みんなの大学情報TOP   >>  群馬県の大学   >>  群馬県立女子大学   >>  文学部   >>  口コミ

群馬県立女子大学
出典:運営管理者
群馬県立女子大学
(ぐんまけんりつじょしだいがく)

公立群馬県/新町駅

口コミ
公立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5

口コミ:★★★★☆

4.15

(94)

文学部 口コミ

★★★★☆ 4.18
(68) 公立大学 19 / 187学部中
学部絞込
681-10件を表示
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2020年01月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    文学部英米文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      アメリカやイギリスについてのことや英語そのものについて学びたいと思っている方には凄くいい学科だと思います。。
    • 講義・授業
      良い
      どの先生も親身になって話を聞いてくださいます。外国の先生ともお話ができるのが良い点だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      まだゼミが始まっていないのでゼミそのものについてはよく分かりませんが、先生方も皆優しいので自由に決められるとは思います。
    • 就職・進学
      良い
      学科によってまちまちではあります。
      英語を勉強したからといって英語関連の職業に就くという訳でもないと思います。
    • アクセス・立地
      悪い
      はっきり言って立地はそこまで良くないです。
      買い物ができる場所は近くにありますが、遊ぶとなると遠出しなければいけないですし、最寄り駅も遠めです。
    • 施設・設備
      悪い
      文学部の方がかなり古い、というよりは独特です。
      特に暖房冷房ともに定期的に故障しがちです。
    • 友人・恋愛
      良い
      女子大なので恋愛は他大学との関わりがない限り難しいと思います。
    • 学生生活
      良い
      サークルは活動も含め全体的にかなり充実しているのではないかと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次から、必修として幅広く英語やアメリカとイギリスについて学びます。他学科の授業も受けることが出来るので、学べることは幅広いと思います。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      センター試験の結果から絞ったところ、この大学の学科になりました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:606000
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2019年12月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    文学部国文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      文学、語学共にやりたいことをやらせてくれる印象です。教師陣も人生相談にまでのってくれてとてもありがたい。またやはり日本語教育ができるというのが一番の強みでしょうかね。
    • 講義・授業
      良い
      国文学科の先生は皆学問に対して熱心で、こちらの熱意にきちんと応えてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      語学系のゼミは少ないですが、日本語教育に力をいれているところはポイントでしょうか。東大などの出身の先生方もいらっしゃいます。
    • 就職・進学
      良い
      まだ就活はしていませんが、1年のときからキャリアに力を入れた講演会や授業が沢山あります。就職率も悪くはないかと。
    • アクセス・立地
      普通
      最寄りの新町駅は自転車で20分、そこから東京までは2時間ほどです。どちらも慣れればそうでもないですが都会から来る方からすれば不便でしょうか。
      買い物はコストコなどがある前橋南モール高崎駅ビル、けやきウォークなどの施設にいきます。どれもそこそこ遠いです。南モールは自転車で30分ほどなので友人と行けばすぐです。コストコはみんなでいくと楽しいですよ。
    • 施設・設備
      普通
      図書館の文献が少ないですし開館時間も遅くまでやっていないのでそこがマイナスです。格段に良いも悪いもありません。
    • 友人・恋愛
      良い
      わたしの学年の国文学科は皆仲良しなのでとても楽しいです。男がいないのでこちらから出向かない限り男絡みのトラブルがないのも魅力です。
    • 学生生活
      良い
      2つのサークルに入っているのでそれなりに活動があり適度に楽しんでいます。文化祭も毎年俳優さんが来ますよ。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      文学:日本のそれぞれの時代ごとの文学の歴史、専門的な内容の分析n語学:日本語教育について、方言について、文法のついての概論・研究n外国語は必修ではないのですが取れます。(英語、中国、韓国、ドイツ、イタリア、フランス、ポルトガルがあったとおもいます。)
      また他学科の授業も(例えば美学美術史学科のデッサンの授業など)取れます。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      受験に数学がなく、国文学を学べる国公立で実家に近かったため。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:592014
  • 女性在校生
    在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    文学部美学美術史学科の評価
    • 総合評価
      普通
      講義、実技、演習がしっかり区分されそれぞれ確実に学習出来る環境が揃っている。とくに実技棟があるのが良い。
    • 講義・授業
      良い
      退屈な授業かもしれないが美術史の授業は興味があるなら中々他の大学では専攻して学べないので価値があると思う。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミは3年からで分からなかったため、平均評価の3をつけました。日本美術史のゼミを取る予定です。
    • 就職・進学
      良い
      キャリア支援センターで毎日相談を受け付けているので、そういった環境は良いと思う。
    • アクセス・立地
      悪い
      新町駅から自転車で20分です。電車もバスも本数が限られているので中々寄り道もできません。
    • 施設・設備
      悪い
      文学部棟はアウトレットモールのような吹き抜けで更に空調設備もあまり完備しておりません。
    • 友人・恋愛
      悪い
      単純に人数が少ないので人脈がそんなには広がりません。女子大なので男性がいません。
    • 学生生活
      悪い
      人数が少なく、サークル数も少ないためあまり活動的な印象が無いです。ダンスサークルは色々忙しいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      美学は1年の間はほとんど座学がメイン!今は日本美術史、西洋美術史の概説っていうほとんど日本史世界史の美術作品だけを取り上げたような授業と美学概論っていう美とは何かみたいな哲学的な授業を必修で取ってるよ!
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:492044
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    文学部英米文化学科の評価
    • 総合評価
      良い
      英米文化学科とはいえども他学科他学部の講義も取れるし、ネイティブの教員と交流もできる。また留学制度も充実しており補助金がでるので、英語を学びたい生徒には適しているだろう。英米文化学科は国際コミュニケーション学部とは違い教職課程が履修できるので、進路の選択肢が広げられる部分も利点である。
    • 講義・授業
      良い
      大学の特徴でもある少人数制クラスで、学生と教員の距離が非常に近い。そのため質問がしやすく、学んだ内容をさらに深めていくことが可能。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      アメリカ文化、アメリカ文学、イギリス文化、イギリス文学、英語学ゼミが設置されている。 英米問わず文化ゼミは大変人気がある。ゼミ内での活動は講読形式のゼミと発表形式のゼミがあり、担当教員や人数によって異なる。
    • 就職・進学
      良い
      殊に県内企業からの信頼が厚く、また、キャリア支援のプログラムも行われている。女性のキャリアについての講義も開講されているので、早いうちからキャリアについて考えられる。
    • 施設・設備
      悪い
      建物の構造上、ほとんどの教室の外が実質屋外なので、夏は暑く、冬は寒い。新しく空調が導入されたが、全館空調なので効きがいい教室と悪い教室の違いが大きい。1号館は古いので、雨漏りもする。
    • 友人・恋愛
      良い
      女子大学なので、自分から見つけに行かないと出会いはない。友人関係については本当に多様なので良い友人が見つかるだろう。サークルによって他学科他学年の友人も期待できる。
    • 学生生活
      良い
      さまざまなサークルがある。特色があるのはアロハダンスサークルであろうか。KENJOYというダンスサークルも人気である。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの基礎4技能、2年次からはライティング、スピーキングがそれぞれ必修科目。1年、2年次で全休を作ることはほぼ不可能(他学科はできる)。ゼミは3年次より始まり、基本持ち上がり。教職課程を取ると更に余裕がなくなる。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 志望動機
      英米文化を学びたいと思ったから。 自宅から一番近く、センターで必要なのが3科目だったから。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569320
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    文学部総合教養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自由度が高く、自分の好きな科目をとることができて満足している。様々な分野の講義が開講されているので、教養を深めることができる。人数が少ないため、教授と深く関わることができる。
    • 講義・授業
      良い
      生徒一人一人に寄り添った講義をしてくれる。生徒の興味・関心に基づき講義を進めてくれるため、とても楽しい。質問もしやすい環境で、教授も丁寧に答えて下さるため、理解がより深められる。
    • 友人・恋愛
      良い
      学科のみんなとても仲が良く、和気あいあいとしている。みんな友達みたいな感覚なので、困った時やわからない時など助け合える仲間が沢山いる。サークルに入ると、他の学部・学科の友達や先輩とも知り合える。
    • 学生生活
      普通
      サークルは沢山ある。文化系からスポーツ系まで充実しており、どのサークルも活動が盛んである。秋に行われる大学祭は大いに賑わい、地元の人や他大学からも沢山人が来る。大学祭でのサークル発表や模擬店も充実しており、楽しい大学祭が過ごせる。
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中5人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:485517
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    文学部美学美術史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      美学美術史学科ということで、美術関係の講義はとにかく座学が多いです。私はまだ一年生なので、実技科目はまだ全然出来ていませんが、二年生になると専攻科目を自分で選択出来るようになるので、その期待を込めた評価をしました。
    • 講義・授業
      良い
      私はあまり真面目ではないのですが、課題レポートをしっかり提出して、試験も受けて、出席をしていれば、多少講義中に寝ていても単位はもらえます。講義の内容も諸先生方によって進め方は異なりますが、しっかりとした解説で満足できると思います。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミは二年生から始まるので、一年生の私は答えられません。ですが、私が入りたいと考えている絵画ゼミは、学校内でも色々展示会など、活動されているので楽しみです。
    • 就職・進学
      普通
      就職に関してよくわかりませんが、学内には就職相談窓口があるので、そこにいけばサポートしてくれると思います。
    • アクセス・立地
      普通
      基本通ってる人は、駅から出ているバスを乗り継いで通っています。バスは時間が決まっているので、結構不便です。私は最初はそれで通っていましたが、現在は車で通っています。それでも片道一時間かかるので、気合いがいります。
    • 施設・設備
      良い
      実技棟という別館がありまして、そこで制作したりすることが自由です。他にも学校付属の図書館や、購買、パソコンルームなどがあって、出入りや使用が自由なので、設備は比較的充実していると思います。ただ、教室の机と椅子が繋がっているものが、長時間座りっぱなしだと、非常に辛くなってくるので、覚悟が必要です。
    • 友人・恋愛
      普通
      女子大で、男性は先生か工事の人しかいないので、恋愛関係は大学内では充実していません。バイト先などで見つけてください。
    • 学生生活
      普通
      所属サークルの活動は緩い感じで、イベントは文化祭がメインとなります。文化祭はサークルに入ってなければ、休みになるので羨ましいです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目は最初のミーティングなどで説明され、取れる単位の数も前期と後期で指定されているので、必修科目以外の選択科目も、取れる限りとったほうがいいです。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:430935
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 5]
    文学部美学美術史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      文学部でありながら実技の授業は本格的に先生がしっかりと指導してくださるのでとてもやりがいがあり楽しいし、講義系の授業も興味をひく内容ばかりで面白いと思う。先生、先輩、同級生のみんながいい人ばかりで、とても良い環境であると言える。
    • 講義・授業
      良い
      先生は優しい方が多い。内容によっては哲学的な話になる授業もあるのでそこは辛いこともある。また、テストよりレポートが多い。締め切りが重なるので大変だが、計画的にやっていればテストがない分良いかもしれない。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      まだ1年生なのでゼミのことはよくわからないが、実技ゼミは年末年始返上でのゼミに入るためのテストがあると聞いた。実技ゼミだと卒業制作で卒業することができるのでそこは良いと思う。
    • 就職・進学
      普通
      他の学科や学部に比べると、美学美術史学科は就職率がやや低いと聞いたことがあるので少し不安だが、女性に向けたキャリアデザインの授業もあるし、相談する場もあるのであまり心配はいらないかもしれない。
    • アクセス・立地
      悪い
      まず玉村町には駅がないので、バスを使って通学するか、車、もしくは近くにアパートを借りるという選択肢しかない。しかしバスは本数が少ない上に料金が高いのでなかなか大変である。
    • 施設・設備
      普通
      施設がかなり古いため、雨漏りがひどい。またエアコンがよく効かないことごあったり、途中で切られることがある。
    • 友人・恋愛
      普通
      友人関係は非常に良好であると思う。みんな優しくて過ごしやすい。ただ、女子大なので、恋愛は難しいところがある。
    • 学生生活
      良い
      軽音サークルは先輩後輩の仲がいいのはもちろん、同級生同士も仲が良い。イベントも多くあり、とても充実しているサークルだと思う。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では大体美学や美術史の基礎であったり、前期はアートマネジメントの授業が必修である。実技は取らなくても卒業できる。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:410152
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    文学部総合教養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      自分の学びたい分野を学べて関心を深めることができるのでとてもいい大学だと思っています。部活などにも熱心に取り組むことができるので充実した学生生活を送らことができています。まだ就職先は一年なので決まっていませんが、これから学んでいき社会に出ていけるようになると思うのでいいと思います。
    • アクセス・立地
      普通
      バス通学だと、帰りを家族から心配されるかもしれませんが、当たり前ですが慣れるといつものことのようになるので心配する必要はありません。
    • 施設・設備
      良い
      比較的綺麗で気持ちよく使うことができます。校舎内が綺麗ということなので、とても気分がいいです。(笑)
    • 友人・恋愛
      良い
      恋愛関係は女子大のために、ありません。ですが、友人関係はとても充実していると思います。部活などで、同級生だけでなく、先輩とも仲を深めることもできます。そして、中学校のときや高校のときと違い、恥ずかしさもあり、もっと友人を増やすのは難しいかと思います。ですが、自分の趣味を共有できる友人がいると、より大学生生活を満喫することができ、より楽しむことができると思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:374364
  • 女性在校生
    在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    文学部総合教養学科の評価
    • 総合評価
      良い
      当学科ではフィールドワークという授業で自分の関心のあることについて研究することができます。またみんなの前で自分の研究を発表する機会が多く、社会に出てから役立つプレゼンテーション力もつけられると思います。リベラルアーツという当学科の必修科目は正直に言って難しく単位を取るのが大変ですが、少人数だからこそ先生との距離を縮めることができ、自分の学問、研究についてよく知ってもらえるところが当学科の良いところだと思います。
    • 講義・授業
      良い
      どの授業も最後に感想や質問を書くリアクションペーパーというものが配られるので、それを利用してわからないところを解決することができます。その他にも、メールでも直接でも質問を受けつけてくださり、聞きたいことは気軽に聞けるような環境が整っています。
    • アクセス・立地
      普通
      お世辞にも交通の便がいいとは言えません。
      実家暮らしの子はいつもバスの便が少なく通学が大変だと嘆いています(笑)しかし周りにはコンビニやスーパー、医者などがあり一人暮らしで普通に生活を送る分には不便はないと思います。
    • 友人・恋愛
      普通
      女子大なので、男性との出会いは合コンを計画したり、積極的に行動していかないと難しいです。私は恋愛盛りな20代前後を男性との関わりなしに生活するのはもったいないと思ったので、バイトを掛け持ちし、出会いが訪れるように努力しました(笑)
      周りの女子はみんないい人ばかりで、大切な友人ができました。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:374175
  • 女性在校生
    在校生 / 2016年入学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    文学部美学美術史学科の評価
    • 総合評価
      良い
      美術に興味のある人なら満足に学べる環境だと思います。特に座学と実技を選択できるところが強みだと思います。アクセスや設備に関しては不満も多いですが、少人数なので先生たちや学生同士の距離が近く雰囲気は良いです。
    • 講義・授業
      良い
      美術史、美学の他アートマネジメントや実技など幅広い科目があり、各々の興味に合わせて学ぶことができます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      二年生の後期に興味のあるゼミの先生の元へ行き、研究したいテーマについて相談します。複数の先生の話を聞いた上で、じっくり考えてゼミを選択します。
    • 就職・進学
      普通
      学校で行われる企業説明会などは多くなく県内の企業が中心です。相談に行けば個別にサポートしてくれます。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄の新町駅まで徒歩1時間かかります。大学から新町駅と伊勢崎駅、高崎駅行きのバスが出ていますが本数が少なく、休日は特に朝と夜は便がないためアクセスは悪いです。学生専用アパートなどが充実していますが不審者情報が多いので防犯は行わないといけません。
    • 施設・設備
      悪い
      廊下が吹き抜けのため移動の際や、空調の整っていない教室もあるので冬と夏はつらいです。
    • 友人・恋愛
      普通
      人数が少ないので同じ学科の人同士は接する機会が多くみんな仲が良いです。先生も含めてアットホームな雰囲気です。女子大学なので学内の恋愛はほぼありません。
    • 学生生活
      普通
      サークルに所属していないのでよくわかりませんが文化祭では俳優のトークイベントがあり話題になります。大学自体が大きくないので小規模ですが地域の人も来るので賑わいます。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は美学、日本美術史、西洋美術史、アートマネジメントの概論を必修で学びます。2年次からはそれぞれの教員の研究分野に関するより専門的なことを学ぶ特講という科目、3年次からは学生が発表や議論を行う演習の科目があります。実技科目は絵画とデザインを好きに取ることができるほか染織や陶芸の授業もあります。
    • 学科の男女比
      0 : 10
    • 就職先・進学先
      決まっていません
    • 志望動機
      もともと美術に関心があり、美学美術史学科という学科はなかなかないこと、文学部で実技科目も学べるところに魅力を感じました。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:565209
681-10件を表示
学部絞込

基本情報

住所 群馬県 佐波郡玉村町上之手1395-1
最寄駅 JR高崎線 新町
電話番号 0270-65-8511
学部 文学部国際コミュニケーション学部
概要 群馬県立女子大学は、群馬県佐波郡に本部を置く公立大学です。通称は「県女」。1980年前橋市に創立し、1982年に現在の佐波郡へ大学を移転。2016年現時点で、公立の女子大学は全国で2つしかありません。「群馬県公立三大学の連携」を掲げ、高崎経済大学と前橋工科大学と連携し幅広い学習に力を注いでいます。聖徳大学通信教育部と協定を組み国公立初の小学校教員免許を取得することができます。 JR高崎線の最寄りの駅(新町駅・高崎駅)やJR両毛線からもバスが出ており利便性が良く、自然が融合したキャンパスで4年間のびのびと過ごすことができます。語学研修以外にボランティア研修やフィールドワーク研修で海外留学支援を行っています。奨学金制度があるので毎年100名程度が奨学金を受けて海外へ研修に行っています。

この学校の条件に近い大学

この大学のコンテンツ一覧

群馬県立女子大学学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  群馬県の大学   >>  群馬県立女子大学   >>  文学部   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
愛知淑徳大学

愛知淑徳大学

45.0 - 52.5

★★★★☆ 3.78 (589件)
愛知県長久手市/杁ヶ池公園駅
金城学院大学

金城学院大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.98 (416件)
愛知県名古屋市守山区/大森・金城学院前駅
北星学園大学

北星学園大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.88 (310件)
北海道札幌市厚別区/大谷地駅
理系のオススメ大学
神奈川大学

神奈川大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.59 (690件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
創価大学

創価大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 4.36 (431件)
東京都八王子市/拝島駅
常葉大学

常葉大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.69 (245件)
静岡県静岡市葵区/草薙駅

群馬県立女子大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。