>>     >>     >>  口コミ

皇學館大学
皇學館大学
(こうがっかんだいがく)

三重県 / 私立

偏差値:46 - 55

口コミ:

3.60

(30)

皇學館大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.73 132位
研究室・ゼミ 3.97 38位
就職・進学 3.63 196位
アクセス・立地 2.77 274位
施設・設備 3.33 309位
友人・恋愛 3.30 321位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

30件中 1-10件を表示
  • 皇學館大学
    男性在校生
    文学部 神道学科 / 在校生 / 2013年入学
    2016-03-18投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来、神職などの神社に携わる職業を目指す人にはとてもいい大学だと思います。 神道学科は、さらに高位の神職資格を希望する人にとっての学科とも言えるので、選択肢としてはかなりよいものだと思います。私も、神職を志して大学に入学したのですが、入学後に知ったこともありより専門的な知識を得ることができました。 また、神道だけでなく、教職を目指す学生なども多く在学しているので、様々な価値観を持った学生と交流することも可能ということも魅力の一つだと思います。
    • 講義・授業
      神職を目指すうえで、必要となってくる知識・技術を学ぶことが中心です。皇學館大学は、伊勢神宮の神宮皇學館という神職養成機関が起源となっているので、そこで教えられてきた事を元に教えているところもあるので、全国の神社の事よりも伊勢の神宮を学ぶ事が中心になってきます。 また、神道の事だけでなく一般科目や教員資格志望者の科目などを学ぶ事も可能ですので、その人の将来に合った学び方ができます。
    • 研究室・ゼミ
      大学では、3年から自分の希望するゼミに入り、ゼミごとに課題に取り組んだり、卒論に向けた学習をしたりする。神道学科のゼミは、どこもそれぞれの特色があり、学生は卒論のテーマに合ったゼミを選択するのが主流です。ちなみに、ゼミの飲み会やフィールドワークなど、そういった所も神道学科のゼミの魅力です。
    • 就職・進学
      神道学科は、卒業生のほとんどが全国の神社へ神職として奉職します。大学には神職養成部と呼ばれる神社への就職斡旋を行う部署があり、そこが中心となって学生の神社への就職のあらゆるサポートを行います。就活の流れとしては、大学には神職養成部を通じて神社からの求人が入り、そこから学生が自分の行きたい神社に履歴書を送る、という形になります。通常は、求人が来る神社というのは、大学の卒業生が奉職した所からのものが大半になるのですが、学生がそれ以外の神社を個人的に目指す事もあります。ですが、やはり、奉職実績の無い神社への奉職は難しいのが現実であり、学生が全国の神社のすべての中から選択するということは、まずありません。 また、教職や公務員などの一般職を目指す人も中にはいますが、そういった人は、一般学生と同じ就職担当の部署の指導を受けます。
    • アクセス・立地
      最寄りの電車の駅からは少し遠いので、大学までは徒歩以外では自転車もしくはバスを使う必要があります。通学に電車を使う学生もいるのですがその場合にはほぼ学校までバスに乗ることになると思いますが、観光地ということもあってか日中でも混雑することや定時に間に合わないことがよくあり、余裕を持ってバスを利用することをオススメします。 大学の周辺には生活に必要な物を買いそろえるための店舗はありますが、若者が遊ぶような施設はほとんどありません。ですが、それは勉強に集中できる環境とも言えるので、そこも魅力の一つです。
    • 施設・設備
      教室棟は7つあり、内装は広さに違いはありますが他の大学とあまり差は無いと思います。敷地内には記念講堂があり、様々な式典や講演会が行われています。学食もありメニューも豊富で、昼休憩になると学生で毎日満員になります。
    • 友人・恋愛
      神道学科は他の大学にはあまり無い学科ということもあり、全国から人が集まります。他学科との交流は個人的なものがほとんどですが、多くの人が他学科に友達などを持っていて親交を深めています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は共通科目が中心で、神道の専門的な学習は2年次から始まります。また、授業とは別に夏休みや年末年始に神社へ実習に行くことがあります。前述しましたが、ゼミに入るのは3年からで教授の提示するテーマに沿ってより神道についての専門的知識を深めます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      木村ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      出口延佳という方の書かれた古文書から当時の神道の情勢などを考察する授業をします。 先生もゼミ生の指導をしっかりとしてくれますので、みんなとても信頼していて、とても良い雰囲気だと思います。
    入試について
    • 学科志望動機
      将来的に神職資格取得を必要としていたこともあり、大学卒業という点から大学を選択しました。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      専願の受験だったので、課題を高校時代の担任の先生に指導していただき、とにかく必ず合格出来るように努力していました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性在校生
    文学部 神道学科 / 在校生 / 2015年入学
    2016-03-13投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      現職の神職の方が教鞭を取っていたりするので、現場のお話を聴くことができるのはとても貴重な事だと思います。年に何回か実習で神社でご奉仕出来るのも、神職を目指す学生にとって貴重な体験であると思います。
    • 講義・授業
      神職を目指す上で、神道ばかりを学ぶのではなく他の宗教のことも学ぶので、広い視野を養うことができると思います。
    • 研究室・ゼミ
      参加していないので、詳しいことはお答えできませんが、ゼミでの旅行では貴重な体験ができると説明を受けた記憶があります。
    • 就職・進学
      女性の神職採用率は低いですが、男性はとても高いです。女性の採用率が低いのは事実ですが、努力をすればきちんと評価されるので努力次第では優先順位は高くなると思います。
    • アクセス・立地
      アクセスは観光地なので悪くはないと思います。立地としては神宮が近いこともあり、とても恵まれた場所かと思います。
    • 施設・設備
      実技室である祭式教室は設備が整っていると思います。清掃もこまめに行っているので、外観より新しく感じます。
    • 友人・恋愛
      変わった方が多いですが、同じ目標を持つ仲間として話が合う方も多いと思います。少しマニアックな話でも通じる方がいるので、今までの生活よりも楽しく感じるのではないのでしょうか。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次ではあまり専門的な授業はせずに、入門レベルの授業が中心です。より専門的な授業は二年次以降になります。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本文化を学び、次世代へ継承していく職に就きたかったため。
    • 利用した入試形式
      AO入試
    • どのような入試対策をしていたか
      制限時間内に小論文が書けるようにしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 神道学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-11投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      伊勢の神宮の近くで神主の資格を取るための勉強ができ、卒業と同時に資格を取得することができます。希望者は明階総合課程を履修し明階の階位を取得することができます。雅楽の授業も少しあり、即戦力になる人材育成に力を入れていますが、実際に就職してからの幅広い社務全てに対応するには授業や実習だけでは経験不足な部分もあります。
    • 講義・授業
      神社界で有名な先生の授業も受けることができます。神社の役割や神話についてなど、基礎基本となる事項は四年間で何度も何度も習うので嫌でも身に付くと思います。神道だけでなく他の宗教や文化についての授業もあるので、幅広い分野に触れることができると思います。
    • 研究室・ゼミ
      図書館の蔵書は充実しています。学科研究室には、貴重な古い本があり、また学校近くの神宮文庫という施設には、貴重な写本などが納められており、許可を取ればそれらを閲覧することができます。また、ゼミは、神道学、宗教学、日本文化など教授の専門分野に合わせて開設されていえ、興味のある分野を選ぶことができます。宗教学ゼミでは、神道だけでなく中国仏教、古代祭祀、民間信仰など、幅広いテーマから研究分野を選ぶことができました。
    • 就職・進学
      大学事務所の神職養成部が全国の神社から求人を集め、それぞれの学生の希望や適性に沿うように紹介や指導をしてくれます。有名な大きな神社から地方の神社まで、毎年多くの学生が就職をしていきます。また、神社に就職を希望しない学生は一般企業などへの就職もできます。
    • アクセス・立地
      大学前にバス停もあり、歩いて行ける距離に駅があります。近くに食品スーパーやショッピングモールもありますが、大学が山の上にあるので移動には不便な部分もあるかと思います。自然に囲まれた空間で落ち着いて勉強に励むことができるかと思いますが、映画を観たりゲームセンターで遊んだりしようと思えば隣の市まで行かなければなりません。
    • 施設・設備
      体育館2階にジムがあり、手続きすれば自由に使用できます。学生食堂では350円でランチセットが食べられます。学内に購買もありますが、16時で閉店します。ATMは設置されていないので、ショッピングモールか銀行まで行かなければならず、急にお金が必要な時には困ることがあります。学内の一部で無線LANが使える他、ディベートやプレゼンテーションをするための部屋が最近新しくできました。また、神道学科の祭式作法の授業のための祭式教室も完備されています。
    • 友人・恋愛
      毎月17日に、学生・大学職員で内宮に参拝する機会があります。入学式・卒業式では、その学年の学生全員で外宮・内宮に参拝します。神宮に触れる機会は非常に多いです。年に2回、希望者は神宮の夜のお祭りを見学することができます。また、年に一度参拝見学という遠足行事があり、伊勢周辺の神宮に縁のある神社に参拝し、周辺の施設を見学します。神道学科だけでなくどの学科に所属しても、4年間を通して神社に触れる機会が多い大学だと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では一般教養を中心に、装束の着方や神主の心得などを勉強し、年末年始には学校によって振り分けられた神社へ実習に行きました。2年生から神社や神道、宗教に関する具体的な専門知識を勉強し始め、祭式作法の授業も毎週ありました。3年生になると祭式作法の授業が増え、専門的科目も増えました。3年生でゼミ選択をしてそれぞれ教授のもとに付き、卒業論文を書く準備をし始めました。夏休みか春休みにゼミ旅行に行き、神社に正式参拝したり宗教施設を見たりして見聞を深めました。4年生になると、授業はゼミと神道神学と祭式作法だけになり、卒業論文の執筆と就職活動に専念する毎日です。明階課程の履修を希望する学生は6月頃から課程が始まり、空き時間がほとんどない生活になります。夏休みもほとんどなくなりますが、神宮職員の方や神社本庁職員の方、有名な神社の宮司様権宮司様のお話も聞けたりと、充実した機会です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      宗教学演習
    • 所属研究室・ゼミの概要
      神道だけでなく、仏教、キリスト教、イスラム教など世界宗教から、各国の民間宗教、俗信的信仰、おまじないまで、幅広い分野からテーマを選び、研究することができます。教授は中国仏教が専門なので、中国仏教的視点からの指導やアドバイスも多くいただけます。学生は研究分野がバラバラなので、意見交換をすると様々な観点から新しい意見や見方が得られると思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      実家の神社の神主
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      神主の数は現象傾向にあり、地方の神社で後継者不足が問題になっている中で、実家の神社をより良くし、町全体や氏子の人たちをもっと元気にしたいと思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      神主の資格を取得するために入学しました。神主と司書教諭の資格が取りたかったのですが、カリキュラム上不可能になったため、神主と教員免許を取得すしました。部活動で雅楽も修養し、色々な神社で実習できてよかったと思います。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      赤本を使って国語の勉強を少ししました。高校の先生に見ていただいて小論文を何度か書きました。あとは、実家の神社の御祭神のことなどについて面接で話せるように練習しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    現代日本社会学部 現代日本社会学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-03-09投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      皇學館大学の現代日本社会学科は、現代社会や福祉について学びたい人や、日本の伝統文化を深く学びたい人にはオススメです。特に公務員になりたい、福祉系の国家資格をとりたい人には、それぞれ専用の講義があって、しっかり学べます。
    • 講義・授業
      この学科では分野が4つに分かれているので、講義も多種多様です。卒業資格のために自分が専門とする分野以外の講義は必須ですが、それを抜きにしても面白い内容のものが多くあります。
    • 研究室・ゼミ
      各研究室でやり方は微妙に異なりますが、どの研究室も教授と学生の距離が近くて、親交も深いです。行き詰ったときは親身に話を聞いてくれるし、最後まで協力していただけるので、学生からするとありがたいし頼もしいと思います。
    • 就職・進学
      企業はもちろんですが、特に公務員への就職実績が目立つと思います。大学全体でもサポートはありますが、教授たちも履歴書の添削や面接練習を協力してくれます。全面的にサポートしてもらえるはずです。
    • アクセス・立地
      最寄りの駅からは徒歩で行けなくもありませんが、駅~大学間は自転車で通学してる人も多いです。最寄りの宇治山田駅には食事処、コンビニ、甘味があるので小腹が空いたときにはありがたいです。もしくは、学生寮があるのでそこから通学してる人もいれば、地元が遠方で近くで1人暮らしをしていて、そこから通学もあります。
    • 施設・設備
      半分は以前からのままですが、半分は設備が比較的新しいです。特に芝生広場は、春だと桜も咲いていて暖かいので人気スポットになります。また、学生証があればipadやノートパソコンを無料で借りれる場所もあるので、現代的な面もあります。
    • 友人・恋愛
      他の学科に比べると、人数は真ん中ぐらいです。また傾向として女子が少ない場合が多いので、同じ学科の女子だと親しくなりやすいかもしれません。私が在籍していたころは立ち上がって間もなくて、他学部と馴染めていませんでしたが、今はだいぶ馴染んできていると思います。教授が半分くらいがフランクなので、気軽に話しやすいかとも思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年では全体的に、2年から本格的に分野別の講義が増えます。関連のあるビデオを見たり、意見交換をしたりと様々です。3年からはゼミも追加されます。ゼミになると個々でやることが変わりますが。私は裏千家のとある代の家元の人物史と功績を専門にしました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      橋本ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      基本的には文学、神話の研究ができます。特殊なパターンでは人物史のような内容も可能でした。淡々とした空気でしたが、ゼミの時間外でも、教授は相談や話を受けいれてくれます。真面目に進めていれば親切です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      福祉系の施設での支援員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      資格がなくてもでき、働きながら資格をとれると聞いたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      茶道をもう少し深く学びたいと思ったため。文化継承実習という文化の実習があることが、とても魅力に感じました。オープンキャンパスは複数回、行きましたが固すぎない雰囲気が良かったので入学しました。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      私塾だったので、言えることがありません。
    • どのような入試対策をしていたか
      初期のころは漠然としていたので、一般試験の勉強はしてました。あとは面接練習をしたり、履歴書の書き方も練習しました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 神道学科 / 卒業生 / 2010年入学
    2016-03-07投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      家が神社という人から、全く神道に触れたことがない人まで幅広い学生が学びに集っていますが、全員に祭式作法や神話についての知識等を最低限身につけて実際に神社に就職する道が用意されています。興味があれば他の学科の授業も受けることができますが、神主以外に取得できる資格はカリキュラム上限られています。
    • 講義・授業
      教授はそれぞれの専門分野を中心に授業をしてくださるので、教授の学説は深く学ぶことができます。しかしその一方で、教授の専門分野から外れた内容にはあまり触れなかったり、その教授のどの授業を受けてもほぼ同じ内容だったりします。
    • 研究室・ゼミ
      学科研究所には貴重な古い本がたくさんあり、図書館も充実しています。また神殿があり道具も揃っているので、祭式作法の勉強も神社に奉職することを見越して練習ができます。
    • 就職・進学
      大学事務所の神職養成担当部署が、全国のたくさんの神社から求人を募って、全ての学生が希望に沿った環境で就職できるように計らってくれます。神社就職を希望しない者は一般企業への就職もできます。
    • アクセス・立地
      特急の止まる駅が歩いていける距離にあり、大学前にはバス停もあります。木々に囲まれた山の中にある学校なので、虫も多く、キノコも生えていて、世の喧騒を氣にすることなく落ち着いて学べると思います。買い物をするスーパーは近くに2件ありますが、ゲームセンターで遊んだり映画を観たりしようと思うとお仲間隣の市まで行かなければならず、車が必要になると思います。
    • 施設・設備
      Wifiが使える場所が最近新たにできたそうです。学内のパソコン教室ではWindows8が採用されています。学食では350円でボリュームのある定食が食べられます。しかし購買はあまり大きくなく、学内にATMはありません。
    • 友人・恋愛
      同じ学科内での交流はまずまず盛んですが、他学科の学生と交流する機会があまりないかもしれません。授業では、1年生から祭式作法に少しずつ触れ、一般教養と共に神社や神道についての専門的教養も学んでいきます。スーツ指定の授業もいくつかあり、他の学科の学生と比べてスーツで過ごす時間が長いので、少し窮屈に感じたり疎外感を感じたりすることがあるかもしれません。祭式研究部と雅楽部という部活動があり、主に神道学科の学生が中心になって活動しています。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年生では、神道に関係のある文献についての授業と祭式入門の他は主に一般教養が中心で、2年生から本格的な祭式や神道の授業が始まります。3年生でゼミ選択をして演習が始まり、神道や宗教、祭式などを専門に卒業論文を書く準備をします。4年生では、希望者のうち成績優良な者は申請をして、明階という、神職資格の中でも上の資格を取得するための課程を受講します。学芸員課程や教職課程と同時に明階課程を受講するのは課題や時間の面でとても大変で、同時に卒業論文を執筆することを考えると並大抵のことではありません。
    • 所属研究室・ゼミ名
      宗教学演習
    • 所属研究室・ゼミの概要
      神道や日本の宗教だけでなく、中国仏教、キリスト教などの世界宗教、各国の民間信仰まで幅広く自分の興味があるものについて研究できます。ゼミ旅行では、同学科の他のゼミは国内で神社巡り等をしている中海外に行って様々な宗教施設を見学したりします。扱う範囲が幅広いために、仲間たちの卒業論文のテーマも様々で、色々な視点からの意見が聞けるため、研究を深めるには充実した環境であると思います。
    進路について
    • 就職先・進学先
      実家の神主
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      実家の神社を守りつつより良くしていきたいと思ったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      神主になるために神道学科を志望しました。東京國學院大学でも神主の勉強はできますが、在学中に20年に一度行われる式年遷宮があるということで入学しました。伊勢の神宮のすぐ近くであることも魅力の一つであると思います。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      面接練習をして、志望動機や実家の神社の御祭神について答えられるようにしました。また、赤本等を使って国語や小論文の勉強を少しだけしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2016-02-26投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 1| 研究室・ゼミ 1| 就職・進学 2| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      文学を幅広く学びたい方におすすめです。国文学科は教授陣が魅力的で、文学の基本から専門的なことまですべてが学べることが出来ます。学科全体で100人強程度の人数で友人関係も築きやすい学科でした。
    • 講義・授業
      上記でも記載しましたが教授陣に魅力があり、授業内容も充実しています。授業の選択範囲が広く、自分が学びたいと思った授業は基本的に受けることができるので個人に合わせた授業組みが可能です。
    • 研究室・ゼミ
      学ぼうと思う姿勢があればより深く学べます。少人数で教授やゼミ生との距離も近く、交友関係も勉学も深めることが出来ます。図書館の資料を使って学べますので実費でなにかをするということがあまりないです。教科書位?
    • 就職・進学
      就職課のサポートがとても手厚いです。就職実績等も就職課で調べることができますし、相談もしやすい環境です。
    • アクセス・立地
      立地はすこし田舎の方なので不便とまではいきませんが、充実しているとは言えません。電車通学とバス通学が多かったと思います。市内に住めば自転車があればいいと思います。車があったほうがより便利ですが
    • 施設・設備
      最近建替えた棟があるので、設備は綺麗です。使用したことはありませんがトレーニングルームや体育館も広いし、自由に使える部屋もたくさんあるので場所にはこまらないと思います。
    • 友人・恋愛
      大学なので何を頑張りどういった目標をたてるのかは自由です。せっかく国文学科なので文学を学ぼうという気持ちを強くもって通ったほうが充実すると思います。サークルもまあまあ数があるので、自分にあったサークルを見つけて楽しんでください。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は一般教養や基礎的なことが中心です。2年次から徐々に文学に関しての専門的な学習が中心となっていきます。3、4年次はゼミを選択し、各自学びたいことを学習していきます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      中川ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      平安文学を中心に学習を深めていきます。年度に寄りますが大体5〜10人ほどの規模です。先輩との交流もあります。楽しい研究室です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般企業・事務員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      一時は教員を目指しましたが社会勉強として企業に就職しました。
    入試について
    • 学科志望動機
      昔から国語が好きであり、もっと専門的に学びたいと思っていたので、学科を選択しました。県内であったことも志望動機の一つです。オープンキャンパスにも足を運び雰囲気を知り、自然に囲まれたいい大学だと思ったのもあrます。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦入試で面接試験があったので面接の練習をしました。文学部なので好きな本や文学作品の内容や自分の感想を整理し言えるように練習したりしてました
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 国史学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2015-06-25投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本史が好きで、高校の授業よりももっと掘り下げたい人におすすめです。近年では東洋史の先生も学科に加わり、日本史だけでなく三国志などに興味がある人にもおすすめです。
    • 講義・授業
      古代・中世・近世・近代の各時代の専門の先生がいて、自分が好きな時代の勉強を徹底的に教えてもらえます。1・2年生の時はすべての時代のことを平均的に勉強し、3年生進学時に、自分の興味のある時代のゼミを選びます。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは3年生進学時に選択するので、1・2年生の授業を受け、じっくり考えてから選ぶことができます。入学した時は幕末が好きだったのに、勉強しているうちに他の時代にも興味が出てきた、という子も多いです。どの先生も気さくな先生ばかりで、学生と先生との距離が近いと思います。
    • 就職・進学
      国史学科の学生は、中学・高校の社会・日本史の先生になりたいという人がたくさんいます。博物館の学芸員になりたいという人もおり、そのための学芸員資格も在学中に取得することもできますが、これは倍率がすごく高いので、実質就職するのは難しいです。教職支援担当や就職担当という部署があり、相談に乗ってくれたり、面接の練習もしてくれます。早いうちからこれらの部署を利用している学生はスイスイ就職していってます。
    • アクセス・立地
      伊勢神宮のお膝元なので、自然ゆたかな場所です。駅からは徒歩で20分と少し遠いですが、観光地なこともありバスがたくさん走っています。空き時間に友人とおかげ横町に遊びにいったのはいい思い出です。近くに大型スーパー(イオン)もあり、そこでたいていのものは揃います。ただ難点があるとすれば、田舎なので夜遅くまで営業しているお店が少ないことと、神宮杉のおかげで花粉症の人にはつらいことです。
    • 施設・設備
      学食は少し狭く、いつも混み合っています。メニューは欧風ランチやヘルシーランチなど、いろいろそろっています。お弁当屋さんも学内に販売に来ているので、ベンチや芝生に座って食べる人もいます。
    • 友人・恋愛
      国史学科は基本的にまじめな人が多かったです。歴史、ということで男子が多いです
      。私の学年は男7:女3の割合でした。女子は少ないですが、その分結束力が生まれ仲良くなれます。他学部と合同の授業も多いので、交流は多いです。学科内カップルは4年間で5組くらい。男女比が均等ではないので少ないです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本史について、高校の授業では教わらない深い知識が身に付きます。
    • 所属研究室・ゼミ名
      近代史 田浦ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      近代史(明治維新~終戦)の歴史について学びます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      学校職員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      生徒と接する仕事につきたかったからです。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本史が好きで、もっと詳しく学びたいと思ったので。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      東進衛星予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      一般推薦という、推薦入試ではあるものの、専願ではなく併願できる試験だったので、筆記と面接がありました。筆記対策としては過去問を解き、高校の教科書をよく読み直しました。面接は高校の先生に練習に付き合ってもらいました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本の古きよきものを感じたいなら、いいところだと思う。興味のある学問であるなら、楽しく学べる。個性的な先生方ばかりなので授業も面白いと思う。
    • 講義・授業
      一般教養は日本の文化にまつわるような伝統芸能や武道が他の大学と違って充実している一方、理系の学科がないのであるにはあるが理系科目が少なめ。講義形式のものが多い。国文系の授業は面白いと思う。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミによって学ぶ内容、指導してくれる先生が違うため、どのゼミも全然違うことをやっているが、それぞれに研究しがいのあるものばかりのよう。伝統校だけあって、小さいわりに必要なものはだいたい揃っている。
    • 就職・進学
      地元企業に強い。就職課の人が親身になって教えてくれる。それから、国文からも教職課程をとった人は教師を目指す人が多く、毎年県採用は三重大と競っているし、採用人数の半分が皇学館大学卒という年があるくらい。
    • アクセス・立地
      駅から徒歩20分ほどの距離。自転車通学者やバスを使う人もいる。あんまりよいとは言えないが、慣れればたいしたことじゃやい。
    • 施設・設備
      綺麗な校舎と古い校舎がある。新しく図書館にできたラーニングコモンは、よく利用するような資料があって、レファレンスの上手い人が常にいて、飲み物を飲んでもよくて、おしゃべりありと、勉強するのにも友達と交流するのにもいい場所だたと思う。
    • 友人・恋愛
      学部学科によって人柄が違う。国文はマイペースな人が多いと思う。とはいえ、いろんな人がいるし、いい人が多いので友達はちゃんとできると思う。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国文学、図書館学、教育学などを中心に学んだ。
    • 所属研究室・ゼミ名
      高倉ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に近世の書誌学について、研究していた。
    進路について
    • 就職先・進学先
      バロー
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      バイトで接客業をしていて、人と接する仕事をしたかったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      本が好きで、司書になりたいと思っていたから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      特になし
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問を解いていた。他は基本事項をきちんと押さえれば問題ない。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    女性卒業生
    文学部 国文学科 / 卒業生 / 2011年入学
    2015-06-22投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      学ぶ意欲のある人にはとことん学べる環境があると思います。 そんなに高いレベルのことを求められる授業はほとんどありませんが、そこから踏み込んだところを知りたければ教えてもらえるし、知るための手段も揃っています。 自分がどれだけ学びたいかで内容は随分変わって来るので人によって学べた内容量は違うと思います。 実際、私も好きなことを好きなだけ調べて研究していたようなものです。やる気次第としか言えません。
    • 講義・授業
      共通科目は様々なことが学べます。特徴として伝統芸能や武道などが充実している気がします。他は一般的な大学とはさほど変わらないかと思います。 国文の専門科目は他学科からの学生に羨ましがられるくらい、先生方が個性的で面白い人ばかりで楽しい授業が多いです。勿論、興味あってこそ面白いと思える部分もありますが。
    • 研究室・ゼミ
      私が所属していた書誌学ゼミは学科内でも厳しくて有名だったのでみっちりしごかれました。その分、自分がちゃんと研究している実感もひとしおでとても楽しいです。 くずし字はかなり読めるようになります。近世に出版された本にたくさん触れられます。 外部からの研究者にそんなことを学部生にさせるの?!と驚かれるようなこともさせてもらえます。曰く、院生でもなかなかできないことらしいので、とても貴重な経験だったのだと思います。
    • 就職・進学
      比較的早い時期から準備するようにと促され、講座や説明会が開かれます。 地元企業についての情報量はかなりあると思います。県内で就職するつもりなら、まず問題ありません。 就職課に行けば親身になって対応してくれるので、履歴書の添削・企業研究・面接練習・悩み相談なんでも聞けばいいと思います。
    • アクセス・立地
      お世辞にも立地はいいと言えません。そもそも田舎ですから。よくいえば、緑に囲まれた美しいキャンパスかもしれません。 どこから通うかにもよりますが、電車の本数が少ないのを嘆く声が多いです。駅からの通学には徒歩、自転車、バスと手段が人によって違います。バスは観光地名だけあってそれなりに来るので問題ありません。
    • 施設・設備
      古い校舎と新しい校舎が混じっています。学食の評判は微妙。 百船という学習スペースが教育学部の学生の間ではよく使われていました。文学部の学生の多くは図書館2階にできたラーニングコモンが人気でした。どちらもホワイトボードやディベートコーナーがあったり、ノートパソコンの貸出があるのでグループ学習にはもってこいです。図書館なのに話ていいのはなかなか面白い試みで私は好きでした。
    • 友人・恋愛
      類は友を呼ぶを実感できると思います。だいたい、学部・学科・コースによって似たような人間が集まります。同じことに興味を持ち、学ぼうとする同志とお互い刺激し合い学べるのが楽しかったです。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      国文学、漢文学、図書館学などが学べます。教員免許取得のため教職課程をとる人もたくさんいます。司書過程は人気があるものの実際その道に進む人は少数です。
    • 所属研究室・ゼミ名
      書誌学ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      主に近世書誌学について学べます。くずし字を読み、まだ活字化されていない書物を翻刻し。研究します。
    進路について
    • 就職先・進学先
      農業協同組合
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      地元で働きたかったから。地域貢献できそうだったから。
    入試について
    • 学科志望動機
      読書が好きなものの、古典や近代文学には疎く、楽しく学べるならと思ったため。
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問は解いた。センターより易しいので、そっちを勉強しているならしなくてもいいかもしれない。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 皇學館大学
    男性在校生
    教育学部 教育学科 / 在校生 / 2013年入学
    2015-06-20投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 3| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      だいがくのまわりには誘惑がなく勉強に集中できるいい環境だと思います。地味目な子も多いけど好きなことがあればサークル活動などで親しい友達も学部を超えてできます
    • 講義・授業
      様々な学部がありますが、いろいろな教授陣や興味のある方は、自分のやりたい学問に専門的に詳しく取り組めば、よいとおもいます
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは三年生からなので、まだよくわからないこともありますが、さまざまの分野から興味のある事柄を選び活動していけます
    • 就職・進学
      就職率は高いということですが 、それなりに厳しくもあり、大学の単位を真面目に履修しないと大変なことに
    • アクセス・立地
      飲食店などの店もそんなに多くないので、誘惑はほぼないと考えていいです。駅から大学まではバス、自転車、徒歩などで通う人が多い。
    • 施設・設備
      神道学部があるので、雰囲気はまさに伊勢神宮の森を思わせる学内の木々たちにあふれています.落ち着いた雰囲気はいいです
    • 友人・恋愛
      あまり周りにはいませんでした。なかなか出会いもそうないといえばないので、学内ではあまり期待しなくても
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教育に関係する一通りの基礎と、教育概論です
    入試について
    • 学科志望動機
      教育者とは何かを学びたく、教育学部を希望
    • 利用した入試形式
      その他
    • 利用した予備校・家庭教師
      河合塾
    • どのような入試対策をしていたか
      特にないです、基礎知識などの勉強をやること
    この口コミは参考になりましたか?
30件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

三重県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

皇學館大学の画像 :©Miyuki Meinakaさん

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

オススメの大学

女子栄養大学
女子栄養大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:54 - 59
★★★★☆4.13 (45件)
埼玉県/私立
東北芸術工科大学
東北芸術工科大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:47 - 59
★★★★☆4.20 (30件)
山形県/私立
日本赤十字北海道看護大学
併願校におすすめ
偏差値:55
★★★★☆3.67 (6件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。