みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京慈恵会医科大学   >>  口コミ

東京慈恵会医科大学
出典:Hykw-a4
東京慈恵会医科大学
(とうきょうじけいかいいかだいがく)

東京都 / 私立

口コミ
私立大

TOP10

パンフ請求リストに追加しました。

偏差値:55.0 - 70.0

口コミ:★★★★☆

4.34

(32)

東京慈恵会医科大学 口コミ

口コミ点数
投稿する

★★★★☆ 4.34
(32) 私立内8 / 567校中
私立内順位
平均
  • 講義・授業
    4.00
  • 研究室・ゼミ
    3.45
  • 就職・進学
    4.04
  • アクセス・立地
    3.93
  • 施設・設備
    4.13
  • 友人・恋愛
    4.27
  • 学生生活
    4.25
※4点以上を赤字で表記しております

口コミ一覧

32件中 1-10件を表示
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2017年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 5| アクセス・立地 5| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      医学科として充実している点は、たくさん病院があるので実習が充実している。特に、低学年のうちから病院実習があるので、教養しかほぼやらない低学年にとってはモチベーションを保つエレメントとなるのでとてもいい。授業以外に関しては、部活動が盛んでほとんどの人が部活に入っている。また出身高校や出身都道府県での集まりもあり、大先輩の先生方からもお話を伺うことが出来る。
    • 講義・授業
      教養の授業については、物理学の授業内容が難しい。
      専門の授業はとても面倒見のいい先生方が多いという印象を受ける。
      課題はレポート系がほとんどである。
      単位については学外で実習を行って申請すると単位を貰えることがある。
      履修の組み方はほぼ決まっているので自分で決める部分はほとんどない
    • 研究室・ゼミ
      三年次には研究室配属というカリキュラムがあり、自分のやりたいテーマをやっているところに二ヶ月ほど入ることができる。
    • 就職・進学
      就職先としては関連の四病院とその他の病院であるが、先輩方の就職先をみてみると、四病院以外の病院に就職する人が意外といる。
    • アクセス・立地
      一年次のキャンパスの最寄りは京王線国領駅、二年次以降のキャンパスは都営三田線御成門駅やJR新橋駅などが最寄りとなる。住んでいる人が多いのは神保町。飲みに行くのは新橋駅付近でとても充実している。
    • 施設・設備
      施設や設備の内容があまりよくわからないが、新橋のキャンパスはあまり広くないため、なんでもあるというわけではない。グラウンドはなく、国領のキャンパスにはグラウンドかあるため運動部員は多く国領駅に通うことになる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      サークルや部活動は充実していてOB新歓などもある。部活動内で友人は出来やすく、また看護学科の人とも交流がもてる。
    • 学生生活
      部活動はとても充実している。運動部は東医体やその他の試合、文化部は中には様々な場所で演奏したり講演をしたりするらしい。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は基本的に教養科目、二年次?四年次前期では解剖などの専門科目、四年の夏から秋頃に試験があり、student doctorが取れると、四年次後期?から実習となる
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      決まっていない
    投稿者ID:431423
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2014年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      授業は講義、演習、実習に分かれていて、講義の出席は自由なので、学生のうちにしかできないことをする時間を確保することごできる。
      医学を学ぶのはやっぱり楽しいです。
    • 講義・授業
      どこでもそうだが、教えるのが上手い先生とつまらない先生がいる。だけど医学部は自分で勉強すればいいのでどちらでもいいと思う。
    • 研究室・ゼミ
      研究室配属が短い期間あるが、配属先による。いい経験にはなるが、臨床希望の場合すこしつらい。研究室の先生や内容によっては充実していると言い切れはしない。研究したい学生は、自主的に参加することができて、実際学年に何人かやっている人がいる。
    • 就職・進学
      鍼灸は他大学に比べて少ない。年に数人いるかいないかで、する人は大抵納得のいく理由がある。
      就職に関してはまだよくわからないが、そこまでサポートはしてくれない気がする。
    • アクセス・立地
      立地条件は抜群。電車も4駅最寄駅があるし、大学の近くで飲めるところもある。ただ、サラリーマン向けのご飯屋さんが多いからランチはちょい高め。
    • 施設・設備
      グラウンド、体育館があるのが調布なのでだいぶ不便。
      調布にアクセスが良い人は問題ないかも。
      西新橋校舎も立地的にあまり土地が広くないため、学生が使えるスペースもすこし少ない。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      1学科だけなので学年で仲良くなる。出会いも少ないのでで学内で付き合うカップルが多い。看護科、看護専門学校とも関わりがあるので女子との出会いにあまり困らないかも。
    • 学生生活
      部活動は盛んに行われている。文化祭などのイベントはあまり盛り上がらず、衰退傾向。みんな各々やることがあるからあまり一体になってやることはしない。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年では医学のことはほとんど勉強しない。一般教養メイン。
      2年で基礎医学の勉強が始まる。2年後期の試験に受かれば4年生まで留年の心配はいらないと言われるほど2年後期はつらい。
      3年でやっと臨床っぽい勉強が始まる。3年はゆるーくすごせる。
      4年前期ではCBTという医学部で共通の試験がある。これに合格しないと、病院での臨床実習ができない。試験内容は範囲が広く、結構勉強する。後期からポリクリという病院実習が始まる。臨床はやっぱり楽しいと思うと同時に、見学実習なのでなにもやれないのがつらい。毎週レポートがあり、カルテを毎日書いたりする。5年前期までこれが続く。
      5年後期からクリクラという参加型実習が始まり、いろいろやらせてもらえるようになる。5年生から病院見学に行き始めて、どこに就職するか考え始める。
      6年は卒業試験と国家試験がある。どこでもそうかはわからないが卒試の方が国試よりつらいらしい。年に2人くらい国試におちる。
    投稿者ID:428039
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2018年03月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 4]
    • 総合評価
      看護について日本の中でも歴史があり、しっかりとした教育体制や内容である。
      充実している点としては、看護専門科目・看護技術はもちろんのこと、附属病院の医師が行う医療知識についての講義では実際の現場の最先端の治療について学ぶことが出来る。また、医学部看護学科として、医学科との共修授業が一年次は豊富にある。将来看護師と医師が車の車輪の如く働くことを想定し、話し合う機会を多く作っている。また2年以降の看護科目ではグループ演習が多く、仲間と協力しより良い看護を考える力が身につける。
      看護実習は附属病院でほとんど行い、4年以降は希望の病院でも受けることが出来る。卒業後は附属病院に行く方が多く、実習の中で就職後の雰囲気を味わうことができる。
      授業以外では、ベラという学生食堂の評判がとても良い。元帝国ホテルのシェフが料理を作っており、500円というワンコインで栄養バランスの良い素敵な食事が食べられる。ただ、定食が日替わりで1日一種類とカレーのどちらかしか選ばないので、通ううちに少し飽きてしまうかも。大学は駅から少し歩くが、途中にファミレス・コンビニが点在しているため食事や友達との遊び場所としては健全で良い。
    • 講義・授業
      一年次は医学科との共修授業が豊富であり、医師を目指すもの・看護職を目指すものとして討論したり協力してひとつの発表を行う機会がある。医学科と並立している学科ならではであると思う。
      教科書制作にも携わるような有名な教員が何人かおり、興味を持ちながら講義を受けることが出来る。課題は多く、こなすことが大変であるが、フィードバックが充実しており、自分の課題のどこかできておりどこを直せば良いのか細かく教えてくれる。
      履修の組み方については選択の授業として体育や音楽があるが、その他はほとんど決まっておりややこしくはない。授業にしっかりでてテストで点数をとれば単位は確実である。
    • 研究室・ゼミ
      まだゼミに入る学年ではなくゼミについて知らないからこの点数にしている。ゼミ・研究室で様々なことを行う、というイメージはなく、卒論(卒業研究)時に先生に教えてもらう、というイメージである気がする。
    • 就職・進学
      附属病院があるため、就職としては附属病院に勤める人が多い。授業として2年や3年後期から行う看護実習では、教員や臨床指導師に教えてもらい(叱ってもらい)ながらも実際に患者さんを受け持ち、将来の仕事をイメージすることができる。先輩の話では、附属病院以外の病院に行くか迷った際に先生が親身になって話を聞いてくれたと言っていた。
      進学については、附属病院の院に行く人も少しいる。就職後に1度働いてから院に行く人も多いという。院の先生は大学の先生が受け持っているため相談にのってくださる。
    • アクセス・立地
      最寄り駅は京王線国領駅。もしくは小田急線狛江駅である。国領駅からは徒歩10~15分、狛江駅からは徒歩30分程度(狛江から通う人はほとんどバス通いである)。
      国領駅は京王線のなかで各駅停車の電車のみしか止まらず少し不便である。急行など乗った際は二つ隣の調布やつつじヶ丘で乗り換える必要がある。立地はあまり良くないが、新宿駅まで1本で行くことが出来るため便利ではある。のどかな住宅街に大学があるため、女子が多い学科であるが危険な目にあうことは少ない。周りにはスーパーやファミレスが存在し、放課後にゆっくりお喋りをしながら夕食やデザートを食べたりすることが多い(私はそうしている。)
      飲みや遊びに行きたい人は新宿に出る人が多い印象。もっと近い場所では乗り換える必要があるが吉祥寺に出る人も少しいる。
    • 施設・設備
      キャンパスについては看護学科が主に使う建物は最近立て直しがされたため、とても綺麗である。清掃員の方が綺麗に清掃してくださっているため、トイレや講義室なども綺麗で心地よい空間である。
      学内に演習の練習ができる設備があり、片付ければいつでも使うことが出来るので、看護技術について予習復習・実技テスト勉強したい際はとても便利である。
      図書館は蔵書がたくさんあり、新橋にある本校から取り寄せることが可能である。
      図書館のとうにパソコン室があり、最近新しいパソコンに変えたため便利になった。
      サークルとしては、国領校では主に運動部が活動しており体育館、校庭、弓道場、武道場などの施設がある。文化系の部活は新橋にまで通う必要がある。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      学科が学年によってはほとんど女子しかいないため、恋愛ごとはほとんど外や医学科の人と行われる。
      学科は60人と少人数であるため、代わり映えしないメンバーであるがどの人とも少ない人数だからこそ仲良くなることが出来る。
      サークルがなく全部が部活動である。部活動は医学科とともに行っているため仲良くなるきっかけになる。また、部活によってはインカレで活動している部活もあるため、他大の知り合いができる。
    • 学生生活
      私の所属している部活は、オーケストラを行っているインカレの部活である。インカレだからこそ、他大に知り合いができ、仲良い人が増えるきっかけとなっている。
      アルバイトは講義や実習が忙しく両立するのは難しいがほとんどの人が両立している。実習中はアルバイトを入れない人が多い印象。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      一年次は看護の基礎的な概要や歴史を学ぶことが多い。また、一年次のみ医学科との共修授業があり、話し合いや討論などを多く行う。また、社会科目や理科系の科目が存在し、一般教養を学ぶ機会が豊富である。
      二年次は専門的な看護科目が入り始める。看護技術も1年の後期から2年の前期に基本的なものを身につける。夏に初めて患者を受け持つ実習があり、そこで今までの知識の確認や実際に患者を受け持つとはとういうことなのかを学ぶことが出来る。また後期は実習を振り返った自身の学びや実習の学びを他者に共有することの意義を学ぶ。2年は他にも医療的な知識を学ぶため、テストの内容が1番多い時期ではあるかもしれない。
      3年は今まで習った知識を用い、実際に看護の計画を立てたり演習を行う。前期はグループでデモンストレーションを行いながらどのような看護が患者や家族にとって良いものかを考えていく。後期からは本格的に実習が始まっていく。4年は実習の続き、興味のある分野の実習を受け、卒業研究を行っていく。国試の対策も行う(3年4年についてはまだ経験しておらず推測や先輩から話で聞いた内容である。)
    投稿者ID:426776
    この口コミは参考になりましたか?
  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★☆☆
    • 3.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 4| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 3| 学生生活 4]
    • 総合評価
      学生生活全般としていえることは、単科医科大学であるため、人数が少なく、決まった輪の中での生活になりやすい。逆に、人数が少ないため、友達もできやすく、指導も充実したものになる。勉強したいことなどを先生に伝えると、快く教えてくれたり、研究などの話もしてもらえる。部活動も盛んで、多くの学生が活動に参加している。
    • 講義・授業
      生徒の人数が少ないため、一人一人に目が届きやすく、充実したものになっている。たまに、わかりにくい授業もある。
    • 研究室・ゼミ
      学びたい分野の先生に言うと、研究室にいれてもらえる。下級生のうちから、研究に触れられるのが良い点である。
    • 就職・進学
      国家試験の合格率はとても高い。卒後は、付属の病院に就職する人が多いが、他の病院にも就職する人も多い。
    • アクセス・立地
      最寄駅は、御成門、新橋。御成門からは徒歩2分ほど。治安もとてもよく、都心部なのでどこかへ出かける時も便利。
    • 施設・設備
      現在、新たな校舎を建設しているため、今まで以上に綺麗で充実した設備になる。図書館も広いため、試験前などはそこで勉強できる。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      同級生の人数が少ないので、親密な関係になる人もいるが、苦手な人とも関わる機会が増えるのが難点。特に気にするほど、人間関係で困ることはないと思う。
    • 学生生活
      部活動がとても盛んで、ほとんどのや学生が部活動に参加している。先輩とも仲良くなれるので、とても充実していると思う。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は物理化学生物数学などといった教養科目。2年次は正常人体について学び、解剖も行う。3年次以降は、病気について学ぶ。4年後期から6年前期まで病院を回る。
    投稿者ID:407483
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2015年入学
    2017年10月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 5| アクセス・立地 4| 施設・設備 4| 友人・恋愛 5| 学生生活 5]
    • 総合評価
      基礎医学はもちろん、専門分野までより深く学ぶことができます。
      また、1年次には教養科目の勉強を行い、非常に有意義な時間を大学ですごくことができます。
    • 講義・授業
      大学内の講師だけでなく、他大学からもわざわざいらっしゃって講義をしてくださる授業も多数ある。
    • 研究室・ゼミ
      3年の後期には1ヶ月ほどの研究室配属があります。臨床的な内容だけでなく、専門分野までも深く学ぶことができ、大学により学生の自由性が尊重されています。
    • 就職・進学
      大学病院、分院へ研修される人も多数いるばかりでなく、学外への研修にも恵まれているかと思います。
    • アクセス・立地
      1年次は調布市の国領に校舎があり都会でありながらも自然に囲まれた環境で勉強することができます。
      2年以降は西新橋校舎にて学習を行います。西新橋校舎は非常に交通の弁もよく、大学までのアクセスだけでなく大学からのアクセスも非常に良く、他の医学部の中でもトップクラスで立地が良いかと思われます。
    • 施設・設備
      国領校舎には学食があり、お手頃な値段で食事をとることができます。
      西新橋校舎は顕微鏡室や解剖室が改装されて学びやすい環境になっています。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      単科大学ということもあり、友人との中は深まります。
      また部活動に入っていると外部との交流もたくさんあるため、友人の輪は広がっていきます。
    • 学生生活
      部活動は運動部、文化部ともに充実しており、兼部している人もたくさんいます。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      1年次は数学や理科などの教養科目を勉強し、2年次以降は解剖や組織学をはじめとした基礎医学を学んでいきます。
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      4年後期より始まる臨床実習を通して決めるつもり
    投稿者ID:372258
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2014年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ 4| 就職・進学 -| アクセス・立地 4| 施設・設備 -| 友人・恋愛 4| 学生生活 3]
    • 総合評価
      講義は出席義務がないので、出席しなければかなり自由な時間があります。実習演習は皆で楽しくやっています。
      部活動は盛ん、休みの期間は友達同士で旅行に行く人がたくさんいるなど、充実した大学生活を送れます。
    • 講義・授業
      講義、実習時間外であっても、質問や相談に先生方が丁寧に対応してくださいます。
    • 研究室・ゼミ
      研究室が充実している。
      3年生で1月から2月にかけて約6週間の研究室配属期間というものがあり、何名かずつに分かれて様々な研究室に配属され研究と研究室の雰囲気を体験する。
      また、ユニット医学研究という選択カリキュラムがあり、自発的に研究したい人は研究室に通うことができる。
    • アクセス・立地
      都心にあり、最寄駅は都営三田線 御成門駅、日比谷線 神谷町駅、銀座線 虎ノ門駅、新橋駅と複数あるため通いやすい。
      大学周辺には様々なレストランがあり、食べるところには困りません。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      友人関係については学年の人数が約110名と少ないため、大勢の友達を作ることは難しいかと思います。いくつかの仲の良いグループに分かれていて、大体その決まったグループで行動することが多いです。低学年での実習演習ではその都度 班のメンバーが異なるので色々な人と話せ、そこから仲良くなる人もいます。
      恋愛については同学年内、部活内でしている人が多数います。
    • 学生生活
      運動部はかなり多数の競技に分かれていて充実している。
      文化部は活動日程が不規則のところもあるが、運動部と兼部する人が多く、より多くの先輩と後輩と関われる場となっている。
      イベントについては充実しているとは言い難い。
    投稿者ID:348894
    この口コミは参考になりましたか?
  • 女性在校生
    医学部 看護学科 / 在校生 / 2016年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 5| アクセス・立地 3| 施設・設備 5| 友人・恋愛 4| 学生生活 5]
    • 総合評価
      少人数制で、生徒と教師間が近くてアットホームな大学です。サークルではなく全て部活で、有意義な時間を過ごせます。
    • 講義・授業
      それぞれの分野を専門としている病院の先生の講義などもあり、深いところまで学べます。また、人数が少ないので、実践的な実技の練習も先生に細かく指導してもらえます。
    • 就職・進学
      国家試験合格率もほぼ100%をだしていて、附属の病院も3つあるので就活もしやすい。
    • アクセス・立地
      最寄りが京王線の国領駅もしくは小田急線の狛江駅です。駅からはやや距離がありますが、近くにイトーヨーカドーやジョナサン、バーミヤンなどもあり、便利です。
    • 施設・設備
      看護学科の校舎は比較的新しいので、綺麗です。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      看護学科のみですと、一学年に看護男子学生は1~2人ほどですが、1年次は医学科と同じキャンパスで、一緒に授業を受けたりするので交流が広がります。
    • 学生生活
      サークルではなく、あくまで部活です。学祭では大きな大学の学園祭と比べると小規模とはなりますが地域の方たちの訪問が多くみられ、交流も深められます。
    投稿者ID:348793
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性卒業生
    医学部 医学科 / 卒業生 / 2012年入学
    2017年05月投稿
    • ★★★★★
    • 5.0
    [講義・授業 4| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 3| アクセス・立地 3| 施設・設備 -| 友人・恋愛 5| 学生生活 -]
    • 総合評価
      ひと学年あたりの人数が他の大学と比べて少なく、とてもアットホームで学年全体の仲が良いです!実習中や試験前にはみんなで一丸となって頑張れます!
    • 講義・授業
      講義はもちろんのこと、実習施設も充実しており、先生方の指導も熱心です。
      西新橋にある本院では最先端医療を行なっているため、その現場を間近で見ることができます。
    • 就職・進学
      国家試験の合格率も高く、先生方からも国家試験に対して指導していただけます。困った時にはいつでも相談に乗ってくれる環境がとても助かりました。
    • アクセス・立地
      西新橋キャンパスは新橋にあり、アクセスは非常に便利です。またオフィス街にあるため飲食店は近くにたくさんあります。
      国領キャンパスは京王線の国領駅から徒歩十数分です。住宅街にあり、緑豊かなキャンパスはとてもアットホームな雰囲気があります。
    大学に関する評価
    • 友人・恋愛
      医学系大学では他の一般大学と異なり、サークルではなく部活がメインです。部活では活動自体も熱心ですが、グループ内の仲がそれぞれとても良く先輩や後輩ともとても仲良くなれ、充実した大学生活を送ることができます!様々な部活があるので自分に合う部活がきっと見つかるはずです!
    進路に関するコメント
    • 就職先・進学先
      東京慈恵会医科大学附属病院
    投稿者ID:348009
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 男性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 3| 研究室・ゼミ 3| 就職・進学 3| アクセス・立地 5| 施設・設備 3| 友人・恋愛 -| 学生生活 4]
    • 総合評価
      臨床に力を入れており、縦と横のつながりがしっかりしていて、面倒見の良い大学である。有名な先生もたくさんいる。
    • 講義・授業
      ある意味では自主性を重んじている。講義の出席義務はないが、試験は少し大変である。学外実習が多く、臨床力がつく。
    • 研究室・ゼミ
      研究室は一年から好きな時に見学できる。三年の時に6週間研究室配属という実習がある。ゼミなどは特にない。
    • 就職・進学
      とくにない。
    • アクセス・立地
      新橋は様々なところからアクセスが良く、お店も充実しているため、学生生活をよりよくエンジョイできる。。
    • 施設・設備
      wifiはある。学生のスペースがあまりないが、今度大学が新設されるので今後の拡大に期待したい。
      部活によっては部室もある。大学にはローソン、蕎麦屋、パン屋、本屋などいくつかお店がある。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      大学には、単科大学では珍しく35もの部活動がある。大学の方針としては勉強のみならず、部活動にも勤しんでもらいたいという考えなので、部活動もかなり打ち込める。
    学科に関するコメント
    • 学科で学ぶ内容
      医学全般と臨床技能について学ぶ。
    投稿者ID:347195
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

  • 女性在校生
    医学部 医学科 / 在校生 / 2013年入学
    2017年04月投稿
    • ★★★★☆
    • 4.0
    [講義・授業 5| 研究室・ゼミ -| 就職・進学 -| アクセス・立地 5| 施設・設備 5| 友人・恋愛 -| 学生生活 4]
    • 総合評価
      他の大学よりも多く実習する機会があるので、臨床での経験が多く積め良い大学です。授業に関しても出席を取らない授業が大半であり、自主的に勉強できるところも良いところです。
    • 講義・授業
      テレビによく出るような有名な先生の講義を受けることができます。また、学外からも積極的に先生をお呼びし講義していただいており、非常に充実した環境で学ぶことができます。
    • アクセス・立地
      御成門、神谷町、新橋、虎ノ門など最寄駅が多くて便利です。また、虎ノ門ヒルズ近辺でありお昼ご飯に困ることがありません。
    • 施設・設備
      新橋校舎では新旧入り混じる建物が散在しており、歴史を感じながら新しい綺麗な校舎で良い設備の中学ぶことができます。
      大学一号館はコンセント完備の講義室がある他、パソコンルームでは約120台のパソコンが完備しており実習の合間や放課後に勉強している学生を多く見かけます。
    大学に関する評価
    • 学生生活
      98パーセントくらいの人たちが部活に所属します。上下の繋がりが強く充実した大学生活を送ることができます。
    投稿者ID:343580
    この口コミは参考になりましたか?

    1人中1人が「参考になった」といっています

32件中 1-10件を表示

口コミ募集中!
在校生・卒業生の方からの投稿をお待ちしています!

口コミを投稿する

学部一覧

おすすめのコンテンツ

偏差値が近い大学

東京都で評判が良い大学

東京都のおすすめコンテンツ

ご利用の際にお読みください

利用規約」を必ずご確認ください。学校の情報やレビュー、偏差値など掲載している全ての情報につきまして、万全を期しておりますが保障はいたしかねます。出願等の際には、必ず各校の公式HPをご確認ください。

大学を探す

※【調査概要】
調査名:学校検索サイトの利用に関する市場実態調査(高等教育領域)
実査委託先:楽天リサーチ(2017年10月)
調査対象:30~50代

みんなの大学情報TOP   >>  東京都の大学   >>  東京慈恵会医科大学   >>  口コミ

東京慈恵会医科大学の学部

医学部
偏差値:55.0 - 70.0
★★★★☆ 4.34 (32件)

オススメの大学

東北医科薬科大学
東北医科薬科大学
併願校におすすめ
★★★★☆ 3.66 (82件)
宮城県/私立
岩手医科大学
岩手医科大学
すべり止め校もチェック
★★★☆☆ 3.40 (52件)
岩手県/私立
国際医療福祉大学
国際医療福祉大学
すべり止め校もチェック
★★★★☆ 3.90 (205件)
栃木県/私立

ピックアップコンテンツ

新入生の初バイト探し応援特集
新入生の初バイト探し応援特集
大学生におすすめのアルバイトや、現役大学生のバイト事情など、アルバイト探しに役立つ情報を掲載しています。