みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

岐阜薬科大学
出典:Monami
岐阜薬科大学
(ぎふやっかだいがく)

公立岐阜県/名鉄岐阜駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:62.5

口コミ:★★★★☆

3.87

(55)

岐阜薬科大学 口コミ

★★★★☆ 3.87
(55) 公立内60 / 93校中
学部絞込
5531-40件を表示
  • 男性卒業生
    卒業生 / 2015年度入学
    2022年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      薬剤師を目指す人には一番かなと思います。交通の不便もなく清潔感もある学校なので、東海地方の人にオススメです
    • 講義・授業
      良い
      教授の授業がすごく分かりやすい
      公立高校に通っていたが、個人的には大学の方がやりやすいなと思った
    • 研究室・ゼミ
      良い
      薬剤師を目指す身として薬学に関することが学べるのは夢に確実に近づいていると実感できるようなゼミだった
    • 就職・進学
      良い
      薬剤師に多くは就職するが、やはり薬科大学ということもあり就活は問題なくできる
    • アクセス・立地
      良い
      岐阜駅も遠くはないため愛知県などからも名鉄でいけるので、立地も悪くない
    • 施設・設備
      良い
      校舎も割ときれいで、隣の岐阜大学と比べても外見は見るからに新しい
    • 友人・恋愛
      良い
      問題なく友達や彼女もサークルを通じてできたので、普通に問題ない
    • 学生生活
      良い
      種類も部活と違い多くあったので、自分にあったサークルを選べてよかった
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬科大学ということもあり、薬学を重点的に学んでいきます。自分は割と2年、3年に時間の余裕ができました
    • 学科の男女比
      5 : 5
    • 就職先・進学先
      公的機関・その他
      薬剤師として、岐阜県内の薬局で働いています。これからもこの職に携わっていきたいです。
    • 志望動機
      薬剤師という夢が昔からあり、家も近く岐阜薬科大学のことは知っていたため、この大学一点集中で目指していたからです
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:844943
  • 男性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2018年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      就職面では、薬学部で将来安定感がある。しかし、意外と製薬業界の就職の幅は狭い。生活面では勉強・実習量が多く、ほかの文系大学と比較すると、かなり忙しい。
    • 講義・授業
      悪い
      公立のため、お金がなく、実習などは経費削減しがち。私立ではやっている授業を受けていないことも多々ある。私立の方が手厚い指導を受けれると思う。
      研究などは国公立の方が経験できると思うので、研究を行えることは将来の糧になると思う。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      三回後期から始まる。自分で成績をつかって選ぶ。教授の方針により研究室の特色はかなり異なるため、先輩にリサーチして、自分に合いそうな研究室に行くのがポイント。
    • 友人・恋愛
      普通
      単科大学のため、母数が少ない。狭く深く。縦横だいたい知り合い。仲が良いと思う。
      恋愛も一人暮らしが多く、成立しやすい印象。
    • 学生生活
      悪い
      部活のみ。かなり少ない。部活といってもサークルの様にゆるいものが多い。
      部活行事を大切にしている。先生なども大きな会には必ずきてくださり、縦・横の繋がりが強くなる。
    その他アンケートの回答
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:470480
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強・部活に関しては全体的に充実しており、中身の濃い毎日を過ごしている。薬学の勉強は国家試験に向けての勉強だけでなく、研究者や病院薬剤師としてさらに上へ目指せるような勉強もしている。球技大会や学祭などのイベントも充実しており、学生同士仲が深まる。人数が少ない大学のためみんな知り合いで、お互い助け合うことができる。しかし、学校の運営をみると、いきなり制度を変えたり生徒に連絡が行き届いてない状態で物事を進める傾向にあり、苦労が多い。
    • 講義・授業
      良い
      国家試験に向けての勉強だけでなく、さらに上を目指すための勉強もできる。勉強は難しいが、そのぶん得られるものは多い。実習についても充実しており、様々な実験を通して生物学や分析化学などの分野に触れることができる。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      臨床薬学、分析化学、生物学、感染制御学、薬品化学など沢山の研究室があり、成績が良いほど希望の研究室に入りやすくなるため学生は勉学に一層励むことができる。研究室にもよるが大体コアタイムは5時?6時で、バイトを入れることもできる。研究室旅行や飲み会などのイベントもあり学生同士の繋がりは深い。私の所属する臨床薬剤学研究室はDNAを用いた研究をしており、パーキンソン病などの研究をしている。6年生になると卒論がある。
    • 就職・進学
      良い
      国公立大学であるという事もあり、就職状況はいいと思う。大手製薬企業や大学病院に就職している人もいるし、国連に勤めている人もいる。先輩方も就職に困難を感じているわけではなく、結構すぐに内定を得ることができていた。国家試験にさえ受かれば就職はさほど苦労しないが、国家試験に落ちると内定が取り消しになり、また1年勉強の就活をしなくてはいけなくなる。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄駅からは遠く、バスで30分ほどで着く。スーパーは学校から徒歩20分のところにあるが、本屋はバスで行かないといけない距離にあり文房具の調達に苦労する。周りは田んぼが多く田舎の印象を受ける。学校の周りは不審者が多く、夜出歩くのは危険。服を買うときは名古屋までまでないと服屋がない。
    • 施設・設備
      悪い
      本部キャンパスと三田洞キャンパスに分かれている。下宿生は3年でいちいち引っ越さなくてはいけない。三田洞キャンパスは老朽化が進んでおり、雨漏りや風が入ってきて冷たかったりする。水道も使えないところがあり、実験をしずらい。本部キャンパスは建てたばかりで綺麗で実験器具も揃っているが、三田洞キャンパスは器具は不足している。
    • 友人・恋愛
      良い
      学生数が少ないのもあって友好関係は築きやすい。恋愛関係に発展する事も多く、卒業後結婚する人も多い。部活動で仲良くなった人は今後も関係が続く。
    • 学生生活
      良い
      私はコーラスクラブに入っており、コンクールや合宿、定期演奏会を通して多くのことを学ぶことができる。大学のイベントでは球技大会、学祭などがあり、ワイワイしてて楽しい。放課後はアルバイトをして仕事について学ぶことができた。休日は友達や彼氏と名古屋などに遊びに行ったりする。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      最初の1、2年は物理や英語などの基礎科目が多く、学年が上がるにつれて薬理学や薬物治療学などの専門科目が増えていく。三年後期に研究室に配属され、講義の他に研究もしていくことになる。5年生になると病院実習、薬局実習で半年ほど実際の薬剤師の仕事を学んでいく。6年生は、卒論と国家試験の勉学をしていき、卒業する。その後大学院に進む人もいる。
    • 利用した入試形式
      まだ決まっていません。
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:411320
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2017年04月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部の評価
    • 総合評価
      普通
      有名な教授が多く、就職はしやすいと思います。
      ただ、テストがすごく大変で、ギリギリで入学した人は進級するのにもとても苦労します。
    • 講義・授業
      良い
      生徒が少ないため指導は充実しているが、
      滑舌が悪く、言葉が聞き取れない人もいる
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3回生後期から研究室に配属される
      研究室の種類は割とたくさんある
      夏休みが5日のところもあれば1ヵ月のところもある
    • 就職・進学
      良い
      有名な教授がおおくOBも実績を残しているため、就職はしやすい
      サポートもしっかりしてくれる
    • アクセス・立地
      悪い
      電車が通ってなく、バスも本数が少なく、周りになにもない。
      車がないと不便であり、半数ぐらいが車を所有している。
    • 施設・設備
      悪い
      3回生までは校舎がとても古い
      4回生からはとてもきれいなビルみたいな校舎になる
    • 友人・恋愛
      良い
      人数が少ないため、濃く友人と付き合える
      恋愛関係も充実している人が多い
    • 学生生活
      良い
      部活しかなく、種類も多くはない
      ただ楽しくできる
      ほぼ全員が部活に参加している
      学園祭や球技大会があり、とても盛り上がる
      学祭は規模が小さいが模擬店などの食べ物がおいしい
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:331390
  • 女性在校生
    在校生 / 2015年度入学
    2016年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      薬剤師になるための国家試験の成績が良い。 人とのつながりがとても強い。 教務の仕事が非常に遅く、日程が出るのが遅くて困っている。
    • 講義・授業
      良い
      講義数が多いのが大変。 選択科目のバリエーションが豊富。 講義を聞いていて、わかりやすいなぁと思える先生が多く、教材も優れているため良い。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室ごとにやることが明確に決まっており、自分のやりたい研究をすることが出来る。 忙しくて自由な時間があまりない。
    • 就職・進学
      良い
      薬剤師になるための国家試験に受かることが出来れば、ほぼ100%の確率で、大学病院や薬局に就職することが出来る。
    • アクセス・立地
      悪い
      バスの本数が少ないため、雨の日や雪の日は、大学へ行くのに苦労する。 下宿する人は大学から近いところに住めるため、その場合はアクセスには困らない。
    • 施設・設備
      悪い
      校舎がとても古く、虫が出たり、講義室の椅子が壊れていたりする。 図書室にはパソコンや自習でかるスペースがあるため便利。
    • 友人・恋愛
      普通
      生徒の数が他大学に比べて少ないため、全員と顔見知りになることが出来る。 教務の仕事が遅いため、講義のことでたまに困ることがある。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1回生から、生薬や生物学、有機化学など、専門的な分野を扱います。
    • 学科の男女比
      6 : 4
    • 志望動機
      将来薬剤師として病院や薬局で働きたかったからです。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      芸苑
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験を重視する大学なので、センター試験の一ヶ月前からセンター対策をしました。
    この口コミは参考になりましたか?

    4人中3人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:183399
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2019年11月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      単科大学なので、学生同士のつながりが強く、協力して進級できる環境にあると思います。周りにあまり娯楽がないので、勉強に打ち込むには最適だと思います。研究室は、自身の興味とワークライフバランスにあわせて選択できます。就職活動についてのサポートはあまりないので、研究室のコネや先輩からの情報が重要となってきます。
    • 講義・授業
      普通
      教授らによる講義なので、専門分野については深いところまで教えていただけます。
    • 研究室・ゼミ
      普通
      様々な分野に特化した研究室があり、内容、忙しさなど自分にあった所を選べると思います。配属は3回生後期からで、それまでにいくつか見学に行くとよいです。成績がよいと希望する所へ入りやすいです。
    • 就職・進学
      普通
      個々人で動いて先輩からの情報を得たりしています。薬局、ドラッグストアが人気があります。少数ですが、企業に就職する人もいます。病院は大学病院に就職する人が多いです。サポートはあまり十分ではありません。
    • アクセス・立地
      悪い
      校舎が2つに分かれているので不便です。4回生で引っ越しする人がほとんどです。下宿生はまだましですが、駅から通うには不便だと思います。周辺は田舎で、治安もまずまずです。
    • 施設・設備
      悪い
      古い校舎は老朽化が目立ちますが、広々としています。新しい校舎は少し狭いですが、岐大に近いので生協に立ち寄りやすいです。新しい校舎の食堂は岐大と共用です。
    • 友人・恋愛
      普通
      単科大学なので、学年全員と知り合える環境にあり、関係も密になりやすいです。恋愛関係も充実してる方だと思いますが、噂などはすぐに広まります。
    • 学生生活
      悪い
      人数が少なく、限られた部活しかないので人によると思います。雰囲気が自分に合う部活を見つけられるかが重要です。入部すると、縦のつながりが作りやすいというメリットはあります。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      3回生までは教養と専門科目の講義が中心で、実験の実習があります。3回生後期から研究室に配属され、週2回程研究室に行きます。4回生からは毎日研究をしつつ、CBT、OSCE対策があり、5回生は実務実習があります。6回生は卒業試験、卒業論文発表、国家試験対策があります。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      幼い頃から薬を服用してきたため、薬に対しての興味があり、知識を得たいと思った。
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:573547
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2019年07月投稿
    認証済み
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      悪い
      悪い大学ではないが、一般的なイメージの大学とはかけ離れている。設備や立地、講義内容などを考えるとすごくいいとは言えない
    • 講義・授業
      普通
      外部講師を招くことも多くいろいろと勉強になることが多い。講義内容は先生によりけりという感じで全体としては普通としか言えない
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の先生にすごく良くして頂いているから。
    • 就職・進学
      良い
      薬学部という都合上、就職はそもそも大変ではないことが多い。大学が何かしなくても就職はできる
    • 施設・設備
      悪い
      マイクロピペッターが足りずに班をグループ分けして実習を行ったことがあった。お金が無い
    • 友人・恋愛
      良い
      学内で付き合っている人が多い。単科大学なので横のつながりは異様に作りやすい
    • 学生生活
      良い
      サークルはないが部活動があり、研究室ごとに対抗するイベントもよく開かれている
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      薬の勉強です。衛生なども学びます。それ以上でも以下でもない。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    • 志望動機
      就職難なので、少しでも手に職が付けられるようになりたいと思ったから
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:569678
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      薬剤師免許が取得できる。現段階では薬剤師の求人は引く手数多と言われているので、職には安定して就けると考えられる点はメリットである。薬剤師は人の命、健康に関わる職業である為やりがいがある。
    • 講義・授業
      良い
      いろいろな授業がある。基礎科目に始まり、薬学分野の専門科目、実習などがあるが、講義自体は分かりやすく説明されるもの、そうでないものなど様々である。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年生後期から研究室に配属される。約20の研究室があるので、そのうちから自分の興味のある研究室を選択することができる。
    • 就職・進学
      良い
      薬局、病院薬剤師への就職はもちろん、企業への就職実績も多いです。企業では、MRに始まり研究、開発、品質管理など、先輩方が多方面で活躍されており、そのような先輩方がOB、OGとしてインターン等でサポートしてくれます。
    • アクセス・立地
      悪い
      1~3年次の三田洞キャンパスは、バスで岐阜駅から40分くらいかかり、バスの本数も少なく通学がしづらい環境です。そのため実家が愛知県の人なども下宿している人が多いです。
    • 施設・設備
      普通
      4年生以上が通う本部校舎は、校舎も綺麗で学生証があれば24時間出入り可能なので勉強しやすい環境が整っています。しかし三田洞校舎は図書室なども狭く校舎も古くてあまり綺麗ではないです。
    • 友人・恋愛
      良い
      下宿している人が多く、学部の生徒数も多くない為皆が親密でとても仲がいいです。
    • 学生生活
      普通
      2~30の部活動があり、充実しています。
    この口コミは参考になりましたか?

    投稿者ID:389148
  • 女性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年10月投稿
    認証済み
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 1| 学生生活 1]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      普通
      学生生活全体を振り返るとアカデミックなレベルは高かったと思う。研究をしたい人にとっては学びがいのある大学だと思う。授業以外に関しては、単科大学ということ、立地も不便な場所にあることもあり課外生活は物足りなかった。
    • 講義・授業
      普通
      講義、授業の内容についてはあまり面白く感じなかった印象です。教授や講師の先生についてはそれほど印象に残っていないです。
    • 研究室・ゼミ
      悪い
      ゼミが始まる時間は9時でちょうど良かった。選び方については成績上位、中位、下位からまんべんなく入るように調整されていた。
    • 就職・進学
      悪い
      就職実績は良いと思う。就職活動のサポートはあまりなかった。自分の就職活動は権力のある先生に相談して紹介してもらった。
    • アクセス・立地
      悪い
      最寄り駅は岐阜駅で、駅から大学までバスで40分かかった。学校の周りは田んぼと民家と高校くらいしかなかった。
    • 施設・設備
      悪い
      キャンパスについては、隣の高校より敷地が狭くキャンパスと思ったことはない。教室も古かった。図書館は小さいがきれいだった。
    • 友人・恋愛
      悪い
      学内の友人関係についてはあまり良くなかった。サークルはなく部活に入ってつながりを作る感じだった。学内の恋愛関係については狭い人間関係の中学内の中で交際している人が多かった。
    • 学生生活
      悪い
      サークルに憧れていたが、サークルはなく、部活しかなかった。大学のイベントで思い浮かぶのは学祭であるが、ほとんど参加しなかった。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はほとんど教養科目で数学、英語、ドイツ語、哲学などがあります。ほとんどが必修科目です。4年次は研究室に所属して、実験と論文作成と卒業試験、国試勉強でたいへんです。
    • 利用した入試形式
      治験施設支援機関
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:411513
  • 男性在校生
    在校生 / 2014年度入学
    2017年09月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 -| 学生生活 3]
    薬学部薬学科の評価
    • 総合評価
      良い
      勉強を頑張りたい学生にはとても向いています。また、人学年の人数が少ない、単科大学なので、多数の人と仲良くなれます。よく授業後にみんなでご飯を食べたりします。
      しかし、学内にコンビニなどがなく、周辺にも大きなショッピングモール等の店がないので、車がないと少し不便です。
    • アクセス・立地
      悪い
      電車が通っていないので、バス通学になりますが、バスの本数が少なく値段が高いので、遠くから通うのは不便です。下宿するのがおすすめです。周辺にはお店がほとんどないので、色々見たいときは遠出する必要があります。車を持つことができたら持つ方が良いです。
    • 施設・設備
      悪い
      他大学と比べると、学内の施設は不十分だと感じます。3回生までが通うキャンパスは古いキャンパスで、大学というより高校みたいな感じです。
    • 学生生活
      普通
      サークルはなく、全て部活です。しかし、他大学のような部活とは異なり、部活とサークルの間みたいなイメージです。ほぼ全ての学生が部活に所属しており、様々な行事を部活単位で行ったりします。
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

    投稿者ID:367444
5531-40件を表示
学部絞込

基本情報

所在地/
アクセス
電話番号 058-230-8100
学部 薬学部

この大学のコンテンツ一覧

岐阜薬科大学学部一覧

このページの口コミについて

このページでは、岐阜薬科大学の口コミを表示しています。
岐阜薬科大学はどんな学校ですか?」という疑問に対して、他では見ることの出来ない先輩や保護者の口コミが記載されています。
学校選びの参考情報として、ぜひご活用ください。

みんなの大学情報TOP   >>  岐阜県の大学   >>  岐阜薬科大学   >>  口コミ

偏差値が近い国公立医学系大学

富山大学

富山大学

42.5 - 62.5

★★★★☆ 3.84 (667件)
富山県富山市/富山地鉄市内線【1・2系統】 富山大学前
岐阜大学

岐阜大学

45.0 - 62.5

★★★★☆ 3.96 (642件)
岐阜県岐阜市/名鉄名古屋本線 名鉄岐阜
滋賀医科大学

滋賀医科大学

62.5

★★★★☆ 3.89 (63件)
滋賀県大津市/琵琶湖線 瀬田
和歌山県立医科大学

和歌山県立医科大学

55.0 - 62.5

★★★★☆ 4.00 (69件)
和歌山県和歌山市/きのくに線 紀三井寺
鳥取大学

鳥取大学

40.0 - 62.5

★★★★☆ 3.86 (414件)
鳥取県鳥取市/JR山陰本線(豊岡~米子) 鳥取大学前

岐阜薬科大学の学部

薬学部
偏差値:62.5
★★★★☆ 3.87 (55件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。