みんなの大学情報TOP   >>  群馬県の大学   >>  群馬県立女子大学   >>  口コミ

群馬県立女子大学
出典:Hasec
群馬県立女子大学
(ぐんまけんりつじょしだいがく)

群馬県 / 公立

口コミ
公立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5

口コミ:★★★★☆

4.12

(79)

群馬県立女子大学 口コミ

★★★★☆ 4.12
(79) 公立内10 / 84校中
学部絞込
791-10件を表示
  • 女性在校生
    文学部 総合教養学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      自由度が高く、自分の好きな科目をとることができて満足している。様々な分野の講義が開講されているので、教養を深めることができる。人数が少ないため、教授と深く関わることができる。
    • 講義・授業
      生徒一人一人に寄り添った講義をしてくれる。生徒の興味・関心に基づき講義を進めてくれるため、とても楽しい。質問もしやすい環境で、教授も丁寧に答えて下さるため、理解がより深められる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科のみんなとても仲が良く、和気あいあいとしている。みんな友達みたいな感覚なので、困った時やわからない時など助け合える仲間が沢山いる。サークルに入ると、他の学部・学科の友達や先輩とも知り合える。
    • 学生生活
      サークルは沢山ある。文化系からスポーツ系まで充実しており、どのサークルも活動が盛んである。秋に行われる大学祭は大いに賑わい、地元の人や他大学からも沢山人が来る。大学祭でのサークル発表や模擬店も充実しており、楽しい大学祭が過ごせる。
    投稿者ID:485517
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    文学部 美学美術史学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      実技系の講義が割と充実しています(日本画や陶芸、染色など)。結構楽しいです。デザイン系はそんなでもない?設備はあまりないです。美術史学科なので西洋・日本の美術史の講義が多いです。東洋の美術史関連の講義はあまりないかな?といった印象があります。
      実技系の講義は2コマとって1単位しかもらえないので、スケジュールや取得単位数的には若干きついところがあります。課題も多いので空きコマに進めないとなかなか仕上がらないことも多いです。そこが少し大変かも。
    • 講義・授業
      アートマネジメントから古代美術史まで幅広くやってます。
    • アクセス・立地
      周りに特に何もないです。
    • 施設・設備
      文学部棟は教室を一歩出ると外です。廊下がむき出し。冷暖房設備があまり良くないため、冬は寒いし夏は暑くて大変です。新館と設備の差がありすぎてなんだかなぁといった感じです。
      あと学生の駐車場がいつもいっぱいになってしまい、なかなか止められないこともあるので、数を増やすか、近場の人には自転車か徒歩で来させることをもう少し徹底させてほしいと思います。
    投稿者ID:484636
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 -| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      上代から現代までたくさんの授業がそろっているので、学びたいことを見つけやすいです。また、第二言語の授業も英語、中国語、フランス語など選択肢が多いです。長期休みには課外授業(単位として認められる)のようなものがあり、短期的におもしろい内容の授業があるので、ぜひ受けてみることをおすすめします。
    • 研究室・ゼミ
      上代、中古、中世、近代、現代、語学、漢文学など約8個のゼミがあります。選び方は前期で2つ、後期で1つとなり、複数のゼミを掛け持ちすることもあるので、2年生のうちは興味のある時代のゼミをお試しで選択し、3年生になってから卒論にむけて本格的に時代をしぼる人が多いです。
    • アクセス・立地
      大学前にバス停がありますが、1時間に一本程度。駅は自転車で30分ほどのところにあり、少々外出には不便です。ですが、大学周辺にスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ファミレス、レンタルビデオ店などお店はそろっているので日常生活に支障はありません。
    • 施設・設備
      大学構内のほとんどの廊下がほぼ吹き抜け状態となっており、冬はとても寒いです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      事務
    投稿者ID:481377
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    国際コミュニケーション学部 国際ビジネス課程 / 在校生 / 2017年入学
    2018年11月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      立地はあまりよろしくないですが、女子大なこともありイベントなども含め、毎日とても楽しく過ごしています!
      授業は基本的に少人数で行われており、ネイティブの先生も数多くいらっしゃいます。
      どの先生方も基本みんなフレンドリーで、毎日の授業がとても楽しいです。
      女子大ならではの仲の良さもあり、本当に楽しい大学生活を送れると思います!
      ぜひ、群馬県立女子大学を志望校として考えてみてください!
    • 講義・授業
      先生の合う合わないはありますが、基本的にとても身のある授業ばかりです。
      少人数制なのに加えて、女子だけの空間なので発言もしやすい!他の大学の大きい教室で行われる聞くだけの講義ではなく参加型の講義になっています。
      クラスもTOEICの点数で同じレベルの子たちと組むのでやりやすい!
      フレンドリーな先生と毎日英語を話しています。
      また、群馬県立女子大学は外部から講師の方をお招きすることも多いです。
      大使館の大使の方や、企業の方、ジャーナリストなど、様々な方々のお話を聞ける機会がとても多いです。
      なかなかない貴重な体験が自然とできてしまうのもこの大学の特色の1つです。
    • 就職・進学
      一年生の頃からなんとなくの自分の未来を想像して行く機会がとても多くあります。
      企業の方が実際にきて話をしてくれたりもするので、いろいろな情報を得られます。
      国際コミュニケーション学部が主に使う新館と呼ばれる建物内には、キャリアセンターという場所もあり、誰でも気軽に就職について調べることができます。
      主な就職先としては、観光、空港、金融などがイメージしやすいと思いますが、公務員や民間企業への就職も決して少なくはありません。
      日頃から、公務員試験の日程に関することや模試、特別な講義が行われるというお知らせメール等も送られてくるので情報入手には困りません。
      まっすぐ自分の夢を追いかけられる、そんな環境が整っています。
    投稿者ID:476888
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    文学部 国文学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全体的に落ち着いた人が多い。自分の好きなことを隠さずにいられる環境は整ってます。ゼミは文学は時代ごとにそれぞれありますが言語系のゼミが若干少ないです。
    • 講義・授業
      文学に関しての講義が多いです。漢文なども学ぶことができます。言語系については方言、言語、日本語教育についての講義が開講されています。若者言葉については去年までは開講されましたが今年はありませんでした。
    • 研究室・ゼミ
      文学は時代ごとにそれぞれ分かれてゼミが作られていますが、言語学については数は多くないと思います。
    • 就職・進学
      キャリア支援センターの先生は親身になって話を聞いてくれます。3年になるとガイダンスなどでも支援体制がとられるので、就職率は低くないと思います。
    • アクセス・立地
      周りにコンビニ、スーパー、ファミレスなどはありますが遊ぶところはないです。駅まで遠いうえにバスが少ないので車があるとかなり便利です。
    • 施設・設備
      購買など最近は充実してきましたが学内だけで事足りるようなことはないです。ATMなどが無いので必要なさいはコンビニに行く必要があります。コンビニまでは徒歩二分ほどですが休み時間などに行くのは厳しいです。
    投稿者ID:469444
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 総合教養学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      科目を自由に選べるため、自分の興味にあわせて、自由に選択できてよいと思う。オリジナルの時間割りなのでまだ勉強したいことがきまってないひとも、入ってから検討できる。自由の幅がある。先生方も親身になって指導してくださるので勉強しやすい環境であるとおもう。最終授業では授業、先生に対するアンケートも実施されていた。それに自由にコメントすることができるので、よりよい環境づくり、授業づくりに役立っているとおもう。
    • 講義・授業
      親身になって指導してもらえる。学期末には先生の指導内容と授業内容に関して自由記述するアンケートも実施されているので先生や授業内容たいして意見、コメント、評価することができる。それによって次年度の授業内容も変化していっていると思われるので、よりよくなっていっているとお申し込み。講義も自由に選べるので、自分が学びたいことを学べるので、それぞれにあった時間割りをつくれる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      総合職
    投稿者ID:468810
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    国際コミュニケーション学部 国際ビジネス課程 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      専門的というより、幅広く学ぶような印象がある。ゼミに入ってからどれほど勉強するかが、何を学んだか自信を持っていえる鍵になると思う。
    • 講義・授業
      英語の授業に関しては、オールイングリッシュなので、意識的に勉強することになると思うし、それは良いことだと思う。ただ、専門分野に関してはゼミ配属後からが本番だと思う。
    • 研究室・ゼミ
      専門的に学びたくてゼミに入る人もいれば、楽そうだからという理由で、楽なゼミを希望する人がいる。そういう落差は激しいと思う。
    • 就職・進学
      学科というより、学校全体で力を入れているように感じた。女子大ということもあり、女性がキャリアとして働いていきましょう的な意識を向ける感じが強かった。
    • アクセス・立地
      公立にもかかわらず、ここまで交通の便が悪いのはこの学校以外に悪いのかというくらい、バスがない。講義に間に合うようにしかスケジュールが組まれていない。ちょうど良いバスがないから、移動には不便。
    • 施設・設備
      公立なのに、図書館が異常なまでに規模が小さい。これは勉強したいや本好きな人にとっては致命的だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1学年あたりの人数が少ないので、サークルに入ったり、バイトに入らないと友達は少なくなってしまう。異性関係は、合コンだったり、紹介だったりって話をよく聞いた。
    • 学生生活
      全体的に、サークルに力を入れているような印象は受けない。フラダンスや、ダンスサークルくらいが、張り切ってやっているように見受けられる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      2つの課程共通で、2年生までは、オールイングリッシュの英語の授業がある。また3年生のゼミ選択に向けて、興味のある講義を自分で選択して受講するというような感じ。 3年のゼミ配属後から、やりたいものを学ぶという感じ。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      回答拒否
    投稿者ID:495107
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      国文学を学びたい人にとっては、幅広い年代から自分の好きな時代の文学を学べるのでとても良いと思う。全国的な知名度は低いですが、公立の大学なので、就職する際には多少有利かと思います。設備は若干古く、パソコン等も一部使えないものもあるのでそこだけが難点です。
    • 講義・授業
      1つの時代の文学をとっても、演習(ゼミ)形式のものから、講義のようなものまで幅広い授業があります。自分の専攻に関するさまざまな勉強をしながら、資格や免許の取得のための授業を選択することもできます。
    • 研究室・ゼミ
      一年の後期からゼミが始まり、上代文学から現代文学、中国文学や日本語学まで幅広いゼミがあります。
    • 就職・進学
      三年になると就職活動に関するセミナーや講義があり、さまざまな情報を提供してくれます。就活ってなんだろう?と思っている人でも毎回セミナー等に参加すれば就職活動のやり方がわかるようになるし、学内で合説も行われている点は良いと思います
    • アクセス・立地
      最寄駅からはバス、車で20分程度、自転車ならそれ以上かかるので立地はよくありません。周りも田舎なのでスーパーやコンビニ等はありますが遊ぶ場所はありません
    • 施設・設備
      パソコンや施設が古く、数も少ないのでこの評価です。文学部が使うことができる施設や備品等はあまりよくないです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子大なので恋愛関係はまったくありません。他の大学との交流も一部の人しかないのでお勧めはできません
    • 学生生活
      サークルの数はたくさんあります。活動はサークルによって様々ですが、楽しく活動しています。文化祭は有名な俳優がくるし、地域の人も集めるので活気があります
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年のときは日本の文学の概要や基本的なことを学びます。そこで得た知識をもとに、2年では自分の好きな専攻を選択しゼミに所属します。2年3年でゼミで詳しく勉強をしたあと、4年ではテーマを絞った卒論を書きます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融機関につとめることがきまり、働いています
    投稿者ID:492866
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    文学部 美学美術史学科 / 在校生 / 2018年入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      講義、実技、演習がしっかり区分されそれぞれ確実に学習出来る環境が揃っている。とくに実技棟があるのが良い。
    • 講義・授業
      退屈な授業かもしれないが美術史の授業は興味があるなら中々他の大学では専攻して学べないので価値があると思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年からで分からなかったため、平均評価の3をつけました。日本美術史のゼミを取る予定です。
    • 就職・進学
      キャリア支援センターで毎日相談を受け付けているので、そういった環境は良いと思う。
    • アクセス・立地
      新町駅から自転車で20分です。電車もバスも本数が限られているので中々寄り道もできません。
    • 施設・設備
      文学部棟はアウトレットモールのような吹き抜けで更に空調設備もあまり完備しておりません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単純に人数が少ないので人脈がそんなには広がりません。女子大なので男性がいません。
    • 学生生活
      人数が少なく、サークル数も少ないためあまり活動的な印象が無いです。ダンスサークルは色々忙しいです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      美学は1年の間はほとんど座学がメイン!今は日本美術史、西洋美術史の概説っていうほとんど日本史世界史の美術作品だけを取り上げたような授業と美学概論っていう美とは何かみたいな哲学的な授業を必修で取ってるよ!
    投稿者ID:492044
    この口コミは参考になりましたか?

  • 女性在校生
    文学部 総合教養学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      少人数せいでみっちり勉強を教えてもらえた。
      その点では評価は高い。
      が、施設の充実度やアクセス、周りの環境などが悪かった。冬は寒く、夏は暑い、駅からは遠い。
    • 講義・授業
      少人数制で一人一人きちんと勉強をさせられるのはよい。
      ただ講義の種類がもう少しあっても良いかなと思った。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの忙しさ、課題の多さはゼミによって大きく異なる。専門の違う先生の中から、誰のところにいくかよく決めるとよい。
    • 就職・進学
      キャリアセンターが設置されており、時気になると毎週あるキャリアガイダンスや模擬面接などがある。個別でも相談に乗ってくれる。
    • アクセス・立地
      もよりの駅は徒歩50分。バスか車でくるしかないが、バスは一時間に1本が基本なため不便。夜も早くバスが終わるため、遊びに出掛けると帰りが困る。
    • 施設・設備
      文学部棟と新館の差が激しい。文学部棟はまるで外にいるかのような寒さで、風が体にもろに来る。新館は冷暖房完備。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋愛関係については女子大なため、学内ではない。サークルなバイトの繋がりからいくしかない。
      少人数の大学なため、学科の人とは仲良くなれる。
    • 学生生活
      サークルの数は多いわけではない。
      ただ案外簡単に新設できる。
      サークルのイベントはそこそこある。
      その年度の部長によるところが大きい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      総合教養学科では前半で各専門の先生の授業を自由にとる。そのあと自分のやりたい個人研究のテーマを来て、四年間を通してそれについて勉強する。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公務員
    投稿者ID:428901
    この口コミは参考になりましたか?

791-10件を表示

基本情報

住所 群馬県 佐波郡玉村町上之手1395-1
最寄駅 JR高崎線 新町
電話番号 0270-65-8511
学部 文学部、 国際コミュニケーション学部
概要 群馬県立女子大学は、群馬県佐波郡に本部を置く公立大学です。通称は「県女」。1980年前橋市に創立し、1982年に現在の佐波郡へ大学を移転。2016年現時点で、公立の女子大学は全国で2つしかありません。「群馬県公立三大学の連携」を掲げ、高崎経済大学と前橋工科大学と連携し幅広い学習に力を注いでいます。聖徳大学通信教育部と協定を組み国公立初の小学校教員免許を取得することができます。 JR高崎線の最寄りの駅(新町駅・高崎駅)やJR両毛線からもバスが出ており利便性が良く、自然が融合したキャンパスで4年間のびのびと過ごすことができます。語学研修以外にボランティア研修やフィールドワーク研修で海外留学支援を行っています。奨学金制度があるので毎年100名程度が奨学金を受けて海外へ研修に行っています。

この学校の条件に近い大学

みんなの大学情報TOP   >>  群馬県の大学   >>  群馬県立女子大学   >>  口コミ

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
東京都市大学

東京都市大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 3.74 (227件)
東京都世田谷区/尾山台駅
ノートルダム清心女子大学

ノートルダム清心女子大学

45.0 - 52.5

★★★★☆ 4.10 (186件)
岡山県岡山市北区/岡山駅
神奈川大学

神奈川大学

37.5 - 52.5

★★★★☆ 3.57 (535件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
理系のオススメ大学
千歳科学技術大学

千歳科学技術大学

52.5

★★★★☆ 3.81 (18件)
北海道千歳市/新千歳空港駅
大東文化大学

大東文化大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.67 (326件)
東京都板橋区/西台駅
愛知工業大学

愛知工業大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 3.60 (124件)
愛知県豊田市/八草駅

偏差値が近い大学の一覧・ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

群馬県立女子大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。