みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  日本薬科大学   >>  口コミ

日本薬科大学
出典:杉山真大
日本薬科大学
(にほんやっかだいがく)

埼玉県 / 私立

偏差値:51 - 53

口コミ:

3.16

(19)

日本薬科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★☆☆ 3.16
(19件) 私立内474位 / 506校中
私立内順位
平均
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

19件中 1-10件を表示
  • 男性在校生
    薬学部 医療ビジネス薬科学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017-04-06投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 -| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 4| アクセス・立地 -| 施設・設備 -| 友人・恋愛 -| 学生生活 -]
    • 総合評価
      医療ビジネス薬科学科という珍しい学科である。薬科大学、薬学部を名乗っているわりに、経営学、経済学や会計学に力を入れすぎている感じが否めない。薬学も学ぶけど、一般用医薬品(ドラッグストアの薬)が中心。薬剤師が学ぶようなリスクの高い薬を学ぶことはほぼ無い。そこまで薬学に特化しても、国試を受けるわけでもない、大した学力のない学生に難しい薬学を学ばせる必要がないと思われているのだろうか。ビジネスの勉強、資格は就活には役に立つし、薬学も登録販売者があれば、医薬品関連企業の就職には有利。よく言えば、無駄なことをあまり教えない。と言えるが。登録販売者に加えて、ビジネスも学べるということで薬系専門学校よりワンランク上程度だと思っておいた方が良い。6年制薬学部のように単位取るのに苦労して、留年等に悩む風潮は皆無。私大6年制薬学部崩れが多い。自分もその一人だが、6年制薬学部に入れば、誰でも薬剤師になれると思っていたが、入学後、現実はそうでないことを知った。毎年、日本薬科大学の薬学科の留年者が内部編入という形で入ってくる。今となっては、この学科でよかったと思っている。
    • 就職・進学
      やる気ある人にはいくらでも支援してくれる。やる気ない人にも就職のことを支援している。就職支援に関しては十分。学校側が就職率を上げることに野心を持っている。学生のことを思ってか、就職実績を良くしたい一心なのか、どちらかはわかりませんがね…
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 医療ビジネス薬科学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017-03-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      医療ビジネス薬学科の一番の特徴といえば、「医療とビジネス」を日本で唯一同時に学べる点です。就活中に気づいたことですが、自分が思っている以上に面接で評価されます。これは他の有名大学と戦う上での大きな武器になりました。

      また、薬学科と比べて学生と教授の距離が近いところも魅力です。教授という堅いイメージは無く、頼れる学校の先生という感覚でした。学部の人数が少ない分、顔を覚えやすく、友人作りも苦労はしませんでした。

      デメリットとしては、出来たばかりの学部ということで、授業内容が試行錯誤段階という点です。ただ、自分自身は在学中に一つの目標を持ち、それに向かって自学していたため、特に気になりませんでした。

      あまり考えずに入学した私ですが、結果的に良い学部を卒業出来たと考えています。
    • 講義・授業
      他の大学の授業を拝見したことがありますが、そこよりは充実しています。やはり、少人数の分、資料配布のしやすさなどが関係しているのかも知れません。
      実際に製薬会社で働いていた方や、会計の実務経験を積んだ方などが教授として教えているためリアルな話を聴けることもあります。
    • 研究室・ゼミ
      少人数のため研究室やゼミはほかと比べると少ないと思います。ただ、「自分はこれを研究したい!」と強い意志があれば多少学部とズレていても研究は可能です。要はやる気の問題です。
    • 就職・進学
      就活時期になるとキャリア室が就活生で溢れかえりますので早めの行動が決め手ですね。担当の方は素晴らしい方なのですが、やはり4月~5月は人数不足だと感じました。
      一人ひとり個室で丁寧に対応して頂けるので、そこに関しては大満足ですね!
    • アクセス・立地
      御徒町駅から徒歩10分(早足)、湯島駅から徒歩2分。
      秋葉原が徒歩5分なので、学校終わりによく遊びに行きました。 昼はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、スーパーが徒歩5分なのでよく利用していました。 ガッツリ食べたい方は湯島駅から道路を挟んだ側にある中華料理屋を利用するといいでしょう。
    • 施設・設備
      学生としては学食が無いのが痛いですね。
      図書室は小さめですが、欲しい本の希望を出せばすぐ入荷するので助かりました。
    • 友人・恋愛
      少人数のためゼミ、休み時間、グループワークなど出会いの場は多いです。仲の良いグループなど連むメンバーは決まっていますが、基本誰にでも話しかけられる雰囲気ですので、自分の行動次第だと思います。
    • 学生生活
      サークル数は少ないですが、一つ一つがしっかり活動出来ているので問題はありません。希望を出せば新しいサークルを作ることも可能です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年生では人体の構造、薬の作用機序、薬理学、簿記、経済学など広く学び、後期あたりで情報薬学コース(病院を就職を目指す)orビジネス薬学(ドラックストアやMR)を選びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      私は薬学よりも簿記に熱中していたため、在学中に資格を取得し不動産の経理に就職しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-11-29投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      それなりに勉強が出来る人か努力して知識を身につけることが出来る人に向いています。漢方薬にも力を入れているようなのでそっち系の研究をしたい人も向いているのでは?
      留年率が高いのですが、留年生は講義を受ける態度がとても悪く、留年した理由はその不真面目さだと思います。
      真面目に勉強する気持ちがある方や、もともと勉強ができる方は留年に対して神経質になる必要はないと思います。普通に講義を受けて普通に勉強していれば問題なく進級できます。
    • 講義・授業
      自分の執筆している教科書を買わせる先生方もいらっしゃいますが、基本的には先輩からそういう情報が流れてくるので購入しない場合が多いです。講義のほとんどはプリントかスライドで行われますが国試対策の問題演習があまり行われない為、別途で虹本などを購入する事をおすすめします。試験についてですが合格率が著しく低い科目については教員の滑舌の悪さなどによって講義が成り立っていない為と思われます。が、普通の学力があれば再試験で必ず受かる科目なので心配しなくて良いかと。どうしても本試で受かりたいなら講義を聞かずに過去問の範囲を青本などで確認して下さい。
    • 研究室・ゼミ
      自分のやりたい研究については基本やらせてくれます。ですが、成績が悪いと4年次に行われる分野配属で希望の研究室に行くことが出来ないので、どうしても行きたい研究室がある場合は分野配属前に研究室に遊びに来て下さい。希望の研究室に配属されなくても教授が研究をやらせてくれる場合があります。
    • 就職・進学
      ほとんどの方がドラッグストア、調剤薬局、病院薬剤師になります。どうしても製薬企業に行きたいのであれば4年生ぐらいから研究を始めて企業にアプローチしていくのが良いと思います。そもそも研究職に就きたくてこの大学に来てる方はそうそう居ないと思いますので、もし研究職希望なのであれば浪人してでも他の大学に通うか、大学院に進まれる事をお勧めします。
    • アクセス・立地
      人さえいなければ静かな環境で勉強することが出来ます。自習室についてですが最近はとても静かになったので勉強しやすいと思います。ただ、試験期間中は出入りが激しいのでどうしても集中したい方は大学の図書館を利用するか、家、ファミレスで勉強すると良いと思います。
    • 施設・設備
      研究をするにあたって、分析機器に不便はないと思います。
      学内にコンビニ、食堂、カフェテリア、図書館がありますがそれだけです。
      ロッカーは鞄が1つ入るサイズのものが一人ひとつ割り振られています。ただロッカールームは男女で分けられており、女性の方にはパウダールームやソファ、机などが併設されているので女性の方はロッカールームだけで快適に勉強することも可能です。
      トイレは新講義棟、研究実習棟のほうはとても綺麗ですが旧講義棟は公園のトイレレベルです。(ウォッシュレットはあります。)
    • 友人・恋愛
      スクーリングという制度があり、入学式前に生徒同士でコミュニケーションを取りつつ自分の目指す薬剤師のビジョンを再認識できるようなグループディスカッションが行われます。入学後の交友関係はこのスクーリングが起点になる場合が多いです。今後入学予定の方は絶対参加にした方が良いと思います。
      恋愛関係についてですが、男女比が同じくらいなので至って普通です。ただ、学部の特性上お互いの金銭感覚に天地の差がある場合も少なくないのでその辺の見極めも大切です。また、実家が薬局経営している場合もあるので将来を考えるのであればそちらも考慮する必要があります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      4年次に行われる薬学共用試験(CBT,OSCE)と薬剤師国家試験に向けての勉強が主です。ピラミッド形式に学んで行きますが、1年生では差が出ないように物理、化学、生物の基礎から学んでいきます。2年生から専門科目を学んでいき、4年生までに国家試験に必要な知識のほとんどを学びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      調剤薬局
    この口コミは参考になりましたか?

    3人中3人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2009年入学
    2016-10-24投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      他の薬学部よりはるかに漢方に力を入れた学校だと思います。。1?2年生の時は生薬をたくさん覚えました。
    • 講義・授業
      先生によってだいぶ授業形態は変わりますが、それはどこの学校も一緒だと思います。親身になってくれる先生もいます。
    • 研究室・ゼミ
      研究をしたい人は頭がいい人に限られてきます。それ以外はたいてい文献です。先生も忙しい人だと捕まらない場合もあります。
    • 就職・進学
      病院か薬局が主。今はドラックストアもかなりいます。実習先の方に声をかけられてそのまま勤める人も多いみたいですよ。
    • アクセス・立地
      ニューシャトルは高い。朝の時間帯は基本的にうちの学校の生徒がほとんどです。バスも出ているのでそこまで不便ではないです。
    • 施設・設備
      自習室が小さいので基本的にみんな食堂で勉強している人が大半。テスト前は食堂でご飯食べる人のが少ない気がします。
    • 友人・恋愛
      ふつうの大学と同じ程度。ただおかしな人が多々いるので感覚が確実に麻痺します。(笑)
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になるため、国家試験を受けるための勉強をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ごく普通の大学。高校みたいな感じです。
      みんな毎日仲良く愉快ララララン。
      でもテストはつらいです。とくに再試料の値段が高いため、ほとんどだれも試験に落ちたことはない。
    • 講義・授業
      ふつう。教授はこんなもんかな。
      わるいっていってるわけではない。
    • 研究室・ゼミ
      問題があれば先生に聞けば普通に教えてくれる。
      また教授アドバイザー制度があるため、友達がいなくても先生が相手してくれる。
    • 就職・進学
      説明会がたくさんある。まだ参加したことはないのでよく説明できません。
    • アクセス・立地
      大宮がすぐとなりだからわるくないけど、都内じゃないのが少し残念。
    • 施設・設備
      君が思ってる施設はほぼあるはず。とくにいうことはないとおもいます。
    • 友人・恋愛
      友達がいないと大変だと思いますが、前にも言った通り、ともだちがいなくても先生がいてくれる。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学についてです。興味が無い人は金の無駄遣いとおもうのでよろしく。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-10-06投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 2| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      私が入学したころも、今も入学するのは楽だ。留年もあまりなく進級してたが、卒業が難しい。ここ2年くらいの新入生は下の学年で進級を厳しくして、早めに本人の将来の方向の修正などが出来るようにしている。
      学生が勉強するのにはよい環境。まわりになにもないから遊ばない。図書館が古く、新しくするべきだとおもう。
    • 講義・授業
      分かりにくい先生が多い。声が小さくて聞こえなかったりもする。
      貴重な漢方薬の勉強も出来るようになっているので、漢方を勉強したい人には薦める。
      外部講義では、現役のドクターが来ていた講義が一番勉強になった。在宅医療の講義は看護師でなく薬剤師にやらせるべき。
    • 研究室・ゼミ
      4年の最後の頃に今は研究室に入るみたいだ。どの先生に付くかで国家試験の勉強の進行もかわる。
      全く実験をしない研究室もあればがっつりやるところもある。
    • 就職・進学
      薬学は、現在売り手市場。薬剤師国家試験に受かれば就職できる。
      第一希望でないと就活時に公欠にしないと進路関係の人間に言われた。また、職員が5年、6年のスケジュールをきちんと把握していないため、講義があるのに平日に就活できないのか?等きいてくる。
    • アクセス・立地
      ニューシャトルという私鉄が高い。
      勉学に励むには最高の環境。
    • 施設・設備
      まぁまぁ充実しているが図書館が古すぎる。自習しやすい環境とは言えない。閉館時間も早すぎる。
    • 友人・恋愛
      1年の時にどんな友達に恵まれるかで進級もかわる。
      サークルには入るべき。学内で恋愛すると後々別れたりすると面倒。実務実習前後で別れることが多い。研究室配属後に別れると最悪…
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師国家試験を受けるための教科+α薬剤師になってから役にたつものを学ぶ。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大手の薬局でセルフメディケーション、在宅を活発に行い、最終的には知り合い何人かで薬局を立ち上げる予定
    この口コミは参考になりましたか?

    2人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-10-05投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      真面目に勉強をしないで高校生気分な学生もいるから星四にしたがそれ以外はそこら辺の学校よりはいいと思う
    • 講義・授業
      先生の講義はわかりやすい、しかし国試対策がメインなので研究がしたいひとは不向き
    • 研究室・ゼミ
      遊ばなければ充実した研究も出来ると思う頭の出来は別としてとりあえず教えてくれくれたり実際に操作をやらしてくれる先生も多い
    • 就職・進学
      卒業生ではないのでサポートなどはわからないのでとりあえず③にしました.
    • アクセス・立地
      通学方法によるが交通機関はそれほどよくはないが悪いって事でもない
    • 施設・設備
      施設事態は悪くない設備は薬学科にしては不足してるかなーってかんじ
    • 友人・恋愛
      確実に友達もできる。(学校も出来るように力を入れてるから)恋愛もほぼ出来る
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本重視で応用は自分でやる形、難しい感じがするがちゃんとやれば普通に出来るようになる
    進路について
    • 就職先・進学先
      基本製薬会社か薬局
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-09-05投稿
    • ★☆☆☆☆
    • 1.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 1| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      入って進級を重ねたとしても卒業出来ない、国家試験受からないがここの大学の大きな欠点だと思います。
      また試験で300人中15人程度しか受からない科目もあり、かなり厳しいです。
    • 講義・授業
      教科書を購入するのはその教授が書いた教材。基本使わない。
      プリントで済ますことが多い。
      プリントも出さずモニターのスライド講義だけしかやらないのにモニターのスライドを取ると授業しない先生もいます。
    • 就職・進学
      基本的に就活はしてないです。
      実習先が就職先になったりします。
    • アクセス・立地
      大宮駅からニューシャトルという謎のモノレールみたいなのに乗って大学まで行きます。
      基本的に朝は混んでるので辛いと思います。
    • 施設・設備
      設備はあまりよくなく、自習室は喋る人がいたり勉強する場所なのにかなりにおいのきついご飯を食べて周りに迷惑をかける人が多いです。カレー、牛丼、スルメイカなどを平気で食べてます。
    • 友人・恋愛
      基本的に授業出ない派と出る派の2つに分かれ、その2層で友人関係は分かれます。
      恋愛は1度付き合うとそのまま別れない。別れられない感じになります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      基本的に本試験を通らなくても3000円払い追試を受ければ受かります。
      ただ、進級するにつれて基準が厳しくなり4年の薬学演習を落とすと1発留年です。
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中9人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2016年入学
    2016-04-17投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      いろいろな方が悪口を言っていますが、基本的には良いと思います。学費が高い所やアクセスの不便さを除けば、薬学部単体でこんなに大きな大学はないでしょうし、国家試験合格率もそれなり上昇しています。また立地は悪いものの逆を言えば海などもありませんので、災害には強いのではないでしょうか。また留年なども多いですが本当に努力次第でよくも悪くもなると思います。昨年度からカリキュラムなども刷新されていますので薬剤師を目指す方にはうってつけの大学ではないでしょうか。学生課が高圧的などの意見も聞きますがそんな方いらっしゃらないのですが・・・
    • 講義・授業
      講義はまちまちです。とても面白い講義もあればそうでもない講義もあります。理数系も一年次はやっていない科目は補習で再履修の講義を開いていただけますので、物理をやっていないだとか、生物を履修していない方も大丈夫だと思います。講師もフレンドリーな方が多いので放課後に教授としゃべったりすることも多いです。
    • 就職・進学
      意外にも研究職や科捜研、麻薬取締官、一流製薬会社にも結構就職が決まっています。あとは調剤薬局や病院なども多いです。
    • アクセス・立地
      大宮からモノレールなのでそんなに悪くはないかもしれませんが周囲に何もないので、買い物をするときなどは結構困ります。ちょっと行くと国道や上尾駅に出ますのでそこはかなり栄えています。車通学も一応可能(月極の駐車場を借りる)です。
    • 施設・設備
      薬学部単科大学では充実しているように思えます。生徒数もそんなに多くないのであれ以上大きいと大変です。学内にはローソンもありちょっとしたものなら揃います。もともとKDDIの研究施設なので講義室やトイレなどもきれいです。
    • 友人・恋愛
      この大学では友人がいないということは死活問題です。というのも講義での情報交換が非常に重要で、先生によってテストが異なっていたりします。縦、横のつながりはとても重要です。
    • 部活・サークル
      やはりあくまでも国家試験合格が目標ですのでそんなにはしっかりやっているサークルはありません。基本息抜きという感じです。
    入試について
    • 学科志望動機
      もともと医学部に行きたかったが、偏差値が思うように上がらず同じ医療系で自宅から通学可能な大学となるとここしかなかったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • 利用した参考書・出版社
      特になし
    • どのような入試対策をしていたか
      特にありません。
    この口コミは参考になりましたか?

    9人中4人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-04-11投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      良くもなく悪くもなく、慣れてくると総合的に良い気がしてくるはず。個人差あるだろうけど、真面目に楽しく何事も取り組める人なら自分と同じ乾感想になるはず!
    • 講義・授業
      わかりやすい人はわかりやすい。けど、先生が天才的過ぎて説明が難しい人もいる。科目による。
    • 研究室・ゼミ
      忙しいところは勉強する時間ないくらい忙しい。今まで人生観変わる、充実してると思います。
    • 就職・進学
      良いとこ行く人は結構行く。
      研究系に行く人も大手製薬会社に就く人、大学病院勤務の人も毎年聞く。
    • アクセス・立地
      近くに遊ぶ場がない。でも、それはそれでいい。
    • 施設・設備
      割と充実しているような気がする。
    • 友人・恋愛
      いろんな人と接する機会はあるけど、サークル入れば仲の良い友達ができやすいと思う。
    • 部活・サークル
      勉強で忙しいからかそんなに活発なイメージはない。最近は文化部系が活発。
    • イベント
      学園祭は、サークル入ってるとより楽しい。
    入試について
    • 学科志望動機
      中学の時から薬に関して興味があった。人の命を左右するその偉大さに惹かれました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      入った時のことを考えて受験テクニック的なのは無視して基礎を固めた。
    この口コミは参考になりましたか?

    8人中3人が「参考になった」といっています

19件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

埼玉県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

みんなの大学情報TOP   >>  埼玉県の大学   >>  日本薬科大学   >>  口コミ

日本薬科大学の学部

薬学部
偏差値:51 - 53
★★★☆☆ 3.16 (19件)

オススメの大学

大和大学
大和大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★☆☆ 2.88 (8件)
大阪府/私立
北海道医療大学
北海道医療大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.73 (59件)
北海道/私立
北海道薬科大学
北海道薬科大学
併願校におすすめ
★★★☆☆ 3.33 (12件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。