みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

岐阜薬科大学
出典:Monami
岐阜薬科大学
(ぎふやっかだいがく)

公立岐阜県/名鉄岐阜駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5

口コミ:★★★★☆

3.87

(55)

岐阜薬科大学 口コミ

★★★★☆ 3.87
(55) 公立内60 / 93校中
学部絞込
551-10件を表示
  • 男性在校生
    在校生 / 2019年度入学
    2019年12月投稿
    認証済み
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      地元が好きで、地元で薬剤師になりたいという人なら来てもいいと思いますが、製薬企業に入りたいのならあと一浪してでも研究室が充実している旧帝大などにいくべきです。また、都会の大学生活に憧れていたけれど学力が足りず、ここでいっかな...って人は絶対に来ない方がいいです。医学部に落ちて仮面浪人する人は仲間が沢山できると思うのでいいかもしれません。
    • 講義・授業
      悪い
      何言ってるのか分からないおじいちゃん教授や、テストの点数を出鱈目につけてた英語の先生がいました。
    • 就職・進学
      普通
      薬剤師もしくは製薬企業に就く人が多いです。所属する研究室によって就職先は大きく変わってくるそうです。
    • アクセス・立地
      悪い
      1回生から3回生までの三田洞キャンパスの周りには何もありません。自然が好きな人にはよいかもしれません。
    • 施設・設備
      悪い
      1回生から3回生までの三田洞キャンパスは施設全てがボロくて狭いです。本部キャンパスは綺麗で大学っぽさを感じます。
    • 友人・恋愛
      悪い
      単科大学なので、コミュニティはかなり狭くなります。同じ面子で6年間やっていくので、合う人がいないと悲惨です。サークルが存在せず、部活しかないので正直面白くありません。
    • 学生生活
      悪い
      薬大祭というものがありますが、僕の高校の文化祭よりもしょぼかったです。サークルはありません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年前期は教養課目と薬局見学があり、後期から専門課目と実習が始まります。3年後期に研究室に配属され4年から本部キャンパスの方になります。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      医学部に落ち、医療系である薬学部でも良いかと思い入った。考えが甘かった。
    この口コミは参考になりましたか?

    27人中21人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:600678
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      悪い大学ではないが、一般的なイメージの大学とはかけ離れている。設備や立地、講義内容などを考えるとすごくいいとは言えない
    • 講義・授業
      普通
      外部講師を招くことも多くいろいろと勉強になることが多い。講義内容は先生によりけりという感じで全体としては普通としか言えない
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の先生にすごく良くして頂いているから。
    • 就職・進学
      良い
      薬学部という都合上、就職はそもそも大変ではないことが多い。大学が何かしなくても就職はできる
    • 施設・設備
      悪い
      マイクロピペッターが足りずに班をグループ分けして実習を行ったことがあった。お金が無い
    • 友人・恋愛
      良い
      学内で付き合っている人が多い。単科大学なので横のつながりは異様に作りやすい
    • 学生生活
      良い
      サークルはないが部活動があり、研究室ごとに対抗するイベントもよく開かれている
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬の勉強です。衛生なども学びます。それ以上でも以下でもない。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      就職難なので、少しでも手に職が付けられるようになりたいと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569678
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年度入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      授業の内容は先生によってまちまちだが、全体的に充実してると思う。小さい学校なので縦と横のつながりが深く、たくさんの人と仲良くなれる。
    • 講義・授業
      悪い
      しっかり基本から教えてくれる先生と、基本をすっ飛ばして分かってる前提で話を進めてくる先生両方がいる。
      また外部から製薬企業の人などの特別講義のようなものもあり、薬学を深く学べる。
    • アクセス・立地
      悪い
      アクセスははっきり言ってかなり悪い。岐阜の山奥にある(三田洞キャンパス)ので、周りには商業施設はおろかコンビニも遠い。
      バスも20分に一本程度しかないのでほんとうに行きづらい。車がないと不便な場所に立地している。
    • 施設・設備
      悪い
      三田洞キャンパスは建物が非常に古く、中学校かというほど小さい。本部キャンパスは新しく、三田洞に比べるとかなり綺麗。
    • 学生生活
      普通
      サークルはないが、部活は結構いろいろな選択肢があり、充実していると思う。大抵の人は兼部しており、いろいろなジャンルのことを楽しんでいる。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:469691
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学生生活全体を振り返るとアカデミックなレベルは高かったと思う。研究をしたい人にとっては学びがいのある大学だと思う。授業以外に関しては、単科大学ということ、立地も不便な場所にあることもあり課外生活は物足りなかった。
    • 講義・授業
      普通
      講義、授業の内容についてはあまり面白く感じなかった印象です。教授や講師の先生についてはそれほど印象に残っていないです。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      ゼミが始まる時間は9時でちょうど良かった。選び方については成績上位、中位、下位からまんべんなく入るように調整されていた。
    • 就職・進学
      悪い
      就職実績は良いと思う。就職活動のサポートはあまりなかった。自分の就職活動は権力のある先生に相談して紹介してもらった。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は岐阜駅で、駅から大学までバスで40分かかった。学校の周りは田んぼと民家と高校くらいしかなかった。
    • 施設・設備
      悪い
      キャンパスについては、隣の高校より敷地が狭くキャンパスと思ったことはない。教室も古かった。図書館は小さいがきれいだった。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学内の友人関係についてはあまり良くなかった。サークルはなく部活に入ってつながりを作る感じだった。学内の恋愛関係については狭い人間関係の中学内の中で交際している人が多かった。
    • 学生生活
      悪い
      サークルに憧れていたが、サークルはなく、部活しかなかった。大学のイベントで思い浮かぶのは学祭であるが、ほとんど参加しなかった。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど教養科目で数学、英語、ドイツ語、哲学などがあります。ほとんどが必修科目です。4年次は研究室に所属して、実験と論文作成と卒業試験、国試勉強でたいへんです。
    • 利用した入試形式
      治験施設支援機関
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:411513
  • 女性在校生
    在校生 / 2011年度入学
    2014年11月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      薬に興味がある人にとっては実習など充実しているのでよい大学だと思います。ただ、単科大学なのでコミュニティを広げにくいです。また、ここは試験が中期日程の大学であり、他学部志望で落ちた人が多いため、薬に興味を持って入る人は多くない印象をうけます。
    • 講義・授業
      良い
      授業はほぼ必修なため、他の大学のように授業を選ぶ場面はほとんどありません。2年からは専門的な科目が入ってくるため知識が増え薬学に興味があれば楽しいと思います。また、実習など様々な実験を行うので薬学に関して興味をもてるかと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      色んな研究室がある。成績順に希望した研究室に行けるため、1年からコツコツよい成績をとっていた方がよい。
    • 就職・進学
      良い
      大手企業のOBの講演などがあるので就職に関する意識が向上します。様々な大手企業への就職実績があります。
    • アクセス・立地
      悪い
      岐阜駅からだいたい30分で着きます。バスの交通の便がよくないです。学校の周りは山に囲まれており、飲食店は少ないです。車がないと不便でバイトに行くのも不便です。
    • 施設・設備
      悪い
      校舎は狭く古いです。正直隣にある高校の方が綺麗なレベルです。学食もありません。小さな売店はありますが品揃えはよくなく、図書室も休日は使えません。ただ、4年から別の新しい校舎にうつれます。そこは新しくキレイです。1~3年は校舎に不便を感じることばかりだと思います。
    • 友人・恋愛
      普通
      単科大学なのでコミュニティが広がりにくいですが、狭いので逆に仲が深まります。入試が中期日程のためか、様々な年齢の人がいます。そのため、浪人してはいっても普通に馴染めます。恋愛に関してはカップルは多いです。3年までに半分ぐらいは付き合ってる感じがします。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬についての基礎知識から深い内容まで学べます。実習など実験を通して知識を増やせます。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      中期日程なので学校を選びやすかったため。単科大学なので薬に関してじっくり学べると思ったから。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾名古屋
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を多くといた。特に化学は基礎をしっかり解いた。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:63582
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2019年11月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      単科大学なので、学生同士のつながりが強く、協力して進級できる環境にあると思います。周りにあまり娯楽がないので、勉強に打ち込むには最適だと思います。研究室は、自身の興味とワークライフバランスにあわせて選択できます。就職活動についてのサポートはあまりないので、研究室のコネや先輩からの情報が重要となってきます。
    • 講義・授業
      普通
      教授らによる講義なので、専門分野については深いところまで教えていただけます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      様々な分野に特化した研究室があり、内容、忙しさなど自分にあった所を選べると思います。配属は3回生後期からで、それまでにいくつか見学に行くとよいです。成績がよいと希望する所へ入りやすいです。
    • 就職・進学
      普通
      個々人で動いて先輩からの情報を得たりしています。薬局、ドラッグストアが人気があります。少数ですが、企業に就職する人もいます。病院は大学病院に就職する人が多いです。サポートはあまり十分ではありません。
    • アクセス・立地
      悪い
      校舎が2つに分かれているので不便です。4回生で引っ越しする人がほとんどです。下宿生はまだましですが、駅から通うには不便だと思います。周辺は田舎で、治安もまずまずです。
    • 施設・設備
      悪い
      古い校舎は老朽化が目立ちますが、広々としています。新しい校舎は少し狭いですが、岐大に近いので生協に立ち寄りやすいです。新しい校舎の食堂は岐大と共用です。
    • 友人・恋愛
      普通
      単科大学なので、学年全員と知り合える環境にあり、関係も密になりやすいです。恋愛関係も充実してる方だと思いますが、噂などはすぐに広まります。
    • 学生生活
      悪い
      人数が少なく、限られた部活しかないので人によると思います。雰囲気が自分に合う部活を見つけられるかが重要です。入部すると、縦のつながりが作りやすいというメリットはあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      3回生までは教養と専門科目の講義が中心で、実験の実習があります。3回生後期から研究室に配属され、週2回程研究室に行きます。4回生からは毎日研究をしつつ、CBT、OSCE対策があり、5回生は実務実習があります。6回生は卒業試験、卒業論文発表、国家試験対策があります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      幼い頃から薬を服用してきたため、薬に対しての興味があり、知識を得たいと思った。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:573547
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2013年度入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      岐薬出身の先生方が多いのでとてもアットホームです。全国から学生が集まり、市街地から離れたところに大学がある為、下宿生が多いです。縦のつながり、横のつながりが強いです。部活動が盛んで、総合大学の様なサークルはありません。
      単科大学なので、深い付き合いになります。
    • 講義・授業
      普通
      先生方は質問もしやすく、メールもすぐに返信が来ます。
      親身に相談にのってもらえます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      3回生までの成績順かつ希望順で4回生から配属されます。
      研究室により、ルールなど異なるので、見学に行くと良いです。
    • 就職・進学
      普通
      単科大学のため、生協もなく、就職サポートはありませんが、先輩が有志でセミナーを開いてくれて、就職活動の話をしてくれます。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から遠いです。岐阜駅から三田洞キャンパス、本校舎ともにバスで40分かかります。
    • 施設・設備
      普通
      グラウンド、体育館は三田洞にしかありませんが、実験器具は本校舎に揃っていると思います。
    • 友人・恋愛
      普通
      単科大学なので、友達とは遊びも勉強もいつも一緒です。一生の友達ができると思います。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      大学病院
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:347458
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年04月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      キャンパスは2つありますが、3年生までは薬学科、薬科学科ともに三田洞キャンパスで座学を中心に講義を受けます。講義室は学年毎に決まっており、そこに教授が入れ替わっていくスタイルで講義が行われます。基本的に講義間に移動がないので楽です。
      試験は講義に出席し、コツコツ勉強すれば基本的には通ります。試験日程は8日間なので、各科目のペース配分も大切にしなければならないので、テスト直前だけ勉強して通すことはやや難しいといえます。暗記が苦手な人には少し辛いかもしれません。本試験で通らなくても無料で再試験を受けることができるので、比較的進級しやすいのではないかと思います。
      食堂には弁当やお菓子、文房具を販売している小さな売店があるのみなので、各自で弁当を持参する学生が多いです。
      三田洞キャンパスの周辺は田舎ですが、少し行けばスーパーやドラッグストアはあるので自転車があれば生活はできます。車があればなおよいです。ただし、学校の駐車場は有料です。
      4年生からは校舎が変わり、同時に研究室に配属されます。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:326303
  • 女性在校生
    在校生 / 2011年度入学
    2015年06月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      薬剤師になりたい人や、企業で働きたい人、どちらの夢をもっている人でも在学中に自分のビジョンを考えることのできる環境です。
    • 講義・授業
      普通
      授業はほとんどが専門で必修の科目なため、科目を選ぶということはありませんが、その分みなと同じ授業を受けるので、他大学にはない繋がりができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究機関として一流の設備が整っていると思います。本気で研究に取り組めば、一流企業の研究職にも就職ができる可能性があります。
    • 就職・進学
      良い
      さまざまな製薬大手企業への就職実績があります。研究室や部活の繋がりを大事にすれば、先輩の助けを得られ、非常に安心です。
    • アクセス・立地
      悪い
      岐阜駅からバスが出ていますが、本数が非常に少なく、アクセスが悪いです。しかし、ほとんどの人が大学近くに下宿するため勉強するには静かでとてもよい環境です。
    • 施設・設備
      普通
      本部校舎は5年ほど前に新築されました。その際に実験設備なども当たらしくしたようなので、比較的新しい設備や環境で勉強することができます。
    • 友人・恋愛
      良い
      一学年の人数が少ないため、恋愛には注意が必要です。一度失敗したら、大学内ではもう諦めたほうがよいでしょう。
      しかし、友人を作るには最適な環境です。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬学について基礎から応用まで勉強します。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      前期後期試験で不合格となり、滑り止めでうけた中期試験で合格したため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台予備学校
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験対策を主に行った。二次試験対策はセンター後から始めた。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:119892
  • 女性卒業生
    卒業生 / 2012年度入学
    2018年10月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    この口コミは投稿者が卒業して5年以上経過している情報のため、現在の学校の状況とは異なる可能性があります。
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      資格取得できるのはよいが、研究室によって、学生生活の充実度、進路が変わってしまうことがあるから。学生生活は、サークル活動が充実していて、そこでの同期、先輩後輩との関係が、学生生活の大半を占めるので、そこはとても良い。
    • 講義・授業
      普通
      実務経験のある教員がこうぎをしてくれるが、知識が古いことも多いため、現場で働きながら学生に教育をして欲しかった。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      研究室によって、多忙な所と学生を放置する所があり、しかも自由に研究室を選ぶことができなかったため、大変だった。
    • 就職・進学
      普通
      資格取得できるため、病院、薬局、ドラッグストアーなどへの就職実績はよいが、企業への就職が少し弱い気がする。
    • アクセス・立地
      悪い
      路線バスの本数が少なく、交通の便はとてもわるい。ただし、全くないわけではないから。
    • 施設・設備
      悪い
      3年生までのキャンパスはグランドが広いため、サークル活動の面では良いが、建物が古かった。
    • 友人・恋愛
      良い
      1学年が150人程度の比較的小規模な大学のため、学年全員ほぼみんな顔見知りのため、仲良くなりやすい
    • 学生生活
      良い
      大学生活の大半はサークルの仲間と過ごしていたので、そのくらいサークル活動が充実していた。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬に関わる全てのこと。物理、化学、生物、薬理、病態などや、薬に関わる制度など。薬そのもののこと、どのように効果が発揮されるのか、どのような疾患に使うかなど。
    • 就職先・進学先
      地方の3次救急病院
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:491916
551-10件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
電話番号 058-230-8100
学部 薬学部

この大学のコンテンツ一覧

岐阜薬科大学学部一覧

このページの口コミについて

このページでは、岐阜薬科大学の口コミを表示しています。
岐阜薬科大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

偏差値が近い国公立医学系大学

富山大学

富山大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.84 (667件)
富山県富山市/富山地鉄市内線【1・2系統】 富山大学前
岐阜大学

岐阜大学

45.0 - 62.5

★★★★☆ 3.96 (642件)
岐阜県岐阜市/名鉄名古屋本線 名鉄岐阜
滋賀医科大学

滋賀医科大学

62.5

★★★★☆ 3.89 (63件)
滋賀県大津市/琵琶湖線 瀬田
和歌山県立医科大学

和歌山県立医科大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 4.00 (69件)
和歌山県和歌山市/きのくに線 紀三井寺
鳥取大学

鳥取大学

40.0 - 62.5

★★★★☆ 3.86 (414件)
鳥取県鳥取市/JR山陰本線(豊岡~米子) 鳥取大学前

岐阜薬科大学の学部

薬学部
偏差値:62.5
★★★★☆ 3.87 (55件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。