みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  筑波大学   >>  人間学群

筑波大学
出典:Kanrika
筑波大学
(つくばだいがく)

国立茨城県/つくば駅

口コミ
国立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 67.5

口コミ:★★★★☆

4.13

(783)

筑波大学 人間学群

概要

偏差値

偏差値
60.0 - 65.0
センター
得点率
80% - 84%

提供:河合塾

学科情報

教育学類
偏差値62.5
口コミ 4.847件
心理学類
偏差値65.0
口コミ 4.2529件
障害科学類
偏差値60.0
口コミ 4.4914件

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆4.41
(50) 国立内 7 / 566学部中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.38
  • 研究室・ゼミ
    4.26
  • 就職・進学
    3.54
  • アクセス・立地
    3.20
  • 施設・設備
    3.78
  • 友人・恋愛
    4.14
  • 学生生活
    4.14
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 男性在校生
    人間学群 教育学類 / 在校生 / 2018年入学
    教育学の真髄があるところ。
    2019年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地4|施設・設備4|友人・恋愛5|学生生活5]
    人間学群教育学類の評価
    • 総合評価
      良い
      質の高い教育を受けられるので大変満足しています。教員養成系の大学ではなく教育学という学問を修める場所なので教職免許自体取得が容易ではありませんが大体の学生がとっています。
      非常に充実していて楽しいです。
    • 講義・授業
      良い
      最高学府としての矜恃を持った先生ばかりです。旧東京教育大学としての本流をついで質の高い講義が受けられます。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      充実してはいますが、一部専門の分野は先生の不足により開かれない場合もあるので注意が必要です。
    • 就職・進学
      良い
      4割は大学院進学をするようななかなか特殊な学類ですが就職する方も一流企業が多いように思われます。
    • アクセス・立地
      良い
      大体の学生が大学周辺に一人暮らしをするのでキャンパスへのアクセスは問題はないと思われますが、車がないと生活しにくい場面は多々あります。
    • 施設・設備
      良い
      国立はお金がないらしく私立に比べれば施設面で劣る面もあります。
    • 友人・恋愛
      良い
      閉鎖的な土地柄が影響してか、恋人と過ごすのは家の場合が多いです。サークルが出会いの場になることが多いです。
    • 学生生活
      良い
      サークルも活発で必ず自分に合った団体や友人が見つかります。いっぱい入っておくとコミュニティが広がりいいと思います。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      教育学に関わるすべてのことを扱います。自分の興味が教育学の何なのか分からない学生も多いと思うのでその点ではいいです。
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 志望動機
      教育学という学問を修めたいが教員になるつもりはなく教職免許はべつに入らないので偏差値が高い順にみたら筑波大学があったから。
  • 女性在校生
    人間学群 心理学類 / 在校生 / 2018年入学
    心理学なら筑波大学!
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学4|アクセス・立地3|施設・設備4|友人・恋愛5|学生生活4]
    人間学群心理学類の評価
    • 総合評価
      良い
      心理学を学びたい人にとって最高の環境だと思います。各分野の第一線で活躍している専門の先生が数多くいらっしゃいますし、心理の先生はみんな親切で優しい方ばかりです。学生も本気で心理学に関心のある人がほとんどで、真面目な人が多いので、変に意識することなく勉強・研究できます。
    • 講義・授業
      良い
      各分野の専門の先生が揃っており、日本の大学で心理学を学ぶには最高と言える環境です。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      自分はまだ研究室やゼミに所属していませんが、先輩たちの様子を見ると良さそうです。
    • 就職・進学
      良い
      院進する人も一定数いますが、就職希望者向けのサポートもあるようです。
    • アクセス・立地
      普通
      大学の敷地内に宿舎があり、大学周辺にはアパートもたくさんあります。そのため多くの学生は大学の近くで一人暮らしをしています。大学周辺にはラーメン屋をはじめ飲食店がたくさんあります。また、最寄り駅から大学まで距離があることや大学の敷地が広大かつ坂が多いことなどから、ほとんどの学生の交通手段は自転車です。車がなくても自転車やバイクがあれば住むのには困りませんが、つくばは陸の孤島と呼ばれるだけあって東京までのアクセスが悪いです。時間もかかるし、TXの運賃が高いです。東京と違って近くにいくつも大学があるわけでもないので、どうしても交友関係が大学内で完結しがちなのが難点です。
    • 施設・設備
      良い
      授業で使う施設は古いですが、汚いわけではないので問題ないと思います。ただ、エアコンを使える時期や時間が限られる場合があり、使いたいときに使えないこともあります。また、ラット(ネズミ)を使った研究ができる施設などもあります。
    • 友人・恋愛
      良い
      人間学群は人数が少ないこともあり、他学類に比べてアットホームな雰囲気で、みんな仲が良いです。そのため学群や学類に友達がたくさんできますし、学群内カップルや学類内カップルも一定数います。また部活やサークルもたくさんあるので、きっと趣味の合う友達を見つけることができるはずです。もちろん、サークル内カップルも数多く存在します。
    • 学生生活
      良い
      部活やサークルはたくさんあります。体育専門学群があるだけあって、体育系の部活やサークルの設備・環境は良いと思います。その点、音楽系サークルなどは練習場所に限りがあります。またイベントは充実しており、中でも秋の学園祭は大規模で楽しい一大イベントです。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は主に、心理学の概論や心理統計学の基礎を学びます。2年次からは「○○心理学」といった名前の授業でより専門的な心理学の分野を学べるので、1年次より楽しいです。3年次には専攻の分野を決め研究室に配属され、いよいよ研究が始まります。そして4年次には卒業研究を行い、卒業論文を書きます。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていません。
    • 志望動機
      心理学といえば筑波大学というくらい有名で最高レベルだからです。調べてみて、各分野の専門の先生が揃っていることを知り、入学したいと思いました。
  • 男性在校生
    人間学群 心理学類 / 在校生 / 2017年入学
    人間大好きな人たちの集まり
    2019年12月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ3|就職・進学1|アクセス・立地5|施設・設備1|友人・恋愛5|学生生活4]
    人間学群心理学類の評価
    • 総合評価
      良い
      人間関係に関してで不便したことはないし、心理学を学んでいるからか基本的にはみんなフレンドリーな人たちが多いイメージ。
    • 講義・授業
      良い
      学生の数に対しての教職員の数は豊富。社会心理学志望の学生でなければ手厚い指導を受けられる。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      社会心理学領域の教員が不足している
    • 就職・進学
      悪い
      つくばという辺境の地でもあるため意識が低い。就職活動のスタートが遅い学生が多いイメージ
    • アクセス・立地
      良い
      大学周辺に住む学生がほとんどなので、通学に不便することはない。
    • 友人・恋愛
      良い
      付き合うとやることがない、一人暮らしが多いなどの理由ですぐに同棲を始める学生が多い。
    • 学生生活
      良い
      基本的にはなんでも揃っているのではないか、総合大学ということもえいきょしているかも。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      2年次までは様々なことを学ぶ、必修として。3年から自由になっていき、冬のはじめ頃に所属の研究室が決定。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      心理学といえば筑波大学と言われるほど心理学では名をはぜているため。

講義・授業

講義・授業の満足度

4.38 (51件)

★★★★☆

  • はじめは障害科学類、教育学類とともに学ぶ授業が多く、概要的な話が多いです。さらに、一番初めに専門的に学ぶのが心理統計のため、文系で数学が苦手な人はつまづきやすいです。大学2年生になると、「社会心理学」「臨床心理学」「認知心理学」など、専門的な心理学の授業が増え、楽しくなっていきます。 講義は欠席する人は少なく、真面目に聴く人か、寝ている人かのどちらかで、授業中は静かです。 課題は、テストよりレポートが多かった印象があります。出席数さえ満たせば、単位を落とすということはあまりなく、その点は理系の学類より緊張感は少ないはずです。 大学3年生の夏までに多くの人がほとんどの授業をとり終わり、3年生の後半から研究室に配属されますので、その後は卒業論文に専念します。先生方は研究の面倒見がとてもよいと思います。 大学1年生のときは教職をとる人が多いですが、4年生になると片手で数えられる人数しか残っていなかったので、心理学類で教員免許を取る人は珍しいです。(卒業生 2011年入学)
  • 各分野の専門の先生が揃っており、日本の大学で心理学を学ぶには最高と言える環境です。(在校生 2018年入学)
  • 基礎から演習まで、自分の希望に合わせて講義を選択し、専門的な指導を受けることができます。(卒業生 2011年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    14人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    14人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    14人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    少ない
    14人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

4.14 (24件)

★★★★☆

  • 人間学群は人の支援が好きな人が多いので、サークルはボランティア活動をおこなう「社会福祉研究会」に入る人が多いです。私の年の心理学類生は、体育会系のサークルに入っている人は少なかったです。 行事は、1年生が主体となって行う「やどかり祭」と、好きな人でチームを作って大会に参加したり部活を見学できる「スポーツデー」、学園祭である「雙峰祭(そうほうさい)」の3つが大きなイベントです。やどかり祭の中心メンバーになると、早いうちに大学になじめます。行事は強制参加ではないので、参加したいものに参加するという感じです。 アルバイトは、塾講師や家庭教師、飲食店のバイト、スーパーのレジ打ちなど様々です。 このあたりも自分の好きなように過ごせるのではないでしょうか。(卒業生 2011年入学)
  • 部活やサークルはたくさんあります。体育専門学群があるだけあって、体育系の部活やサークルの設備・環境は良いと思います。その点、音楽系サークルなどは練習場所に限りがあります。またイベントは充実しており、中でも秋の学園祭は大規模で楽しい一大イベントです。(在校生 2018年入学)
  • サークルの数は多いと思います。自分は特に関わってないのでよくわかりません。学祭はあります。(卒業生 2011年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    14人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    14人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    長い歴史がある
    14人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    14人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    多い
    14人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    14人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    活発
    14人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    14人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    14人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

3.54 (42件)

★★★★☆

  • 私は大学院に進学したので、就職について詳しいことはわかりませんが、学類の50名のうち、進学を希望するのは15名くらいで、あとの人は就職でした。公務員や一般企業が多かったと思います。 就職支援は、筑波大学のキャリアセンターが、説明会やキャリア相談、面接指導、グループ討論の練習など手厚くおこなってくれている印象でした。 進学組は、3年生の冬頃~4年生の春から院試の勉強をします。進学に関する支援は大学側からは特にないので、研究室の先輩からの情報が最も有用だと思います。(卒業生 2011年入学)
  • 院進する人も一定数いますが、就職希望者向けのサポートもあるようです。(在校生 2018年入学)
  • 大手人材会社や公務員への就職実績があります。大学院進学する人も多くいます。(卒業生 2011年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    大手企業が多い
    14人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    どちらともいえない
    14人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    どちらともいえない
    14人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学費

入学金 年間授業料
282,000円 535,800円

基本情報

本部
所在地
茨城県つくば市天王台1-1-1
最寄駅 つくばエクスプレス つくば
電話番号 029-853-5926
男女比 男:女=4:6 (口コミより引用)

みんなの大学情報TOP   >>  茨城県の大学   >>  筑波大学   >>  人間学群

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
立教大学

立教大学

55.0 - 67.5

★★★★☆ 4.02 (1260件)
東京都豊島区/池袋駅
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1486件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.12 (775件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
理系のオススメ大学
近畿大学

近畿大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.77 (1486件)
大阪府東大阪市/長瀬駅
上智大学

上智大学

57.5 - 67.5

★★★★☆ 4.12 (775件)
東京都千代田区/四ツ谷駅
東邦大学

東邦大学

45.0 - 67.5

★★★★☆ 3.88 (184件)
東京都大田区/梅屋敷駅

筑波大学の学部

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。