みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  松山大学   >>  口コミ

松山大学
出典:At by At
松山大学
(まつやまだいがく)

愛媛県 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:40.0 - 52.5

口コミ:★★★★☆

3.68

(238)

松山大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.68
(238) 私立内340 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.42
  • 研究室・ゼミ
    3.53
  • 就職・進学
    3.80
  • アクセス・立地
    4.07
  • 施設・設備
    3.61
  • 友人・恋愛
    3.70
  • 学生生活
    3.77
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

238件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      他の学部と異なり、2年次からのコース選択が可能です。経営以外に流通、会計など広範囲に自分が学びたいことを学べます。将来やりたいことがまだ決まってない、明確でない人にとって最適だと思われます。もちろん、経営を学びたい人にも最適です。少人数で学ぶゼミも充実してます。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容はとても重要しています。教授は優しい人から厳しめの人もいます。課題はさほど多くないです。取る授業にもよります。単位に関しては、概ね取りやすいです。履修の組み方については、自分の生活に合わすことができるので、自由です。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一回生から始まります。選び方は入学準備の際に自分の興味のある内容を選びます。二回生からは卒業まで統一のゼミを再び選択します。その前にゼミガイダンスがあるので、ゆっくり選択することができます。
    • 就職・進学
      就職実績の良さは四国内でも有名です。地元企業に就職する方が多いと思います。就活サポートも充実しており、就活を終えた先輩方の経験談やアドバイスを聞く機会もあります。
    • アクセス・立地
      駅も近くにあり、コンビニも近くにあります。大学周辺は学生マンションが多く、立地はとてもいいと言えます。飲食店も近くにあり、一人暮らしの学生にはとても助かります。
    • 施設・設備
      キャンパスは狭すぎず、広すぎないので、丁度いいです。教室は少し、狭いかなと思います。図書館は種類が豊富にあるので、読みたい本がすぐに借りられます。課題をやる上で最適な場所は、図書館内に設置されている自習スペースです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自分から積極的に活動すれば、友人はできます。サークルや部活動に参加するのがおススメです。先輩がいると、オススメの授業などがきけます。
    • 学生生活
      サークルや部活動に関しては数は豊富ですが、似たようなものしかない気がします。真面目なところからただのあつまりというところもあります。イベントもありますが、決して盛んではないです。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修科目が多いです。パソコンを使った授業や経営の基礎を学ぶ授業があります。2年次からはコースに別れるため、流通や会計など興味のある専門的な授業がうけれます。
    投稿者ID:431543
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      経営学部の中でも細かくコースが分かれていて、選択肢が多いのがいいところです。
      資格取得のサポートになるような授業もあったのでうまく利用して、資格もとれました。
      ただ、学生の半分は学習意欲が無いように感じたので、3点にしました。
    • 講義・授業
      授業の種類が多く、自分の学びたいものを選ぶことができました。
      先生もわかりやすいように努めてくださっているのが伝わって来ました。
      履修を組む前に先輩に相談できるシステムがあったので助かりました。
    • 研究室・ゼミ
      会計のゼミでした。
      会計の基礎についてや発展した内容について学びました。普通の講義と違って一人一人に合わせてくれていました。
      また、ゼミ生同士仲が良く、卒業後も集まっています。
    • 就職・進学
      就活に向けて、たくさんの講義が開かれていました。
      キャリアセンターではエントリーシートの添削までしてくれました。
      本当に充実したサポートでした。
    • アクセス・立地
      学校、マンション、街が密集しています。
      全て自転車や徒歩で移動できるので買い物や遊び、バイトなどとても便利でした。
    • 施設・設備
      施設はいろいろあったのかもしれませんが、利用する機会がなく、あまり覚えていません。
      食堂がいつも混んでて席がなく、困りました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや、ゼミなど、普通の友人だけでなく縦のつながりもあったので、充実していたと思います。先生とも仲が良かったです。
    • 学生生活
      サークルの数がとても多いです。
      部活にも力を入れているようで、
      強い部活がたくさんありました。
      選択肢も内容も充実しています。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年目は基礎的な学習をします。
      経営学の基礎や、英語、理科や社会など
      高校で習った内容の発展したもののような講義が多くありました。
      2年目以降は本格的に経営学や会計、情報システムなど自分の選んだコースの内容を勉強していきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      舶用機器メーカーの事務
    投稿者ID:426280
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    人文学部 社会学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      フィールドワークがあるので机上以外での勉強ができる。真面目な人が多い学科なので比較的落ち着いて講義を受けられる。先生も知識が豊富でどの単位も楽しく取れる。
    • 講義・授業
      心理学に近いものがあり、答えのないことを研究していくので先生の色が強くなる。話しやすい先生が多いので色んな先生のコマを取って話してみると参考になると思う。単位は基本的に座って入ればとれる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは先生によって全然違う。うちのゼミは本を読んで話し合うくらいしかしていないので、毎回楽チンだった。ゼミ旅行も一度あった。先生のレベルは高いが全体的に学生の質が低いためゆるい活動となると思う。
    • 就職・進学
      地元企業ならとっも入りやすい。就活支援として東京、大阪へのバスや宿泊施設があったり、卒業生の就職活動を見られたり(文書)偏差値の割に就職については有利だと思う。進学はほとんどない。
    • アクセス・立地
      文京地区なので安心。周辺の家賃が安い。街中なので周辺は車が混むので原付利用が多い。大学内もどの施設も行き来しやすい広さ。繁華街も徒歩15分ほとで行けるので飲み会やバイトら買い物もしやすい。
    • 施設・設備
      教室が新しいところが多いのできれい。昼休みや空きコマのときはテレビのある部屋を使えたり、使っていない部屋を自由に使えるので一日中滞在できるかも。図書館も広くて便利。また、図書館内に個別のしきりがある机があるので集中して資格の勉強などに取り組めた。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      英語クラス、第2言語クラスは他学部と同じなのでそこで交流がある。サークルもさかんで友達は多くできると思う。勉強しに来てる人が少ないので友人、恋人もできやすく遊びやすい大学だと思う。
    • 学生生活
      サークルによるが経済、経営学部の多いサークルはとても盛り上がっている。ほとんどの人がアルバイトをしながら生活している。学祭などは特に盛り上がり、狭いキャンパスだが人が溢れる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      社会調査士過程だったので、3年から統計学を学び実地調査を行った。この過程をとる人が少ないので、先生もしっかりみてくれるし、きちんと勉強する人が集まるので講義はしっかりしている。調査内容を決めてアンケートを作り、集計(ソフトを使う)、ここから論文に入る。アンケート作りは簡単でなく、とても勉強になった。(これをら学ぶと世間のアンケートの質がわかる。また、集計結果から傾向を導く考え方も身につき、就職時にも傾向と対策の導き方がうまくできるようになった)
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      上場企業の一般職
    投稿者ID:428284
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    人文学部 社会学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      身の回りの社会問題についてより詳しく学びたい人にはお勧めです。
      大学に入ってからは授業でレポートを書くので、レポートが書けなくてもコツを教えてくれます。
    • 講義・授業
      課題に関しては先生によって変わりますが、少ない先生が多いようにも感じます。
      単位についてはしっかり授業を聞いて勉強していれば大丈夫です。
      履修の組み方は、必修科目はありますが、それ以外は自由に組めます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは一年生の時からゼミみたいなものがあり、入学時にきめられます。
      最初の授業の時に各先生の紹介などがあり、そこで同じゼミの友達を知ることができます。
      一年生の時は担当の先生によってすることは違いますが、共通して、新聞の切り抜きが課題として出されます。
    • 就職・進学
      就職活動のサポートとしてはそのなりたい職業に受かるための授業が存在しているものもあります。(公務員・教員など)
    • アクセス・立地
      学校は町の中心部にあり、駅から徒歩5分もかからないです。また、周りにお店や飲食店があるので空き時間に食べに行くこともできます。
    • 施設・設備
      キャンパスはとてもきれいでネット環境も充実しています。図書館には自習スペースも多くあり、テスト期間など多くの人が利用しています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は多くの人がいるので最初が一人でも友達がすぐできます。サークルでは先輩などとも交流が出来、人脈を増やすことができる。
    • 学生生活
      サークルは自分の好きなものに入ることができ、放課後などに活動をしています。
      アルバイトは多くの先輩がいるので、先輩にお勧めのバイト先を聞いて努めることができます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は社会学が何かを学びます。また、英語が必修科目であるのと同時に第二言語を履修することが求められます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      教員
    投稿者ID:426626
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、たくさんの思い出があるなと思います。充実している点としては、サークル活動やゼミ活動です。ちゃんと目的があって入学した人はその目的に向けて頑張って欲しいし、目標がない人も、大学四年間で見つかると思います。卒業後は地元の企業に就職することが出来ました。
    • 講義・授業
      講義は好きなものを選択することができます。
      教授によって講義中の雰囲気は全然違います。
      課題はあるところもあれば、無いところもありました。
      単位は試験が多かったです。レポートもたまにありました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの始まる時期は1年の後期?からだったと思います。本格的なゼミ活動は大学2年の後期からのゼミです。
      ゼミ同士のつながりは深かったので、卒業後も交流があります。
    • 就職・進学
      就職は諦めなければ出来ます。
      キャリアセンターをたくさん利用したり、ゼミの先生に面接の練習もしてもらいました。
    • アクセス・立地
      学校の近くはあまり遊ぶところがありません。
      駅は近くにあるのでアクセスは良いです。
      大街道や市駅に遊びに行く人が多いと思います。
      あと、グランフジ。
    • 施設・設備
      キャンパスはそこまで広くないので移動しやすいです。
      図書館は学生証があれば入れます。
      試験前には、よく図書館を利用してました。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同じ学部内であればある程度顔見知り位にはなると思います。他の学部と仲良くなるには、やはりサークル等で知り合う感じです。
      恋人ができるのもサークルやゼミですかね。
    • 学生生活
      私はサークルに入っていませんでしたが、入っている人はとても楽しんでいたと思う。
      アルバイトは週4.5入れていました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は、選択語学があると思います。
      私はハングル語でした。
      必修科目が多いので、1年次は大学に行く日が多いです。
      でも3年までに必修科目を取って入れば、
      四年次ではあまり学校に行く日がないかも。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      今は結婚して退職しましたが、地元の企業に就職しました。
    投稿者ID:429456
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経済学部 経済学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      生活経済や金融経済、日本経済・国際経済等の様々な授業があり、どの教科も先生が一から丁寧に教えてくれていると感じた。文系の生徒にも分かるようにレジュメが作られていたので、数学的要素を含む場面でもついていけた。
      物足りないと感じた点としては、課題の少なさと積極性を問われる授業が、他の学部よりも少ないと思ったこと。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気については、学部によって変わるが私の受けている講義は割と落ち着いていると思った。
      レポートや小テストがしっかりある講義もあれば、出席点もなし、課題もなし、最後のテストだけで合否が決まるという講義もいくつかあった。そのような授業は人数が多く集まり、講義中はガヤガヤとした雰囲気だった。
      単位は、しっかり授業に出ていれば取れる。出席点はほとんどの講義が減点方式で出席が足りていなければ試験無資格となり学籍番号が貼り出される。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの選び方は、最初に授業のテーマを確認して説明会に参加し自分の希望をいくつか書いてその中から面接や書類審査によって決まる。このゼミ選びはとても重要で、ゼミ選びに失敗すると2年間憂鬱なゼミ活動をすることになる。最初にテーマや先生の研究分野を確認し、自分の興味あるものを選ぶことが大切。今までの成績(GPA)が審査に関わってくるので1、2年の単位はしっかりととる。
    • 就職・進学
      就職実績は県内ではいい方である。先輩の残した企業の面接の様子やアドバイスがファイルにまとめられており、自由に閲覧できるので便利だった。また、就職活動をサポートしてくれる方が気さくな方が多く、作文の添削や、面接の練習など気兼ねなく利用できる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅まで徒歩2?3分で、周りにご飯屋さんが多い。そんなに車の通りは多くないので自転車や歩行者が通行しやすい。一人暮らしをしている学生はほとんど大学周りに住んでいて、徒歩圏内にたくさんのマンションがある。繁華街までは少し距離があるが自転車で10分、電車で行くこともできる。周りにコンビニもたくさんあるので便利。
    • 施設・設備
      図書館は本の種類が豊富で、すごく充実している。また、ゆったりとしたスペースがあるので、テスト前の勉強時間によく利用した。しかし、テスト前にはたくさんの学生が使用するので個人スペースはなかなか取れない。課題をやる時などは集中できてとてもよかった。
      ちょうど古い建物や教室が改装されおり、過ごしやすくなった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の友人関係は、最初のゼミメンバーや英語・第2カ国語の講義で同じになった人との繋がりでどんどん増えていく。地元の学生が多いので1人友達が出来れば芋づる式に増えていく。
      仲がいいクラスでは旅行に頻繁に行ったり、飲み会やスポーツ大会などが行われていたりと交流が盛ん。
      第2カ国語のクラスで、レクリエーション大会や出店などをするので親睦が深まる。
    • 学生生活
      文化祭では、サークルや部活動ごとに出店をしており、その他にも特設ステージでのイベントも多くある。有名なグループが来ることもあり、チケットは早々に売り切れる。一般の人も入れるので、学外の人との交流もある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修科目が多くあり、経済の基礎について学ぶ。ここで単位を落とすと2年次以降がキツい(特にミクロ・マクロ経済学)。
      2年次後半くらいから自分の好きな分野の講義を選ぶことが出来る。経済の何を勉強したいか明確に決まってない人は1年次の講義内容から自分の興味ありそうな分野を見定めておく。
      卒業論文については、ゼミの研究分野に沿ったテーマがいいが、最悪自分の興味のあることでもよい。その際経済的要素は含まなければならない。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      IT企業でSE
    投稿者ID:428617
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    経営学部 経営学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      建物の設備は縦長なので、移動もしやすく、学食は広く交流の場としては最適だと思います。授業に関しても、1つの授業に複数の担当の指導者がいる授業も多くあり、選択性が充実しています。ゼミなども、担当の教授が親身なって就職の相談に乗ってくれて非常に有り難かったです。就職率も高く、地元企業の連携も充実していて、そんなに将来に対する不安もありませんでした。又、松山大学は、四国の私立大学で1番の蔵書量を誇る図書館があったので、本が好きな人には、堪らない大学でした。
    • 講義・授業
      講義に関しては、人気の授業は200?300人いる場合2つ以上に人数を分けて各講義室で授業を行い自分の好きな授業ができる限り受講出来るようになっていて助かりました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミの教授は親身になって、将来の相談にも乗っていただいたり、ゼミ生の地元についても、質問し合ったり、楽しく交流出来ました。
    • 就職・進学
      就職センターでは、就職の相談から就職した先輩のアドバイスの載っている資料を見せてくれたり、地元企業の社長を呼んでの講演会を開いたり、公務員試験対策のゼミを実施してるなど、本当に助かりました。
    • アクセス・立地
      建物の立地が縦長だったので、移動も楽で迷うこともなく、快適でした。近くに学生向けの定食屋もあり、美味しく路上電車もあり移動も楽でした。
    • 施設・設備
      学食も広く学生達の交流の場としては、最適でした。生協も入っているので、食べ物や飲み物や文房具だけではなく、資格の申し込みまで出来るので、便利でした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係では、言語クラスなどの少人数に分けられるので、自己紹介などもあり、仲良くなるきっかけにもなりました。入学から、そうして仲良くできる場を作ってくれたのは、有難かったです。
    • 学生生活
      自分はサークルには入ってなかったので詳しくは知らないのですが、友達が和太鼓を叩いていて楽しそうにしていたので、羨ましいと思いました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経済に関する事、全般に渡って学び企業形成から、その歴史、企業会計の簿記などを学び、商業スキルを養い経済人を育成する授業が多くありました。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地方の銀行G?A職 小売店の営業職 公務員 保険業 建設業
    投稿者ID:428665
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    法学部 法学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      法学部は、入学は簡単だけど卒業は難しい。
      松山大学の法学部は偏差値的に四国だと高くもなく低くもない、かつ入学が簡単なので、ちゃらんぽらんが多い。
      入学してから遊びすぎて、単位落として最終的に留年も少なからずいた。
      教授は法学研究している人だけあって、一癖二癖あるが、熱心な人が多い。

      法学だけではなく、経済経営、社会科目なども卒業単位に必要な大学なので、いろんな分野を学べる大学ではあるが、周りに流されて遊びまくっていたら単位落としたり留年必至なので総合的には可もなく不可もなくといった感じがある。

      ただ、大学全体で見ると隣の愛媛大学(国立)の滑り止めだったりで入学してくる人も多いので、真剣に法学を学びたい人にとってはあまり向かない大学だと思う。
    • 講義・授業
      高校までの授業とは違い、講義は学生になった大学生の自主性が重要なことなので、ただただ教えるのではなく、考えさせることが重要になってくる。ここの法学の講義は前後左右の学生と意見交換して発表させることで、考えさせることを重点的にやっていた印象がある。

      講義中は基本静かで、うるさくすると教授たちに論理的に責め立てられ、名前と学生番号を記憶されて単位を与えないことまであるのは最初に説明されるので、法学の講義はかなり静か。他学科の講義はだいぶんうるさかった印象。

      自分は法学以外の講義は単位取れていたらいいやという思考だったので、サークルで先輩と仲良くなり、単位取りやすい講義と教授を教えてもらい、簡単に単位を取っていた。

      法学の試験はカンペあり、六法の持ち込みありが多数あるが、問題に対し、論理的な記述をしていなければ点数は取れないので、実際には講義を真面目に受けていないと単位は取りにくい。逆に真面目に講義受けて、疑問点は教授に質問していくのを癖付けると、単位を落とすのが信じられないくらい簡単になる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは言うほど真剣にはやらなかった。
      各ゼミにもよるが、自分が4年間入っていたゼミ(松山大学法学部のゼミは1年目から履修可能)は、単位を取るには、ゼミを真面目に受けること、内容はゼミ生に任せる(あまりに的外れなのはNGだったが)というかなり自由奔放だったので、3年の就活前後からは、ゼミに参加しつつ、就活準備していいですかと教授に質問すると、真面目にやってたらいいよと答えてくれた。
    • 就職・進学
      就職、進学実績はいい。だがこの点数なのは、サポート面。大学院に行くのはほとんどいなかったので、就職組が多かったが、サポートするキャリアセンターというところの取り組んでいるものが全く役立たずだった。1回だけ受けて、こんなのに時間を使うのであれば自分で行動したほうがよっぽどマシだし、収穫はあると感じるくらいだった。
      ただ、サークル活動を通して、中小企業の社長たちと会食したり、会議に出たりしていたので、大学がやることがちっぽけに感じたのはあったと思う。

      要は、大学で普通に過ごしていれば、キャリアセンターがやっていることは有用なのかもしれない。
    • アクセス・立地
      大街道と呼ばれる商店街が近い。
      道挟んで隣が国立の愛媛大学。
      路面電車の駅がかなり近い(100mほど歩けば駅)
      学生がいっぱいいるので、学生向けに安くご飯も食べられる。
    • 施設・設備
      自分が大学卒業してからだが、施設が新しく立ったらしい。
      学生向けにジム的なところもあり、学食がある施設もかなり新しい。
      講義を受けるところは1号館から8号館まであり、薬学部専用に9号館まである。自転車やバイクを置けるところもなかなか広く、使い勝手はよかった。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      自分で動かなければ、友人も彼女もできないのは当たり前だが、ここも例に漏れずそんな感じ。
      ゼミやサークルなど、しっかりやっておけば友人はできる(変な奴じゃなければ)
    • 学生生活
      大学の新歓期はイベントがかなり充実している。
      サークルは、怪しいものもあるが、ちゃんとしているのがほとんど。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年から4年まで、法学の講義はある。
      自分が在学していた2015年までは、1年で48単位まで履修できて、4年間で、各ブロックの科目の単位を取りつつ、全体で130単位取れていれば卒業可。
      法学部はどの大学も卒論がないはずなので、単位取れていれば卒業できる。
      単純計算で、3年までで、48単位ずつ取っていれば、4年はほとんど大学に来る必要は無くなる。今の就活生は4年から解禁とのことなので、就活に専念できる。

      今の松山大学生は自分の時とカリキュラムのシステムが変わってる(らしい)。

      ゼミは1年、3年と4年が必修。2年は自由。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      元々、公務員志望で法学部に入ったが、進路を変えて、趣味になったバイク業界の営業に就職。
    投稿者ID:426466
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 3]
    • 総合評価
      大学生活を振り返ると、様々な思い出を作ることが出来ました。
      思い出作りだけではなく、サークル活動や講義内でのグループワークを通して、対人関係に関することでも、様々なことを学べました。
    • 講義・授業
      講義、授業の内容については、授業ごとに生徒との相性はありますけれども、全体としては講義を受けてためになる内容が多くありました。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは教授ごとに違いがあり、僕の所属していたゼミは、西洋の経済史について研究するゼミでした。過去には東洋経済史についての研究も行っていたそうです。
    • 就職・進学
      就職活動をする際に気を付けることは、大学の就活支援センター等が行う、合同説明会に参加することも重要ですが、同級生との情報交換がやはり重要だったと思います。
    • アクセス・立地
      私の通っていた大学は、バスの駅と市内電車の駅が近くにありますが、地方の大学であるため、通学には自転車を使う学生が大半でした。
    • 施設・設備
      大学のキャンパスは、古い建物も多いですが、僕が大学に在籍していた頃から新しい建物への建て替え等も行われていたため、比較的快適でした。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学内での友人関係は、個人差はありますけれども、サークルに在籍しなければ、友人を作ることは難しかったです。
    • 学生生活
      僕が所属していたサークルは、文芸部で文化祭には部誌の配布や展示物の作成を行っていました。
      しかし、僕が三回生の時から雰囲気が悪くなってきたため、途中で退部しました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生の際には第二外国語と学科ごとの基礎科目の勉強が主軸となり、二回生以降は応用の勉強を行うことです。
      注意することは、必修科目を必ず取ることと、卒業に必要な合計単位を一回生の時から意識することです。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      地元の小売り業の総合職
    投稿者ID:431378
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    経営学部 経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      経営学に関する科目がとても充実しているため経営学を学びたい人にとって、とても良い学部だと思う。2年から選べるコースも充実しており、自分が学びたいことをきちんと学ぶことができる。
    • 講義・授業
      講義内容はとても分かりやすく、経営について何も知らない人でも1から分かるような講義になっている。講義中の雰囲気なども良く、また先生の対応も良いため安心して講義を受けることができる
    • 研究室・ゼミ
      ゼミを選択する際、自分の所属したいゼミや気になるゼミの先生に直接話を聞くことができ、事前にゼミの活動内容を詳しく知ることができるようになっている。
    • 就職・進学
      就職実績は大学のホームページや資料に乗っており、どのような企業に就職することができるのか知ることができる。
    • アクセス・立地
      駅から大学までは徒歩5分もかからない。学校の周りにコンビニが何件かあるため便利である。また、一人暮らしのためのアパートも学校の近くにある。
    • 施設・設備
      教室がいくつもあり、慣れるまでは大変だが、慣れれば使いやすい。図書館は本だけでなくとても広い自習スペースもあり、いつでも勉強ができる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      入学前に友達を作るための集まりに参加できる。そこでほとんどの人が友達を作ることができるため、県外から入学しようと考えている人でも安心。
    • 学生生活
      サークル、部活動は数も内容もとても充実している。入っておくと先輩たちから学校について有益な情報を教えてもらえる場合がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はコース選択前なのでほとんどの人が同じような講義を受ける。2年次からコースを選択し、そのコースについての講義を選んで受けるようになる。
    投稿者ID:430644
    この口コミは参考になりましたか?
238件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

愛媛県で評判が良い大学

愛媛県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  愛媛県の大学   >>  松山大学   >>  口コミ

松山大学の学部

法学部
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.74 (39件)
経済学部
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.74 (73件)
経営学部
偏差値:50.0
★★★★☆ 3.67 (76件)
人文学部
偏差値:50.0 - 52.5
★★★★☆ 3.63 (32件)
薬学部
偏差値:40.0
★★★☆☆ 3.38 (16件)

オススメの大学

酪農学園大学
酪農学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.80 (143件)
北海道/私立
獨協大学
獨協大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (384件)
埼玉県/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (43件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。