みんなの大学情報TOP   >>  鳥取県の大学   >>  鳥取環境大学   >>  口コミ

鳥取環境大学
(とっとりかんきょうだいがく)

鳥取県 / 公立

偏差値:50 - 54

口コミ:

4.04

(26)

鳥取環境大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.04
(26件) 公立内19位 / 77校中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.73
  • 研究室・ゼミ
    3.88
  • 就職・進学
    3.69
  • アクセス・立地
    2.81
  • 施設・設備
    3.77
  • 友人・恋愛
    3.96
  • 学生生活
    -
    -
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

26件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    環境学部 環境学科 / 卒業生 / 2014年入学
    2016-10-26投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境のことをより深く学べます。自分たちにとっての環境や生物たちにとっての環境、私たちがこれから暮らしていくうえでいまのうちから対策してなければならないこと!たくさん学べました
    • 講義・授業
      生徒たちのことを真剣に考えてくれています。一人一人のサポートがしっかりしているため、先生とじっくり話したいと思っている人にはオススメです。個人的にもたくさん先生とお話をしました
    • 研究室・ゼミ
      各分野で多様なゼミがあります。課外活動やフィールドワーク、先生との楽しい食事会すべてきらきらしています。二年の後期にゼミを決め、先輩たちのお話をきいたりして、自分たちの代につなげていきます
    • 就職・進学
      学務課と生徒との関係が密接であり、就職での面接やエントリーシートの書き方などこまやかな指導が入ります。進学はそれぞれだと思いますが、他の大学院に進むひとやそのまま環境大の院に進む人、就職する人がいてました。就職先までの把握はできていませんが、なんかガイダンスで説明されます。
    • アクセス・立地
      なにもないです。笑
      小さなイオンが目の前にあります。ちょっとランチ行こうかと寄れる場所はないですね。鳥取駅からバスで20分くらい、津ノ井が最寄駅ですが、津ノ井は無人駅です。察してください。。。
    • 施設・設備
      学校の中には小さな売店がありました。あとは食堂も、まあまあ広いしおいしいです。結構リーズナブルな気がします。
    • 友人・恋愛
      たぶん他の大学に比べると人数が少ないため、だいたい同じ学部は顔見知りになります。友達もたくさんできると思いますよ!恋愛は…どうだろう、どこの大学でもその人次第でしょって感じですが…笑
      わたしは大学で彼氏と出会ってまだ続いてます。←ちなみに
      まあ、恋愛は普通にできます。笑
      楽しい学生生活が送れるのかなとおもいます!
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      環境学部はひたすら環境というわけでもなく、環境に関する法律や環境によって影響を受ける生態系のこと、土壌に含まれる栄養やキノコなどの微生物…たくさん学びます。わたしたちって、いろんな生き物に支えられてるんだ!って思いました!
    進路について
    • 就職先・進学先
      わたしは2年在学して他の大学に編入しました。だからこそ環境大の手厚い対応が忘れられません
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    環境学部 環境学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-10-23投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境問題について総合的に勉強出来る数少ない大学。講義はフィールドワークも多く、教授との距離も近い。サークル活動も活発で、やりたいことは何でも挑戦出来る雰囲気が良かった。
    • 講義・授業
      教授との距離が近いくてよいです。直接教授の部屋を訪ねることもできます。
    • 研究室・ゼミ
      興味のある環境問題について、専門の教授の元で学ぶことができます。
    • 就職・進学
      どのような進路に進むのかは自分次第ですが、進学、就職、その他、サポート体制は整っていると思います。
    • アクセス・立地
      自然環境が良いです。都会ではないですが、雰囲気もよく住みやすいです。
    • 施設・設備
      施設は新しいです。屋上緑化などの 環境に配慮された設備が多いです。
    • 友人・恋愛
      サークル活動も活発なので、講義以外でも交遊関係を作っていけると思います。大学生活は人生の夏休み。遊びも勉強もその後の人生の良い肥やしになります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1,2年次は様々な地球環境問題について広く浅く学びます。3,4年次は専門の教授について、ひとつの分野を深く学びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      環境問題に関する海外ボランティア。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    環境学部 環境学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-22投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の大学、専門学校ではできないような体験をすることができます。フィールドワークがたくさんあり楽しいです。
    • 講義・授業
      個別対応です。指導も先生によって差が大きくあり、一概には言えません。
    • 研究室・ゼミ
      少人数のグループに先生が付くので、他の学校よりは充実していると思います。
    • 就職・進学
      まだ歴史が薄いのであまりありません。公務員には割と強いです。
    • アクセス・立地
      都会に疲れた人にはいいかもしれません。とても田舎でゆったりしています。
    • 施設・設備
      新しく建物が建ってきていて比較的新しいです。1ヶ所にあるので移動しなくてもいいです。
    • 友人・恋愛
      人数が少ないのでほとんどの人と知り合いになれます。日本全国から人が来ています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      他にあまりない学科なのでレアな体験ができます。自然に触れられます。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    環境学部 環境学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      実験や実習が充実しているのでいいと思います。また、環境学部では教員免許を取得できるため、卒業後の進路選択に幅ができます。
    • 講義・授業
      教授によって、良い講義もあれば悪い講義もあるので、3をつけました。
    • 研究室・ゼミ
      3年からゼミが始まります。先生次第でゼミが充実したものになるか決まると思います。
    • 就職・進学
      4年間で学んできたことを生かし、就職先を決めている人が多いです。
    • アクセス・立地
      バスの便が少ないです。また、お店やコンビニが大学の近くに1件しかありません。
    • 施設・設備
      実験や実習をすることのできる施設や設備が整えられていると思います。
    • 友人・恋愛
      学部が2つしかなく、小規模な大学なので、多くの人と繋がる機会が多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      自然環境保全や循環型社会などについて、座学だけではなくフィールド演習を通して学ぶことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      中学校
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    【募集停止】環境情報学部 【募集停止】環境政策経営学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-10-06投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境に特化している訳ではないが、学べる環境にある。サークル活動は環境大学ならではのものも多数ある。人数が少ないからこそ、自分の能力を発揮できる部分もある。
    • 講義・授業
      大学だし、自分の意欲によるとは思うが、自分が積極的に学びたいと思えば、先生も協力してくれる。講義は先生によります。
    • 研究室・ゼミ
      テーマは幅広く、その中でも自分の興味のあるものを研究できる。
    • 就職・進学
      就職はほぼ100パーセント出来ているのではないかと思う。自分の周りは。サポートも、意欲によっては応えてくれる。
    • アクセス・立地
      駅からの無料送迎バスはあるが、最寄駅が最寄りではない。周辺も充実はしていないが、自然には囲まれている。遠ければ、車で通学できる。
    • 施設・設備
      図書室が綺麗で充実している。研究棟には、勉強や友達と集まれる場所があり、食堂は人が多くなってくると席がなくなる。
    • 友人・恋愛
      大学内でのカップルは多いが、すぐバレる。みんな公認なのはいいのか悪いのか…
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      経済、経営、簿記、会計学、人口学、等々様々である。今起こっている社会問題など学べる。
    進路について
    • 就職先・進学先
      銀行
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    環境学部 環境学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-10-05投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境について様々な分野を学ぶことができます。
      自然環境保全、環境マネジメント、循環型社会、居住環境と大きく分類でき、さらにそこからそれぞれの専門分野を掘り下げて学ぶことができる。
    • 講義・授業
      学校の規模が小さいため大学というよりは、高校に近い感覚があります。大学教授も先生と呼び、講義も高校の授業に近いものがあります。
    • 研究室・ゼミ
      いきなりゼミに配属されるのではなく1~2回生まではプロジェクト研究というものがあり様々な分野を経験できます。中には他学部の内容を選択している学生もいて学部にとらわれずに学ぶことができます。
    • 就職・進学
      基本的に3回生までは単位に関係なく進級できます。
      しかしゼミに配属されるための条件や卒業必要単位を考えると一定の単位を毎年取る必要があります。
    • アクセス・立地
      大学までのスクールバスがありますが、田舎のため本数はとても少ないです。なので大体いつも満員で疲れます。
      駅からの通学も最寄駅から徒歩15分以上かかるため大変だと思います。また無人駅のためタクシーを拾うことも難しいので通学には余裕を持って行くことが大切です。
    • 施設・設備
      環境大学というだけあり、ソーラーパネルをはじめとした設備は充実しています。
      大学自体も新しいので講義棟はきれいです。
      今年には実験棟が新しく建てられ、より充実します。
      ただし食堂が一つしかなく学生数に対して少し狭いので昼食の席取りは大変です。
    • 友人・恋愛
      同じ分野に興味がある人が集まるため必然と気の合う友人を得られると思います。
      また全国各地から学生が集まるので色々な方言が混じってるときがあり会話がたまにおかしな方に進むときがあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      環境という広い分野を学び徐々に専門分野に移行します。
      様々な分野を学ぶことで広い視野を持って物事を見ることができるようになると思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-10-05投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境と経営の違った2学科があるが、実は相互的関係があり、環境を通した経営や地域経済について学べる。とてもためになる。
    • 講義・授業
      鳥取学や環境学などの学校独自の講義がある。また、先生も個性的な人が多く、授業が眠くならず楽しいのが魅力。
    • 研究室・ゼミ
      2年の11月からゼミの選択をする。さまざまな分野の先生がいるのだ、選択肢も多い。
    • 就職・進学
      鳥取だけでなく大阪や関東にも拠点があり、就職活動で利用することができる。
    • アクセス・立地
      鳥取駅からスクールバスが出ていて、その路線内では乗り降り自由。また、2万円払うだけで4年間の日本交通バスが乗り放題で、休日にも使えるのでとても便利。学校の周りには店は無いが、バス乗れば大抵どこでもいけるので不便ではない。
    • 施設・設備
      新しく研究棟が建った。学校自体もまだ新しく、有名なデザイナーによる設計で見た目も綺麗。
    • 友人・恋愛
      都会の大学に比べ人数が少ない、授業内での共同作業などがあり、人との交流が多い。そのため他学部の人ともよくしゃべれる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は学部基礎科目を学ぶ。また、キャリアデザインの講義もあり、これから学生生活や社会で経験する上で大切なことなどを学ぶ。2年次からは自分のやりたいことに向かって授業を取る。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-01投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国公立の経営学部で1番偏差値が低いため…センターで失敗した人が多く集まり、倍率や生徒の質が高い。推薦の人は勉強面で弱くとも、意識は高いので雰囲気は良い。
    • 講義・授業
      授業自体は良い。ただ、元が情報系の学部だったため情報系の授業が多く、また人も少なく授業総数が少ない点が残念。
    • 研究室・ゼミ
      人気で、面接などを通らないと入れないほど人気のゼミがいくつかあり……それ以外では…誰1人規模しないゼミなど差が激しい。逆にその分、良いゼミに入れれば楽しく、また質の高い学びが出来る。
    • 就職・進学
      国公立という事もあり、そもそもの就職率が高い。また、出張キャンパス(就活の拠点)が県外に複数あるから。
    • アクセス・立地
      鳥取駅~大学間の路線バスを、学生証を見せるだけで無料で乗れるから。また、土日だと、その通学で使う日交バスの全路線を無料で乗れて、砂丘などに無料で行ける!
    • 施設・設備
      元が私立大学であったという事と、出来てから数年の大学のため施設がとても新しく綺麗であるから。ただ…最近公立化での、学生数の増加で食堂などが人で溢れてる点は残念。
    • 友人・恋愛
      学部が2つしか無い小規模な大学なので、学生同士の繋がりが密で…同じ学部の同学年なら、ほぼ全員だいたい知ってるという関係になれる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や環境、経営学の基礎を学びます。2年次から、必修科目が少なくなり…自分が好きな経営学部の分野を学べます。まだ3年になっていないため、それ以外はなんとも言えません。
    入試について
    • 学科志望動機
      昔から物の値段に興味を持っていて、経営・商学部の国公立を目指していたから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      進研ゼミ
    • どのような入試対策をしていたか
      私の受けた後期は、小論文だったのでその対策を行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    環境学部 環境学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      自然と社会の共生について研究することができる大学です。 環境学部環境学科では、自然環境保全、居住環境、循環型社会形成、環境マネジメントの4つのプログラムと、教職課程があります。 開学から16年と比較的新しい学校で、校舎、施設とも新しいです。
    • 講義・授業
      4つのプログラムから成っており、環境について幅広く学習することができます。また、英語は、週3コマあり、少人数学習により能力の向上につながります。
    • 研究室・ゼミ
      学生が自由に使うことができる学生研究室は24時間自由に使うことができます。また、教員の研究室とも廊下を挟んですぐの場所にあり、気軽に質問することができます。実験棟が新たに竣工することで、さらに充実した研究ができるようになります。
    • 就職・進学
      教職課程があり、必要な単位を履修すれば、教員をめざすこともできます。 また、大阪との高速バスの助成や、採用試験の際の交通費や宿泊費の助成も充実しています。 キャリアデザイン教育も充実しており、面接やESの書き方、企業研究の時間があてられています。
    • アクセス・立地
      鳥取へのアクセスはあまり良くないかもしれません。また、鳥取駅からもバスで20分程度かかりますが、ある程度本数があります。しかし、天気が悪い時には積み残しがあり、自転車や車がないと不便です。
    • 施設・設備
      環境学部の実験棟は2016年7月に竣工します。実験環境の充実が図られます。教育研究棟と呼ばれる建物では、24時間自由に使うことができます。
    • 友人・恋愛
      環境学部環境学科では、1年に前期後期に週3コマの英語の時間が充てられており、英語能力の向上につながります。また、インテンシブイングリッシュでは、英語の本を多読することが課されており、速読の能力向上にもつながります。 クラブ活動が活発で、他学部の学生との交流が盛んであり、また、学生委員会でも大学生活の充実のために、ISO委員会や、学祭実行委員などで、交流ができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では、一般教養科目や、演習科目があり、2年次以降、各プログラム科目の学習が本格化します。教職課程を履修する場合も、教職科目は2年次から始まります。1、2年次では、プロジェクト研究があり、学年を超えて、テーマに添って研究し、発表会があります。 3年次以降は、各研究室に配属となり、卒論に向かって研究をしていきます。
    入試について
    • 学科志望動機
      人と自然と社会の共生を目標に、カリキュラムが編成されています。 私は、環境マインドをもった教員の養成というポイントに魅力を感じてこの学科を志望しました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      2次では、数学・化学・英語の内1科目を選択する方式をさいようしています。 前年度が移行期の入試形態をとり、公立大学として初めての入試で過去問はありませんでした。そのため、高校にあった、他大学の過去問を解き、対策を立てました。基礎がないと応用問題は解けないと思います。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    環境学部 環境学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-02-26投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      環境系を勉強したい人にとってはなくてはならないことを学ぶことができる。自分は入学した頃はペット関係を目指していたが、勉強していくうちに教員免許も取れることから高校の生物の教師になるときめ頑張ることができた。
    • 講義・授業
      勉強する環境が整っており、とても学んだことを吸収しやすい。実習などいろいろな環境の問題や、山に入っての実習など考えさせられることもたくさんありよかった。
    • 研究室・ゼミ
      森林学といった、日本でも数少ない分野を学ぶことができる。それ以外にも、自然と木々に触れることで、その後の勉強に活かせそうなことを感じ取ることができた。
    • 就職・進学
      チューターの先生が熱心に教えてくださり、無事夢を叶えることができた。面接練習やエントリーシートなどたくさんの時間をかけて注意や添削をしてくれていた。
    • アクセス・立地
      少し田舎なので、交通の便利が悪く、電車も少ない。免許と移動手段がなければあまり出るまでがおっくうになってしまいがちであった。
    • 施設・設備
      勉強のしやすい設備が整っておりよかった。とくに出席はカードでピッとするだけなので楽で、管理するほうも、評価しやすいのではないかとおもう。
    • 友人・恋愛
      毎日のようにワイワイとたのしむことができた。また学園祭では、いろいろな催しなどがされており、本校の生徒だけでなく一般の人にも楽しんでもらえた。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年はほとんど一般教養で、二年から専門的になってくる。
    • 所属研究室・ゼミ名
      森林学
    • 所属研究室・ゼミの概要
      森林で、土壌などの性質を調べたりする。たくさんの土を掘り返した。
    進路について
    • 就職先・進学先
      高校教師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      現実をしり、教師免許がとれることから、ペット関係から切り替えて勉強した。
    入試について
    • 学科志望動機
      ペット関係の仕事に就きたくて環境系をえらんだ。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      家庭教師
    • どのような入試対策をしていたか
      生物を主にがんばり、AOの話のネタとなることを高校時代にたくさん参加したりした。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

26件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

鳥取県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  鳥取県の大学   >>  鳥取環境大学   >>  口コミ

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

鳥取環境大学の学部

環境学部
偏差値:54
★★★★☆ 4.31 (13件)
経営学部
偏差値:50
★★★★☆ 3.80 (10件)
【募集停止】環境情報学部
偏差値:-
★★★★☆ 3.67 (3件)

オススメの大学

三重県立看護大学
三重県立看護大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.33 (3件)
三重県/公立
宮崎県立看護大学
宮崎県立看護大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★★ 4.60 (5件)
宮崎県/公立
公立はこだて未来大学
公立はこだて未来大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.83 (18件)
北海道/公立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。