みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  成城大学   >>  口コミ

成城大学
出典:Seijokoho
成城大学
(せいじょうだいがく)

東京都 / 私立

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:52.5 - 57.5

口コミ:★★★★☆

3.77

(228)

成城大学 口コミ

★★★★☆ 3.77
(228) 私立内240 / 568校中
学部絞込
2281-10件を表示
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2015年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      法律科目も、教養科目も、言語科目も、豊富な種類の授業から学びたい科目が選べるが、年によって実施しない授業もある。
      学校全体としてだが、食堂がせまい。席が少ないと感じる。
    • 講義・授業
      やる気がある人にとってはとても充実した授業になると思う。単位も、勉強をしっかりすれば落とすことはあまりない。履修は文系ということもあり、フル単をキープできれば学年が上がるごとに割とスカスカで組める。
    • 研究室・ゼミ
      私が所属していたゼミに限らずだとは思うが、出席してきちんとレポート報告をしていれば一番良い評価をくれる。卒論は希望者のみなので、やりたくない人はやらなくて良い。
    • 就職・進学
      90パーセントを超えた就職率と聞いている。自分の就活は今まさにやっている途中なのでなんとも言えないが、先輩たちは割と内定をもらっている印象がある。
    • アクセス・立地
      学校から最寄り駅まで徒歩5分は嬉しい点。立地も閑静な住宅街なので、ごちゃごちゃうるさい感じはない。そこそこ飲食店もあるが、大学生がショッピングするような場所はほとんどない。
    • 施設・設備
      図書館はみんな使っているし、部活も1つ1つ部室が与えられている。試験前はそこで勉強ができる。試験範囲をテスト直前ではなく、授業最終回より2.3回前に言ったりする教授もいるので、しっかり出席して話を聞いておいたほうがいあ。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      私は友人が少ない方だが、周りの人は部活に所属している分友人は多い。ただ、大学内で恋愛をしている話はあまり聞かない。
    • 学生生活
      過去問が欲しいので今の部活に入った。8割がた過去問はあるので、割と役に立ったと思うが、特に活動という活動はしていない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年はほぼ必修。憲法、民法、刑法、加えて英語と第2外国語。教養は2.3コマのみとれる。
      2年は選択科目がある。憲法や民法、刑法のより深い部分まで学習できる。
      3年も2年次とほぼ変わらず。それまでフル単であれば履修科目が減るくらい。
      4年は落とした単位の補強に当てている人がほとんど。
    投稿者ID:428828
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    法学部 法律学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 1]
    • 総合評価
      法学部は法律学科しかないので、専門的により濃く学びたい人からすると様々な授業を受ける必要があり、専門性には欠けていたと思う。また、コースを3年次に選択するがあまり意味がないもので、どの授業も受ける事ができる。
    • 講義・授業
      基本的に出席がない授業が多い。単位については取りやすい授業だけで履修を組むことが可能。講義の内容は、教授により様々で教科書を買ったのに使わないという事例も多くあるので、必ずしも買わなければいけないという訳ではない。
    • 研究室・ゼミ
      法学部はゼミが3年次にしかないので、少人数で討論し合う形の授業を取りたい人にはオススメはできない。しかし、ゼミが面倒くさいという人には出席するだけでいい評価を貰えるゼミもあるので単位は楽に取れる。
    • 就職・進学
      就職実績に関しては、他の大学の平均がわからないがいいと思う。また、それなりに名の知れている大学なので、就職説明会や、講座などに来てくれる企業の方たちも有名所が多い。就職センターなどは使わなくても就職はできる。
    • アクセス・立地
      最寄駅からは徒歩5分以内で着くのでとても楽だ。学校の周りは住宅街で治安がいい。しかし、飲み会などができる居酒屋が駅に存在しないので電車でほかの駅まで行く必要があるのが難点かもしれない。
    • 施設・設備
      法学部は法学資料室が使用でき、テストのときのいい勉強場所になる。また、教科書の貸し出しなどもあるので、授業やテストで忘れた時に便利。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      他の大学より人数が少なくキャンパスが一つしかないので人との繋がりは割と多くある方だと思う。中庭やホールで会う人は大体顔見知りになる。
    • 学生生活
      サークルに関してはメンバーはすごくいい人たちばかりで楽しかった。日々の活動がないサークルだったのでたくさんアルバイトができた。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      卒業論文はなし。出したい人は出せる制度だが、ほとんどの人が出していない。単位が取れればゼミがないので4年で学校に行く必要がなくなる。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      銀行の総合職
    投稿者ID:426521
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    社会イノベーション学部 政策イノベーション学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活を振り返ると、部活動に熱中した学生生活だったように思う。部活動を通じて人生のいろいろなことを学べたと思う。授業は一応は進学校というだけあって、進度は早く、当たり前だが自宅学習は必須である。
    • 講義・授業
      講義中の雰囲気はだいたいどこでもそうだと思うが、自由であり、まじめに受けているものから、全く聞いていないもの、寝ているものなどさまざまである。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミのガイダンスなどがあるので、それに出ればとりあえずはわかるだろう。選ぶ際には、教授と馬が合うかどうかを重視したほうが良いのではないかと思う。
    • 就職・進学
      進学については、他県の大学院に行く際にどこの研究室に入るかが大切であるが、そこの教授とコネクトを取っておくことは必須であろう。
    • アクセス・立地
      最寄駅から大学まで15分ほど歩くが、これは大学の性質上仕方ないことだと思う。
      学校の周りはあまり発展しておらず、遊ぶ場所に困る。勉強しなさいということなのだろうか。
    • 施設・設備
      キャンパスは、田舎に作っただけあって、そこそこ広く、運動場など、設備もそこそこ充実しているのではないかと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルまたは部活動に入らないと、学科以外の友人を作るのは難しく、その学科内での交友関係になるため視野が狭まるのではないかと危惧する。
    • 学生生活
      部活動は練習から大会も積極的に参加していて、とても楽しかった。アルバイトは学業と部活動に専念するため行はなかった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      だいたいどこの大学でも勉強することで、なにか特別なことはない。一年生は英語を重点的に勉強したほうが良いと思う。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      他県の大学院
    投稿者ID:426750
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中0人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    経済学部 経営学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      自分のやりたい勉強がしっかり決まっている人であればそれを目的に大学に通うことができ、そうすればどこの大学のどの学部に進学してもしっかりと学ぶことができるし、大学生活を有意義に過ごすことができるから
    • 講義・授業
      講義の内容は特に珍しいものはなく、マクロな話が多い為、概論ぐらいしか学べない。単位や課題に関しては特に問題なく取得できるのが為になるか同課は分からない
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期はもっと早まってもいいと思う、説明会はなかな興味深いが数がそんなに屋内のと、実用的なことが学べるゼミはそんなに多くない
    • 就職・進学
      サポートは手厚いと思う、自分から能動的に動くことが進路確定の最も近道だとは思うが協力してくれる体制は整っている
    • アクセス・立地
      駅から大学まではかなり近いが、駅自体があまりさかえていない、というかお金持ちの街なので学生が気軽に行ける店が多くない
    • 施設・設備
      施設は勉強をするには十分な施設だと思うが、物珍しいものは特にない。それと座席に敷地が狭い分数が少ない為座席の確保が時間によって難しいことが多い
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活に入れば出会いはあり、自分次第で恋人はできると思う。というかそれはどこの大学でも同じだと思うし特にこの大学だからという理由でそうなわけでわない
    • 学生生活
      数は多いし温水プールやシャワーもあるので特に問題ないと考えられる。
      大学のイベントは他の大学と大きな差はないがいろいろ取り組んでいて面白いと思う
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は必修科目が詰まっていてあまり選択の余地はない
      2年次以降は自由度が上がり、ゼミが始まるため自分のしたい勉強に打ち込むことができると思う
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      国立大学院へ進学
    投稿者ID:428036
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文芸学部 マスコミュニケーション学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      偏差値としては成城より高い大学も受かってはいたんですが、雰囲気で選んで心からよかったと卒業しても思います。周りの話をきいても私はここにあってるなあと思いました。マスコミといっても、アナウンサーや記者など第一線で働いてる人達の実際のお話がきけたり、少人数ゆえに先生への質問もしやすく、うちの学科は特にまじめに取り組む生徒が多く、テスト前は情報交換や意見交換が楽しかったです。ゼミの先生も面倒見が良い人が多く、少人数ならではだと思いますし、学校の雰囲気も落ち着いていて好きでした。学校内のジムも無料でかなり役立ちましたし、大学生活に悔いはありません。卒業後も周りも名の通ってる企業に行く人がおおく、私も就活中はいわゆる学歴フィルターを感じることは全くありませんでした。(実際校風の評判がよいのでかかるところはほぼないそうです。)
      唯一いうとすればアクセスが都心から悪いところですかね。
    • 講義・授業
      実際にNHKで働いてたディレクターさんや、キー局で活躍されてたアナウンサーなど第一線で実際に働いてる、働いてた方々の話がきけるのがとても楽しかったです。少人数なので質問もしやすく、頼んだことは引き受けてくださり助かりました。
    • 研究室・ゼミ
      マスコミの枠でいえば十分だったと思います。ゼミ内でも生徒の意見は取り入れてくれるし、就活の時期はSPI対策など授業もやりつつためになることを教えてくれました。
    • 就職・進学
      大手企業に就職した人は3人に1人はいると思います。あとは一流大学院に進んだ友人もいますし、自分のやりたいことを勧めてくれる学校です。
    • アクセス・立地
      新宿から離れていて、家からも遠かったのでアクセスはあまり良くなかったです。駅からすぐなのは助かりましたが。
    • 施設・設備
      施設については、改装されてかなりオシャレになったスペースもあって、気分転換にカフェにいってたこともありましたがそこでカフェ気分を味わえて楽しかったです。あとはジムも活用しました、
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内恋愛は一般的な雰囲気でした。多くもないですが少なくもなかったです。中庭で2人でいる人達も普通にいました。
    • 学生生活
      サークルや部活は数は少ないですが、私はマスコミ研究会は大満足でした。フリーペーパー作成など活動以外もここで大学の仲間ができました。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      マスコミといっても、心理学や広告について、マスコミの歴史やアナウンサーの授業、キャッチコピーの授業やマスコミデータ分析や読解力などかなり多岐に渡ります。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      映画業界
    投稿者ID:428704
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中2人が「参考になった」といっています

  • 成城大学のことが気になったら!

    キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
    500円分の図書カード全員にプレゼント

    ※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

  • 女性卒業生
    経済学部 経済学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      良くも悪くも、どちらとも言えない。
      大学生活はふつうに充実できる大学だと思う。
      ただ人数が少ないので、交流を広げたいとか考えてる方はあまりお勧めしませんが、仲良くはなれる。
    • 講義・授業
      単位は取れるし、比較的困難な講義もない。
      いろんな学部の講義が受けれるのはとても良いところ。
      他の大学よりは学部が少ないが、厳選されているので講義も選びやすい。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは人気の度合いによって抽選が行われるので、本当にやりたいことがあったり、勉強したいことがある方は必ずしもそのゼミに入れるとは限らないので要注意。
      ゼミに入って卒論書くことが卒業条件なので不可避。
    • 就職・進学
      キャリアセンターに行けばとてもよくサポートしてくれる。ただ、やはり女子大とは違ってそこまで手厚いサポートはしてくれないので、活用方法が大事だと思う。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩3分。最高に立地がいい。
      ただ駅近辺は食べるお店が少ないので、下北沢や新宿まででないといけない不便さはあるが帰り道なので特に気にすることはない
    • 施設・設備
      新しく造られたカフェテリアはとても使い勝手がいいと思う。また、コンビニもできたので学外に出る必要はない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      人によるが、人が少ない分仲良くなれるので、友達は多くできる。そこからは自分次第ですね。どの大学行っても一緒
    • 学生生活
      入るサークルにもよるが、小さい大学なのでサークル数は少ないし人数も少ない。ただ、大人数すぎてあの人は誰状態にはならない
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年は基本必修科目で毎日大学へ通う。二年もそれなりに必修科目が多いが毎日通うことはなくなる。三年はもう単位を数科目とるだけで週3いくぐらい。四年はゼミだけ。うまくいけば。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      金融業界の事務職
    投稿者ID:431040
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    文芸学部 文化史学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      全体的にのびのびとした校風で、自然も多くリラックスできる環境。図書も充実している。ただし夕方頃に幼稚園のお迎えがあるようでたまに子供が騒ぎながら走り回っている。また民俗学に力を入れている学校であるため民俗学に興味がある人は是非。
    • 講義・授業
      民俗学や文化人類学、歴史学等に強く、教授に質問するととことん語ってくれます(笑)民俗学や文化人類学はフィールドワークを基本とする学問のためか教授もフランクで話しやすい人が多いように思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミに関しては教授により差は激しいです。生徒に放任主義なところもあれば、がっつりなところもあります。ただ、自分がやりたいと思ったことを否定されることは民俗学などの特性上ほぼ無いと思ってもらってもいいと思います。なんでも研究対象だよ!
    • 就職・進学
      就活については自分から動けばとことんサポートしてもらえます。イベントなどは充実しているので。一方、特殊な学問が主の学部だとやはりなかなかとってもらいにくいのも現状ですし、イベントや相談などを面倒だと参加しなければ当然サポートは得られません。
    • アクセス・立地
      アクセスは良い方かと思います。小田急線成城学園前駅から5分かかるかかからないかの立地。通っているのが小田急線一本ですが、逆に小田急線が止まると小田急さんが事前に学校に連絡を入れておいてくれたりして遅延証明書を出さなくて済んだりします(笑)ただし大学近くに一人暮らしとなるとちょっとお高くつくかも…?
    • 施設・設備
      施設、設備は非常に良くなりました!悔しながら僕の卒業年度に!パソコンルームはこれどこのカフェ?ってぐらい綺麗ですし、図書館もとても綺麗で使いやすいです。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      これについては正直部活や学部、ゼミ次第な気もします。でもこじんまりとしてのほほんとした雰囲気なので作りにくくはないかと。
    • 学生生活
      文芸部に所属していましたが、大変充実しておりました。個人プレーな部分も勿論ありますが、意外と皆部室にいて和気あいあいとしていたり、合宿という名の旅行に行ったりととても楽しい時間を過ごせました
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      主に民俗学、文化人類学、歴史学の三つを柱として学んでいくこととなりますが、それ以外にも一般教養として語学を学んだり、心理学や言語学などもとることができます。ちょっと変わったことをしたいなら古代ギリシア語や映画や漫画について学ぶ講義なんかもあったりしますよ(笑)
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      リラクゼーション業界→IT業界(転職)
    投稿者ID:428051
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性卒業生
    文芸学部 マスコミュニケーション学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 2]
    • 総合評価
      マスコミの勉強は多岐にわたり、心理学なども含まれるので、マスコミの実践的な勉強をしたいのであれば、専門学校に行った方がいいと思う。マスコミについて多角的に学びたいのであればいいと思う。
    • 講義・授業
      厳しい先生とゆるい先生の差が激しく、どうしてもゆるい授業はサボりがちになり、厳しい授業は敬遠してしまう。またゼミ決めにあたり人気ゼミから漏れることも多々あり、自身のやりたい研究、論文に密接しないゼミをとる生徒もよくいる。
    • 研究室・ゼミ
      厳しいゼミとゆるいゼミの差が激しく、厳しいゼミに行けば何度も論文の改定を求められるので、自身のやりたいことにきちんと沿ったゼミに行くことが勧められる。
    • 就職・進学
      マスコミ講座など様々な講座は設定されているが、マスコミに行きたいのであれば、マスコミ関連の学生時代の経験が求められるので、外部ゼミやインカレサークルに入る人が多い。
    • アクセス・立地
      立地はいいが、周辺住民からの苦情や制約が多く、例えば学園祭にアーティストを呼ぶことは禁止されている。
    • 施設・設備
      学部で利用できるpc環境のある部屋はあるが、学科限定でのものは皆無である。オシャレで清潔感はあるが、テスト前や論文提出期限が近いとパソコン室は混み合い、場合によっては利用できない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      大学自体大きくないので、学内で友人とよくコミュニケーションがとれる。物足りない人や馴染めない人は外部の友人を優先する。
    • 学生生活
      大学生らしいクリエイティブなことを行なっているサークルは少ない、遊んだり、友人を作りたいという理由で入る人がほとんど。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      マスコミ関連といっても実務的なことよりも、マスコミ、メディアがどういったものであるか、どのように成り立つか、どのように作られたかという講義が多い。
      カメラマンや音声を目指すなら専門学校の方が良い。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      公的機関
    投稿者ID:430808
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    文芸学部 ヨーロッパ文化学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      様々な視点、分野を基礎教育のカリキュラムに組み込んであるので、初めは興味のない分野でもとりあえずやってみる、ということが出来、それが意外にも興味のある分野とつながっていたりする
    • 講義・授業
      基本的に少人数なので指導が丁寧であると思うが、珠に自己満足、自己完結する教授もいるので選択前にある程度情報をしいれておくべき
    • 研究室・ゼミ
      ひとつのテーマを様々な角度から探っていくスタイルは毎回新しいことが見えてくるのでとても楽しいがゼミの情報を学校がゼミに所属しない学生へあまり提示しない
    • 就職・進学
      学生課に専用の窓口があることは非常に心強いし、先生にも相談しやすい雰囲気がある。学部ごとにも窓口があり、学生課だけにしぼられていないところはのい
    • アクセス・立地
      専用の駅があり、また駅から近いので雨にもあまり濡れなくて済むのは大変ありがたいが、最寄り路線が運休になった場合は学校に行けなくなるのは心配
    • 施設・設備
      とても綺麗で生活しやすく、学生の人数と設備の数がバランスよい。特にパソコンの貸し出しが学校であるのは、重たいパソコンを持ち歩かずに済むので楽である
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の知り合いは基本的には少人数授業のクラスメートであり、サークルなどに疎い人ほどぼっちになりやすいとおもう
    • 学生生活
      特に何も感じないので達成感を持たせるイベントをやらせて欲しい。事務関係の仕事をしているがいつも計画と実行するだけでメインは他....
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      まずは語学。フランス語かドイツ語を選択することが義務づけられています。大学で始める人が多いので経験がないことに引け目を感じる必要はないが、食らいついていく気持ちは必要だなと思います。
      主にフランス、ドイツに重点を置いて思想や歴史などを学べるのはとても楽しいですし、共通のテーマがありつつも毎回違った講義が聴けるのが醍醐味です
    投稿者ID:429028
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    文芸学部 マスコミュニケーション学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 2]
    • 総合評価
      マスコミ学科の必修よりも、教養科目や選択科目の方が自分のやりたいことに合致している気がします。
      また学科生ですが、本当にマスコミを学びたいと思ってる人は半分以下ではないでしょうか。。
      女子の比率が圧倒的に多く、男子校出身者としては肩身が狭いです。
    • 講義・授業
      教養科目はメディア論、マスコミ論もありますし、映画の授業では昔の映画やアニメを見られたりします。早稲田や上智で教えてる先生が成城でも教えてたりします。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミ自体は三年生からです。二年の時に基礎演習といってその前段階みたいなことをします。ただ、基礎演習のラインナップも微妙です。
    • 就職・進学
      就職は強いとは思いますが、マスコミ学科に入ったからといって全員がメディア業界に入れるわけではありません。業界セミナーなどは多いと思います。就職センターもあります。
    • アクセス・立地
      新宿から小田急線の快速で15分程度、最寄りの成城学園前から徒歩五分とアクセスは抜群です。ただし、小田急線はしょっちゅう遅れるので、時間に余裕をもった方がいいです。
    • 施設・設備
      大教室もありますが、高校みたいな教室もあります。比較的新しい施設もありますが、五号間などは時が止まっているみたいです。
      幼稚園から大学までが、一つのキャンパスにあるので大学の校舎自体こじんまりとしています。
      ただ、学園の中学・高校生と同じ校門をくぐるのはキツイです。せめて、校門は分けて欲しい。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      女子が圧倒的に多いので、女子は女子で固まってしまっています。男子も内部生は内部生で固まってるし、学科同士の繋がりは薄いです。グループラインも会話は皆無です。校内で話してるアベックは、おそらく部活やサークルの仲間でしょう。
    • 学生生活
      成城はサークルの数が圧倒的に少なく、委員会と部活動が大半を占めています。大学といえばサークルなのに、まるで高校みたいです。自分が入ってるサークルも活動してるんだかしてないんだか分からない感じです。
      行事は自由参加です。文化祭は帰宅部の人は行っても意味ないです。所詮内輪のお祭りですから。招待されるお笑い芸人もブレイクしてる芸人とかではなく、無名もしくは旬の過ぎた芸人です。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      マスコミ学科なので、学ぶのは広告などマスコミ関連のことです。ですが、特に力入れてると思うのは統計です。SPSSを使ってアンケート調査の分析をしたり、履修次第では社会調査士という資格を取ることが出来ます。マスコミ学科は教職を取ることが出来ないので、何か資格が欲しいと思ったらいかがでしょうか。
    投稿者ID:430787
    この口コミは参考になりましたか?
2281-10件を表示

成城大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
500円分の図書カード全員にプレゼント

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

基本情報

住所 東京都 世田谷区成城6-1-20
最寄駅 小田急線 成城学園前
電話番号 03-3482-2101
学部 法学部、 経済学部、 文芸学部、 社会イノベーション学部
概要 成城大学は、東京都世田谷区に本部を置く私立大学です。通称は「成城」「成城大」。前身は1917年に創立された成城小学校で、1950年に成城大学として経済学部と理学部の2学部で創設されました。現在では幼稚園から文系学部の大学・大学院を有する総合学園です。政治や経済界、また芸術分野やマスコミ業界で活躍する人材を多く輩出しています。 大学の全学部、幼稚園から高校まですべて同じ敷地内にあるのが、成城大学のキャンパスです。社会貢献活動も積極的に行っており、その一つに「成城 学びの森」という生涯学習支援事業があります。地域一般の方に向け、学ぶ楽しさを感じながら受講生同士や講師らとの交流を広げていくような展開を行っています。

この学校の条件に近い大学

  • 1
    私立 / 偏差値:55.0 - 57.5 / 東京都 / 新桜台駅
    口コミ
    ★★★★☆3.96
    武蔵大学
  • 2
    私立 / 偏差値:45.0 - 57.5 / 埼玉県 / 獨協大学前駅〈草加松原〉駅
    口コミ
    ★★★★☆3.94
    獨協大学
  • 3
    私立 / 偏差値:50.0 - 60.0 / 東京都 / 白金台駅
    口コミ
    ★★★★☆3.88
    明治学院大学
  • 4
    私立 / 偏差値:50.0 - 57.5 / 東京都 / 吉祥寺駅
    口コミ
    ★★★★☆3.86
    成蹊大学
  • 5
    私立 / 偏差値:45.0 - 60.0 / 東京都 / 恵比寿駅
    口コミ
    ★★★★☆3.80
    國學院大學

成城大学のことが気になったら!

キャンペーン対象校のパンフを5校以上まとめて取り寄せると!
500円分の図書カード全員にプレゼント

※マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

おすすめのコンテンツ

東京都で評判が良い大学

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  成城大学   >>  口コミ

成城大学の学部

オススメの大学

埼玉医科大学
埼玉医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.73 (37件)
埼玉県/私立
獨協医科大学
獨協医科大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.95 (35件)
栃木県/私立
獨協大学
獨協大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.94 (387件)
埼玉県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。