>>     >>     >>  口コミ

神戸薬科大学
神戸薬科大学
(こうべやっかだいがく)

兵庫県 / 私立

偏差値:58

口コミ:

3.55

(22)

神戸薬科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.36 348位
研究室・ゼミ 3.50 280位
就職・進学 3.95 90位
アクセス・立地 2.55 331位
施設・設備 3.50 237位
友人・恋愛 3.41 274位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

22件中 1-10件を表示
  • 神戸薬科大学
    女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-10-18投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      阪神間では伝統もあり、充分評価されるきちんとした薬剤師になれる。
      卒業後の勉強の機会も多い。
      ただし、授業はわかりにくく、研究はできない。
      薬剤師として薬局や病院で働く以外の道は茨の道である。
    • 講義・授業
      先生によって違うが、本人の努力が必要。
      きちんと教えてもらえるが、国家試験に最短というわけではない。
      出席がとられることが多い。
      普通に勉強しても、病院実習や薬局実習で知識は充分といわれるレベルになる。
    • 研究室・ゼミ
      薬剤師として働くには無駄に長く拘束時間が長い。
      研究したい場合、どこへいっても基本的に研究はできない。
      教授が最高権力者であり、もし研究職を目指すとしても、ゼミの内容よりも就活に理解があるかなどその人と相性がいいかで選ぶといい。
      周りの友達と意見を交換し、楽しく過ごせそうなところを選んだ方がいい。
    • 就職・進学
      実績はとてもいい。サポートは不十分。
      薬局や病院については、大手や大きな病院など思ったようなところへ行けた人が多い。
      企業でもMRは大手や準大手に行く人が多い、研究や学術などの職種については厳しいと言わざるを得ない。
      公務員になるものも毎年、一定割合いる。
      サポートはほぼない。
      就活の説明会は3月の末からである。
      6回生での授業は出席が必要で、7日しか休めない。(4月から7月半ば)
      就活は考慮されず、成績はそれまでの5年間が無駄になるくらい悪くなる。
    • アクセス・立地
      阪急岡本駅、JR摂津本山駅、甲南山手駅から15分くらいと便利な立地。
      学校への坂道は、阪神間では有名。
    • 施設・設備
      施設は清潔で十分綺麗。
      とくに学食から見える景色は絶景。
      夜景は格別。
    • 友人・恋愛
      勉強に忙しいので充実している人は少ない。
      男女比は3:7で女子が多い。
      テストを乗り切るため、友人は大切。
      サークルはあまり盛んではない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬について、化学的な知識、臨床的な知識など多角的に勉強する。
    進路について
    • 就職先・進学先
      企業
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2009年入学
    2016-03-16投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になりたいひとが行く学校です。勉強がとても忙しいのでキャンパスライフといった雰囲気ではないです。
    • 講義・授業
      授業はとてもわかりにくいです。しかし国家試験対策時には外部の予備校講師を呼んできて授業をしてくれるのでそれはとてもわかりやすいです。
    • 研究室・ゼミ
      薬剤師になりたくて入学した人が多いので、そもそも研究に興味がない人がおおい気がします。ゼミはほとんどないようなものです。
    • 就職・進学
      今はまだ就職先がたくさんありますが、今後は薬剤師の数があふれてくるので就職先も減ってくるのではないでしょうか
    • アクセス・立地
      とても標高の高いところに学校があるので、毎日歩いて学校まで登るのはとても大変です。駅周辺はある程度は賑わっています。
    • 施設・設備
      施設はここ数年でどんどん工事されてきているので今後とてもきれいになっていくのではないかなと思います。
    • 友人・恋愛
      ほかの大学と比べてとても忙しい学校だと思いますが、がんばれば薬剤師になれるという点においては仕方ないのかなとも思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬剤師になれるように日々勉強しています。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかったので、家から近い大学の中から選びました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      地域の塾
    • どのような入試対策をしていたか
      国立狙いだったので、センター試験対策のみしかしていませんでしたがそれでも十分通りました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-03-15投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学部しかないので他の学部との交流はありません。 しかし、テスト勉強が大変な時なども学校にいるほぼ全員がテスト期間で同じ勉強をしているので頑張れます。
    • 講義・授業
      学年が上がるごとに専門的なものが増えてきて大変ですが、質問をすると先生は丁寧に答えてくれます。 ただし、科目により先生もバラバラなので分かりにくい時もあります。
    • 研究室・ゼミ
      研究室はみんな仲良く、メリハリがあるので居心地がいいです。普段の生活では使えないような高価な試薬や器具も使えるのでいい経験になります。
    • 就職・進学
      薬剤師の資格もあるので、比較的就職で苦労した話は聞きません。個人差があり、あまり詳しくはわかりません。
    • アクセス・立地
      坂の上なので慣れるまではしんどいです。それを除けば駅も近くにあるので通いやすいとは思います。坂のふもとからは徒歩のみでの登校です。
    • 施設・設備
      どんどん校舎が新しく建て変わっているので綺麗になっています。古い校舎はまだありますが、授業でよく使う教室は綺麗です。
    • 友人・恋愛
      学部がひとつしかないので基本的に同じような人としか関わりがありません。その中で充実した生活を送っています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学部なので薬剤師のための勉強です。その他研究室や部活動があります。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかったから。1番実家から近いところにしました。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      初めは通うつもりがなかったので特に対策はしていません。あまり難しい問題は出ていなかったと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-14投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬科大学ですので薬学を学ぶもの同士、協力して学んでいます。先輩や後輩とも仲が良く、同じ薬剤師を目指すものとしての一体感が生まれます。研究や実習、インターンシップ等も充実しています。ただ坂の上にあるため通学が大変です。
    • 講義・授業
      専門科目の広く深い理解はもちろんのことですが、教養科目その他の選択科目でも薬学を意識した内容が採用されているなど、授業に興味を持ちやすいです。必修科目が多いですが、選択科目で実習ができたり海外への留学もできます。
    • 研究室・ゼミ
      生化学研究室や薬理学研究室などで、アレルギーに関する研究が行われています。病気と密接な関わりがあると言われている糖鎖を研究したり、アトピー性皮膚炎や喘息などアレルギー疾患モデルマウスを使って、アレルギーのメカニズムを研究したりしています。他にも多数の研究室があり、4年次の配属以降互いに協力しながら研究に励みます。
    • 就職・進学
      病院や薬局などの臨床現場に就職がある他、製薬企業、公務員(麻薬取締官などの薬事取締や環境衛生)、教職員などの就職先があります。実際に厚生労働省に入って麻薬取締官として活躍している人もいます。製薬企業への就職が最も多く、ついで病院や薬局が多いようです。また、大学院に進学する人もいます。
    • アクセス・立地
      岡本駅及び摂津本山駅と甲南山手駅のちょうど間くらいにあり、長く急な坂を毎日登る必要があります。自転車通学には届出が必要で、駐輪場は坂の下ですし、単車や自動車での通学は禁止されているので、寮生を除くほぼ全員が毎朝この急坂を登ります。ちなみにスクールバスはありません。
    • 施設・設備
      食堂やラウンジも綺麗で見晴らしが良く、気持ち良く利用できます。古い建物も改装したりしています。学内でWi-Fiも使えますし、パソコンの貸出もあるので便利です。生協を利用すると電子辞書等が安く買えたり、教科書も期間限定で値下げしてくれたりします。
    • 友人・恋愛
      必修科目が多いため1学年6クラスに分けられ、実習等でも同じクラスや隣のクラスの人と一緒にすることが多いため、友達もできやすいです。また、部活動及びサークル入部率は7割以上と大変高く、学年を問わず同じ学科の者同士情報交換をしたり協力しあっています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次では必修で有機化学や生薬学、生化学などの専門科目のほか数学や英語などの基礎教養科目、薬局見学を含む早期体験実習などがありました。また、選択科目「アクティブラボ」では夏休みに研究室で簡単な実験や研究をさせていただくなど、貴重な体験となりました。高学年では専門科目が増えてくる他、4回生での共用試験、5回生の長期実習などが大きな節目となると思います。6年次では卒業研究にかなりの時間を使うようです。
    入試について
    • 学科志望動機
      漢方に興味があり、薬学を学びたいと思っていました。大学に見学に行って相談コーナーでお話した上級生の雰囲気が良かったので、この大学なら自分も馴染めそうだ、楽しく6年過ごせそうだ、と思ったので志望しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本で化学を解き、間違いが多かったり自分の中で少し自信がないところを見つけたら重要問題集で練習し、自信がついたら赤本でうでだめし、ということを繰り返していました。どうしてもわからないところは知人に教えてもらうなど、周りの助けを借りながら勉強しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-08投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 5| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学専門の大学であるため、選択教養科目にも薬学が関連していたり、学生同士での一体感を味わえたりといったメリットがあります。親切な先生もたくさんいらっしゃいます。部活動及びサークルへの入部率はおよそ7割と高く、課外活動やインターンシップも盛んです。
    • 講義・授業
      カリキュラムのほとんどは必修科目で、便宜上クラス分けされて時間割の順番などが調整されています。講義は進みも速いですが、一部の選択科目はeラーニングで授業動画を見直したりできますし、随時質問があれば丁寧に教えてくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      多数の研究室があり、とくにアレルギー等に関わる糖鎖の研究をしている生化学研究室、アレルギー性疾患のメカニズムを解明する薬理学研究室など、アレルギーに焦点を当てているところが多いように思います。ゼミは4回生の夏から活動開始で、卒業研究発表は6回生の秋にあります。
    • 就職・進学
      大手製薬会社や薬局、病院のほか、厚生省に入って麻薬取締官として活躍する人もいます。薬剤師としての臨床現場での仕事以外にも多数の選択肢があります。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩15分ほどですが、息切れするほどのきつくて長い坂が続きます。「バスないんですか?」とよくきかれますがバスはありませんし、自転車通学者も駐輪場は坂の下、単車や車での通学は禁止なので、寮生以外は毎朝坂を登ることになります。
    • 施設・設備
      建物も比較的綺麗ですし、Wi-Fiや貸し出しPC、コピー機などもしっかり用意されています。ラウンジから見下ろす街並みと青い海、目の前に広がる大空は最高です。高いところへ登ってきたからこその景色と言えます。
    • 友人・恋愛
      単科大学ということで同級生や先輩後輩と連帯感が生まれやすく、学科についてわからないことを質問したりしやすいです。ただ、クラス分けによって時間割を決められているので同級生とはクラスの番号が遠いとなかなか顔を合わせる機会がなかったりします。部活動が活発なので趣味の近い友達も作りやすい環境だとは思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      下級生では有機化学の反応機構や無機錯体化学、生化学、物理化学など、代謝や薬の反応機構、濃度変化の計算などを基礎とし、臨床現場に対応するため医療倫理なども学びます。上級生になると専門科目がさらに実用的な内容に入り、薬事関連法規も学びます。5回生では長期実務実習もあります。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来漢方薬と西洋薬の両方に精通しより良い治療法を選択していけるような薬剤師になりたいと思い、志望しました。また、在学生の雰囲気がよく課外活動も活発なので、楽しい学生生活を送れそうだと感じました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦で化学が重視され、また教育課程の都合上授業が入試範囲に間に合わないところがあったので独学で学んだり、知人に教えてもらったりしました。赤本を解いては苦手分野を発見して演習し、自信がついたら再び赤本、という繰り返しをしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-06投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      専門資格を得るための勉強をする大学ではあるが、教養科目も勉強するので、正直必要なのか疑問な点もあったが、化学に関しては細かく範囲を区切られていて詳しく授業をしていたイメージ。
    • 講義・授業
      担当の先生によってわかりやすさに差があり、正直自分にとっていらないと思った教科もあったのですべてがよかったとは思えない。出席をとる教科に関してはテストの加点になるので助かった。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミでは、少人数になり卒業研究のための研究を行うためより専門的な知識が必要になった。先生方のサポートもあるので、論文発表は大変だがいい経験ができると思う。
    • 就職・進学
      薬剤師の資格をとるための対策の面では私が通っていたときはあまりよくなかった。次年度にはカリキュラムが改められていたので当時よりよりいいサポートになっているとは思う。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩10分と記載があるが駅から遠く、また坂道なため夏場は歩くだけで疲れる。また、山にあるため大学からの眺めはいいがイノシシも出てくることがある。不審者が多い。
    • 施設・設備
      耐震強度を高めるために工事がされていてどんどん古い設備は新しくされていっている。実務実習のための設備などはちゃんと整っている印象。学生にとっては使いやすいと思うが、自習室や図書館などの開館時間が短いのがあまりよくない。また防犯設備が整っていない。私は盗難にあった。
    • 友人・恋愛
      周りが同じ目標に向かって勉強しているため切磋琢磨できるところが単科大学の利点であると思う。また、恋愛に関しては女子が多いためあまりできるような環境ではないと思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      低学年の時は一般教養中心だったか、薬学に関する勉強をしてきた。また5回生からは実務実習、ゼミと始まり、研究や施設に行っての実習が開始された。
    • 所属研究室・ゼミ名
      衛生化学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ビタミンKについての研究で、生体内でどのように利用されているのか。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      今ある薬だけでは治らない患者さんのために新薬の開発に携わりたかったため
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師として医療現場でチーム医療に携わりたかったため
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      集団の予備校で英語の添削をしてもらっていた。
    • どのような入試対策をしていたか
      英語と化学だったため、その教科にしか取り組まなかった。問題を解いて覚える。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2009年入学
    2016-03-03投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬剤師になりたい人にとってはいいんじゃないでしょうか。確か入学から卒業までにかかるトータルの学費が全国の私立大学の中で一番安かったように思います。
    • 講義・授業
      はっきりいって先生の授業はとても分かりづらいです。しかし4回生のCBT前や6回生の国家試験前にはプロの予備校の先生を外部から読んできて授業があるのでそれだけは分かりやすいですね。
    • 研究室・ゼミ
      みんな国家試験の勉強をしたいが卒業要件を満たすために仕方なく実験をしているという感じです。特に意味もなく教授に言われた通りに実験を進めて解析を進めていくという感じです。
    • 就職・進学
      今はまだ選ばなければ一人につき7~8社くらいの求人がありますが、今後は薬剤師も溢れてくると思うので就職はあまり期待できないのではないでしょうか。薬剤師になれれば高給取りになれるかもしれませんが、それまでにかかるお金のことを考えると、その辺の適当な大学にいってその辺でサラリーマンなりOLなりをしていたほうが賢いと思います。
    • アクセス・立地
      標高が高すぎます。ピンヒールを履いて学校に行くとヒールが欠けます。毎日山登りなので足腰は丈夫になります。立地条件は悪いと思います。
    • 施設・設備
      改修工事をしているのでいつかは綺麗になりそうな気がしますが、私の在学中はほとんどどこかしらが工事中で騒音が鳴り響いており、また工事トラックや工事のおっちゃん達がキャンパスをうろついていてあまりいい環境ではなかったです。
    • 友人・恋愛
      学校内はキャンパスライフとは無縁です。キャンパスライフを楽しみたいなら他大学のサークルに入ったりして他大学と交流するしか大学生活を充実させる道はないですね?
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      薬学なので当然薬剤師になれるようにカリキュラムが組まれていますね。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬剤師になりたかったので家から近い学校の中から選びました
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      特に何もしていません。普通に受験勉強をしていただけです。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2016-02-28投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 2| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      みんな真面目に薬剤師を目指していますが一方で大学自体が狭く学部も1つしかないので思い描いていた大学生活ではなく高校の延長上のような感じです。勉強が忙しいので他の大学生に比べると遊べず大学生活を遊びまくりたいという方には適していないですが真面目にやっているという自信はつきます。
    • 講義・授業
      授業は基本的に教師が教えのうまい人を取っているわけではなく研究の実績がある人を取っているので授業は上手くないのでわかりにくい。録画した動画を公開している授業はあるが1.2年生の授業がメインで勉強が一番大変な3年生には困る。
    • 研究室・ゼミ
      研究室により差がありすぎる。他の大学と提携し真面目に研究している研究室もあれば先生だけが研究し生徒にやらせない研究室やずっと生徒と先生が遊んでいる研究室もある。どちらにせよ同じ単位なので少し問題があるようにおもう。
    • 就職・進学
      就職は病院や薬局がメインだが企業もありそこそこ就職のサポートはしているようだ。国家試験の合格率も悪くはない。
    • アクセス・立地
      駅からが非常に遠い。9時から1限がはじまるが8:30ごろには駅につかないと遅刻する。学校用のバスを通して欲しい。
    • 施設・設備
      工事を最近行っており綺麗になっている。しかし学校内のコンビニは1つは14時までと短すぎるしもう1つは17時までと実習が終わる頃には閉まっている。また春休み中は5.6年生も研究室で学校に来ているのに片方はずっと閉まっており、もう片方も14時半で閉まったりなど営業時間が短すぎる。
    • 友人・恋愛
      アルバイトをたくさんするのであれば昼までに大抵の日が終わる1.2.3年生のうち。4年生になると実習ばかりになりアルバイトはあまりできない。神大との交流は時々あるが他の大学とはあまりない。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生は高校の延長のような授業もちらほらあったが3年生になるとかなり薬学らしい授業であった。4年生は実習がメインである。
    入試について
    • 学科志望動機
      薬学部しか考えていなかったのと高校も神戸だったため神戸を選んだ。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      とりあえずどの大学を受けるにも薬学部は化学が必要なので化学を重点的に行った。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性卒業生
    薬学部 薬学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-02-27投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      薬学専門の大学で学生みんなが同じ目標に向かい勉強しているという環境が良いと思う。部活動を通し先輩との輪も広がり、試験などの情報交換もしやすい。
    • 講義・授業
      大学で勉強する内容を確実に身につけておけば国家試験も問題なく合格できる。6年制になってから先生も増えており、いろんな優秀な先生との出会いもある。
    • 研究室・ゼミ
      自分のスタイルに合わせて選択できる。私はアルバイトも両立したかったのであまり厳しくない研究室を選択した。研究内容も自分たちで考えることができたのも良かった。
    • 就職・進学
      就職課の方々が全面的にサポートしてくれた。面接の練習や情報収集などの手助けもあった。大学も薬学界では有名なので大学名で問題となることはほぼないと思う。
    • アクセス・立地
      駅からは徒歩だと坂道がきついが、最寄り駅はお洒落で阪急沿線。帰りに三宮に立ち寄ることもでき個人的には便利だった。特急が止まる駅というのも魅力だと思う。
    • 施設・設備
      最近は校舎が新しくなったりと全体的にきれいになっているようなのでだんだん良くなっていると思う。周りが静かなので勉強するには良い環境なのではないでしょうか。
    • 友人・恋愛
      勉強中心になるが、部活動やアルバイトも頑張れば両立できる。6年制になりカリキュラムにはゆとりができたように思う。実習も期間が長くなりより充実した内容にはなっている。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1,2回生は基礎の勉強を、3回生より専門分野の勉強をする。5回生になる前に実習に行くための試験がある。5回生は主に病院と薬局の実習に行く。6回生は主に国家試験対策の授業を受ける。
    • 所属研究室・ゼミ名
      臨床薬学研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      臨床試験のお手伝いができた。市販後の調査の一つだが実際にクリニックへ出向き患者さんのデータにも触れることができた。
    進路について
    • 就職先・進学先
      病院薬剤師
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      病院で働くことが憧れであり、夢だったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      化学に興味があったため。英語も好きで、6年間英語の授業があるというカリキュラムが魅力的だった。専門的な大学で良い環境で学びたいと思った。
    • 利用した入試形式
      その他
    • どのような入試対策をしていたか
      高校の成績を良い状態に保つよう心がけた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 神戸薬科大学
    女性在校生
    薬学部 薬学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-10-21投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      基本的に大学が狭く単科なので大学らしくなく、クラスがあるうえ選択科目なども少ないので高校生のようなグループを作る付き合い方になりやすい。また授業が下手な先生が多いので外部の先生などが来たときは授業のわかりやすさに驚いた。学祭なども大学が狭いので非常にしょぼい。留年も割とよくある話であるぐらい単位を落としやすい。しかし、在学生は基本みんな根はまじめなので風紀を乱すような人はいなくみんなまじめである。
    • 講義・授業
      若い先生が少なく板書も汚くなにを言っているのかわからないような先生が多い。しかし先生と生徒の仲が悪いわけではない。
    • 研究室・ゼミ
      研究室によるが国立でないのに研究に力を注ぎすぎておりCBT、国試対策も研究しろと言われなかなかできないところもある。
    • 就職・進学
      基本病院か薬局のようで在学生は病院志望が多い。MRや製薬会社、公務員などになる人もいる。
    • アクセス・立地
      毎日坂を登る山登りがしんどい。近くの大学はバスがでているのに何故この大学は出ないのか謎である。
    • 施設・設備
      施設などは実験道具などはいいものを使っている印象である。
    • 友人・恋愛
      友人関係は基本女子が多いので高校生のようなグループを作るスタイルなのでそれでもめている場合もあるが比較的穏やかだと思います。出会いは少ないです。
    • イベント
      学祭は大学が狭いうえ1日しかないのでしょぼく、一回生がわくわくして1年目にきてみる程度で学祭に来ている生徒のほとんどが一回生。坂を登る必要があるので外部の学生も少ない。
    入試について
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用していません
    • どのような入試対策をしていたか
      必要な化学、英語、数学に特に力を入れていたぐらいです。
    この口コミは参考になりましたか?
22件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

兵庫県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

神戸薬科大学の画像 :©Hasecさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

武蔵野美術大学
武蔵野美術大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:53 - 62
★★★★☆3.91 (65件)
東京都/私立
学習院大学
学習院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:57 - 62
★★★★☆4.05 (169件)
東京都/私立
天使大学
天使大学
併願校におすすめ
偏差値:55 - 58
★★★★☆3.64 (14件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。