みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  別府大学   >>  口コミ

別府大学
(べっぷだいがく)

大分県 / 私立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:BF - 37.5

口コミ:

3.82

(61)

別府大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.82
(61) 私立内192 / 567校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

61件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    文学部 史学・文化財学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      かなり専門的に史学について学ぶことができる。教授陣も有名な先生が多い。学生の数が少ないので、クラス制度がとられ、高校の延長的な感じがある。しかし、担任の先生がまめに面倒を見てくださる。
    • 講義・授業
      先にも記述したが、教授陣がかなりゆうめいな先生が多い。史学を学びたいならおすすめ。履修の組み方は選択したコースにより若干変わってくるので、まず自分がどの時代を学びたいか、何を1番習得したいかを見極めるのが大切だと思う。
    • 研究室・ゼミ
      1年次よりゼミ体制がとられている。これは任意というか履修単位にはならないものだが、史学関係に進みたいのであれば入るべきだと思う。履修単位に関係するゼミは別にあり、卒論は各自でテーマを決めそれに沿って書いた。
    • 就職・進学
      専門での就職率は厳しいものがあるが、大学院に進んだり、臨時で務めたりといろんな方法はあるようだ。多くの学生は一般企業に就職したと思う。就職活動のサポート体制は万全で、早くから先生方と顔見知りになることが大事だと思う。
    • アクセス・立地
      最寄り駅からは徒歩10分くらいだが、坂道なのでちょっとしんどい。大学周辺はスーパー、コンビニ、飲食店があり、便利。
    • 施設・設備
      キャンパスはあまり大きくないので、教室間の移動は楽である。研究設備は、専門的な設備が整っており、かなり良いと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、学生数が少ないのですぐ顔見知りになれる。ゼミや部活に所属すると友達を作りやすい。恋愛はそれなりです。
    • 学生生活
      運動サークルは大学の大学のスポーツ振興会に所属するので、全体の飲み会や合宿などが年に数回ある。なので、違うサークルの人とも仲良くなれる。個々のサークル自体の活動は週3回ほど練習があり、アットホームな感じでした。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1~2年次は基礎的な専門知識を学び、3年次から4つのコースに完全に分かれるが、履修科目もコース別に単位の指定が異なるので、1~2年次にどのコースにするのかを考えながら、科目の選択をする必要がある。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      事務職
    投稿者ID:430633
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 国際言語・文化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      資格を取得したい人にとってはサポート体制も強く、努力すれば誰でも資格を取ることができると思います。しかしながら、資格を取得するための講義は普通の講義とは別なので、取得したい人は講義との両立を測ることに重点を置くとよいと思います。
    • 講義・授業
      数人規模のゼミのような講義から、大講義室で100人200人単位で受けるものがあったりと、様々です。ただしどの講義においても、質問を受け付けたり、スライドを使った見やすくわかりやすいものです。先生と学生の距離が近く感じられます。単位はしっかり努力すればよい評価を得られます 。
    • 研究室・ゼミ
      学科にもよりますが、講義でも先生と学生の距離が近いと述べた通り、講義からしてゼミのような雰囲気を感じられます。学内のいたるところで卒業論文を書いている方の姿が見受けられますが、それに対してのサポート体制もしっかりしているので、皆さん集中して取り組んでいるようです。
    • 就職・進学
      学内の至る所に過去の卒業実績などが掲示してあり、在校生の目に触れやすいと感じています。個人的にやっておいた方がいいと思うことは、一年生の時から、積極的にキャリア教育センターなどを活用して情報収集をしておくことだと思います。センターには常に相談に乗ってくださる方がいらっしゃるので、気軽に声をかけるとよいと思います。私自身も少し見学に行ったとき、親身になって話を聞いてくださり、希望の職種に見合う企業を紹介してくださったりしました。また、自分の適正を知ることができるSPIテストも実施してくれるので、サポートはとても充実していると思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅は別府大学駅がありますが、それから長い坂を登るので必ずしも便利だとは言えません。大学の坂を歩いて登っていくと、鉄輪温泉郷があります。そのほかカフェなどもたくさんあるので、講義の間などに友人と周辺を散策するのもとてもたのしいです。まわりにはスーパーマーケットやドラッグストア、書店などがあり、アルバイトを探すのにも便利だと思います。
    • 施設・設備
      増築を重ね、日々新しくなっているためか設備はとても良いです。私立大学ということもあると思いますが、学校以外の関連施設がとても充実しています。学生が集う2箇所の食堂はいつも賑わっており、キャンパスショップの品揃えも豊富です。外部講師の方を招くことも多い講義室は多くの人数を収容でき、図書館なども気軽に利用できる場所です。学習のためのスペースがいろんなところに設けられているので、好きな時に好きなところで学ぶことができます。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      どちらかというと一人で過ごしている人が多いように思われます。団体で賑やかにしているところもあるのですが、基本的には一人から三人程度の少人数で学生生活を送っている方が多いと思います。
    • 学生生活
      アルバイトは学内に掲示されているものや、学生課が斡旋してくださるものなど、種類が豊富です。サークルは文化系のものとスポーツ系のものとあり、それぞれが独立した活動を行なっています。年に2回ある文化祭でも、様々な企画があります。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はたくさんの科目を履修しておくことをオススメします。というのも、2年次、3年次に資格取得のための勉強をしなくてはならない人は、講義を受けることが厳しくなると予想されるからです。必修科目以外にも魅力的な科目がたくさんあるので、気になった講義は受講してみると良いと思います。その研究のエキスパートである先生方が数多くいらっしゃるので、視野を広げるだけではなく、将来の計画に役立つことが見つかるかもしれません。
    投稿者ID:431975
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    食物栄養科学部 食物栄養学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活を振り返るととても、充実した毎日であった。保育園実習を通した食育や、食品衛生学、調理実習などを学んで食に関する知識を身につけることができた。栄養学を学びたい人はもってこい。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容はスクリーンやホワイトボード、レポートを使用しながら、実践などをしながらとてもわかりやすく進めることができる。
    • 研究室・ゼミ
      自分の学習したいテーマをもとにグループに分かれます。全生徒を対象にしたアンケートをもとに卒論を作成した。
    • 就職・進学
      就職率としては99%くらいだと思います。就職活動のサポートとしては面接、実技の練習にアドバイスをもらいました。
    • アクセス・立地
      最寄駅から徒歩10?15分くらいかかり、学校の周りは山で近くのスーパーまでも近くて徒歩5?6分。遊ぶ場所はなし。バスもない。
    • 施設・設備
      コンピューターは人数分設置されており、科学室、調理室も設備については問題なし。図書館も数多くの本が並べられている。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係は自分で築くもの。自分から切り開く。大学時代の友人はそれまでで1番なかの深いものになりかけがえのない存在となりました。
    • 学生生活
      水泳部、弓道部と全国大会に出場しているサークルが数多くあります。イベントは姫山祭が1大イベントで芸人のライブを楽しむことができる。アルバイトは自由。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は食に関する基本的な知識をつけていくための1歩となるので調理実習、衛生学など今後の基礎となっていくものの学習を得られる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      委託業
    投稿者ID:427382
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 史学・文化財学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      日本史コース、世界史コース、考古学コース、環境歴史学コースの4つがあり歴史を勉強したい人にとっては自分の興味のある分野を深く学べる。
      歴史学の中では割りと有名な大学だと聞いた。
    • 講義・授業
      1、2年次は教養科目中心。
      歴史も日本史、世界史などいろいろな分野を学ぶ。
      3年からはコースに分かれ、少人数の授業でとても深く学べる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは定員が決まっているので、人気のあるゼミには入れない可能性もある。
      入学してからの成績で決められるようです。
    • 就職・進学
      歴史関係の仕事に就ける人はほぼいない。
      学芸員の資格のサポートなどは手厚いが、募集がないので難しい。
      そのまま大学院に進む人も割りといる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は別府大学駅。
      アパートも多くて住みやすい。
      スーパーやコンビニも近くにあるため買い物も便利。
      夜も人通りがけっこうあるので安心。
    • 施設・設備
      海が見えるのでとても爽やかな気分で勉強に励める。
      図書館も個別のスペースがあり、レポートを書くときや試験前の勉強をするときに便利。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルに入るのも良いと思うが、歴史研究会というのがあるのでそれに入るのも良いと思う。
      先輩との繋がりもできて、アドバイスももらえる。
    • 学生生活
      近くにコンビニや居酒屋があるので、アルバイトはしやすい環境だと思う。
      大学祭は正直あまりぱっとしない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は歴史の基礎を学び、3年次からコースに分かれていく。
      コースは4つあり、2つまで取ることが出来るので迷ってる人にもありがたい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      県の臨時職員。
    投稿者ID:427210
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    食物栄養科学部 発酵食品学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      少人数体制により、今日中と生徒との距離が近い。
      ただ、隅まで目が行き届く故にやらない者は容赦なく見捨てられる場合がある。
      実験器具や装置の操作は自分で行えるため、技術は身につく。
    • 講義・授業
      講義の内容は文系、理系問わずに行われるが、予備知識があるのと無いのでは理解のスピードには差が生じていたように感じられる。課題のようなものはほとんどない。だが、レポートや質疑応答のようなものや一問一答形式で指名され発表する場面もあった。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まるのは研究室ごとに違うので一概にそう言えないが遅いと感じられる。選ぶ研究室によっては忙しいが充実した研究の日々を過ごしてる所や、ほとんど来ないような研究室もある。本人のやる気次第でいくらでも変わる。
    • 就職・進学
      就職キャリアサポートに関しては小さい大学ゆえに、希望のキャリア職員の予約が取れない状態が続くのであまり活用する場面がわたしの場合なかった。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは傾斜がある坂を登る必要がある。
      学校の周りは個人経営のお店が何店舗かあるがカフェテリアなんかで済ませてしまう学生が大半を占めるような感じ。
    • 施設・設備
      わたしの所属する学科には様々な機械がそろっており、実験によっては別の棟の装置や器具を使う機会があったら。
      空き教室はよく勉強や団欒の時間に使っていた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      卒業する頃には、すごく狭い学校の中で知らない人の方が少ないような状態になった。ただ、一人暮らしや地元から離れて来ている人も多いので交遊の時間はかなり充実していた。
    • 学生生活
      イベントに関してはさほど大きなものはなく、サークル間同士でのイベントなどを催していたように感じる。参加も自由で特にこれといったものはない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      食品の衛生管理や微生物の遺伝子やタンパク質の合成、食品の新製品の開発に向けての分析を行う。大分県内では唯一の理科教諭の免許を取ることができる学科。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      食品における品質管理や製造
    投稿者ID:426704
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 史学・文化財学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      歴史を勉強するにはもってこいの環境です。東洋史、日本史、文明史、西洋史、考古学、文化財あらゆる分野の歴史を学ぶことが可能です。研究室もあり学生同士で学びあいながら交友関係を増やせるきっかけになります。また、二年ごとに海外と国内の研修が行われています。もちろん強制ではありません。今年は中国の西安と敦煌で研修がありました。まだ入学し半年と少しですがとても充実しています。
    • 講義・授業
      一年生のうちは概論が中心となります。資格取得のための必修教科もあり、外部講師による授業が多数設けられています。
    • 研究室・ゼミ
      私も研究室に所属してます♪
    • 就職・進学
      考え中です
    • アクセス・立地
      学校は別府大学駅から約徒歩10分。まっすぐ歩くだけです。バス停は正門前なので交通には困りません。学校内に購買と食堂、近くにコンビニは三店舗、パンや週一のクレープも近くに来ます。大学をでて約五分ほどのところに食事処やカフェもあります。
      大学付近には学生寮やアパートが多数あるので不自由なく暮らせると思います。ちなみに私は大分市内から電車通しています。大分駅からだと15分ほどです。
      しかし。ショッピングしたいとなると別府市内にはゆめタ〇ンがありますが大学付近からは少し遠いので別府駅まで行く必要があります。そのまま大分駅まで行ってもいいかもしれません。
    • 施設・設備
      敷地じたいは狭いので授業に間に合わなくなるということはほとんどありません。図書館にはたくさんの書籍があるので読書好きにはたまりません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      研究室等に所属することで男女とも友人をつくることが出来ます。学科関係なく輪は広げることが出来ます。
    • 学生生活
      別大は学祭にお笑い芸人が来ます。模擬店などもあるので楽しめます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年生のうちは様々な分野について学び、二年次から資格取得の専門科目が入ってきます。三年次から世界史コース、日本史・アーカイブズコース、考古学・文化財科学コース、環境歴史学・文化遺産コースにわかれ自分の興味のある分野を掘り下げていきます。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員もしくは大学院進学。
    投稿者ID:389957
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    食物栄養科学部 食物栄養学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      とても充実した学生生活を送ることが出来てます。授業は難しいけど楽しかったりもします。あと、いろいろボランティアがあるけど、参加して損はないものばかりです。
    • 講義・授業
      難しい教科もあったりするけど、先生たちはわかるまで教えてくれるので大丈夫です。レポートは大変だけど、やっておくと後々役に立ちます。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室に入ってはいないけど、研究室に入っている先輩の手伝いはとても楽しいです。先輩やまだ関わったことのない先生と関わることが出来るチャンスだと思います。
    • 就職・進学
      就職は結構幅広くあります。就職率も高いし、サポートもちゃんとしてくれます。1年生のころからはなかなか決めるのは難しいかもしれないけど、ある程度決めておいて先生に相談しておくのもアリだと思います。
    • アクセス・立地
      学校の周りはおいしいお店が結構あります!でも少し遠いかなとも思います。すぐ近くにコンビニとお弁当屋さんがあるくらいなのでまぁまぁです。
    • 施設・設備
      教室はたくさんあるけど、空き時間に勉強できるところが少ないと思います。でも、銀行や売店はあるので便利かと思います。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      男子の少ない学科なので、たまに女同士でいろいろあるかなと思いますが、全然そんなことはないです。ただ、グループは分かれるかな(笑)
    • 学生生活
      学校の空き時間とかでカラオケに行ったりしてる子もいるし、みんなそれぞれいろんなことして楽しめてると思います。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      とりあえず、他の学科よりも必須科目が多いので、ほとんど時間割が決まっています。なので組み込むのが大変です。ただ、1.2年生は空きコマが多いので、ゆっくりできると思います!
    投稿者ID:410003
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 史学・文化財学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 1| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般を振り返ると、充実はしてた。充実している点としては、歴史の分野毎に細かく分かれていたため、より詳しい内情や史料を知り学ぶことが出来た。また、免許など目指せば効率良く授業に参加出来るよう被らないようにしてくれてる。
    • 講義・授業
      講義・授業の内容についてはきちんと研究されている・聞きやすいよう説明を丁寧にしてくれている教授は多く、とても楽しい。しかし自分語りが大好きな教授限り、ただ自分が研究したであろう論文のような物を授業時間丸読み、お爺さんの聞き取りにくい声、そして板書はミミズ、配布プリントなんてなし。テストではその講義で話した(笑)内容を自分なりにプチ論文の様なものにまとめさせる。持ち込み不可だったかな。多分それっぽくかけてりゃ単位をくれる模様。無駄な時間に思えた。
    • 研究室・ゼミ
      四年からゼミ開始。選び方については、自分の得意分野をオススメする。途中で飽きるから。文献が集めやすい方がいい。マイナーすぎると著者が限られ、参考に出来る人が希薄になってしまい、結局似たような文書のために何冊も探し、何度も図書館に足を運ぶことになる。ゼミ生同士の繋がりは希薄。
    • 就職・進学
      就職実績については良くないと思う。就職活動のサポートについてはほぼ無いし、ノウハウも特に教えてはくれない。気になるなら自分で調べて、行動してね方式。先輩/自分/後輩の就職活動はやはり難航していた。どこもそうなんだろうけど。一部はとりあえず院生にいくから、就活で慌ててる人間はあまり目立たない。だから大学側のサポートも希薄。
    • アクセス・立地
      別大前で降りたら、坂をのぼると大学に着く。まっすぐだから迷子になる心配はないが、朝一の坂は辛かった。バスもあるけど待ち時間と歩いての到着時間は変わらない。 住む場所は多いから、出来るだけ坂を登らなくていい場所に借りた方がいい。買い物も大変かな。坂だから。
    • 施設・設備
      キャンパス自体は狭い。移動時間にはあまり困らなかったからいいかな。教室は普通。図書館の座席は取り合いが多いので、早めに場所とりしとかないと席がない。空き教室でゆっくり閲覧した方がいい気がする。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      陰キャの集まりで、陽キャになりたかったやつが出てきて、かなり距離を置かれるが、空気読めずに気が付かない人間がちらほら。コミュ障の集団だから、静かでいいけど。気が合う仲間は出来やすいが、優しすぎる子は付きまとわれたりして可哀想な事になる事が多いみたい。
    • 学生生活
      活動自体は、静かに身内でやってくれているので迷惑だと感じた事は少ない。イベントも参加したいやつだけ参加すればいい。サークルに入っていると必ず参加。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目については、必修科目から必ず時間割は作る事。自分が気になる授業もあるだろうが後回しにしてはならない。 単位を落としてしまった場合もう一度必修科目の授業を受けなければならないため。学校側も教えてはくれないから、友人を作り必修科目、免許などの必修科目を確認しておいた方が良い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      フリーター
    投稿者ID:409133
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文学部 史学・文化財学科 / 在校生 / 2017年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      1年生から県内の歴史的場所にいく機会が授業やボランティアなどであり、研究室も1年生から入ることができ、早い段階から興味のあることを学ぶ事が出来るから。
    • 講義・授業
      講義や授業は出席していれば単位がもらえる点数にいたるものが多いが出席が危なくても特別講義などに参加すればもらえたりするから。
    • 研究室・ゼミ
      入学式の日に各々の研究室の方が説明してくださり、説明会も一つの教室で行うのでいろいろな説明を聞きやすいから。
    • 就職・進学
      後期にはいるとすぐにSPI検査を無料で受けることができ、授業で就職センターに行き、説明を受けることが出来るから。
    • アクセス・立地
      最寄り駅までは歩いて15分ぐらいと少し遠く、学校の周りにはスーパーやコンビニぐらいしかないので、遊ぶところがないから
    • 施設・設備
      図書館は3箇所にあり、一部の本を除いて自由に借りることが出来るから。設備についてはまだ良くわからない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係はできる人は出来るし、できない人は出来にくい。サークルについては所属していないのでわからない
    • 学生生活
      サークルにはいったり、大学のイベントに参加したりしていないので、わからない。学外での活動は多いと思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      必修科目に英語が2つ入っている。英語2つを含め第二外国語からあと2つとることが卒業資格に入っている、
    投稿者ID:408634
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文学部 史学・文化財学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学びたいことが学べたと思います。考古学、文化財、歴史を学びたい人にとってはいいのではないでしょうか。教職、司書、学芸員などの資格も取れます。九州では珍しい学校だから、九州の各県から人が来るだけあります。授業以外に関しては、自分はサークルに所属していなかったので詳しくはないですが、色んなサークルがあるし季節ごとのイベントもあるみたいです。卒業後は正直求人が少ないのが現実なので、資格に関係の無い職業につく人も多いです。
    • 講義・授業
      教授については、それぞれで専門の先生がいるので、自分の興味のある講義が聞けて楽しいです。講義中の雰囲気は教授によりますが、生徒も真面目な人が多いのでみんな真剣です。課題に関しては学部によりますが、自分の出身の史学・文化財学科はあんまり無いです。講義によってレポートがあります。単位については1年2年で真面目に取り組めばあとが楽です。履修の組み方については、自分の希望するコースを早めに決めて必須科目を逃さないようにすれば大丈夫です。
    • 研究室・ゼミ
      1年からゼミはありますが、この時点ではコースはあまり関係ありません。2年からコースに分かれます。内容は教授によって異なりますが、シラバスを見るといいでしょう。自分が所属していたゼミでの活動は主に3年までは英語の和訳で、4年になってから卒論でした。他の生徒も前で発表をして、それから先生に質問されるというものです。先生も参考資料を教えてくれたのでとても助かりました。卒論
    • 就職・進学
      資格の求人が少ないですが、それよりも学内にある就職センターが好きではなかっです。入りづらい雰囲気があったので、さっさと内定決めて行かないようにしてました。もう転職してますが。別府大学卒業の先輩がお話にきたこともありました。面接の仕方の指導もセンターの人がしてくれます。進学については自分がしていないのであまり知りませんが、文化財の方向で院に進んだ友達がいます。なかなか大変みたいですが、自分が好きなことを学んで仕事にしたいと思うのなら進むのもありだと思います。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は別府大学駅です。歩いて行けます。寮もあるので学校の周りで住んでいる人も多いです。電車で数駅で別府なので別府まで出てたりしていました。
    • 施設・設備
      文学部ははっきり決められた棟とかがないので、移動教室が少しめんどうでした。図書館は専門の本もあるし漫画もあるので、勉強にも暇つぶしにもいいです。試験は持ち込み可のものもありますが、ある程度内容を理解していた方が良いです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大きな講義室での講義は色んな学部の人が来るので広げようと思えば広がります。サークルには所属していなかったのであまり知りませんが、友達が所属していたサークルに混じって文化祭に参加したことがあります。学内の恋愛についてはカップルはできやすいと思います。
    • 学生生活
      イベントは文化祭が年に2回あります。あとはサークル内のイベントが有ると思います。アルバイトは学業に支障がなければ大丈夫です。自分も土日にバイトして、4年の頃は平日もしていました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はまだ専門科目がないので自分の興味のある講義を取るといいでしょう。2年から選択科目が増えるので主コースと副コースを決めることにります。どちらにするか迷うならどちらもほぼ均等に履修すればいいと思います。3年から主コースは確定になりますので、必要な科目をとってしまった方がいいです。4年は上手く行けばほぼ授業はないです。自分は週に2科目しかなかったです。卒業論文については、3年の時にほぼ確定しておいた方がいいです。4年の初めには参考文献も決めておくと楽です。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      保険業界の営業
    投稿者ID:407412
    この口コミは参考になりましたか?
61件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

大分県で評判が良い大学

大分県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  別府大学   >>  口コミ

別府大学の学部

オススメの大学

千歳科学技術大学
千歳科学技術大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.69 (16件)
北海道/私立
北海道文教大学
北海道文教大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.64 (106件)
北海道/私立
日本赤十字北海道看護大学
日本赤十字北海道看護大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.00 (25件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。