>>     >>     >>  口コミ

大阪薬科大学
大阪薬科大学
(おおさかやっかだいがく)

大阪府 / 私立

偏差値:58

口コミ:

3.47

(19)

大阪薬科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.47 301位
研究室・ゼミ 3.47 300位
就職・進学 4.32 25位
アクセス・立地 2.21 395位
施設・設備 3.68 178位
友人・恋愛 2.84 422位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

19件中 1-10件を表示
  • 大阪薬科大学
    男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-10-18投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      授業はまだいいが、試験が良くない。1科目1科目を見ればきっちりやれば問題なく解けるが短期の日程で重量級の科目が纏められているので非常にしんどい。
      学生の半分も本試験で受からないテストをテストと言えるか非常に疑わしい。
    • 講義・授業
      まだちゃんとしているが、スライドが見にくい、何を言ってるか聞き取れない教授もいる。
    • 研究室・ゼミ
      そこそこ充実しているとは思う。四回生から研究室が始まることに変わった
    • 就職・進学
      歴史がある大学なのでそこそこ良い。ただ最近国試の結果が芳しくない。
    • アクセス・立地
      富田駅からバスに乗り換える必要がある。ただ朝のラッシュ時は半数以上の学生が似通った時間のバスに乗ろうとするため非常に混雑する。
    • 施設・設備
      比較的新しくできた校舎のためそこそこ綺麗。食堂は業者が変わってから質が落ちた
    • 友人・恋愛
      単科大学のためコミュニティが非常に小さくなるので視点がかなり狭くなる
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本的に他の薬学部と代わりはないです。特色を期待する程のことはありません。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-05-15投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      単科大学なのでどうしてもイベント等がしょぼい。学校自体はとても綺麗で面倒見のいい学校です。ただ立地は悪いです。また勉強と実験に追われる日々で、文系の総合大学のような華やかなキャンパスライフを想像していると心底ガックリきます。卒業までに約3分1が留年します。また、同じ学年を2回留年すると退学になります。
      国家試験予備校だと思って資格をとれれば、後は簡単に就職できます。
    • 講義・授業
      理科系科目、特に化学が苦手だと本当に苦しみます。1回生春学期の最初の実験の試験(基礎薬試験)に落ちた人(学年に15人くらい)は6年間ついていけない可能性が非常に高いので、進路を変えるべきだと、と先生が仰っていました。あとは勉強漬け実験漬けレポート漬けの日々です。
      逆に化学や実験が好きな人には最高な環境だと思います。
    • 就職・進学
      資格をとれば100パーセント就職できます。
    • アクセス・立地
      駅から直行バスで15分ほど。
      1限がない日などは普通の巡回バスにのらなければいけないため、25分くらいかかります。
      ただし、空きコマはほぼ存在しないのでその心配はあまりありません。(基本的に毎日1限からあります)
      学校周辺は住宅地で昼休みに外に食べに行く等は不可能です。
    • 施設・設備
      単科大学なので広くはないですが、施設はとても綺麗です。実験設備も充実しています。
      食堂とコンビニがあります。カフェ等はありません。
    • 友人・恋愛
      ほぼ全ての授業が必修なので、一般教養だらけの文系に比べると、とても仲良くなりやすい環境だと言えます。
    • 部活・サークル
      サークルは5個くらいしかないような気がします。
      総合大学が周りにない、忙しい等の理由から、インカレのサークルに入っている人は聞いた事がありません。
    • イベント
      学校の規模が小さいので、一言で言うと、全てにおいてしょぼいです。大学生活を楽しみたい人は来るべきではありません。ですがそれは大薬だけでなく、全ての薬学部に共通する事です。よく言うと、頑張れば学年全員と知り会えたり、教授との距離の近いアットホームな大学です。
    入試について
    • 学科志望動機
      資格が欲しかったから。
    • 利用した予備校・家庭教師
      個別指導
    • 利用した参考書・出版社
      重要問題集 化学
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になるのに適している大学です。授業は、選べるのではなくほぼ決まっています。薬剤師になるにはもちろん就職へのサポートも充実しています。
    • 講義・授業
      授業は、本校の先生だけではなく、他大学の先生も来て、興味深い話をしてくださいます。ただ時間割は選べず、最初からすべて決まっているので、そこは残念でした。
    • 研究室・ゼミ
      5回生になると、いろいろな種類のテーマから自分の興味のある研究室を選べることができます。最先端の機具がそろっており、本格的に実験を行うことができます。
    • 就職・進学
      就職先は、さまざまであり、病院、薬局だけではなく、製薬企業、公務員などの選択肢があります。住職活動の際、キャリアサポートなどでさまざまなサポートがあります。
    • アクセス・立地
      学校は山の中なので、何もなく、駅からバス通学が基本です。だだ、通学時にはかなり混むので、前もって通学する事が大事です。最近は、直行便が出てずいぶん解消されたと思います。
    • 施設・設備
      最近建て替えた棟があるので、ずいぶんきれいになったと思います。食堂もその日によってメニューが変わるので飽きず、コンビニもあります。
    • 友人・恋愛
      一つの学部しかないので他大学より、人数がすくなく、女子が少し多いと思います。部活なので先輩とかかわることができます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回、二回は、語学などの一般教養が含まれ、三回から薬学についての本格的な学習がスタートします。実験も有機や薬理など様々種類を行います。五年次以降は、研究室に配属され、教授の元で実験を行います。
    • 所属研究室・ゼミ名
      薬品作用解析学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      中枢疾患と腎臓に分かれています。また教授だけではなく、他大学の教授や院生の方も指導してくださるので、興味深い話が聞けます。ゼミなども頻繁に行っています。
    入試について
    • 学科志望動機
      私は、もともと薬剤師になりたいと思っていたため、薬剤師になるためのサポートはもちろん、就職へのサポートも充実しているのでこの学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      おもに数学、英語、理科がメインです。数学や理科はとにかく問題を解き、英語は英作文があったので、先生などに添削をしてもらいました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      移転したてですので、学舎は綺麗です。講義レベルは標準ですね。学生の意識もピンきりです。私立ですので、薬剤師になる方向けの講義という感じです。
    • 講義・授業
      良い講義をしてくださる教授もいらっしゃいますが、ほとんど…分かりにくいです。自分で勉強したほうが良いのでは、と思うくらいです。実際、自分で教科書を読んだほうが理解できました。ちなみに、教科書代は高いです。前期も後期も毎年とられます。
    • 研究室・ゼミ
      まだ研究室に入っていないので詳しくは分かりません。ですが、結果を出している研究もあるようです。詳しくはホームページをご覧ください。
    • 就職・進学
      薬局はほぼ内定を貰えるそうです。就職率も良いです。先輩方が書いた様々な就職先の情報がまとまった資料がたくさん置いてある部屋があります。面接の雰囲気やこれをやるべきというアドバイスも載っていて、参考になります。
    • アクセス・立地
      山です。遠いです。最寄り(各停しか停まらない)からバスですし、スクールバスではないので定期代が要ります。自転車で頑張っている人もいますが、なにせ山なので、行きの上りがキツそうです。大学の近くに店は少なく、カフェとかファーストフード店があるなんて期待しないでください。小さな本屋とコンビニは学内にあります。
    • 施設・設備
      先ほどの通り、移転したてですので、綺麗です。自習室も充実してます。図書館ではDVDも無料で借りることができます。
    • 友人・恋愛
      単科大学ですので、人数が少ないのは仕方ないです。入る部活によっては、他校との交流もあるそうです。ーー
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一回生では、一般教養(数化生物英外…他)と基本的な実験を、行う実習。二回では専門分野が増え、実習も薬学的なものが増えます。三回には学科選択があります。
    入試について
    • 学科志望動機
      理科が好きで、将来の夢にも近づけると思ったので。第一志望が無惨に散りましたのでこちらになりました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      滑り止めであったので、特に何もしていませんでした。第一志望でセンター高得点が必要だったので、それに付随して、といった感じです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      国家試験に対しては、熱心。留年率が高い。みんな勉強を必死に頑張ってるが、容赦なく落としてくるので、精神的にきつい大学。再試代、学費がかかり、時間にもゆとりがなく、精神的にも悪く、体力もなくなります。天才肌、暗記能力に自信がある人、化学が得意な人は学校についていけると思います。
    • 講義・授業
      講義は熱心に教えてくれます。勉強してもテストでは、点数が取れない、そんな授業です。良い教科と棒読みで良くない教科があります。大半は、普通で授業だけでは覚えにくいです。
    • 研究室・ゼミ
      研究室に入ると大型連休がほとんどないと思います。設備はいいと思います。研究室も十数個あります。研究室の人で旅行に行ったりすることもあるようです。
    • 就職・進学
      就職はいいと思います。キャリアサポート室もあります。就職には熱心だと思う。それまでに留年になったりしんどい思いはすることが多いです。
    • アクセス・立地
      アクセスは駅からバスに約20分乗ります。朝は学校への直行便がでますが、満員です。帰りは授業後は直行便がでますが、実習後の終わる時間が不定期のときはかなり待つこともあります。
    • 施設・設備
      校舎はD棟が新しく、外観はきれいです。設備も良いと思います。お掃除の仕事の方が絶えず掃除をしています。トイレの水道が最近自動になりました。
    • 友人・恋愛
      留年率が高く、勉強をかなり必死でがんばっていて、中高で成績が上位でも落とされます。日々のかなりの勉強による疲れと、ストレスと留年の恐怖と大量の提出期限が量の割に短い手書きのレポートに追われ精神的にしんどいです。友達や先輩とのつながりも大事です。バイトはほとんどできません。学費が高く、再試代もあります。テスト期間が二ヶ月続く人も多いです。300人中18人しか受からない教科もあります。半分以上落ちる教科も多いです。天才肌と暗記と化学がずば抜けている人はついていけると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一般教養が少しで、後は薬学、化学的な勉強が多い。
    入試について
    • 学科志望動機
      就職や、家庭を持ってからの仕事を考え資格を取ろうと考え受験をしました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      公募推薦だったので、自分は化学と数学を重点的に勉強した。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-02-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になるためのサポートが充実しており、実験の設備も万全に整えられており、自習室や図書館の設備で集中して勉強することができます。校舎も最近建て替えられて、とてもきれいです。まさに薬剤師を目指すのにもってこいの大学です。
    • 講義・授業
      薬学については、もちろんのこと、選択で言語や文学を学んだりすることができます。また、現代の医療において求められる薬剤師を目指します。
    • 研究室・ゼミ
      研究では、いろいろなテーマがあり、自分の興味のある研究内容を選ぶことが出来ます。本学だけでなく他大学の講師もいるので興味深い話を聞くことが出来ます。
    • 就職・進学
      就職は、病院・薬局・企業などさまざまです。就職に役立つセミナーやキャリアサポートも充実しており、面接の講座などがあり、万全とした対策をすることができます。
    • アクセス・立地
      駅からさらにバスに乗らなければならず、さらに朝はかなり混んでいることが多いので、余裕を持って通学する必要があります。最近は、直行バスが増えてきたのでだいぶマシになったと思います。
    • 施設・設備
      大学には、ブックセンターやコンビニがあり、もしもの時に必要な物を買うことができます。また食堂も低価格でメニューが充実しています。
    • 友人・恋愛
      クラブでは先輩と関わるのはもちろんのこと、他校の人と試合をしたり、合同練習を行うので、本学だけでなく他校の学生とも交流を深めることがてきます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は、薬学においての基礎を学び、言語も学びます。3年次から本格的に薬学を学びます。四年次では、調剤など薬剤師に必要な手技を学びます。5年次以降は研究室に配属されます。私は薬理学に興味があったので、薬理学の研究室を選びました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      薬品作用解析学
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に腎臓と中枢の2つに分かれています。チームで実験を行うので、同じテーマ同士仲はいいです。教授だけでなく院生や他校の教授も一緒に研究をし、非常に明るい研究室です。
    入試について
    • 学科志望動機
      私は将来薬剤師になりたいと思っており、本学ではそのサポートが充実しており、就職にも強いと聞いていたので、本学を選びました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      数学・英語・化学が入試科目だったので、その対策を充分に行いました。数学と化学はとにかく問題を解き、英語は長文に慣れ、英作文は先生に添削をお願いしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2011年入学
    2015-06-30投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になる人がほとんどです。
      みんな同じ目標を持って過ごしているため、情報共有しあったり皆で一緒に頑張ろうとする雰囲気のある学校です。
    • 講義・授業
      講義はほぼ決まっていて、選択する科目は低学年の時にいくつかしかありません。
      先生方も真面目な方や生徒との距離が近い方など様々ですが質問するとたくさんのことを教えてくれる方ばかりです。
    • 研究室・ゼミ
      私の入っている研究室は仲が良く、研究室が終わってからもご飯にも良く行きます。
      動物を使う研究や、分析ばかりしている研究など様々な研究室がありますが、私の周りではバイトを続けているひとがほとんどです。
    • 就職・進学
      学内にキャリアサポート課というものがあり、就職の相談にも気軽に乗っていただけます。
      またインターンの案内なども良く知らせていただけます。
    • アクセス・立地
      立地はそこそこだと思います。
      高槻市内にありますが山の近くにあるので最寄り駅からバスに乗らなければなりません。
      バスを降りたら目の前に学校がありますのであまり歩くことはないです。
    • 施設・設備
      数年前に移転したので、綺麗な設備です。
      私が高校の時に大学にはじめて伺った際にはとても広く綺麗でびっくりしました。
    • 友人・恋愛
      友人関係は単科大学なのでそんなに広くはないです。
      私は違いますが、周りでは結構同回生や下の学年のこと付き合っている人も多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      主に薬学に関することを学びます。
      ドイツ語、英語も下界生の頃は授業がありました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      薬物治療学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      睡眠の研究、病院にいって患者さんにアンケートをとって統計をとる研究、糖尿病の研究
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかった、薬の研究がしたかったからです
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      駿台です
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の勉強や、予備校での問題で基礎を定着させてから過去問です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    男性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学部乱立もありますが、比較的古くからある大学なのである程度の大学ではないかと思います。大阪医科大学との合併しましたのである程度のレベルは保てるのではないでしょうか。
    • 講義・授業
      医科大学と合併したこともあり、昔よりも医療知識を学べる機会が今まで以上に増えているのではないかと思います。
    • 研究室・ゼミ
      しっかり研究をやっている研究室もあれば、何もやっていない研究室もありました。自分がどうしたいか見極めて研究室を決めれば良いと思います。
    • 就職・進学
      キャリアサポート課があり、サポートはしっかりとしてくれます。過去の情報の蓄積もあるので、色々な情報を参考にできるかと思います。
    • アクセス・立地
      最寄駅からバスで15分と立地はすごく悪いです。最近、学生専用のバスもできたようなので前よりも改善されているのではないでしょうか。
    • 施設・設備
      実習用の施設などはある程度そろっています。校舎も新しく建てられているのでキレイではないかと思います。
    • 友人・恋愛
      単科大学ということもあり、人間関係は狭いと思います。なので、話が周りに回るのもすごく早いと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬科大学は、薬剤師国家試験に合格させることが目的であるため、薬剤師国家試験に必要なことは教わります。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      マウス、ラットなどの動物を用いて実験をしていました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      メーカー
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      薬剤師をするイメージがなく、メーカーに入りたかった。
    入試について
    • 学科志望動機
      小さいことから、薬に興味があったからでした。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      代々木など
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験に向けた勉強をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学について学びたい人たちにはとても良い大学だと思います。
      薬剤師の国家資格を取るのはもちろん、研究に進むのもありだし、また勉強だけでなく行事や部活動など盛んで様々なことが学べます。
    • 講義・授業
      先生方の講義は、高校の復習から始まるのですが、高校で先行していた人とそうでない人であまり差が出ないように、補講を行っていただけたり、質問に詳しく答えてくれます。
    • 研究室・ゼミ
      各分野ごとにたくさんの研究室があり、専門の先生が数人いて、たくさんのことについて研究することができます。
    • 就職・進学
      普段から国家試験を視野に入れて講義を行っており、実際の医療現場でどのようなことが必要になってくるかなど、卒業生や外部の方などを招いてお話をしていただいたりしています。
    • アクセス・立地
      JR摂津富田駅から大学へのバスが出ているのですが、駅が各駅しか止まらないのと、バスが大体15分かかるので少し遠いような印象をもちます。
      しかし学校の周りは静かだし、校内は単科大学の中ではかなり大きく作られています。また建物も新しくすごく綺麗です。
    • 施設・設備
      敷地が広く、また学校の周りは静かなので勉強しやすいです。
      またかなり多くの最新の機器などを導入しているので、かなり設備はいいかと思います。
    • 友人・恋愛
      基本的に努力家の方が多く、なおかつ明るくて親しみやすい人が多かったです、
      部活動などに入っている人が多く、先輩や後輩などと仲良く話している姿をよく見ます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基礎的な勉強から薬剤師になるための専門的知識、また答えのなかなか出すことができない実際の医療現場での倫理的問題など様々なことを学んでいます。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来、薬剤師になって、人の役に立つ人材になりたかったからです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ないです。
    • どのような入試対策をしていたか
      主に同じくらいの偏差値の薬科大学の過去問と、高校で使っていた問題集です。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 大阪薬科大学
    女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師の資格を取りたい人には、いい大学だと思います。去年の国試の合格率は、他大学よりも低かったのですが、今年からは国試対策の授業数も増えたようで、合格率も今後格段に向上すると思います。
      国試対策委員の先生方の熱意も熱いです。
    • 講義・授業
      国試対策の授業が充実しています。薬ゼミなどの外部の講師の授業を積極的に取り入れてくれるので、国試対策の予備校に通う必要はありません。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によって、差はあります。熱心な研究室なら、学部生にも積極的に学会に参加させてもらえます。物事を解析し、立証する力は就職後にもきっと自分の力になるはずです。熱心な研究室に在籍することをお勧めします。
    • 就職・進学
      就職率はほぼ100パーセントです。
      企業の研究に就職できる人も、いました。キャリアサポートには熱心に就活の相談に乗ってくれる先生方も多くいます。
    • アクセス・立地
      立地条件は悪いです。駅前ではなく、駅から市バスに乗る必要があるので、不便です。学校は山の上にあるので、周辺に遊ぶところはありません。
      閑静な環境にあるので、勉強に集中できる場所ではあると思います。
    • 施設・設備
      新設なので、学内の施設・設備はたいへんきれいです。始め、トイレがホテルのようにきれいで、感動したのを覚えています。
    • 友人・恋愛
      単科大学なので、人数は総合大学に比べて少ないので、人の出会いは少ないほうだと思います。男女比はどちらかといえば、女子のほうが多いです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師の国家試験までに必要な知識を学びます
    • 所属研究室・ゼミ名
      薬品作用解析学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      医薬品の作用機序を解析することで、新薬の開発までのきっかけをつかみます
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学在籍中に病院実習へ行き、病院薬剤師としてのやりがいを見出したから
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になり、医療現場で働きたいと思ったから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      ECC予備校に通っていたが、基本は自学自習。予備校は自習室として使っていた
    • どのような入試対策をしていたか
      学校の授業メインで勉強していた。過去問は解かなかった。
    この口コミは参考になりましたか?
19件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

大阪府のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大阪薬科大学の画像 :©田園さん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

武蔵野美術大学
武蔵野美術大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 62
★★★★☆3.91 (65件)
東京都/私立
学習院大学
学習院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 62
★★★★☆4.05 (169件)
東京都/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
偏差値:55 - 58
★★★★☆3.64 (14件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。