みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  豊橋技術科学大学   >>  口コミ

豊橋技術科学大学
出典:Umako
豊橋技術科学大学
(とよはしぎじゅつかがくだいがく)

愛知県 / 国立

偏差値:56

口コミ:

3.89

(18)

豊橋技術科学大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.89
(18) 国立内36 / 82校中
国立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.61
  • 研究室・ゼミ
    3.94
  • 就職・進学
    4.11
  • アクセス・立地
    1.89
  • 施設・設備
    3.67
  • 友人・恋愛
    2.28
  • 学生生活
    2.50
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

18件中 1-10件を表示
  • 男性卒業生
    工学部 電気・電子情報工学課程 / 卒業生 / 2011年入学
    2017年05月投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 1| 学生生活 4]
    • 総合評価
      本来の開設目的を完全に無視している
      実技を通してすぐに即戦力となるような技術を身につけることができる新しい分野の大学であったはず
      しかし、実態は眠くなるような講義が90%を占めており一般大学と比較して学力の向上は見込めず
      小型の簡単な生産品を作る実力もつきません。授業でしか習ったことがないのですから当然ですね
      よって通う意味なし。
      他大学のほうがより身につく授業をしているのが現状であり、
      偏差値の低さからもわかるように教育人は完全に無能でやる気がありません
      1年か2年はみんな希望を持ちますがこの状況に絶望して入学時よりもレベルが下がるのが実態です。
    • 講義・授業
      説法やお経と言えるレベルの授業が中心で、学ぶことは殆どありません
      実技のテストは非常に稀で、テストは実用性の低い一般的な難問が中心となります
      「理論と実践の大学」という開学当初のスローガンや、学生募集の内容に書いてある文面とは完全にかけ離れた存在であり、実技は全体の10%程度でしょうか。授業に参加するよりも他大学の授業をオンラインで見たり、足で歩いて今興味のある分野の情報を集めるほうがよほど勉強になるほど低品質な授業となっています。
    • 研究室・ゼミ
      装備は充実している方ではありますが、旧式過ぎたり殆ど使われないものが多く実用性にかけています。また、実は本学は教員一人あたりに対する学生が少ない大学として有名ですが、これは一人の学生の質を向上する目的でそのようになっています。ところが集まってくる教員は「サボれる」と勘違いして集まっていますので実質他大学より面倒見の悪い大学となっているのが現状で。
      手取り足取り教える姿は見たことがありません。他大学の先生のほうが親切でとことん教えてくれますので、通う価値はとても低いのが実情です。
    • 就職・進学
      就職先は大手が名を連ねますが 実際の配属は末端の首切り採用か、アルバイトの方が実力が高く安価な単純労働者に該当します。
      しかもじつれいをあげることもできますがはっぴょうされている就職率100%は完全な嘘と言えます。
      任意のアンケートによる回答からで100%と言っていますが
      就職できない人も多く、その殆どがアンケートに回答していないか就職先不明ということにして数字をごまかしています。公的な調査があれば確実に黒だという結果が出る状態です。
    • アクセス・立地
      新しくできた学生寮に住めれば勝ち組と言えるでしょう。
      周辺に下宿荘といえるものが多く点在しますが、戦後の復興住宅レベルであり、
      なんの耐震基準も見たしていない物件が目立ちます
      アパートなども近年増えてきましたが数が足りず、離れた都市部からの通学のために自動車の保有は必須といえます。交通事故率ナンバーワンですから
      軽自動車や原付バイクでの通学は苦痛よりも命がけのほうが重大と考えてください。アルバイト先は近隣にありませんし、進学意欲のとても低いお国柄ですから家庭教師も体育が中心のことが多く、交通費は出ませんし、市民の所得の低さが生活保護レベルですので多くの期待はしないでください
    • 施設・設備
      国などから支給される金銭面では成功している方です
      比較的潤沢な資金で設備はそれなりにありますが、維持更新費用が少ないため
      使い方がわからず動かせるものが少ないのも実情です
      研究費などは多いものの、国立ですから、設備購入は必要なものしか認められず、気安く使えるものは基本的な町工場レベルのものに限られます。就職したほうが研究になりそうなほど微妙な運用がなされています。
    • 友人・恋愛
      90%が全国から来る工専出身の編入生であり、それぞれ癖が多く始めに打ち解けることに苦労します。地元からの入学はほとんどなく、街の真ん中に大きな大学があるため、聞いたこともない市民が半分以上いることも問題です。畑には就職しませんからね。女子の比率は特定の学科以外はほぼゼロです。地元では肉体労働の街である都合上大学生は人間のカスであり、街の女の子と付き合える可能性は殆どありません。
    • 学生生活
      民部省がサークル活動を重視して以来。かなりの規模でサークルを支援しています。法人運営の生き残りのための生命線の一つとして認められたからです。
      ですが、人数が少ない都合上殆どの団体は単独で試合を行うことができませんから、同盟を結んで素人で穴埋めすることになります。ソロの競技や文化系団体が強いのはこれらの理由に由来します。ですがこの中で金メダルを取れる自信があるのならば入学合格できる可能性は上がるかもしれません。最も小さい大学が過去何度東京大学などを圧倒してきたことかと思うとこの学生たちには大和魂のようなものを感じます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      やったこともない見たこともない内容を口先だけで詳しく知っているわけではない教員が教えるのですから得るものは殆どありません
    • 所属研究室・ゼミ名
      完全に運ですね。この時代になっても俺様は偉いんだと思いこんでいる人はどこの大学にもいるかと思います
    • 面白かった講義名
      半分が実験半分が解説講義といいう理想的なやり方の講義ですね、一課目のみが唯一設置目的を実現していた
    進路について
    • 就職先・進学先
      成績は上位ながら就職できず
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もうどこでも良くなりましたが
      知名度の低さから専門学校と間違われて
      専門卒にしては年齢がおかしいという誤判断から不採用が数千件
      以前から採用実績のある会社にしか行くことができない実情が浮かび上がるものでした
    投稿者ID:349968
    この口コミは参考になりましたか?

    6人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 環境・生命工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2016年11月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の学科は分からないけれど、『これがやりたい!』『意地でも○○系の職に就く』みたいな強い意思がないと、ヤル気や目標がなくなったら本気で辞めたくなる。と思います。少しでも軌道を外れたら、もう一度軌道に乗るのにものすごい忍耐力が必要です。冷静にやりたいことを考えてホントにここで良いのかを選んだ方がいいです。ここは工学部でした。薬学部医学部とは全く違います。それと、工学以外を好きになったら手の付けようがないです。
    • 講義・授業
      講義や授業は充実してる。でも、両立はなかなかの難しさだと思う。
    • 研究室・ゼミ
      2年の後期にプロジェクト研究というのがあるが、結構本気で研究してるところもあればそうでないところもある。
    • 就職・進学
      就職進学は良いと聞いてます。間だそこまでいってないのでなんとも言えないです。
    • アクセス・立地
      豊橋駅の方から来る人は、曙からすき家付近が混んでくるので、車通学の人はお早めに。
    • 施設・設備
      学校の設備で、学生宿舎があるが、ひどい。まず集団生活が出来る人がマジで少ない。それと、雨が降ったらすぐカビる。正直、安さ以外取り柄がない。風雨がしのげれば良いという方は良いかもしれない。
    • 友人・恋愛
      恋愛なんかできない。レポートばっかりで。ペンやキーボード、スマートフォンが恋人って人が多いと思います。レポートばっかはマジ。あと、テストがムズい。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年では、基礎の基礎をお勉強します。落としたものもあります。2年で専門的な基礎を勉強します。もちろん落としたものもあります。
    投稿者ID:278475
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 電気・電子情報工学課程 / 在校生 / 2013年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全体的に忙しいですが、全国の高専生と一緒に過ごせて、得られる刺激も多いです。ただ長期のお休みは短く、同い年の他の大学生たちが羨ましくなるかな、とは思います。
    • 講義・授業
      3年時編入が中心のカリキュラムなため、三年生の必修科目が多い上に、既に知っていることを必修科目として学び直すこともあって、モチベーションを保つのが難しい。普通科から進学を考えてる人は、自分で勉強できる人が強いと思う。
    • 研究室・ゼミ
      学科によりますし、研究室にもよります。ので、全体として言えることはないのですが、ただどこの大学も研究室やゼミは同じように忙しいです。
    • 就職・進学
      院まで進学したら、引く手数多な学校です。そうでなくても、自分で就職活動をしていく人に対しても手厚いアドバイスやサポートがあります。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は豊橋駅ですが、バスが高額です。大学周辺には何もなく、遊び場所にも困ります。寮に住む人は趣味を作っておきましょう。
    • 施設・設備
      お世辞にも綺麗とはいえないし、便利とも言い難い。学生生協に入ってないのが本当に苦しい。
    • 友人・恋愛
      ほぼ男子なので学内の恋愛関係はないと思っていいです。同じ母校で固まりがちで、友達の輪は広がりにくかったりします。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本的には電気系統全般です。選択すれば専門以外の科目も勉強できるし、申請すれば学科を越えて講義も受けられます。自分の興味と相談です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      中小メーカーに就職します。
    投稿者ID:276209
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 機械工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      やる気のある学生にとっては、学校の設備もある程度充実しているいいところだと思う。
      ただし、そこそこ適当でも進級進学ができるので、やる気のない学生も多い。
      立地が田舎な方なので、娯楽はほぼほぼないです。
    • 講義・授業
      先生は立派な大学を出ている、確かな知識を持った方達です。しかし、どこの工学部の大学でも言えると思いますが、あまり教えるには特化していません。
      講義で何を得るかというのは、やはり学生のやる気次第でしょう。
    • 研究室・ゼミ
      学部四年で研究室に入るまでの本人の努力次第で、ある程度は好みの研究室に入れます。
      入る研究室によっては、インターン先、就職先まで決まるので四年までの努力は非常に重要です。
    • 就職・進学
      就職実績も確かです。しかも周りを見た感じだと、文系の方たちよりも早く決まっているように思えます。
      これは、口コミよりも大学ホームページを見ることをオススメします。さすがに嘘で企業名は載せませんので。
    • アクセス・立地
      寮の場合
      自転車、バイクは必須です。
      最寄駅はないです。
      バスは高いです。
      車を持っていると英雄になれます。
      寮じゃない場合
      学校近くだと、それしか利点がないです。せめて、曙までは出た方がいいです。渥美線に近いと、豊橋駅まで行くのに便利です。
    • 施設・設備
      施設としては比較的綺麗な方なのではないでしょうか。
      トイレもだいたいが洋式で綺麗そのものです。
      設備は他を知らないのでなんともいえませんが、講習が必要な機器などを多数所持しています。他の課では、最近話題のVRの研究をしているのもあるとかないとか。これもまたホームページで調べて見てください。
    • 友人・恋愛
      高専からの進学が多いのでアブノーマルな趣味をお持ちのかたでも、友達ができると思います。恋愛関係については察してください。近くの大学と交流しているサークルに入るとワンチャンあるかもしれないですね!
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      専門科目全般。3年からがっつり専門を詰め込み始めて、4年の前期まで授業をとります。
      基本的に4年の後半は研究オンリー、そしてインターンです。
    投稿者ID:259754
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 環境・生命工学課程 / 在校生 / 2012年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 1]
    • 総合評価
      工学部で「モノづくり」がしたい人には、お勧めです。学生一人当たりの研究費や使用できる施設、装置の数などは地方国立大学の中でも多い方だと思います。研究分野は幅広く、様々な分野で論文、学会、特許の実績を持つ先生、先輩方も多いです。就職に関しては、メーカーに就職される方が多く、毎年大手自動車メーカーや化学メーカーなどへ就職しています。ただ、配属する研究室によって、研究にかかる時間や大変さはバラバラです。研究内容によっては、平日夜遅くまで行う場合や休日にも研究を行う場合があります。自身がどういった研究がしたく、それにどれだけ時間、労力をかけれるかによって大学生活を楽しいと思えるかどうかが変わると思います。
    • 講義・授業
      講義の内容は、様々です。各課で専門的な内容を学ぶことができます。また、興味があれば自身が所属する課以外の課の講義も受講することができます。技術者、研究者として社会に出るための基礎を学ぶことができます。しかし、講義によってその「質」に大きな差があると思います。それは、講義を行う教授や講師によって、熱心な講義をされる方もいれば、学会活動や研究を優先し講義がおざなりになっている方もいます。履修登録期間に一度講義を受講し、自身に合っているのかをみた上で受講する講義を選択されると良いかと思います。
    • 研究室・ゼミ
      学部3年の後期に研究室への配属が決まります。演習は、研究室によって全く異なると言ってもいいと思います。研究室の人数や指導教員によって演習の質は大きく異なります。研究室配属前に説明会や研究室見学の機会がありますので、自身がどういった研究がしたいのかだけでなく、どういった指導を受けたいのかも考えて研究室を選択されると良いと思います。
    • 就職・進学
      就職へのサポートは充実していると思います。多くの方はメーカーに就職されます。大手企業に就職する方も多いです。就職率も高い値を示しています。また、学校推薦など活用するとより就職活動を有利に進めることもできます。だからと言って、就職活動をおろそかにして良い訳ではありません。就職率が100%でないのは、毎年就職活動に失敗している人がいるということですので、あぐらをかかないように注意してください。
    • アクセス・立地
      最寄駅は豊橋駅になります、豊橋駅には、新幹線も止まりますので関東、関西に行くには便利です。しかし、学校から遠いです。大学の周りの多くは、田畑ですので。学生の多くは、車かバイクを使い通学や生活をしています。学校の敷地内に寮があるので、そこに入寮すれば通学には徒歩で良いかと思いますが、生活面では何かしらの移動手段を考えておかなければならないと思います。
    • 施設・設備
      学生の使用できる設備は数多くあります。また、施設、設備についての講習やサポートも充実しています。その設備を専門とする技術職員の方も常駐しているので安心です。ここ、数年は新しい装置が次々に導入されており、最新の設備を用いた研究もできるかと思います。
    • 友人・恋愛
      研究が始まると研究室での活動がメインとなり、日々の多くは固定のメンバーで過ごすことが多くなるかと思います。交友関係を広げるためには、サークル等に所属するなど、自分から積極的なアプローチが必要です。
    • 学生生活
      様々なサークルが活動しており、それぞれに合ったサークルを見つけることができると思います。また、他大学と交流する機会もあります。しかし、学年が上がる毎にどうしても研究がメインとなり、サークルやイベントにかけられる時間も少なくなるかと思います。研究とサークルやイベントを両立させている人もいますが、中々大変だと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1、2年次は、化学や工学の分野の基礎や一般科目(英語、数学など)を学習します。学年が上がるとそれぞれの学科でより専門的な内容を学習するようになります。4年次に講義を受講する人は少なく、必要な単位を3年次までに所得しておき、4年次は研究に専念する人が多いです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ガラス、セラミックス業界の研究職
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      自信のこれまでの研究を活かせる分野を選びました。今の研究が好きで今後もこの分野に携わりたいという思いから選択しました。同業他社からも内定をいただいていましたが、自身が今後働く上での働きやすや、企業理念から今の企業に決めました。
    投稿者ID:289345
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 建築・都市システム学課程 / 在校生 / 2016年入学
    2016年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      少し特殊な大学で、高専を卒業した学生を主な対象としている。そのため、一般から入学した学生には居づらい環境と思われがちだが、そのような様子は見られない。むしろ、1年2年は少数の学生で工学を学ぶことができるので、工学を修めたい学生にはとてもいい環境である。
    • 講義・授業
      それぞれの学科に適した専門の教授または教師がおり、工学をしっかりと学ぶことができる。また、専門分野だけではなく、一般教養についての講義もある。
    • 研究室・ゼミ
      研究室の配属は4年生から始まり、自身がやりたい研究室になるべく入ることができる(例外あり)。
    • 就職・進学
      大学に所属する半数は進学を決めるが就職について、教員のサポートを十分に受けることができる環境である。業界の最大手からの求人もあり、就職先には困らないと思われる。
    • アクセス・立地
      豊橋の端にあるため、通学生には名古屋鉄道豊橋駅からかなり遠い立地である。通学生は自家用車やバスでの通勤になるが、朝方は技科大までの道が混みやすくなかなか順調に通学ができない。そのため、多くの学生は周辺に部屋を借りることになる。また、大学は丘の上にあり、周辺に部屋を借りても自転車で通学するのはなかなか辛いところはある。
    • 施設・設備
      国立大学ということもあり、設備については十全に揃っていると思われる。特に機械学科の学生は最先端テクノロジーを触れることのできる施設もあるため、とても良い環境と思われる。
    • 友人・恋愛
      少なくとも恋愛については、全くないとは言わないが、工学系でしかも高専生を対象としているため女子は数が少ない。なので、出会いは当然少なくなる。なお、友人関係については授業を大体同じように受けるので、学科内では男子も女子も普通に作りやすい環境にあると思われる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      学生は、土木と建築の中から1つのコースを選択することができる。土木の学生は、土木の専門知識を学ぶことができる。建築の学生は、建築工学について学ぶことができる。コースを決めるのは、3年生になってからで、それまで何を学ぶかをしっかりと考えられる。
    進路について
    • 就職先・進学先
      進学か就職迷っている
    投稿者ID:224401
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    工学部 機械工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      工学系のみだが学科を入学後に決めるため迷っているひとにはよいのではないか。国立単科大学の強みである研究費がほぼ全て工学系のために使われるため施設、研究が充実している。
    • 講義・授業
      私立みたいに多人数ではなく小人数で行うため、わからなかったら教授に言えば講義中でも、もう一度説明してもらえる。国のスーパーグローバル?に選ばれたようで英語に力を入れ始めた。
    • 研究室・ゼミ
      研究費がかなりあるため自費を使うことはないだろう。工学系では世界的な企業とも共同研究しており、就職にも有利なようだ。
    • 就職・進学
      一般的にはこの大学の知名度は壊滅的だが企業の中では有名なようなので就職には困らない。この大学があるまわりの県は輸送機器メーカーが発達しているためその点も有利に働く。
    • アクセス・立地
      この大学は国立としては歴史が浅く、最初は駅周辺に建設予定であったが、とある教授が電車の振動を嫌い(精密機械があるため)、その結果交通の便はど田舎並である。唯一あるバスは豊橋駅から出ているが最終バスは8時代である。そのため車、バイクは必須である。駐車場は大学の敷地面積の1/3程あるため困らない。近くにR23号バイパスがある。
    • 施設・設備
      数年前、A棟の内装や椅子、机、などを更新したようで綺麗。この更新と同時に今まで大学内に数箇所しかなかった女子トイレを大幅に増やしたようだ。ただ古い研究室などにはまだないようだ。
    • 友人・恋愛
      ほぼ男子校レベルであるため恋愛は皆無である。強いて言えば建築系に雀の涙ほど。恋愛をしたい人は近くの愛知大学に出かけてみては?講義日数が他の大学と比べ30日程多くなっている。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一、二年は一般教養+工学基礎三年から研究室に配属される。四年の後半にインターンシップが必ずある。この大学は基本的に大学院に進学するのが前提とされている。
    入試について
    • 学科志望動機
      乗り物系について学びたいと思い、愛知県にあるこの大学を選んだ。なおかつ学生フォーミュラに参加しているサークルがある大学を選んだ。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      この大学はセンター試験の理数英が1.5倍されるのでこれらを強化した。2次試験は数学のみで誰も解けないような応用問題はあまりでない。逆に言えば設問一つでも手がつけれないと落ちる可能性が高い。
    投稿者ID:191312
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 情報・知能工学課程 / 在校生 / 2015年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      最先端のIT技術を吸収できる学科だと思います。学生のほとんどが高等専門学校からの3年次編入学により入学するため、所謂「オタク」な人が多い印象です。また高等専門学校卒業という共通点から誰とでも話が通じる環境だと思います。
    • 講義・授業
      専門科目が多く試験も期末のみの場合が多いため、試験の範囲が広いと思います。一般科目もそれなりに用意されているため、一般教養・語学も勉強でき、専門分野だけの人材よりも幅広い知識がある人材に育つことができると思います。
    • 研究室・ゼミ
      コンピュータ・サイエンスの基礎を研究する分野と、ロボットや脳のモデルなどのヒューマンサイエンスを研究する分野に分かれています。ある程度の研究室で企業との共同研究を行っているため研究費で困ることはないようです。研究室のイベントは(研究室によって異なるが)自費で参加することになるので注意が必要です。
    • 就職・進学
      大手企業への多くの就職実績があり、大学別生涯収入ランキングも有名な大学と並んで上位という実力です。5日間で400社の優良企業が集まる「学内企業説明会」が行われるなど、本学の学生を雇いたいという企業は多いようです。
    • アクセス・立地
      大学の位置は都心部から離れた田畑広がる郊外にあります。最寄り駅は二川駅ですが、直通するバスは無いので自転車・原付が必須になります。駅からバスを使用する場合は豊橋駅からの乗車になりますが、片道440円とかなり高めの料金設定のため常用するのは厳しいかもしれません(定期券・回数券はあります)。
    • 施設・設備
      全体的に古めの建物が多いですが、講義棟はリニューアル工事を行ったばかりなのできれいな状態です。また、福利厚生施設(購買・学食・カフェテリア等)も工事が終了しているためきれいな内装になりました。しかし、学食は少し高めな料金設定なのが難点。購買はコンビニ価格ですが、学生証に付いている専用の電子マネーで支払えば1割引になります。
    • 友人・恋愛
      高等専門学校卒が集まるので、所謂「オタク」な人が集まり、いろいろと相談しやすい印象です。学内進学者を含めて120名ほどいますが、グループはあってもグループ間の対立などはなく、仲良くやっています。他大学とは距離が離れているため、バイトをしていないと関わりはないと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次~2年次はコンピュータの基礎や数学・物理の基礎を学習しているようです(私は3年次編入学のため実際には受けていません)。3年次~4年次はある1つの分野に対して1つの科目というような授業設定になるため、深く学習することができます。研究室配属は4年次です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      自然言語処理研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      我々が普段話している言葉(自然言語)を処理する技術を研究しています。特に音声を対象とした検索技術と機械翻訳に力を入れています。先輩後輩の間でも仲良く話せる環境です。また、指導教員との距離も近く相談しやすい環境です。
    入試について
    • 学科志望動機
      高等専門学校で学習していたIT分野に対してより学習したかったためにこの学科を選択しました。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問と出題内容は変わらないため、ひたすら過去問を解いて傾向をみました。
    投稿者ID:181568
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    工学部 情報・知能工学課程 / 卒業生 / 2014年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 1| 学生生活 -]
    • 総合評価
      偏差値は低いが専門分野に力を入れており、工学を学びたい生徒にはいい学科だと思う。また、同大学の修士課程に容易に入ることができるため、研究を突き詰めることができる。小さいがジム等もある。また、校舎は新しい部分と古い部分があり、きれいなところはきれいでそうでないところは汚い。スーパーコンピューターを利用できる。
    • 講義・授業
      私のいる情報系では生体工学から通信工学、アプリケーション開発や機会学習といった幅広い授業が開講されている。将来情報系の仕事に就きたいあるいは、情報系の研究をしたい人にとっては選択の幅を広げることができるように感じる
    • 研究室・ゼミ
      国や企業との連携で研究をしている研究室もある。緩い研究室は緩く、勉強がどうでもいいなら遊ぶこともできるらしい。きつい研究室ではとことんしたいだけ研究に没頭できる。教授も専門的な知識を持っているため研究室選びに失敗しなければ充実すると思われる。
    • 就職・進学
      きつい研究室では就活がままならないが、自分のしてきたことをはっきり面接等で言うことができる。私の研究室では過去にGoogleにいったことがある先輩もいる。今年にはヤフーやiij、キャノンといった大手に就職している
    • アクセス・立地
      最寄り駅という概念がないものと考えていい。原付や車がないと夏には疲労困憊する。大学付近には飲食店や居酒屋もほとんどない。研究をがんばる人なら寮に入ることをおすすめする。
    • 施設・設備
      学校のセキュリティはそこそこよく、休日に校舎に入る際には学生証が必要となる。学生証はICカードになっており、現金をチャージして構内の売店や食堂で使用できる。その際一割引になる。購買はデイリーヤマザキがはいっているジムがある。
    • 友人・恋愛
      私の場合は研究が忙しく休日は休む日になってしまっており友人と遊びに行くことができない。また、研究室毎に予定が入るため他の研究室の知人との予定が合わない。女子は非常に少ない
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      3年次編入の場合、三年では研究室には配属されず情報系の授業と一般科目の授業を受ける。四年は授業と研究で忙しい。修士以降は先に卒業単位を一気にとって後は研究を行う。
    進路について
    • 就職先・進学先
      同大学の修士
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      修士に入った方が就職してからの最低賃金が高い場合が多い。
    入試について
    • 学科志望動機
      高専卒で楽に入れる大学がここ。一般の高校からは入ることはできると思うが周りは専門知識を持っている人間ばかりなので大変だと聞く
    • 利用した入試形式
      その他
    投稿者ID:183434
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    工学部 機械工学課程 / 在校生 / 2014年入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      工学部のみの単科大学であり、技術分野に特化した大学です。ハード面、ソフト面、共に質の高い設備を利用することができます。また、国立(独立行政法人ではない)なので、学費が安く研究費も充実しています。
    • 講義・授業
      工学分野の専門的な講義が主となります。これは基礎的な内容から始まり、学年が上がるにつれ、専門性が高くなっていきます。ここで学ぶ内容は社会にでても必要となるものばかりです。自分の将来を考えながら興味のある科目を履修しましょう。必修に一般科目が多少ありますが、オマケ程度と考えたほうが良いでしょう。
    • 研究室・ゼミ
      研究はどの研究室も最先端の内容を研究しています。文字通り最先端です。特許を多く保有している教授もたくさん在籍しています。共同研究先も充実しており、たとえば私の研究室では国内大手自動車メーカーをはじめ、鉄鋼、自動車部材メーカーとも共同研究をしています。
    • 就職・進学
      9割の学生が内部進学で修士に進みます。他大学の院を目指すのは少々難しいかもしれません。就職に関しては大変安定しており、名だたる大企業に比較的簡単に就職が可能です。共同研究で知り合った企業の方との繋がりが就職につながることもあります。研究室により業種のカラーがありますので、研究室選びには注意しましょう。
    • アクセス・立地
      立地は正直良いものではありません。周りに遊ぶところはありません。最寄り駅のJP豊橋駅やJP二川駅は大学から7km以上離れています。また、駅まではバスが走っていますが、割高です。代わりといってはなんですが、学生のクルマやバイクの乗り入れに関しては寛容で、学生用の大きな駐車場(数百台規模)があります。クルマで通学したい方には良い大学でしょう。
    • 施設・設備
      ハード面では敷地内に工場を持っています。申請さえすれば、だれでも旋盤・フライス・溶接をすることができます。また、研究室ごとに機械をもっていることが多く、SEMや三次元測定器、3D プリンタなども使うことができます。ソフト面では、CADや三次元の解析用ソフトなどを利用できます。
    • 友人・恋愛
      工学部を目指してやってきた学生が多くいます。趣味のあった友達が見つかるでしょう。とくにクルマやバイクといった趣味を持った方はすぐに仲間が見つかると思います。恋愛については……。学内では諦めてください。男女比が99対1くらいです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      高等専門学校からの編入生が構成する学生の主になるので、学部1,2年と3,4年では内容が大きく変わります。3,4年は専門科目が多いです。
    • 所属研究室・ゼミ名
      極限成形システム研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      塑性加工の最先端を研究する研究室になります。
    入試について
    • 学科志望動機
      高専からの編入が簡単であることに加え、高専に対する理解が他大学とは比べ物にならないから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      編入の推薦入試は書類審査のみです。テストも面接もありません。高専在籍中にしっかりと勉強をして、普段から良い成績を保っておきましょう。
    投稿者ID:181320
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

18件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

愛知県で評判が良い大学

愛知県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  愛知県の大学   >>  豊橋技術科学大学   >>  口コミ

豊橋技術科学大学の学部

工学部
偏差値:56
★★★★☆ 3.89 (18件)

オススメの大学

京都工芸繊維大学
京都工芸繊維大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.92 (84件)
京都府/国立
名古屋工業大学
名古屋工業大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 4.03 (79件)
愛知県/国立
大阪教育大学
大阪教育大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.78 (147件)
大阪府/国立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。