★★☆ 3.64 (11件)

オススメの大学

国際教養大学
国際教養大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.06 (33件)
秋田県/公立
福島県立医科大学
福島県立医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.86 (22件)
福島県/公立
茨城県立医療大学
茨城県立医療大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 4.26 (23件)
茨城県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。