みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  立命館アジア太平洋大学   >>  口コミ

立命館アジア太平洋大学
出典:JKT-c
立命館アジア太平洋大学
(りつめいかんあじあたいへいようだいがく)

大分県 / 私立

マイナビ進学に移動します。一部パンフは有料です。

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:50.0 - 52.5

口コミ:

3.85

(115)

立命館アジア太平洋大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 3.85
(115) 私立内168 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    3.59
  • 研究室・ゼミ
    3.44
  • 就職・進学
    4.05
  • アクセス・立地
    1.99
  • 施設・設備
    3.57
  • 友人・恋愛
    4.04
  • 学生生活
    3.98
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

115件中 1-10件を表示
  • 女性卒業生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 卒業生 / 2013年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      様々な分野の事を学ぶ事ができるが、内容は浅いものだと思う。専門性を高めたい人には物足りないかもしれない。自分の専攻分野以外でも授業を履修することができ、多角的に知識を得ることができる。
    • 講義・授業
      様々な国籍の学生とともに授業をうけ、グーループワークやディスカッションを用いた授業スタイルが多い。物事を多角的な視点から考える力を身につけることができる。
    • 研究室・ゼミ
      日本語のゼミや英語のゼミ、両言語でのゼミのクラスがあり自分に合ったクラスを選択することができる。大学院の学生との交流もあるため勉強になる。
    • 就職・進学
      就職希望者の内90%を超える学生が、就職をしている。学校側からの就職活動のサポートも十分である。キャンパス内での学内面接などもあり、留学生にとっても地方の学生にとっても就職活動がしやすい環境である。
    • アクセス・立地
      山の中にキャンパスがあり、自然がたくさんである。授業の空き時間などは外でのんびりとリフレッシュができる環境である。バス通学する学生がほとんどで、朝は混雑して不便なこともある。
    • 施設・設備
      図書館は、海外などの文献も豊富にあるため、授業やレポートで困ることはない。グループワークも多いため、ミーティングができるスペースもある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      寮でも留学生と混じりながらせいかつができるため、国際交流が豊かな環境である。学部が違っていてもサークルや課外活動でも多くの人と関わる機会があり、人脈を広げることができる。
    • 学生生活
      サークルは海外でのボランティア活動も盛んな大学として知られている。また、異文化交流も兼ねてマルチカルチュラルウィークという各国の文化を紹介するイベントがあり、学生も外部の人も楽しめることができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次はワークショップという授業の履修が必要で、大学生活で必要とされる基礎(グループワーク、研究、論文の書き方)を学ぶ。また、日本語又は英語(第2ヶ国語として)も必須である。
      2年次からは専門の授業を取ることができるようになる。3年次からはゼミを履修できるが、全員が履修しなければいけないわけではない。卒業論文も希望制で書かなくても卒業は可能である。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      電力・エネルギーの研究職
    投稿者ID:427376
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    国際経営学部 国際経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      自分のやりたいことがあってアクティブに行動できる人には、すごくぴったりで学校の環境をうまく利用できると思うが、そうでない人にとっては少しきついかもしれない。
    • 講義・授業
      大体の教授はいろんな社会経験を経て教授になっているため、いろんな企業の話を聞くことができるのは良い点だが、授業の説明が下手だったり簡単に説明できなかったりするな先生も多い。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミはあるが、APUはゼミは強制でないために入っていない人がほとんどで、ゼミの内容や評価はあまり分かっていない人がほとんど。
    • 就職・進学
      最近注目されている学校であるため、企業の注目度も高く、就職では有利な点もあるが、その人個人の能力による。外資系企業やベンチャー企業に就職する人もいる
    • アクセス・立地
      山の上にある大学なので、立地は悪い。バスで行くかバイクで行くしかない。大学と山を降りたところでは気候も変わるので大変。
    • 施設・設備
      私立大学なのでそこそこは充実してるのではないかと思う。図書館の本は他大学に比べると貯蔵量は少ないと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学生の半分が外国人なのでいろんな友好関係が築けると思う。アクティブな学生が多いのでそこでのつながりもある人はある。
    • 学生生活
      活動が積極的なサークルは色々あり、そこでいろんな体験をすることができると思う。外国人と関わる機会もサークルに入ることで増える。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経営についての勉強や金融、マーケティング、経済学、経営戦略などについて主に学ぶことができる。それぞれ好きなものを選ぶことができる
    投稿者ID:426683
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 3]
    • 総合評価
      学生生活全般では、グローバルな恵まれた環境にいたと思います。
      留学をしたい学生にお勧めかも入れません。授業外でのアクティビティも多く、自分が遣りたいことができる環境にあると思います。
    • 講義・授業
      講義については、環境開発について、グローバルな視点で学んできました。
      課題・レポート作成はとても多いです。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分が興味のある分野にしか関心がない。
      教授やゼミ仲間が優しい点もあります。
      卒論を書くかはまだ未定
    • 就職・進学
      民間企業に就職する学生が多い。
      サポートはそこそこ手厚いと思います。
      筆記試験の対策は念入りにした方がいい。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は、亀川駅。
      普段は、キャンパスで基本過ごしているが、休日・講義がない日は友人と飲みに行ったりもしている。
    • 施設・設備
      キャンパスまでのアクセスはとてもいいとは言えない。
      教室全般はきれいだと思う。
      試験前は、時間ぎりぎりまでライブラリーで勉強することが多い。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      恋人ができるかどうかは人によって異なる。
      サークル内での活動も多いので、その友人たちとも仲がいいと思う。
    • 学生生活
      自分が所属しているサークルは、大学全体の中でいい方だと思う。
      アルバイトとの掛け持ちも現在おこなっている。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は大学で学んでいくための準備(プレゼン能力など)がほとんど。
      英語はちゃんと勉強しておくべきだと思う。
    投稿者ID:428674
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 3]
    • 総合評価
      良くも悪くも放任主義。
      自分がやりたいことが明確にわかっている人はどこまでも自分の能力を伸ばせるシステムが整っている。助けを求めると必ずオフィスの人が親身になって協力してくれる。
      ただ、受け身で自ら行動を起こさないと何もしてくれないので、予め自分の目標をきちんと立ててオフィスの人を味方につけられれば、さらには先輩と仲を深めることができれば、充実した大学生活だけでなく、その後の就職も心配ないと思う。
    • 講義・授業
      教室の数や大きさに限りがあるため、履修登録は戦場。
      GPSの高い人順から優先的に履修登録があるので、優先を勝ち取れなければその後のセメスターは壊滅的。
      また、先輩や友人からおすすめの講義等の情報収集は必須。
      特に英語開講の授業を20単位以上取らなければならないので、教授の選択はミスできない。
    • 研究室・ゼミ
      卒論を書かなくても卒業できるので、ゼミに入らない生徒も多い。また、人気の教授のゼミは面接後の選抜なので、入れないことも多い。
    • 就職・進学
      前記にもある通り、積極的に自らスチューデントオフィスに助けを求めれば手厚いサポートを受けることが出来るが、受け身で情報収集を怠ってしまうと、何のサポートも受けられない。
      いかにオフィスに通ってアンテナを張り積極的に動くか否かによってその後の就職実績は雲泥の差です。
    • アクセス・立地
      交通アクセスについては決していいとは言いきれない。
      山の上に立地しているので、寮生活の生徒は終バスを逃すとタクシーで麓から登ってこなければならない。山の麓から学校まで15分?30分くらいかかるので、徒歩では登れない。
      遊びに行く場所も別府市内ではあまりないので(ボーリング場がない)大分市内まで出なければならない。
    • 施設・設備
      土地が広い分、外国のカレッジのような雰囲気。
      山の上に立地しているので、晴れた日の眺めは最高で、観光客が来るほど。
      図書館は立命館大学と提携があるので、APUにない本でも数日で取り寄せることが出来る。また、中の施設も様々な用途に合わせてミーティングのできるスペースや私語厳禁のスペースもあり、テスト期間中は多くの生徒が学習している。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      留学生が多いため、新入生の間は特に留学生との交流を行う講義が積極的に開講されているので、友人関係や恋愛関係にも発展しやすい。クラスがない分、英語クラスがクラスのような感じで、気が合えばその後も定期的に集まったりする人間関係を築くことが出来る。
    • 学生生活
      サークルには所属していないのでなんとも言えないが、加入するサークルによっては本格的なものもあり、飲みサーは少ないイメージ。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年、2年次は教養科目のみ選択可能なので、あまり気にせずひたすら単位を取ることに集中するべき。
      必須科目は英語と新入生ワークショップと言われる大学生生活で身につけておいた方が良いレポートの書き方やプレゼン・ディベート等のスキルを身につけることが出来る科目。ワークショップⅡでは、留学生とのコミュニケーションを重視した科目にパワーアップ。
      専門科目が取れるようになると専門科目を中心に取るべき。英語開講での授業はできるだけ教養科目で取るようにすると割と取りやすいのでおすすめ。
      卒論は書かなくても良いが、大手企業への就職を狙っている人は面接時に卒論について尋ねられることもあるので、書いておいた方がいい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      IT系のベンチャー企業
    投稿者ID:431490
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性卒業生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      広く学べ色々な分野を勉強できるが、どうしても浅いので特に何かに特化した、というのが難しい。
      就職活動などで自分のことを話す時にやや困るので、しっかり考えて講義の選択をしたほうがいい。
    • 講義・授業
      教授たちが国際色豊かで、経歴もかなり凄い方もいらっしゃるので現場の声や深い話を聞けることがある。
      英語による講義の単位をいくつかとらないといけないので、英語が苦手な人には辛い部分もあると思う。
      教授の出身国も様々なため、ネイティブ以外の英語を聞き取る能力もつくと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミが始まる時期は3回生になってから。
      卒業論文は自由なので、書いても書かなくても単位が揃っていれば卒業ができる。
    • 就職・進学
      学校で企業説明会や面接が行われる機会が多いので、色々な企業を知ることもできるし、大都市に遠征しなくてもチャンスをもらえることがある。
    • アクセス・立地
      山の上にあるのでバスやバイクの通学になってしまう。
      自然に囲まれていて環境はとても良いが、雨の日や雪の日にバスが登れなくなることがあるので注意が必要。
    • 施設・設備
      図書館も広く大きく、PCも沢山あるのでレポートの時期も快適に使える。教室が離れているので場所を間違えないように要注意。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学内の恋愛関係については、国籍が多様なので文化や宗教面での違いに大変なこともあるが勉強にはなる。
      サークルに入ったほうが恋人はできやすそう。
    • 学生生活
      この大学は海外志向の人が多いが、伝統芸能で日本の良さを知ることがおススメ。日本人だけではなく他の国の人と何かを成し遂げることで、自分の価値観だけでは上手く人間関係が築けなかったりするので多様な価値観を学び、実践することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      英語クラスの単位取得が必要なので、入学時のテストで実力によって階級が分けられ、1回生のころから勉強を続けていく。分野がかなり広いので、一回生の頃に興味を絞っておいて、二回生から自分が取りたい教科に定めていくと専門性が高まりやすい。自分の選択に全て委ねられているため自由もあれば、その分得意なことや専門性を高めることが難しい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      化粧品会社の販売員
    投稿者ID:426211
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    国際経営学部 国際経営学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      世界中にコネクションが持てる。意識の高い仲間と勉強できる。国際色豊かでいわゆる「日本人」の発想以外のものもたくさん知れる。ゼミの教授も学外にたくさんのコネクションを持っており、積極的にアプローチしてくれるおかげでいろいろな人に会える。
    • 講義・授業
      リベラルアーツの授業が充実している分、専門科目の授業の内容は正直よくない。(特に日本語化以降の授業の場合、10年以上も同じ教材を用いて授業している教授もおり、カネの無駄と感じるものも多かった)
    • 研究室・ゼミ
      他大学と比較しても、相対的に研究室の数が少ないと思う。ただ中には素晴らしいゼミもあり、教授のコネクションの広さから普通であれば絶対に会えない人たちに会わせてくれるゼミも存在する。
    • 就職・進学
      キャリアオフィスのプログラムは日本一充実しているといっても過言ではない。いつ行っても職員さんたちが真摯に対応してくれるので就活の時に非常に安心した。特に国際学生に対してはより親切で内定までとことんサポートしてくれる
    • アクセス・立地
      山の上に位置するキャンパスなので住居地から学校までの距離は非常に遠く、バスで最低20分はかかる。住居地と学校までの間に遊べる場所がない。
    • 施設・設備
      設備は私大であり、開学からの年数も浅いので、きれい。本格的なジムやハラルフードの認可を受けたカフェテリアや生協などなど、4年間過ごすにあたって何一つ不十分ない設備だと思う。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      国際色豊かなので、何事にも「自由」な空気がある。国籍・言語・慣習など違う人たちの集まりなので、その人の数だけの価値観があり、LGBTや他のマイノリティ関係なく友人関係が作れるし、恋愛も必然的にいろいろなカタチがある
    • 学生生活
      4年間通して文句のない濃い学生生活であったと自負している。サークルも多様、大学のイベントも多様。徹底して「多様性」に触れられたキャンパスだった。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      経営学部として他大学と変わらないカリキュラムであるが、少人数、ピアラーニング、2言語教育が特徴的である。また、国際認証を受けているビジネススクールであるので、海外での評価も高い。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      日系総合スポーツメーカーのSCM部門
    投稿者ID:413741
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 5| 学生生活 4]
    • 総合評価
      授業の種類は豊富だが、専門的に学びたい人にとっては物足りないと思う。とことん極めるのは難しい。学校生活は、日常的に様々な国の学生と議論したり、遊んだり、生活をするので沢山の異文化に触れられて面白い。ここまで日常的に異文化に触れられる学校は他にはないと思う。
    • 講義・授業
      種類の幅は広いが、専門的に学ぶのは難しい。広く浅く。授業には、国内学生も国際学生もいるので、1つのトピックでも文化の違いがでて面白い。
    • 研究室・ゼミ
      三年生からゼミが始まる。卒論は書いても書かなくてもいい。先生によって厳しさも全然違う。ゼミ生同士はどこも仲良いと思う。
    • 就職・進学
      就職実績はとてもいいと思う。有名大手企業に勤める人もたくさんいる。就職の他に、大学院に行く人も自分の国に帰る人もいる。
    • アクセス・立地
      別府駅から学校までは、バスで40分くらい。学校の周りは山なので何もないが、山を降りれば、生活には困らない。居酒屋もカラオケも映画館もある。温泉がすごく安い。
    • 施設・設備
      キャンパスは綺麗な方だと思う。設備は他の学校と変わらないと思う。カフェテリアは外国の料理があり楽しい。ライブラリーは立命館にある本は取り寄せできる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      色んな国の友達ができる。それぞれの国のご飯を持ち寄ってパーティーしたり、旅行の時に自分の国を案内してもらったりもする。国際恋愛も珍しくない。
    • 学生生活
      サークルも定番のものから、各国の文化を取り入れたものまで沢山ある。それぞれの文化を紹介する1週間があり、例えば、タイウィークでは、カフェテリアでタイの料理がでたり、民族衣装を着れたり、ショーに参加することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は教養科目、2年生からは専門科目もとれるようになる。三年生からゼミに入れて、卒論は書いても書かなくてもいい。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      コンサルタント会社の総合職
    投稿者ID:409340
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    国際経営学部 国際経営学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      沢山の留学生がおり学内は国際的で活発である。充実している点は学外活動が非常に活発である。英語その他の言語の授業が充実しているとても先進的でグローバルな大学だと思う。
    • 講義・授業
      授業については英語と日本語を選択できる。課題や出席など他の大学より厳しいがしっかり実力がつくと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは現在参加していないのでなんとも言えない。強いて言うならゼミは成績上位者のみ取れるようである。なのでゼミを取り充実した大学生活を送りたいなら勉強をすることです。
    • 就職・進学
      キャリアオフィスというものがあり、就職指導はしっかりしていると思う。企業も大学に来て講演や企業説明会をしている。
    • アクセス・立地
      アクセスはバスとバイクのみでアクセスはとても悪い。山の上にあるので自転車または徒歩では通学は出来ない
    • 施設・設備
      大学の施設は充実していると思う。強いて言うならパソコンが古くて起動に時間がかかるそれ以外に不満な点はない
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人が外国人の友人が沢山できると思う。とても人の輪が広がる大学だと思う。恋愛は大学内に恋愛が多いと思う。
    • 学生生活
      学生生活は人それぞれと思う。とても勉学に励んでいる学生とそうでない学生の差がとてもあると思う。外国生の方が勉学に励んでいる印象がある。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      国際経営学科は4つに分かれ経営、金融会計、マーケティング、アントレプレナーに分かれておりビジネスについて学びたいならおすすめです。
    投稿者ID:409103
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性卒業生
    国際経営学部 国際経営学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 1| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      間違いなく学生が入学前より伸びる。その理由は、ハングリー精神のある留学生と4年間をともに過ごすことで、良い影響を受ける学生が多いからです。真の国際交流をしたい人にとってはこの上ない環境だと考えます。
    • 講義・授業
      講義は日英両言語で開講されており、英語を学ぶよりむしろ英語で学ぶことができ、間違いなく語学力は向上します。
    • 研究室・ゼミ
      正直なところ、ゼミは学生数に対して受け皿が少ないように感じました。中には楽単や飲みゼミと言われているゼミがあり、個人的に疑問ばかりでした。
    • 就職・進学
      近年、知名度が上がってきており、その影響で大手企業への間口は比較的広い方だと思います。しかし、最終的には個人の問題ですので、一概には言えません。
    • アクセス・立地
      最寄駅は亀川駅。そこからバスで15分くらい山道を登って行きます。朝は人混みが激しい上に、乗り物酔いする方にとっては大変苦痛になると思います。
    • 施設・設備
      2000年に開学したため、設備は比較的綺麗な方だと思います。しかし、様々な国から学生が来ているため、一部散らかっている場所もあります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      よっ友みたいなのが多くなるのが嫌でした。学生数も他大学より少ない上、日本人の割合が下がるため、変な噂はすぐに広まります。
    • 学生生活
      サークルは様々あり、少なからず留学生がどのサークルにも所属しています。特にボランティア系のサークルが目立っていたように感じます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一回生は基礎的な数学や経営のイロハを学びます。二回生からは徐々に受講できる専門科目が増え、自分が学びたい分野に特化することも不可能ではありません。
    入試に関するコメント
    • 利用した入試形式
      貿易商社
    投稿者ID:412375
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    アジア太平洋学部 アジア太平洋学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      学生の半数が外国人という環境は他の大学にはなく、国際的なコネクションも作れるし、最高の大学だと思う。ただ、国際的な環境にいるからといって、勝手に英語力が伸びたりはしない。自分から積極的に行動をしなければいけないので、積極性も身につく。
    • 講義・授業
      英語開港と日本語開港の両方が受けられる。1年生の頃は専門がなく、リベラルアーツで入門科目を受けることができ、ゆっくり自分の専門を決めることができる。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは入りたい人が入る。3年生からゼミに入ることができ、入ったら卒論を書く。ゼミの種類も多くあるので、自分にあったゼミや教授を探すことができる。
    • 就職・進学
      就職率も95%を超え、大手企業の就職をしている卒業生も多くいる。在学中にいったインターンシップで内定をもらってくる人もいる。
    • アクセス・立地
      大学は大分県別府の山の上にあるため立地はよろしくない。天気も日によっては最悪になる。しかし周りの自然が雄大で、校舎が孤立しているからこその特別な環境がある。
    • 施設・設備
      キャンパスは小さく、1本道で多くの学生が行き交う。カフェテリアも安くて種類が豊富で美味しい。ジムも登録さえすれば無料でいつでも使える。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      多くの国際性とも友達になることができる。アジア圏からの留学生が多いので、英語だけでなく他の言語も覚えることができ、世界中に友達ができる。大学内では横の関係が強く、先輩からも多くのアドバイスなどをもらうことができる。
    • 学生生活
      APUでは多くのサークルや学生団体がある。サークルに参加することでさらに交流も増え学生生活に潤いを与えることができると思うまたマルチカルチュラルウィークといって、週替わりでさまざな国の文化を体験・ショーに参加することができる。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年生の時は専門がなく、入門科目から履修になる。また必修科目として大学での勉強に必要なレポートの書き方やプレゼンの仕方を教えてもらえる。3年生からゼミに入ることができる。卒論は書かなくても卒業ができるが、ゼミに入ったら卒論は絶対になる。
    投稿者ID:408790
    この口コミは参考になりましたか?
115件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

大分県で評判が良い大学

大分県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  大分県の大学   >>  立命館アジア太平洋大学   >>  口コミ

立命館アジア太平洋大学の学部

オススメの大学

酪農学園大学
酪農学園大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.80 (143件)
北海道/私立
獨協大学
獨協大学
ワンランク上にチャレンジ
★★★★☆ 3.96 (384件)
埼玉県/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.88 (43件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。