みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  宮城大学   >>  食産業学群

宮城大学
出典:Maquazy
宮城大学
(みやぎだいがく)

公立宮城県/八木山動物公園駅

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:45.0 - 47.5

口コミ:★★★★☆

3.78

(157)

宮城大学 食産業学群

概要

偏差値

偏差値
45.0
センター
得点率
58% - 61%

提供:河合塾

学科情報

フードマネジメント学類
偏差値-
口コミ 3.266件
食資源開発学類
偏差値-
口コミ 4.029件

口コミ(評判)
投稿する

★★★★☆3.85
(44) 公立内 102 / 184学部中
公立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.83
  • 研究室・ゼミ
    4.03
  • 就職・進学
    4.15
  • アクセス・立地
    2.50
  • 施設・設備
    3.80
  • 友人・恋愛
    3.92
  • 学生生活
    3.20
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

  • 女性在校生
    食産業学群 食資源開発学類 / 在校生 / 2018年入学
    ゆるいがまじめにやれば実績を積める大学
    2019年07月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業3|研究室・ゼミ4|就職・進学5|アクセス・立地1|施設・設備4|友人・恋愛3|学生生活2]
    食産業学群食資源開発学類の評価
    • 総合評価
      良い
      人の治安がいいです。年によっては分かりませんが、全体的にまじめな人が多く、比較的、自身の学歴に対するプライドが低いので、拗らせた人がいません。たいして問題が起こるようなことはないと思います。
    • 講義・授業
      普通
      総合的な様々な授業が受けられ、2年から食産業らしい授業が増えていきますが、他の大学との比較をしたことがないのでよくわからないと回答しました。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      3年から研究室がわかれますが、食を経済的な面、生産、加工の面からとらえたい人それぞれが満足できると思った。
    • 就職・進学
      良い
      まだ新課程になったばかりで、新課程の卒業生が出ていないので傾向は分かりませんが、公務員になる人も多くいて、大企業に入る人もいます。就職率も高いです。
    • アクセス・立地
      悪い
      駅からは、長町駅・長町南駅しかバスがとおらないし、午前中も30分に一本しか来ません。さらにはバスに乗ってから20分かかる僻地です。最寄りのコンビニまで急な坂を片道20分です。
    • 施設・設備
      良い
      カフェテリア、空き教室、図書館、図書館前広場など、勉強できるスペースがたくさんあり、自分の好きな場所があるはずです。そういう意味ではとても勉強しやすい環境です。 研究等に関してはまだ着手していないのでわかりませんが、一通りの器具はしっかりそろっていて、割かし新しいものが多いです。
    • 友人・恋愛
      普通
      食産業学部の生徒しかいないキャンパスであり、僻地であるのであまり人間関係は広く感じないでしょう。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの数は少なく、あまり充実していません。またスポーツのサークルも本格的とは言えません。しかし、もしかしたら他の大学との交流が図れるかもしれません。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      一年の間は化学や生物などの科学基礎科目について学ぶことが多いように感じました。あとは基本的にスカスカです。ですが、二年からたくさんの授業が入り、レポートの量も大量になるので、一年のうちに難しめの単位を取っておいて、二年に楽単をとるのも手であると考えます。 二年からは学類も決定され、実習や実験が始まり毎週3?4個のレポートが出ます。食べ物の生産・加工・開発・流通などなど、自分が何をしたいか一年のうちに決めておく必要があります。
    • 学科の男女比
      3 : 7
    • 志望動機
      地元のはいれる大学が宮城大学であり、もともと農学系の学部に入りたかったため。
  • 女性在校生
    食産業学群 食資源開発学類 / 在校生 / 2018年入学
    食に関する幅広い知識を身につけられる大学
    2019年07月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業5|研究室・ゼミ5|就職・進学5|アクセス・立地2|施設・設備5|友人・恋愛5|学生生活5]
    食産業学群食資源開発学類の評価
    • 総合評価
      良い
      とにかくアットホームな大学。教授方は親身になってお話を聞いてくださるので、生徒との距離が近いと思う。
    • 講義・授業
      良い
      教授が分かりやすく教えてくださるうえに、質問にも丁寧に答えてくれるから。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      さまざまな研究をしている教授がいらっしゃるため、自分の興味のある研究室にいって学ぶことができる。
    • 就職・進学
      良い
      インターンシップや就職活動に関する知識を身に付けることができる授業があるため。
    • アクセス・立地
      悪い
      山の上に学校があるので、徒歩の場合は坂を登らなくてはならない。また、バスの本数も少ない。
    • 施設・設備
      良い
      研究施設がたくさんあるし、精密な機械も数多くある。レポートを書いたり課題を行ったらする専用のパソコンも常設されている。
    • 友人・恋愛
      良い
      サークル活動も活発に行われているし、どの学年も仲の良いイメージ。
    • 学生生活
      良い
      大学祭ではサークルの出し物や模擬店がほとんどなので、そういった活動は活発。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では、幅広い知識を身につけて大学生活の土台づくりをする。2年次では学類ごとに分かれ、食に関する詳しい知識を学ぶ。3年次には、研究室配属を行ったのち、より専門的な知識を身につける。4年次には、就職活動をしたり卒業論文作成に取り組んだりする。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 志望動機
      高校生のときに蔬菜園芸学に興味を持ち、より自然が豊かな大学でその学問を学びたかったから。
  • 女性在校生
    食産業学群 食資源開発学類 / 在校生 / 2017年入学
    え?大学ってと言う場所で専門知識学べる
    2019年08月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業4|研究室・ゼミ4|就職・進学5|アクセス・立地1|施設・設備2|友人・恋愛3|学生生活2]
    食産業学群食資源開発学類の評価
    • 総合評価
      良い
      少人数授業で専門的なことが学べるためメリットは多い。またデメリットは人数がずくなく代わり映えのない日常を過ごさざるを得ないことだ。
    • 講義・授業
      良い
      少人数授業で専門的な知識を学ぶことができる。聞きたい時に質問できるので見に入りやすい。
    • 研究室・ゼミ
      良い
      研究室の数自体少ないため選択しやすい。入学時から知っている顔ぶれがほとんどであるため研究室を決める際の争いも少ない。
    • 就職・進学
      良い
      就職率は100%(大学院進学は除く)の実績がある学校なので安心してサポートを受けることができる。先生たちにもすぐ相談ができる。
    • アクセス・立地
      悪い
      山奥に立地しているため交通の便はとても悪い。バスも出ているが1時間に1本の時が多く帰りたい時間に帰ることができない場合も多い。
    • 施設・設備
      悪い
      他の大学と比較して敷地が狭く施設も限られている。例えば学校にコンビにはなく変わりに生協があるがとても狭い。
    • 友人・恋愛
      普通
      人数が少ないめ広い交友関係を持つことが厳しい。また恋愛においては難しくはないが、学校が狭く顔も知られているため別れた後が気まずい。
    • 学生生活
      悪い
      サークルの数はとても限られている。また、体育館が1つしかなくかつ狭いため運動系のサークルは場所を区切って利用しなければならない。
    その他アンケートの回答
    • 学科で学ぶ内容
      1年時は一般教養を学習する。例えば英語のライティングやスピーキングの授業、農業史など。2年時3年次は専門分野が入ってくるためより詳細まで学ぶことができる。4年次以降は就活や卒論が主になる。
    • 学科の男女比
      4 : 6
    • 就職先・進学先
      最初は食品開発等に携われる職業を希望していたが食材生産の基礎を学ぶうちに畜産分野にも興味が出てきた。今は検討中である。
    • 志望動機
      食べることに興味を持っていてマーケティングを始め食べ物がどのように生まれるのかその根本を学ぼうと思った。

講義・授業

講義・授業の満足度

3.83 (42件)

★★★★☆

  • 総合的な様々な授業が受けられ、2年から食産業らしい授業が増えていきますが、他の大学との比較をしたことがないのでよくわからないと回答しました。(在校生 2018年入学)
  • 講義は一般教養に加えて、専門分野に特化しています。農業系の授業では、実際に田畑を耕したりして、実戦的な技術を身につけることができます。畜産系の授業では、牛舎や豚舎で家畜の世話をすることが出来ます。普段はなかなかできない貴重な体験をすることができ、そのことはきっと将来の役に立つと思います。(在校生 2014年入学)
  • 先生にもよりますが、クオリティの低いスライドを使った講義や、マイクを通していても聞こえにくいなどやや授業を受ける環境としては好ましくないから。(在校生 2016年入学)

講義・授業に関する特徴アンケート投稿する

  • 先生の教え方
    優しい
    12人が回答

    優しい

    厳しい

  • 英語を利用する授業
    少ない
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 課題の量
    どちらともいえない
    12人が回答

    多い

    少ない

  • カリキュラムの自由度
    自由に決める
    12人が回答

    自由に決める

    決まっている

  • 単位の取りやすさ
    取りやすい
    12人が回答

    取りやすい

    取りにくい

  • 外国へ留学する人
    少ない
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 外国からの留学生
    どちらともいえない
    12人が回答

    多い

    少ない

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学生生活

学生生活の満足度

3.20 (17件)

★★★☆☆

  • サークルの数は少なく、あまり充実していません。またスポーツのサークルも本格的とは言えません。しかし、もしかしたら他の大学との交流が図れるかもしれません。(在校生 2018年入学)
  • ジャズ&ロック 軽音楽みたいなサークルです。ジャズをやる人がいないので大募集しています。 決まった日にちで練習していないので各々が好きなときにサークル室に来て練習しています。 その場に居合わせた人でセッションしたりもしてます。 アルバイトとの両立はしやすいです。(在校生 2016年入学)
  • サークルの数はとても限られている。また、体育館が1つしかなくかつ狭いため運動系のサークルは場所を区切って利用しなければならない。(在校生 2017年入学)

学生生活に関する特徴アンケート投稿する

  • キャンパスの雰囲気
    落ち着いている
    12人が回答

    活気がある

    落ち着いている

  • 周辺の環境
    自然豊か
    12人が回答

    自然豊か

    都会的

  • 学校の歴史
    新しい学校
    12人が回答

    長い歴史がある

    新しい学校

  • 奨学金制度の利用者
    多い
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 学生交流
    学内が多い
    12人が回答

    学内が多い

    学外が多い

  • 学内恋愛
    どちらともいえない
    12人が回答

    多い

    少ない

  • 男女の比率
    女性が多い
    12人が回答

    男性が多い

    女性が多い

  • サークルや部活動
    どちらともいえない
    12人が回答

    活発

    活発ではない

  • 学生の雰囲気
    落ち着いている
    12人が回答

    明るい

    落ち着いている

  • 一人暮らしの比率
    一人暮らし
    12人が回答

    一人暮らし

    実家暮らし

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

就職・進学

就職・進学の満足度

4.15 (35件)

★★★★☆

  • まだ新課程になったばかりで、新課程の卒業生が出ていないので傾向は分かりませんが、公務員になる人も多くいて、大企業に入る人もいます。就職率も高いです。(在校生 2018年入学)
  • 宮城大学食産業学部は就職率100%です。それは大学で身につけた専門的な知識と、先生方のサポートのおかげで達成できるのです。生徒一人一人と真剣に向き合ってくれるため、安心して就活に励むことができる気がします。(在校生 2014年入学)
  • 就職率はかなり高いそうです。 ただ、宮城大学の学生は遠慮がちな人が多いので優秀なのに面接で落とされやすいと聞いたことがあります。(在校生 2016年入学)

就職・進学に関する特徴アンケート投稿する

  • 就職先の企業
    どちらともいえない
    12人が回答

    大手企業が多い

    中小企業が多い

  • 就職先の種類
    民間企業が多い
    12人が回答

    民間企業が多い

    公務員が多い

  • 卒業後の進路
    就職が多い
    12人が回答

    大学院進学が多い

    就職が多い

※上記の「学校の特徴」情報は、インターネットアンケートの回答結果に基づき算出しております。

学費

地域内・外 入学金 年間授業料
地域内 282,000円 535,800円
地域外 564,000円 535,800円

基本情報

キャンパス
住所
宮城県仙台市太白区旗立2-2-1
最寄駅 仙台市営地下鉄東西線 八木山動物公園
電話番号 022-245-2211
男女比 男:女=4:6 (口コミより引用)

この学校の条件に近い大学

宮城大学のコンテンツ一覧

宮城大学の学部一覧

みんなの大学情報TOP   >>  宮城県の大学   >>  宮城大学   >>  食産業学群

オススメの大学

  • 私立
  • 国公立
文系のオススメ大学
麗澤大学

麗澤大学

35.0 - 47.5

★★★★☆ 3.73 (71件)
千葉県柏市/南柏駅
名古屋女子大学

名古屋女子大学

35.0 - 47.5

★★★★☆ 3.78 (194件)
愛知県名古屋市瑞穂区/瑞穂区役所駅
跡見学園女子大学

跡見学園女子大学

BF - 47.5

★★★★☆ 3.76 (246件)
埼玉県新座市/新座駅
理系のオススメ大学
拓殖大学

拓殖大学

37.5 - 47.5

★★★★☆ 3.57 (309件)
東京都文京区/茗荷谷駅
北海学園大学

北海学園大学

BF - 47.5

★★★★☆ 3.72 (446件)
北海道札幌市豊平区/学園前駅
広島修道大学

広島修道大学

37.5 - 47.5

★★★★☆ 3.85 (286件)
広島県広島市安佐南区/広域公園前駅

宮城大学の学部

看護学群
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.78 (34件)
事業構想学群
偏差値:47.5
★★★★☆ 3.75 (75件)
食産業学群
偏差値:45.0
★★★★☆ 3.85 (44件)

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。