>>     >>     >>  口コミ

川村学園女子大学
川村学園女子大学
(かわむらがくえんじょしだいがく)

千葉県 / 私立

偏差値:46 - 48

口コミ:

3.35

(23)

川村学園女子大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.48 298位
研究室・ゼミ 3.59 236位
就職・進学 2.95 401位
アクセス・立地 2.17 402位
施設・設備 3.00 388位
友人・恋愛 3.00 397位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

23件中 1-10件を表示
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    文学部 日本文化学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教師同士が対立している空気があり、特定の教師が担当しているゼミ生が理不尽な扱いを受けたりします。学生の就職活動を妨害する雰囲気もあり、学科の雰囲気はお世辞にも良いとは言えないです。
    • 講義・授業
      教科書丸写しのレジュメを渡される、映像資料も古いVHSのものしかない、講義の内容も情報が古いものが多いので、正直真面目に学びたい人にはおすすめしません
    • 研究室・ゼミ
      文化系の中でも古典、特に徒然草や枕草子、源氏物語の資料が多い印象。しかしそれ以外の資料が殆どないので、前述以外の学問を希望したい場合は資料収集に苦労しやすいと思います。
    • 就職・進学
      相談しても根性論でしか答えてくれないので印象が悪いです。資料の収集にも非協力的で、自分で集めるしかなく苦労した経験があります。就職先の情報もハローワークで紹介されるようなものしかないのでネームバリューもないです
    • アクセス・立地
      最寄りの駅から徒歩20分、バスで15分と交通の便は悪いです。駅の周りもコンビニエンスストア等の施設が少ないので、必要なものがあれば事前に近くの駅で購入しておく必要があります。
    • 施設・設備
      学校の施設は古いものが多い印象があります。DVDの資料が少なく、VHSやフロッピーディスク等の他の場面では殆ど使用できないものが多いので、あまり設備や施設が充実しているとは思えません
    • 友人・恋愛
      専攻している分野、所属ゼミ問わず仲の良い人が多いです。他学科との交流も非常に盛んな上交換留学生が来たりするので、閉鎖的な教員とは違い学生同士はとても仲が良かったです
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次、2年次は日本文化の中でも日本美術が中心でしたが、3年次からは学芸員の資格を取得するために授業を履修していました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      倉澤ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      日本美術のみならず、西洋美術の歴史なども履修ができます
    進路について
    • 就職先・進学先
      IT企業の営業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      その会社だけ、唯一内定が出た会社だったからです
    入試について
    • 学科志望動機
      日本文化の中でも日本美術を学びたいと考えたためです
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      指定校推薦で大学に合格したので、受験対策は行っていません
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    文学部 日本文化学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      キャンパスは緑が多いところにあるので、ゆったりとした気持ちで通えると思います。就職活動も就職課の方々が丁寧に対応して下さるので安心して活動出来ます。
    • 講義・授業
      日本文化学科は華道や茶道、舞踊など実技を取り入れた講義を行っているので体験を通して学ぶことができるのが良いと思います。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは主に10人前後で行うのでアットホームな雰囲気で行うことが出来ます。私が通っていた当時は教授も良い方々ばかりで楽しかったです。
    • 就職・進学
      就職課の方々が丁寧にサポートしてくれます。キャリアプランニングという講義もあり1年生の頃から就職活動を意識しながら通うことが出来ます。
    • アクセス・立地
      比較的、緑が多いところにあるので、ゆったりとした気持ちで通うことが出来ます。駅からのバスは時間によっては、とても混むので徒歩をオススメします。
    • 施設・設備
      増築した部分もあるので、新しい建物もいくつかあります。図書館は広く勉強できるスペースもたくさんあるので安心して勉強出来ます。
    • 友人・恋愛
      女子大ということもありおしゃれな学生が多いです学園祭は芸能人の方を呼んだりするので外部から多くの人が集まります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      私は香道や日本画の講義を取りました。体験できるのが良かったです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      サービス業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      大学でこの職業に関する資格を取得することができたので活かそうと思いました。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本の文化が好きで更に理解を深め海外の人に説明できるようになりたかったからです。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      主に過去問題を中心に勉強しました。あとは普通に苦手部分を勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    文学部 心理学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      図書館は広く、集密書庫もあります。ただ、学食を利用する人数と席が一致しておらず、お昼時は席が足りないということがあります。
    • 講義・授業
      人気の講義は大教室が満室になりますし、その反面あまり人気でない講義は極端に少ないです。自身が履修したい講義と必修科目がバッティングすることが多々ありました。
    • 研究室・ゼミ
      4つの心理学テーマのゼミから1つ選択し勉強するのですが、その心理学に関連する書物が山のように積まれており、充実しております。また、貸し出しも行っており、関心の幅を広げる時や、卒論を書く際にはとてもお世話になりました。選択するゼミによっては課外授業(実習)があるようです。
    • 就職・進学
      「臨床心理学コース」に在籍している方は、そのまま大学院へ進学し、「認定心理士」の資格を得て就職しているように感じます。「心理学コース」の場合、あまり心理とは関係の無い業界・職種へ就職しているようです。
    • アクセス・立地
      天王台駅からは徒歩20分程度で遠からず近からずな距離だと思います。1限の授業にバスで向かう際、大学向かい側にある企業の方々も乗車するので、それなりの乗車率になります。
    • 施設・設備
      卒論やデータをまとめる際に使用するパソコンは、研究室からお借りできます。また、集計したいデータに合う方法を、書籍や研究室・ゼミの先生から教えていただくことが出来ます。
    • 友人・恋愛
      裏には桜並木があり、春になると一般の方も構内に入りお花見をしています。女子大なので、出会いの場と言うと、他の大学との合同サークルやアルバイト先が主になると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は心理学の基礎を、2年次は心理学実験・研究の方法を、3・4年次はゼミに所属し、それぞれのテーマに沿った心理学を学びます。私は「社会心理学」に興味がったので、社会心理学を研究する教授のもとで学びました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      社会心理学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      3年の1年間は「社会心理」がどういうものかを学びました。また、それに関連する書籍をある程度のページ数で分担し、次回までに調べてまとめ、発表するというものでした。年が明けてからは卒論作成に向けて自身のテーマを決め、取りかかるというものでいた。
    入試について
    • 学科志望動機
      親や先生方から「大学に進学した方がいい」と進められ、大学を調べていたところ「心理学科」に興味がわき、志望しました。また駅から通いやすい点も決め手の一つです。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      50分で原稿用紙2枚分の小論文を書き上げるため、高校時代の現代文の先生にお世話になりました。「ロジックツリー」や時間配分を習得するのが難しく、いっぱいいっぱいでした。ここで身につけておけば、実験レポートや卒業論文の作成が楽になると思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性在校生
    文学部 国際英語学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-02-21投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良い点 国際英語学科なのでネイティブの先生に学べる。先生との距離も近く気軽に質問できたり、1:1で深く学ぶこともできる。
      悪い点 最初に行われるプレイスメントテストのクラス分けで、英語のクラス分けがありBクラスに行くとレベルのかなり低い授業を必修で受けなければならない。
    • 講義・授業
      講義は大体中学〜高校レベル。
      講義によってかなりレベル差がある。ネイティブの先生の講義を取るのがオススメ。きちんと出席さえすれば単位は取りやすい。
    • アクセス・立地
      目白駅から徒歩5分くらいなので、アクセスは良い。
      周辺に大学が多いので学生も多く、治安も悪くないので立地だけは良い。
    • 施設・設備
      施設はかなりひどい。個々の教室は新しく、PCルームなどは綺麗で使い勝手も良いが全体的に雰囲気が暗く、狭い。学食や購買などが一切なく、お昼は近辺のコンビニ、もしくは家から持参のみなのがキツイ。図書館も種類が少なく使い勝手が悪い。
    • 部活・サークル
      目白キャンパスは部活やサークルは一切ないので、それを期待してる人は諦めた方が良い。インカレに入るか、我孫子まていって部活、サークル活動をするか…
    • イベント
      学祭は目白キャンパスでは開かれないので、我孫子まで行くしかない。準備などには参加できない。
    学部に関する情報
    • 面白かった講義名
      EIA
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    教育学部 社会教育学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学科がクラスのようになるため友達が作りやすく、友達との交流が多く持てる。 学科の先生が親しみやすく進路の相談にも乗ってくれる。 資格取得を目指す人にはいい環境だと思うけど卒業後の進路が定まらず 入学後に考えようとして入学した人には卒業までの4年間の生活は少し辛いかも。 女子大だから共学の大学に比べたら恋愛の充実度は下がると思う。 他学科との交流は全くないわけではないがイベント等に参加しない限りは難しい。 わたしは入学時資格取得の目標があったから女子校に対して抵抗はあったが 女子大だからこその友達との打ち明けられる話があったり同じ目標に向けて頑張れたから 楽しい学校生活が送れた。
    • 講義・授業
      資格関係.専門科目の授業はすごく充実していた 教員取得時の実習前指導も女子校ならではの女性目線の指導(実習時の注意事項等)を してもらえてすごくタメになった. 他学科との共通科目の履修は専門科目以外になるため 外国語等、私自身の興味のモテるものがなく履修に困った. 女子校だからなのか他校もそうなのかは不明だが、 講義中の私語が気になる時もあった.
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分の進路や希望の内容でゼミ分けされるため 担当教授も学生も意見交換、指導を受けやすい しかしゼミのルーム内や図書館全体を含め資料が少ないように感じた. 夏に同じ学科の他ゼミと合同で合宿をしたりなど 自分たちの計画次第では他ゼミとの交流や情報交換等の場は持ちやすい でも最終的には独自の目線での論文まとめになるため 資料が少ない分情報交換やアンケート結果が主の論文になってしまいがちだと思う。
    • 就職・進学
      就職支援科の先生?の対応が雑なときがあった 福祉系の求人資料がもともと多くなく一般企業が多いから 仕方ないかもしれないが、1度雑な対応されてから 聞きに行くという行動をためらうようになった 学科の卒業生が就職した先の求人を学科に持ってきてくれてりと 先輩の就職先やそんな施設があるんだ!と教えてもらえることが 多かった。 先輩と交流を持てると勉強になることが多いかも。
    • アクセス・立地
      学校のまわりに飲食店やコンビニがないため 学校敷地内に入ってしまうと、昼食や軽食の買い出しは難しい 敷地内の食堂等はあるが他大学は敷地内にコンビニがあったりするが コンビニはなく購買のため種類も限られる 食堂は基本混み合っていて場所取りに困る 最寄り駅からも徒歩でも通えるが距離が長い バスはお向かいにある会社の人と一緒に乗るバスになるため時間によっては すごく混み合うし乗れないときもあるから 急いでるときには辛いかも 線によってはなかなか来ない電車もあって 成田線を使っていた友人は電車の時間に苦労していた 車通学できるが駐車場はそんなに多くないと思う
    • 施設・設備
      建物や敷地はすごく綺麗だから、図書館の資料数は多くないも思う 学科ごとゼミごとの部屋にも資料はあるが棚に敷き詰められている状態もあり なかなか手が伸びない 図書館の勉強部屋等も多くないため使えないときもあった 環境としては整っているのかもしれないけど 学生の人数に比べて考えると全体的に少ないと思う
    • 友人・恋愛
      学科がクラスのようになり、入学したてのときに 交流会のような行事があるから関わりももてるし 友達も作りやすいと思う ただ女子大だからこそドラマのような 恋愛など期待はできない 基本サークルやバイトなどしないと異性との交流はない
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教育.福祉についての基礎知識から基本技術まで学べる 教育学部の教授はみんな親しみやすく 親身に考えてくれる方が多かったから 進路相談やその当時の学習面等の常に相談し解決に向けて考えることができた。
    • 所属研究室・ゼミ名
      教育学部 社会教育学科 梅澤ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      教育専門のゼミ 教育から福祉に関する内容を卒論にまとめる
    進路について
    • 就職先・進学先
      児童デイサービス
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      障がい児支援に興味を持ち 学習支援が行えるため
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと福祉を専攻していたが、児童福祉に興味を持ち 教育に専攻をかえる 教育を主に学び、福祉についても学ぶことができた
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      明光義塾
    • どのような入試対策をしていたか
      面接での試験のため、面接練習と福祉関連の本(福祉の心得)を読み学ぶ
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    生活創造学部 生活文化学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      立地も片田舎にあり、学校の最寄駅から校舎にたどり着くまで店もほとんどなく不便で地味な学生ライフになると思う。昼食などは持参したものか学食の二択になる。通学路線が常磐線しかなく、事故で止まれば命取りとなる。この学校は近所から通う学生が多かった。地元に強い学校なのだと思う。片田舎にあり女子だけの生活だからかおっとりした雰囲気がありのんびり静かに学生ライフを送りたい人向けである。
    • 講義・授業
      自分が在席している学科以外の講座も受けられる事が魅力の一つだが、私が在席していた頃は、私の学科だけ校舎が都心の真ん中にあり本校舎からはとても離れており、とても他の学科の講座など受けられる環境になかったので物足りなかった。取る免許は皆同じなので高校の延長戦のように同じ授業を同じ学生で受けるという感じだった。
    • 研究室・ゼミ
      特に秀でた感じはしなかった。最新の機械があるわけでないし、何をするにしても自費でやるだけだと思う。研究室も少なく数人の教授から強制的に選ばなければならないような感じで、教授や研究室で選ぶより単純に友達同士で入るイメージが強い。
    • 就職・進学
      求人は少ない。学科主席なら、付き合いのある病院くらいならあるかもしれない。就活も自分次第。求人は保険レディーばかりだった。
    • アクセス・立地
      とても不便、常磐線しかたどり着く線路はない。そのため常磐線が止まればアウト。最寄駅に着いてもバスが来るまで待つ。地元の学生以外は大概苦労する。遅延など交通事情は見逃しの対象には決してならない。
    • 施設・設備
      可もなく不可もなくだが、校舎は綺麗だった。刺激を求めたい人には不向き、何もなくつまらない。車社会の地元学生が多く通うのに駐車場設備がなかった。森やたんぼの風景は広大だが、私には時が止まったように感じて気持ち悪かった。
    • 友人・恋愛
      女性しか居ないのでガールズトークにしかならない。お嬢さま感覚の人が多く大概ブランド物の見せあいである。全体的には真面目で垢抜けない人が多かったが、一部ド派手なグループも居た。他の学科との交流はほとんどなかった。同じ学科内での揉め事やイジメなど精神的苦痛で通い辛くなっても、学年の違う講座を受けさせてくれるなどうまくサポートしてくれる。他の大学とは違いほとんどが高校生から上がってきた同年代と過ごす事になるが、学生のうちに結婚妊娠する人が多かった。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本的なレポート作成の山から栄養学、ファッション、社会学を根底に学べる。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院の栄養士
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      なりたい資格を取り勤めるのが本望だから。
    入試について
    • 学科志望動機
      栄養士になるためと、他の学科の講座が受けられる点。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性在校生
    生活創造学部 生活文化学科 / 在校生 / 2015年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      栄養士になりたい方にはいい大学だと思います。栄養士以外にも医療秘書実務士など様々な資格が取れるのは魅力的です。
    • 講義・授業
      授業は基礎から教えてくれますが、先生によっては基礎を教えてくれないため予習が大事です。また、抜き打ちテストがある場合があるため、復習も必要です。実習はグループなので、楽しくできます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室はパソコンが少なく、少し狭いと感じました。ただ、先生がいつもいるので分からないことなどはすぐに教えてくれます。
    • 就職・進学
      就職支援室などがあるため、充実してると思います。他にも就職に役立つ授業もあり、勉強になると思います。
    • アクセス・立地
      駅から学校まで遠く歩くと20~25分かかります。朝から学生・通勤の方もいるためバスが混みます。また、店が少ないので不便です。コンビニが一つしかないため朝は混んでることが多いです。歩いて学校まで行くと道が狭く、車が結構通るため危ないと感じました。
    • 施設・設備
      施設はとてもキレイです。掃除もきちんとしてるため清潔だと思います。全体的に施設はキレイです。冷房・暖房も充実してると思います。机の落書きはとても多いです。
    • 友人・恋愛
      基本的には金持ちが多いと感じました。アルバイトをしてる友人は一部で一人暮らしも結構います。先生も金持ちが多いので、価値観があまり合いません。しかし、みんな優しく親切で面白い子が多いです。他学科の子ともすぐに仲良くなれます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      栄養士についての基礎知識から基礎技術までを学ぶことができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      栄養士になひたいと思い、施設が整っていたため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      高校の先生方にいろいろ教えてもらいました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    文学部 心理学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      初めて心理学を学ぶ人でも、基礎から学ぶことができるので安心して楽しく通えました。また、先生方もとても親身になって教えてくださるので、先生方との距離感がとても近く良い学校だと思います。頑張りを認めてくださる、いい空気の大学です。
    • 講義・授業
      共通教育科目が設けられているので、心理学に限らず、さまざまな授業が受けられ、自分の視野を広げるのにもいい勉強となります。学科の科目は1年生では基礎からみっちり学べるので、安心です。ただし、心理学を高校で学んだことのある人にとっては、最初の2年間はもどかしいと感じるかもしれませんが、復習にもなると思うので、まったく無駄になるようなことはないはずです。
    • 研究室・ゼミ
      心理学科には様々な分野の先生が多くいらっしゃいます。どの先生もそれぞれの分野に限らず、学生の興味に合わせた研究をさせてくださるので、とても親切です(専門は専門なので、失礼のない範囲の話ですが…)。学生研究室にはとても優しい事務の方が、学生生活をサポートしてくださるので、解らないことがあったら質問しやすい環境です。
    • 就職・進学
      進学については、併設されている大学院への進学が可能です。川村の大学院は第1種校なので、心理学の研究をさらにしたい人や、臨床心理士の資格を目指している人も慣れ親しんだ学校で続けて学ぶことができます。
    • アクセス・立地
      立地はさほど良くないです…最寄駅から徒歩20分ほどですが、バス(有料)も出ています。駅の周辺にはそこそこコンビニやパンやなどがありますが、学校の近くになると学内の売店や食堂でしか買い物ができないので、他大学に比べると少し不便かと思います。
    • 施設・設備
      女子大ということもあって、設備はきれいに整えられています。清掃の方が常にきれいにしてくださっているので、清潔感のある学校です。
    • 友人・恋愛
      友人関係は良好に過ごせると思います。服装は自由なので見た目は個性的な人もいますが癖のある人はほとんどいないので、人間関係のトラブルなどもほとんど聞きません。のびのびと学生生活を謳歌できると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      心理学の様々な分野を基礎からきっちり学ぶことができます。各分野の教授のゼミに入れば、さらに詳しくその分野について勉強することも可能です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      基礎心理学ゼミに所属していました。
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に認知心理学が詳しく学べます。学生の興味、関心を大事にしてくださる先生でしたので、認知心理学に限らず見てくださいました。認知心理学は臨床心理学の基礎になるので、学んでおいて損はないと思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      川村学園女子大学の大学院へそのまま内部進学しました。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      臨床心理士を目指して進学いたしました。変わらぬ環境ではありますが、学ぶことが多くて忙しい毎日です。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学とは何か、というところから深く学ぶことができるとオープンキャンパスで知り、教えてくださった先生がとても親切だったのでこの学校に決めました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用しませんでした。
    • どのような入試対策をしていたか
      指定校推薦でしたので、主に面接の練習を行いました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    教育学部 幼児教育学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      子どもと関わる仕事がしたい人には、幼稚園教論と保育士の資格が両方取ることができるので、いいと思います。少人数のクラス制になっているので、友達ができやすく、先生からもよく面倒を見てもらえるところが良い所です。
    • 講義・授業
      グループでも発表が多くあります。ピアノの授業では、レベル別にクラスが別れ、弾き語りの試験があります。卒業してから役に立つ授業が多くあると思います。
    • 研究室・ゼミ
      少人数で、生徒と先生の仲がよく、楽しく受けている人が多かったと思います。卒業論文も、一人ひとり細かく面倒見てもらえます。
    • 就職・進学
      就職率が大変よく、資格を持っていれば就職できない人はいませんでした。資格を取らない人でも、子どもに関係する一般企業に就職する人が多いです。就職相談にのってもらえる就職課もあります。カウンセラーの人が適性診断をしてくれます。
    • アクセス・立地
      茨城に近い千葉なので、はずれのほうにあり、便はよくありません。電車の本数も15分に1本くらいでした。最寄駅からバスで10分かかります。バス代を浮かすために、歩いて行く人も多いです。
    • 施設・設備
      ピアノが数台しかなく、電子ピアノでの練習になります。試験が近くなるとピアノが埋まってしまい、練習できないことがあるので、日々練習しておく必要があると思います。ピアノの数が少ないかなと思いました。
    • 友人・恋愛
      優しい人が多く、みんな仲がよくアットホームでした。女子大なので異性との出会いはないです。季節ごとにイベントがあり、お菓子をもらえたり、友達と参加型の行事もあります。大学で友達ができない人はあまりいないのが、ここの大学のいいところです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      先生になるために大事なことを、1年生の時は知識、2年生からは実技という形で学びました。子どもに関する知識と、先生になるための社交性を学べたと思います。
    入試について
    • 学科志望動機
      子どもについて学びたいと思い、幼児教育学科の、保育士と幼稚園教論の資格が取れるという点が魅力だったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      自分の苦手な分野で点が取れるように、基礎を固め、過去問を何回も解いた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 川村学園女子大学
    女性卒業生
    文学部 史学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2015-06-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      歴史や地理の勉強に専念したいと考えている人にはいい環境だと思います。大学の偏差値はあまり高くありませんが、先生方の質はとても高いです。周りに流されず、やりたいことを見つけて突き進んでいけば、先生方は必ず助けてくださいます。
    • 講義・授業
      歴史に関するさまざまな授業を幅広く受講することができます。歴史といっても、単に「歴史」だけでなく、芸術や食文化、生活文化など勉強することができます。
    • 研究室・ゼミ
      先生方が勉強熱心で、どんな質問にも答えてくれます。論文に行き詰まり悩んでいるときも、真摯にアドバイスを与えてくれるので、一生懸命とり組めば必ず結果に結びつきます。
    • 就職・進学
      外部から就職ゼミの講師を呼んでおり、有料ではありますがとても役に立つ指導をしてくれます。また就職活動を終えた四年次の生徒により就職支援サークルが発足され、後輩の指導にあたっています。就職課でも模擬面接を行ってくれるので役立てられます。
    • アクセス・立地
      最寄り駅からバスが出ており、バスに乗ると10分程度です。大学の目の前に某企業があるため、出勤ラッシュの時間帯はバスがすし詰め状態になります。徒歩だと20~30分はかかります。大学の周りに食べに入る場所がないので、基本的にお弁当を持ってくるか、学食で食事をとることになります。
    • 施設・設備
      とくに真新しいものはないです。学食は年々メニューが増え、美味しくなっていました。安くて美味しく、女子大なのに量もそれなりにあるため、男性教諭も満足していたようです。日替わりでさまざまなメニューを楽しめるため、学食にいくのは楽しみでした。
    • 友人・恋愛
      歴史好きといっても、日本史が好きか世界史が好きか、どの時代が、どの歴史人物が好きかで変わってきます。その「好き」がぴったり重なったときは熱いトークを繰り広げることができます(笑)同じ趣味をもった友人がたくさん見つかると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本史・世界史・中国史・地理の基礎知識を学び、三年次から専攻科目ごとに分かれて勉強することができます。
    入試について
    • 学科志望動機
      地元から近くて、歴史を学べるところが川村学園女子だったため
    • 利用した入試形式
      一般入試
    この口コミは参考になりましたか?
23件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

千葉県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

川村学園女子大学の画像 :©あばさーさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

旭川大学
旭川大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:42 - 52
★★★★☆3.80 (5件)
北海道/私立
弘前学院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 52
★★★☆☆3.20 (10件)
青森県/私立
札幌大学
札幌大学
併願校におすすめ
偏差値:37 - 48
★★★★☆3.63 (19件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。