>>     >>     >>  口コミ

群馬県立女子大学
群馬県立女子大学
(ぐんまけんりつじょしだいがく)

群馬県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

偏差値:53 - 59

口コミ:

4.19

(32)

群馬県立女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 公立大学順位
(全87校中)
講義・授業 3.91 15位
研究室・ゼミ 3.88 15位
就職・進学 3.88 37位
アクセス・立地 2.03 64位
施設・設備 2.47 67位
友人・恋愛 3.47 52位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

32件中 1-10件を表示
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 美学美術史学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-09-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業が専門的で面白い。自分の好きなことについて選択して学ぶことができます。
    • 講義・授業
      日本美術史、西洋美術史、アートマネジメント、実技それぞれに多くの先生がいらっしゃり、それぞれ専門の事柄について詳しい授業をされています。
    • 研究室・ゼミ
      三年からゼミが始まります。私はまだゼミは始まっていませんが、西洋美術史、日本美術史、アートマネジメント学、実技それぞれ、いくつかに分かれており、関心のあるゼミを選ぶことができます。
    • 就職・進学
      就職実績はとても高いと思います。サポートとしては、個別面談が行われ、一人ひとりに合わせたアドバイスを貰うことができます
    • アクセス・立地
      最寄り駅は新町駅で、自転車で20~30分程かかります。電車通学の場合、新町駅、伊勢崎駅、高崎駅からバスがありますが、本数が少なく、バス代も高いので不便です。そのため、一人暮らしをしている人がとても多いです。
    • 施設・設備
      県立で建物が古いため、少々不便ですが、国際コミュニケーション学科の授業が行われる新館は新しくてキレイです。
    • 友人・恋愛
      趣味が合う人が多く、とても充実した日々を送っています!
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性卒業生
    文学部 総合教養学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      幅広く勉強したいと考えている人には、とてもいい大学だと思います。総合教養学科は、必修科目が少ないため、学部・学科の枠をこえて学ぶことが出来ます。
    • 講義・授業
      授業の選択次第で様々なことを学んだり逆に自分の興味のある分野を深堀りできたりと、個人の趣向に合わせた時間割が作れます。
    • 研究室・ゼミ
      地域に密着しているので、群馬県をよく知ることができる。様々な会社のトップの方々が講義をしてくれる!!
    • 就職・進学
      進路アドバイザーと面談ができます。そもそもの大学の人数が少ないため、サポートは手厚く親身になって話をきいてくれます。
    • アクセス・立地
      駅から少し遠いので、電車で通勤する場合は自転車が必要です。バスもありますが、本数は多くありません!!
    • 施設・設備
      国際コミュニケーション学部の建物は、建ってまだ新しい方なのできれいです。案内図も英語で書かれています。
    • 友人・恋愛
      総合教養学科は1学年20人前後なので、ひとりひとりと仲良くなれます。ハロウィンの日は仮装をして講義を受ける人もいます。ちなみに、外国の先生への受けはいいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は外国語が必修なので、必修科目がメインの時間割になります。2年次は選択必修のような形になり、1年次の内容を発展させたものを学びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      小売業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      転勤がなく、大きくない会社なので、自分のやりたいように仕事ができると思った。
    入試について
    • 学科志望動機
      大学に行って、具体的に学びたいものが1つの分野では収まらなかったから。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      県女のAO入試は、いかに自分がその学科にあっているか的確に伝えることが必要。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国公立大学で国文学がきちんと学べる場が少なくなっている中、古典では全部の時代の専門家が揃っている、言語もいろんな分野が揃っている、日本語教育も学べる、というのはとても魅力的なことだと思います。 ただ、公立大学ということもあって、私立に比べるとどうしても設備や資料という意味では難しいところがあります。先生方は親切に指導してくださいますが、人によっては高校の延長のような感覚に近いかもしれません。 国際コミュニケーション学部が主に使っている新館はピカピカで設備が整っていますが、文学部が主に使っている建物は正直不便です。空調や内部の造りという意味で。
    • 講義・授業
      先生にもよります。なんとなく傾向としては、自分の分野だと生き生きしていて、教養などの、少し違うものを扱うと一気にやる気の失せた感じの講義になる……といった感じでした。きちんと講義にさえでていれば、試験やレポートは大抵大丈夫です。
    • 研究室・ゼミ
      私のいた学科では、研究室に配属になるのは卒業論文をかくための、4年になるタイミングでした(2年から演習というかたちでゼミの練習みたいなのがあります)。すごくやりにくかったです。卒論の準備もどうしたらいいかわからないし、研究室ごとにだいぶ違っていたので友達に相談しても……ってかんじでした。やりたいことが決まった時点で、その先生の講義は一通り履修や聴講をし、備えておかないとあとあと痛い目を見ると思います。
    • 就職・進学
      殆どの人が就職です。教職課程や博物館員の資格をとることもできるので、割ととっている人がいました。キャリア支援センターは人によって合う・合わないが大きかったようです。教授もよく相談にのってくれました
    • アクセス・立地
      とても不便です。車がないと動きにくい。最寄り駅まで自転車で20分以上、バスは2時間に1本です。女子大なのに周りにお茶したり遊びに行ったりするところが少ないです。住宅がおおいですが、街灯が少なかったり、細くて狭い道があったり……だいぶ治安的にも不安でした。パトロールはしてくれてます。
    • 施設・設備
      新館は綺麗です。設備も整っています。文学部が主に使う本館が、空調が一括らしく、ちょっとした気温の変化についていってくれなくてきついときがあります。英米文化学科と、国際コミュニケーション学部の影響があってか、外国語系やコミュニケーション関係の設備は揃っていると思います。PCとか。
    • 友人・恋愛
      全学部全学科文系なので、比較的余裕があると思います。サークルもたくさんあって、掛け持ちしている人が多いです。バイトしている人も多いですが、周りにお店が多くないのでちょっと足をのばす必要があるかも。 女子大なので、男の人との接点がほとんどない。一応最寄りの大学との交流機会はありますが……。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国文学、主に古典の勉強をしていました。教養も、自分の考えていた分野以外も、なるべくとるようにしていました。
    入試について
    • 学科志望動機
      国文学を学べるところ、教員免許を取得できるところ、国公立大学であること、でした。
    • 利用した入試形式
      その他
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2011年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      文学や語学など文系科目が好きな方にはとてもいい大学だと思います。 国文学科は主に文学系と語学系に分かれていて2年かけて自分が学びたいゼミを選ぶことができます。 立地は良いとは言えませんがスーパーやコンビニ、薬局、携帯ショップなど最低限の生活に必要なお店や施設はだいたい揃っています。
    • 講義・授業
      生徒数がそこまで多くないこともあり先生方は生徒一人一人に優しく丁寧に授業をしてくださいます。 文学や語学にそこまで詳しくなくても2年かけて卒論を書くゼミが自然と選べます。
    • 研究室・ゼミ
      楽しんで研究を進めている方が多く、先生方も自分から頼めばたくさんの資料を用意してくださいます。 ゼミによっては最低限の研究資料を購入する場合もあると思います。
    • 就職・進学
      就職にむけた説明会やメイクのアドバイスセミナーなど開催されています。また、就職支援のための支援センターにはアドバイザーの方がおり、相談にのってくださいます。
    • アクセス・立地
      最寄の駅までのバスの本数が少ないので車か自転車が必要になると思います。 徒歩で行けるのは生活に必要なスーパーやコンビニなどが限界だと思います。
    • 施設・設備
      近年新しく建てられた方の建物は綺麗です。文学部棟は古い建物なので雨の日には雨漏りなどがみられます。どちらも冷暖房をかけてくれる時期がとても遅いです。
    • 友人・恋愛
      最低限授業に出て自分の好きなジャンルのサークルに入れば学校生活はとても楽しく過ごせると思います。 新入生にはサークル紹介や新入生歓迎会などの催しも毎年企画されています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は文学や語学の基礎知識を学科全員で学びますが、2年次後期からゼミを選択できるようになりより自分の好きな分野について詳しく学ぶことができます。私は文学系のゼミを選択しました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      医療系
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      どんな人であっても健康であることは欠かせないことであり、自分も是非関わりたいと思った。
    入試について
    • 学科志望動機
      文系科目が学べる大学に行きたいと考えていました。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      後期はセンターの結果と小論文だったので小論文を数回練習のために書いていました。 毎年一般的な小論文とは違うテーマが出るのでそこまで準備もできません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性卒業生
    文学部 美学美術史学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      勉強したいという人にとってはとてもいい学校だと思う。周りにも遊べるような所がないので勉強に熱中できる。ただ、就職を考えるとなかなか就職先が見つからない。そのようなサポートもあまりないので、自分自身で行動できる人でないと大変だと思う。
    • 講義・授業
      文学部と国際コミュニケーション学部という学部があるので、語学に関して深く学ぶことができる。他国の文献を読み解く必要もあるので、様々なことに関して広く学べ、自分で興味の幅を広げることができる。
    • 研究室・ゼミ
      基本的にチームで研究する研究室は少なく、個人での研究になることが多いと思う。個人でのパソコンを持っていた方が研究、論文が捗る。
    • 就職・進学
      学校として積極的なサポートはあまりなかったように思う。自分自身で行動し、情報収集をしていける人でないと難しいと思う。学校としては公務員や教員への就職が多い。
    • アクセス・立地
      近くに駅がないので電車だけでの通学は難しい。バスも出ているが、時間がかなり限定されるのでアクセスはかなり悪く自家用車での通学、近くで一人暮らしをする人が多い。
    • 施設・設備
      学部によってメインに使う棟が違う。文学部が使用している棟は冬場寒く膝かけなどを持っている学生も多かった。
    • 友人・恋愛
      女子大なので学内での恋愛は難しく他校との交流がなければ難しい。サークル活動で他校の学生と仲良くなることができる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      美術に関しての知識と文学に関しての知識を学ぶことができる。任意だが中高の教員面所取得や学芸員の資格取得もできる。
    入試について
    • 学科志望動機
      美術に関しての知識を深めたいと思ったため。国公立なので学費が安く、全国でもこのような勉強ができるところが少なかったため入学を決めた。
    • 利用した入試形式
      その他
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-07-08投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国文学について専門的に学習したいと考えている人にはとても良い大学です。文学、語学、音声学の分野にて各専門の教授が揃い、少人数制の講義体制により主体的に参加することが可能です。このような大学は全国的にみても数が少なく珍しいと感じます。
    • 講義・授業
      国文学に関しては、文学、語学、音声学の全ての分野、各時代にて専門の教授がいるので、学びたいことが必ず実現します。国文専門以外の教養科目でも、興味深い講義、教授が揃っています。
    • 研究室・ゼミ
      ひとつのゼミにつき10人未満の学生が所属するという少人数体制のため、個々人が密に研究を進めることができます。
    • 就職・進学
      大学全体で見ると群馬県内においては、ネームバリューはあり、企業から見た学生の評判も良いです。時勢によっては、他の学部と比較すると国文学科はやや就職活動に努力を要する可能性はあるかもしれません。
    • アクセス・立地
      近くに駅がないので、公共交通機関はバスになり、本数もあまり多くないので不便を感じると思います。大学の近辺にはスーパーなどは一通り揃っているので日常生活には問題はありません。
    • 施設・設備
      公立大学らしい建物だと感じます。新校舎は新しく綺麗ですが、国文の専門科目は基本的には旧校舎にて受けることが多いです。
    • 友人・恋愛
      女子大学ですので、校内における恋愛は望めません。サークルによっては他大学との交流もあるかもしれません。学部全体で50名程なので全員の学生を把握することができ、友人は作りやすいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国文学について、文学、語学、音声学の基礎および、関心のある分野の専門的知識を学ぶことができます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      近代文学研究
    • 所属研究室・ゼミの概要
      近現代において活躍した文豪の作品について、各々の関心のある視点からアプローチして論文を作成します。
    進路について
    • 就職先・進学先
      地元の製造業の事務職から化粧品の販売職へ転職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      事務の仕事は女性にとって続けやすいという印象があったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      国文学とは、一体どのような学問なのか、高校までの国語とは何が違うのか気になったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 英米文化学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-28投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      群馬県立女子大学文学部英米文化学科は、英語だけでなく、英語圏の文化について学びたい人にお勧めの学科です。2年間さまざまなことを学び自分のやりたいことを見つけ、3年次からより専門的な内容へと進みます。
    • 講義・授業
      様々な範囲に詳しい先生方が揃っているため、とても興味深い授業ばかりです。自分の学びたいことがきっと見つかるはずです。
    • 研究室・ゼミ
      他の大学では人数が多くゼミに入れない人もいるとの話を聞きましたが、この大学では少人数教育を実施しているため絶対にゼミに入ることができます。また先生と生徒との距離が近く、より深く自分の研究を進めることができます。
    • 就職・進学
      群馬県立女子大学は就職に対する支援や授業が整っており、とても良い就職実績があります。学校の授業や支援をうまく活用すれば、就職活動は問題ないと思います。
    • アクセス・立地
      バスの本数が少なめであり、公共交通機関での通学を考える方には少し厳しい面もあります。ただし、授業時間に合わせて運行されているので問題はありません。県内の子は免許を取った後車で通う子が多いです。県外出身の子は大学近くにたくさんある女子大生向けアパートに住んでいます。
    • 施設・設備
      少人数大学であり、大きい大学をイメージされると群馬県立女子大学は非常に小さい大学のように感じてしまうかもしれません。しかし、教室と教室の距離は授業に間に合う移動距離ですし、PCなども最新の設備が入っています。
    • 友人・恋愛
      全国から集まって来るのでいろいろな話ができ、またとても明るく元気な友人ができます。お互い助け合ったり、尊敬し合えたりするような素敵な仲間が多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      英語に関してはライティング、スピーキング、リスニング、リーディング
      その他に関しては英語学、英米文学、英米文化など
      基本的なことから深い内容まで学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      英語も英語圏の文化も好きで、この大学の英米文化学科だったら両方とも学ぶことができたため
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      小論文をたくさん解き、学校の先生に添削していただきました
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 美学美術史学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      美術を歴史・哲学・実技を含めて総合的に学びたい人にはとても良い大学だと思います。また、美学美術史学科の人だけでなく、サークルや授業をきっかけに他学科の人とも交流があります。4年間で友達もたくさんできると思います。
      就職支援が充実しており、就職率はとても良いいです。
    • 講義・授業
      美学美術史学科では、美学・美術史・実技の3つを軸に勉強します。そのため美術を総合的に学べ、視野の広い考え方が身に付くと思います。学年があがると自分の専攻を選べるようになり、好きな分野を深く研究することができます。
    • 研究室・ゼミ
      どのゼミでもその分野の専門の先生がいるので、わからないことはいつでも相談できます。自分の研究ややりたいことをはっきりさせておくことが、ゼミの充実度にも繋がっていくと思います。
    • 就職・進学
      就職支援が充実しているため、ほとんどの学生は卒業と同時に就職します。どこに就職しようか迷っている人もいましたが、相談室にいったり先生のアドバイスなどを受けたりして無事に就職していました。
      少数ですが、大学院に進学する人もいます。
    • アクセス・立地
      田舎なので電車やバスの本数が少なく、アクセスはあまりよくありません。その分、駐車場が広いので車で通学するのが一番いいかと思います。もちろん自転車や原付置き場もあるのでそれらで通学しても大丈夫です。
    • 施設・設備
      図書館が少し小さいのは、読書好きな人にはネックかもしれません。そうでない人には研究資料もたくさんあるので十分です。
      食堂や購買があり、お昼はそこで済ませることができます。
    • 友人・恋愛
      美学美術史学科は変わってる人や面白い人が多かったです。つまり、この学科に入るととても個性的な友達ができます。そんな友達が欲しい人にはおススメの学科です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      美学・美術史・実技について総合的に学べます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      実技ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      絵画・デザインのどちらかを専攻して学べます。作品制作についての基礎知識や、パソコンを使ってのデータ制作などをします。地域や企業とのコラボ企画やプロジェクトもあります。
    進路について
    • 就職先・進学先
      同大学の大学院
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      作品制作や作家活動に専念したかったため、大学院に進んだ。
    入試について
    • 学科志望動機
      実技を主に学びたかったが、そのほかに美術を総合的に理解したいという思いがあったため、この学科を志望した。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      予備校は利用してない。
    • どのような入試対策をしていたか
      AOは自己アピールをする入試なので、得意分野をとにかくアピールした。私の場合はデッサンや絵画作品をまとめたファイル(ポートフォリオ)を入試に持参した。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    国際コミュニケーション学部 国際ビジネス課程 / 在校生 / 2012年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      留学したいと考えてる人にはとてもいい環境です。キャンパスが完全に離れているため、サークルなどに入っていない限り文学部の友達ができないのがネックです。
    • 講義・授業
      低学年のうちは英語での授業がほとんどでとても勉強になります。しかしそのため、英語が好きでないとやっていけない場合があります。
    • 研究室・ゼミ
      他の大学にはないような個性的なゼミが多いと思います。兼ゼミもしやすいです。ゼミによってはプレゼン大会に出場するなどアクティブに活動していますが、学校から一歩も出ずに活動するゼミもあります。
    • 就職・進学
      国際コミュニケーション学部は就職率100%がウリです。就職に対する講座も多く開かれていて、相談もしやすい環境です。
    • アクセス・立地
      立地ははっきり言っていいとは言えません。私は車なのですが、新町駅に行きたい友達はとても苦労していると聞きます。
    • 施設・設備
      国際コミュニケーション学部のある新館は教室、トイレ、パソコン室などとても綺麗です。しかし新館のカフェははっきり言ってショボいです。空調もあまりきいていないときがあります。
    • 友人・恋愛
      一生付き合っていけるような友人関係を築くことができると思います。しかし恋愛面では、積極的に合コンでも参加しない限り彼氏を作ることは難しいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      リスニング、リーディング、スピーキングの他、英語でのレポートの書き方やプレゼンなども学びました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      国際経済学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      行動に関係した応用経済学である「行動経済学」を学びます。
    入試について
    • 学科志望動機
      世界で働く人材になりたいと思い、英語を学べる大学に進学したかったため
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      自分で勉強しました
    • どのような入試対策をしていたか
      英語での面接があったので、そこを重点的に約2ヶ月間練習を重ねました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 群馬県立女子大学
    女性在校生
    文学部 英米文化学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-21投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      落ち着いて勉強が出来る環境が整っています。また、質の良い生徒、質の良い教授が集まっていると思われますので、自分の興味がある分野を徹底して研究できると思います。
    • 講義・授業
      様々な分野が勉強できます。また、他学部の授業も受講することができますので、より自分の知識が増えることと思います。
    • 研究室・ゼミ
      先生方の知識がとても豊富で、ゼミの時間は充実感があります。また、進路の相談にも親身になって乗ってくれます。
    • 就職・進学
      就職支援が充実していると思います。三年生のインターンシップの指導も充実していますので、三年生から就職について高い意識を持てます。
    • アクセス・立地
      バスの本数が少なく、電車の時間と連携していないので不便です。しかし、大学の周りには、スーパー、コンビニ、書店、ファミリーレストランなどがあり、大学の近くに住む場合、生活に困ることはありません。
    • 施設・設備
      文学部が勉強する施設と、国際コミュニケーション学部が勉強する施設の差が大きいです。また、冷暖房が一斉管理になるので、教室の温度を不快なことがよくあります。
    • 友人・恋愛
      友達を作る環境には言うことなしの良い環境なのですが、男性との出会いは、自分から積極的に他大学の団体に入らない限り、皆無です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      アメリカ、イギリスの文化や文学、言語学など。
    • 所属研究室・ゼミ名
      藤村ゼミ。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      アメリカについて文化や文学など、全般を勉強できます。
    入試について
    • 学科志望動機
      外国の文化や、英語を学びたいと思いました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      試験形式に近い問題、長文とそれについての設問、という問題形式を多く解きました。また、英作文に関しては、高校の先生に何回も添削をしていただきました。
    この口コミは参考になりましたか?
32件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

群馬県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

群馬県立女子大学の画像 :©Hasecさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

岐阜薬科大学
岐阜薬科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:60 - 63
★★★★☆3.71 (7件)
岐阜県/公立
埼玉県立大学
埼玉県立大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 64
★★★★☆3.87 (39件)
埼玉県/公立
群馬県立県民健康科学大学
群馬県立県民健康科学大学
併願校におすすめ
偏差値:57 - 59
★★★★☆4.20 (10件)
群馬県/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。