みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本県立大学

熊本県立大学
出典:運営管理者

熊本県立大学

(くまもとけんりつだいがく)

公立熊本県/東海学園前駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.82

(146)

概要

熊本県立大学は、熊本県熊本市に本部を置く公立大学です。1947年4月に創立された熊本県立女子専門学校を前身とし、1994年4月に熊本県立大学と名称が変更するとともに男女共学に移行しています。「文学部」「環境共生学部」「総合管理学部」の3学部からなり、研究を通して専門知識を高め社会に貢献しています。さらにはグローバルな文化の創造を目指し、アメリカやアジア圏内の協定校と国際交流する大学です。 キャンパスは本部棟を正面に、講義棟やゼミ室、研究室が確保されキャンパス内はとても広く、スポーツ専用グランドも多く設備されています。教育と研究のできる環境の充実をもとめ、「熊本県立大学未来基金」を設立しています。学生を支援する奨学金制度を確立し、地域の発展と人材育成を目的としてさらなる飛躍を目指す大学です。

学部情報

偏差値
52.5
口コミ
4.0132件
学科
日本語日本文学科、英語英米文学科
学べる学問
文化学 日本語 文学 教育学 英語
偏差値
50.0
口コミ
3.7277件
学科
総合管理学科
学べる学問
政治 経営 社会学 経営情報学 商学
偏差値
45.0 - 47.5
口コミ
3.8637件
学科
環境資源学科、居住環境学科、食健康環境学専攻
学べる学問
総合科学 住居学 栄養学

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.82
(146) 公立内 53 / 86校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.54
  • 研究室・ゼミ
    3.72
  • 就職・進学
    3.61
  • アクセス・立地
    2.99
  • 施設・設備
    3.18
  • 友人・恋愛
    3.75
  • 学生生活
    3.61
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    総合管理学部 総合管理学科 / 在校生 / 2018年入学
    あなたの夢への分野がたくさんある
    2019年07月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ3|就職・進学3|アクセス・立地2|施設・設備2|友人・恋愛3|学生生活3]
    総合管理学部総合管理学科の評価
    • 総合評価
      普通
      人数も多く、なかなか少人数での活動ができないものの、逆に人と関わるグループワーク、また民間や行政とプロジェクトを行えるのは良い。
    • 講義・授業
      普通
      教授によって授業に対するモチベーションが違うため、自分が興味ある授業であっても教授次第でモチベーションが変わってしまうため
    • 研究室・ゼミ
      普通
      ゼミによって活動実績が違うのは仕方ないものの、目指すところが全く見えないゼミがあったりもするため
    • 就職・進学
      普通
      公務員講座に関しては充実していると思う。民間企業に対しても就職率は低くはない
    • アクセス・立地
      悪い
      駅から遠い。バスか車しか手段がない。バスだとどうしても高くつく。
    • 施設・設備
      悪い
      施設によっては古い建物や備品などもあるため、良いとは言えない。
    • 友人・恋愛
      普通
      サークルに入ればある程度人間関係は充実すると思う。簡単に恋人は出来ない。
    • 学生生活
      普通
      体育祭は正直くっそしょぼい。学祭はそれなりだろうが、近くに病院があるため歌手を呼べないのは無能。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      総合管理を主に学ぶ。その中で情報、福祉など主に3つの分野を専門的に行っていく。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      公務員(県庁)
    • 志望動機
      公務員への就職率が高く、自分自身将来的に公務員志望であるため。
  • 女性在校生
    文学部 日本語日本文学科 / 在校生 / 2018年入学
    素晴らしく、夢のある学科
    2019年02月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ4|就職・進学3|アクセス・立地5|施設・設備4|友人・恋愛5|学生生活5]
    文学部日本語日本文学科の評価
    • 総合評価
      良い
      日本語を学びたいもの。文学史を学びたいもの。そういうものにはとても素晴らしい学科だと思います。また、テストも授業を受けていれば、簡単です。過去問さえ手に入れば、多少難しいテストもほぼ同じ傾向で出されるため心配する必要はありません。
      大学に来る上では、自分が勉強したいことを自分で見つけねばなりません。文学とは、一件に役に立たないように見えて、現在の私たちの生活に大きく関わっています。言語も同じくです。その事を、1年生では、ちゃんとひねくれた考えをせずに素直に聞けば、分かるはずです。
      自分の信条等があり、それを貫くのは一向に構いません。はじめから、聞く気がないのならば、この学科に来る必要は無いのでほかの学校や学科を選びましょう。
      日本文学や、日本語は、人によってはとてもつまらないです。しかし、学ぼうとするものは必ず受け入れてくれます。
      受験する方々が、やる気を持っているならば、何も心配することはありません。もちろん、合わないと思えば、単位の取得次第で学科を変えることができるので安心してください。
      幸運を祈っています。
    • 講義・授業
      良い
      とても素晴らしい教授陣です。
      少し変わった方も多いですが、その道に関してはスペシャリストの方々なので、心配入りません。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      一つ一つのゼミは狭いです。
      資料も図書館のみでは足りないことがあります。
    • 就職・進学
      普通
      あまり、就職は評価できません。
      国語教師や、日本語教師の道もありますが、単位数も多く片手間でとるにはきつすぎます。

    • アクセス・立地
      良い
      バス停も近くにあり、不審者もあまり出ません。
      病院も多くありますし、居酒屋等も多いです。コスモスや、ゆめマートもあるので、一人暮らしでも安心です。
    • 施設・設備
      良い
      すこし、資料が足りない気がします。
    • 友人・恋愛
      良い
      日文は女子が多いです。
      今年の1年生男子は、確か7人だった気がします。
      かと言って、彼女等ができた話も聞かないので恋愛は個人個人だと思われます。
      私もですが、少々オタク気質の方が多いので、○○が好き!と言っても、否定されることはほぼありません。
      素敵な方が多いので、是非どうぞ。
    • 学生生活
      良い
      とても楽しいです。
      サークルは入った方が、日々充実します。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、日本語の基本知識や、古典から近代の文学史がいくつかの授業に別れて行われます。英語と第二外国語もあります。第二外国語は、ドイツ語とフランス語はオススメしません。簡単なのは、韓国語と中国語です。お勧めします。
      なんのために日本語を学ぶのか? 日本語がどう、今、社会で役に立つのか。文学と政治の関係は?文化の関係は?そのようなことが知りたいのならば、ぜひ入学してください。
      先輩方は、みんな優しいので、単位の取り方も教えてくれると思います。
  • 女性在校生
    文学部 英語英米文学科 / 在校生 / 2017年入学
    先生と生徒の距離が近くアットホーム
    2020年01月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ2|就職・進学3|アクセス・立地4|施設・設備2|友人・恋愛4|学生生活2]
    文学部英語英米文学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      十分楽しく、これといって特に悪い点はありませんが正直なところ「ここがいい!!」と言う点はあまり思いつきません。明確な目標がある方は、より高いレベルの大学を目指して専門的に勉強した方がいいかもしれません。まだ何がやりたいか分からない方は、本学校で勉強だけでなくサークル、アルバイトを通して自分を見つめ直すことで、有意義な時間になるかもしれません。
    • 講義・授業
      普通
      専門科目以外の必修科目が多いように感じるため、より専門的に英語を学びたいのであれば外大などをお勧めします。県立の大学なので地域に根差した講義なども多いです。
      先生も良い方々ばかりですが、場合によっては学びたいことが学べないこともあるかもしれません。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      2年後期に希望調査があり、3年前期からゼミが始まりますが、選択肢は少ないように思えます。
      しかし、先生との相談次第では研究したいことを融通してもらえるかもしれません。
    • 就職・進学
      普通
      教員希望の学生は、教職科目をちゃんと取り教師になっているイメージです。企業への就職は、本学科は地元企業が多いように感じます。就職を支援する施設もあり、スタッフの方々の対応は丁寧ですが、サポートが厚いかどうかは分かりません。
    • アクセス・立地
      良い
      都市バス、産交バスのバス停が近くにありますが、地方出身の学生は車通学を強いられます。しかし、許可を取れば無料の駐車場があるのでそこはいいと思います。
    • 施設・設備
      悪い
      私立、国立大に比べ、充実しているとは言い難いです。高校と比べれば楽しめるかもしれません。
    • 友人・恋愛
      良い
      自分次第とは思いますが、私は面白い友人たちに出会えました。価値観が近いけど全く一緒ではないので話していて影響を受けます。頑張る人と一緒に過ごせば自分も成長できるのでは。
      私はサークル入らずとも学科内の友人にめぐまれましたが、やはり入った方が人間関係の多様性が生まれ、いいと思います。
    • 学生生活
      悪い
      ぼちぼちですね。
      本気で取り組めば十分楽しめるとは思いますが、他大学ほどではないと思います。運営側に回った方が、楽しめるし成長できるかも。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年次で様々な分野を学び、2年、3年にかけて専門性が増していくイメージです。スピーキング、ライティングなどの4技能は3年間を通してずっと授業があり、レベルが上がっていくイメージです。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      県内の国公立志望で、レベルにあった大学だったため。
      高3の時に将来のやりたいことが明確になく、担任に英語などの特技を持っていた方が就職に有利だと言われ勧められたため。

熊本県立大学出身の有名人投稿する

名称 職業 学歴
宮崎京 ミス・ユニバース2003年日本代表 第一高等学校 → 熊本県立大学
藤本愛英 元アナウンサー 熊本学園大学付属高等学校 → 熊本県立大学総合管理学部
檜室英子 元アナウンサー 済々黌高等学校 → 熊本県立女子大学(現熊本県立大学)
有川真由美 作家 加治木高等学校 → 熊本県立大学生活科学部生活環境学科

学校の特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    中小企業が多い
    50人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    50人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    50人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

  • 先生の教え方
    優しい
    50人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    50人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    少ない
    50人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    50人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    50人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    50人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    50人が回答

    多い

    少ない

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    50人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    50人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    どちらともいえない
    50人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    50人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    50人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    50人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    50人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活
    どちらともいえない
    50人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    どちらともいえない
    50人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    どちらともいえない
    50人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

合格体験記

合格体験記一覧

  • 文学部日本語日本文学科(2015年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 熊本県立大学 文学部 日本語日本文学科
    • 三池高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人生:浪人生
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    古文に関しては、まずは基礎的な古文単語と古典文法をしっかり覚えることだと思います。センター試験に関しては、これらをしっかりと覚えるだけで7割以上は確実に取れると思います。また、話のパターンが決まっているため、多く文章を読むことをオススメします。 漢文に関しては、国語が苦手な人でも点を取りやすい分野だと思います。特に対策としては、句法をしっかりと覚えることです。そうすればおのずと点は上がります。 センターの現代文に関しては、得意、不得意がはっきりと分かれます。近年は難解な文章が多くなってきているとのことなので、自己流で勉強するのではなく、先生方にアドバイスをもらいながら、解法を身につけていくことが大切です。 苦手な人は、まず、古文、漢文で満点に近い点数を目指すことがよいと思います。

    【2次・個別】
    熊本県立大学の2次の国語は、古典文法、文学史の対策をきちんとやっておかないと解けません。特に古典文法に関しては、苦手な人は早めに対策しておくことをオススメします。 問題量が多く、時間が少なめなので、時間配分も非常に大切です。

    利用した参考書
    センター対策は、古典単語360、明説漢文、予備校のテキストを利用し、2次対策は古典文法の参考書、漢文、現代文の2次対策用テキストを利用しました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    数学は、私自身が不得意な教科だったため、たいしたアドバイスはできませんが、自身がやっていた対策として、それぞれの分野ごとの問題パターンを覚えていました。 センターの問題は、教科書の基礎さえできていれば7割以上は取れる問題なので、まず、公式をしっかりと覚えて、実際に何回も繰り返して自分で様々な問題を解いてみることが大切です。 このときに注意したいのが、分厚い問題集をやりこなそうとしないこと。分厚い問題集ではなく、様々な分野を網羅し、かつ重要な問題を集めた問題集を繰り返し、最低3回以上とくことが大切です。

    利用した参考書
    Focus Gold、予備校のテキスト、プリントを利用しました。

  • 文学部英語英米文学科(2015年/前期)の合格体験記

    女性在校生
    • 熊本県立大学 文学部 英語英米文学科
    • 加治木高等学校 出身
    • 入試形式:前期
    • 現役 / 浪人生:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    過去問を解くことと、現文、古典、漢文の時間をしっかりとはかってとくことを徹底した。

    利用した参考書
    入試対策問題集を利用してました。

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    公式ノートをつくっていた。数学も時間を計りわからない問題よりもできるものを優先して、見直しをしていた。

    利用した参考書
    アクションαをりようしてました。

  • 総合管理学部総合管理学科(2015年/後期)の合格体験記

    女性在校生
    • 熊本県立大学 総合管理学部 総合管理学科
    • 国分高等学校 出身
    • 入試形式:後期
    • 現役 / 浪人生:現役
    • 入学年度:2015年

    科目別対策ポイント・勉強法

    国語

    【センター】
    現代はコツをつかむこと 古典は知識量勝負

    利用した参考書
    単語帳 文法書

    数学

    【センター】数学ⅠA、数学ⅡB
    とにかく数をこなすこと ぬかりのないように 数学が大の苦手である人は先生にとにかく聞きに行く

    利用した参考書
    模試の過去問

出身高校

順位 高校名 偏差値 国公私立 都道府県 合格者数
2019年 2018年 2017年
1位 第二高等学校 59 - 68 公立 熊本県 47人 49人 -
2位 第一高等学校 63 - 64 公立 熊本県 45人 44人 39人
3位 熊本北高等学校 62 - 63 公立 熊本県 32人 31人 37人
4位 熊本学園大学付属高等学校 66 私立 熊本県 30人 - -
5位 済々黌高等学校 73 公立 熊本県 18人 24人 24人

基本情報

住所 熊本県 熊本市東区月出3-1-100
最寄駅 東海学園前駅
学部 文学部総合管理学部環境共生学部

この学校の条件に近い大学

熊本県立大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  熊本県の大学   >>  熊本県立大学

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
愛知淑徳大学

愛知淑徳大学

45.0 - 52.5

★★★★☆ 3.78 (590件)
愛知県長久手市/杁ヶ池公園駅
金城学院大学

金城学院大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.98 (416件)
愛知県名古屋市守山区/大森・金城学院前駅
北星学園大学

北星学園大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.88 (310件)
北海道札幌市厚別区/大谷地駅
理系のオススメ大学
神奈川大学

神奈川大学

40.0 - 52.5

★★★★☆ 3.59 (690件)
神奈川県横浜市神奈川区/東白楽駅
創価大学

創価大学

42.5 - 52.5

★★★★☆ 4.36 (431件)
東京都八王子市/拝島駅
常葉大学

常葉大学

35.0 - 52.5

★★★★☆ 3.69 (245件)
静岡県静岡市葵区/草薙駅

熊本県立大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。