みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  聖心女子大学   >>  口コミ

聖心女子大学
(せいしんじょしだいがく)

東京都 / 私立

口コミ
私立大

TOP10

※外部サイト(マイナビ進学)に移動します

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0

口コミ:

4.40

(63)

聖心女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.40
(63) 私立内4 / 566校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.21
  • 研究室・ゼミ
    3.94
  • 就職・進学
    4.49
  • アクセス・立地
    4.65
  • 施設・設備
    3.40
  • 友人・恋愛
    3.92
  • 学生生活
    3.62
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

63件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 英語英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      様々な物事を多角的に学べます。必修授業も多く、先生の目が行き届いているので、まじめに授業を受けるようになり、将来役立つと思います。
    • 講義・授業
      はい。総合大学に比べて少人数なので、先生の目が行き届いています。また、出欠確認も割と厳しいのできちんと授業に出る習慣が身につきます。先生との距離も近いため、先生が生徒の顔と名前を一致させることもよくあります。
    • 研究室・ゼミ
      少ないです。全体の生徒数も少ないから仕方ないですが、総合大学に比べるとかなり少なく感じます。
    • 就職・進学
      はい。卒業生の講演や、OG訪問などもあります。
      学校を通したインターンシップや就職センターの手厚いフォローもあります。
    • アクセス・立地
      はい。最寄り駅は日比谷線の広尾にあるので、交通の弁もよく駅からも近いのがいいです。また、広尾はおしゃれな街なので昼休みや空きコマにランチをしたりカフェに行くのが楽しいです。
      しかし、大学は坂の上にあるので雨の日は足元が悪いのが欠点です。
    • 施設・設備
      古いです。最近新しい校舎ができたので、そちらは綺麗ですが、古い校舎は廊下を歩くだけでもミシミシいいます。
      また、教室の広さに対してスライドが小さかったり冷暖房が壊れていたりすることもあり、少し不便さを感じます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      はい。女子大なので、恋愛はありませんが、インカレサークルや合コンに顔を出す人もまちまちおり、学外で恋愛を楽しんでいる人は一定数います。友人関係は少人数の大学ならではで、濃いと思います。学科が同じ友達とは一緒にいる時間が長いため、より仲良くなれます
    • 学生生活
      そこそそです。部活の数は少ないため、学内の部活やサークルに入る人よりも外部のインカレサークルに入る人の方が多い気がします。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      社会学、統計学
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      大手メーカー
    投稿者ID:387420
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 英語英文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      英語で勉強をしたい学生にはとてもいい環境だと思います。授業は基本的に英語で行い、プレゼンテーションの機会も多いので自発的に英語を発する練習にもなります。英語学、メディア、英文学から選べ関心のある講座が必ずあるはずです。また自分の学科だけではなく他学科の授業を受けることも可能です。英語を使っている国など違う視点から教養を養うこともできます。映画を見たり、本を読んだりと高校の時とは違って黒板に書いてあることをノートに移すのではなく、自分で調べてプレゼンテーションを行うことが主です。また、高校と違い専門的なことをまなべます。間違いを恐れる必要は全くなく文法に正確にならず思っていることが伝わればいいと思います。英文科はその名の通り英語を使って英語の作品に触れます。正直言うと嫌でも英語に触れなければならないので確実に表現力は伸びます。その為、卒業の頃には間違いに恐れず積極的に英語で会話することができます。
    投稿者ID:387045
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 国際交流学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      古風な雰囲気ではあるものの、落ち着いて勉学に励みたいと考えている学生にはとてもぴったりだと思います。同じ敷地内にインターナショナルスクールがあるため、学食などで英語が飛び交っていて国際的な雰囲気も味わえます。生徒数が少ないため、同じ学科の生徒と繋がりを持ちやすいため友達も出来やすいのではないでしょうか。広尾という立地のため、大学の周辺にはオシャレなカフェやレストランが多数あります。また、大学周辺はとても治安が良いため、地方から出て勉強をしたいと思っている学生にとっては御両親を安心させることにもなるのではないでしょうか。いまどきのキラキラした大学、というよりは歴史を慮る大学ですので生徒も比較的落ち着いた学生が多いです。先生や、それぞれのセンターの方々もとても良い対応をしてくださり、一人一人のことを理解して親身になってくださる方ばかりです。また、制服があるため自分がこの大学の一員になったという自覚も持つことができます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      家事手伝い
    投稿者ID:386341
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      女子大と言うこともあり、教員が親身になって対応してくれるため、学習がしやすい環境にある。また、就職面においても女子向けの求人があり、事務職などをしたい人はかなり有利になる。
    • 講義・授業
      学科にもよるが講師の先生は温厚人が多く、女子しかいないため野次などが入ったりせず穏やかに授業を受けることが出来る。単位や課題についても多すぎたり少なすぎたりする事もなく、真面目にやっていれば特に困る事はない。
    • 研究室・ゼミ
      自分の好きなことを選択して学ぶことが出来る。講師の先生によって課題の多さや大変さも変わってくるが、どの先生も面倒見がよく、相談しやすい環境である。
    • 就職・進学
      女子大であるために、女子向けの求人が多くあり、面倒見も非常によい。その為同じ偏差値であっても共学と比較して就職率が高い傾向にある。
    • アクセス・立地
      私の住んでいる地域からは乗り換えをしなければならない為行き辛く、多少面倒に感じてしまう。しかし、都心なので大抵の場合へ行ける為周辺環境は良い。
    • 施設・設備
      他の大学と比べた事はないが、図書館に所蔵されていると本の数は少なく感じる。研究を行う際、もっとあれば便利だと思う事は何度かある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大であるため学校内で恋愛をする事はないが、友達関係は充実している。いろんなタイプの女性がいるので付き合っていて楽しく充実している。
    • 学生生活
      女子大であるため、学内のサークルはあまり充実しておらず大抵の人は他大学との合同サークルに参加している。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      講師の先生は温厚な人が多く穏やかな環境で授業を受けることができる。また、質問などがあった場合にはそれぞれの先生が親身になって教えてくれるため理解力が深まり、学習意欲が湧いてくる。
    投稿者ID:409334
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 日本語日本文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業、先生がおもしろい。比較的自由にカリキュラムが組める。日本文学(現代文学、古典文学)と日本語学の両方の授業を履修できる。必修が少ない。全体的に施設が古い。
    • 講義・授業
      数多くの種類の授業がある。おもしろい授業、先生が多い。真面目に取り組む生徒が多く、授業中の雰囲気が良い。自由に履修が組める。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは抽選で選ぶ。比較的自分の希望のゼミに入れる。ゼミ生同士は仲が良く、雰囲気も良い。演習の内容も充実している。
    • 就職・進学
      キャリアセンターがあり、いつでも相談に行ける。たくさんの資料が置いてあり、いつでも閲覧可能。さまざまな説明会がある。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は日比谷線広尾駅。駅から大学までは5分程度。学校の周りは飲食店が多くある。外国人が多く住んでいる。
    • 施設・設備
      キャンパスは広くないので、移動は楽。新しくできた校舎もあるが、全体的に施設が古い。レクリエーションルームにコンセントがたくさんある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は良好。大きなキャンパスではないので、同じ授業を取る確率が高く、友人が作りやすい。女子大なので恋人は学内ではできない。
    • 学生生活
      サークル、部活には所属していない。学内にもサークルはあるが、慶應や早稲田とのインカレサークルに入っている人が多い。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は学科を分けない。全員が基礎課程に属し、どの学科の授業も受けられる。2年次から学科が分かれる。1年次の成績による。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      決まっていない。
    投稿者ID:411448
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 英語英文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      英語英文科の専攻は英語学、英文学、メディアの3本柱で成り立っており、自分か専門としていない分野でも満遍なく学べる点はとても充実しています。また、研究室は3号館の5階にあり、他の学科と違いそのフロアを専有しているため、とてものびのびと勉強することができます。学内最大の学科で所属生徒数が多いため、他の学科と比べたら、学科生全体の質はピンキリがとても激しいです。さすがに致し方ないことではありますが、真面目に勉強したい人にとって、モチベーションが下がる場面に出くわすことがあるかと思うため、5段階中4をつけました。
    • 講義・授業
      学科の授業は、日本語だけでなく全て英語で行われている授業も多くあります。最初は戸惑うかと思いますが、とても個性的で、大学ならではの授業が多いので、きっと面白く感じられるかと思います。しかし、卒業までに英語でシラバスを書かれている授業を28単位以上取らなくてはならない、とい条件があるため、計画的に履修を組まないと、後半が辛くなるかと思います。ゼミは3年から始まり、所属ゼミによりますが、比較的卒論に取り組みやすい環境にあります。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは2年次後期に、志望理由書を提出した上で、3年次から始まります。私は英語学のゼミに所属しており、ゼミ内では統語論に関する授業が行われています。しかし、卒論に関しては、英語学という範囲内であれば、取り組むことが可能であるため、かなり自由度が高い、研究したいことがやりやすいゼミだと思います。ゼミ生の数は、他のゼミに比べると少ないですが、だからこそ和気あいあいと楽しくやれています。
    • 就職・進学
      女子大ということもあり、就職・進学のサポートは万全です。特に就活に関しては、3年後期になったらほぼ毎週何かしらの講座があったり、女性ならではのメイク講座などもあったり、とても充実しています。また、キャリアセンターでカウンセリングを受けることができ、カウンセラーの先生も、自分の志望先に合った方を選ぶことができます。それ以外にも、開室時間内は常駐している先生方にいつでも志望理由書等を見ていただけるので、とても頼りになります。
    • アクセス・立地
      日比谷線・広尾駅と聞くと、少し不便に感じるかと思いますが、渋谷からバスで通学する生徒も多く、また隣の恵比寿駅からJR線を使うこともできます。駅から徒歩五分圏内に学校があり、またその間に商店街があるので、とても充実しています。コンビニだけでなく、おしゃれなデリやカフェが多くあるので、お昼ご飯は外で食べる生徒も多いです。
    • 施設・設備
      キャンパスは広すぎないのが良い点ですが、全体的に閉まるのが早すぎる気がします。図書館も遅くて20:00(テスト前は21:00)までしか空いていないため、5限の後にゆっくりと勉強したり資料を探したりできないのがとても不便に感じます。また、食堂も昼休み前後以外は基本閉まって閑散としているため、少し残念に思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人による話ではあるので、一概には言えませんが、オープンな人が多く、友人も出来やすい環境かと思います。また、東大や慶応などとのインカレサークルも多いため、恋人がいる人もいます。(もしかしたら大多数かもしれません。)
    • 学生生活
      可もなく不可もなくといったところだと思います。勉強に関してはあまり不満は感じられないですが、設備や全体のシステム、事務との関係性などで何度か困ったことがあるので、それなりかと思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      2年次で、「英語学概論」と「英文学概論」が必修科目にあるため、専攻選びの役に立つと思います。その他、2年次に「英作文」「リーディング」3年次に「英作文」が必修となっています。選択必修科目として、2年次に「基礎研究」というものがあり、前期後期それぞれ1科目は最低取らなくてはなりません。こちらも興味のあるものの中から選べるので、比較的自由で、ゼミ選びの役にも立つかと思います。卒論は他学科と違い、英語で書かなくてはいけませんが、先生方もサポートして下さるので安心です。卒業までに、英語でシラバスを書かれている授業を28単位取らなくてはいけないのが、若干ネックになるかと思いますが、計画的に履修すれば後半とても楽だと思います。
    投稿者ID:414380
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 国際交流学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      リベラルアーツの学校ですので、自分が興味がある分野の授業に自由に参加することができるので、幅広く吸収することができます。また、自由な校風ですので、4年間充実して過ごすことができました。
    • 講義・授業
      先生と生徒の距離が近く、また学生の人数も少ないので比較的指導が行き届いているように感じています。またリベラルアーツですので、自分の所属学科以外の興味のある授業も取れるので、大変有意義でした。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生になってから入ります。卒論は提出が卒業要件になっているので必須ですが、先生がしっかりと指導してくださいますので、基本的に落として卒業できない生徒はいません。
    • 就職・進学
      就職については、キャリアセンターが率先してセミナーを開いてくださったり、個別にエントリーシートを添削してもらったり、相談やアドバイスをくれる機会・システムが設けられていたので安心して取り組むことができました。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は広尾で、駅から大学までも近く、またその道の途中にも商店街があるので、とても便利でした。広尾という土地がら、飲食店の価格も高いのでは?という印象を持たれることが多かったですが、良心的な値段でまた色々なジャンルのお店が多かったので、いつも友人たちとランチやお茶をしていました。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さいものの、緑が多く、自然豊かなのも良い点だと思います。設備についても学生研究室があったりと作業スペースも多かったため過ごしやすかったです。しかし、図書館の蔵書についてはあまり数が多くなく、結局国会図書館などに足を運ぶ必要がある場面が多々ありました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋人については女子大学なので大学内では望めません。友人関係についてはみな良好で、みな活気あるれる子の方が多かったように思います。
    • 学生生活
      学内サークルは運動系から文化系まであり、特に文化系のサークルはパレスと呼ばれる重要文化財?の中で活動を行うことができます。学外の活動では私はアルバイトもしつつ、サークルに所属していましたが、授業とあわせ、どれもバランスよく活動することができる環境にあると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では3年生まで英語と第2外国語が必修になっています。その他3年4年はゼミに必ず入り、自分のテーマを見つけて卒論の執筆を行います。テーマもわりと自由なので、自分の興味のあることについてとことん研究することができます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      法律事務所秘書
    投稿者ID:407939
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 国際交流学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      リベラルアーツの学校ですので、自分が興味がある分野の授業に自由に参加することができるので、幅広く吸収することができます。また、自由にのびのびと過ごせる校風ですので、4年間を充実して過ごすことができました。
    • 講義・授業
      先生と生徒の距離が近く、また学生の人数も少ないので比較的指導が行き届いているように感じています。またリベラルアーツですので、自分の所属学科以外の興味のある授業も取れるので、大変有意義でした。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生になってから入ります。卒論は提出が卒業要件になっているので必須ですが、先生がしっかりと指導してくださいますので、基本的に落として卒業できない生徒はいません。
    • 就職・進学
      就職については、キャリアセンターが率先してセミナーを開いてくださったり、個別にエントリーシートを添削してもらったり、相談やアドバイスをくれる機会・システムが設けられていたので安心して取り組むことができました。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は広尾で、駅から大学までも近く、またその道の途中にも商店街があるので、とても便利でした。広尾という土地がら、飲食店の価格も高いのでは?という印象を持たれることが多かったですが、良心的な値段でまた色々なジャンルのお店が多かったので、いつも友人たちとランチやお茶をしていました。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さいものの、緑が多く、自然豊かなのも良い点だと思います。設備についても学生研究室があったりと作業スペースも多かったため過ごしやすかったです。しかし、図書館の蔵書についてはあまり数が多くなく、結局国会図書館などに足を運ぶ必要がある場面が多々ありました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋人については女子大学なので大学内では望めません。友人関係についてはみな良好で、みな活気あるれる子の方が多かったように思います。
    • 学生生活
      学内サークルは運動系から文化系まであり、特に文化系のサークルはパレスと呼ばれる重要文化財?の中で活動を行うことができます。学外の活動では私はアルバイトもしつつ、サークルに所属していましたが、授業とあわせ、どれもバランスよく活動することができる環境にあると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      学科では3年生まで英語と第2外国語が必修になっています。その他3年4年はゼミに必ず入り、自分のテーマを見つけて卒論の執筆を行います。テーマもわりと自由なので、自分の興味のあることについてとことん研究することができます。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      法律事務所秘書
    投稿者ID:410417
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 英語英文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      20単位以上は全て英語の授業を取らなければならないので、必然的に英語に触れる機会が多くなる。TOEICの点数が自然に上がった。卒業後は、金融や航空会社等、大手企業に就職する人が多い。私のゼミは、12人中7人以上がCA、グランドスタッフ等、航空会社に就職した。また、比較的ゼミ等は少人数制なので、学生同士仲良くなりやすい。そして、卒業論文は全て英語なので皆で協力し合い絆が生まれたと思う。授業以外では、サークル活動が活発で他校とのインカレサークルが多い。特に、東大や慶応のサークルが比較的多い。
    • 講義・授業
      単位については全て英語の授業を20単位以上取らなければならないので、必然的に英語に触れる機会が多くなる。TOEICの点数が自然に上がった。人数制限がある授業が多く、講師と生徒の距離が近い。授業によっては難易度が高く、課題が難しいものもあるが、力にはなると思う。卒業論文は全て英語。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年次に全員所属する。ゼミの説明会後、第三希望まで希望を提出する。人気のゼミばかり書くと、全て外れることもあるので、考えながら記入した方がよい。先生に名前を覚えててもらうと、入れることもあると言う(あくまで)噂。少人数なので、ゼミ生同士仲良くなった。ただゼミによって雰囲気が全然違う。英語によるプレゼンテーションが多い。就職もCA等の航空関係の子が多い。卒業論文は全て英語。
    • 就職・進学
      就職は大手企業の一般職で就職する人が多い。主に金融機関や航空関係等。学内の説明会も大手企業が説明に来る。また、内定者の先輩との交流も盛ん。OG訪問も盛んだと思う。
    • アクセス・立地
      最寄り駅から階段を上るが、わりと近いと思う。商店街や話題になるオシャレなカフェがある。高級住宅地なので、外国人や富裕層が多いので落ち着いている。芸能人等もたまに見かける。渋谷恵比寿まで歩いて行ける。
    • 施設・設備
      キャンパスは1つなので楽。東京タワーが見えるテラスがある。三号館までしかないので、移動も他の大学に比べると楽だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学式の時点で隣の席の子と仲良くなったり出来る。ただ、最初は内部生同士で固まっていて、仲間に入りずらいこともあるが、段々関係なくなってくる。サークルは学内のに所属すると先輩から情報を得られたり、友達が増える。インカレサークルが多く、そこで彼氏を作る子も多い。特に相手が東大や慶応が多い。
    • 学生生活
      サークルは国際協力、ボランティア系など学内ならではのサークルもあり、人生の経験として良いと思った。学園祭は1年生は、英語のクラスで販売するのが必須。アルバイトは学校経由で募集しているものは、歯科医師や政府関係のものなど、普通ではなかなか見つけられないものもある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、学科に所属せずに一般教養を学ぶ。英語クラスや一般教養クラス、第二外国語等クラス分けされるものが多い。2年次は、学科の授業が主。第二外国語も必須。3年次は、ゼミに所属する。4年次は、卒業論文に向けて進めていく。卒業論文は12月上旬に提出。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      金融機関の一般職。
    投稿者ID:413375
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 教育学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返るととても充実している。充実している点は授業を真剣に受けられる環境があるから。しっかり学びたい人には良い。卒業後は教職の資格を活かし教師になる人が多い。
    • 講義・授業
      内容はとても中身が濃く、充実している。先生はとても優しく丁寧。講義中は少人数で真面目に聞いている人が多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは3年。選び方は希望制で、希望が多かった場合、抽選。先生によって課題の大変さや、内容の濃さが違う。
    • 就職・進学
      就職実績はとてもよい。教職はもちろん、一般職も可能である。教務課の手厚いご指導もあり、とても安心できる。
    • アクセス・立地
      最寄駅は広尾。渋谷からバスも可能。学校の周りは飲食店も多く、ランチに出ることも可能。他にもスーパーなどあり。
    • 施設・設備
      キャンパスは新しいところと古いところの差が激しい。図書館は座席数も多く、ゆったりできる。バリアフリーがダメ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人は優しい人が多く、良好。部活に入らないとあまり友達はできない。恋人ができやすいのは他大のインカレ。
    • 学生生活
      サークルは他大のインカレ。大学のイベントは学祭のみ。アルバイトは塾講師。学外ではボランティアが盛ん。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は教養科目、自由に様々な学科の入門授業を受けられる。必修は英語、第二外国語、キリスト教学等。2年次より専門科目。
    投稿者ID:413584
    この口コミは参考になりましたか?
63件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  聖心女子大学   >>  口コミ

聖心女子大学の学部

文学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 4.40 (63件)

オススメの大学

女子栄養大学
女子栄養大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.14 (116件)
埼玉県/私立
東京歯科大学
東京歯科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.85 (13件)
東京都/私立
大和大学
大和大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.52 (25件)
大阪府/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。