>>     >>     >>  口コミ

金沢学院大学
(かなざわがくいんだいがく)

石川県 / 私立

偏差値:36 - 48

口コミ:

3.22

(23)

金沢学院大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

項目 点数 私立大学順位
(全608校中)
講義・授業 3.22 396位
研究室・ゼミ 3.22 386位
就職・進学 3.13 368位
アクセス・立地 2.00 414位
施設・設備 3.00 388位
友人・恋愛 3.13 378位
学生生活 -
講義 所属学科で行われる講義の充実度
研究室・ゼミ 所属学科全体の研究室・ゼミの充実度
就職・進学 所属学科の就職・進学実績の評価
アクセス・立地 所属学科へのアクセス・立地の良さ
施設・設備 所属学科の施設・設備の充実度
友人・恋愛 所属学科の友人・恋愛関係の充実度
学生生活 あなたの所属しているサークルやイベントの充実度

口コミ一覧投稿する

23件中 1-10件を表示
  • 金沢学院大学
    女性在校生
    美術文化学部 美術学科 / 在校生 / 2014年入学
    2016-03-23投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 5| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      美術を学べる学校の中でも珍しく、漆芸を学ぶ事が出来るので漆芸を学びたい人には良い大学だと思います。 試験でそれなりに高得点を取れる自信がある人には、学費が入学当初の試験点数によってある程度免除されたりもして、私立の学校の中では比較的リーズナブルな学費で通う事が出来る様になります。学費免除の継続には学科内で高い順位を維持しなければなりませんが、真面目に授業を受けられる人であれば、特に問題ないと思います。
    • 講義・授業
      美術学科は生徒数が少ないので、先生にも質問しやすく、また、親身に教えて下さる先生ばかりなのでとても学びやすい事が特徴だと思います。 また、一年次の時点で絵画の油絵と日本画、工芸の漆芸と陶芸を全て触りだけでも学ぶ事が出来、二年次から好きな分野に進んで行く参考になると思います。美術は好きだけど、まだ少しとの分野に進むかは悩んでいる、という人には良い学科です。
    • 研究室・ゼミ
      人数が少ない為、先輩達とも仲良くなりやすく、先生達とも色々な意見のやり取りをしやすい所が良いです。 私は漆芸を専攻しているのですが、授業が終わると作業の終わった人達で漆芸に関係ある事無い事を毎日楽しくお話しています。
    • 就職・進学
      就職活動についてのお話が、この学校では一年次から就職支援をして下さる就職支援室の方々にお話を伺う事が出来ます。「この学科では、今までどの様な所に就職が決まった人がいる」などと、参考になるデータも教えて貰えるのが良い所です。
    • アクセス・立地
      大学にはありがちかも知れませんが、山の中に建っているので、金沢とはいえ金沢駅からバスで40分程かかります。通学時に電車の乗車時間も長くなる様でしたら、幾ら隣の県に住んで居ても、下宿にした方が良い気がします。 近くのアパートに住んで歩きで行く、と考えている場合は学校までの階段が結構キツいので、体力勝負になるのでご注意下さい。
    • 施設・設備
      私立の学校では、それなりに設備も整っているかと思います。 ただ、公立の学校と比べると規模も違い過ぎる様な気がしますので、比べない事をお勧めします。 漆芸でそれほど大きな作品を作る事も無いのでしたら、充分な設備だと思います。
    • 友人・恋愛
      美術だけでなく、スポーツ学科や日本文学、情報科など様々な学科の人達がいるので、部活に入ったりすれば色んな人達と関わり合いになれて楽しい学校生活が送れます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は前期に油絵、日本画、漆芸、陶芸を全て触り、後期になると絵画の油絵、日本画からそれぞれどちらかを、工芸も漆芸と陶芸の内のどちらかを選んで学ぶ事が出来ます。 二年次からはようやく本格的に好きな分野へと分かれて、それぞれの分野を専門的に学ぶ事が出来る様になります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      市島研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      先生方や先輩方との距離感が近い為、質問もしやすい雰囲気があります。
    入試について
    • 学科志望動機
      漆芸を学びたいと考えていたのだが、公立を受けるには技量が足りず、また、私立の中では珍しく漆芸が出来る学校がこの学校だったため。また、オープンキャンパスで、先生方が親身になって下さる雰囲気が良いと感じた為にこの学校を選びました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      美術予備校
    • どのような入試対策をしていたか
      センターのみを利用しての入試は、とにかくセンター試験の対策を。 実技有りの受験では実技の対策を主にしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    男性卒業生
    美術文化学部 美術学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2016-03-19投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 2| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      漆を学びたい人にはいいと思います。成績優秀者には、授業料免除や学納金半額など、大学独自の奨学金があります。美術以外には、スポーツが有名です。オリンピック選手や日本代表候補生などが多数在籍。ウエイトリフティングやトランポリンが強いです。
    • 講義・授業
      総合大学なので、講義も幅広いです。教授との距離感も近いので、自ら学べる機会は多いです。施設面は充実しています。
    • 研究室・ゼミ
      ゼミは自分の特性に合った研究ができます。漆芸科は本来は自己負担のところが多い漆ですが、必要な漆は大学側が購入しているので、その分ほかの大学よりもお得です。また人間国宝が教えてくれると、恵まれています。
    • 就職・進学
      就活養成講座や教員養成講座があり、レベル別に3年間の長期コースで対策しています。公務員や金融機関など幅広い実績があります。
    • アクセス・立地
      大学は山の上です。バスは終点にあり、周りには田んぼと山の緑そして一軒のコンビニくらいしかありません。車で通学するのが半分くらいでしょう。たまに熊が出ます。
    • 施設・設備
      女子寮があります。調理室が大改装され栄養士コースの設備は充実しています。またグランドが人工芝などになります。図書館はパソコンの貸し出しやカフェも隣接しています。学食は不味いです。
    • 友人・恋愛
      学友会なるものに入れば、大学行事の中心メンバーです。青春の大半をそこに注げることでしょう。他学部との交流もできます。いろんな人と交流できることでしょう。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基礎的な専門科目を学び、二年時からは専攻に分かれ本格的な制作に入っていきます。公募展やグループ展を展開していき、積極的に活動していけると思います。また専攻に関した分野のアルバイトの紹介があったり、技術の向上をしながら、お金も稼げました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      漆芸研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      漆工技術の基礎的な技術から、より高度な専門技術を学んでいきます。教授陣は工芸会の重鎮ぞろいなのですがアットホームな雰囲気です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      大学院進学
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      もう少し学びたいからです。4年で今まで学んできたものが、結びはじめてきたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      漆を学びたいと思っており、学べる大学がかなり限られていました。設備や教員の充実したところを調べて、大学のネームバリューよりも自分が学びたい教授のいる大学だから選びました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • どのような入試対策をしていたか
      センター試験を利用しました。三教科7割以上で学納金半額だったので、基準に合うように勉強してきました。あとは実技課題の勉強をしていました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    男性卒業生
    文学部 日本文学科 / 卒業生 / 2007年入学
    2016-03-17投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 1| 施設・設備 1| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本文学を学びたい方には、講義内容は良いと思います。ただし、日本文学のことが8割以上なので、とりあえずの滑り止めみたいな形で検討している方には不向きです。
    • 講義・授業
      講師の方はそれぞれのプロフェッショナルなので探究心には必ず応えてくれます。教職員・学芸員・図書館司書の資格を得ることが出来ますが、必須講義がどちらかしか選択出来ないという場合もありますので、注意が必要です。
    • 研究室・ゼミ
      同じ分野でゼミを行うので、仲間にも相談しやすいと思います。ただし、人数が多いと割り振が変わってしまう場合がありますので、必ずしも希望通りにもいかない時も・・・
    • 就職・進学
      日本文学を探究する学部ですので、一般の会社に将来就職したいと思っている方には向きません。教職員・学芸員・図書館司書の資格を習得できれば、それなりに就職先はあると思います。
    • アクセス・立地
      大学近くの学生アパートに入居した場合、近場にはコンビニしかありません。近くのスーパーマーケットには車か(最低でもバイク)が無ければ、行けないというレベルです。
    • 施設・設備
      図書館設備が大変充実しています。卒業論文の際には古書等も収蔵されているので、他の図書館に行かなくても大丈夫なくらいです。学生食堂は種類が少なく残念なとこです。
    • 友人・恋愛
      サークルや文化祭等、他の学生とも交流する機会が多いです。ボランティア活動も行っていますので、地域との交流もあります。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は、一般教養が大半、2年次からはゼミが始まります。3年次からは授業時間が減り、卒業論文の時間が始まります。
    • 所属研究室・ゼミ名
      蔀ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      女性文学・児童書の探究や他の分野の探究。
    進路について
    • 就職先・進学先
      ドラッグストア
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      就職活動はしていたが、アルバイトをしていた会社から正社員の話があったのでそこに決めた。
    入試について
    • 学科志望動機
      日本文学を学び、教職員免許を取りたかったから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      基本的な面接の練習と自身の好きな小説の要点や解説
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性卒業生
    文学部 国際文化学科 / 卒業生 / 2008年入学
    2016-03-06投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      コミュニケーション能力を高めたい人には良いと思います。英語必修科目が1年時から多く、留学の機会もあります。
    • 講義・授業
      必修の講義を受けるだけでは役にたつ資格が取れないため、単位にならない講義を受ける必要がありますが損にはなりません。
    • 研究室・ゼミ
      教授と一対一で行うため集中力は高まります。その代わり他のゼミ生との連携が少なくなり、進行状況を把握しないこともある。
    • 就職・進学
      円滑なコミュニケーション能力を活かし、文学部にとらわれず業種職種に関係なくチャレンジした方がよいです
    • アクセス・立地
      山の上なので車がないと不便ですが、駅から直通でバスが出ています。一人暮らしを始めてみるきっかけにもなります。
    • 施設・設備
      目新しい建物はありませんが、雰囲気の良い設備が整っておりカフェテリアではホテルのケーキを販売しています。
    • 友人・恋愛
      他学科、他学部との交流が少ないためサークルに入るかしないと交流関係を広げることは難しいと思います。アルバイトも勧めます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は英語必修科目が多いですが、二年からコースが分かれ心理学コースは三年から演習が始まります。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学を学びたかったため、オープンキャンパスで一番雰囲気の良い学校にした
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問題集を解き、苦手傾向の基礎を鍛えました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性卒業生
    文学部 国際文化学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2016-03-04投稿
    • ★★☆☆☆
    • 2.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      講義の内容自体は悪くありませんが、あまりつぶしのきく資格が取れないため就職には不利です。立地もやや悪いです。
    • 講義・授業
      国際文化学科では一年時に英語の必修科目が多いですが、二年になりコースが分かれるとそこで英語に触れない可能性もあります。
    • 研究室・ゼミ
      教授と自分の一対一で行うため集中はできますが、その分他のゼミ生との連携が少なくなり、進行状況を把握しないこともあります。
    • 就職・進学
      あまり役にたつ資格を講義内で取得することがないため、文学部でも職種業種を選ばず採用に望む方がよいです。
    • アクセス・立地
      山の上なので車がないと不便ですが、駅から直通でバスが出ています。周りに一人暮らし用のアパートも充実しています。
    • 施設・設備
      特に目新しい建物はありませんが、カフェテリア等の買い物所は年々使いやすいように改良されています。近年ではコンビニも出来ました。
    • 友人・恋愛
      他学部、他学科との交流が少ないため出会いが欲しいならサークルに入るかしないと交流関係を広げることは難しいと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      一年時は英語による言葉でのコミュニケーション能力を高めましたが、二年になり心理学コースに進むと社会や文化の違う人同士の疎通を計り、円滑に物事を進めるにはどうするかを学びました。
    • 所属研究室・ゼミ名
      益子研究室
    • 所属研究室・ゼミの概要
      ユーモアのある先生なので雰囲気は悪くないです。
    進路について
    • 就職先・進学先
      事務員
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      交通の便が良く、社会の基本を学びたかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      心理学を学び、人の行動や心の裏にある内面性を知りたかったから
    • 利用した入試形式
      一般入試
    • どのような入試対策をしていたか
      基礎を鍛え、過去問題集をおさらいしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性在校生
    経営情報学部 経営ビジネス学科 / 在校生 / 2012年入学
    2015-07-13投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      教授にもよるけれど、大学のレベルの割に難しい内容を教える人もいます。マンモス校に比べて生徒数が少ない分、教授も講義の内容を濃くしてくるようです。(元マンモス校教授談) まじめにやればそれなりの力が身に付き、サボれば無駄な学生生活を過ごすことになります。 要は全て自分次第です。
    • 講義・授業
      教えるのが上手い人、下手な人両方います。 字が読みづらい人、板書をごちゃごちゃに書いて適当に消すせいで、少し目を離すとどこから繋がっているのかわからなくなる人、そもそも板書を書かない人。こういった人に当たると学生は非常に苦労します。乗り切るにはそれぞれの努力と創意工夫が必要です。 逆に上手い人は、板書を丁寧に書いてくれたり、わかりやすいレジュメを用意してくれます。そういった教授の講義なら学生も余裕をもって講義を受けられます。 ですが、どの教授に当たっても最終的に結果を左右するのは自分自身の努力です。
    • 研究室・ゼミ
      非常に当たり外れが激しいです。 当たりのゼミなら積極的な活動内容で充実した研究を行えますが、外れを選んでしまうと非常に無駄な時間を過ごすことになります。 私は『コミュニケーション』をテーマとしたゼミに属していましたが、とんだ外れゼミで、コミュニケーションのコの字も無い、非常に内容の薄いゼミを1年間受講する羽目になりました。 ゼミに所属しなければ卒業できないというシステムではありませんが、就活でも話題に上がりやすい項目なので、事前に先輩などにリサーチしておくといいでしょう。
    • 就職・進学
      3年生から就活準備のための講義が必修であります。出席の認定が非常に厳しい講義で、通いづらい立地なのに遠方から通う学生に配慮のない講義です。悪天王などで交通機関に影響が出やすい時期に遅刻が続いても単位を落とさないよう、日頃から遅刻しないよう気を付けなければいけません、就職支援専門のセンターが設けられており、親身になって相談に乗ってくれます。
    • アクセス・立地
      街中から離れた山の上にあります。気軽に足を運べる距離にはコンビニ程度しかなく、学外で食事をしようと思ったら車かバスを利用しなければなりません。 最寄駅からもバスで40〜50分かかり、お世辞にもいい立地とはいい難いです。
    • 施設・設備
      講義棟が暗い、寒い、暑いの三拍子。図書館やコンピューター関連など重要な施設も集中しているのになぜかここだけ待遇が悪い。
    • 友人・恋愛
      女子が非常に少ない学部だったので、自然と女同士で集まって友達は作りやすかった。 でも結局は友達ができるか、ずっと付き合っていけるかは自分次第。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      簿記やパソコンの基礎知識から、経営・経済・金融などを学ぶことができた。
    • 所属研究室・ゼミ名
      小松ゼミ
    • 所属研究室・ゼミの概要
      『コミュニケーション』をテーマにしています。しかし内容が薄く、やりがいのないゼミでした。教授も付き合いにくい人で、非常に面倒です。
    進路について
    • 就職先・進学先
      一般企業
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      事務・人事系などの仕事を希望していたから。
    入試について
    • 学科志望動機
      実務的なことを学びたいと思ったから。資格取得支援制度が魅力的だった。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      推薦だったので、面接練習を主にやっていた。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性在校生
    文学部 日本文学科 / 在校生 / 2014年入学
    2015-06-29投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 3| アクセス・立地 4| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      日本語についてとても詳しく学ぶことができます。本当に文学を学びたいを思っている人にはとてもいいと思います。
    • 講義・授業
      授業の一環として小説を書き、他の人と読みくらべることもありますが、書く人によって小説のジャンル、書き方などが様々であり、良い刺激にもなるため、とても楽しく取り組めると思います。
    • 研究室・ゼミ
      教授との距離が近く、わからないことなどをすぐ聞けたりして、とてもいいと思います。また図書館にたくさんの資料となる本もあるため、勉強するにはとてもよい環境が整っていると思います。
    • 就職・進学
      付属の大学院はもちろん、他県の国立の大学院への進学実績があります。また大手企業への就職実績もあります。
    • アクセス・立地
      小高い山の中にあり、市街からは離れたところにあるため遠く、周りにもお店などが少なく少々不便ではある。ただ、学食、図書館などの施設はとても良いと思う。
    • 施設・設備
      私立のため設備や施設などはよく整っている方であると思う。図書館が最近リニューアルされ、図書館内での調べ物や勉強がしやすくなった。
    • 友人・恋愛
      文学部では基本的にまじめな人が多く見受けられます。サークルや部活に入ることで、他学部の学生とも交流ができ、そこから様々な知識を得ることもできます。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本語について基礎的な知識から徹底的に学べます。
    入試について
    • 学科志望動機
      文学が好きだったため、文学について詳しく学びたかったため。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      利用していない
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性卒業生
    文学部 日本文学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 2| 就職・進学 3| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 3| 学生生活 -]
    • 総合評価
      こぢんまり、のんびりとした環境で、ゆったりと学生生活を送りたい人には良い大学だと思います。文学部・日本文学科はまじめな学生が多く、まじめに勉学に励んだり資格を取ったりしたい人には合うと思います。一方で、大学の規模・学部の規模としてはさほど大きくないので、よりレベルの高さを求める人には物足りないのではないかと思います。
    • 講義・授業
      一般教養ではさまざまな分野のことを学べ、日本文学、日本語学関連の授業では専門的なことを学ぶことができます。日本文学、日本語学関連の授業の中にも取り上げる文学によって多様性があり、自分の好みのテーマや分野を見つけ、探究していくことができると思います。
    • 研究室・ゼミ
      文学部にはさまざまなことを研究テーマにしている先生方がいらっしゃるので、ゼミもいろんなタイプのゼミがあり、自分次第で好きなことを研究テーマにできます。
    • 就職・進学
      地元の中小企業への就職実績がさまざまあります。就職活動の相談にのってくれる就職センターもあり、就職活動について細かく支援、指導してくれる授業もあるので、そういった支援を積極的に活用することで就職につながりやすくなると思います。
    • アクセス・立地
      金沢駅からバスで40分から50分ほどかかる山の中の大学なのでアクセスはあまり良くありません。ただ、金沢駅と大学を繋ぐバスは頻繁に出ているので、その点で困ることはそんなにありません。また、自然が豊かな立地なので、のんびりした雰囲気が好きな人には合うのではないかと思います。
    • 施設・設備
      全体的に校舎、施設はそんなに古くないので、それに関して不便さを感じることはほとんどありません。食堂も大学構内に2か所あり、ほかにカフェテリアもあります。図書館も学部関係の書籍や学術誌などが充実しています。
    • 友人・恋愛
      文学部、特に日本文学科は基本的にまじめで大人しい人が多いです。ですが、社交的な人もおり、いろんな人が集まる学部、学科だと思います。まじめな性格の人にとっては、自分と同じようなまじめなタイプの人と友達になりやすいので、向いていると思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      日本文学や日本語学の基礎知識から専門的な分野、テーマ、作家について学ぶことができます。
    進路について
    • 就職先・進学先
      就職・進学していない
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      就職・進学していないので特にありません。
    入試について
    • 学科志望動機
      文学が好きで、文学を幅広く学べる点が魅力的に感じたから。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • どのような入試対策をしていたか
      主に小論文対策を行い、バリエーションに富んだ小論文や作文を実際に書きました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    女性卒業生
    文学部 日本文学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-27投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 2| アクセス・立地 2| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 -]
    • 総合評価
      全体的に、自由が尊重される大学だと思います。学業に専念するもよし、単位の足りる程度にアルバイトに精を出すもよし、サークル活動に力を入れるもよし、という感じでした。
    • 講義・授業
      教養を始め、専門的なもの、資格に関係する科目もあり、色々なことを学ぶことができました。自分のやりたいことによって自由に選べるのが魅力だと思います。
    • 研究室・ゼミ
      特定の教授だけだと思うのですが、いつ研究所に行ってもいない教授がいて、用事あったのにかなり不便でした。私のゼミの先生は、卒論のことばかりで、ほとんど進路のことには相談に乗ってくれませんでした。
    • 就職・進学
      学生がたくさんいるからだとは思うのですが、就職支援センターをよく利用する人にしか目が届いていない感じがしました。私自身、内気な方で、そのようなところに出入りするのは好きでななく、就職支援センターにほとんど行かなかったのですが、「どうなっているのか」と電話がきたのは一回だけでした。
    • アクセス・立地
      まさに山の中にある感じで、バスで行かないとたどり着かない場所にあります。ただ、すぐ近くに下宿できるところがあり、スポーツサークルに入っていて朝が早い人はそこに下宿していました。学校の周りにあるのはコンビニぐらいで、そこで下宿している人は、少し離れたスーパーまで行かなければならないようでした。
    • 施設・設備
      同じ建物でも、新しい場所と古い場所がありました。そのためなのか、暖房が効かず、とても寒くて冬が辛い部屋があったかと思えば、暖房や冷房が効きすぎてしまう部屋もあって、温度調節が大変でした。
    • 友人・恋愛
      他学部、他学科の人と同じ講義をする機会も多く、他学部の人とも友達になることができます。私はよくわかりませんでしたが、色々の学部の人と関わっている分、恋愛の範囲も広がるのではないかと思います。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      教養科目として経済やマスコミなど、専門科目として日本文学の読み方、現代の日本語の問題点などを学ぶことができました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      就職先が決まらなかったため、自分について見直しながら家で家事の手伝いをしている
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      在学中、バイトもしていなかったため、自分の出来ることが分からず、結果として、就活をうまくできなかったため。
    入試について
    • 学科志望動機
      高校の時、放送部に所属しており、その影響で、日本語の複雑さについて興味を持ち、日本語について学びたいと思い、志望しました。
    • 利用した入試形式
      センター利用入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      特になし
    • どのような入試対策をしていたか
      過去問などを解き、分からなかった問題は教科書などを参考にしながら分かるまで勉強をしました。
    この口コミは参考になりましたか?
  • 金沢学院大学
    男性卒業生
    経営情報学部 経営ビジネス学科 / 卒業生 / 2009年入学
    2015-06-23投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 2| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 2| アクセス・立地 1| 施設・設備 2| 友人・恋愛 2| 学生生活 -]
    • 総合評価
      将来起業したい人や自分で何か新しいビジネスを考えている人には向いていると思います。普通企業に就職する人にとっては、講義内容を見ても専門的なものが多いこともあり、あまり合わないかもしれません。
    • 講義・授業
      ゼミが面白いがテーマは自分で決めてあくまでも自主的に活動する人向けです。友人と同じゼミをなんとなく選ぶと合わなくて飽きると思います。講義は超基礎の高校復習レベルものから経営・経済をメインにした起業を目指したい人向けのものまでさまざまあり、コマ割りは人によってかなり差ができると思います。
    • 研究室・ゼミ
      これをやりたいという強い意欲をもってゼミを決めないと結構挫折します。自分で何かやりたい人には挑戦できる環境でそういう人には教授も熱心に教えてくれます。合うあわないが結構ありそうです
    • 就職・進学
      就職先は地元が多い。主な就職先のデータからは中小零細がほとんどだと感じた。やはり自分で何かビジネスをする、そのために経験を積むという意味で初めの進路を決定しないと、アルバイトと変わらないような就職になりかねない雰囲気がある。
    • アクセス・立地
      山の頂上です。バスはあるが結構間引きなので時間によってはスロープと階段で5分以上歩くことになる。冬は積雪も多いです。慣れない車利用者にとっては行きかえりの急坂がそもそも嫌でしょう。周囲は自然あふれる田舎風景です。コンビニはありますがまあまあ歩きます。学食は安いが食堂はやや狭いと思います。
    • 施設・設備
      建物自体は古いです。講義室も全体的に照度が足りない感じがします。寝たい人にはいいのでしょうが、レジュメの文字がみにくいこともあります。エレベーターはあり、ほとんどの学生が利用しています。
    • 友人・恋愛
      この大学に限ったことではありませんがここの学生は高収入の家庭が多いといわれています。たしかに周りにも医者や教員・議員などの家の人が割りといました。スポーツの学部もある影響からか体育会系の学生も目立ちます。一方おとなしい雰囲気の人も多くオタクっぽい感じの人も結構います。ここ学生は男女比でいうと女性の割合が多いです。もともと女子(短)大だったこともあると思います。意外と他地方からの出身者が多いので話題も話し相手も多い印象です。
    学部に関する情報
    • 学科で学ぶ内容
      これからの起業・経営について。マーケティングの方法や商品開発・営業から販売など基本中心の技術を学べます。それ以上はゼミで興味しだいです。
    • 所属研究室・ゼミ名
      経営とリスクヘッジという主題で学習しました
    • 所属研究室・ゼミの概要
      商品を売買して利益を上げる以外に企業が行っている外貨取引などに注目しどのように安定した経営を行っているのか経営・経済両面から考えてみました。
    進路について
    • 就職先・進学先
      「インフラ保守・整備をメインの事業としたよく知られた企業」ということにしておきます。
    • 就職先・進学先を選んだ理由
      現場経験・管理・計画いずれも経験しておきたかったので部署異動が割りと頻繁にある企業を選びました。少なくとも一生現場などということにならないように努力しました。長くても5年で独立すると決めていたため。
    入試について
    • 学科志望動機
      自分で何かをしたいというに尽きます。安定した企業で一生働き続けるよりもリスクをとって挑戦しようとしたため。そのための最低限の知識を得、実習できる時間と場所を買うという意識があった。
    • 利用した入試形式
      推薦入試
    • 利用した予備校・家庭教師
      とくになし
    • どのような入試対策をしていたか
      受験対策はあまり重視しておりません。ごく一般的な予習復習だけです。面接で積極的に受講する意欲を見せられればいいと思います。
    この口コミは参考になりましたか?
23件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

評判が良い大学

石川県のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

  >>     >>     >>  口コミ

この学校についてみんなに教えよう

ランキング

  • 偏差値
  • 口コミ
  • 就職

オススメの大学

旭川大学
旭川大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:42 - 52
★★★★☆3.80 (5件)
北海道/私立
弘前学院大学
ワンランク上にチャレンジ
偏差値:45 - 52
★★★☆☆3.20 (10件)
青森県/私立
札幌大学
札幌大学
併願校におすすめ
偏差値:37 - 48
★★★★☆3.63 (19件)
北海道/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。